2016年08月21日

【要申込】明日8/22(月)第89回社会的企業研究会「障害者・健常者関係の模索から新しい働き方へ―『わ っぱの会』の日常的な活動に着目して」

紅林進です。

明日8月22日(月)に開催されます第89回社会的企業研究会のご案内を転載させていただきます。
要申込とのことです。(連絡先は下記転載文)

(以下、転送・転載歓迎)

≪第89回社会的企業研究会のご案内(転載歓迎)≫
 社会的企業研究会では、この間、日本や諸外国における生活困窮者 の社会的包摂や仕事起こしを
ミッションとした社会的企業に関する 報告会を重ねてまいりました。今回は、本研究会の設立時からも
関係が深く、かつ日本の障害者運動をリードしてきた共同連に関する 研究報告を、若手研究者の
伊藤綾香さんにしていただきます。これ まで本研究会では、どちらかと言うと、社会的事業所の法制化等
制度面の視点から、共同連の実践について学んできました。今回は、 障害者と健常者のミクロな相互作
用面において、「障害があっても なくても共に働く」ということが実質的にどのような意味を持つの か、
「わっぱの会」で参与観察を続けてこられた伊藤さんの考察を 元に紐解いていきたいと思います。
奮って御参加ください。
◆ 2016年8月研究会 ◆
●と き:8月22日(月)18:30〜20:00
●ところ:東京都障害福祉会館2階・教室(下記URLをご参照く ださい。JR田町駅から徒歩5分程度です)
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/syoukan/toiawase.html
●テーマ:「障害者・健常者関係の模索から新しい働き方へ―『わ っぱの会』の日常的な活動に着目して」
●報告者:伊藤 綾香さん(名古屋大学大学院)
●会場費・資料代 500円 (研究会個人会員、団体会員は無料)

参加を希望される方は、参加人数の大まかな把握のため、 以下にFAXまたはE-mail でご連絡ください。
《事務局連絡先》
・米倉 生活クラブ生協・東京 E-mail:mailto:katuyoshi.yonekura@s-club.coop
・大門 生活経済政策研究所  Fax:03-3253-3779 E-mail:info@seikatsuken.or.jp

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

明日8/22(月)やんばるの森と人々のくらしを守ろう! 高江の米軍オスプレイパッド建設中止を求める集会&省庁交渉@参議院議員会館

紅林進です。
本日8月21日(日)未明、 経産省前の脱原発テントが暴力的に強制撤去されました。
一方沖縄では、高江で警視庁など全国から派遣された機動隊による、住民、反対派
に対する暴力が続いています。

明日8月22日(月)に参議院会館で行われる、高江の米軍オスプレイパッド建設中止
を求める下記集会&省庁交渉のご案内を転載させていただきます。

(以下転送・転載歓迎)

やんばるの森と人々のくらしを守ろう! 高江の米軍オスプレイパッド建設中止を求める集会&省庁交渉

★開始時間が12時半からに変更となりました。ご注意ください。

 沖縄防衛局が、沖縄県東村・国頭村で、住民の反対を無視し、米軍のオスプレイ用の飛行訓練用ヘリパッド(離着陸帯)建設を強行しています。

 東村高江の集落を取り囲むように、直径75メートルの巨大なヘリパッドが6か所造られようとしています。
 そのうちの2つはすでに出来てしまい、たえがたい騒音をまき散らしてオスプレイが昼も夜も飛び続けています。
 耐え切れずに隣村に避難した住民もいます。

 今年7月になって東村に隣接する国頭村の4か所を造成するために、政府は日本中から500人もの機動隊を派遣し、座り込みの住民と支援者を強制排除しました。
 この結果、頸部を圧迫された女性、ろっ骨を折られた男性など、3人が救急搬送されました。
 また、沖縄防衛局は、県道の端においてあった市民のテントや全国からの支援物資を持ち去りました。

 一方、「やんばるの森」は、世界中でも生物多様性が豊かな森で、「東洋のガラパゴス」とも言われています。
 ヤンバルクイナ、ノグチゲラ、リュウキュウウラナミジャノメなど希少な野生生物が生息しています。
 また、やんばるの森は、沖縄本島の水がめでもあります。

 これらの問題について、緊急記者会見・集会・省庁交渉を実施します。

日 時:2016年8月22日(月)12:30〜16:00
   (12:15〜 ロビーにて、入館証の配布を行います)
    12:30〜 共同記者会見
    13:00〜14:00 事前集会
    14:00〜16:00 政府交渉(調整中) ※冒頭、署名提出
   ※冒頭、署名提出を行います。終了後、17時より、同じ会場で「標的の村」
    の上映会も予定されています(主催:福島みずほ事務所)。
会 場:参議院議員会館講堂
   (東京メトロ・永田町駅1番出口出てすぐ。国会議事堂駅1番出口から徒歩5分)
内 容:
 <事前集会>
  やんばるの森の生きものたち 宮城秋乃さん
  現地からの報告 堀田千栄子さん ほか
  国会議員からの報告
 <政府交渉(調整中)>
  1)オスプレイパッドの騒音影響について
  2)野生生物について
  3)機動隊の派遣、住民らへの暴力について
  4)テントの撤去、樹木の伐採について
資料代:500円
主 催:米軍オスプレイパッドの建設中止を求める防衛省交渉実行委員会
問い合わせ:090-6142-1807(満田) E-mail: henokotakaengo@gmail.com
※この日も提出予定の高江ヘリパッド建設中止を求める国際声明への賛同を集めています。
 ご署名まだの方、こちらからぜひ!
 http://www.foejapan.org/aid/takae/160730.html

参照HP:http://www.foejapan.org/aid/takae/160812.html

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 21:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

明日8/22(月)F?35B戦闘機岩国配備抗議行動へ御参加を!

伊達 純です。

複数のメーリングリストに投稿します。重複して受け取られた方は、お許し下さい。

明日8月22日(月)、垂直着陸短距離離陸ステルス戦闘機F−35Bの岩国基地への
配備を通達しに防衛大臣政務官と外務大臣政務官が岩国市へやって来ます。来庁時間は
13時20分〜13時50分とのことです。

そこで以下の要領で抗議行動を行ないます。

■集合時間:12時30分

■場所:岩国市役所前公園

山口県、広島県西部など岩国周辺の皆さんは、よろしく御参加下さい。

             瀬戸内海の静かな環境を守る住民ネットワーク
              (略称:瀬戸内ネット)
                共同代表:河井弘志/桑原清
                 〒740−0042
                   岩国市青木町2−24−45 桑原清方
                    TEL:0827−38−1866
                    FAX:0827−38−1867
                    E-mail:setouchi_net8@yahoo.co.jp
-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

【2016年8月21】経産省前テントひろば強制撤去に対する緊急抗議

すでにご存知の方も多いでしょうが、
140年前「福島県」が出来た「福島県民の日」、
また、「甲子園」決勝、「平和の祭典」リオオリンピックの閉会式の
本日未明
経産省前の脱原発テントひろばが強制撤去されました。
http://twitcasting.tv/showering00/movie/299024145
http://twitcasting.tv/tentcam/movie/299017557
抗議集会
http://twitcasting.tv/tentcam/movie/299030965
http://twitcasting.tv/tentcam/movie/299040257

とにかく、
今の政権、原子力政策の矛盾、欺瞞を誤魔化させず、大きなニュースにするため、
13時、そして夕方にも
大きな抗議集会をしますので、
拡散、応援、御参集、宜しくお願いします!

