2008年02月12日

南大門(崇礼門)、消失

南大門(崇礼門)が焼け落ちるのを見て、私でもショックを
受けました。
韓国の人はもっとショックを受けたでしょう。
秀吉の朝鮮出兵も朝鮮戦争もくぐり抜けた、
古都ソウルの象徴でしたからね。

これからあの焼け跡を見続けることが、
韓国社会に悪い影響を及ぼさなければいいのですが。

              川西玲子
posted by 風の人 at 15:13 | Comment(0) | TrackBack(4) | 一般

岩国市長選と選挙制度改革・2008「平和への結集」アピール

今回の岩国市長選は接戦で井原氏が敗れる結果となりましたが、民主的な制度が整っていれば、本来なら市長選を行う必要などありませんでした。

まず、米軍再編とは関係のない、すでに決まっていた国から岩国市への交付金が中止されることに法的正当性などあるのでしょうか。それが可能であるというなら、驚くべき欠陥です。地方分権を進めなければならない、ということです。

住民投票の結果に強制性がないこともおかしい。空母艦載機部隊移転のような個別の問題で、有権者の意思を正確に反映させることのできる仕掛けが必要です。議員や首長に白紙委任し、個別の政策で有権者が意思表示できない制度は問題です。

首長選挙自体がなく、議員で構成されるシティ・カウンシルが行政に当たるという制度がヨーロッパなどの国では見られます(参照:http://fusao.jp/)。首長選を廃止するかどうかは別にして、首長に強大な権限を与える現在の制度は問題です。議会と首長の意思が著しく異なる場合の意思決定手続きを明確にしなければならない。

このように、今回の岩国市長選はいくつもの制度的欠陥の上に行わざるを得なかった選挙といえます。首長選を行うにしても、決戦投票制がなく、大量の死票を生む現制度は明らかに問題です。

ところが、なぜか、選挙制度のような民主主義の土台となる問題は運動圏でさえほとんど語られません。「平和への結集」をめざす市民の風では、地方分権や選挙制度改革などを結集軸にした野党連合を求める2008「平和への結集」アピールを公表しています。

民意をゆがめる選挙制度は改正しなければなりません。黙っていても政党は動いてはくれません。先日、「風」としても、江田参院議長へ選挙制度改革の申し入れを行ってきました。平和への結集ブログで申し入れ書と報告を読むことができます。

選挙制度改革に関する江田参院議長への申し入れ
http://kaze.fm/wordpress/?p=191


選挙制度改革ほかを進めるため、2008「平和への結集」アピールに是非ご賛同ください。

全野党・議員にむけての2008「平和への結集」アピール
http://kaze.fm/
賛同署名フォーム(名前公表可否の項目で「不可」を選択すると匿名も可能です)
http://form1.fc2.com/form/?id=268462



太田光征
http://otasa.net/
中選挙区比例代表併用制を提案する
http://kaze.fm/wordpress/?p=164

(以上は転送・転載OKです)
posted by 風の人 at 13:19 | Comment(0) | TrackBack(2) | 一般

原発と三菱、三井、日立、住友、富士、東芝

皆様

今、地元の我孫子で近現代史の学びを続けています。
また、六ヶ所村の再処理工場について学んでいます。

以下、ご紹介したいことがありました。

●原発と財閥の復活●
Stop RokkashoのTシャツを着ながら、地元の仲間にもらった、日本キリスト教団社会委員会『原発と教会』1994年を読みました。
明治から財閥解体まで、足尾銅山の鉱毒事件などを学んだので、以下の文章は読み流せませんでした。

高木仁三郎氏の発言を引用、12ページ。
「原子力というのは大変中央集権的な技術だし、大企業中心の技術ですから、日本の高度成長を担ったような中核的企業は、原子力を大きな柱にしよう、それが日本の政治経済を安定させることになると考えたと思います。
日本の原子力の伸展過程を見ますと、だいたい50年代半ばから始まっているのですが、...一度解体された旧財閥がもう一度力を復活させて来ます。...原子力というのは、この旧財閥が結合する結合軸になったのです。
三菱、三井、日立、住友、富士の系列という風に、原子力の開発からこれらの結合が公然化してきます。
国も原子力は大変金がかかるので、旧来の独禁法で縛っていたのでは不可能だということで、財閥の合体を認める方向になりました。...」

同、13ページ。
「...かつて日本というアイデンティティを確立しようとして戦争に突入していったのと同じように、今原子力に積極的な様子を見ていると、50年前と重なって大変こわいですね。」

同冊子、岩田雅一氏の記述を引用、33ページ。
「原発は権力と差別の構造であり、それは日本という国家の「利潤」(国益)・「核保有」を達成するという国家目的を中心に、その巨大な利権に権力・資本・官僚・原子力学者・マスコミが集合し強固な社会構造をなしている。...電気はあまっている、原子力は必要ない、なのに原発は止まらない……。その秘密は、原発官民複合体の利益、彼らの野望が巨大な「壁」になっているからだ。...原子力産業(原子力を推進してカネを儲ける事業体)の存在を問題としたい。資本金百億円を超える企業150余、電気、建設、商社、重工業、製鉄、銀行、これら日本経済を担う大企業が原子力産業を構成している。...原発の心臓部を製作しているのが三菱・日立・東芝。この三社が原発企業である。...」

同、36ページ。
「日本の近代化の120年をしっかり総括し、再びあの危険な方向(侵略戦争)をとってはならない。しかし...その大国化の方向は「日本の核武装」、経済的には日本官民複合体のアジア諸国に対する「原発輸出」として進出しつつある。...」
●●●●

原発労働者の便からプルトニウムが検出され、
青森のサーファーは、「腹下すから」と海に入らないと聞きました。
ウラン採鉱地に住む人々、核燃料が運搬される高速道路近辺に住む私たち。

かたや原発で儲ける大企業。

六ヶ所 核毒事件ともいえるこの差別的な現状。
構造的暴力といえるでしょう。
太陽光や風力など、永続的な代替エネルギーが儲かる、そんなエネルギー政策に転換すると、企業も変わるでしょうか。

豊田 義信 yoshinobu000-lj(a)infoseek.jp
ブログ http://heiwa0.seesaa.net/
ストップ ロッカショ.JP http://stop-rokkasho.jp/
ストップ再処理工場・意見広告の会 http://www.iken-k.com/
ガンジーの会 http://www.h2.dion.ne.jp/~hansuto/
市民がつくる平和条例の会 http://www17.plala.or.jp/peaceactcampaign/
「平和への結集」をめざす市民の風 http://kaze.fm/
川田龍平を応援する会 http://www.ryuheikawada.jp/
星野さんをとり戻そう全国再審連絡会議 http://www3.cnet-ta.ne.jp/f/fhoshino/
新しい反安保行動をつくる実行委員会 http://www.jca.apc.org/hananpojitsu/
posted by 風の人 at 08:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

増田都子先生の近現代史 第8回 映画『ガンジー』鑑賞と明治〜大正の歴史を振り返る 報告

皆様

2008年1月26日、あびこ平和ネット主催、全15回のシリーズ企画、増田都子先生の社会科授業
「近現代史の真実を知ろう」第8回 映画『ガンジー』鑑賞と明治〜大正の歴史を振り返る に参加しました。

ガンジーに対しての学び。断片的なメモなので、何か誤りがあればご指摘ください。

●今回の資料より
-授業参加者のまとめより
「米騒動、参加人数は50から70万人。対するに、...投入された「軍隊」は、120地点延べ9万2千人!近代日本史上、民衆運動に対してこれほど巨大な兵力が動員されたことはないそうです。」


●今回の授業は、参加者7名の自己紹介から始まった。
大正期、大英帝国や大日本帝国の占領に抵抗するインド、韓国、中国、台湾の人々のことを学び、
今回は全人類の良心のスポークスマンと呼ばれたガンジーの映画を鑑賞した。

「抵抗は積極的、挑発的に」と語るガンジー。
増田先生の裁判報告やその他の発言が時に過激で挑発的な理由を垣間見た思いだ。


●以下新しく知ったこと。
-南アフリカで白人による差別に対し、ガンジーは新聞に投書することから非暴力抵抗を始めた。
その時、有力商人や白人弁護士などの仲間がいた。
-インド人に関する法律の反対集会にて「警官を殺し、立ち向かおう」という会場の発言に対し、
ガンジーは「この法律には決して服さない。暴力を受ける痛みを通して相手に悟ってもらう」ことを力説した。
-ガンジーの発言「不正があるところ私は常に闘う」「彼らの心をかえたい。過ちを犯しているからといって殺したくはない」「主導権は我々にある。(抵抗を政府が無視したら)反応するまで刺激し続ける。真の力は抵抗する側にある」「どんな暴力にも耐えるのです」
-アムリッツァーでの虐殺事件。集会を取り囲んだ軍隊による1650発の銃弾で1500人が死亡。

●紙上討論 「明治時代を学んでの感想と意見」に対して●
-明治期、政府は人民に対して「国民」「国家のおかげで生きていられる」という国民意識の注入を行ってきた。
それをわかりやすく注入する為に「天子さまのおかげ」があった、という意見。
なるほど。確か、尋常小学校1年生の修身の教科書が、「天子さまうやまいましょう」うんぬんで始まっていた。

-「...天皇を頂点とする国家の価値体系が、「家」をそっくり飲み込んでしまいました。」
戦後、または昭和天皇死去後、元号を廃止するという選択を日本国民はしなかった。
また、現在も天皇制は、人身の心に根強くあり、
明治政府が導入した明治民法、夫婦同姓など、未だにこの社会に根深い価値観としてあると思う。
小さな変化を私から、おこしていきたい。

毎朝のNHKニュースでも、神社のお祭りをよく放映していると思う。
天皇制、国家神道は宗教のような統治形態のような。良く学んでいきたい。
そして、広く議論していきたい。

-「同じ間取りの家に住み、あてがいぶちの工業製品にかこまれて、季節も土地柄も関係無しの加工食品を食べ、地上を瞬時にかけまわる媒体に目を奪われていたら、自ずと思考も均質化してくることでしょう。私たちは間違いなく明治時代の兵隊より格段に扱いやすい国民に仕立てあがっていると思うのです」という意見に対して。
そうでない生活を送る人々もいるけれど、確かに、目指す生活が似てくれば、思考も似てくる。用心、用心。

そう考えると、貴方にはこういう人権があるのです、この国の政治を担うのは貴方です、主権者は私たちです、という憲法教育はどんなに重要か。
コスタリカの小学校1年生は、先ず、そういう学びをするそうだ。
この日本の管理教育を変えて行くためにも、47年教育基本法を再び私たちの手で取り戻したい。

「身を守る術はすべからく民衆自身で伝承しなければ」という意見を読んで、47年教育基本法の理念を伝承していこうと思った。

-「分断することが支配のツボ」という意見。
まさに。人の思考は千差万別。ひとりひとり違っていて良いけれど、時に連帯することは重要だ。

-「人生を生き生きと生きていく力を再発見しなければなりません。...だから私は、...自分の住む街に自分たちの学びの場を作っていきたいと願います。」
私も、どこに暮らそうと、そういう仲間と学んでいきたい。この授業を企画してきたことは貴重な経験だ。

●増田先生へ●
今回の授業で、紙上討論の楽しさを再認識しました。
競争ではなく、他人の意見とまじわることで、自らの学びと気づきを積み上げていく楽しさ。

これは、大学時代、学びと行動のグループ ファシリテーションを学んできたことと一致します。
他者の意見を聴くことができない人々やそういった場には来られない人々のことを思います。

やはり、私の身近な人達と対話を続けていくことが大切だと感じました。
原発と財閥のことを書きましたので、そちらも紙上討論資料としてお使い下さい。

●今後の予定●
第9回 2月23日(土)14時〜湖北台近隣センター、「世界大恐慌と日中戦争」
第10回 3月23日(日)14時〜湖北台近隣センター、映画「侵略」と日本のファシズム
第11回 4月中、「第二次世界大戦」
第12回 5月中、「アジア・太平洋戦争」
皆様ぜひ、いらして下さい。

ヒバクで苦しむ世界の人々のことを覚えて、


豊田 義信 yoshinobu000-lj(a)infoseek.jp
ブログ http://heiwa0.seesaa.net/
ストップ ロッカショ.JP http://stop-rokkasho.jp/
ストップ再処理工場・意見広告の会 http://www.iken-k.com/
ガンジーの会 http://www.h2.dion.ne.jp/~hansuto/
市民がつくる平和条例の会 http://www17.plala.or.jp/peaceactcampaign/
「平和への結集」をめざす市民の風 http://kaze.fm/
川田龍平を応援する会 http://www.ryuheikawada.jp/
星野さんをとり戻そう全国再審連絡会議 http://www3.cnet-ta.ne.jp/f/fhoshino/
新しい反安保行動をつくる実行委員会 http://www.jca.apc.org/hananpojitsu/
posted by 風の人 at 08:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2008年02月11日

岩国市長選敗北の読み方


櫻井 智志

注目されていたし、私達が応援して見まもっていた岩国市長選の結果が出た。NHKテレビのホームページは、以下のように結果を伝えている。

岩国市長選

 開票 終了

 有権者 121,717人  投票率 76.26%

       党派  新旧 当選当確  得票  得票率  年齢
 福田 良彦  無   新   当   47,081   51.0   37
 井原 勝介  無   前        45,299   49.0   57

 実に接戦である。得票率の差で2パーセント。得票差で、1782票の差。
きわめて惜しい接戦であった。しかし、岩国市民の政治的意識は、高い投票率からいっても、僅差から言ってもかなり高い政治意識をもっていることがわかる。結果から見れば、井原市長は敗北したわけであるが、これだけの接戦は実に意義深い。
 しかも、井原さんは、子どもや孫の世代が住みづらい結果となってしまうことをわびている。道義的にも高い志をもった民衆のための民主主義政治家である。

 政府がアメリカ政府と一体となった市長選で、これだけ健闘したことをまず、確認し合いたい。岩国市政は、これで終りではない。今後も続く。井原さんには、ぜひ国政に出て、この闘いの志を持続的に展開してほしい。

 選挙は敗北した。それは、厳然たる結果であり、粛然と受け止めねばならない。にもかかわらず、敗北主義や否定的側面にうちのめされていては、敵の思うつぼである。
 このような健闘に自信をもち、次の闘いにむけることだ。 それが有効な総括ではあるまいか。
posted by 風の人 at 01:42 | Comment(0) | TrackBack(1) | 一般

2008年02月10日

今日は岩国市長選の投票日です

知人がMLで伝えてくれました。

プリンスホテルが日教組の使用を拒否した事について、
テレビで右翼(暴力団)のメンバーが日の丸の鉢巻きを締めて、
「長年にわたる我々の運動の成果」と語っていました。


岩国でも似たようなことが行われています。借金が桁違いに岩国の方が少ないにもかかわらず、「夕張化」というデマ、その他の脅しを「国側」の方たちが岩国市民にかけているのです。

大阪の新知事さんは、空母艦載機部隊移転の是非に関する岩国住民投票で国に異議を差し挟むのはけしからん、という立場。重大なのは、そういう方を主権者が選んでしまっているという現実でしょう。

理不尽なことを素直に受け入れる素地がないかどうか、その辺を今一度考えに入れて、投票に望んでいただきたいと思います。

太田光征
http://otasa.net/
posted by 風の人 at 09:44 | Comment(0) | TrackBack(2) | 一般

9の日ハンスト、サーファー集める全世界署名

皆様

ガンジーの会 掲示板投稿です。

2/9 9:9am, 24時間ハンスト終えました。岩国市長、藤沢市長、の選挙は私達市外の者にも影響を及ぼす選挙だと思っています。

個人の働きは小さいけれど、それが繋がっていくことに喜びがあります。
なので、自分から発信したり、発信を受けたらそれに対してなるべく返信したりしようと思っています。

今日はサーフライダーズファンデーションの再処理反対署名を行いました。今、世界で署名を集めているところです。皆さんも是非↓
http://actionnetwork.org/campaign/rokkasho_waste

2月9日。毎月憲法九条を思って、9のつく日にガンジーの会の仲間と1日断食をしました。
1日食べることを休むと、食べることが好きな私の腸がよく働く感じがします。

今朝はグリーンTVを見ていました。
デンマークのグリーンサンタやアルゴア氏、サティシュクマール氏の動画があります。
http://www.japangreen.tv/mv/?cat=ch1&fn=15

Faithlessという英国クラブミュージシャンのBombという曲の動画、関心があればご覧下さい。
http://youtube.com/watch?v=atDmZP1nGj0

Mass Destructionという曲も、暴力的な映像はありますが、興味深い歌詞です。
http://youtube.com/watch?v=c-MfC7pw1AM

脈絡はないですが、鎌倉に日本支社があるパタゴニア社、社長の言葉。
「企業は株主のものではない。経営者や社員のものでもない。地球のものである。地球や資源がなければどんなビジネスも成立しない。」
http://www.ufpress.jp/modules/news/article.php?storyid=36 

こちらは仲間がしらせてくれた集会案内。
「ピースデポ設立10周年記念シンポジウム
北東アジア非核兵器地帯の可能性」
http://www.peacedepot.org/new/sokaievent08.htm

同日、私達あびこ平和ネットが企画している授業。

増田都子先生の社会科授業「近現代史の真実を知ろう」
(9)世界大恐慌と日中戦争 2月23日土14時。
(10)映画『侵略』と日本のファシズム 3月23日日14時。
湖北台近隣センター。
参加費500円。中高生無料。
主催あびこ平和ネット・豊田080・5037・0019

2/11 紀元節??
皆様、良い休日を。

豊田 義信 yoshinobu000-lj(a)infoseek.jp
ブログ http://heiwa0.seesaa.net/
ストップ ロッカショ.JP http://stop-rokkasho.jp/
ストップ再処理工場・意見広告の会 http://www.iken-k.com/
ガンジーの会 http://www.h2.dion.ne.jp/~hansuto/
「平和への結集」をめざす市民の風 http://kaze.fm/
川田龍平を応援する会 http://www.ryuheikawada.jp/
星野さんをとり戻そう全国再審連絡会議 http://www3.cnet-ta.ne.jp/f/fhoshino/
新しい反安保行動をつくる実行委員会 http://www.jca.apc.org/hananpojitsu/
posted by 風の人 at 07:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2008年02月09日

「ここまでするか『早寝・早起き・朝ごはん』?!」

今「早寝・早起き・朝ごはん」運動が、
全国的に進んでいるのをご存知ですか? 

■シンポジウム「ここまでするか『早寝・早起き・朝ごはん』?!」
 山田 真さん(八王子中央診療所)
 池田賢市さん(中央大学・教育総研運勢委員)
 池田芳江さん(日本教育会館館長=コーディネーター)
■入場無料

■2008年2月16日(土)14:00〜
17:00
 日本教育会館 8階 第3会議室
 東京都千代田区一ツ橋2-6-2 TEL.03-3230-0564

■主催:国民教育文化総合研究所                 
                              
  共催:平和・人権・民主主義の教育の危機に立ち上
がる会                             
           財団法人 日本教育会館

■シンポジウム「ここまでするか『早寝・早起き・朝ごはん』?!」

 山田 真さん(八王子中央診療所)
 池田賢市さん(中央大学・教育総研運勢委員)
 池田芳江さん(日本教育会館館長=コーディネーター)
■入場無料

                  文責:川西玲子
posted by 風の人 at 17:14 | Comment(0) | TrackBack(1) | 一般

2008年02月08日

10日の岩国市長選挙が日本の未来を大きく左右する!

池辺幸惠@西宮 ピアニストです。(重複失礼いたします)

 岩国市長選挙は、平和を願う国民一人一人にとっての闘いです。

         新しい日本をめざして!

  今、瀬戸内海の西に位置する岩国で、日本の将来を左右する大事件がおきています。それは山口県岩国市の10日の“岩国市長選挙”です。
 岩国はアメリカにとって沖縄につぐ重要な基地です、1950年の朝鮮戦争で本格的な米軍用基地となって以来基地が存続していました。ところが近年小泉政権でのアメリカとの新軍事同盟によりアジアに向かう基地として岩国の強化がはじまったのです。

 しかし岩国市民が基地の拡大を望んでいないのは前回の89%反対の住民投票のでもあきらかで、すぐの市長選で反対している前市長が再選されました。しかし政府と市の議員団のほとんどは、アメリカと国からの利権とにはいつくばって住民の意思を無視して議会を霍乱したので、市民とともにある市長は自らの首とひきかえに修正された予算案を通すしかなかったのです。

 これによる岩国氏の市長選挙は、岩国市民と周辺住民にとって自分達の生命と未来を守る闘いというだけでなく、日本全国民にとっても地方自治のあり方が問われる重大な闘いともいえるのです。

 政府は冷酷にもすでに決定し始まってもいた岩国市役所建て替えの助成金を基地の拡大とひきかえにストップさせ、市を財政破綻へと向かわせる脅しとやくざなやり口で市を“いじめ”ています。私たち市民はこのようなアメリカの言うなりになって国民や市民の意思を無視し、地方自治体を金でしばり脅しにかかる現政府のやり方を許すわけにはいかないでしょう。

  基地強化によって、岩国の地域社会全体が直接に受ける被害としては、
@各種米軍用機が発する異常騒音による保育所・幼稚園・学校・病院その他各種事業所での集団活動の阻害、
Aこれら軍用機が排出する有毒ガスによる大気汚染、
B冷酷無情で野蛮な戦争心理に侵された米軍兵士らの増加による治安の悪化、
Bこれらの被害による居住環境や産業立地条件の劣悪化とそれに伴う青壮年勤労住民の流出などがあります。

 ことに岩国に配備される≪原子力空母ジョージ・ワシントン≫の主力艦載機主力艦載機F/A-18ホーネットの騒音は、実にジャンボ旅客機の場合の5,000倍もの強度(音のエネルギー)になり、人の感覚による音の大きさに換算すると換算すると16倍にもなるという科学的検証があります。又原子力空母は、その排水もですが事故があれば確実に周辺一帯の生命をおびやかすものとなるのです。

 全国のみなさん、わたしたち平和をねがう市民の意思を今、岩国市長選挙で示しましょう。日本はいつまでアメリカの占領に甘んじているのでしょうか。今こそ、岩国市を支援することで、私たち市民の平和を愛する気持ちを表わす時なのです。
 岩国市の皆さん前市長を再選しましょう。そして市民とともにある市長の再選を全国に知らせ、毅然として、米空母艦載機の移駐と岩国基地の増強に対して断固反対を宣言し、全市挙げて基地はいらない宣言をしましょう。岩国の政府にだまされない自立した民主的な地方自治の実現から新しい平和な日本がはじまるのです。

 岩国市民一人一人が自らの行動と選択で、アメリカの傀儡政権である政権与党の支配から逃れ、真に私たちの望む平和で幸せな民主的な国をめざし、この腐敗した日本の政治を新しくできるのです。

 今回の米空母艦載機移駐と基地拡大の是非を争点とする岩国市長選は、何よりも岩国市民とその地域社会の生命(いのち)を守る闘いであり、ひいては日本国民にとって、私たちと子々孫々の生命を守る闘いなのです。 この選挙の闘い
方次第で、この国が今後平和に向けて進んでゆけるか、あるいはこれまで以上にアメリカの言うなりに軍事拡大に向かうのか、どちらを選択するのか、日本のこれからを左右する大変に重大な選挙であることを重ねて強調しておきます。

 さあ、みなさん、私たち一人一人が自ら岩国市長選に参加して市民の力を示しましょう、そして自らの手で日本の平和で明るい未来を生み出しましょう。                                            

                          2008.2.7 
                       庶民のネットワーク主宰
                             池邊幸惠  
                      
                     http://yukichan.cc
                     http://peaceyukichan.blog18.fc2.com
posted by 風の人 at 14:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

昭和維新

私は今、坂野潤治著「未完の明治維新」と、
橋川文三著「昭和維新」を同時に読んでいます。
たまたまだったのですが、内容が重なっていて面白い。

橋川文三は「昭和維新」の中で、明治末期を第二維新、
昭和の初めを第三維新と解釈、試論を展開しています。
その中に興味深い一節があります。

それは、明治末期の為政者が、
「社会」という言葉をすごく嫌ったということです。
だから「社会改良」と言わず、「地方改良」と言ったそうです。
社会の形成を非常に恐れたんですね。
今も昔も、問題は「社会」の形成にあるようです。

なお私は最近、石川啄木の時事感覚と、
母校の大先輩である長谷川如是閑に関心を持っています。
日本近代史をもっと勉強しないと。

                   川西玲子

       
posted by 風の人 at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(1) | 一般

2008年02月07日

週刊金曜日掲載依頼 3/23授業案内

週刊金曜日業務部 ご担当者様、
「こんなこと、やってます」「市民運動案内板」 ご担当者様
Cc:皆様

いつも興味深く読ませて頂いております。
以前金曜日で取り上げられた増田都子先生の全15回講座の案内を兼ね、
「お知らせ」の掲載を希望いたします。

詳細を掲載したサイトのURLは、
増田都子のホームページ http://www.masudamiyako.org/home/
をご覧ください。

増田都子先生の社会科授業「近現代史の真実を知ろう」(10)映画『侵略』と日本のファシズム

3月23日日14〜17時。
湖北台近隣センター(湖北駅徒歩4分、我孫子市湖北台81-21-1 )。
中学生〜大人まで。
参加費500円、中高生無料。
申込不要。
主催、あびこ平和ネット・豊田
TEL 080・5037・0019
Email yoshinobu000-lj(a)infoseek.jp

===============================
お仕着せの勉強はもうたくさん。
我孫子の地に老いと若きが集い、
テーマを決めて学び合う
「新しい学び」が始まっています。

私たちは、今なぜ、こんな時代に生きているのか?
これからどんな世界になっていくのか?