--

「脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会」(eシフト)メーリングリストから転載

太田光征
posted by 風の人 at 10:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年08月17日

【8月16日】緊急!「高江報告会」の資料

【8月16日】緊急!「高江報告会」の資料です。

【8月16日】緊急!「高江報告会」
http://unitingforpeace.seesaa.net/article/440972050.html

2016年8月16日「私が東京を変える」高江報告会(太田光征).pdf
2016年8月16日高江報告会(湯村悦朋).pdf

SANY0027.JPG
8月6日朝、「N1裏」テントを守り喜ぶ山城博治氏

SANY0013.JPG
8月5日夕、「N1裏」テント内集会で目取真俊氏

SANY0024.JPG
8月6日朝、N1裏テント

SANY0002.JPG
8月5日朝、キャンプシュワブ(辺野古)前テント

SANY0005.JPG
8月5日朝、キャンプシュワブ(辺野古)ゲート前の女性が掲げていたバナー

SANY0003.JPG
8月5日朝、キャンプシュワブ(辺野古)フェンス

SANY0032.JPG
8月6日昼、普天間飛行場

SANY0030.JPG
8月6日昼、普天間飛行場

辺野古テントのお昼時に流されていた曲のひとつが「黄金の花」。米軍基地とそれを守る機動隊に対して、大変ピッタリな曲です。

黄金の花/NENES with DIG - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=zG5PLCoTzB0
黄金で心を捨てないで 古謝美佐子 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=Zh34NaQBk6o

高江でも「沖縄を返せ」のほか、「美しき5月のパリ」のメロディーを借りた「今こそ立ち上がろう」や「座りこめここへ」が歌われました。

2015/11/29(日)加藤登紀子「二度と戦争をしないために、この歌を沖縄の歌にかえて♪」 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=YCjKcO7wpSg
2015/11/29(日)ゲート前「今こそ立ち上がろう」 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=GJx4Vp8DUX8
【今こそ立ち上がろう】高江の森を守ろう - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=XMRLY5i2uIY
【座りこめここへ】高江の森を守ろう - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=ZNEK8wlNBiY


下記のように8月19日早朝の高江での行動が呼び掛けられています。全国から薄く広く、可能な方が駆けつけましょう。

太田光征



【拡散】19日東村へ結集を 東村役場〜北部訓練場メインゲート:辺野古浜通信
http://henoko.ti-da.net/e8908908.html

高江で抵抗を続ける山城博治さん、および高江連絡会からの呼びかけです。

8月19日金曜日早朝、旧盆の明けの東村N1への資材搬入再開・本格化に向け、最大規模の結集を求めます。現場では全国の機動隊による市民に向けた圧力が強まることが予想されるため、東村役場近くの県道70号線に集まって後、米軍北部訓練場メインゲートを目指します。

今後の抵抗に向けた新たな取り組みです。19日以降も継続的な高江への支援、参加をお願いいたします。
嘉手納基地・普天間基地での抗議・ゲート前行動への参加をお願いいたします。

5時  東村平良にある東村役場近くの県道70号線に集合
5時半 出発
6時  北部訓練場メインゲート前で集会

当日は機動隊による道路封鎖も含め、あらゆる市民行動の制限が予想されます。
twitter(@henoko_tushin)などで発信を続けることを試みますので、状況の変化に対応し、行動を続けましょう。
posted by 風の人 at 01:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年08月12日

【8月16日】緊急!「高江報告会」

機動隊を押しとどめる人垣の一部になればと思い、2日間ばかりですが沖縄の高江に行ってきました。所属している「私が東京を変える」で報告会を開催させていただきます。高江行きに関心のある方の後押しになれば幸いです。

太田光征



緊急!「高江報告会」を開催します!

https://www.facebook.com/events/1078455065535010/

沖縄県、高江が緊急事態です。私が東京を変えるの役員でもある太田光征さんと、友
田シズエさん、湯村悦朋さんが、8月4日から沖縄入り、5日、6日と高江の応援に
駆けつけました。行きたいと思ってもなかなか思うように動けないでる人も多いと思
います。緊急報告会を開催します。ぜひ、ご参加ください。

報告者 :
太田光征(私が東京を変える 役員)
友田シズエ
湯村悦朋

場所:飯田橋の東京ボランティアセンターのB会議室
http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access

日時:2016年8月16日
   18:30 開場
   18:45 開演
   20:45 終了

資料代 500円

=======================
私が東京を変える
http://watashiga.org/




MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace

----------------------------------------------------------------------
今までダイエットに失敗してきたあなた
必見です!!やせる事に特化した専門店
ミスパリダイエットセンター☆彡☆彡
今なら、5,000円で体験実施中♪
http://ad.freeml.com/cgi-bin/sa.cgi?id=pg4U2
------------------------------------------------------[freeml byGMO]--

【妊婦は要注意】蚊を介して感染するジカ熱が世界で流行中!海外渡航予定者は
以下ページより渡航先の状況確認をお願いします。(厚生労働省)
http://ck.freeml.com/rd.php?cid=11041
----------------------------------------------------------------------
posted by 風の人 at 10:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

伊方再稼働反対運動情報

伊方再稼働反対運動情報:ペガサス・ブログ版:So-netブログ
http://pegasus1.blog.so-net.ne.jp/2016-08-11
伊方原発があす12日午前9時に制御棒が抜かれるという報道があります.
現地では当日早朝から原発ゲート前で抗議行動が繰り広げられます.

太田光征
posted by 風の人 at 10:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年08月09日

全国から薄く広く沖縄・高江へ

5日から中締めが宣言された6日午前中までの2日間ですが、高江のオスプレイパッド建設予定地のN1裏と呼ばれる地域に仲間3人と行ってきました。5日早朝も危ないという情報があったものですから、4日深夜からの高江入りを計画しましたが、6日早朝に備え、4日夜に名護で宿泊してから5日早朝の高江入りに計画変更。

ちなみにN1裏とは、建設予定地N1から2方向に伸びる工事用道路ルートの一端に当たります。もう一方は7月22日にテントが突破されて工事が始まり、工事用道路がN1裏まで200メートルに迫っていることが、山城博治さんから説明されました。

ゲートの地図
Voice of Takae
http://nohelipadtakae.org/takaebreau/VoT2012july.pdf

レンタカーを使いましたが、下記に従えば、迷うことなくたどり着けます。

高江ってどこ?行き方&ガイドMAP
http://nohelipadtakae.org/takaebreau/Vot-sit-in-guide2012july.pdf
高江N1ウラ(東村高江N1地区裏側出入口)への行き方 | べぐれでねが
http://beguredenega.com/archives/10542

機動隊による早朝の襲撃に備え、泊まり込みが必要となります。車中泊やテントの持ち込みなどが必要ですが、現地のテントというより雨よけシートの下に設けた集会椅子用の板でベッドを作れるようになったので、バスで高江入りする方でも泊まり込みが可能です。また簡易トイレがあるので、車がなくとも困りません。キャンピングカーで来た方もいましたが、そこまでできる人は限られるでしょう。

実は、雨が降らない限り、現地の舗装道路の上に寝た方が快適です。5日の夜に車中泊しましたが、蒸し暑くて寝れるものではありません。雨が降ったりやんだりでしたが、私は一時、路上で横になりました。いずれにしても精神的に眠れませんが、路上の方がはるかにマシですし、雲がなければ大変きれいな夜空です。ただしハブに注意。もっとも沖縄の人でもハブに遭遇するのはめったにないそうです。