それがさっぱりわからないから、近現代史講座後半のテーマは
ズバリ! 昭和・平成史。

中学校社会科教諭歴三三年の
増田都子先生が、
アッと驚く資料を駆使して
渾身の授業を展開し、
私たちと親と祖父母が
生きた時代の
隠された真実を明かします。

さあ、あなたも鉛筆一本握って
「感動の授業」に参加し、
踏み出してみませんか。
「新しい学び」の一歩を! 
===============================
豊田 義信 yoshinobu000-lj(a)infoseek.jp
ブログ http://heiwa0.seesaa.net/
ストップ再処理工場・意見広告の会 http://www.iken-k.com/
ガンジーの会 http://www.h2.dion.ne.jp/~hansuto/
市民がつくる平和条例の会 http://www17.plala.or.jp/peaceactcampaign/
「平和への結集」をめざす市民の風 http://kaze.fm/
川田龍平を応援する会 http://www.ryuheikawada.jp/
星野さんをとり戻そう全国再審連絡会議 http://www3.cnet-ta.ne.jp/f/fhoshino/
新しい反安保行動をつくる実行委員会 http://www.jca.apc.org/hananpojitsu/
posted by 風の人 at 09:34 | Comment(1) | TrackBack(1) | 一般

2008年02月06日

あまりに情けない岩国市長選のデマ

例えばこんなデマ。「空母艦載機部隊の受け入れで1兆円の金をもらえる。拒否すれば岩国は夕張のように破綻する」。さとうしゅういちさんがJANJANに書いているように、夕張の借金と岩国のそれとでは、桁が違います。もちろん、岩国の借金が少ない、という意味です。人口15万人に1兆円といえば、一人当たり700万円ということになりますが、そんなこと可能なんでしょうか。

「岩国が夕張になる」という主張への疑問
http://www.news.janjan.jp/government/0801/0801289713/1.php

夕張は国の言うとおりに交付金行政を続けた挙句の果てに破綻した、というさとうさんの指摘は本質を突いているでしょう。自公政権の命運が定かでない政治情勢では、米軍再編としての空母艦載機部隊の移駐問題も、近い将来どうなるかは分かりません。

あたかも某候補が当選すれば税金が上がるなどというのもデマです。それらに反論するチラシが作られています。

http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/iharatirasi.jpg

日本という国中に“偽”というイメージが蔓延していますが、岩国の有権者もなめられたものです。大阪の新知事さんも、住民投票で国にたてつくのはけしからん、というご見解のようで。ここらで皆さん、反撃に出ないといけませんな。

太田光征
http://otasa.net/
非民主的な選挙制度は有権者をコケにする象徴です
中選挙区比例代表併用制を提案する
http://kaze.fm/wordpress/?p=164

全野党・議員にむけての2008「平和への結集」アピール
に対する賛同署名を求めています
http://kaze.fm/
posted by 風の人 at 08:31 | Comment(1) | TrackBack(6) | 一般

3.23柏映画 赤貧洗うがごとき

「赤貧洗うがごとき」上映東葛実行委員会御中
Cc:映画を紹介したい皆様

豊田です。田中正造の映画前売り1枚申し込みます。10枚程度チケット預かれます。
宜しくお願いします。


豊田 義信 yoshinobu000-lj(a)infoseek.jp
ブログ http://heiwa0.seesaa.net/
ストップ再処理工場・意見広告の会 http://www.iken-k.com/
ガンジーの会 http://www.h2.dion.ne.jp/~hansuto/
市民がつくる平和条例の会 http://www17.plala.or.jp/peaceactcampaign/
「平和への結集」をめざす市民の風 http://kaze.fm/
川田龍平を応援する会 http://www.ryuheikawada.jp/
星野さんをとり戻そう全国再審連絡会議 http://www3.cnet-ta.ne.jp/f/fhoshino/
新しい反安保行動をつくる実行委員会 http://www.jca.apc.org/hananpojitsu/

9999999999999999999999999999999999999
重複ご容赦下さい。
転送可です。お知り合いに転送してくださるとたすかります。
田中正造からのメッセージをしっかり受けとめる時は今。
****************************
3月23日(日) アミュゼ柏
   田中正造ドキュメンタリー映画(98分)

 「赤貧洗うがごとき」  田中正造と野に叫ぶ人々
〜 真の文明は山を荒らさず、川を荒らさず、村を破らず、人を殺さざるべし〜

田中正造と足尾鉱毒事件を描いた映画『赤貧洗うがごとき』は、
一昨年秋の完成以降、全国約60会場で上映され、延べ3万人
が観た映画です。地球環境映像祭で入賞。監督は「東京大空襲
・子供たちの証言」「ガラスのうさぎ」「時代を撃て・小林多喜二」
などを手がけた池田博穂氏。約100年前に環境・平和・人権に
ついて命を賭けて訴え続けた田中の生涯を映像で紹介しています。
レイチェル・カーソンの「沈黙の春」から80年前のことですが、地球
温暖化問題が大きな課題となっている現在、今と未来へのメッセージ
であり、明日への力になる映画です。

是非お友達をお誘いあわせてお越し下さい。

千葉県ではダイオキシン問題の藤原寿和さんらが発起人です。
東葛地域の方々に広く鑑賞してもらおうと近隣市にすむ人たち
で実行委員会を立ち上げました。
アミュゼのホール400席を是非埋めたいと思います。
アイデアをお持ちの方、お手伝い、チケットあずかっていただける
方も歓迎です。

HPも参考に。http://www.sekihin.net/
*************************
*************************

3月23日(日)19時から (98分)  開場18:30
アミュゼ柏 クリスタルホール (400席)

    柏市柏6-2-22   柏駅東口徒歩7分 04−7164−4552 
         駐車場は民間をご利用ください
    全席自由 *DVDのプロジェクター上映
*******************************************
一般前売り1,200円(当日1,500円) 
 シニア(60歳以上)・高校生1,000円  小・中学生500円
 TEL・FAX受付 047-360-6064(吉野)
 メール受付 / sekihinarau@yahoo.co.jp
チケット種類、枚数、お名前、住所、電話番号 を明記でお申し込み下さい

チケット取扱所 / 浅野書店 (柏駅前スカイプラザ 地下1階 
                         TEL 04-7164-2040)

            ブックス青い鳥 (松葉中学校となり04−7132−2408)

*****************************
主催:「赤貧洗うがごとき」上映東葛実行委員会  

 後援:柏市教育委員会  松戸市  松戸市教育委員会 
 我孫子市  我孫子市教育委員会  流山市 流山市教育委員会 
 鎌ヶ谷市 鎌ヶ谷市教育委員会 印西市  印西市教育委員会 
 野田市 野田市教育委員会 
*********

 この映画は、日本の公害の原点ともいわれる足尾鉱毒事件の歴史を知る上でも、また、かつて明治政府の圧政の下にあって、加害企業と癒着した国家権力に敢然と闘いを挑んだ名もなき農民と知られざる女性たちの闘い、そして最後まで「赤貧」に甘んじながら土と民のために生き抜いた自由民権運動の闘士「田中正造」の生き方を通して、今の私たちに「真の文明とは何か」を考えさせてくれるまさに“生きた環境教育”の題材であると確信します。
     映画「赤貧洗うがごとき」上映ちば実行委員会

              藤原寿和(ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議
常任幹事)

千葉市での上映予定 

4月19日(土)午後・夜の二回上映 

  問い合わせ先 090-1792-4985(藤原)

 会場:千葉県教育会館 JR千葉駅下車 徒歩15分

  千葉市中央区中央4−13−10
***************  
posted by 風の人 at 07:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2008年02月05日

良心的軍事費拒否

良心的軍事費拒否の会御中
(Cc:平和関連メイリングリストの皆様)

確定申告の時期となりました。
貴会のブログを見て、メイル致します。
「良心的軍事費拒否の会」http://blog.goo.ne.jp/comit2008

非暴力平和隊の大畑豊さんのお話を聞き、
キリスト教独立学園校長の鈴木弼美さんの新聞記事を読み、
良心的軍事費拒否に関心があります。

サラリーマンなので、源泉徴収されている税金から軍事費にあたる分を還付請求する、
そのために、
まずは還付請求の用紙を手に入れるところからでしょうか。

平成19年度の軍事費相当分は何%でしょう。
ご指導下さい。

豊田 義信 yoshinobu000-lj(a)infoseek.jp
ブログ http://heiwa0.seesaa.net/
ストップ再処理工場・意見広告の会 http://www.iken-k.com/
ガンジーの会 http://www.h2.dion.ne.jp/~hansuto/
市民がつくる平和条例の会 http://www17.plala.or.jp/peaceactcampaign/
「平和への結集」をめざす市民の風 http://kaze.fm/
川田龍平を応援する会 http://www.ryuheikawada.jp/
星野さんをとり戻そう全国再審連絡会議 http://www3.cnet-ta.ne.jp/f/fhoshino/
新しい反安保行動をつくる実行委員会 http://www.jca.apc.org/hananpojitsu/
posted by 風の人 at 18:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

「女の格差」

「AERA」の編集部に意見を送りました。
「女の格差」ばかり取り上げて煽って、どういうつもりなのか。
「海外経験、夫の勤務先、子供の成績」って、いい加減にしなさい。
それなりの大学を出てそれなりの収入のある層が対象らしいから、
よけいに嫌らしいです。

まぁ雑誌も売れなくて大変だとは思うけれど、
美肌と格差と流行の話題しかないのは、いくら何でもひどい。
もう少し考えてもらいたいものです!

                   川西玲子
posted by 風の人 at 18:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2008年01月30日

続・軍艦マーチ

軍艦マーチに送られて海自が出航していく様子が忘れられず、
こういうことを放置しておくのは良くないと、幕僚本部に
抗議電話をかけてから気づいたのですが、あれは海自の公式
行進曲なんですってね。

驚きました。それ自体が大問題ですよ。
だって内容が大日本帝国そのもの。
おまけに侵略戦争を推進した歌なのです。
しかも「海ゆかば」を一緒に演奏することもあるとか。
何ですか、これは。

歌詞

守るも攻むるも黒鉄(くろがね)の
浮かべる城ぞ頼みなる
浮かべるその城日の本の
皇国(みくに)の四方(よも)を守るべし
真鉄(まがね)のその艦(ふね)日の本に
仇なす国を攻めよかし

石炭(いわき)の煙は大洋(わだつみ)の
竜(たつ)かとばかり靡(なび)くなり
弾撃つ響きは雷(いかづち)の
声かとばかり響(どよ)むなり
万里の波濤(はとう)を乗り越えて
皇国(みくに)の光輝かせ

★1番と2番の間奏時に海行かばの歌詞が歌われる場合もあ
る。

               川西玲子
posted by 風の人 at 21:19 | Comment(0) | TrackBack(3) | 一般

今なぜ野党連合を訴えることが必要か?

すでに野党連合と政権交代を訴える2008「平和への結集」アピールを公表し、賛同をお願いしています。民主党との協力関係をめぐっては、従来から意見の違いが先鋭に現れていました。

以下の河内さん、東本さんの意見はこの問題を考える上での一つの有効な「回答」になっていると思われ、私も賛同するので、ご紹介します。

太田光征
http://otasa.net/
中選挙区比例代表併用制を提案する
http://kaze.fm/wordpress/?p=164

河内謙策と申します。(このメールの転送・転載は自由です)

来る総選挙と政界再編に向けて、“平和への結集をめざす市民の風”が「今こそ平和・環境・福祉・地方分権・選挙制度改革を柱に野党連合を結成し、政権交代を!」というアピールを発表しました(http://kaze.fm/参照)。私は、これを支持する立場で本MLに投稿したところ、多くの方からコメントをいただきました。コメントをいただいたすべての方々に感謝するとともに、批判的なコメントをいただいた方に対し、以下のとおりの私見を述べさせていただきたいと思います。

私が第1に述べたいことは、日本の抜本的改革を多くの市民が望んでいるので、野党連合の必要性があり、それが一番現実的だ、ということです。
 私にたいする多くの批判は、後述する民主党の問題に集中していました。しかし、批判的コメントを寄せられた方の多くは、なぜか自分の改革の道筋を述べられませんでした。日本の抜本的改革の必要性を認めるのか否か、認めるとすれば、どのような改革の道筋があるのか、これを吟味し、自分の回答を提起しない批判は、一時期の私を含めた旧左翼と新左翼がよくやった、批判のための批判と言われかねないのではな
いでしょうか。
 今野党連合が本当にできて、力を合わせれば、自民党支配を終わらせることができる大きな可能性があることは見易い道理だと思います。数十年ぶりのチャンスです。昔流にいえば、変革の客観的条件は成熟しているが、主体的条件に問題があるのです。だから、“皆団結し、野党連合を作って、自民党支配を終わらせましょう”という呼びかけがなされて良いはずなのに、市民の風以外誰も言い出さないという異常な状態が続いているのです。日本の市民に“日本の改革は不可能だから、自分の支持する政党に投票しましょう”と言えば、市民からブーイングが返ってくるだけでしょ
う。
 もっとも村岡氏は、その点に目配りをされて、<左派・市民の共同>を提起されたいようです([AML17862][wsfj7618]参照)。しかし、村岡氏の言う“左派”とは何でしょうか。きわめて漠然としていますが、村岡氏が「私たちは、事態の根底に、利潤を動機・目的とする資本制生産の矛盾が貫流しているという視点は依然として有効だと考えている。したがって、そこを突破する方向を<社会主義>として展望し、それらのことを意味するために<左派>と表現する」と述べているところをみれば、社会主義を展望する勢力のようです。しかし、社会主義を展望して共同を実現し、それで日本の国民の多数を結集できるはずがありません。村岡氏の構想は“白昼夢”でしょう。

私が第2に述べたいことは、多くの方がコメントで政界再編について触れられなかったのは不思議だということです。昨年の大連立劇は記憶に新しいことですが、あの動きは終わっていません。その証拠に、森元総理大臣は『WiLL』3月号で、「これはもう完全に潰れたんですか?」という大下英治氏の質問に対し、「まだあるだろうと思い、傷つけられないから話せないんです」と述べています(同誌50頁)。また、水木楊氏は、小説家特有の鋭い構想力で、「小泉純一郎“大連立”総理の誕生」を描いています(『文藝春秋』2月号124頁)。日本の平和活動家の多くは、単なる権力闘争だ、と見ているようです。もちろん権力闘争の側面はありますが、大連立とか中連立を通じて日本の支配層がどんな政策を実行しようとしているのか、を見抜く必要があると思います。野党の一部を取り込んで、自分たちだけがやるのではありませんよ、という形をとらなければならない政策とは何でしょう。水木楊は消費税増税だといっていますが、私は、それに加えて、自衛隊海外派兵恒久法ないしは憲法改正だと思っ
ています。それに、大連立か中連立をつうじての国民に対するイデオロギー効果があります。国民が、“政治は所詮ゲームさ”と考えるようになったら、日本の平和運動は改憲を待たずして大打撃を受けるでしょう。したがって、政界再編に市民がノーと言う必要があり、そのための対案としても野党連合構想が有効なのです。

私が第3に述べたいことは、民主党の評価・民主党の参加問題です。私は、民主党は、共産党や公明党のような世界観政党とは考えていません。民主党には多様な人がいて、それが自民党の出方や世論の動向の中で方針を決めていっていると思っています。したがって、“民主党の本質は”という発想の仕方は誤りであり、民主党の現在の方針が永久不変のものとは考えません。また、民主党を支持している広範な市民や
労働組合の力がなくて、日本の抜本的改革は不可能だと思っています。私は、1970年代に革新自治体創生に威力を発揮した、いわゆる社共共闘路線をとりません。それゆえ、民主党に野党連合の参加を呼びかけることは当然だと思っています。
 このような私見に対し、民主党に呼びかけても参加を得るのは困難だよというのならともかく、民主党に参加を呼びかけるべきでない、という意見は私には理解できないのです。“民主党が危険だよ”という意見を強調される方は、ぜひ東本氏が民主党との共闘を考えるべきとして挙げている4つの例を御検討いただきたいと思います([AML17794]参照)。また私は、民主党の野党連合参加に消極的な方に、沖縄の経験も考えていただきたいのです。沖縄では、2001年の参議院選挙で、共産党が、2000年の衆議院選挙の6.9万票を大きく下回る4.6万票しかとることができませんでした。このときの相手は民主党でなく照屋寛徳氏でしたが、その敗因の一つが照屋寛徳氏にたいする厳しい批判でした。厳しい批判は、それが正しくてもかえって市民にきらわれることがある、と深刻に考えた共産党員が中心になって、独自候補擁立派の共産党員を説得し、2004年の参議院選挙では、共産党として民主党らと連帯し、糸数慶子さんを統一候補に推すことになったということです。

 私が述べたい第4の点は、政党と市民の新しい関係=協力・共同の関係を日本でつくらなければならないということです。日本では、政党にとって市民は単なる客体で、市民にとって、政党の方針に対し、イエスかノーと言う自由しかないようです。そうではなく、政党が市民の意見をとりいれて方針を検討したり、方針を変更したり、することや、市民運動がもっと気楽に政党に相談することがあって然るべきなのではないでしょうか。市民と政党の協力・共同を強調しているのは、そういう意味です。自衛隊のISAF参加問題についても、野党と市民が協議し、市民の批判に係らず民主党がそれを野党の共通(!)政策にと固執したとすれば、民主党にとっては“多数の市民を敵に回しても野党連合に参加しないことが本当にプラスか”を考えなければならなくなるでしょうし、市民にとっても“野党連合による変革を断念するのが本当によいのか”を検討することになるでしょう。そういう局面になる以前に、ある政党が危険かどうかで市民同士がいがみあってしまうというのは、本当に悲しいことです。“そんな夢のようなこと”という人には、沖縄で出来たことがなぜできないのですか、と言いたいのです。
 
 私が述べたい第5の点は、もっとフェアに誠実に論争をしようよ、ということです。今回の論争の中では、少し悪口が目立ったと思います。平和の風の新アピールで述べてもいないのに“民主党中心”の構想だとか、根拠も無しに民主党の応援団だとかいう批判がなされたのは誠に心外です。私が民主党・小沢代表のISAF参加合憲発言批判のアピールを平和の風の新アピールと同時に紹介しなかったのは、単に私が急いでいただけです。それを「偽装」と同じだ、というのは発言する人の見識を疑わせるものです。論争は、あくまでも、発表された見解を中心に、お互いが信頼するという前提でしたいものです。「右翼」は団結し、「左翼」はいがみあってばらばら、という恥ずかしい状態は、もう終わりにしたいと心から願っています。

以上、率直に述べさせていただきました。諸氏の御検討よろしく御願い申し上げます。

河内謙策


民主党については私たちも厳しい見方をしています。河内さん(本MLに「2008『平和への結集』アピール」を紹介した)は言及されていませんが、私たちは、左記アピールとともに下記の「憲法9条を高く掲げた『国際協力』の道を探求しよう ― 私たちは自衛隊のISAF参加に反対します ―」という民主党・小沢代表の「ISAF参加合憲」発言を批判するアピールも同時に採択、発表しました。私たちは民主党を手放しで評価しているわけではありません(http://kaze.fm/wordpress/?p=183)。

問題は、「現実」を変革する(したい)という視点から、「現実政治」という大状況をどう見るか、ということだろうと思います。民主党の批判するべきところ(たくさんありますが)は仮借なく批判して、しかし、「共闘」の思想を持ち続ける、という姿勢が、私たちに求められている姿勢だというべきではないでしょうか? もちろん戦後60年続く自民党政治(悪政)という大状況を変革するために、です。

4つの例を示してみます。

@2月10日にある岩国市長選挙では民主党は実質的に井原勝介前市長を推薦する立場です(民主党は公式には「自主投票」と言っていて、この立場のあいまいさはもちろん問題にしなければなりませんが)。岩国基地への空母艦載機移転問題での国の理不尽を糾すためにも井原前市長にはぜひとも勝利していただかなければなりません。そのためには民主党との「共闘」が必要です(「政党からの推薦や支持を受けない」という井原前市長の意思とはまた別次元の話です)。民主党との「共闘」がなければ、この選挙は負けるかもしれません。

A3月23日には熊本県知事選挙があります。同選挙では「川辺川ダム建設」問題が大きな争点として浮上していますが、40年続いたこの問題を決着させるためにも「ダム建設反対」を明確にした県知事を誕生させる必要があります。そのためには民主党の力が必要です。民主党熊本県連は、「自民党との相乗りはできない」「知事選では建設中止を問うていく」立場を明確にしています(熊本日日新聞 2008年1月12)。現在の力量では共産党や社民党だけの力で県知事選を勝利させることは無理です。民主党との「共闘」の思想なくして熊本県知事選を勝利させることは不可能です。

B先の東京都知事選で「浅野陣営」と「吉田陣営」の共闘が実現していれば、石原3選を阻止しえた可能性はきわめて高かった。その共闘が実現しなかったために、石原都政の悪政がさらに4年間続くことを許した、ということ。

C先の参院選で民主党が負けて、自民党が勝利していたら、「憲法改悪」は否も応もなく現実のものにならざるをえなかったでしょう。先の参院選における民主党の勝利が「改憲」気運をとめたのです。そのことは客観的に認める必要があるでしょう。

毛利さんもおっしゃるように、今国会においても「民主党が大変危険な役割をして」いることを私は否定しません。私たちはだから上記のような民主党を批判するアピールも出しました。

批判するべきところは批判して、しかし、「共闘」を模索することなしに、自民党の悪政が続くこの閉塞した大状況を変えることはできないだろう、と私は思うのです。

なお、昨日の河内さん発信の「2008『平和への結集』アピール」には「アピール賛同のお願い」文が欠落していました。あらためて下記をご覧いただければ幸いです。

http://kaze.fm/

東本高志@大分
タグ:野党連合
posted by 風の人 at 15:03 | Comment(1) | TrackBack(10) | 一般

『これが沖縄戦だ』

昨日の朝日新聞夕刊で読みました。太田昌秀元沖縄県知事が、総決算と
もいうべき本を執筆中だそうです。東京の出版社から出せば売れるだろ
うけれど、敢えて、沖縄の出版社から出すことにこだわっているそうで
す。

「摩文仁の丘で、『これが沖縄戦だ』を売っているお婆さんがいるんで
すよ。そういう人たちの暮らしを応援できるというのは、本を出す者の
冥利です」。この言葉を読んで即、購入することに決めました。

皆さんもよろしかったら
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?
refShinCode=0100000000000004160432&Action_id=121&Sza_id=GG

         川西玲子
posted by 風の人 at 09:14 | Comment(0) | TrackBack(1) | 一般

2008年01月28日

モンゴル人が支える「国技」大相撲

昨日、千秋楽の結びの一番を御覧になりましたか。
いやぁ見応えのある相撲でしたね。
どっちも闘志満々で。
観ている方も力が入りました。

この相撲の話題は、国民国家を考えるきっかけとして
格好のテーマです。
「もし外国人に門戸を解放していなかったら、
 今頃相撲界はどうなっていたと思うか」。

そして、必ず出てくる日本国籍取得の問題をどう考えるか。
相撲文化を担うためには、日本国籍が必要なのか。
スポーツ界にこの問題は付き物です。
最近では、サッカー五輪代表の李忠成が日本国籍を取りました。

スポーツは国境を超えると言いますが、
市場原理がとっくに越えているんですよね。
もはや監督が外国人でも違和感がありませんから。
一方、北朝鮮代表としてWカップに出たJリーガーもいます。
こちらはルーツを大切にするという考え方。

どちらの生き方も許容しつつ、幅広い生活文化を形成する。
そういう感覚を若者が持ってくれることを、
心から願わずにはいられません。

                   川西玲子
posted by 風の人 at 20:10 | Comment(0) | TrackBack(2) | 一般

2008年01月26日

「国家・個人・宗教」

講談社現代新書「国家・個人・宗教」を読みました。
稲垣久和ICU教授の新著です。

「市民社会は、再生した自我によって自覚的につくる自治のシステムで
ある」
「自然的でない異質な他者と共に、努力してつくる社会である」。
このことを、国家神道や戦前の宗教弾圧、西田幾多郎ら知識人の苦悶、
そしてオウムや靖国問題を通して丁寧に解説しています。

かつて日本を破滅に追い込んだ公民宗教イデオロギーが、
今なお愛国心という名で跋扈していることがよくわかります。
お勧めします。
posted by 風の人 at 01:27 | Comment(0) | TrackBack(2) | 一般

2008年01月25日

米地裁、沖縄新基地計画に違法判決→銀座デモ、増田先生授業 『ガンジー』鑑賞案内

皆様

2008年1月25日、読売新聞、九州発の情報です。
YOMIURI ONLINE「普天間移設、米地裁がジュゴン調査を国防総省に命じる」
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/ne_08012552.htm

新しい米軍基地建設を、私は許したくないです。

明日1月26日は、銀座での辺野古への基地建設・高江へのヘリパッド建設を許さない!<fモンストレーション。
明日、私は下記の授業に参加しますので、デモには行けませんが、デモに、賛同します。

では、間際ではありますが、授業案内↓。
●●●●●●●●●●●●●●
増田都子先生の社会科授業「近現代史の真実を知ろう」(8)映画『ガンジー』鑑賞と明治〜大正の歴史のを振り返る

1月26日土14〜17時。
近隣センターこもれび(東我孫子駅徒歩7分、我孫子市東我孫子1-41-33 )。
中学生〜大人まで。
参加費500円、中高生無料。
申込不要。
主催、あびこ平和ネット・豊田
TEL 080・5037・0019
Email yoshinobu000-lj(a)infoseek.jp ←迷惑メイル対策で@を変えてあります。

増田さんの詳細を掲載したサイトのURLは、
増田都子のホームページ http://www.masudamiyako.org/home/
をご覧ください。
●●●●●●●●●●●●●●

全く関係ないのですが、YouTubeでPort of Notesの方の歌を見つけました。
Every Breath You Take feat. little cleatures/畠山美由紀 (PV)
http://www.youtube.com/watch?v=o4YtE0BFF50

豊田 義信 yoshinobu000-lj(a)infoseek.jp
ブログ http://heiwa0.seesaa.net/
ストップ再処理工場・意見広告の会 http://www.iken-k.com/
ガンジーの会 http://www.h2.dion.ne.jp/~hansuto/
市民がつくる平和条例の会 http://www17.plala.or.jp/peaceactcampaign/
「平和への結集」をめざす市民の風 http://kaze.fm/
川田龍平を応援する会 http://www.ryuheikawada.jp/
星野さんをとり戻そう全国再審連絡会議 http://www3.cnet-ta.ne.jp/f/fhoshino/
posted by 風の人 at 20:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2008年01月24日

どうして軍艦マーチ?!

自衛隊が給油のために出発しました。
石破大臣や町村官房長官の、高揚したピーチもどうかと思いましたが、
驚いたのは軍艦マーチを演奏して送り出していたこと。
軍艦マーチですよ!

人道復興支援に行くのに、どうして軍艦マーチ?
やはり戦争の手伝いに行くのね。
だいたい、無神経でしょ。

              川西玲子
posted by 風の人 at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(1) | 一般

2008年01月23日

浅野忠信主演映画「モンゴル」が、アカデミー外国語映画賞にノミネート

浅野忠信主演映画「モンゴル」が、アカデミー外国語映画賞にノミネー
トされた。チンギスハーンの半生を描く物語。製作発表があった時か
ら、大いに期待していた映画だ。

 日本有数の花美男、浅野忠信が主演しているということもあるが、も
う一点。モンゴル、カザフスタン、ロシア、それに中国の合作映画とい
う点に、私は興味津々なのだ。そして今まで、日本での配給元も公開も
決まっていないことに失望している。

 アカデミー外国語映画賞の候補になったのだから、間もなく公開が決
まるだろう。しかし、こういうアジア系の合作映画に対する映画界の無
関心というか、そろばん勘定には失望させられる。宣伝次第ではいけそ
うな映画なのだが。

 モンゴルと言えば、今や国技大相撲を支える存在だ。日本人はモンゴ
ロイドであり、新生児の多くはお尻にモンゴル斑を持つ。なじみの間柄
である。それなのに視線が冷たい。角川春樹制作のとんちんかんな「蒼
き狼」は、大々的に公開されたのに。
posted by 風の人 at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

青森県知事 三村申吾様、六ヶ所村の安全協定について

皆様

GREEN PEACEのサイバーアクションを通して、青森県知事の三村申吾さんへメイルを送りました。
皆さんも宜しければ、ぜひ。

サイバーアクション↓
https://www.greenpeace.or.jp/ssl/enerevo/switch1/?cyber

青森県知事 三村申吾様

六ヶ所核燃料再処理工場の本格操業に向けた安全協定にサインしないでください。
あなたのメッセージ
============================
千葉県に住む豊田と申します。日々のお仕事に感謝します。

私は六ヶ所村の核燃料再処理工場が2月に本格稼働予定だ、ということを心配しております。
三村さんが知事として日本原燃(株)と安全協定を締結しなければ、本格稼働がなされないとお聞きしました。

三村さんは青森県の知事として、日本国民として安全をどのようにお考えでしょうか。
私は7世代後の安全について考えます。

原発1基の一年分の放射能を、一日で放出する六ヶ所再処理工場。安全でしょうか?
放射能とは、放射線を出す性質や能力。放射線とは、放射性物質から出される粒子や電磁波のこと。
この放射線は、私達の遺伝子、全ての生物の遺伝子に影響を及ぼします。
再処理工場から出される放射性物質は、海水や大気に薄まるから安全と言っても、その放射能は7世代くらいしても半減しないのではないでしょうか。

そして、遺伝子への影響は何世代か後に影響が出ます。
私達はこれから安心して、子どもを生み育てられる地球に暮らしたいのです。
7世代後も安全だと言い切れる政策を実行して下さい。
主権者として、私は訴えます。
安全協定への締結を見送って下さい。

豊田 義信 yoshinobu000-lj(a)infoseek.jp
ブログ http://heiwa0.seesaa.net/
ストップ再処理工場・意見広告の会 http://www.iken-k.com/
ガンジーの会 http://www.h2.dion.ne.jp/~hansuto/
市民がつくる平和条例の会 http://www17.plala.or.jp/peaceactcampaign/
「平和への結集」をめざす市民の風 http://kaze.fm/
川田龍平を応援する会 http://www.ryuheikawada.jp/
星野さんをとり戻そう全国再審連絡会議 http://www3.cnet-ta.ne.jp/f/fhoshino/
posted by 風の人 at 13:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2008年01月22日

つくばみらい市のバックラッシュ派の暴力行為に屈したDV講演会の中止決定に抗議する(賛同署名のお願い)

先日(1月16日頃)、つくばみらい市が、同市主催の「ドメスティックバイオレンス(DV)」をテーマにした講演会を少数のバックラッシュ派の暴力行為(威力業務妨害)に屈して中止するという事件がありました。DVという暴力をなくそうと訴える講演会が市側の暴力に屈する姿勢によって中止されたのです。まさしくゆゆしき「事件」というべきだと思います。

・下記抗議文にも記載されていますが、「事件」の概要を知るにはまず下記ブログをご参照されるのが便利かと思います。
http://www.againstgfb.com/index.htm

・文書と署名フォームへの直接リンクページは以下をご利用ください。
http://www.againstgfb.com/tsukubamirai_shomei.html