虫よけの準備が呼びかけられていますが、夜の集会では虫よけを使わずとも蚊に刺されることはありませんでした。山城博治さんによれば、高江には蚊がいないとのこと。

両日とも雨降りでした。やはりカッパは必須です。

なお、5日早朝のN1裏はあまり緊迫していない様子でしたので、車で約1時間の辺野古へ行き、キャンプシュワブのゲート前での抗議行動に参加。金曜の担当は平和市民連絡会で、高里鈴与さんらが参加されていました。

東村で出くわした沖縄県外の機動隊車両のナンバーは、千葉市、品川、多摩、足立、名古屋でした。

本日8日の早朝にもまた緊張を迎える中、多くの方が泊まり込みをしています。全国から薄く広く高江に結集することが必要ではないでしょうか。

以下は集会での発言のメモです。ここ本州での街頭演説で訴えるべきと思う発言を拾ったもので、全発言者の発言を網羅しているわけではありません。私が現地で聞いていない7日の集会での赤嶺議員の発言も紹介しています。



ヘリパッド建設工事阻止 高江現地集会 | IWJ Independent Web Journal(2016年8月5日)
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/323540

統一連の中村司代表。辺野古訴訟では本日(8月5日)、県側承認を却下し、19日に結審、9月18日に判決が確定。新川ダム駐車場から現場まで車が満杯になり、参加者は1000人を超えた。3年5カ月前から一人体制で交代しながら寝泊まりして監視してきた。

参考:
辺野古訴訟“スピード”審理、9月16日判決 沖縄県の証人却下 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/56166

平和市民連絡会の高里鈴与共同代表。北部訓練場の半分を返還するとしたSACO
合意でオスプレイは言われなかった。

高江住民の会の儀保昇さん。オスプレイパッドはまだ造られていない。造られたとしても、使われなければ、やんばるの森は再生する。

高江ヘリパッド建設反対現地行動連絡会の間島孝彦共同代表。毎日、早朝に起きて遠い高江まで来て住民の会の皆さんと闘ってきた。

赤嶺政賢衆議院議員。1950年代にやんばるの森の住人が実弾射撃訓練をさせなかったことが今につながっている。キャンプシュワブやキャンプハンセンの自然が破壊されている実弾射撃訓練場とは違うところ。北部訓練場は使用不能になったから返すと海兵隊が明言しており、使用不能の訓練場と引き換えに新たに7基(SACO合意時)、現在は6基のオスプレイパッド(当時はヘリパッド)を建設しても、負担軽減にはならない。地位協定22条には、使用不能になれば、不必要になれば、米軍基地は返還すべきと書かれている。移設条件はない。南部訓練場には既設のオスプレイパッドが15カ所あり、6カ所で新設すれば負担の増大になる。G、H両地区はやんばるの森の中で一番自然度が高い。防衛省はテント撤去の根拠として防衛省設置法4条19号を指摘。同号は米軍基地の提供のために防衛局は仕事をしなければならないと規定。代執行の権利はないと明言。

7月22日の強制排除に続いて、再び危機が迫る沖縄県・東村高江! 〜朝6時から開かれた抗議集会に県内外から500人以上が集結! 北部訓練場「N1裏」テント前からIWJがリポート! | IWJ Independent Web Journal
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/323702
赤嶺政賢8/6@高江「森林管理署 防衛省の今後の伐採も認める」  中継iwj_okinawa1 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=yr75ScpDopc

直径4センチ、胸の高さの木を伐採するには森林管理署と事前協議が必要。切っていけない木にテープで目印を付けていたが、防衛省は切ってよい木だと理解した。防衛省がごめんなさいと言ったから、今後は伐採を認める。SACO合意の担当者だった岡本行男氏は、北部訓練場の過半の返還は負担軽減になるが、当時造る予定だった着陸帯が今でもあの数が必要なのか、政府にも再検討が必要だとテレビで発言。

参考:
防衛局 高江での立木の無断伐採認める
https://www.rbc.co.jp/news_rbc/%E9%98%B2%E8%A1%9B%E5%B1%80%E3%80%80%E9%AB%98%E6%B1%9F%E3%81%A7%E3%81%AE%E7%AB%8B%E6%9C%A8%E3%81%AE%E7%84%A1%E6%96%AD%E4%BC%90%E6%8E%A1%E8%AA%8D%E3%82%81%E3%82%8B/

赤嶺政賢 8/7高江「オスプレイ3機が同時離発着・編隊飛行訓練ができるように」 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=_iH3HJAijQI

琉球山亀がN1にも現れるが、1週間にわたって食料を与えられずに訓練する米兵にとって一番おいしく映ることが環境審査会で指摘された。このような地域がN1、G、Hの3地区。一番生活を破壊するのがN1地区。N1の近くには既設の着陸帯があり、3機の編隊訓練が可能になる。警察比例の原則があるが、警察は憲法で保障された表現の自由を侵害してはならない。高江は戒厳令下にある。


太田光征
posted by 風の人 at 04:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年07月30日

非核都市宣言について小池百合子氏「いたしません。明確に、それは申し上げます」

東京都知事選 主要3候補が「みんなのニュース」に生出演し激論(フジテレビ系(FNN)) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20160729-00000874-fnn-soci
鳥越氏「いや、わたし現物を持っていますよ。非核都市宣言を小池さんはしないということです」
小池氏「いたしません。明確に、それは申し上げます」


小池百合子が都知事になったら安倍首相と手を組み「改憲」の扇動役になる! “お試し改憲”提案の過去も |LITERA/リテラ
http://lite-ra.com/2016/07/post-2455.html
日刊ゲンダイ27日付インタビューで小池氏
「(進退伺の)返事はいただいておりませんが、私は自民党と戦っているわけじゃなく、都連の一部と戦っているんです。ひょっとしたら、(相手は)ひとりです。官邸でも、上の人はこの事態をよくお分かりだと思います」


「障がい者を殺せば税金が浮く」植松容疑者の狂気は自民党政権の障がい者切り捨て、新自由主主義政策と地続きだ|LITERA/リテラ
http://lite-ra.com/2016/07/post-2452.html
「身障者のせいで税金が」かかる──。これは、実は小泉政権から始まり、安倍政権でエスカレートした新自由主義的身障者政策と完全にシンクロするものだ。
彼らの共通点は、公的な責任を個人の責任へと転嫁する「自己責任論」を振りかざし、人の価値をコストで推し量る新自由主義を信奉していることだ。


日本国黄帝 ‏@nihon_koutei 27分27分前
こういう報道を見ると、あの犯人が手紙の内容を「安倍晋三様のお耳に伝えて欲しい」と書いた事が間違っていないのが良く判る…(絶)。★精神障害者ら7.9万人、受給減額・停止も 年金新指針で:日本経済新聞


精神障害者ら7.9万人、受給減額・停止も 年金新指針で  :日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG12H3L_S5A211C1CR8000/


小池・増田氏、批判合戦が過熱=鳥越陣営、政党幹部がてこ入れ
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016072700829&g=pol
石原慎太郎元都知事からは「うそつき」などと酷評されたが、演説で「負けない。男性の心ない暴言があるからこそ日本では女性が苦労する。他の国だったら真っ先にアウトな発言だ」と逆手に取った。


香山リカ ‏@rkayama 15時間15時間前
石原慎太郎氏は1977年環境庁長官時代、水俣病患者さんの手紙に「IQの低い人が書いたような字だ」「(患者には)偽患者もいる」と発言しマスコミや患者団体から追求され、患者さんに直接謝罪(写真)。当時はマスコミも人権のために闘っていた。


George Amano ‏@TOKYOMEGAFORCE 8時間8時間前
麻生太郎は病人と老人に対して優生学的な暴言を繰り返しているけれど、ノルウェーで77人殺した人種差別主義者が麻生と日本のファンだったのは、今回の美しい国好きの障害者大量殺人犯と地続きね。
http://www.j-cast.com/2011/07/26102503.html?p=all


元々岡田猫 ‏@yousaymale 2時間2時間前
精神鑑定の結果はどうあれ、容疑者が明白に障碍者差別を犯行の理由だと語ってるのに、首相はじめ政治家から明確な差別反対のメッセージが出ない。なにが「詳細を調査する」だ。ふざけるな。差別や暴力を是認することに、政治的な利益があると思っているからだろう。


小池百合子都知事候補の公式サイトに「東京に核ミサイルを」「核武装を」「急げ軍法会議」「少子化の最大の原因は頼もしい男性が減っていること」、そして子どもの命奪う #小池百合子さんの保育政策は危険です | editor
http://editor.fem.jp/blog/?p=2516
「わが国で米英主導のイラク攻撃を批判する輩こそ、日本の主体性ある外交、防衛を拒否してきた勢力」
雑誌の「東京に米国の核ミサイルを」座談会に参加。
環境相当時、水俣病と認定する「基準の見直しは一切、考えていない」。
生活保護切り下げは「今回の予算で特筆すべき」だと評価(しんぶん赤旗 2013年3月5日付)。


「相模原19人殺し」は安倍晋三一味が原因だった!?|simatyan2のブログ
http://ameblo.jp/usinawaretatoki/entry-12184564272.html


自己責任論者のくせに…
小池百合子さん「五輪予算、私なら、国とか都の予算ではなくて、個人の資産もご協力をお願いする」 - NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2146951092482746601


小池百合子氏:全国最低出生率の東京で子どもを産み育てやすくする政策は「意識改革が一番」「人生の目的を問う」=公的保育・社会保障の充実は東京を危なくするというのが小池百合子氏の政治家としての信念 | editor
http://editor.fem.jp/blog/?p=2564
NHKニュースウォッチ9で小池氏。高齢化対策は「生きがいをどう確保していくのか」


太田光征
posted by 風の人 at 02:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年07月28日

障がい者抹殺思想は相模原事件の容疑者だけじゃない! 石原慎太郎も「安楽死」発言、ネットでは「障がい者不要論」が跋扈

-------- Forwarded Message --------
Subject: [CML 044341] 障がい者抹殺思想は相模原事件の容疑者だけじゃない! 石原慎太郎も「安楽死」発言、ネットでは「障がい者不要論」が跋扈
Date: Thu, 28 Jul 2016 05:29:54 +0900

檜原転石です。

●1988年に、ペンシルベニア大学のロバート・プロクター教授は、ナチス・
ドイツの医学犯罪の実態を描いた本『人種衛生 〈ナチスの医学〉』を刊行した
が、彼はこの本の中で、

最も野蛮な「保健措置」の多くが医者の発案によるものであったこと、その医者
たちは無理やりナチスに協力させられたのではないこと、医者たちはヒトラーに
利用されたのではなく、むしろ率先して事に当たっていたという事実を指摘して
いる。


★ナチスによる政治的に最初の犠牲者は共産主義者、集団殺戮の最初の犠牲者は
障害者。

★ナチスの集団殺戮の被害者は、障害者、ロマ(ジプシー)、ユダヤ人

★傷害を持ったドイツ人のために発明された殺害方法でユダ人も殺害された


▼障がい者抹殺思想は相模原事件の容疑者だけじゃない! 石原慎太郎も「安楽
死」発言、ネットでは「障がい者不要論」が跋扈

2016.07.27.

http://lite-ra.com/2016/07/post-2449.html

 19人もの犠牲者を出し戦後最悪レベルの事態となった、相模原の障がい者施設
での大量殺人事件。

 植松聖容疑者は「障害者なんていなくなればいい」「障害者はすべてを不幸に
する」「障害者には税金がかかる」などと、障がい者を排除するべきという主張
を繰り返していたことがわかっている。

 戦後最悪レベルのとんでもない凶悪な事件だけに、容疑者の異常性に注目が集
まるが、残念ながら容疑者の“弱者を排除すべし”という主張は現在の日本社会に
おいて決して特殊なものではない。


 たとえば、昨年11月に茨城県教育総合会議の席上で教育委員のひとりが「妊娠
初期にもっと(障がいの有無が)わかるようにできないんでしょうか。4カ月以
降になると堕ろせないですから」「(特別支援学級は)ものすごい人数の方が従
事している。県としてもあれは大変な予算だろうと思った」「意識改革しない
と。生まれてきてからでは本当に大変です」などと発言し、さらに橋本昌・茨城
県知事までもが「産むかどうかを判断する機会を得られるのは悪いことではな
い」と擁護・同調するような発言をするという騒動があった。

 教育行政にかかわる人物が公然と「金のかかる障がい児は産むべきではない」
という見解を開陳するなどおぞましいが、それを容認してしまう空気がいまの日
本社会にはある。

 石原慎太郎は、都知事に就任したばかりの1999年9月に障がい者施設を訪れ、
こんな発言をした。
「ああいう人ってのは人格があるのかね」
「絶対よくならない、自分がだれだか分からない、人間として生まれてきたけ
れどああいう障害で、ああいう状況になって……」
「おそらく西洋人なんか切り捨てちゃうんじゃないかと思う」
「ああいう問題って安楽死なんかにつながるんじゃないかという気がする」

 ほとんど植松容疑者の言っていることと大差ない。舛添のセコい問題などよ
り、こういった石原の差別発言のほうがよほど都知事としての資質を疑いたくな
る。しかし、当時この発言を問題視する報道は多少あったものの、そこまで重大
視されることはなく、その後、4期13年にわたって都民は石原を都知事に選び続
けた。

「障がい者は生きていても意味がない」「障がい者は迷惑だ」「障がい者は税金
がかかる」

 これらは基本的にナチスの重度障害者を本当に抹殺していったナチスドイツの
政策のベースになった優生学的思想と同じものだ。

・・・

-----------------
以上、転載

太田光征









































.
.



関連リンク
.







.
.


ケンダル・ジェンナー、スキンケア会社を訴える .


2016.02.13.

.

.
.
.
....



.
.


今度は障がい者差別? ホリエモンは「冷淡な新自由主義者」ではなくたんに頭
が悪いだ... .


2015.08.27.

.

.
.
.
....



.
.


「コレステロールは身体に悪い」は誤解だった! .


PR(カゴメ).

.
.
.
....



.
.


「制服」を愛する男たち〜これが性的倒錯の“ボーダーライン”を超えた衝動 -
健康... .


2016.05.16.

.

.
.
.
....
.
.
.

Recommended by .

.
... .
.
.