以下、つくばみらい市に対する抗議文です。下記の呼びかけ人を中心としてみなさまの賛同署名を募っています。ご協力をよろしくお願いします。

第1次〆切り 1/28

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
抗議の署名をお願いします。

抗議文
つくばみらい市における平川和子さんの講演会直前中止に抗議し、改めて実施を求めます

  1/20につくばみらい市主催で予定されていた平川和子さん(東京フェミニストセラピーセンター所長)の「ドメスティックバイオレンス(DV)」をテーマにした男女共同参画講演会(タイトル「自分さえガマンすればいいの?―DV被害実態の理解と支援の実際」)が、直前の1/16になって、市によって中止を決定されていたことが、毎日新聞ほか(注1)で報道されました。報道によれば、1/16にDV防止法に反対する民間団体が、市役所前で「数人が拡声器を使って抗議する騒ぎ」を起こしたため、市の担当者が「混乱を招く」(毎日新聞1/18)「市民に危険が及ぶ恐れがある」(産経新聞1/17)と中止を決定したものです。抗議した団体の代表(男性)は、「市長直訴の抗議により、中止が正式に決定された」、「少数が巨大な行政を圧倒・屈服させた」と発言されたと伝えられています(注2)。

 講師予定者の平川さんが直ちに市長宛に送った抗議文によれば、市側の説明では「西村と名乗る男性と他に数名の女性が、役所内に拡声器を持って押しかけ、職員に対する誹謗中傷などを大声でまくしたて、講演会の中止を求めて詰めより、そのうえ講演会の当日には街宣活動を行うとの予告をしたため、講演会の参加者に危険が及ぶ恐れがあるとの判断のもと、やむなく中止した」とあります。平川さんはこれを「講演会主催者と私に対する暴力であり、参加市民に対する暴力」にほかならないと認識しており、私たちも彼女の認識に全面的に同意します。

  改正DV防止法(2007年制定本年1月11日施行)によれば「主務大臣(法務大臣と厚生労働大臣)は都道府県又は市町村に対し、都道府県基本計画又は市町村基本計画の作成のために必要な助言その他の援助を行うように努めなければならない」(第2条の3、5項)とされています。改正前にすでに茨城県が策定したDV対策基本計画の関係文書によれば、「県民一人ひとりが「DVは許さない」といった認識を強く持っていただくことが、何よりも大切なことです。このため、県では、今後とも学校や家庭、地域、職場などにおいて、人権意識を高める教育や男女平等の理念に基づく教育を促進していきます」とあります。つくばみらい市が計画していた講演会は、まさに県が推進している「地域における人権意識を高める教育」そのものといえます。そのような事業が少数の暴力によって妨害されることを、見過ごすわけにはいきません。

  中止の報道に接してわたしたちは大きな衝撃を受け、あってはならないことが起きたとふかく憂慮しています。市の行事が少数の人々の暴力的な行動によってくつがえされたことそのものが問題であるだけでなく、DVという暴力に対する人権を守るための事業が、少数の人々の暴力によって実施不可能になるとすれば、DV被害者および支援者を暴力から守るべき責務を負う、自治体の姿勢に対する信頼もゆらがざるをえません。このような暴挙がまかりとおるなら、今後他の自治体においても、DV関連の事業がいちじるしい不安にさらされるだけでなく、講演や学習会等の啓発事業についても「混乱をおそれて」自主規制する自治体が続出しないともかぎりません。

 このような暴力に対して、市がとるべき態度は、きぜんとしてこれを退け、安全を確保したうえで、予定通り事業を実施すること以外にありません。市当局が、暴力に屈して出した今回の中止決定をすみやかに取り消し、あらためて日程を調整して、平川さんの講演会を実施することを、わたしたちは心から求めます。また平川さんおよび関係者の身辺の安全に配慮することをも要望いたします。

注1:
「DV防止法:反対団体の抗議で講演会中止 つくばみらい市」@毎日新聞(1/18)
http://mainichi.jp/select/today/news/20080118k0000e040081000c.html

「抗議受け市の講演会中止に DV被害支援めぐり」@MSN産経(1/17)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080117/crm0801171225014-n1.htm

「DV防止法講演会 団体抗議で中止に つくばみらい」@東京新聞茨城版(1/18)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20080118/CK2008011802080348.html

注2:http://seaside-office.at.webry.info/200801/article_15.html

呼びかけ人(敬称略・50音順・08.01.21現在);
青山薫・赤石千衣子・麻鳥澄江・有村順子・石田邦子・市場恵子・伊田広行・伊藤公雄・稲邑恭子・井上輝子・上野千鶴子・小川真知子・戒能民江・木村涼子・熊田一雄・黒岩秩子・小島妙子・今大地はるみ・坂上香・早苗麻子・佐藤明子・さとうももよ・出納いずみ・鈴木隆文・鈴木ふみ・土橋博子・角田由紀子・寺町知正・寺町みどり・内藤和美・中原道子・中村彰・西野瑠美子・丹羽雅代・沼崎一郎・橋本育・長谷川京子・姫岡とし子・弘田しずえ・福沢恵子・フックス真理子・船橋邦子・細谷実・堀田哲一郎・皆川満寿美・三井富美代・米田佐代子

署名フォームへのリンクページ(ダイレクトリンク)
http://www.againstgfb.com/tsukubamirai_shomei.html

第1次〆切り 1/28
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

東本高志
posted by 風の人 at 11:49 | Comment(1) | TrackBack(2) | 一般

2008年01月21日

全野党・議員にむけての2008「平和への結集」アピール:今こそ平和・環境・福祉・地方分権・選挙制度改革を柱に野党連合を結成し、政権交代を!

去年までは参院選へ向けて平和共同候補を実現するべく取り組んできました。今年は総選挙がある可能性が大です。そこで、2006「平和への結集」の訴えという包括的なアピールに追加する形で、新たに、2008「平和への結集」アピールを発することにいたしました。民主党や共産党の全選挙区擁立方針が変更され、元々困難ではありますが、私たちの運動次第で、野党連合が実現する余地が拡大してきたと言えます。

以下のアピールをお読みになり、是非ご賛同ください。こちら↓のサイトの署名フォームを使うか

http://form1.fc2.com/form/?id=268462

署名フォームが利用できない場合は、下記事項をjoin@kaze.fm宛にメールでお知らせください。(第一次)集約は2月末とさせていただきます。

(1) お名前
(2) お名前公表の可否
(3) 肩書き
(4) メールアドレス(メールアドレスのない方はFAX番号)
(5) ご住所または都道府県名

2006「平和への結集」の訴えに対する賛同も引き続きよろしくお願い します。

新規賛同/入会申し込みフォーム
郵便口座番号: 00170−4−594080
(口座名義: 「平和への結集」をめざす市民の風)

[関連見解]
「憲法9条を高く掲げた『国際協力』の道を探求しよう ― 私たちは自衛隊のISAF参加に反対します ―」
http://kaze.fm/wordpress/?p=183

全野党・議員にむけての2008「平和への結集」アピール
http://kaze.fm/2008appeal.html

今こそ平和・環境・福祉・地方分権・選挙制度改革を柱に
野党連合を結成し、政権交代を!


 年明けのマスコミは、今年中に国会の解散・総選挙があるだろうと報道しています。私たちは、今度の総選挙が何時にもまして重要な選挙になると思います。 なぜならば、イラクでの戦乱の長期化、原油の高騰、サブプライムローン問題などでアメリカの威信が大きく低下し、平和と地球環境の問題が世界政治に大きな 比重を占めつつあるなかで、日本がどのような選択をするのかを、アジアと世界の人々が注目しているからです。今度の総選挙は、自衛隊派兵恒久法や消費税増 税などの個別政策の是非だけでなく、自民党政治の継続か、終止符を打つのか、が問われる選挙になると思います。

 一方でいま私たち市民は、消えた年金や増税などの高負担の上に、雇用合理化や派遣労働による格差社会の激化の中で、「これから日本はどうなるのだろう」 「明日の仕事と生活はどうなるのだろう」という大きな不安をかかえて生活をしています。したがって、今度の総選挙についても、野党に期待するところが大き いと思います。しかし私たちからみて、各野党の政策は市民の願いを反映するには不十分であり、また活動がバラバラであるため野党に対する市民の信頼が十分 に結集できていないように思います。

 今度の総選挙では野党第一党に投票を集中させるべきだという考えだけでは、市民間の意見の違いをひろいあげることができず、場合によっては市民間の対立 が拡大し、政権交代が困難になるかもしれません。また、少数意見が切り捨てられるという、アメリカのような二大政党制の罠に落ちることが危惧されます。さ らに日本では、大連立の危険性さえ顕在化しており、これは日本の民主主義にとって深刻な脅威です。

 私たちは、全野党が市民とともに協議・討議を積み重ね、野党共通の政策を練り上げ、更には新しい日本の政治システムの創造をめざして活動する、いわゆる 「野党連合」により総選挙を闘うことが必要と考えます。

 私たちは、平和(憲法9条にもとづき、アメリカ追従をやめ、毅然とした平和外交)、環境(環境税や自然エネルギー導入等により京都議定書の目標を実現 し、地球温暖化を食い止める積極的な環境政策)、福祉(年金問題の根本的解決、格差是正、市民参加型の新たな福祉社会)、地方分権(国と地方の間で、権限 も税源も大胆に入れ替える根源的改革)、選挙制度改革(死票が多く野党の共倒れを招く小選挙区比例代表並立制を廃止し、民意を反映する新たな選挙制度)の 五つが野党共通政策の重要な柱になると考えます。

 私たちは、野党間での選挙協力をもっと強化すべきだと思います。大連立の可能性さえ報道される中では、部分的な選挙協力を超えた、幅広い野党間の平和連 合を考える時期に来ているのではないでしょうか。かりに総選挙前にそのような野党連合が結成できないとしても、総選挙後を見据えた野党間・野党と市民間の 協議・討議が開始されるべきだと考えます。

 私たちは、日本が大きな政治の分岐点にある現在、市民と野党の協力、そして共同の実現こそが日本を平和の危機や経済的破綻や社会的混乱から救う道であることを確信しています。       
以上

2008年1月13日

「平和への結集」をめざす市民の風
posted by 風の人 at 07:16 | Comment(2) | TrackBack(4) | 一般

2008年01月19日

近代日本のアジア主義

今日の朝日新聞25面に、「政治化する30代の論客」という
記事がありました。宮台真司らのポストモダン派が、時代の寵児になっ
てから20年。やっと正常化の兆しが見えてきたかという感じです。

政治化と書かれていますが、政治や社会について語るのは当り前。今ま
でが異常だったのです。久し振りに思想誌も出るそうです(「思
想地図」NHK出版)

その中で、私が注目しているのが中島岳志。「中村屋のボース」は、最
近読んだ本の中ではダントツの面白さでした。実際に話してみると、
清々しくて感じのいい若者。若くして成功した人間によくある、傲慢さ
もありません。期待の若手です。

その中島岳志、ネット右翼から目の敵にされています。理由は、リベラ
リストであって左翼ではないから。左翼なら反日だの何だのとレッテル
を貼って罵倒できますが、そう簡単にはいきませんからね。おまけに、
今まで右翼の専売特許のように思われてきたアジア主義に関心を持って
います。ネット右翼にとっては手強い相手なのですよ。

だから何がなんでも叩き潰そうと、躍起になっています。ブログに荒ら
しが結集、レスがないと「反論できないのか」「降参だな」と、いつも
の手で必死に釣っています。やれやれ・・。

で、その中島岳志の新刊が「頭山満と近代日本」。頭山満伝です。ブロ
グに書いています。
http://indo.to/log/nakajima/

私も今、近代日本とアジア主義の問題に首を突っ込んでいるので、これ
は非常に興味深い本。ということで、ご紹介しました。
posted by 風の人 at 14:58 | Comment(0) | TrackBack(3) | 一般

DV防止法:反対団体の抗議で講演会中止 つくばみらい市

先程のニュース、読めなかったようで失礼しました。
このニュースです。
DV防止法:反対団体の抗議で講演会中止 つくばみらい市
http://mainichi.jp/select/today/news/20080118k0000e040081000c.html

                 川西玲子
posted by 風の人 at 01:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

女性問題は、より複雑になっている

全く、恐ろしい事態ですね。
    ↓
DV防止法に抗議 講演会が中止
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=386067&media_id=2

思うに、恵まれた女性たちが女性の問題に無関心になり、
女性問題なんて終わったように考えていることが、
こういう事態を招いた一因です。
もっともっと女性の問題について考え、語っていく必要があります。

専門学校には、危ないところにいる少女がたくさんいます。
ネットで知り合った男性から「車をプレゼントする」と言われて
それを信じてしまうような少女たちです。

大卒女性はよく「今どき誰だって大学へ行く」と言いますが、
それ自体が間違いなのです。
二人に一人しか行っていないのですから。

成功した女性が自分の自己実現ばかり考えているのは
本当に困った風潮です。
アホな特集ばかりしている「AERA」よ、恥を知れ!

                川西玲子
posted by 風の人 at 00:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2008年01月18日

rokkasho

皆様

ストップ再処理工場・意見広告の会のページをご紹介します。
www.iken-k.com

また、下記のメイル、自然農のメイリングリストで流れてきました。
転送させて頂きます。


豊田 義信 yoshinobu000-lj(a)infoseek.jp
ブログ http://heiwa0.seesaa.net/
ストップ再処理工場・意見広告の会 http://www.iken-k.com/
ガンジーの会 http://www.h2.dion.ne.jp/~hansuto/
市民がつくる平和条例の会 http://www17.plala.or.jp/peaceactcampaign/
「平和への結集」をめざす市民の風 http://kaze.fm/
川田龍平を応援する会 http://www.ryuheikawada.jp/
星野さんをとり戻そう全国再審連絡会議 http://www3.cnet-ta.ne.jp/f/fhoshino/

**********【転送歓迎】***************
朝日新聞の青森県版に「下北よ! 原子力と私たち」という再処
理工場などの青森の原子力施設の特集記事が出ました。
http://mytown.asahi.com/aomori/newslist.php?d_id=0200031

特に、与党国会議員ながら一貫してこの問題に反対している河野太郎氏
へのインタビューが載ったのは、大変重要なことだと思います。この記
事を全国版にも出してもらうようお願いしませんか?
そのまま出すことができないなら、全国版でも特集記事を組んでもらう
ようお願いしましょう。

朝日新聞のウェブサイトから意見を送ることができます。
http://www.asahi.com/reference/form.html

「青森県内版の「下北よ! 原子力と私たち」は大変よかった。
ぜひ全国版にも記事を載せてほしい」と、一行だけでもいいと思いま
す。一行じゃ足らない人はぜひいろいろ書いてください。

100人、200人、300人とこういう意見が届けば、新聞社と
しても無視することはできないでしょう。
「新聞は再処理工場の問題を伝えない」とよく言われますが、それは正
しくないと思います。
新聞が伝えないのではなく、読者があまり興味を持っていないから新聞
も取り上げないのです。

再処理の問題に関心を持っている人たちがたくさんいるんだということ
をこの機会に伝えませんか?
そして、全国版にも特集記事を載せさせましょう。

メーリングリスト、mixi、ブログ、友だちへのメールなどでまわ
りの人たちにもぜひ呼びかけてください。
朝日新聞の全国版に特集記事が載れば、河野太郎議員以外の国会議員も
再処理の問題に注目せざるを得なくと思います。
みなさんのご協力よろしくお願いします。

**********【転送歓迎】***************
posted by 風の人 at 15:28 | Comment(0) | TrackBack(1) | 一般

2008年01月17日

芥川賞

今さらですが・・・
芥川賞は話題性が先行し過ぎて、ひどいことになっていますね。
今年は本を読まない層、
つまり携帯小説を読む層向けにマーケティングしたらしい。

出版界の苦境を感じます。
これで市場が広がれば、いい本も売れるかもしれませんが、
そううまくいくかしら。

だいたい今どき女性の身体感覚なんて、
書く方も評価する方も時代遅れ。
もう少し真面目にやってもらいたいものです。
一応、文化なのですから。
これでは、まともに小説を書くのが馬鹿らしくなります。

そう言えば、「女性の品格」がコンビニで売られていました。
さすが230万部!
中身がそんなにひどいわけではないし、
本の販売場所が増えるのはいいことなのでしょうが、
恥ずかしげもなく二冊目を出したのには驚きました。
今の時代、臆面もなく行動できないとダメなのか。

                川西玲子
posted by 風の人 at 19:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2008年01月15日

新宿御苑で、ミサイル迎撃の調査

昨夜、新宿御苑で、ミサイル迎撃が可能かどうかの調査がありました。
あまりのバカバカしさに、怒りを通り越して笑ってしまった。戦争ごっ
こか。

本気で考えているとしたら恐ろしいし、アメリカの御機嫌取りだとした
らアホらしいし。両方なのでしょうが、莫大な費用には唖然とします
ね。川西玲子
posted by 風の人 at 18:11 | Comment(0) | TrackBack(6) | 一般

チョコレボ

1月11日国分寺カフェスローでチョコレートレボリューションの集いへ.
奴隷労働によるチョコでなく公正な労働,フェアトレードチョコを選び,美味しく楽しくかわいく緩かな革命を目指す.わくわくした.現地生産したチョコには関税10%かかるのに兵器,核燃料は0%.なぜ?
豊田
posted by 風の人 at 00:55 | Comment(0) | TrackBack(1) | 一般

2008年01月11日

中選挙区比例代表併用制の具体例

すでに提案している「中選挙区比例代表併用制」を具体例で説明した文章を元記事に追加しました。なかなか分かりにくい制度のようなので、理解の一助になればと思います。

中選挙区比例代表併用制を提案する
http://kaze.fm/wordpress/?p=164

【具体例】

全国を仮定数5の選挙区に区割りした場合を説明します。その内のある選挙区で、投票の結果、1位から4位までを政党候補が占め、5位に無所属候補がついたとします。

この段階で、無所属候補の当選は確定ですが、1位から4位までの政党候補については、当選はまだ確定しません。ただし、政党全体に割り当てられる比例区議席数の内、4が確定します。

総定数から無所属候補の総当選者数を差し引いた数の議席を政党に割り当てるのです。政党候補にとっての選挙区選挙は、政党全体に対する議席割り当て数を獲得する戦いという意義を持ちます。

そもそも、政党候補と無所属候補が公平に議席を争う設定が必要です。現行の小選挙区比例代表<並立>制では、政党候補にとって、比例区定数分は、無所属候補と戦わずして割り当てが確保されています。これは非常に不公平な制度です。この不公平さは、ドイツ下院の小選挙区比例代表<併用>制でも排除しきれていません。

各政党に対する議席割り当て数は、比例区選挙の得票数に応じた比例配分で決定します。各政党内における当選順位の決定は、各候補者の比例区得票実績に基づきます。要するに、現在の参院と同じ制度です。ただし、比例区の大きさについては、ブロック制も考えられるし、政党内における当選順位の決定についても、中選挙区選挙の得票実績(惜敗率など)などに基づく方法もあり得ます。


太田光征
http://otasa.net/
posted by 風の人 at 09:05 | Comment(0) | TrackBack(10) | 一般

上海の青春:草の根の侵略

大叔母が死去しました。
99歳です。明日、お通夜です。
大叔母はおしゃれな人で、ファッションにうるさく、
会うとまず服装のことを言われます。

それを母に愚痴ったら、こう言われました。
「青春を上海で過ごした人だからね。
 美人だし、モテて大変だったのよ」。
ああ、そうですか。

で、その当時のことを聞いてみたいと思いつつ、
遂にできないままで終わってしまいました。
あまり話したがらなかったし。
戦前に中国にいた人は、多くを語りませんね。

私も早く、亡父の兄弟たちに色々聞いておかないと。
特に祖父が中国に渡った頃の話を。
草の根の侵略は、自覚のないままになされたのですね。

                川西玲子
posted by 風の人 at 00:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2008年01月07日

選挙制度資料集をアップしました

私が管理している田口房雄さんのサイト(http://fusao.jp/)に選挙制度に関する資料集(Wordファイル)をアップしました。選挙制度を学習する際にはもってこいの内容です。ご一読をお薦めします。

選挙制度資料集
http://fusao.jp/resources.html

(1)諸外国の選挙制度
(2)選挙制度分析
(3)選挙制度修正的投票1:「民意を反映した(国民世論の縮図となる)議会をどのように作り上げるか? この投票方法を日本全国に広げよう!」
(4)選挙制度修正的投票2:「ゆがみ解消期待選挙区」

太田光征
中選挙区比例代表併用制を提案する
http://kaze.fm/wordpress/?p=164
http://otasa.net/
posted by 風の人 at 09:20 | Comment(0) | TrackBack(5) | 一般

2008年01月06日

ピースワークショップへのお誘い

こんにちは! 玄野武人です。

2月9日(土)、大阪のドーンセンターで、「ブレイン・ストーミングによるピース・ワークショップ:戦争をしないですむ方法を100個考えよう!」とういうワークショップをします。
楽しく交流できるワークショップを目指しています。
ぜひ、ご参加ください。
詳細は、下記をご参照ください。

今回は、森田ゆりさんらが展開している「ピースWITHアクション」(下記URL参照)の事前の学習会して開かれます。
http://www.geocities.jp/empowerment9center/index.html
本番のピースWITHアクションは、3月29日(土)、大阪で開かれます。
こちらも、歌あり、踊りありのたのしい平和のつどいです。


****** 【転送、大歓迎!】 ********

☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★
 〜ブレイン・ストーミングによるピース・ワークショップ〜
  【戦争をしないですむ方法を100個考えよう!〜】
☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★

ブレイン・ストーミングという方法で、ともかくあらゆる戦争をしないですむ方法を、100個を目指して考えてみましょう!
夢のようなアイデアから、楽しいアイデアまで、いろいろなアイデア、大歓迎!
頭が痛くなるまで、みんなで考えてみましょう。

◆と き:2008年2月9日(土) 午後1時半〜4時半  受付1時〜
◆ところ:ドーンセンター 1階「パフォーマンススペース」
   住所:大阪市中央区大手前1丁目3番49号
   交通:京阪「天満橋」駅下車、東口方面の改札から1番出口より東へ350m。
     地下鉄谷町線「天満橋」駅下車、東へ350m。
   地図:http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
◆ファシリテーター: クロタケ&有志
◆資料代 : 500円  ※15歳以下無料。小学生から参加いただけます。
◆主 催 : 背高女 from ピースWITHアクション
◆問合せ先&申し込み 電話&ファクス:06-6477-3806(西川)
               eメール:hina-peace@cwo.zaq.ne.jp
  ※準備の都合上、できるだけ事前にお申し込みください。

◆このワークショップで期待できることは、
  ・ワイワイと言いながらできる。
  ・楽しくてユーモアのある方法や、具体的に平和を実現できる方法を発見できる。
 
  ・新たなアクションに結びつけられる。
  ・平和について語りたいけど仲間がいない、なんとなく引いてしまうという人たちも気軽に参加できる。
  ・護憲派も改憲派も、いっしょに参加できる。
  ・9条を護るだけではなく、9条を使って平和をつくる方法も見つかることがある。

  ・外国が攻めてきたらどうするという疑問にたいするユニークな答えが見つかることもある。

この告知文、添付ファイルの転送、チラシの印刷配布、大歓迎です! 
では、ご来場をお待ちしています!

**********************************
posted by 風の人 at 15:18 | Comment(0) | TrackBack(2) | 一般

2008年01月05日

「ALLWAS 続・三丁目の夕日」過去のない昭和30年代

2005年、日本映画復活の牽引力の一つとなった「ALLWAYS 三丁
目の夕日」の続編が公開されている。鈴木オートと、その周囲にいる地
域の人々を中心に繰り広げられる物語だ。

 集団就職で上京してきた従業員が一人いるだけの、小さな自動車修理
工場、鈴木オート。その友人が営む吉田サイクル。東大出だが貧乏暮ら
しで、小説を書きながら細々と駄菓子屋を営んでいる、ロシア文学に傾
倒する気の弱い若者といった面々だ。敗戦から13年、テレビが買
えたことに感激し、ささやかな幸せを味わう人々の物語である。原作の
持つこの目線が、大ヒットの理由だろう。
 
 鈴木オートの社長は誰が死んだのか知るのが怖くて、一度も戦友会に
行ったことがない。二言目には「戦争中はな」と説教して息子から嫌が
られる。夫と共に鈴木オートを支える妻も、戦争に行ったっきり行方が
わからない男性のことが心に引っかかっている。社会にはまだ戦争の影
が色濃く残っていた。
 
 だがこの映画にあふれる幸せ感が、それを吹き飛ばしている。その結
果、ここに描かれる昭和30年代は過去のないものになった。その
ために、この時代と現在とのつながりもまた、消えてしまったのであ
る。経済成長を地域から支えた彼らは今、グローバル経済の大波に押さ
れて四苦八苦しているはずだ。戦前と昭和30年代と現在とを一本
の線で結んだ時、そこに見えるのは苦い現実である。
 
 それにしても、英語と日本語をつなげた「ALLWAS 続・三丁目
の夕日」といいうタイトルはセンスが悪い。川西玲子
posted by 風の人 at 13:11 | Comment(0) | TrackBack(2) | 一般

ヒラリーの敗因

ヒラリーがアイオワの予備選挙で三位に甘んじる結果に。
イラク戦争に反対しなかったし、集会でのやらせが発覚したし、
斬新さという点でオバマ候補にかなわない。
色々な理由があると思うけれど、私の感想をひとこで言うと
「先頭を走るフェミニストは損だなぁ」ということ。

もともと保守的な人からは嫌われているし、
年上の同性からも男性からもうとまれる。
おまけに年下の同性は、「あんなに肩に力を入れなくても」という目で
見る。

社会に出た頃はセクハラという言葉すらなく、苦労の連続だったし、
30代ぐらいで成功している女性は、全部自分の力だと勘違いしている。
過去はどんどん忘れられていきますね。

                   川西玲子
posted by 風の人 at 13:05 | Comment(0) | TrackBack(1) | 一般

2008年01月04日

「嬉しいお知らせ―完全勝訴判決のこと」

初投稿のふさっぺです。友人の蒔田さんからの画期的な、住民訴訟の
勝訴判決のお知らせ、転載します。なお、改悪教育基本法を通した、当時の
文科省大臣・伊吹氏の言いなりに動いたのが門川教育長であったのです。
ーーーーーーーーーーーー転送・転載歓迎ーーーーーーーーーーーーーー

蒔田直子です。今日は嬉しいお知らせ。
私たちが提訴している裁判のひとつ、「パイオニア委託事業」住民訴訟
で26日、京都地裁において、めったにない完全勝訴しました!
私たちは、校長の選んだ教員だけに5万円をばらまくことが、教員間の
格差やもの言えぬ管理を生み出すことになると考え、裁判を提訴しまし
た。領収書の偽造など、どうしてそれで子どもに向えるの?と聞いてみ
たいこともありましたが、教員を攻撃するためではありません。教育長
の責任をはっきりさせた判決は、本当に求めていたことでした。
いつも「敗けてもめげない」心の準備ばかりしているので、初めはなん
だかわからなかったのですが、裁判長の親切な説明で、完全勝訴、それ
も予想以上の判決だとやっと理解し、歓声を上げました。
京都市長選に出馬する門川(前)教育長への最高の年末プレゼントです。
今年は、原告のうち2名(林功三さん、田中真人さん)が亡くなられま
した。お二人がどんなに喜んでくださっているか、うれしい涙です。

(以下、北上田毅さんの報告) 
この3年以上、闘ってきた市教委のパイオニア委託事業の住民訴訟で、
完全勝訴しました。
 門川前教育長は、7100万円を返還せよという画期的な判決です。
住民訴訟としては考えられないような大勝利です。

 判決は午後4時から言い渡されました。裁判長は、「被告
は----」と判決を読み上げ始めました。「原告らの---」
で始まると住民側敗訴、「被告は---」という出だしは勝訴の場
合です。
 思わず、「勝った!」と叫びました。「教育長は7100万円、総務
部長ら2人は600万円、総務課長は19万円を損害賠償せよ」という
主文を読み上げた後も、裁判長は判決内容の詳しい説明をしてくれまし
た。これも異例なことです。あまりの明快な判決に傍聴席から拍手が起
こります。裁判長はそれを制止することもなく、淡々と説明を続けま
す。10分ほどで概要の説明が終った後も、傍聴席からまた大きな拍手。

 裁判長の判決言い渡しを聞きながら、思わず涙ぐんでしまいました。
これだけ見事な勝訴があるでしょうか。膨大な資料と格闘を続け、その
分析に大変な時間と労力を費やしてきたのですが、全て報われました。
 我々の主位的請求は、制度そのものが違法というものでしたが、もし
それが違法といえない場合でも、予備的請求として、要綱に違反した運
用や領収書の偽造など、1400件の契約一つひとつにつき、細かい分
析をして違法なものもあると主張してきました。主位的請求が認められ
ない場合でも、予備的請求のいくつかは認められるかもしれないと予想
していたのですが、今回の判決は、我々の予想をはるかに超え、主位的
請求そのものを認め、2年間に費やした事業費全額を京都市の損害と認
めたものです。
 特に、門川前教育長について、事業の責任者として全額の賠償責任を
命じたのは、最近の住民訴訟が、政策決定者の行為は、財務会計上の行
為ではないとして免責する傾向が多かっただけに、画期的なものです。

******************
● MBSは動画で見ることができます。
 (071226MBSニュース/京都地裁の外でのインタビュー)
http://www.mbs.jp/news/kansai_GE071226174500075161.shtml

●京都新聞
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?
mid=P2007122600171&genre=D1&area=K10
違法支出と認定 賠償命令
京都地裁 京都市教委に
 京都市教育委員会の「教育改革パイオニア研究事
業」で特定の教職員に委託料を支出したのは違法だ
として、「『心の教育』はいらない!市民会議」な
どの市民団体のメンバーが桝本頼兼市長を相手に、
桝本市長や門川大作前教育長らに総額約7100万
円の損害賠償を請求するよう求めた訴訟の判決が2
6日、京都地裁であった。中村隆次裁判長は「給与
の実質的な二重払いで、違法な支出」と認定し、門
川前教育長や当時の市教委幹部に全額を請求するよ
うに命じた。

 判決は、市長への請求は「自ら決裁していない」
として棄却した。当時の幹部にはそれぞれが決裁し
た分の責任を認定し、事業要綱を決裁した門川前教
育長については「事業実施により違法な支出をさせ
た」として、全額の賠償責任を認めた。

 判決などによると、市は2001年度から05年
度にかけて、校長の推薦を受けた教職員と道徳、人
権教育などの研究の委託契約を結び、図書費や印刷
費などとして約2500人に総額約1億2000万
円を支払った。原告は、うち02、03年度分の約
7100万円を請求するように求めた。

 市長らは「教員の研究や研修に対し、給与とは別
に書籍や教材などの実費を支給するのは問題ない」
と主張したが、中村裁判長は「委託内容を本来の職
務と区別することは困難。給与とは別に、条例に基
づかない金銭の支給はできない」と指摘し、事業そ
のものが違法と結論付けた。

 この訴訟では、委託を受けた19人の教員が、教
材購入などの領収書を偽造していたことも判明し
た。市民団体は「こうしたずさんさが裁判所の判断
の基礎になった。市教委や校長の言うことを聞く教
員だけに金をばらまく教員管理の手法が根本から否
定された」と判決を評価している。

 市教委は「事業は教育活動の充実に大きな成果を
挙げた。直ちに控訴したい」とコメントしている。
posted by 風の人 at 00:51 | Comment(0) | TrackBack(4) | 一般

2008年01月03日

努力と根性

先程の投稿に訂正があります。

×「いまだに8万人が拘束されている」
     ↓
◯「今までに8万人が拘束された」

投稿数を増やして申し訳ありません。

ついでですが・・・
先程NHKの七時のニュースで、
日本人の好きな言葉ベスト10が発表されてました。
信憑性は不明ですけど。

それで10年前に比べて劇的にランクを下げた言葉が二つ。
努力と根性です(笑)
長女のリアクションは「努力しても報われないものね」。

まぁねぇ・・・。
特権層が成功を独占していますから。
皆が自分を中流だと思えた頃は、今思うといい時代だった。

                川西玲子
posted by 風の人 at 20:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

いまだに8万人が拘束されている!