人気記事ランキング
.
posted by 風の人 at 15:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年07月25日

小池百合子氏の落選に向けての演説ネタ

悔しいと思う人は動きましょう。選挙運動ではない落選運動と政治運動で市民個人と市民団体は自由に拡声器やチラシなどを使用できます。


RBC THE NEWS「工事再開の高江 きょう1日の動き」2016/07/22 - YouTube
https://youtu.be/6ZS2TYle2tY?t=3m59s
「あたし東京から来たんですけど、東京の人はこのことを何にも知らないんですよ。こうやって作られた日本の上澄みだけを吸って生きているのが東京で、知らないうちに加害者になってて、何かやりきれないですもう。」


2016年参院選向け(国政)演説ネタはこちら
http://unitingforpeace.seesaa.net/article/438772462.html



東京のGDPは94兆円。世界の都市の中で第一位。
東京は若年者の3人に1人が非正規雇用。
都営住宅の新規建設は17年間ゼロ。若者単身者の入居資格なし。
オスプレイ10機を20年までに横田基地に配備する計画。15年までに8回墜落して38人が死亡。

オスプレイ訓練の高江ヘリパッドの建設再開に警視庁の機動隊などを投入。反対派市民に暴力を働く。7月22日事件では市民の救急搬送5件。

-------- Forwarded Message --------
Subject: [CML 044293] 沖縄のテレビ局三社のニュース
Date: Sat, 23 Jul 2016 05:32:04 +0900

高江ヘリパッド着工強行
沖縄のテレビ局3社のニュースは丁寧なつくりです

◆琉球朝日放送による9分11秒のニュース特集
『高江で強制排除始まる』
http://www.qab.co.jp/news/2016072281990.html
書き起こしテキストの末尾に動画があります。

◆RBC琉球放送
「工事再開の高江 きょう1日の動き」5分20秒
http://goo.gl/FKBCa4

◆沖縄テレビ放送ニュース」
「反対する住民を排除 ヘリパッド建設工事を強行」5分3秒
http://otv.co.jp/newstxt/index.cgi?code=20160722181517


【沖縄・高江】女性の首を締める機動隊 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=_GBrJqYhcmk
2016/07/21 に公開
ヘリパッド建設強行に抵抗する女性が機動隊に紐で首を絞められ、このあと泡を吹いて倒れたそうです。しかし、機動隊は放置。女性は救急搬送。

高江の機動隊投入 「暴力団壊滅と同規模」 自民議席失い、政府強行 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-318645.html

きょう高江に機動隊投入 全国から車両集結 米軍ヘリパッド建設 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-318524.html
「抗議行動をしている市民らからの目撃情報によると、警視庁、大阪、福岡、千葉、愛知などの各機動隊車両が北部方面に走行していたり、北部地域のホテルの敷地内に駐車していたりするのが確認された。」

【沖縄・高江】大変です!警察がひき逃げか?逃げ去る7/21 19pm【高江からなので電波状況悪いです】 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=N58VnQzOhD4

田中龍作ジャーナル | 【沖縄・高江発】警察が反対派市民をひき逃げ
http://tanakaryusaku.jp/2016/07/00014077

都県の機動隊が税金を使って外国の軍隊の基地建設を 「防衛」
[CML 044288] 福岡県警本部前抗議行動
http://list.jca.apc.org/public/cml/2016-July/044391.html

【高江】福岡県警による県道70号線の検問 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=NxqBR6ulygg


小池ゆりこ 東京都知事選特設ページ
https://www.yuriko.or.jp/senkyo/seisaku/
小池百合子氏、自民政治を何ら反省せず自民政治の産物である都政を改革の茶番。
格差貧困を拡大してきた自公政治はそのままに、「保育ママ・保育オバ・子供食堂などを活用して地域の育児支援態勢を促進する」。
国際金融特区や税優遇を活用。国政そのまんま。→国政批判をそのまま適用可能。
多様性を主張するもヘイトスピーチには言及なし。
イラク戦争礼賛でイスラム国を誕生させ「新たなテロへの脅威に備える」。


【声明】安保法制に強く反対し、撤回を求めるため、私たちひとりひとりが行動することを呼びかけます。 | イラク戦争の検証を求めるネットワーク
http://www.iraqwarinquiry.net/#!%E3%80%90%E5%A3%B0%E6%98%8E%E3%80%91%E5%AE%89%E4%BF%9D%E6%B3%95%E5%88%B6%E3%81%AB%E5%BC%B7%E3%81%8F%E5%8F%8D%E5%AF%BE%E3%81%97%E3%80%81%E6%92%A4%E5%9B%9E%E3%82%92%E6%B1%82%E3%82%81%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%80%81%E7%A7%81%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%82%8A%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%82%8A%E3%81%8C%E8%A1%8C%E5%8B%95%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8%E3%82%92%E5%91%BC%E3%81%B3%E3%81%8B%E3%81%91%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82/co2i/5583117a0cf27a6b7454e5b0
イラクやシリアでは対テロ戦争による混乱の中、ISIL(いわゆる「イスラム国」)が台頭しました。その中心メンバーはイラク戦争でその地位を追われたサダム政権の軍人たちです。英紙「ガーディアン」のインタビューに応じたISILの幹部は「ISIL指導者バグダディは米兵による捕虜虐待が横行していたイラク南部のブッカ刑務所でその過激思想を培った」と語り、「米軍の刑務所がなければISILは誕生しなかった」とまで述べています。


小池百合子氏の正体=「社会保障が日本を危なくする」と言い侵略戦争肯定で1ミリの領土のため国民の血流す改憲めざしヘイトスピーチ連発の極右政治家、辺野古基地反対の沖縄を蔑視、夫婦別姓反対、女性は自助の精神養え | editor
http://editor.fem.jp/blog/?p=2530
●小池百合子 認証済みアカウント
‏@ecoyuri
夫婦別姓法案 今国会に提出したい考え強調 千葉法務大臣「覚悟を決めて、ぜひやりたい」(NHK)  「覚悟」って、国民新党を連立から切り離す決意でしょうか? 私は別姓に反対です。社会保障番号制を整備し、出戻り女性の社会的位置づけを保全すべきでしょう。
●金子勝@masaru_kaneko
【小池の国会活動】小池百合子氏は子育て・介護と言葉を並べているが、彼女の国会発言をみると、元沖縄担当相、元防衛大臣として軍事、基地、原発でうまっており、安保軍事オタク、原発推進オタクの小池百合子氏の本質がよくみえてくる。実は怖い人。なるほど、ネトウヨたちが応援するわけだ。
●はるみ @harumi19762015
小池百合子さんは保育園問題を盛んにアピールしているようですが、保育園落ちたの私だスタンディングにもいらっしゃらなかったし、その後行われた超党派の院内集会にも本人も秘書さんもいらっしゃいませんでした。
あの集会に顔を見せなかったのは自民党とおおさか維新だけです。
●たみやたかのり @tamymita
小池百合子さんは女性を強調してるけど、保育所の広さなどの規制緩和、保育オバ(何それ?)の活用など、公約内容はオッサン政治。議員生活24年と長いのに議事録検索でも保育園に関わる発言はヒットしない。出馬表明後あわてて視察し、まさかの規制緩和を公約#小池百合子さんの保育政策は危険です
●AEQUITAS /エキタス @aequitas1500
#小池百合子 は #親学 を信じてて、その議連メンバーなんだって。子供の発達障害は「日本の伝統的な子育てをしないから」…。こんな差別や偏見を助長するトンデモ科学を信奉してる #小池百合子はヤバい 教育に関わらせたら子供がかわいそう… pic.twitter.com/2iGXVFARI1
●「田母神さんは部下の統率力があり、非常に優秀な将官です」(『正論』2009年1月号)


小池百合子氏は保育園の規制緩和を公約。
規制緩和で認可外保育施設の子どもの死亡事故発生率は認可保育所の45倍(厚労省「保育施設における事故報告集計」(2014年))。
http://editor.fem.jp/blog/?p=1801


女性の味方の小池百合子氏。細川護煕のネクタイを選び、小沢一郎の洋服を選び、小泉純一郎の弁当を作る。「寄生する権力者が国政にいなくなったから都知事に乗り換えた」だけ。
http://lite-ra.com/2016/07/post-2436_4.html


小池百合子都知事候補の公式サイトに「東京に核ミサイルを」「核武装を」「急げ軍法会議」「少子化の最大の原因は頼もしい男性が減っていること」、そして子どもの命奪う #小池百合子さんの保育政策は危険です | editor
http://editor.fem.jp/blog/?p=2516
「わが国で米英主導のイラク攻撃を批判する輩こそ、日本の主体性ある外交、防衛を拒否してきた勢力」
雑誌の「東京に米国の核ミサイルを」座談会に参加。
環境相当時、水俣病と認定する「基準の見直しは一切、考えていない」。
生活保護切り下げは「今回の予算で特筆すべき」だと評価(しんぶん赤旗 2013年3月5日付)。


有権者の勘違い:日本の生活保護受給率は1.6%、ドイツは9.7%(2010年、日弁連資料)。低所所得者層が生活保護バッシングする前に、派遣労働の拡大で格差貧困を広げた自公政治をまず批判すべき。
お寒い日本の行政:パリでは冬季、地下鉄をホームレスに開放して凍死を防ぐ。日本では2013年暮れ、渋谷の公園からホームレスを追い出して布団を使えなくする。


イスラム国(IS)による数々のテロの原因は、ISを生み出したイラク戦争と、ISに敵対する対テロ戦争に日本が参加すると安倍首相が表明したから。イラク戦争を支持する小池百合子氏、東京五輪を仕切ればテロを誘因。


東京五輪、有権者は「テロ対策」に高い関心 : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
http://www.yomiuri.co.jp/election/local/20160724-OYT1T50032.html


小池百合子はアメリカから帰って来るな!: きっこのブログ
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2007/08/post_a9fc.html
小池百合子の売国奴っぷりと言えば、コイズミ内閣時代に環境大臣だった時に、沖縄にアメリカ軍の殺人基地を作らせるために、ジュゴンを「国内希少野生動植物」に指定しないようにと薄汚い根回しをしたり、沖縄担当大臣になってからは、沖縄の人たちの思いを代弁する沖縄のマスコミに対して、「沖縄のマスコミは超理想主義。理想は高いが現実と遊離している。反米、反イスラエルで、それ以外は出てこない」って2時間にも渡って侮辱し続けたりしたことでもオナジミだけど、とにかく、アメリカにゴマスリすることしか考えていない。


小池百合子の本性は“極右ヘイト”だ! 朝鮮人虐殺を扇動する在特会系団体との関係も発覚、知事になったら東京はヘイト天国に|LITERA/リテラ
http://lite-ra.com/2016/07/post-2433.html
とくに看過できないのが、在日コリアンの虐殺まで扇動するヘイト市民団体「在特会」(在日特権を許さない市民の会)との関係だ。小池氏は2010年に、在特会の関連団体である「そよ風」主催、在特会女性部協賛の集会で講演を行っている。
しかも、ヘイト勢力との関係はこれだけではない。たとえば、この選挙期間中には、ヘイト市民団体「しきしま会」がツイッターで小池氏の選挙ビラに証紙を貼る作業をしている場面をアップしていた。このしきしま会は、先日も熊本大地震に際して在日コリアンへの差別扇動デマを垂れ流すなど、悪質なヘイト行為を繰り返している団体だ。
そしてなにより小池氏自身、その言動の差別性が問題視されている。沖縄に駐留していた元米兵を父に持つ沖縄選出の衆議院議員、生活の党と山本太郎となかまたち・玉城デニー氏は16日、自身のツイッターで小池氏から差別発言を受けたことをこのように明かした。
〈そういえば思い出した。特定秘密保護法を審議していた委員会。法案の中身について法案の危険性を危惧する国民からのfaxを示して追及していた玉城の背後から女性の声で「日本語読めるんですか?分かるんですか?」と呟く声がした。質問を終えて振り返ると今をお騒がせの女性都知事候補その人だった。〉
19日には、歴史修正主義やトンデモ教育の実働部隊である「新しい歴史教科書をつくる会」が小池氏の支持を表明。
実際、小池氏は01年に組織された超党派議連「歴史教科書問題を考える会」の役員を務め、右派の歴史修正の片棒を担いできた。この議連は「つくる会」系の教科書採択をサポートする目的で設立され、文科省に圧力をかけて“南京大虐殺はなかった”という記述を記載せよと強要するなど、ゴリゴリの歴史修正主義者の巣窟だ。


ヘイト市民団体「しきしま会」がツイッターで小池氏の選挙ビラに証紙を貼る作業をしている場面
https://twitter.com/kongyouguai/status/754723974668365824


小池都知事候補“改憲右翼隠し”/「日本会議」系議連の役職「横顔」に明記せず
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-07-23/2016072302_02_1.html
小池氏は、「日本会議」とともに行動してきた議連「日本会議国会議員懇談会」の副幹事長や副会長を歴任してきました。


1995年、当時の「参院のドン」村上正邦自民党参院議員のネクタイを締め上げ、侵略を認める「戦後50年決議」を参院で葬り去った右派団体が日本会議。第3次安倍改造内閣の8割が日本会議国会議員懇談会に加盟。


仰天!小池百合子氏が幸福実現党と共闘宣言: きっこのブログ
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2009/08/post-2861.html
2009年衆院選で<幸福実現党の泉聡彦氏は、幸福実現党の比例東京ブロックで出馬するドクター中松氏の「ミサイルUターン技術(北朝鮮から日本に向けて発射されたミサイルをUターンさせて北朝鮮を爆破させる発明)」について熱く語り、「小池さんはミサイルUターン技術にも理解を示されております」と続け、集まった聴衆や取材陣を驚かせた。>


太田光征
posted by 風の人 at 19:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年07月23日

【2016年7月22日】沖縄のテレビ局三社のニュース

-------- Forwarded Message --------
Subject: [CML 044293] 沖縄のテレビ局三社のニュース
Date: Sat, 23 Jul 2016 05:32:04 +0900

高江ヘリパッド着工強行
沖縄のテレビ局3社のニュースは丁寧なつくりです

◆琉球朝日放送による9分11秒のニュース特集
『高江で強制排除始まる』
http://www.qab.co.jp/news/2016072281990.html
書き起こしテキストの末尾に動画があります。

◆RBC琉球放送
「工事再開の高江 きょう1日の動き」5分20秒
http://goo.gl/FKBCa4

◆沖縄テレビ放送ニュース」
「反対する住民を排除 ヘリパッド建設工事を強行」5分3秒
http://otv.co.jp/newstxt/index.cgi?code=20160722181517