昨夜から連日、NHK総合テレビで深夜に、
“民主主義”〜世界10人の監督が描く10の疑問〜を放映中。
BSで放映されたものの再放送です。

毎晩二本ずつで、昨夜の一本目は「アメリカ 闇へ」でした。
それを観て、今でもアルカイダの関係者とされた人々が、
8万人も拘束されていると知って絶句。
我が家のリビングに怒りの嵐が吹き捲くりました。

しかし、一体どうしたらいいのか。
「ホワイトハウスに抗議に行こう」とか様々な案が出ましたが、
結局、足下からしか変えられないという結論に。
今年もできる限り頑張ります。
今晩は「欧州 風刺画事件」です。
必見!

                 川西玲子
posted by 風の人 at 18:42 | Comment(0) | TrackBack(1) | 一般

「魍魎の匣」の中国ロケ

元日は「続 ALLWAYS 三丁目の夕日」、
二日は「魍魎の匣」と日本映画を続けて鑑賞しました。

「魍魎の匣」の舞台は昭和32年です。
観ていて、街並がちょっと中国に似ているなと思ったら、
半分は中国でロケしたらしい。
最後に延々と流れるテロップで、制作過程がわかります。
興味が湧いたので、プログラムを買って読んでみました。

中国ロケは、何事も段取り通りに行かなくて苦労したとか。
中国ロケの利点は群衆シーンの撮影ができること。
でも、エキストラの中には逃げ出す人もいて、
現場監督が目を光らせていたそうです。

打ち合わせ通りにいかないこともしょっちゅう。
でも最終的には息も合って、うまく撮れると歓声が上がり、
打ち上げの時は、日中のスタッフがどんちゃん騒ぎしたそうです。

雨中のトンネルシーンが印象的だったのですが、
あの場面は、韓国映画「殺人の追憶」を参考にしたとのこと。
戦争の話も出てくるし、色々な意味で興味深い映画でした。
posted by 風の人 at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2008年01月01日

増田都子先生の近現代史 第7回 『民族独立運動と大正デモクラシー』報告

皆様

2007年12月15日、あびこ平和ネット主催、全15回のシリーズ企画、増田都子先生の社会科授業「近現代史の真実を知ろう」第7回 『民族独立運動と大正デモクラシー』に参加しました。

●今回の資料より一行

-「二大政党主義が人権自由の泉から流れて来たものでなければ効果の程は思ひやられる。(雑誌『第三帝国』)」松尾 尊兌著『大正デモクラシー』岩波書店、1994年。


●今回の授業では、行政も広めたとされる関東大震災後の朝鮮人暴動の噂と、それによる民衆による朝鮮人虐殺を機に、社会主義者や労働組合員等が検挙、処刑され、大正デモクラシーの動きは地下に潜らざるを得なかったことを知り、驚きました。

これが、政府による活動の潰し方なのでしょうか。授業では警察がどのように処刑したかを具体的に知ることが出来ました。

我孫子市国民保護計画が策定され、ご近所の自警団活動が盛んになってきた今日この頃、今後このようなことが起こらないように目を見張ることが必要だと感じました。いかなる時も人を殺してはならない。

●以下新しく知ったこと。
-1913年の大正政変と第一次護憲運動は、外見的立憲性である憲法を本当の立憲性にすべく行われた。今もまさに「正当に選挙された国会議員を通じて行動」できるような私自身と選挙制度が求められていると感じた。
-1919年3月1日、朝鮮200万人の非暴力運動、三・一独立運動。鎮圧のために日本軍がどのように女学生を殺したかを知りました。
-1923年9月1日、関東大震災。2日、戒厳令。戒厳令は憲法を停止すること。この戒厳令下で朝鮮人暴動の噂が広まった。行政が民衆に発した「あちらへ避難しろ」「こちらへ」という電報が残っている。
-3日、朴烈と金子文子が保護検束→後、大逆罪。朴と金子カップルの存在意義は大きいと思う。

-同年12月27日、24歳の難波大輔による摂政裕仁への発砲事件。
-1925年3月19日、治安維持法成立。これがあったから大戦が止められなかった。第一条、「国体を変革...を目的として結社を組織し...加入したる者は十年以下の懲役または禁固に処す。」星島次郎「国体とは何か。」若槻首相「帝国の国体は、万世一系の天皇をいただいた帝国をいう。」共謀罪のことを思った。
-1925年4月16日、日本労働総同盟、右派と左派に分裂。亀戸計七の発言「団結は何よりも大事だ。」同感。
-1926年12月25日、大正天皇没→昭和天皇裕仁即位。昭和の幕開け。

「新聞とラジオはその一年を通して、...昼夜を問わず毎日のように儀式関係の報道を続けた。...国家の意図への服従、時代風潮へのあわれな迎合は、以降も続く日本の新聞の特性になった。...大正天皇の弱さが大正デモクラシーの台頭を促したのに対して、昭和天皇の即位はその終焉をもたらし、祭政一致の宗教的理想を再生させた。それは...ふたたび日本を閉ざし、君臨し、かつ統治する天皇の神格化の完成を宣言した。」「本書の主な関心は、国家の元首および軍の最高指揮官としての彼の名で、その積極的な指揮のもとで行われた戦争の道義的、政治的、法的な説明責任を、天皇が公的に認めずに済んだ点にある。」ハーバート ヴィックス著『昭和天皇』講談社、2002年。

●今後の予定●
第8回 1月26日(土)14時〜近隣センターこもれび、「映画『ガンジー』鑑賞と明治から大正の歴史を振り返る」
第9回 2月23日(土)14時〜湖北台近隣センター、「世界大恐慌と日中戦争」

皆様ぜひ、いらして下さい。

沖縄の辺野古や高江、山口の岩国、千葉の習志野、茨城の百里や霞ヶ浦、神奈川の座間や横須賀など、各地で基地軍備強化に抵抗している人達のことを覚えて、

豊田義信
posted by 風の人 at 08:58 | Comment(0) | TrackBack(2) | 一般

市場経済と志

文句を言いながら観ていた紅白歌合戦が終わり、
娘たちはジャニーズ・カウントダウンを観始めました。
で、私はパソコン(笑)

昨年は紅白でSMAPが反戦的な歌を歌って感激したのですが、
今年は資生堂のCMソングだったのでがっかり。
今年もあの歌が良かったのにな。

市場で力を持っている人には自覚を持ってもらいたい。
でも、湯川れい子さんがシンポジウムで言っていました。
そういう事はなかなか難しいって。

歴史修正主義の本が次々に出たのは、ビジネスモデルができたから。
出版不況で、出版社が飛びついたのです。

                    川西玲子
posted by 風の人 at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2007年12月31日

市場に食い込む必要性

笠原十九司著「南京事件論争史」にこう書いてありました。
「出版不況もあって、出版社が次々に否定本を出すようになった」と。
「嫌韓流」も「ゴー宣」もマーケットをつくったから、
その手の本が次々に出るようになったわけです。

ビジネスモデルができるって怖いんですよね。
でも、こっちが逆ビジネスモデルをつくることもできるはず。
あらゆる手段を使って情報を発信し、
市場にも食い込んでいく必要があるでしょう。
市民メディアにだけ発信しても広がりません。

いい映画があったら観て、いい本があったら買って、
お金を出して志を後押ししていくことが大切だと思います。

           川西玲子
posted by 風の人 at 02:09 | Comment(0) | TrackBack(1) | 一般

2007年12月29日

ヒバクシャ

以下座間の麦っ子畑保育園での鑑賞メモ.被爆とは何かを知った.

300t劣化ウラン弾を散らした湾岸戦争後イラクで子供のガン白血病が4倍.大量破壊兵器の原料になるからと抗癌剤輸入に制限.子を殺した経済制裁.それでも制裁が価値あると語ったオルブライト長官を私は忘れない.

長年病を繰り返す原爆病は非定型.定まらない様々な症状.全身に感染症.

米政府が知りつつも放射汚染をし,長崎原爆や核兵器を製造し続けるハンフォード核施設と原発.水と食物,母乳で汚染.癌,流産を繰り返す付近住民.この苦しみを後世に残したくないと語る女性.かたや町起こしの店ATOMIC_FOODS,プルトニウムBeer.ここのポテトが日本に輸出中.ポテト農家は妻を癌で亡くしても生産を続ける.

放射性ゴミを扱う六ヶ所村再処理工場.53基原発の年単位の放射能を一日で扱う.2月本格稼働を如何に阻止するか.
86年チェルノブイリ事故で放射性セシウムが放射.96年から東北で女性の乳癌による死亡が急上昇.中国核実験の影響もあった.つくられた病.私達の傷つけられた遺伝子の影響は孫世代に.

伝えてくれた被爆者の方々,鎌仲監督,麦っ子に感謝.命のリレーを大事に.それを断とうとするものに抵抗す.豊田
posted by 風の人 at 16:17 | Comment(0) | TrackBack(2) | 一般

2007年12月28日

「南京事件論争史 日本人は史実をどう認識してきたか」

笠原十九司著「南京事件論争史 日本人は史実をどう認識してきたか」を
読みました。寝る前にちょっとだけ読むつもりがやめられず、
夜明けまでかけて一気に読んでしまいました。

この問題が戦後政治の中でどう扱われてきたか、
とてもよくわかります。
是非お知り合いにも勧めてください。
一人でも多くの人に読んでもらいたいと思います。
平凡社新書です。

               川西玲子
posted by 風の人 at 12:44 | Comment(0) | TrackBack(2) | 一般

2007年12月25日

政府がISAF参加合憲の解釈へ――共産・社民、頑張れ!

政府がアフガニスタン本土に展開する国際治安支援部隊(ISAF)本体への自衛隊参加に関し、憲法上、可能との見解をまとめていたことが、21日、明らかになりました。読売の電子版で知り、記事を書こうと思っていたら、現政権に「ノー」さんからトラックバックをいただきました。

憲法解釈変更を粛々と断行する政府与党の狡猾さ
http://blog.livedoor.jp/passionmaster/archives/50180290.html

とうとうここまで来たか。明らかに総選挙後の自民・民主大連立を想定し、小沢民主党が今国会に提出した「テロ特措法対案」の中でも言及されている自衛隊派遣恒久法を制定しようということでしょう。

ISAFでの武力行使が「国際法上の武力行使」――何だこれは?――に当たらないからOKだという理屈ですが、これは小沢さんの憲法解釈に沿った表現でしょう。小沢さんは「国連決議」に基づきさえすればOKという考え方。どちらも全く憲法を吹っ飛ばした詭弁です。

益々、共産・社民など、護憲政党の役割が致命的に重要になってきました。先日の社民党大会で、福島瑞穂さんは以下のように発言されているといいます。


12月22日16時46分配信 産経新聞

福島氏はまた、「大連立が自衛隊派兵恒久法案、消費税大増税をめぐって行われることを危惧(きぐ)する。憲法改悪の環境作りにもなっていく。小沢一郎民主党代表は『大連立は間違っていない』と述べている」と指摘。そのうえで「総選挙で民主党だけが勝てば大連立が復活するかもしれない。社民党が議席を増やさねばならない」と述べた。


民主党の管直人さんが来賓として参加していたというから、もし管さんの目の前で上記の発言をされたのなら、大変好ましいことだと思う。亀井静香さんのように、民主党に対してもっとズバズバ物を言っていくべきでしょう。

民主と社民は正式に次期総選挙での選挙協力を合意しました。かような民主党であるとはいえ、野党選挙共同の枠組みでしか、護憲派議員の当選者を増やすことはできないでしょう。ここに、是非とも共産党も加わってほしいと思います。

2007/12/20-時事 20選挙区程度で社民推薦=民主

 民主、社民両党の幹事長、選対委員長は20日、国会内で会談し、次期衆院選への対応について、20近い選挙区で民主党が社民党候補の推薦を目指すことで一致した。来年早々にも「選挙協力の第1弾」を発表する予定だ。


アメリカの言いなりになりたくない有権者は、イヤでも、比例区は共産・社民などの護憲政党に投票し、自民・民主の二大保守政党制を許してはなりません。

太田光征
http://otasa.net/
中選挙区比例代表併用制を提案する
http://kaze.fm/wordpress/?p=164
posted by 風の人 at 07:30 | Comment(0) | TrackBack(9) | 一般

本当の改革

明治大学応援団、いじめ自殺で活動停止。
いじめなんていうレベルではない、ひどい話です。

とかくの噂がある応援団を放置していたから、こういうことになったの
です。
応援団は大学にとって、ラグビーや野球の試合を盛り上げてくれる存在。
だから手を付けなかったのしょう。

大学はどこも生き残りを賭けて必死ですが、
こういう不祥事一つで、どんな努力も吹き飛んでしまいます。
だから新学部設置とかタレント教授招聘とか、そんなことよりも、
教育の質や文化を大切にするべきなのです。

応援団の改革は難問ですが、こういうことに取り組むことこそ大事。
でもそういう努力をしても、学内で評価されませんからね・・・・。
世の中、評価されるのは数字を出す人間だけ。
病根に斬り込む人はなかなかいません。

                     川西玲子
posted by 風の人 at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2007年12月24日

17代大統領選挙結果に対する「韓国進歩連帯」の立場

今秋、新たに発足した韓国民衆運動勢力の連合体「韓国進歩連帯」の声明が出されていますので、ご紹介します。

太田光征
http://otasa.net/

【声明】 17代大統領選挙結果に対する「韓国進歩連帯」の立場    *翻訳・日韓ネット

12月19日、大統領選挙はハンナラ党イ・ミョンバク(李明博)氏の当選によって幕が下りた。まず、いつにも増して汚い選挙によって心痛めた国民の皆さんに慰労の言葉を伝え、ここに今回の選挙結果に対する「韓国進歩連帯」の立場を明らかにする。

1.国民への欺瞞によって得たイ・ミョンバク(李明博)氏の勝利、審判は終わっていない!

 われわれはまず、今回の大統領選挙がBBK事件などイ・ミョンバク(李明博)氏の犯罪嫌疑に対する真実が究明されない最中に行われることによって、国民の主権が正しく行使できない大変非正常な状況の結果であることを指摘する。
 これはウソで一貫したイ・ミョンバク(李明博)氏自身と、当選が有力視された候補に早い段階からすり寄った政治検察のせいだ。その結果、大統領当選者が特別検察調査の対象となるという憲政史上初めての事態となった。これは国のためにも、国民のためにも、大変不幸なことだ。
 大統領選挙と無関係にイ・ミョンバク(李明博)氏の犯罪嫌疑に対する徹底的な捜査は行われるべきで、その結果は彼が当選者として辞退するなど、自ら述べているように責任を負うべきだ。よって私たちは、国民と共に真実究明と責任追及のための闘いを今後も続け、根深い不正腐敗を清算することによって道徳と正義を立てるために努力する。

2.ノ・ムヒョン(盧武鉉)政権の無能さと失政に対する国民の厳しい審判だ。
 不動産投機、擬装就業、擬装転入、株価操作疑惑など、到底大統領候補とは信じられない

イ・ミョンバク(李明博)氏が当選したのは、ノ・ムヒョン(盧武鉉)政権を審判し、政権交代を望んだ民心の厳しい審判によるものだ。
 本当に胸が痛いのは、これによって国民の苦痛と不幸が予感されるためだ。ノ・ムヒョン(盧武鉉)政権の財閥と金持ちのための新自由主義政策によって非正規職労働者が多くなり、社会格差が広がり国民が背を向けたのに、すでにイ・ミョンバク(李明博)氏はこれより何倍も強力な財閥中心の成長政策を予告しているではないか。ノ・ムヒョン(盧武鉉)政権は韓米同盟を楯にブッシュ政権のイラク侵略に同調し、朝鮮半島の南北関係発展を遅延させたが、ハンナラ党とイ・ミョンバク(李明博)氏はさらに韓米同盟強化と対北相互主義を唱えているではないか。
 ハンナラ党とイ・ミョンバク(李明博)氏はノ・ムヒョン(盧武鉉)政権を厳しく審判した民心を誤判し、反民衆、反統一、反民主主義的な行為をするならば、民心はハンナラ党とイ・ミョンバク(李明博)氏を権力の座から引きずり下ろし、永遠に追放することになるということを肝に銘じなければならない。
 とりわけ朝鮮半島の平和を定着させ、朝鮮半島の南北の関係を統一志向的に発展させようとする課題は、政権によって決して左右されるものではない民族的課題だ。6.15共同宣言と10.4宣言を無視したり逆行したりするような者は、誰しも民族的審判を受けるということを明確に述べておく。

3.進歩勢力は謙虚な姿勢と骨身を削る反省で一大革新を成し遂げねばならない。

 民心はノ・ムヒョン(盧武鉉)を審判しただけでなく、民主労働党を中心とした進歩的な勢力に対しても背を向けた。民主労働党を中心とした進歩勢力は、これまでの大統領選挙と総選挙を通じて多くの国民から支持されたということからみても、今回の大統領選挙結果は進歩勢力全体に対する国民の手痛い叱責だというべきだろう。
 たとえ今回の大統領選挙がノ・ムヒョン(盧武鉉)政権の失政に対する民心の怒りによって政権交代へと結び付き、候補が乱立するなど、民主労働党をはじめとする進歩勢力にとって不利な状況だったとしても、国民の下した冷静な審判は謙虚に受け入れるべきだろう。
 民主労働党を中心とした進歩勢力は、新しい時代を牽引する代案として認められず、民心を得られなかった原因を外に向けるのではなく、謙虚で骨身を削る反省によって、一大革新を成し遂げねばならない。このようなところからみると私たち「韓国進歩連帯」もまた決してここから自由ではあり得ないことを率直に認め、省察と革新を遂げねばならない。

4.自主と平等、平和と統一の新時代に向かう歴史の進歩は、決して止められない時代の流れだ。

 歴史の途上で一時的な紆余曲折があっても永遠の退歩はあり得ない。進歩をめざす民衆の歩みは政権の行方とは無関係に絶え間なく続いていくというのは私たちの変わらない信念だ。私たちは歴史の進歩と民衆に対する確固たる信頼によって、自主と平等、平和と統一の新たな時代のため、闘いと前進を続けていく。
 民衆よ!災いを福と成し、危機を機会ととらえ、民衆が主人公となる新しい時代のために、力強く前進しよう!

2007年12月20日
韓国進歩連帯
posted by 風の人 at 06:33 | Comment(0) | TrackBack(2) | 一般

2007年12月21日

選挙制度を考える討論会

以下我孫子で参加した時のメモ.4名での討論と学び.

-75票差で落ちた市民派候補.個人を選ぶ選挙の弊害.

-江田参院議長が来年度選挙制度改革すべしと発言.

-民意を反映できる選挙制度をつくってから考えないと情報操られっ放し.

-岩本美砂子教授"候補者選定という議会制民主主義の根幹に関わる部分でも透明化が求められている."

-少数護憲政党が議席を確保できる様な修正投票を.

-若者にも興味の持てる発信を模索したい.

豊田
posted by 風の人 at 21:11 | Comment(0) | TrackBack(3) | 一般

熊本県知事選に関して現時点での情報整理〜川辺川ダム反対の立場から

 熊本県では来春、県知事選挙があります。3選出馬を確実視されていた潮谷義子知事(68)が一転不出馬を表明し、同知事選は風雲急の様相を帯びてきました。候補者も現段階で6人がノミネートされており、乱立気味です。

 熊本県では「川辺川ダム」問題が長年の懸案事項となっています。同ダム計画発表から40年目の節目に誰が県知事になり、同ダム問題をどのように決着させるのか。来春の熊本県知事選に関して、同ダム建設反対の立場から現時点での情報を整理してみます。

 同知事選に立候補を表明しているのは現時点(12月20日)で4人。そのほかに自民党サイドが出馬要請している立候補予定者として2人の名前が取り沙汰されていますから、同知事選の下馬評の主はあわせて6人ということになります。

同知事選への立候補表明順にいえば、以下の4人がすでに出馬表明をしています。

@ 北里敏明氏(59) 元消防庁次長(12月7日出馬表明)
A 矢上雅義氏(47) 現球磨郡相良村長(12月10日出馬意向表明、12月14日出馬表明)
B 鎌倉孝幸氏(61) 元熊本県地域振興部長(12月13日出馬意向表明、12月17日出馬表明)
C 岩下栄一氏(61) 元自民党衆院議員(12月19日出馬表明)

 上記のうち鎌倉孝幸氏については、潮谷知事が実質的な支援表明をしました(熊本日日新聞、12月15日付)。また、民主党も、同党推薦候補の有力な対象者のひとりとしています(同左)。        

 下記のふたりは、自民党サイドが出馬要請している立候補予定者として名前が挙がっています(同紙、12月19日付)。

D 蒲島郁夫氏(60) 東京大法学部教授
E 中山峰男氏(60) 崇城大学長

 上記のうち中山峰男氏は、19日、自民党の同知事選候補者の正式な選考対象となることを了承しました(同紙、12月20日付)。蒲島郁夫氏については、20日の自民党と同氏との会談で「態度保留」との回答を示したようです(同紙、12月21日付)。同氏については、民主党も、同党の有力推薦候補者として接触しているとの報道もあります(同紙、12月20日付)。

 蒲島氏はこれまで選挙分析や国民の政治意識などについて、朝日新聞社と共同調査、研究を続けてきており、その分析記事に少なからず目を通してきた私の個人的な感触では、同氏は自民党よりも民主党に近い考え方の持ち主です。私の観測では、自民党候補者になる可能性は中山氏の方が高いように思われます。仮に蒲島氏が同党の候補者に選出されたとしても、「自民党はダム建設推進の立場」(同紙、12月11日付)ですから、蒲島氏が同党から出馬した場合、必然的に彼も「ダム建設推進の立場」とみなさざるをえないでしょう。

 以上のことから判断すると、来春の知事選候補者は以下のようになるのではないか(あくまでも現時点での判断)?

【ダム建設推進派候補者】(自民党系候補者)
北里敏明氏(59) 元消防庁次長
岩下栄一氏(61) 元自民党衆院議員
中山峰男氏(60) 崇城大学長(自民党推薦候補者)

【ダム建設「中立」派候補者】
鎌倉孝幸氏(61) 元熊本県地域振興部長

【ダム建設反対派候補者】
矢上雅義氏(47) 現球磨郡相良村長

 上記を見る限り、保守乱立に乗じて「ダム建設反対派(または「中立」派」)の候補者が当選する可能性は大です。しかし、知事選勝利の前提として、「ダム建設反対派(少なくとも「中立」派)」の《一本化》という条件が必要でしょう。

 また、《一本化》の条件として、次の2要素は重要な検討材料(慎重な検討が必要)というべきでしょう。

@川辺川ダム計画に対する態度

A勝てる候補かどうか

 上記について、だれがその任を担うのか? あるいは担えるのか? ダム反対派(「中立」派を含む)が知事選に勝利するかどうかの当面のポイントは、おそらくここにあるだろう、と私は思います。

 以下、各立候補予定者の経歴、考え方など。

1.北里敏明氏(59)

(a)経歴
現弁護士。元元消防庁次長。熊本市出身。東京大法学部卒業後、自治省(当時)入り。京都市助役などを務めた。2004年の参院選比例代表に自民党公認で立候補し、落選した。

(b)ダム・県政問題発言録
・「県民所得が全国三十八位と落ち込むなど熊本の経済は停滞し、地域の商店街も寂れている。日本一魅力ある県にしたい」と述べた。アジアとの交流による経済振興や産業振興、観光地づくりを進める」(熊本日日新聞 2007年12月8日)
・「(ダム問題については)早急に結論を出すべきと考えるが、現時点で是非の判断は下せない」(熊本日日新聞 2007年12月11日)

(c)潮谷県政について
・「多くの人の声を県政に反映させる姿勢は評価する。ただ、県民所得の向上など経済面で少し物足りなかった」(熊本日日新聞 2007年12月8日)


2.矢上雅義氏(47)

(a)経歴
現球磨郡相良村長。1993年に日本新党から衆院旧熊本2区で立候補し、初当選。新進党結党に参画し、衆院熊本5区で再選を果たした。その後、自民党に入党し、2000年に落選。01年に相良村長選に初当選し、05年の村長選は拘置中に再選された。矢上村長は、助役選任をめぐる贈賄容疑で熊本地裁で有罪判決を受けた。福岡高裁に控訴し、公判中。「裁判では一貫して無罪を主張している。知事選への立候補は保障された権利。何ら問題はない」と話している。

(b)ダム・県政問題発言録
・「ダムには100%反対。40年続いたこの問題を、次の知事が終わらせるべきだ」(朝日新聞、2007年12月16日付)
・「厳しい県財政の立て直しや水俣病問題の解決などに、自分の経験を生かしたい」(読売新聞、2007年12月10日付)
・「環境面はもちろん、県の財政再建の観点からも無駄な投資のダム計画はなくすべきだ。知事として政治決着をつけたい」(熊本日日新聞、2007年12月11日付)
・「水俣病問題の早期解決や九州新幹線全線開業を生かした交通基盤整備などにも取り組む」(同上)

(c)潮谷県政について
・「ダムや利水(国営川辺川土地改良事業)の問題を押しとどめ県民が冷静に判断する時間を与えた」(熊本日日新聞、2007年12月11日付)
・「ダム推進の流れから、『中立』という立場に踏み込んだ知事の決断を評価している」(同紙、2007年12月5日付)

3.鎌倉孝幸氏(61) 

(a)経歴
元熊本県地域振興部長。阿蘇市(旧阿蘇町)出身。中央大法学部卒。1971年に県庁入りし、新幹線対策室長や川辺川ダム建設に「中立」の立場である潮谷県政で、県が主導した住民討論集会などに携わった。県庁を定年退職後、06年10月から熊本県民テレビ顧問に就いていたが、12月12日付で退職。

(b)ダム・県政問題発言録
・「ダム建設は最後の選択肢。治水面などで議論を尽くす」(熊本日日新聞、2007年12月14日付)
・「行政経験を生かして交流人口の増加や雇用拡大、政令市実現などに取り組み、地域力を上げたい」(同上)
・「県政には川辺川ダムや水俣病の問題、新幹線全線開業を見据えた県土づくり、熊本市の政令市実現など最重要課題がある。自らの経験を生かしたいと決意した」(同紙、2007年12月18日付)
・「(川辺川ダム問題について)洪水時に想定される河川の最大流量(基本高水流量)はあくまで推定値だ。過去の洪水被害を再調査し、ダムに頼らない治水対策を国に求め、徹底検証する必要がある」(同上)

(c)潮谷県政について
「(潮谷知事が選挙戦での支援を示唆していることについて)評価してもらいありがたい。潮谷県政を継承し、発展させたい」(同紙、2007年12月18日付)

4.岩下栄一氏(61) 

(a)経歴
元自民党衆院議員。熊本市出身。県議を経て、細川護熙元首相の議員辞職に伴う衆院熊本1区補選に自民党から出馬、当選。知事選には無所属で出馬するという。

(b)ダム・県政問題発言録
・「経済の活性化や農業など一次産業の振興、教育の充実に力を入れる」(熊本日日新聞12月20日付)
・「県民所得倍増計画の策定(財源の裏付けなどを精査し、来年2月に公表するマニフェストで具体的政策として示す)」(同上)
・「(県立高校再編整備計画について)凍結して見直す。地域の核でもある学校を財政や効率性の観点で論じるべきではない」 (同上)

5.蒲島郁夫氏(60) ※(自民・民主とも政党独自候補者として検討中)

(a)経歴
東京大法学部教授。山鹿市(旧鹿本町)出身。鹿本高卒。鹿本農協職員を経て米国のネブラスカ大卒、ハーバード大大学院修了。筑波大教授から現職。東京都江東区在住。

6.中山峰男氏(60) ※(自民が政党独自候補者として検討中)。 

(a)経歴
崇城大学長。熊本市出身。済々黌高〜熊本大工学部卒。崇城大(旧熊本工業大)職員から学長に就任。今夏の参院選では熊本選挙区の自民党候補の後援会長。

東本高志
posted by 風の人 at 17:21 | Comment(0) | TrackBack(1) | 一般

お薦め映画「北辰斜にさすところ」

昨日、「徹子の部屋」に三國連太郎が出ていました。
旧制中学生の時、学校がどんどん戦時色に染まっていくのが嫌で、
家出して舟に身を潜めていたら、成り行きで中国に行ってしまったとか。

程なく帰国しますが、召集令状が来たのでまた逃亡。
でも、出した手紙を母親が憲兵に見せてしまい、軍隊へ。
敗戦は中国で迎えたそうです。
「戦争は庶民に塗炭の苦しみを味合わせた」と、
しみじみと語っていました。

その三國連太郎が主演する映画が、今日から公開されます。
「北辰斜にさすところ」
戦争で友人を失った悲しみを背負って戦後を生きる、
旧制七校出身の老医師を演じています。
私の好きな神山征二郎監督の新作です。

公式サイトはこちら
http://hokushin-naname.jp/
                川西玲子
posted by 風の人 at 15:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

小沢一郎氏と握手をし、野党選挙共同・選挙制度改革を問う

19日付けの朝日新聞政治面の記事「民主トップダウン調整」を読んだ方も多いでしょう。16日、千葉7区選出の太田和美衆院議員(私と親戚関係にはない)の国政報告会パーティーで、小沢一郎氏本人が、次期衆院選で同区候補内定者を彼女ではなく、2005年に比例区で当選した内山氏に「決定」したことを伝えたという記事です。

実は、小沢氏が来るというので、私もそのパーティーに友人と一緒に参加したのでした。なぜ小沢氏が太田氏のパーティーに来るのか、疑問に思っていたのですが、そういう事情だったのです。

小沢氏の「決定」通知は、彼女の国政報告の後で行われました。ホテルの一室に参集した支持者の方々は200名以上はいたかと思いますが、ただ一人、「内山じゃ勝てねーぞ」と異議を表明した人を除いて、唯々諾々と小沢氏の話を聞き入っている様子でした。太田氏本人も、自分の出処進退は党に預ける、とその場で言明。この候補者調整の話自体は、事前に彼女に伝えられています。

こうした民主党の現実に驚いたものですが、この朝日の記事では、何の論評も加えていません。何かしら書くべきではないでしょうか。

小沢氏の話の後は、「忘年会」に移りました。冒頭挨拶の中で、太田氏の後援会長氏は、あくまで彼女の応援をする、彼女の意向に従う旨の、表立った小沢批判を避けたものの、無念さが滲み出ていたスピーチをされていました。小沢氏は自分の責任で彼女に別の選挙区を用意するつもりだといいますが、どうなることか。

で、朝日の記事に戻りますが、小沢氏のこんな発言を紹介しています。

「民主党現職の小宮山洋子氏がいる東京6区。社民党は現職の保坂展人氏の公認を内定した。小沢氏側近の落選組みを内定した神奈川12区にも社民党は現職の阿部知子氏を擁立する。一本化できなければ「野投票」の食い合いは避けられない。
道筋が見えないまま、両党の幹事長、選挙対策委員長は20日、対応を話し合う。小沢氏は18日の会見でもいらだちを隠さなかった。「党の事情が先行することが、まま起きる。お互いよく考え、力をあわせれば当選できる。社民党の(内定が)最終決定とすれば、ちょっと分かりません」


ちょっと待ってくれー。「民主党の最終決定とすれば、ちょっと分かりません」は私も言いたいゾー。少なくとも大分・熊本・秋田選挙区での民主党の対応はまさにそれです。

民主党は半自民の平沼赳夫氏とではなく共産・社民と選挙協力を
http://unitingforpeace.seesaa.net/article/72917697.html

[追記]「社民党躍進を祈るブログ」さんの記事によれば、熊本5区では社民候補への一本化で合意したとのことです。

民主党の譲歩
http://blog.goo.ne.jp/sdpj_2007/e/f95abc24ae1ea4ab39be5494421ce098

同パーティーに参加した目的は当然、小沢氏と話をするためでした。まずは野党選挙共同について。「去年の参院選、大分選挙区はどうなってるんですか?」と私。「バリバリの社民党候補では勝てない。独自候補にはこだわらないと言ってるんだけど、分かんないんだな」と小沢さん。

ん?社民の牙城・大分選挙区では、社民推薦の無所属候補が十分当選可能だったはず。そこに、民主党県連が実質的に擁立した無所属候補が参入したお陰で、典型的な野党共倒れ選挙になり、見事、自民を勝たせたのでした。

続いて選挙制度の話。私が「江田議長は参院の選挙制度改革をするということですが」と切り出すと、「そりゃ憲法変えないと無理だな」との答え。

ん?参院廃止の話だと聞き間違えたのか、トンチンカンな反応でした。あわただしい名刺交換中の会話だから、そうかもしれない。あるいは、彼一流のはぐらかし術なのか、それとも「小沢憲法」を変えないと無理だといういことなのか(ニコニコマーク)。

私との会話は残念ながらここまで。小沢さんが次の方と話し始めた後で、「小選挙区制廃止をお願いします」とは一応、話しかけてはおきました。ノーリアクションでしたが。

何度も主張していることですが、小沢民主党は、誠実に野党選挙共同を進めてほしい。1人区で民主党候補に投票している非民主党支持者は多いのです。比例区は他野党、特に共産・社民に投票するよう呼びかけるなりすれば、選挙区の候補者調整はうまくいくというものです。あるいは、共産・社民などの少数政党抹殺政策である小選挙区制の廃止を公約すれば、共産・社民も選挙共同に乗り気になるでしょう。

民主党にそのような誠実な、当たり前の方針を取ってもらうように、もっと民主党に声を届けたいものです。

太田光征
http://otasa.net/
中選挙区比例代表併用制を提案する
http://kaze.fm/wordpress/?p=164
posted by 風の人 at 08:16 | Comment(0) | TrackBack(3) | 一般

2007年12月20日

やくざがやっていた仕事

リクルートが派遣最大手スタッフサービスを買収するそうですね。
リクルートは悪どい企業です。
大学生ほぼ全員、リクルートを通して就職情報を得ていますが、
就職すると今度は転職を勧めます。
そして企業には「第二新卒はいかがが?」と声をかけるのです。

就職活動のノウハウがない大学に深く入り込み、大学の性質を変えた上、
企業にバイト情報を提供し、非正規雇用の活用を呼びかけました。
格差拡大の主犯です。

人間を商品にするのが一番儲かるのです。
雇用市場とか何とか言っていますが、要するに口入れ業。
やくざがやっていた仕事ですよ。
やくざにやりたい放題させていいのか。

                   川西玲子
posted by 風の人 at 12:21 | Comment(0) | TrackBack(1) | 一般

辺野古環境アセス方法書の書き直しを求めよう

下記転載の呼びかけに応じて、以下をこれからFAXで送ろうと思います。

沖縄県知事 仲井真弘多様

千葉県は松戸市在住の者です。辺野古環境アセスに関して、環境影響評価審査会が方法書の書き直しを答申する見通しであると聞いています。

現方法書は、基地建設の内容記述に明らかに不備があり、方法書の体をなしていません。この点からだけでも、書き直しの答申は当然といえます。

防衛省は、アセス法を無視して、掃海艇まで派遣させて「事前調査」を行いました。これにより、ジュゴンの生態に対する影響を含め、環境がどれほど損なわれているのか、明らかではありません。少なくともサンゴの損壊は確認されています。

このような脱法行為を見逃しての「正式な環境アセス」などというものを許していいはずがありません。

知事におかれましては、「事前調査」による環境影響の有無の調査を国に要求されるとともに、方法書の見直し答申に沿った意見を提出されるよう、切にお願いいたします。

太田光征
http://otasa.net/



★1)さめさんのブログから
辺野古の環境アセスメント評価方法書
の書き直しの要望 緊急
http://shark.ti-da.net/e1871106.html


====転載歓迎====
沖縄新基地 知事に環境守れの声を
アセス意見提出前に地元運動家よびかけ
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-12-17/2007121704_02_0.html


 沖縄県名護市辺野古の米軍新基地建設に
かかわる問題で、知事意見の締め切りが
二十一日に迫るなか、
ヘリ基地反対協議会の大西照雄代表委員
は、全国から仲井真弘多知事にたいし、
「(環境影響評価審査会が週明けに知事に
提出する)答申を守れの声を届けよう」と緊急
の訴えをおこなっています。


 環境影響評価審査会は十四日の審査会で、
環境影響評価(アセスメント)方法書の書き直し
を防衛省に求めることを明記した答申素案を
まとめました。

週明けにも提出され、知事はこれを踏まえた
「知事意見」を二十一日までに防衛省に提出
します。

 大西さんは自身が開設するブログのなかで
「日本のすべてから、あなたの組織も個人も、
心から辺野古の海に基地をつくらさないため
に、誰でもがすぐできる、最も今有効なこと
です」と述べています。

そのために郵送やFAX、Eメールなどで
知事あてに、
「答申を守れ」「方法書の撤回を」
「ジュゴンやサンゴなど生態系
の破壊は許されない」などのメッセージを知事
へ送ることを呼びかけています。


大西さんは「今、日本では国民が政治を動かす
認識の中にある―あなたの一〇分間を沖縄県
知事へのメッセージにください」と訴えています。

◆郵送の場合 
〒900―8570沖縄県那覇市泉崎1の2の2 
知事公室広報課「知事へのたより」あて

◆FAXの場合 FAX番号098(866)2467 
知事公室広報課「知事へのたより」あて

◆Eメールの場合 kouhou@pref.okinawa.lg.jp


 大西照雄さんのホームページは、
「大西照雄『宝の海―辺野古日記―』」で検索すると
見ることができます。
----------------------転載おわり-------------------


★2)非戦さんからのよびかけです。

*****以下転載歓迎*********
高江の海兵隊ヘリパット建設反対の
署名呼びかけです。

国会請願の要件を満たす様式である署名用紙
への直筆署名も行っていますが、 インターネットで
の署名は反対の声を後押しするインパクトを
主として海外からの声を集める目的で行っています


国会請願の署名は次期の国会に提出準備する為、
2007年末を一旦の締め切りと しています。

皆様におかれましては、紙の直筆署名にご協力を
お願いするととも(日本語)に、
http://okinawaforum.org/disagreeblog/takaeshomei.pdf

インターネットでの署名の
要請を広めていただければ幸いです。
http://www.thepetitionsite.com/1/stop-us-military-helipad-construction-in-ta

---------------------------------

概要
沖縄、東村 高江からのSOS


沖縄の紹介

沖縄は日本の南に位置する小さな島で、ハワイの
およそ10分の1の大きさです。
沖縄は自然の豊かさ、特に動物と植物の生物多様性
の高さにおいて高く評価されています。

東洋のガラパゴスとも呼ばれ世界自然遺産の
候補にもなりました。しかし残念ながら候補からは
落選しています。
島の20パーセントを占める米軍基地が自然
保護施策を大きく妨げているからです。


沖縄の米軍基地に関する歴史は下でさらに詳しく説明
します。


東村、高江は何処?

東村は沖縄本島の北部に位置して、那覇から車で2時間
ほど 高江は東村の中で北端に位置し、人口140名、
内小中学生が14名、就学前の子どもが13名です。


高江で何が起こっているのか

近代の歴史

高江の住居地域は北部訓練場と呼ばれる米軍基地で
囲われるように位置している。

北部訓練場の中には「ジャングル戦闘
訓練センター」があり、これは米海兵隊が世界で唯一
持っているこの種の訓練施設で、ジャングルでの
サバイバル訓練をします。


この内容からもわかるとおり、北部訓練場は日本の防衛
とは何の関係もありません。
なぜなら日本の熱帯ジャングルの地域に軍事的な侵略
の脅威は存在しないからです。


沖縄の米軍基地は、高江のそれも含めて第二次大戦時
の不法な軍事占拠の結果として作られたもので、それが
そのまま現在に至っています。


沖縄の施政権が米軍から日本政府に返還された1972年
からは、沖縄の米軍基地は沖縄の人々の意思に反して
日本政府から米軍に提供されるという形に変更に
成りました。


沖縄は米国の軍事行動の訓練場でありまた出撃中継
地点となってきたのです。
残念な事ですが朝鮮戦争、ベトナム戦争、そして
第一次、第二次のイラク戦争もそうです。


新たな問題

米軍の世界規模での戦略的な再配置計画(いわゆる
米軍再編)の中で高江地区に新たに6箇所のヘリパット
が日本の防衛省によって建設され、米軍に提供される
計画になっています。


最も近いものは住宅地域から400メートルに位置する
計画で、従ってこの計画は高江の住民の平穏な生活
を著しく阻害するものです。


高江地区は一貫して計画に反対を唱えており、外部
からの支援を求めています。

署名活動は人々の声によってヘリパッド建設計画を
止めようと言う目的で、 日本国内からは主として紙
への直筆署名で、海外からはインターネット署名
で賛同人を集めようというものです。


尚、高江のヘリパット計画は辺野古の飛行場計画と
密接に関係していて、この両者が完成すると熱帯島
嶼地域への上陸制圧作戦の訓練をする施設として
一体的に運用される事になる筈です。


高江のヘリパットを止める事はヤンバルクイナと
ノグチゲラの生息地を保全する事になり、
またそれは連動する辺野古の飛行場計画を止める
事に繋がって絶滅の危機に瀕しているジュゴンの
生息環境を辛うじて守る事に成ります。


MV−22またはオスプレイと呼ばれる新型の
航空機が配備される事になっています。
オスプレイはこれまでにたくさんの墜落事故、故障
を繰り返していて死の翼とも別名されています。


1.にはインターネット署名サイト内でさらに
詳しい状況説明があります。
http://www.thepetitionsite.com/1/stop-us-military-helipad-construction-in-takae-okinawa



2.は趣旨に賛同して記事中にリンクをしてくれている
グリーンピース・ジャパン
http://www.greenpeace.or.jp/info/features/okinawa/blog_eng/index_html


3.は高江の現地からの声
http://okinawaforum.org/disagreeblog/VOT-en.pdf


4.は連携して沖縄の森と海を救う為のアピールを
しているパンダのマークのWWFジャパン
http://www.wwf.or.jp/news/press/2007/p07061401.htm#eng


====英文===========
Following is call for petition against Takae US
marine helipad plan.


We are doing petition on paper to satisfy legal
requirement of Japan parliament,along with this web
petition in order to add further impact.

Primary deadline is set at the end of the year 2007
in order to be submittedin the next Japan parliament
meeting.


It is grateful if you can distribute this message to
your friends who canshare the purpose.

Yoshio OKADA at Okinawa


SOS from Takae, Higashi-village, Okinawa

Introduction to Okinawa
Okinawa is located at the south of Japan, composed
of small islands about 1/10 area of Hawaii.
Islands of Okinawa are known by their rich nature.
Biodiversity of animals and plants of this island
is highly appreciated.
It is therefore called oriental Galapagos islands and
was selected as a candidate of natural world heritage
of the world.


The candidacy turned to be unsuccessful owing to
the fact that 20% of the island is occupied by US
military bases, which largely inhibit protective
measure for their nature.


Modern history about US military bases on these islands
will be described further below.

Where is Takae, Higashi-village?
Higashi-village is in the northern part of Okinawa
Island, about 2 hours’ drive by car from Naha;
the capital of Okinawa.


Takae is at the north edge of Higashi village with
the population of 140 people, including 14
elementaryor junior high school students
and 13 pre-school children.


What is happening in Takae?

Modern history
Living area of Takae is surrounded by US
military base called Northern training area.
It has Jungle warfare training center in it.
It is the only US marine training center of this
kind in the world, whose main purpose is
to learn survival in the jungle.

That actually means it has nothing to do with
the security of Japan itself because there is
no potential threat of military attack for
the jungle area of Japan.


US military bases in Okinawa, including the one
surrounding Takae, is a result of military illegal
occupation of these area during the world war II
which still continue until today.
Legal situation of the US military base in Okinawa
was slightly changed when Okinawa’s sovereignty
was given back from US military government to
Japan government in 1972.


Since then, the US military base in Okinawa
is provided by Japan government against
the will of Okinawan people. Unfortunately
Okinawa has been a training camp and
also a relay base to be used for military
action of USA in Korea war, Vietnam war,
1st and 2nd Iraq war.


New problem
What is planed in Jungle warfare training
center is that according to the US defense
Global posture Review, six new helipads
are going to be constructed by Japanese
government and will be provided to US
marine for their strategic purpose.


That will directly affect the living of Takae people
as the closest helipad is planed just 400 meters
in distance from the housing area.

Entire Takae has always been standing against
the plan and is asking help from outside.
  
Petition call is to stop helipad construction plan
by the voice of people from Japan (mainly on
paper based petition) and from the world
(mainly on web based petition).


It should be mentioned that Takae US marine
helipad plan has close link to Henoko US
marine airbase, the combination of two will
provide facility to train invading tropical islands.


Stopping Takae helipad (in the area where
Woodpecker and rail are living) means
to stop Henoko airbase (in the area
where dugong is living).


MV-22 or Osprey is scheduled to be deployed
here, which is known. as widow maker named
on the bases of numbers of crashes and
accidents record.


1. Please see further details of the problem in
the description on petition site below.

http://www.thepetitionsite.com/1/stop-us-military-helipad-construction-in-takae-okinawa



2. Greenpeace Japan is kindly mentioning on this
petition in their Blog.
http://www.greenpeace.or.jp/info/features/okinawa/blog_eng/index_html


3. Further information from Takae citizen is
available here.
http://okinawaforum.org/disagreeblog/VOT-en.pdf


4. Comment by WWF Japan is here.
http://www.wwf.or.jp/news/press/2007/p07061401.htm#eng
posted by 風の人 at 07:31 | Comment(0) | TrackBack(3) | 一般

ヒロシマナガサキ

以下横浜で見た時のメモ.先の大戦死者は数千万.近代兵器と良く訓練された軍隊を持ちながらも,天皇崇拝について2000年前の思考を持つと言われた日本.原爆投下後43秒での爆発.悪夢見ないと投下者,開発者.勝利に歓喜する米市民.かたや数十万の死者.生き残った被爆者.原爆病は医者にも不明,伝染病だと差別され,治療の痛みから"殺せ"の嘆願.今でも流産6回,ポコポコ腫瘍ができ,結婚できない原爆2世.現在世界には広島型相当の原爆40万発.必ずや間違い無く全廃を.どう全廃するか?1つ1つの命と会話を大切にし,それに反することに抵抗すること.豊田
posted by 風の人 at 06:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

韓国の大統領選

韓国の大統領選の結果を見ながら、
「民主化宣言から20年たったんだなぁ」と感慨に浸った。
韓国の民主化は後戻りしないところまで来たのかもしれない。
だからこそ、経済がテーマになったのではないだろうか。

軍事政権時代の経済成長は「漢江の奇跡」と呼ばれているが、
社会は今よりずっと悲惨だった。
この20年、韓国社会はすごく進歩した。
韓国の皆さんには、そう確信を持ってもらいたい。
「民主化宣言以来、韓国が歩んできた道は間違っていなかった」と。

                  川西玲子
posted by 風の人 at 01:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2007年12月19日

米艦船へ給油継続のためのテロ新法 賛成?反対?全国投票の結果

市民による画期的な世論調査活動の「給油新法」版の結果が判明しました。毎日新聞が行った直近の世論調査結果でも反対が賛成を上回っています。やはり、給油継続反対が民意ですね。

岡山の野田です。重複お許しください。

 表記の投票を11月23日〜12月9日の期間、全国33箇所で実施しました。

投票結果は

  テロ新法に  賛成   1013(16%)
         反対   4185(67%)
         わからない 1071(17%) 
         計     6269

と反対が圧倒的多数を占めました。
各地の新聞記事等は以下のサイトにアップしていますので
ご覧いただければ幸甚です。

    http://sintero.exblog.jp/

 投票の結果はマスコミの世論調査と較べて反対の割合が
かなり高いようですが、私たちは、できる限り公正に投票を行い
ました。だからこそ新聞も取り上げてくれたのであり、この数字が
世論の実態に近いと考えています。

 投票結果は新聞記事を添えて、すべての国会議員に届けました。
(FAXまたは議員会館持参により)


太田光征
中選挙区比例代表併用制を提案する
http://kaze.fm/wordpress/?p=164
http://otasa.net/
posted by 風の人 at 06:51 | Comment(0) | TrackBack(2) | 一般

2007年12月17日

浅田真央とキム・ヨナ

フィギュアのGPファイナルは見応えがありました。
浅田真央とキム・ヨナも美しかった。

私としては、表彰台にアジアの女性が上るのが当り前になったことに、
大いに感銘を受けています。
かつて女子フィギュアは完全に白人の世界で、
リンクに出てくるだけで、目を覆いたくなるほど見劣りがしました。

でも今は私たちもそう思わないし、欧米人もそう思わない。
こういう時代になったんだなぁと嬉しく思います。

                     川西玲子
posted by 風の人 at 17:46 | Comment(0) | TrackBack(2) | 一般

12/19(水)選挙制度を考える第1回討論会

皆様

間際のお知らせではありますが、下記企画しましたので、
お知らせ致します。

========
選挙制度を考える第1回討論会
2007年12月19日(水)18:30〜21:00

JR我孫子駅南口前 けやきプラザ内10F
市民活動サポートセンター(会議スペースA)
「あびこ平和ネット」の名前で借りてあります
========

(以下、案内ちらしより)
国政では衆議院総選挙が間近、一人しかいない区割りされた小選挙制度では、少数政党は議席を確保することが難しい。これでは、民意を反映した議会とはいいがたい?

ご関心のある方、語り合いましょう。


豊田 義信 yoshinobu000-lj(a)infoseek.jp
ブログ http://heiwa0.seesaa.net/

ガンジーの会 http://www.h2.dion.ne.jp/~hansuto/
市民がつくる平和条例の会 http://www17.plala.or.jp/peaceactcampaign/
「平和への結集」をめざす市民の風 http://kaze.fm/
川田龍平を応援する会 http://www.ryuheikawada.jp/
星野さんをとり戻そう全国再審連絡会議 http://www3.cnet-ta.ne.jp/f/fhoshino/
posted by 風の人 at 12:58 | Comment(0) | TrackBack(2) | 一般

第2次「国立女性教育会館の単独存続を求める申し入れ」の呼びかけ(12.21まで)

寺町みどりさんからの訴えです。私はすでに第一次申し入れに賛同しています。

民主党の比例区定数削減(小選挙区数削減ではなく)と同じことですが、何でもかんでも税金の出を抑制するという考え方は間違いです。

民意を正当に反映し、公益が公正に国民に帰ってくる仕組みは残し、発展させなければなりません。整理縮小の対象にすべきは、防衛省などのはずです。少なくとも「庁」に格下げ!