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 10:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

沖縄・高江:米軍ヘリパッド建設に反対の市民を警察がひき逃げ

特に都民には機動隊を高江に投入する新都知事を選ぶのかどうかが問われています。


高江の機動隊投入 「暴力団壊滅と同規模」 自民議席失い、政府強行 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-318645.html

きょう高江に機動隊投入 全国から車両集結 米軍ヘリパッド建設 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-318524.html
「抗議行動をしている市民らからの目撃情報によると、警視庁、大阪、福岡、千葉、愛知などの各機動隊車両が北部方面に走行していたり、北部地域のホテルの敷地内に駐車していたりするのが確認された。」

【沖縄・高江】大変です!警察がひき逃げか?逃げ去る7/21 19pm【高江からなので電波状況悪いです】 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=N58VnQzOhD4

田中龍作ジャーナル | 【沖縄・高江発】警察が反対派市民をひき逃げ
http://tanakaryusaku.jp/2016/07/00014077

都県の機動隊が税金を使って外国の軍隊の基地建設を 「防衛」
[CML 044288] 福岡県警本部前抗議行動
http://list.jca.apc.org/public/cml/2016-July/044391.html

【高江】福岡県警による県道70号線の検問 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=NxqBR6ulygg


太田光征
posted by 風の人 at 10:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

沖縄で外国軍隊の基地建設を防衛:福岡県警本部前抗議行動

-------- Forwarded Message --------
Subject: [CML 044288] 福岡県警本部前抗議行動
Date: Fri, 22 Jul 2016 23:16:41 +0900

 坂井貴司です。
 転送・転載歓迎。
 
 特定秘密保護法、福島第一原発事故、そして安保法制強行成立に対して、多く
人々が政治的意識に目覚め、街頭に躍り出て活動するようになりました。
 福岡市でも10年前には考えられなかった多くの街頭行動が行われるようにな
りました。

 新たに福岡市で街頭行動がスタートしました。
 今日7月22日から始まった、毎週金曜日16時から17時まで、福岡県庁隣
にある福岡県警本部前での抗議行動です。

 現在、在日アメリカ軍のヘリパッド建設工事が沖縄の高江で進められています。
村を守るために座り込みをしている高江地区の住民を、福岡県警機動隊が全国か
ら派遣された警察部隊と一緒に暴力的に排除しています。
 福岡県民の生命財産、安心安全を守るために設置されている福岡絵県警機動隊
が、はるか1000キロも離れた沖縄に送り込まれ、外国の軍隊の基地建設を
「防衛」しています。こんなことが許されていいのでしょうか!
 福岡県警と福岡県知事は、納税者である福岡県民には一切説明をすることなく
沖縄に機動隊を派遣しました。

 今日7月22日に福岡県警本部前に集結した参加者たちは、沖縄から福岡機動
隊を撤収させるまで、毎週金曜日の16時から17時まで抗議行動を継続するこ
とで一致しました。

 皆様の参加をお願いします。
 福岡から沖縄に連帯するために。
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko@ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
 
-----------------
以上、転載

太田光征 
posted by 風の人 at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年07月09日

2016年参院選:「身を切る改革」と言いながら、みんなの党の解散時に政党交付金を国庫に返さなかった水野賢一氏(千葉県選挙区)と渡辺喜美氏(おおさか維新)。

皆さん

拡散をよろしくお願いします。

https://twitter.com/mitsu_ohta/status/751705122896392196

2016年参院選。「身を切る改革」と言いながら、みんなの党の解散時に政党交付金を国庫に返さなかった水野賢一氏(千葉県選挙区)と渡辺喜美氏(おおさか維新)。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-07-06/2016070614_03_1.html
http://mizunokenichi.com/2012/03/


千葉県市民オンブズマン連絡会議
http://www.geocities.jp/ombudschibaken/
【参議院議員水野氏らを政党助成金流用で告発】
3月24日千葉県市民オンブズマン連絡会議は参議院議員の水野氏らを千葉検察庁へ告発しました、告発状は受理されました。みんなの党解散にともない国庫へ返納すべき政党助成金を流用した事件です。


3月 | 2012 | 参議院議員 水野けんいち(千葉県選出・民進党)公式サイト
http://mizunokenichi.com/2012/03/
「増税を言う前にまず税金から給料を貰っている人たち、つまり議員であれ公務員であれ、身を削るのが当然だと思うんですね。」


おおさか維新の会 “身を切る改革”いうが…/政党助成金 廃止いわない
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-07-06/2016070614_03_1.html
渡辺喜美氏:
 同氏が支部長を務めた「みんなの党栃木県総支部」の政党交付金使途等報告書(14年)によると、同党本部から1年間に5548万円もの政党助成金を受け取っています。
 このうち、2000万円の日付は、みんなの党が両院議員総会で解党を決めた翌翌日の14年11月21日。同党が解党した同月28日には、1322万343円を、みずからの資金管理団体「温故知新の会」に寄付しています。残高はわずか5円。政党助成金は、解党すれば、国庫に返納すべきなのに、しっかりと自分の“金庫”に資金移動したかっこうです。



週刊金曜日の書籍によれば、参院選千葉選挙区に立候補している水野賢一氏は、悪名高い右翼団体・日本会議の「国会議員懇談会」の名簿に載っています。水野氏はみんなの党解散にともない国庫へ返納すべき政党助成金を流用した事件で告発された議員です。http://www.geocities.jp/ombudschibaken/


太田光征
posted by 風の人 at 18:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年07月08日

韓国・民主労総委員長への重刑判決に抗議する ( 民主労総の声明 )

Subject: [CML 044076] ●韓国・民主労総委員長への重刑判決に抗議する ( 民主労総の声明 )
Date: Fri, 8 Jul 2016 01:39:17 +0900 (JST)

日韓ネット@渡辺です。

昨年、朴槿恵政権の反民衆・強権政治に反対して13万人が決起した11・14民衆総決起大
会などの「不法集会を主導した」として逮捕・起訴されていた全国民主労働組合総連盟
のハン・サンギュン委員長に対して、7月4日、ソウル地裁は不当にも懲役5年の重刑判
決を下しました。

全斗煥軍事独裁政権を打倒した1987年の6月民衆抗争・労働者大闘争後で、大規模集会
主催者に加えられた最も重い刑です。

統合進歩党の強制解散、そして今回のハン・サンギュン民主労総委員長への重刑攻撃な
ど労働運動・民衆運動に対する数々の弾圧に国際的な抗議の声を挙げていきましょう。

民主労総の抗議声明を日韓ネットのブログにアップしましたのでお立ち寄りください。
http://nikkan-net.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/post-b856.html

**************************************************
 日韓民衆連帯全国ネットワーク
 公式ブログ http://nikkan-net.cocolog-nifty.com/
**************************************************

以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 09:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年07月07日

ダッカ・テロ事件

ダッカ・テロ事件の背景をNHKが一部取り上げています。私は被害者のお仕事を非難するつもりはありませんが、この機会にODAやJICA事業の負の側面も直視すべきだと考えます。関連情報をまとめてお知らせします。

太田光征


なぜ7人の日本人が 〜ダッカ・テロ事件の深層〜 | NHK クローズアップ現代
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3832/2.html
●2015年10月にバングラデシュで星邦男さんを殺害した自称イスラム国の声明「イスラム国と敵対する有志連合の国の市民を標的にした。それは異教徒の日本人だ」。
●保坂修司さん(日本エネルギー経済研究所 研究理事)「2015年以降、ISの名の下に、頻繁にバングラデシュ国内ではテロが起きている」。
●ISの機関誌「ISを支持するのは、バングラデシュのイスラム教徒の責任」。