「国立女性教育会館の単独存続を求める申し入れ書」に参加していただき、あり
がとうございます。
申し入れ書は12月13日付けで、福田首相、渡辺行革大臣、渡海文科大臣に提
出しました。

申し入れ書の第一次集約はたった二日半だったので、引き続き第二次の賛同者を
募ってほしい、という声がたくさん届いています。
12月24日の閣議(福田首相)に焦点を絞って、「ダメ押し」で第二次の呼びか
けを開始しますので、お知り合いに輪を広げていただければうれしいです。

●呼びかけ人
寺町みどり(岐阜県・「む・しネット」事務局) 小川まみ(前三重県桑名市議会
議員) 小川みさ子(鹿児島県鹿児島市議会議員) 呉羽真弓(京都府木津川市議会
議員) 小林純子(長野県安曇野市議会議員) ごとう尚子(前愛知県日進市議会議
員)、今大地はるみ(福井県敦賀市議会議員)  合田美津子(北海道・女性市民グ
ループ代表) 青木美智子(栃木県小山市議会議員) 小磯妙子 (神奈川県茅ヶ崎
市議会議員) 五十嵐美那子(神奈川県・生活思想社) 神永れい子(広島県・ク
オータ制の実現をめざす会) 桑原糸子(神奈川県・かながわ女性会議)、木村ま
り(東京都・会社員)、中村彰(メンズセンター運営委員)、寺町知正(岐阜県山県
市議会議員)、山下清子(富山県・女性市民グループ)

以下は、申し入れ書提出の報告です。
・「国立女性教育会館の単独存続を求める申し入れ書」を送りました
/自民から共産まで単独存続で一致!?(12.13blog)
http://blog.goo.ne.jp/midorinet002/e/8d56a2a9f0de889fcf1bb7d2263aca50

・独法改革/24日の閣議決定で首相判断か?/国立女性教育会館:「存続を」
女性地方議員らが申し入れ(12/16 blog)
http://blog.goo.ne.jp/midorinet002/e/f5d67311f9f40769bfa857eb57620bc7

■「国立女性教育会館の単独存続を求める申し入れ書」PDFファイル
 http://gifu.kenmin.net/teramachi/undo/undo/071213.pdf
(別紙)「国立女性教育会館の単独存続を求める申し入れ書」提出者
寺町みどり ほか 自治体議員 41名/団体 29団体/市民 201名
■自治体議員 41名
相崎佐和子(兵庫県伊丹市議会議員)、会見祐子(鳥取県湯梨浜町議会議員)、青木
 利子(長野県下諏訪町議会議員)、青木美智子(栃木県小山市議会議員)、阿部民
子 (埼玉県吉川市議会議員)、石川奈々子(三重県川越町議会議員、石川尚子(愛
知県美和町議会委員)、井上睦子(東京都八王子市議会議員)、大久保恵子(福井県
越前市議会議員)、大島淡紅子(兵庫県宝塚市議会議員)、大橋涼子(大阪府和泉市
議会議員)、小川みさ子(鹿児島県鹿児島市議会議員)、木村俊子(北海道登別市議
会議員)、倉地幸子(岐阜県池田町議会議員)、呉羽真弓(京都府木津川市議会議
員)、小池みつ子(愛知県長久手町議会議員)、小磯妙子(神奈川県茅ヶ崎市議会議
員)、小寺きしこ(愛知県武豊町議会議員)、小西佑佳子(兵庫県川西市議会議
員)、小林純子(長野県安曇野市議会議員)、今大地はるみ(福井県敦賀市議会議
員)、佐々木志津子(新潟県見附市議会議員)、しのはら咲子(京都府亀岡市議会議
員)、島村紀代美(愛知県日進市議会議員)、杉本 信之(三重県鈴鹿市議会議
員)、鈴木勢子(新潟県糸魚川市市議)、曽我千代子(京都府木津川市議会議員)、
大門晶子(大阪府河南町議会議員)、高塚ばんこ(兵庫県伊丹市議会議員)、田島公
子(埼玉県越生町議会議員)、寺町知正(岐阜県山県市議会議員)、中田京(千葉県
松戸市議会議員)、中西とも子(大阪府箕面市議会議員)、中藤幸子(愛知県春日井
市議会議員)、中本みちこ、(大阪府吹田市議会議員)、能登恵子(福井県小浜市議
会議員)、矢澤江美子(埼玉県八潮市議会議員)、山根みちよ(愛知県日進市議会議
員)、山盛さちえ(愛知県豊明市議会議員)、米田登美子(北海道登別市議会議
員)、渡辺さと子(香川県議会議員)
■29団体(名称のみ)
(北海道)★「コスモス」伊達嵐山の会自主学習サークル、★市民講座「萌木」、
★「プラタナス」、★「たねっと(十勝アクションネットワーク)」、★「のぼ
りべつ男女平等参画懇話会」、(宮城県)★ノルウェーに学ぶ会、★別姓を考える
会、(茨城県)★常陸24条の会、(埼玉県)★財団法人原爆の図丸木美術館、(東
京都)★ふぇみん婦人民主クラブ、★I(あい)女性会議中央本部、★有限会社
フェミックス、
★人身売買禁止ネットワーク(JNATIP)、★銃後に学び、未来に活かす会、て
くてく勉強会、(神奈川県)★セルフ・エスティーム・リンケージ、★ふぇみわー
ど、(富山県)★女性センターを考える会、★ベアテさんの会、★ななの会(選択
的夫婦別姓の会・富山)、(愛知県)★フェミニストネット「もうやっこ」、★暮
らしを支える エイジレス・ポスト、(岐阜県)★女性を議会に 無党派・市民派
ネットワーク、(滋賀県)★女性会議はちまん、(京都府)★特定非営利活動法人 
アウンジャ、(大阪府) ★特定非営利活動法人 シーン、★オーク15(茨木市
立男女共生センターローズWAM登録団体)、★ジェンダーフリーネット茨木、
(香川県)★女性を議会に!みんなと政治をつなぐ会
■市民201名の氏名は非公表。
(12.16現在、追加議員5名、4団体、市民41名)
・小川愛子(埼玉県市議会議員)、前田かおる(東京都江東区議会議員)、片野令子
(東京都練馬区議会議員)、しのだ江里子(北海道札幌市市議会議員)、門脇邦子
(鳥取県米子市議会議員)、
★練馬24条の会、★戦争への道を許さない北・板橋・豊島の女たちの会、★岡
山市女性大学三期会、★アジア女性資料センター、

寺町みどり
http://blog.goo.ne.jp/midorinet002/
http://gifu.kenmin.net/midori/

----------------以下、転送・転載大歓迎です------------------
第2次「国立女性教育会館の単独存続を求める申し入れ」の呼びかけ(12.21ま
で)

みなさま
「国立女性教育会館(ヌエック)」が「独立行政法人の合理化計画」の対象にな
り、
統合・縮小されようとしています。「国立女性教育会館」の統合・縮小は、国の
男女平等政策の後退であり、このような暴挙を許せば、全国各地の女性政策や女
性センターも深刻な影響を受けます。
わたしたちは同じ思いの人たちに呼びかけて、12月13日付けで、「自治体議
員41名、団体29団体、市民202名」の連名で「国立女性教育会館が単独存
続を求める申し入れ書」を提出しました。
■「国立女性教育会館の単独存続を求める申し入れ書」PDFファイル
 http://gifu.kenmin.net/teramachi/undo/undo/071213.pdf

独立行政法人改革は、二巡目の閣僚折衝も難航し調整はほとんど進んでいない模
様。国立女性教育会館については、自民党三役も12日に存続を求める要望書を
提出し包囲網が狭まっています。結論は、12月24日の閣議に持ち越し、福田
首相が判断するということです。
申し入れ書の第一次集約は二日半だったので、引き続き賛同者を募ってほしい、
という声もたくさん届いています。
そこで第二次として、福田首相(行政改革推進本部長)に焦点を絞って、「ダメ押
し」で第二次の呼びかけを開始します。
超党派で呼びかけていますので、みなさまからさらに輪を広げていただければう
れしいです。

趣旨に賛同される方は、署名をして以下にご返送ください。 

申し入れの事務局/寺町みどり(midori@ccy.ne.jp、0581-22-4989)
-------------------------------------------------------------
●呼びかけ人に加わっていただける方は、「呼びかけ人になります」と明記し
て、「氏名、住所、連絡先(TEL)、 mailアドレス」をご本人からお知らせくださ
い。
・賛同者は、自治体議員、市民、団体の3種で集約します。
・申し入れの趣旨に賛同される方は、どなたでも参加できます。
・申し入れ書提出は、呼びかけ人を特定せず、提出者連名(50音)とします。

●申し入れに参加いただける方は、以下のフォームに@ABCの要件を記入し
て、
 寺町みどりmidori@ccy.ne.jp までお送りください。
  ■返信先アドレス■ midori@ccy.ne.jp
            Fax:0581−22−4989
  ■第2次集約期限■12月21日(水)(必着)
           (翌日午前中に速達で発送します)
-------------------------------------------------------------------
【個人(議員・市民)の場合】(以下必須)
@氏名
A県名(自治体名)
B職業、所属、肩書等
Cmailアドレスまたは連絡先(非公表)

【団体の場合】(以下必須)
@団体名
A代表者氏名(代表表記の仕方も)
B所在地・〒住所(非公表)
C所在地電話番号(非公表)

※なお、いただいた個人情報は、申し入れ書提出に限定して使用し、
 目的外使用はしません。
--------------------------------------------------------------
●呼びかけ人
寺町みどり(岐阜県「む・しネット」事務局) 小川まみ(前三重県桑名市議会議
員) 小川みさ子(鹿児島県鹿児島市議会議員) 呉羽真弓(京都府木津川市議会議
員) 小林純子(長野県安曇野市議会議員) ごとう尚子(前愛知県日進市議会議
員)
今大地はるみ(福井県敦賀市議会議員)  合田美津子(北海道・女性市民グループ
代表) 青木美智子(栃木県小山市議会議員) 小磯妙子 (神奈川県茅ヶ崎市議会
議員) 五十嵐美那子(神奈川県・生活思想社) 神永れい子(広島県・クオータ制
の実現をめざす会) 桑原糸子(神奈川県・かながわ女性会議)中村彰(メンズセン
ター運営委員) 寺町知正(岐阜県山県市議会議員)  山下清子(富山県・女性市
民グループ)

以下は参考。第一次の申し入れ書提出の報告です。
・「国立女性教育会館の単独存続を求める申し入れ書」を送りました
/自民から共産まで単独存続で一致!?(12.13blog)
http://blog.goo.ne.jp/midorinet002/e/8d56a2a9f0de889fcf1bb7d2263aca50

・独法改革/24日の閣議決定で首相判断か?/国立女性教育会館:「存続を」
女性地方議員らが申し入れ(12/16 blog)
http://blog.goo.ne.jp/midorinet002/e/f5d67311f9f40769bfa857eb57620bc7

・ヌエック(国立女性教育会館)の単独維持を!女性たちの声を届けよう。
http://blog.goo.ne.jp/midorinet002/e/61fd0b72b62752615b15efe31846c282
       以  上
-----------------------------------------------------------------------
寺町みどり
http://blog.goo.ne.jp/midorinet002/
http://gifu.kenmin.net/midori/


太田光征
http://otasa.net/


posted by 風の人 at 06:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2007年12月15日

若者が弱者に! 「once ダブリンの街角で」

アメリカで限定2館で公開され、口コミで話題になり、
140館にまで拡大公開された話題作「once ダブリンの街角で」。
日本でも、映画好きの若者たちの間で話題になっている映画です。
この映画に出てくるヒロインの女性が「ビッグイシュー」を売っている
んですよ!

ヨーロッパでは、若者の失業と貧困問題が90年代に顕在化しまし
た。
しかし日本では、若者が社会的弱者に転落しつつあるということが、
なかなか理解されませんでした。
今でも、「だらしがないからフリーターや派遣にしかなれない」と、
単なる印象論を口にする人が少なくありません。

早く現実を直視しないと、10年後は大変ですよ。
親がいなくなった若者からホームレス化していくでしょう。

映画の公式サイトはこちら
http://oncethemovie.jp/

「ビッグイシュー」って何?という人はこちらへ
http://www.bigissue.jp/index.html

                 川西玲子
posted by 風の人 at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(1) | 一般

民主党は半自民の平沼赳夫氏とではなく共産・社民と選挙協力を

12日配信の時事によれば、民主党岡山県連が、次期衆院選岡山3区での候補者擁立を見送るとのことです。県連の津村啓介代表は「自民党を倒す一点で(同区選出の平沼赳夫氏に)配慮した」と説明しています。

しかしですね、1日配信の同じく時事によれば、平沼氏は、「(自民、民主両党の)橋渡しをして、健全な保守をつくっていく役目が私にあると思っている。選択肢の一つには新党もあるかもしれない」と述べているお方です。決して反自民などではありません。半自民です。

大分・熊本・秋田選挙区ではこれまで、民主・社民間の選挙協力が行われてきました。ところが民主党は、2007参院選ではすでに大分選挙区で、次期衆院選では熊本・秋田選挙区で、社民との選挙協力に極めて後ろ向きです。

参院選大分選挙区については、本ブログに東本さんが書かれた記事、次期衆院選の熊本・秋田選挙区については、「社民党躍進を祈るブログ」さんの記事を紹介しておきます。

民主党を1人勝ちさせないために〜大分を「改憲」・「プチ右翼」の砦にしてはならない!!
http://unitingforpeace.seesaa.net/article/48793132.html

民主党は野党協力で過半数を取ろうという戦略がない 秋田2区
http://blog.goo.ne.jp/sdpj_2007/e/36ba13f6c7a045a2fcfa7d9bcfb47f7e

またまた民主・社民の分裂? 熊本5区 (その2)
http://blog.goo.ne.jp/sdpj_2007/e/615299f277c9cbec4ae0e5c929a7cb43

またまた民主・社民の分裂? 熊本5区
http://blog.goo.ne.jp/sdpj_2007/e/f8b15ad7c37eb4bd9d991b2e6064ea04

半自民の平沼氏とは選挙協力し、本来の野党パートナーであるべき共産・社民とは組まないというなら、「大連立」を思い起こさざるを得ません。

「生活が第一」「憲法は生活」ですよ。民主党さん、自民との対立軸を明確にするためにも、共産・社民などと“護憲本舗連合”としての選挙共同をよろしくお願いします。第2、第3・・・の自民党や保守連合は日本の政治に不要です。ついでに、南京虐殺はなかったなどと主張している松原仁さんや武器輸出3原則の見直しを主張している前原誠司さんらを何とかしてください。

太田光征
http://otasa.net/
posted by 風の人 at 08:36 | Comment(0) | TrackBack(3) | 一般

2007年12月14日

買い物投票-何を支持しお金を使うか

知人から頂いた『世界を変えるお金の使い方』.丁度ろうきんに口座を移し,CEF風車への投資を調べていたので参考になった.日興エコファンドはTOYOTAに出資している様だがどうか?年会費千円で地域通貨レインボーリングに入会した.感謝して.豊田 http://heiwa0.seesaa.net/
posted by 風の人 at 19:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2007年12月13日

訂正

訂正です。
朴大統領「刺殺」ではなく、「銃撃」事件でした。

                川西玲子
posted by 風の人 at 19:31 | Comment(0) | TrackBack(1) | 一般

「ユゴ 大統領有故」

韓国の大統領選が迫ってきましたね。
あさってからシネマート六本木で、
「ユゴ 大統領有故」が上映されます。

ちょっとわかりにくいタイトルですが、
朴大統領刺殺事件を描いたブラックコメディー。
世界を驚かせた密室の刺殺事件を再現しています。

公式サイトはこちら
http://www.cinemart.co.jp/yugo/

         川西玲子
posted by 風の人 at 18:44 | Comment(0) | TrackBack(1) | 一般

占領法としてのイラク石油法とイラク労働戦線

イラク戦争が石油利権のためという側面を持つ戦争であることがよく分かる向井さんからのメールです。

「石油法」なる法案がイラク「議会」に提案されているというのですが、何とこの法案は、「約35年間、新規開発油田の利益の約70%を英米資本が獲得できる」!というもの。これを米軍撤退の条件にしている。

「石油法は占領法」とIFC(イラク自由会議)が呼ぶ――当然ですね。

Subject:[muboubi 3795] イラク労働戦線の様子
From:Masumi Mukai

横浜 向井です。

以前に寺尾さんが「イラク労組指導者の逮捕の動きに抗議し
よう」といった呼びかけを転送してくださったことを覚えてお
いででしょうか。(たしか9月頃)向井も追加情報を投稿した
関係で、その件についてその後の展開をご報告しなければ、と
思いました。
イラク労働戦線の状況の全貌を把握する立場にありませんが、
その一部である反石油法戦線の活動状況をイラク自由会議(IFC)
のホームページとその独自メディアSANAを配信するイラク平和
テレビ局in Japanの番組、ニューヨークタイムズ紙報道、その
他のネット上の情報からまとめてみました。
●石油法とは
Oil Lawと略称されていますが一連のパッケージ法案で、原案
は英語で書かれていたものです。それがアラビア語に翻訳され
てイラク「議会」に提出(今年は春)されたのですが、内容は
大変難解で最初は政府部内でも理解している人はわずか、と言
われていました。
政府案(アラビア語)の在米イラク人政治コンサルタントによ
る英語訳がネットで公表されたのでそれを全文読むことが可能
です。
イラク国民にとって見逃せないのは、約35年間、新規開発油
田の利益の約70%を英米資本が獲得できるという点です。「
石油法は占領法」とIFCが呼ぶ理由です。細かい規定はややこ
しいので省略します。
これをニューヨークタイムズなどの米国メディアは「revenue
sharing law(収入分かち合い法)」と呼んでいますが、誤解
を招く呼称です。英米が奪い取った残りをシーア、スンニ、ク
ルドで仲良くわけろ、というわけです。そして、撤退の条件に
この法案の通過をあげています。これこそが米国の国益を守る
最重要課題、というわけで共和党敗北後の超党派レポートには
最初のページにこの問題への言及があります。

●反石油法戦線
IFCはこの法案の性質を当初から見抜いて学習会を組織してき
ました。IFCには石油労組も結集していましたが、未結集のも
のもありました。そういった労組も含めてIFC参加の南部イラ
ク石油労組を中心に石油労組の多くを巻き込んで、反石油法戦
線を結成、南部イラク石油労組は全イラク石油労組となり、そ
の委員長であり、IFC執行委員会の委員長でもあるスブヒ・ア
ルバドリが反石油法戦線の議長を務めています。

●闘いの盛り上がり
反石油法戦線に結集する石油労組員は学習会で確認作業を終え
るとスト、座り込み、デモなどの大衆行動の展開に入りました
。それで9月に石油相が「労組指導者を逮捕せよ」と指令を出
したのでした。
その命令に対しては、バスラ(イラク南部)の軍指導者が「労
組員はイラク国民の利益を守る闘いをしている。それを逮捕し
ろというなら、自分は軍をやめて労組に入る」と発言するなど
、政府系関係者の支持も思うように得られなかったようです。
「議会」も「政府」も当初から利権調整のための野合集団で、
議会の多数派は駐留軍のすみやかな撤退を求めるという点でも
ともと政府とは別の立場ですが、政府内でも調整はうまく行か
ず、強行に逮捕を叫んだのは石油相としてのみだったようです

このような状況の中、市民が理由もなく、ただ要人警護の車の
何メートル以内にいた、というだけの理由で殺戮されているバ
グダッドでも大衆的な集会とデモを敢行しています。反石油法
戦線、イラク労働者評議会労働組合連合、他の労働組合、そし
てイラク一般港湾労働組合やバスラの労働者統一共同事務局な
ど、諸労働組合や労働組織、IFC、その他この法律に反対する
多数の勢力の呼びかけに応えて敢行された9月22日の座り込
みには、アル・シャルキアやアル・アラビア衛星テレビなど多
数のアラビア圏メディアその他の国際メディアが注目し報道し
ました。国際的な抗議の声も各国大使館に届き、指令後のスト
、集会、デモ、座り込みでもまだ逮捕者を出していません。(
皆さんへの抗議のお願いはこの集会直前のことでした。)

●国際連帯
米国のUSLAW(戦争に反対する労働者の会600万人)は一早
くIFC、イラク石油労組との連帯をうちだし、反石油法・イラ
ク労働者の権利擁護のデモを行いました(8月、YouTubeに記
事あり)。
日本をはじめ、各国イラク大使館に労組指導者を逮捕せよとの
命令への抗議文が届けられました。
またこの日の集会に向けて、アルジェリアの労働者がイラクの
労働者に連帯して立ち上がり、9月22日に、多数のアルジェ
リアの都市での連帯のデモを行なうとの表明があり、トルコで
も複数の左翼政党が反石油法戦線の闘いへの支持を表明しまし
た。

●現状
この間の事情を米国のある法律家は米国の対イラク恒久駐留政
策を批判する論文の中で「イラク石油労組の反対で石油法を成
立させることができないでいる」と書き、労組の闘いの力の証
左となっています。
http://www.counterpunch.org/cohn12032007.html
,Marjorie Cohn、Thomas Jefferson School of
Lawの教授でNational Lawyers Guild
の会長、12月3日カウンターパンチに掲載)

●というわけで、大使館への抗議文送付などご協力いただいた
多くの当MLメンバーに、呼びかけた者としてもお礼を申しあげ
ます。ありがとうございました。まだ予断は許さないもののと
りあえずのご報告でした。

●追記
それにしても米国議会でイラクの将来を議論していること自体
何かに違反しないのでしょうかね。イラクを分割しようという
法案が上院で通過したり。おかしすぎます。日本に対しても注
文が多すぎるのですが、やはり本気で「世界帝国がもうできあ
がっている」とでも思っているのでしょうか?

イラクの石油については小泉の中東訪問には100人もの財界
関係者が随行したといいますから、商社を中心として米国の分
け前にあずかろうという動きがすでにいろいろ出ているはずで
す。イラク「政府」とある商社の間に技術提携契約が締結され
ているという話もあります。福田政権下でも、11月24日に国際
石油開発帝石ホールディングス(石油開発の最大手)がカナダ
のアイバーンホーエナジー(イラク政府と契約を結んでいる)
と共同でクルド地域のクワイヤラー油田の調査を開始しました
(日経)。クルド地域にはブッシュの大親友であり強大な財政
サポーターといわれながらマスコミからは隠れてきた億万長者
(レイ・ハント、石油会社経営者)もイラク「政府」と米国政
府に隠れてクルド自治政府と契約を交わし、民族間対立を煽る
ものとして米国でも批判を浴びています。(ニューズウィーク
誌10・1日号) このようなハゲタカ一味の仲間に間接
的にでもなりたくないです!
向井


太田光征
http://otasa.net/
posted by 風の人 at 08:19 | Comment(0) | TrackBack(3) | 一般

2007年12月12日

「青少年保護」法

永田町情報です。

次から次へと、本当にうんざりですが・・・
放送法全面改悪を回避できたと思ったところ、
メディア規制も含む「青少年保護」法の検討が始まったようです。
2001年案と同一なのか、まだ定かでありませんが、
こちらもご注意ください。

============
11日、午後4時から自民党の「青少年特別委員会」が開催され、
青少年を有害情報から守るための法律案(骨子、議員立法)について
議論したようです。
============
                  川西玲子
posted by 風の人 at 19:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2007年12月11日

「国立女性教育会館の単独存続を求める申し入れ」に対する賛同署名の呼びかけ

寺町みどりさんから、「国立女性教育会館の単独存続を求める申し入れ」に対する賛同署名が呼びかけられています。私も本日、賛同しました。

「おんな・こども」一まとめ観に基づいて国立女性教育会館と国立青少年教育振興機構を統合縮小する――確かにそうかも知れない。

太田光征
http://otasa.net/

みなさま

国立女性教育会館が「国立女性教育会館(ヌエック)」が「独立行政法人の
合理化計画」の対象になり、統合・縮小されようとしています。
国立女性教育会館を何とかして残したという思いの人が集まって、きゅう
きょ、国立女性教育会館単独存続を求めて、以下の申し入れをすることにしま
した。
あまり時間はありませんが、一人でも多くの方に情報発信していただき、私た
ちの思いを、関係閣僚に申し入れ書という形にして、届けたいと思います。
あなたから、一人でも多くの女性(男性も)に広げていただけますよう、
ご協力よろしくお願いします。

寺町みどり

----------------転送、転載大歓迎です------------------

「独立行政法人・国立女性教育会館の単独存続を求める申し入れ書」のよびかけ
http://blog.goo.ne.jp/midorinet002/e/8e59070095a580ecc7946c85a07c0041

みなさま

「国立女性教育会館(ヌエック)」が「独立行政法人の合理化計画」の対象にな
り、統合・縮小されようとしています。
「国立女性教育会館」の統合・縮小は、国の男女平等政策の後退であり、
このような暴挙を許せば、全国各地の女性政策や女性センターも深刻な影響を
受けます。
わたしたちは、私たちの思いを国に届けるために声を挙げ、
「国立女性教育会館が単独存続を求める申し入れ書」を提出することにしまし
た。
趣旨に賛同される方は、署名をして以下にご返送ください。 

呼びかけ人
小川まみ(前三重県桑名市議会議員)
小川みさ子(鹿児島県鹿児島市議会議員)
呉羽真弓(京都府木津川市議会議員)
小林純子(長野県安曇野市議会議員)
合田美津子(北海道・女性市民グループ)
ごとう尚子(前愛知県日進市議会議員)
今大地はるみ(福井県敦賀市議会議員)
寺町みどり(岐阜県・女性市民グループ)

申し入れの事務局/寺町みどり
-------------------------------------------------------------
●呼びかけ人になりたい方は、その旨を明記してください。
 事務局からの発信の際、随時追加します。
・賛同者は、自治体議員、市民、団体の3種で、集約します、
 賛同は超党派で、申し入れの趣旨に賛同される方はどなたでもできます。
●申し入れに参加いただける方は、以下のフォームに、
   議員は議会名(必須)、市民は都道府県名(必須)、と職業、所属等(任意)
いずれも、本人確認(非公表)のため、mailアドレス、またはtelを
お書きください。団体は、団体名と代表者、所在地住所および連絡先を
   お書きください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    
    
申し入れに加わりたい方は、以下の★必須事項を記入して返信してください。

★お名前(必須)
★議員の場合(必須)  (都道府県名)     (県・市・町)議会議員

★市民の場合(都道府県名、必須)       
(職業・所属等、任意)
★あなたのmailアドレス、またはtel(必須・非公表)
      
★団体の場合(団体名・必須)
(代表者・必須)
      (所在地および連絡先・必須、非公表)

■返信先アドレス■ midori@ccy.ne.jp
          Fax:0581−22−4989
■第一次集約の期限■ 12月12日(水)21時(必着)
 (署名は、閣僚折衝で結論が出るまで引き続きあつめます)

※なお、いただいた個人情報は、申し入れ書提出に限定して使用し、
 目的外使用はしません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

以下は、国立女性教育会館の単独存続を求める申し入れ書(案)です。
--------------------------------------------------------------------
2007年12月  日
内閣総理大臣   福田康夫 様
行政改革担当大臣 渡辺喜美 様
文部科学大臣  渡海紀三朗 様
       
  独立行政法人・国立女性教育会館の単独存続を求める申し入れ書(案)

 私たちは、今回、独立行政法人改革の有識者会議から提言された、独立行政
法人・国立女性教育会館と国立青少年教育振興機構との統合縮小案は、男女平
等政策の後退であると、強く危惧しています。
 独立行政法人「国立女性教育会館」は創立以来30年、男女平等社会の実現
に向けて、全国各地の女性たちの活動拠点として重要な役割を担ってきまし
た。また国際的にも、日本の女性差別撤廃の中核機関として高く評価されてい
ます。
 今回の独立行政法人改革は、「簡素で効率的な政府を実現するための行政改
革の推進に関する法律(平成18年法律第47号)」によるもので、第2節
「独立行政法人の見直し」第15条(国の歳出の縮減を図る見地からの見直
し)には「・・・・これらの独立行政法人に対する国の歳出の縮減を図る見地
から、その組織及び業務の在り方並びにこれに影響を及ぼす国の施策の在り方
について併せて検討を行い、その結果に基づき、必要な措置を講ずるものとす
る。」とされています。
 「独立行政法人国立女性教育会館法」は、第3条(目的)として「独立行政
法人国立女性教育会館は、女性教育指導者その他の女性教育関係者に対する研
修、女性教育に関する専門的な調査及び研究等を行うことにより、女性教育の
振興を図り、もって男女共同参画社会の形成の促進に資することを目的とす
る」と定めています。同法の目的を達成するために、国立女性教育会館は、研
修、研究、紀要作成などを行い、特に全国の女性の人材を育成し、男女平等施
策の推進に大きな役割を果たしてきました。
 また、男女共同参画社会基本法は、第8条に(国の責務)として、「国は、
男女共同参画社会の形成についての基本理念にのっとり、男女共同参画社会の
形成の促進に関する施策(積極的改善措置を含む。以下同じ。)を総合的に策
定し、及び実施する責務を有する。」と定めています。
 今回の、国立女性教育会館の統合縮小案は、同法の趣旨に反して、国の責務
を放棄し、男女共同参画社会の形成の促進に関する施策を決定的に後退させる
ものです。
 いま全国の地方自治体は、同法第9条(地方公共団体の責務)を果たすため
に、男女平等政策を推進しているところです。今回の統合縮小案は、同法の趣
旨に反し、国の施策を後退させるばかりでなく、地方自治体における男女平等
政策に大きな悪影響を与えるものです。
 私たちは、目的も役割も違う国立女性教育会館と国立青少年教育振興機構
を、国の施策として真に必要であるかないかを見極めず、「国の歳出の縮減を
図る見地」からのみ、「おんな・こども」を一まとめにし、弱く小さいところ
を不要と切り捨てる、今回の改革案をとうてい容認できません。
 よって私たちは、独立行政法人・国立女性教育会館と国立青少年教育振興機
構との統合縮小案に反対し、国立女性教育会館の単独での存続を強く求めます。
 なお、男女共同参画に関する施策はほんらい内閣府の所管であり、福田首相
におかれましては、所信表明演説で「男女共同参画社会の実現に取り組む」と
明言された施策を後退させることのないよう、あわせて申し入れます。     
                               以 上
                ○○○○   ほか   名   団体
               (別紙)自治体議員         名
                   市民            名
                   団体           団体
                (事務局) ○○○○
---------------------------------------------------------------------- 

・ヌエック(国立女性教育会館)の単独維持を!女性たちの声を届けよう。
http://blog.goo.ne.jp/midorinet002/e/61fd0b72b62752615b15efe31846c282


posted by 風の人 at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(2) | 一般

2007年12月10日

建設ラッシュの中国で、日本軍が遺棄した化学兵器による被害者が続出

建設ラッシュの中国で、日本軍が遺棄した化学兵器による被害者が続出
しています。これらの被害者は障害を負って仕事を失い、周囲からは偏
見の目で見られ、中には家族が崩壊した例もあります。日本でも遺棄兵
器によって井戸水が汚染され、同じような被害が出ています。

戦争が終わって60年以上経っても、日中でこういう悲劇が起きて
いるのです。イラクでも、クラスター爆弾や劣化ウラン弾による被害が
続いています。戦争による被害は延々と続くということでしょう。

化学兵器CAREみらい基金は被害者をサポートする基金です。

http://blog.care-mirai.net/?pid=6673
http://blog.care-mirai.net/

マンスリーサポーター会員
全ての化学兵器の被害者をサポートします。
毎月 □500円 □1,000円 □1,500円… 
□5,000円…
預金口座振替(自動引落し)でご指定金額(500円〜。500
円単位でご指定ください)を毎月ご寄付いただく方法です。ご指定金額
が「500円」の場合は、偶数月に2か月分(1,000
円)をまとめて引き落とさせていただきます。

チチハルエイド会員
2003年にチチハル市でおきた事故の被害者をサポートします。
毎月 □1,000円 □1,500円 □2,000円… 
□5,000円…マンスリーサポーター会員と同様に、毎月、ご指定
の金額(1,000円〜)をご寄付いただく方法です。

年度会員□6,000円(1口) □12,000円(2
口)・・・・・
毎年度、年会費を化学兵器CAREみらい基金の郵便口座に振り込ん
でいただく方法です。

一般寄付 随時受付けております。
口座名義 化学兵器CAREみらい基金
郵便口座 00190−6−261332

この話題はこちら
http://www2.ezbbs.net/cgi/reply?id=kouzou&dd=09&re=1363

                川西玲子
posted by 風の人 at 16:27 | Comment(0) | TrackBack(1) | 一般

2007年12月09日

日本の政治を根底から誘導する真の覇権

                              櫻井 智志
                        
 或る同人雑誌の文章を読みながら、小沢氏が水面下で福田首相と密約めいた
会談を繰り広げたのは、小沢本人の欠陥であるという論旨をいぶかしく想った。この
ような政治的見解は広く流布されている。しかし、本当にそうなのか。

 私の推測は異なる。

 私は、アメリカからのそうとうな圧力があったことが最大の原因だと考えている。その
根拠は、この間の政治的情報といくつかのジャーナリズムの文章や記事からである。
 よく言われていることだが、民族派然としている中曽根康弘氏や石原慎太郎氏
が、アメリカ政府の前では借りてきた猫のような、ほとんどアメリカ政府の一員、悪く

いう輩にはアメリカCIAのスパイと推測する評論家さえいるのである。アメリカCIAの
スパイなどとは軽々しく断定しがたいことではあるが、決して全くの妄言とばかりは
言っておられない状況的な判断の史実がある。

 それほどアメリカ政府の背後からの締め付けは強いのだろう。

 小沢氏はかつてアメリカ政府と蜜月を過ごしていた。アメリカは心臓病で悪化した
小沢氏を米軍空軍ジェツト戦闘機で運んだことさえあった。そのアメリカ政府が小沢
氏の日本の自立路線をにがにがしく想候補でさえ、先日のような事務所襲撃がある
アメリカの実態である。アメリカには、建国以来二つの相反する二面性がある。
  リンカーン大統領の奴隷解放宣言っていた。そうして、今回の唐突な大転換。

 ヒラリー・クリントン次期大統領有力やキング牧師の無抵抗非暴力主義などの
すぐれた民主主義的伝統。同時に数々の暴力とその国家的行使。
 そのような分析からすれば、おそらくアメリカ政府とその膨大な利権と蜘蛛の巣状
のスパイ情報連絡網は、一国覇権主義のパックス・アメリカーナのもと、世界中に暗
国民の主体形成の努力こそ急がば回れのように、欠かせない営みと考えている
posted by 風の人 at 21:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2007年12月08日

「呉清源 極みの棋譜」東洋の美、ここに極まれり!

全篇日本語の中国映画、「呉清源 極みの棋譜」を観てきました。
「昭和の棋聖」呉清源が日本に来たのは昭和3年。
満州事変の三年前でした。

東洋の美、ここに極まれり!
http://kzeroko.seesaa.net/

               川西玲子
posted by 風の人 at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(1) | 一般

全国学力テスト

本日「全国学力テスト」を考える地元の集いに参加.同テストを拒否した犬山市の方の講演ビデオを見て話し合った.テスト結果の競争と比較で分断される仲間,評価される子どもや学校,教員.その重圧.テストで劣等感を感じる子供や大人.教育は自治事務という法規を学んだ.豊田
posted by 風の人 at 21:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

小沢・福田事件の教訓(3):第3極作りと政権交代を同時進行で

今回はほとんどすでに書いた記事の言い換えになりますが、「風」内部でも私の主張が果たして十分に理解されているのかどうか疑問なので、はっきりさせておきたいと思います。一応、「小沢・福田事件の教訓」シリーズの中に位置づけておきます。

私は「護憲派議員の最大化」と「野党議員の最大化」を言ってきました。これをもっと具体的に書けば、「民主党以外の護憲派野党議員の最大化」「野党議員の最大化(与野党逆転)」「自公民の最小化」ということになります。

いわゆる段階論的な考え方で、とにかく政権交代を、という主張・書き方が目立ちます。真意はともかく、結果的に民主党議員を最大化させようという声ばかりで埋め尽くされている感がします。野党連合路線を取るならば、「民主党議員の最大化」は必要ありませんし、小沢・福田事件の教訓で、そのリスクを思い知った有権者は多いことでしょう。

自公という第1極、民主という第2極以外の第3極の形成・最大化が必要です。しかしそうはいえ、次期総選挙で自公民が極端に議席を減らすという政治状況は想定できません。相変わらず民主党は野党第1党の地位を保ち続けるはずです。こうした前提条件を無視した戦術は非現実的というしかありません。

では第3極の形成・最大化をどのように図るのか?それは、有権者選挙共同、民主党を含む野党選挙共同で可能になると考えています。民主党と共産党が公表した選挙方針によって、それがさらに現実味を帯びてきました。

具体的には、比例区では民主党以外の護憲政党に投票する。その代わり、選挙区では、勝てる野党候補(主に民主党)に入れる。「勝てる野党候補」の中でも優先すべきなのが、平和共同候補です。私が提案する総選挙の投票指針は、複数定数区がなくなる点を除けば、「2007参院選投票指針」とまったく同じです。





<br />Flashアニメが表示されていない場合、こちらでAdobe Flash Playerをダウンロードする必要があります。<br /><a href="http://www.macromedia.com/go/getflashplayer" target="_blank"><img src="http://kaze.fm/get_flash_player.gif" border="0" alt="Adobe Flash Playerをダウンロードする"></a></p><br /><p>


転載歓迎!お持ち帰り・貼り付け方法
http://otasa.net/

当面、民主党が野党第1党であり続けます。また、平和共同候補を何十もの選挙区で実現できると考えている人はまずいないでしょう。だったら、民主党と組むことが第3極作りの現実的な道だということ。民主党候補が立つ1人区にわざわざ平和共同候補を対立させて擁立する必要はなく、民主党候補の空白区にこそ平和共同候補を立てるべきです。

民主党自身が、数十の選挙区で独自候補にこだわらないと言っているわけですから、沖縄の糸数慶子さん方式、つまり無所属統一候補方式を実現できる可能性が広がってきたのです。

このように、民主党との選挙協力という枠組みの中で、第3極の最大化が実現する、と考えます。また、野党選挙共同を本気で進めるなら、少数政党抹殺政策である小選挙区制を支持するのはおかしいじゃないか、と民主党に迫ることもできます。こうした枠組みで、来る総選挙で与野党逆転を果たし、その後、安定的、正当に野党連合が議席を確保できる比例代表制を基本とした、死票の少ない選挙制度に改正するのです。このような選挙制度は、どのような政党にとっても正当なものですが、特に第3極形成の基盤となるわけです。

[関連記事]
中選挙区比例代表併用制を提案する
http://kaze.fm/wordpress/?p=164

民主党の最大化だけを重視すると、民主党が先ほど公表した危険な「テロ特措法対案」(後で論評)が現実化するというオチが待ち構えることになってしまいます。民主党の1人勝ちは防がないといけません。

民主党と協力関係を保ちながら第3極作りと政権交代を両立させることは可能です。一つの側面だけを切り取れば、第3極作りのために民主党と組むということです。

太田光征
http://otasa.net/
posted by 風の人 at 12:42 | Comment(0) | TrackBack(3) | 一般

2007年12月07日

小沢一郎氏の憲法解釈・アフガンISAF派遣論と民主党の「テロ特措法対案」(1):国権の発動なくして自衛隊の運用はあり得ない

遅まきながら、小沢氏が雑誌『世界』11月号に寄稿した論文「今こそ国際安全保障の原則確立を」と民主党の「テロ特措法対案」について論評していきたいと思います。

まずは『世界』論文の方から。重要部分を引用します。

言うまでもなく、日本国憲法第9条は国権の発動たる武力の行使を禁じています。……個々の国家が行使する自衛権と、国際社会全体で平和、治安を守るための国連の活動とは、全く異質のものであり、次元が異なるのです。国連の平和活動は国家の主権である自衛権を超えたものです。したがって、国連の平和活動は、たとえそれが武力の行使を含むものであっても、日本国憲法に抵触しない、というのが私の憲法解釈です。


小沢氏は、国連決議に基づく平和活動であれば、日本国憲法で禁じている「国権の発動たる武力の行使」には当たらないと解釈しています。しかし、憲法は武力行使の性質・目的を一切捨象して、国権の発動による武力行使を一律に禁じていることは明らかです。

日本はその主権を国連安保理に譲り渡し、安保理の委任統治国になっているわけではありません。自衛隊を運用し、武力を行使するのであれば、国権を発動するしかないのです。小沢氏の憲法解釈は、憲法枠内の解釈だけで簡単に退けられます。

国権の発動なくして国軍の運用などあり得ないことは、現実政治もよく示しています。戦争犯罪などを裁く常設の“公共裁判所”として、国際刑事裁判所(ICC)があります。アメリカは頑としてこの裁判所への参加を拒んでいますが、多国籍軍に参加するアメリカ軍兵士の訴追を恐れているからです。

要するに、アメリカは、多国籍軍において、裁判権という国権を保持したままでアメリカ軍を運用すると宣言しているのです。アメリカがICCに反対する理由の一つに、その主権が侵害される恐れを挙げていることからも、明らかです。国立国会図書館がまとめた下記の文章を読むとよく分かります。

アメリカは、公共利益のための“公戦”ではなく、国益のための“私戦”を戦うのだと告白しているようなものです。


国際刑事裁判所をめぐる各国の対応
―支持国と反対国それぞれの議論―
国立国会図書館 ISSUE BRIEF NUMBER 589(2007. 5.29.)
http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/issue/0589.pdf
(文末の数字は参照文献を示すものですが、掲載は割愛します。)

(1) 米国

米国は、ICCに反対する理由として、主に以下の 4 点を挙げている。@ローマ規程が原則として締約国のみを拘束する条約形式を取っているにもかかわらず、その管轄権を非締約国にも及ぼしうるICCは、米国の主権を侵害するおそれがある。Aローマ規程は、チェック機能を有しない(unchecked power)訴追システムを作り上げており、抑制と均衡を重視する米国の司法システムとは相容れない。Bこれまで国際社会が侵略に法的な定義を与えることに成功しなかったにもかかわらず、ローマ規程は侵略の罪をICCの管轄下に置かれる犯罪に含めており、今後、ICCにおいて侵略の罪が定義されると、国連憲章第 39条において認められた、侵略行為の存在を決定する安保理の権能が脅かされる。CICCの管轄権行使について定める規定は、米国に好意を抱かない国によるICCの利己的な利用を許し、彼らの政治的動機に基づいた訴追に米国民をさらすおそれがある30。

米国は、これまで様々な手段をもってICCに反対してきた。特にG.W.ブッシュ政権は、2002 年 5 月 6 日にローマ規程の署名を撤回し31、安保理では、ローマ規程非締約国の国民がICCの管轄権の行使から免除されることを認める決議を採択するよう働きかけてきた。また、ローマ規程第 98 条に基づき、米国民がICCの管轄権下に入らないことを保証する二国間協定の締結を各国に呼びかけ、同協定を補強する国内法上の措置として、米国要員保護法や、二国間協定を締結しない国への援助を停止する法律を制定している。

(i) 安保理決議

2002 年 7 月 14 日、安保理による捜査または訴追の延期の要請を認めたローマ規程第 16条に基づき、安保理は、国連の平和維持活動に参加している非締約国の要員に対して、ICCが 12 か月間管轄権を行使しないことを求める決議第 1422 号を全会一致で採択した32。この決議は、12 か月ごとの更新を規定しており33、2003 年 6 月に決議第 1487 号によって更新された34。しかし 2004 年の更新時には、イラクの安定に向けて欧州諸国と協働する必要があったため、米国も決議の更新を断念したといわれている35。

また、2003 年 8 月 1 日に採択された、リベリアへの多国籍軍派遣に関する決議第 1497号では、非締約国の要員は、その活動から生じるいかなる行為についても自国の管轄権に排他的に服することが規定された36。この包括的免除規定は、ローマ規程第 13 条(b)項に基づいて、ダルフールの事態をICCに付託する決議第 1593 号にも盛り込まれた37。なお、同決議は、軍人や当局者だけではなく、非締約国の国民すべてを対象としている。

これらの決議は、ICCに反対する米国と、ICCを支持する国々の外交的譲歩の結果採択されたものである38。しかし、ローマ規程第 16 条は、個々の事件ごとの捜査または訴追の延期を規定しているに過ぎず、包括的な管轄権免除を認めているわけではない。また、第13 条(b)項は、ICCへの事態付託権限を安保理に与えているだけである。したがって、これらの安保理決議は、ローマ規程の内容と照らして妥当とは思われないし、安保理があたかもローマ規程を改定したかのような決議を採択することは、安保理の権能を定めた国連憲章第 25 条に照らせば、権限踰越(ultra vires)の可能性があると指摘されている39。


太田光征
http://otasa.net/
posted by 風の人 at 14:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

明治製菓さん、そのチョコMatta !

皆様、

以下、GREEN PEACEの掲示板を通して、明治製菓さんに宛てたメッセージです。

chochochochochochochochochochochochochochocolate
唐突ですが、チョコレイト、好きです。

でも、遺伝子組み換え大豆が入っているかもしれないチョコを買うことで、困ることがあるかもしれない、と思っています。

困ること1,
からだにどんな影響があるのかわからないこと。アレルギーの原因になるかも?

困ること2,
大豆農家の畑に、遺伝子組み換え大豆が勝手に混入してしまうから。そのことで、遺伝子組み換え大豆を開発したモンサント社等の企業が、大豆農家に対して「特許侵害だ」と、訴訟を起こしたりして、大豆農家を困らせているから。

困ること3,
生態系のバランスが崩れるかもしれないこと。クモの遺伝子がじゃがいもに入っていたり、ヒトの遺伝子がお米に入っていたりする、そんな組み替え作物は、喜んで食べられません。


逆に、ちょこっと高くても、自然農でできた地元の大豆や、農薬不使用のチョコ等の商品を買うことで、その生産スタイルを支持することに繋がると思っています。

豆腐、味噌、醤油などの大豆も、アメリカからの輸入割合が多いですが、安い製品であっても、買う前に、それを吟味する時間を持ちたいです。

毎日のちょっとした選挙みたいなもの、でしょうか。

私はエンゲル係数高めでいきたいと思います。どうせ食べるのなら、心の底から満足してチョコを食べたい。

まして、私の経済行動が小さくとも、自然農や遺伝子組み換えではない農法、生産法を支えることに繋がるなら、喜んで日本円や地域通貨を払いたいです。

豊田義信
ブログ http://heiwa0.seesaa.net
chochochochochochochochochochochochochochocolate
posted by 風の人 at 07:32 | Comment(0) | TrackBack(1) | 一般

2007年12月03日

国際署名「イラクの石油収入をイラク難民のために」

寺尾さんの呼びかけに応じて、私も署名しました。皆さんもどうぞよろしくお願いします。

添付メッセージ:
I demand fair compensation for all Iraqis and fair judgment against the war criminals and liars.


寺尾です。

イラク難民国際行動(Iraqi International Initiative on refugees)のハナ・
アル・バヤティさんから、国際署名「イラクの石油収入をイラク難民のため
に」への協力を要請するメールが入りましたので、翻訳をつけて転送します。

署名するには、
http://3iii.org/petition/iraqi-oil-revenues-for-iraqi-refugees-petition
のサイトに入り、
Name の箱に姓名を
E-mail の箱にメールアドレスを
Message の箱にご意見を
それぞれ書き込み、すぐ下の Preview ボタンをクリックして署名者一覧にど
のように掲載されるかをあらかじめ見て、修正するべきところがあればすぐ下
のそれぞれの箱の中に記入した事項を修正し、もう一度 Preview をクリック
して確認、良ければ右の Submit ボタンをクリックしておしまいです。

姓名の後ろかメッセージの箱に、主にどんな運動をしているかなど、自由に書
き込んでください、とのことです。氏名の後ろに職業、所属、肩書きなどを書
いている人も居ます。

記入は日本語でも(多分ハングルその他でも)できますが、英語で記入した方が
親切かもしれません。私は日本語で記入し、後ろに括弧に入れて相当する英文
を記入しました。日本語だけでも自動翻訳機で翻訳して読んでくれる人が居る
かもしれません。

書名記入欄の下に、これまでの署名者とそのコメントの一覧が記載されていま
す。午前3時現在、署名者は555人です。

重複して受信された方には大変申し訳ありません。お手数をお掛けしますが削
除してくださることでお許しください。

転送・転載歓迎。

―――――――― 以下翻訳転送 ―――――――

Subject:Iraqi International Initiative on refugees
件名:イラク難民国際行動
From:Hana Al Bayaty
送信者:Hana Al Bayaty
Date:Sun, 2 Dec 2007 04:50:36 +0200
送信日時:2007年12月2日(日) 04:50:36 +0200

Please publish, spread, develop and coordinate with us
どうぞ自由に公表し、転送し、広めて、私たちと連携してください。


Iraqi Oil Revenues for Iraqi Refugees
イラクの石油収入をイラク難民のために

More than 4.5 million Iraqis -- a fifth of the population -- have been
displaced inside and outside their country due to the sectarian
policies of the occupation and the governments it has installed since
the illegal invasion of Iraq in 2003.
イラク人450万人以上−人口の1/5−が国内外に居を移させられています。2003
年の不法なイラク侵略開始以来、侵略者と侵略者が据えた何次かの政府がとっ
た宗派の面で不公平な政策のためにです。

The international community, the occupation powers, and the government
in Iraq are legally required to support and protect Iraqi refugees.
国際社会、占領国、イラク政府にはイラク難民を支援し保護する法的義務があ
ります。

Iraqi refugees are Iraqi citizens who have a full right to live in
dignity, a right to benefit equally from national resources, and a
right to return to their homes.
イラク国民であるイラク難民には、尊厳を持って生きる全き権利、国家資源か
らの利益を平等に受ける権利、そして元の居住地に帰る権利があります。

The UN Security Council, as the highest body of the UN, has the power
and legal duty to ensure that the needs of Iraqi refugees are met by
passing a resolution to require that the Iraqi state allocate
proportionate revenue to responsible agencies and hosting countries.
国連の最高機関としての国連安全保障理事会には、難民支援を担っている諸機
関と難民受入諸国にそれ相応の資金を供与するようイラクに求める決議を上
げ、それによってイラク難民のニーズを確実に満たす権限と法的義務があります。

Call for action
行動の呼びかけ

Displaced and refugee Iraqis cannot wait until they can return home
for their essential needs to be met. The international community has
the moral obligation to act now. UNSC Resolution 986 of 1995
established that Iraqi oil revenue is for all Iraqis. As Iraqi
citizens, Iraqi refugees have equal rights to share in the wealth of Iraq.
居を移しまた難民となったイラク人は、不可欠なニーズが満たされるのを帰郷
できるまで待つ訳にはいきません。国際社会には今行動を起こす道義的義務が
あります。1995年に採択された国連安保理決議986は、イラクの石油収入は全
てのイラク人のためのものであることを確定しました。イラク国民であるイラ
ク難民は、イラクの富の分け前に預かる権利を平等に持っているのです。

We call upon all governments, UN agencies and organizations, law,
human rights and humanitarian associations, and all people of
conscience to work together towards ensuring that the UNSC adopt and
implement this proposal of obliging the Iraqi state to allocate oil
revenues for Iraqi refugees.
全世界の各国政府に、国連諸機関に、法曹・人権・人道関係諸組織に、そして
すべての良心的市民の皆さんに、石油収入をイラク難民に割り振ることをイラ
ク政府に義務付けるこの提案を国連安保理が確実に採用し実現するよう、共に
運動することを私たちは呼びかけます。

We demand that states -- particularly those involved in the illegal
invasion and destruction of Iraq -- fulfill their obligations and
responsibilities and provide necessary funding for the UN High
Commissioner on Refugees (UNHCR) mission of protecting displaced Iraqis.
私たちは、諸国、とりわけ不法なイラク侵略とイラク崩壊に加わった諸国に、
自国の義務と責任を果たすこと、そして、イラク難民を保護する任務を国連難
民高等弁務官(UNHCR)が遂行するのに必要な資金を提供することを要求するも
のです。

We call upon all to raise funds and take all measures to provide
direct aid to Iraqi refugees and the organizations helping them.
私たちは全ての人びとに、イラク難民と難民支援組織に直接的援助を行うため
に、基金を集めあらゆる手段を講じるよう呼びかけます。

Humanity is in distress in Iraq. Our moral responsibility is to save
it. Join us.
イラクでは人間性が地に落ちています。人間性を救うことが私たちの道義的責
任です。私たちと行動を共にしてください。


attached is the platform of the Iraqi International Initiative
http://3iii.org/proposal
イラク難民国際行動の政治要綱( http://3iii.org/proposal )を添付しました。

To endorse, contact:
賛同する方は、以下にメールを:
hanaalbayaty at 3iii.org

To sign the petition:
西岸に署名するには以下にアクセスを:
http://3iii.org/petition/iraqi-oil-revenues-for-iraqi-refugees-petition

To stay informed on the campaign:
このキャンペーンの情報は下記ウェブサイトで:
www.3iii.org

Iraqi International Initiative on refugees
イラク難民国際行動

First Signatories:
最初の署名者:
(以下、翻訳省略)
Hans von Sponeck, UN Humanitarian Coordinator for Iraq (1998-2000),
Germany.
Denis Halliday, UN Humanitarian Coordinator for Iraq (1997-1998), Ireland.
Ms. Niloufer Bhagwat, Advocate, Vice President of the Indian
Association of Lawyers.
Mathias Chang, 37 years in the antiwar movement, Malaysia.
Sabah Al-Mukhtar, President Arab Lawyers Association, UK.
Issam Al-Chalabi, Former Iraqi Oil Minister, Iraq-Jordan.
Saeed .H. Hassan, Former Iraqi Permanent Representative to the UN,
Iraq -Egypt.
Dr Curtis F J Doebbler, Professor of law, at Najah National
University, Nablus, Palestine.
Dirk Adriaensens, Member Executive Committee BRussells Tribunal, Belgium.
Dahr Jamail, Independent Journalist, Author of "Beyond the Green Zone:
Dispatches from an Unembedded Journalist in Occupied Iraq", USA.
Paola Manduca, Geneticist and Antiwar Activist, New Weapons, Italy.
Bert De Belder, M.D., Coordinator, Medical Aid for the Third World,
Belgium.
Mohammed Aref, Science Writer, Advisor for 'Arab Science & Technology
Foundation', UAE.
Abdul Ilah Albayaty, Writer, Iraqi Political Analyst, Iraq-France.
Dr Ian Douglas, Writer, Egypt.
Hana Al Bayaty, Iraqi International Initiative Coordinator,
France-Iraq/Egypt.
(以上翻訳:寺尾光身)


太田光征
http://otasa.net/

posted by 風の人 at 08:15 | Comment(0) | TrackBack(2) | 一般

2007年12月02日

増田都子先生の近現代史 第6回 『第一次世界大戦と日本』感想

皆様

2007年11月25日(日)我孫子栄光教会にて、あびこ平和ネット主催、全15回のシリーズ企画、増田都子先生の社会科授業「近現代史の真実を知ろう」第6回 『第一次世界大戦と日本』に参加しました。

●今回の資料より一言●
スペンサー・トレーシー裁判長
「最初にひとりの人権が侵されたとき、すべてがはじまった」

●●●●●●

授業はまず、明治末45年で大正元年の1912年度末、呉海軍工廠の労働者3万人ストから。労働者の権利をまもる運動の広がりから、その後の情勢について、ワークシートの穴埋めをもとに、授業は進みます。

以下新しく知ったことや印象に残ったこと。
-1914年、海軍首脳が賄賂を受け取っていたと判明したシーメンス事件。現在の山田洋行と防衛省との癒着のことを思い出しました。氷山の一角だと思います。
-国内の民主主義運動の盛り上がりをそらし、独領山東省を奪う為、第一次世界大戦に参戦。参戦の決定は、国民も国会も知らないところ、天皇が任命した元老大臣会議にて、1914年8月8日対独参戦を決定。
-1915年、山東省権益を奪うことを決めた対華21ヶ条要求の第1条「支那国政府は、ドイツが山東省に関して持っている条約の権利、権利譲与等の処分について...承認することを約束する」。中国政府がこれをのんだ5月9日は国恥記念日。日本もこれを覚え国恥記念日としてはどうだろう。
-1918年8月14日、再び呉海軍工廠にて3万人が、水兵隊と市街戦。各地で被差別部落住民が蜂起の先頭に立った。
-1918年11月第一次世界大戦終結。1919年、ガンジーの非暴力抵抗運動開始、中国五・四運動、独ワイマール憲法。
-1920年国際連盟第1回総会。不戦を誓うも、戦場とならず死者も少なかった日本は、戦争の悲惨さを知らず第二次大戦を起こすことになる。
-第一次世界大戦、世界で3751万人の死傷者。露軍死傷者は915万人、仏、独、墺軍も500万人以上。日本軍は1210人。
-1917年ロシアで革命。ソ連は市民の政治的自由を認めず、かえって生産力が落ちたという一面もある。日本はシベリア出兵。5000人の死傷者と9億円の戦費。誰一人、責任をとった者はいない。

●増田先生へ●
共産主義、スターリン主義についての増田先生と話したことで、正義のこと、組織と個人の関係のこと、とても考えさせられました。

また、平和つむぎメイリングリストでのやりとりで、増田先生の目的とする教育の輪郭が少しずつ見えてきた気がします。

次回、時間が許せば、受講生の皆さんとぜひ、メイリングリストに受講仲間が2007年11月19日(月) 午後1時50分に送ってくださった『「あたらしい学問」のすすめ』やその受講生と増田先生のやりとりを読んでみたいです。

そのやりとりは、教育について、教育「させられる」無意識の思考のこと、教師の無力化、教師の役割について、やりとりされていると読み取り、この講座でも重要だと思いましたので、関連する抜粋だけでも。

●今回の授業の感想、意見●
行政にしかできないことはもちろんある。
だからこそ、国民を騙そうとする国策に抵抗していくこと。
自分のとらわれに気づくこと。

授業と関連はないですが、そんなことを思いました。

また、シベリアに出兵した兵士の呟きから、イラクへ出兵している兵士たちのことを覚えました。
「何故、シベリアへ来なければならなかったか。それはだれによこされたのか?」
「...シベリアへよこした者は、...屁とも思っていやしないのだ。...代りはいくらでもあるのだ。」(黒島伝治『渦巻ける烏の群れ』より)

重要な任務についている、とその当時も言われたのでしょう。
現在の自衛隊の皆さんはどうだろう。政府の考えた様に考える人もいるだろう。
その方が出世するだろうし、楽だろうし。
自衛隊の人々の苦労を思う時に、何よりも虐殺されたイラクの人々のことを思う時に、やはり確信します。

イラクとアフガニスタンからすぐに、今、撤兵を!

●今後の予定●
第7回 12月15日(土)14時〜我孫子栄光教会、「民族独立運動と大正デモクラシー」
第8回  1月26日(土)14時〜こもれび(東我孫子)、「タイトルは後日」
皆様ぜひ、いらして下さい。

戦争国家化に抗う世界中の人達のことを覚えて、

豊田義信
posted by 風の人 at 19:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2007年12月01日

我孫子市平和事業に参加して

我孫子市平和事業に参加.広島派遣の中学生の写真報告とミネハハの歌.原爆で焼けた肌.破壊前の家並み.習志野基地にパトリオット弾を配備したい人々.庶民の抵抗と生活.愛を軸にした行動.自分の命に敬意を払う事.今日習志野デモ等で参加できなかった人のことを覚えて.豊田
posted by 風の人 at 18:23 | Comment(0) | TrackBack(1) | 一般

2007年11月30日

横綱の品格

さっきテレビを観たら、みんなで深刻な顔をして、
朝青龍がちゃんと謝るかどうか議論していました。
それで、この前井上ひさし氏が言っていたことを思い出し、
独りで大笑いしてしまいました。
「裸で人前に出てくるのに、品格も何もない」。

それより、朝青龍を「女々しい」と言った、
内館牧子の品格を問いたいです。
「女々しい」ってなに?
女が女を貶める言葉です。

それにしても、悪役を見つけては叩くの、
本当に嫌ですね。

              川西玲子
posted by 風の人 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(2) | 一般

2007年11月29日

徴兵制あってしかるべき・・・東国原知事 その2

そうそう、思い出したんだけど・・・
自衛隊退職者(53歳)の再就職を斡旋している知り合いがい
るけれど、
本当に難しいんですって。

3年はリハビリしないと社会復帰できないと言っていました。
ロボットのようになっているからだそうです。
アメリカでも、ホームレスの四分の一が元軍人だそうです。

「軍隊に行けば規律が身に付く」
これは全くの俗論であり、ただの勘違いです。
旧日本軍は人間性を破壊しました。

                   川西玲子
posted by 風の人 at 14:08 | Comment(0) | TrackBack(1) | 一般

化けの皮がはがれた東国原知事

徴兵制あってしかるべき・・・東国原知事
化けの皮がはがれましたね。
ただの不見識な根性おじさんです。

だいたい、若者に説教できる人間か。
今の若者が無軌道だという客観的データがあるのか。
やっと、こういうことを言う人間が減ってきたと思っていたら。
亡霊のような人ですね。

http://www.excite.co.jp/News/society/20071129110500/20071129E40.021.html

               川西玲子
posted by 風の人 at 13:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2007年11月28日

沖縄基地強化をとめよう!

11/28一坪反戦地主会主催,沖縄基地強化をとめよう!に参加.民を騙す国策に抵抗する事が民主主義を発展させるとヘリ基地反対協代表.国会で一歩も退かないと我等が山内徳信議員.握手を交した.高江の森で1人泊込み監視する青年に連帯して.音楽と行動で楽しんでいきたい.豊田
posted by 風の人 at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

韓国映画ショーケース2007

中国の軍艦「深\x8F祁」が東京湾に入港しました。
清朝末期以来の出来事です。
歓迎式典では双方が日中友好を口にしました。

どうなの?これ・・・
中国脅威論に対する一定の歯止めにはなるかもしれ
ないけれど、
軍事交流だけ盛んになってもねぇ・・・。

一般国民による活発な交流を期待したいところです。
というわけで私は来春、今度は瀋陽に行くつもりで
す。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーー
12月8日からシネカノン有楽町一丁目で、
韓国映画ショーケース2007が開催されます。
私は「極楽島殺人事件」と「千年鶴」を楽しみにし
ています。

サイトはこちら。
音声が出ます。
http://www.cqn.co.jp/ks2007/index.html

                   川西玲子
です。


 
posted by 風の人 at 15:06 | Comment(0) | TrackBack(1) | 一般

2007年11月27日

我孫子駅前にて

今夜は駅前宣伝.我孫子九条の会有志と共に,新テロ特措法案廃案を両議院議長に意見する葉書を配布.駅階段を降りて帰って来る人々.1人1人にお疲れ様と念じつつ手渡し.皆お疲れで目線を合わすゆとりさえ無い人が多く.農作業帰りの知人が声かけてくれ嬉しく.平和世願い.豊田
posted by 風の人 at 20:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

高江でUAが歌う

皆様

マガジン9条ご覧下さい。
政府が、ヘリパッドを高江のヤンバルの森につくろうとしている今。

UAが歌ってくれました↓

http://www.magazine9.jp/tokusyu/071114/071114.php


ご参考までに。

豊田義信
posted by 風の人 at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2007年11月26日

日韓中のネット世代が憎みあう本当の理由

御存知の方もいらっしゃるでしょうが、興味深い本を読みました。
「不安型ナショナリズムの時代 日韓中のネット世代が憎みあう本当の
理由」。
高原 基彰著、洋泉社新書yです。

現在の「個人型ナショナリズム」は、工業化が進行していた時点における
「高度成長型ナショナリズム」とは別物だという主張。若い社会学者が、
グローバル資本主義下の三国に共通する課題を浮かび上がらせています。
「日中韓は今、共にグローバル経済と消費文化の大波にさらわれている」
という私の実感に近く、とても面白く読めました。

http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?
refShinCode=0100000000000031692910&Action_id=121&Sza_id=E1

                 川西玲子
posted by 風の人 at 01:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2007年11月24日

スペシャルドラマ「海峡」

金曜日の夜、NHK総合で放映中のスペシャルドラマ「海峡」。
たまたま予告篇を観て、「顔が好みの長谷川京子も出ているし」と観始
めたら、
これが面白いの何のって。
戦争中に釜山で出会い、戦後の政治情勢に引き裂かれる男女の物語です。

男は戦争中、志願という形で徴兵されて日本軍の憲兵をしていたので、
女性は当初、男性を日本人だと思っていました。
彼は祖国の裏切り者ですから、日本で暮らそうと二人で密航します。

密航するしかなかった当時の国際情勢、
日本人であることを強要されたのにいきなり外国人にされる在日コリア
ン、
闇市で生計を立てるしかなかった戦後の日本人など、
敗戦後の混乱がよくわかります。
結局、男は強制送還されてしまいます。
今も続いている強制送還が、こんなに残酷なものだったなんて。

この男性、朴俊仁(日本名・木戸俊二)を演じている眞島秀
和という俳優、
初めて見たのですがすごくすてき♪
いきなりファンになってしまいました。
「スイングガールズ」にも出ていたらしいけれど、もう一度観てみなく
ちゃ。
李相日監督のデビュー作「chun〜青」にも出ていたらしいです。

全三回で、来週で終わりなんですけど、是非観てみてください。
30日の夜です。

番組ホームページはこちら
http://www.nhk.or.jp/drama/kaikyou/index.html
posted by 風の人 at 01:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2007年11月21日

祝! サッカー日本代表、北京オリンピック出場

いつも思うのですが、サッカーは過酷なスポーツですね。
15分の休憩以外は休みなし。
プレーする方はもちろんですが、観る方も大変です。
心臓が止まりそうでした。
ロスタイムの二分間の、長かったこと・・・。

詳しい人には違う見方があるでしょうが、
体格や運動能力がものを言うサッカーで、
日本はよく頑張っていると思います。
体型的に、東南アジアは決して出られません。
さぞ悔しい思いをしていることでしょう。

貧者のスポーツと言われてきたらしいけれど、
今は必ずしもそうは言えない感じ。
オリンピックも豊かな国の祭典になってきたし。

                       川西玲子
posted by 風の人 at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

井上ひさしと「憲法」を熱く語ろう

ぎりぎりになってしまいましたが(汗)・・・
JCLU自由人権協会、設立60周年記念トークセッションです。
どなたでも参加できます。
是非どうぞ。お待ちしています。


井上ひさしと「憲法」を熱く語ろう
 〜改めて自由と平和を考える〜

日時:11月22日(木)午後6時〜7時30分
場所:日本プレスセンターホール
      千代田区内幸町2−2−1 日本プレスセンタービル
10階
      (地下鉄霞ヶ関駅もしくは内幸町駅すぐ)
参加費:500円(先着順)

                   川西玲子
posted by 風の人 at 14:21 | Comment(0) | TrackBack(1) | 一般

2007年11月20日

鳩山・小沢氏の野党連合(連立)発言を歓迎する

先の記事でも紹介しましたが、8日段階で鳩山氏は衆院選後の大連立の可能性を排除していませんでした。

11月8日 時事通信

民主党の鳩山由紀夫幹事長は8日夕、テレビ東京の番組に出演し、次期衆院選後の自民党との大連立の可能性について「(衆院選を)やってみないと分からない」と述べた。次の衆院選で与党が過半数を確保した場合、民主党の政策を実現する手段として、大連立の選択肢も排除されないとの認識を示したものだ。


ところが、16日には鳩山氏が、18日には小沢氏が野党連合(連立)に言及しています。小沢氏はアフガンISAF活動に関する発言でもトーンダウンしていますが、「大連立」でも世論を見極めて野党連合路線に傾きつつあるなら、歓迎すべきことです。

11月16日 毎日新聞

民主党の鳩山由紀夫幹事長は16日の記者会見で、小沢一郎代表が次期衆院選の目標を「衆院で第1党を目指す」としたことについて「過半数でなくても、(第1党になれば)他の野党と連立を組むことで政権を作る」と述べ、民主党単独で過半数を取れなくても、野党連立で民主党中心の政権を目指す考えを示した。

11月18日 時事通信

 民主党の小沢一郎代表は18日午前のフジテレビの番組で、次の衆院選後に自民党との大連立構想が再浮上する可能性について「もう(民主党の)みんながそれは取らないということだから、ないのではないか」との見方を示した。
 また、小沢氏は「衆院選では最低でも衆院の第一党を取りたい」と述べ、自民党の獲得議席を上回ることを最低目標とする考えを改めて表明。「そうすれば第一党(の民主党)が政権を担う可能性が出てくる。そのときは野党連立だろう」と語った。 


ようやく野党連合という言葉が出てきました。「雨降って地固まればいい」と今回の事件を評した小沢氏ですが、野党連合路線に舵をきらせたのなら、この点では非常に意義があったということになります。「新給油法案」の民主党対案には後で言いたいことがありますが。

民主党にはここでもう一歩進んでもらいたい。少数政党抹殺政策である小選挙区制は、真の野党連合にとって邪魔物以外の何物でもありません。民主党はその小選挙区制支持を撤回し、他野党と結束して、野党連合を無理なく担保する比例代表制を基本にした選挙制度の改正に向かうべきです。くれぐれも、自公民が議席を独占するような中選挙区制に賛成してはいけません。ここは民主党の路線を占う試金石です。

民主党の路線とそれを担保する選挙制度
 1人勝ち路線自公民大連立路線野党連合路線
選挙制度比例区定数の削減
小選挙区制の強化
(民主党現行公約)
中選挙区制比例代表制ベース
(中選挙区比例代表併用制など)
自公の損益野党分裂選挙で
漁夫の利

議席獲得率が
得票率を上回る
偽装勝利が可能
(2005郵政選挙)
自民の退潮傾向下
願ったり

小選挙区制に次ぐ
第2の延命装置

定数3以下では
ほぼ自公民が
議席を独占
議席獲得率が
得票率に一致

偽装勝利が不可能
野党の損益野党分裂選挙で
いがみ合い

「風」まかせ選挙で
自公の偽装勝利を
許す
小選挙区制同様
少数政党への票が
死票になりやすい
議席獲得率が
得票率に一致

野党支持率が
上回れば
安定して勝利可能



[関連記事]
中選挙区比例代表併用制を提案する
http://kaze.fm/wordpress/?p=164

太田光征
http://otasa.net/
posted by 風の人 at 15:12 | Comment(0) | TrackBack(9) | 一般

2007年11月18日

日本とアジア:竹内好の目

私の知り合いに、何事に関してもしっかりした意見を言う中学教師がい
る。
しかし、こと中国と韓国について話す時はいつも、眉間に皺を寄せてい
る。
「全くどうしようもない国だ」と言うのである。
こういう人は少なくない。
むしろこういう感覚が大勢なのかもしれない。
韓国や中国に違和感があるのが、普通の日本人だと言ってもいいだろ
う。                              
      
どうしてだろう。
「反日デモをしたから」「靖国神社参拝について、とやかく言うから」
「ナショナリズムが強いから」。そう答える人が多いだろうと思う。
だが本当にそうだろうか。
隣国への嫌悪感は、ここ数年に形成された感覚なのだろうか。

私はそうは思わない。
長女は「近親憎悪じゃない?」と言っている。
そうも言えるかもしれない。     

日本人が持つ中国や韓国への視線には、「遅れた忌むべきアジア」への
複雑な感情が入り交じっているように見える。
フランス人のナショナリズムには腹が立たなくても、
中国人のナショナリズムは許せないのである。
しかも今、両国は発展している。
それがまた問題を複雑にしているのである。            
               

中国や韓国とのトラブルは、明治維新以降の日本のいき方から出ている
根の深い問題だ。
戦前の日本人は、侵略という形でアジアに向き合った。
戦後は欧米を志向してアジアに背を向けてきた。
しかし、根底に流れる嫌悪感はあまり変わらなかった。  

ちくま学芸文庫「日本とアジア」は、1966(昭和41)年に出
版された
「竹内好評論集」第三卷「日本とアジア」の文庫版である。
今から40年前以上前に書かれたものであるにも関わらず、全く古
さを感じさせない。
それどころか、まるで昨今のアジア情勢を分析したがごとくの文章が並
んでいて驚く。
透徹した問題意識とは、時代を超えるものであるらしい。      
                                 
傑出した中国文学研究者であった竹内好の目は、日本人の思考の盲点を
突いてやまない。
例えば、近代化というと必ず、日本とヨーロッパとを比べること。
「ヨーロッパと違って、日本には市民革命がなかったから」という言説
である。
日本の近代化を、中国の近代化と比べる人はほとんどいない
(「中国の近代と日本の近代」)。         

また、侵略のイデオロギーとなった「大東亜共栄圏」思想は、
欧米列強からの解放と連帯を説くアジア主義からの、
「逸脱」と「無思想化」であったこと(「日本のアジア主
義」)。
右翼も左翼も、大東亜共栄圏とアジア主義とを混同してきたことが、
戦前の日本を思想的に検証できない理由の一つではないだろうか。  
               

何だかんだと言いながらも今、日中の交流は実態として深化している。
経済的にも中国との関係は深まるばかり。
比較的安く旅行できる北京や上海には、日本の若者が大勢行っている。
こういう時だからこそ、竹内好の透徹した問題意識をもう一度見直した
い。   

                      川西玲子      
                                
                 
posted by 風の人 at 16:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2007年11月16日

非暴力の学び

会社を午後休み19時〜駒込にて非暴力平和隊の大畑豊氏に学ぶ連続講座.ガンジーとキング,阿波根昌鴻氏のビデオを鑑賞.一人でできることを率先し試し,多くの共感を得,万人の行動へ.価値観の転換.思いやりと自立した生活について.自ら小さな変化となる.豊田
posted by 風の人 at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

911の真実−アメリカのやらせ

ベンジャミン・フルフォード様、皆様

今朝は4時起床。ベンジャミンフルフォード「911の真実」を見ました。
私のメモですので、添削下さい。

1,ペンタゴンに開いた穴のサイズは、ボーイングよりも小さい。

2,911の前の1年前に、爆弾に耐えうる工事をした部分に突っ込んだ。突っ込んだ飛行機の操縦士は、やはり1年前に空軍を辞めたパイロットだった。

3,ワールドトレードセンター崩落前の数々の大爆発。各階ごとに上から爆破があった。崩壊後、現場からは解体様の火薬が見つかった。

4,重力落下のスピードより速い、ビル崩壊のスピード。政府見解と合わない。

5,国民的英雄となったウィリアムロドリゲス氏。陰謀論者というより陰謀目撃者。
真相究明委員会で20数名の消防士による爆発の目撃証言。委員会で全く採用されなかった。それをおかしい、とテレビで公言したロドリゲス氏に対して「もし911について黙ったら議員にしてあげる。民主党でも共和党でも良い」とオファーがあった。

6,2001年9月11日16:57の英国国営BBCは、第7ビルの崩壊を伝えた。また17:13生中継放映で、ジェーンスカンリーという女性キャスターはまだ崩れていない第7ビルの前で「第7ビルも崩壊しました」と語る映像。実際は、その5,6分後に崩壊したのだが。崩壊する21分前に崩壊したと放映した。脚本読み過ぎるのが早過ぎた。

7,何で911の疑問をBBCやワシントンポスト、ニューヨークタイムズは報道しない?これだけ大がかりな陰謀は無いのでは?と感じた。しかし、ナポレン1898年スペインアメリカ戦争の前にも600名の乗った米艦艇メーン号を自作自演で爆破。1800名のルシタニ号が沈められたことで、反戦論者も第一次世界大戦に賛成しだした。第二次世界大戦も同じようにしくまれた。ヒトラーも共産主義者も操られていた。日本政府を追いつめ、真珠湾攻撃を知りつつも知らんぷりをしたルーズベルト。厭戦感を取り除く為。ベトナム戦争のきっかけとなったトンキン湾事件も自作自演。

8,1962年、キューバ侵略の口実にしようとした企画がある。学生の乗った偽名義の飛行機が着陸し、その後を引き継いだ空軍機が「メーデー、メーデー、キューバに攻撃されています」と発信し、墜落。
1967年のリバティ号事件。空軍に攻撃され乗組員半数が死んだ。ジョンソン大統領は事件を知りつつも止めなかった。ソ連船の接近で失敗したが、エジプトを侵略する口実にしたかった。

9,事件を起こして戦争をやる長い歴史がある。今回の偽テロ戦争により、米国憲法が骨抜きとなった。

8,利害関係を見ると軍需利権、石油利権の戦争だとわかる。911前にビンラディン家とブッシュ家がつくったカーライルグループ。アフガンにパイプラインをつくったユノカル社。大量破壊兵器の無かったイラク。イラクの石油はブッシュの仲間へ。

9,毎年2週間乱交パーティーをしながら世界のことを決めるボヘミアングローブの映像。人を生け贄にする様な儀式もする。建前の民主主義と別に、悪魔教(ルシファー、サタニスト)がスパイ組織やマスコミを操り、世界を動かす。世界の人口を20億人まで減らしたい人々。優生学を信じるブッシュ家。何十億人の命にかかわる問題。

10、日本の憲法を変え、軍事国家に変える。自衛隊を米軍の下請けとし、中国との戦争に備えようとしている。共謀罪は考えるだけで犯罪。憲兵隊と同じ事を考えている。チェイニーは生物兵器は便利な政治的手段となると書いている。鳥インフルエンザやサーズも兵器。人工的にねつ造している戦争への出費を止めると貧困がなくなる。

11,日本人がこれ以上戦争を起こす派閥にお金を出さないと言えば、それだけで変わる。日本人が鍵を持っている。テレビ新聞を信じないで、本やネットを使いながら、自分の目で真実を確かめて下さい。

さぁ、真実、事実はどこだ?


豊田 義信 yoshinobu000-lj(a)infoseek.jp

ブログ http://heiwa0.seesaa.net/
星野さんをとり戻そう全国再審連絡会議 http://www3.cnet-ta.ne.jp/f/fhoshino/
ガンジーの会 http://www.h2.dion.ne.jp/~hansuto/
市民がつくる平和条例の会 http://www17.plala.or.jp/peaceactcampaign/
「平和への結集」をめざす市民の風 http://kaze.fm/
川田龍平を応援する会 http://www.ryuheikawada.jp/
新しい反安保行動をつくる実行委員会 http://www.jca.apc.org/hananpojitsu/
posted by 風の人 at 06:46 | Comment(1) | TrackBack(1) | 一般

2007年11月15日

民主主義ってこんな感じ

皆様

知人から頂いた「増田都子の社会科授業」と「平和へのうねり」、2本のDVDをみました。贈ってくれた友よ、有り難う。

「社会科授業」の方は、2007年3月3日の我孫子市市民活動フェアで増田さんと共にあびこ平和ネットが企画した模擬授業「憲法って、なぁに?」を収録したもの。
「平和へのうねり」の原題は「The Peace Patriots」、アメリカのロビー・レプザァー監督作品で、イラク侵略に反対しているアメリカの市民を撮ったドキュメンタリー。

共にみていた人々の一言。
「増田さんがやっていることはわかるけど、きつい感じがする。東京都を相手にひとり、退けないたたかいを貫いてきたからだと思う。」「だからこそ、応援したい。」
「イラク戦争って言うけど、「戦争」っていう気がしない。」「これは侵略だよ。日本の自衛隊も侵略に荷担している。」
「自分の国の名前で侵略に荷担されるのは嫌だ。」

私は自衛隊で働く人が納得して憲法を擁護できるような、そんな自衛隊になって欲しい。
私は軍事費は払いたくない。
私は戦争賛成!と主張する人と対話をしてみたい。

豊田 義信 yoshinobu000-lj(a)infoseek.jp
ブログ http://heiwa0.seesaa.net/
星野さんをとり戻そう全国再審連絡会議 http://www3.cnet-ta.ne.jp/f/fhoshino/
ガンジーの会 http://www.h2.dion.ne.jp/~hansuto/
市民がつくる平和条例の会 http://www17.plala.or.jp/peaceactcampaign/
「平和への結集」をめざす市民の風 http://kaze.fm/
川田龍平を応援する会 http://www.ryuheikawada.jp/
新しい反安保行動をつくる実行委員会 http://www.jca.apc.org/hananpojitsu/
posted by 風の人 at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(1) | 一般

野党は「護憲本舗連合」をめざすべき

末次さんが今こそ市民の大連立、「確かな野党連合」を!のエントリーで書かれた意見、ほぼ賛成ですが、明らかな間違いが含まれます。「九条ネット(新社会党)」というのは大変誤解を与える表現です。九条ネットと新社会党が同一と言っているようなものですが、そんなことはありません。

それと野党連合の呼び方ですが、「確かな野党連合」は複数の意味で誤解を生じかねない表現だと思います。「風」は政党にはならない。これは、(特定)平和政党と敵対もしなければ、応援団にも同化しないという、二重の意味を持ちます。まず、この点での誤解が生じ得ます。

次に、「確かな野党」は政権交代との距離を想起させます。これでは、一般有権者からの支持を集めるのは難しいでしょうね。

私は当面、全野党に対して働きかけ、全野党にめざしてほしい枠組みとして、「護憲本舗連合」という表現を使おうと考えています。もちろん、与党の違憲連合への対立軸を鮮明にするためです。

これ↓が、「護憲本舗連合」の選挙共同形式だと思います。



<br />Flashアニメが表示されていない場合、こちらでAdobe Flash Playerをダウンロードする必要があります。<br /><a href="http://www.macromedia.com/go/getflashplayer" target="_blank"><img src="http://kaze.fm/get_flash_player.gif" border="0" alt="Adobe Flash Playerをダウンロードする"></a></p><br /><p>
転載歓迎!お持ち帰り・貼り付け方法
http://otasa.net/

[関連記事]
平沼新党による改憲への結集?
http://unitingforpeace.seesaa.net/article/62567458.html

[最近の注目記事]
中選挙区比例代表併用制を提案する
http://kaze.fm/wordpress/?p=164
小沢・福田事件の教訓(2):民主党は「大連立」のための中選挙区制ではなく、「野党連合」を促進する比例代表制ベースの選挙制度改正を
http://unitingforpeace.seesaa.net/article/65724855.html

太田光征
http://otasa.net/
posted by 風の人 at 07:14 | Comment(0) | TrackBack(1) | 一般

アメリカ志向

「アメリカへ行き、ハーバードに行き、ウォール街で仕事をして、
力を持って世界のトップに立ちたい」と言っている中国人の友人。
彼に対して私が出したメールです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

う〜ん・・・
そういう一握りの人間が世界を動かしていいのかな。
限りなく上昇を目ざしていく生き方もあるだろうけど、
違う価値観もあるよ。

東大のレベルの低さは問題だけど、日本は違う価値観を持てばいいと思
う。
アメリカ帰りが力を振り回しては困る。
世界は多極化していかないといけない。

日本はいい意味で、アジア主義で行くべき。
アジアの人々が安心して集まれる場所になって、
多彩な文化を生み出していく国でありたい。

あなたもウォール街で活躍したら、また日本に戻ってきてね。
そのためにも、日本はもっと魅力ある国にならないと。
帰ってきてくれないかもしれないし(笑)

                   川西玲子
posted by 風の人 at 00:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2007年11月14日

今こそ市民の大連立、「確かな野党連合」を!

「大連立」騒動はひとまず収まってきましたが、この問題は民主党および「二大政党制」の抱える問題を、かなり露骨にさらけ出したのではと思っています。
同時に、自民党政治打倒という時に、民主党だけに期待することの問題、他の野党の重要性を、感じさせる出来事でした。

民主党は、せっかく自民党政治を追い詰めていたのに、今回結果として国民の期待を裏切り、次の衆院選を戦うのはかなり厳しくなったと思います。
二大政党制が、いかに「大政翼賛会」と紙一重であるか感じました。
参院選以来、護憲派の中でも民主党に期待する声は結構あったと思いますが、「大連立」騒ぎは民主党の頼りない部分、弱い部分、中途半端な部分を明るみにしたと言えるのではないでしょうか。
そもそも小沢が辞任表明した時に、他の幹部は慰留すべきではなかった。
自分の党に「政権担当能力」がないと主張する小沢一郎もメチャクチャです。
本当に「政権担当能力」がないと思うなら、なぜないのか、きちんとした政策が作れないのか、考え直してほしいです。

私は以前から、民主党の政策には「頼りなさ」を感じていました。
例えば「テロ特措法反対」を貫くのはいいのですが、「対テロ戦争」自体の問題点については追及せず、あくまでも「国連の承認がないから、、、」というテクニカルな部分のみ主張するため、いま一つ国民の支持につながっていません。
これまで一貫して、日本共産党や社民党、九条ネット(新社会党)、市民・平和団体は、「対テロ戦争」自体がアフガンやイラクに平和どころか新たな憎しみとテロを生んできており、テロの抑止のために逆効果であると主張し、アフガン戦争、イラク戦争に反対してきました。

実際、その主張の正しさはアフガンやイラクの現実が裏付けていると思います。
ところが民主党はこのような主張はしないし、あくまでも日本が「対テロ戦争」に協力することが前提となっています。
小沢一郎の独特の論理に振り回されっぱなしです。
給油はダメなのにISAFに参加はいいなんて論外です。

他にも、税制の問題になると共産党や社民党は「消費税増税反対」や「緊急福祉一兆円プラン」など福祉の充実を主張する一方、きちんと高所得者の所得税、法人税、資産課税などについては増税を唱え、「逆立ち税制」の解消を主張する(とともに、軍事費などの大幅削減も主張する)ことで、貧困をなくすための財源問題についてもしっかり道筋を立てています。
ところが、民主党は庶民への負担増に一応反対はするものの、財源の問題を聞かれると、ひたすら「税金の無駄遣いをなくす」でおしまい。
絶対に高所得者層への増税を主張しようとはしません。(朝日新聞など、「リベラル系」の大新聞もなぜかそうです)
これでは「民主党の政策が非現実的だ」と自民党・保守勢力から突っ込まれても反論できないです。
現在消費税増税に反対しても、将来的に結局消費税を上げる以外なくなります。

このように、民主党は、どうみても「確かでない野党」です。
少なくとも政策面では、「確かさ」では共産党や社民党に軍配が上がると思います。

私はやはり、あえて共産党の使う言葉を借りますが、「確かな野党の結集」が必要不可欠だと思っています。

もちろん、現実には野党最大政党が民主党である以上、「民主党との共闘は考えられない」というわけにはいきません。
しかし、やはり民主党よりは、政策がより「確か」である、「その他の野党」の共闘結成、そして「確かな野党(共産党、社民党、新社など)」全体の影響力拡大、そして市民が「確かな野党連合」と協力し、結集することを最優先にすべきではないかと考えます。
「風」としても、これまでよりもう少し明確に、「自・民以外の第三勢力結集」に方向をシフトしてもいいのかな、と一連の「大連立」騒ぎを通して感じました。
まずは「第三勢力」の結集を強めて、その影響力を拡大することで、結果的に民主党も護憲・社民的な方向にシフトさせることが重要だと思いますがいかがでしょうか。
マスコミがあおる「二大政党」論を打ち破れるよう、世論を作ることも重要だと思います。
あとは護憲勢力の当事者の共闘の意思にかかっていると思います。

そういう意味でも、やはり共産党・社民党の両党の指導者・党員が、もうちょっと本気で共闘に前向きになるべきだと思います。
特に共産党は、当面主張する政策については(私はマルクス主義者ではないので、「究極的目標」についてはそこまで高く評価しませんが)、かなり優れている(いわゆる「護憲派」の大多数の主張・理念は、共産党の当面掲げている主張とそこまで遠くないのではないでしょうか?)と思いますので、あともう少し組織的に「共闘」の意志さえあれば、と思うと、溜息が出ます。
共産・社民を巻き込む共闘という課題は、これまでさんざん「風」でも取り組んできたことで、当面実現はかなり厳しいですが、少なくとも草の根レベルで交流を進めるというのは重要ではないでしょうか。
私が実践していることですが、本当に小さなことではありますが、「風」をはじめ「市民派」の集まりやデモにも参加するし、いわゆる「共産党系」の集会(先月の10・28国民大集会など)や選挙活動にも参加しています。
自分の余力のある限りでどちらの運動にも自由に出入りする、というスタイルを貫きたいと思っています。

このようなことを団体としてできませんでしょうか?
たとえばすでに「風」は様々な市民運動や署名などに共催し、賛同していますが、今後は比較的共産党の影響力が強いとされる、いわゆる「民主団体」との協力関係を強める。
そのかわり、できる限り「民主団体」の人たちにも可能な限り、我々のシンポジウムなどについて情報発信していく。
「風」だけでなく、あらゆる市民団体で支持政党の系列を超えたネットワークづくりができないかと思います。

今後の民主党などの政党と護憲勢力との関係についても、もうちょっと議論を深める余地はあると思いますので、皆さんもぜひ書き込みお願いします。

末次 圭介
posted by 風の人 at 12:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般