ダッカテロは偶然か? 安倍政権の搾取的ODA政策が在留邦人やJICAのテロ標的の危険性を増大させている! |LITERA/リテラ
http://lite-ra.com/i/2016/07/post-2391-entry.html
安倍政権のODA政策は、他国軍支援を容認、日本の大企業への利益還元を優先、つまり支配者層への支援。菅義偉官房長官は事件発生後の選挙演説で人質事件に一切触れず、安倍首相の代わりに北海道で選挙演説した高村正彦副総裁は「(安倍首相が来ることができず)アイアムソーリ(すみません)、アイムノットソーリ(総理ではありませんが)」。


親日国のバングラデシュをテロに走らせた“2人の戦犯” | 日刊ゲンダイDIGITAL
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/185009/1
「安倍首相と二人三脚で“軍事化”に向けて突っ走ってきた結果が今回の悲劇を招いている状況をどう思っているのか」。


JICAの「プロサバンナ」事業はモザンビークの農民を貧しくする? NGOが現地調査報告会
http://dev-media.blogspot.jp/2013/11/jicango.html
事前協議では「プロジェクトの実施後も、主食のメイズとキャッサバは栽培できる」との約束だった。ところがその約束は守られず、新しい農地では市場販売や輸出に適した綿花や大豆が中心に栽培されているのが現実だ。


アフリカと日本のNGO、モザンビークでJICAが推進する農業開発は「土地収奪だ」
http://dev-media.blogspot.jp/2013/06/ngojica.html
モザンビーク全国農民連盟(UNAC)のビセンテ・アドリアーノ事務局長「プロサバンナの開発規模は1000万ヘクタールにも及び、400万人以上の農民に、立ち退きなどの悪影響を与えている。この事業は、モザンビークの小農に対する抑圧、迫害につながっている」「日本の食料安全保障は達成できるかもしれない。だが、モザンビークの農民のためにはなっていない。政府開発援助(ODA)を使った日本の利益追求はやめるべきだ」


JICAのプロサバンナ事業を船田クラーセンさやか准教授が批判、「小農から土地を奪う」
http://dev-media.blogspot.jp/2013/04/jica.html
南南協力の成功例としてJICAが大々的にPRしている「セラード農業開発協力事業」(プロデセール):ブラジルを農業大国に押し上げたその陰で、数千人の先住民が土地を奪われた事実はあまり知られていない。セラードではその後、農民らが土地闘争を展開したが、当時の軍事独裁政権は彼らの訴えを無視した。


【声明】安保法制に強く反対し、撤回を求めるため、私たちひとりひとりが行動することを呼びかけます。 | イラク戦争の検証を求めるネットワーク
http://www.iraqwarinquiry.net/#!%E3%80%90%E5%A3%B0%E6%98%8E%E3%80%91%E5%AE%89%E4%BF%9D%E6%B3%95%E5%88%B6%E3%81%AB%E5%BC%B7%E3%81%8F%E5%8F%8D%E5%AF%BE%E3%81%97%E3%80%81%E6%92%A4%E5%9B%9E%E3%82%92%E6%B1%82%E3%82%81%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%80%81%E7%A7%81%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%82%8A%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%82%8A%E3%81%8C%E8%A1%8C%E5%8B%95%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8%E3%82%92%E5%91%BC%E3%81%B3%E3%81%8B%E3%81%91%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82/co2i/5583117a0cf27a6b7454e5b0
イラクやシリアでは対テロ戦争による混乱の中、ISIL(いわゆる「イスラム国」)が台頭しました。その中心メンバーはイラク戦争でその地位を追われたサダム政権の軍人たちです。英紙「ガーディアン」のインタビューに応じたISILの幹部は「ISIL指導者バグダディは米兵による捕虜虐待が横行していたイラク南部のブッカ刑務所でその過激思想を培った」と語り、「米軍の刑務所がなければISILは誕生しなかった」とまで述べています。


経済戦争しながら自衛隊で「国際平和に貢献」:
富裕層・大企業の税逃れの手口=タックスヘイブンで貧困層から富奪い深刻な財政赤字のツケは庶民へ、ドラッグ・人身売買・臓器販売・マネーロンダリングなど犯罪の温床となるタックスヘイブン | editor
http://editor.fem.jp/blog/?p=732
●途上国からタックスヘイブンに流出する富は、先進国から途上国に対するODA(政府開発援助)より何倍も多い。
●アフリカでは1980年から2009年までの30年間でGDPに相当する富がタックスヘイブンに流出。債権国のはずが負債国に。
●ガーナの歳入全体に占める割合は法人税が7%、付加価値税が17%で、外国から借金。
posted by 風の人 at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

イラク戦争:反省しない自民・公明と反省する英国

米国がまたイラク戦争のような戦争を起こせば、安保関連法を適用するのが自民・公明。

【徹底討論】平和?戦争?安保法案「憲法違反の安倍首相を許すのか?!」(田原 総一朗・青木理) - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=F8yq_Dh99RI
14:50 公明党の北川一雄氏と話した青木理氏「2003年のイラク戦争の時にもし今回の法律(安保関連法)があったら日本は当然、後方支援(兵站)しなくちゃいけないでしょうといったら、彼はイエスでした」


「誤ったインテリジェンスで参戦」ブレア政権の判断を正当化できず 英独立調査委、イラク参戦の経緯を検証 - 産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/160706/wor1607060044-n1.html

イラク戦争支持「対米追随外交だった」 山崎拓さん語る:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASJ6X6HWRJ6XUTIL061.html


太田光征
posted by 風の人 at 20:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年07月03日

第86回草の実アカデミー「朝日新聞は謝るな?原発「吉田調書報道」に見るジャーナリズムの危機

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【草の実アカデミー・メルマガ】第136号
2016年7月3日(日)発行
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【草の実アカデミー・メルマガ】は、「草の実アカデミー」が発行する
不定期のメールマガジンです。毎月の講演会の案内や報告、これまでの
講師の動向などをお伝えします。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
【目次】
■第86回草の実アカデミー
「朝日新聞は謝るな〜原発「吉田調書報道」に見るジャーナリズムの危機
講師 岡本達思氏(原発「吉田調書」報道を考える読者の会 共同代表)

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
最近、大声で騒がれたりすると、すぐに謝ってしまうメディアは少なくない。前回の草の実アカデミーでも取り上げたように、有田芳生参議院議員の圧力に対し簡単にお詫び文を載せてしまった「週刊金曜日」の例もある。

今回のテーマは、原発の吉田調書をめぐる報道に対するバッシングに対して謝罪してしまった朝日新聞の問題を考える。講師は、原発「吉田調書」報道を考える読者の会 共同代表の岡本達思氏。以下、岡本氏
から寄せられた文書である。

【誤報じゃないのになぜ取り消したのか?―原発「吉田調書」報道をめぐる朝日新聞の矛盾 私たちが朝日新聞に公開質問状を叩き付けた理由(わけ)】

2014年5月20日の朝日新聞が伝えた原発「吉田調書」報道は、それまで東電や政府が決して公表しなかった情報を白日の元にさらし、今後の原発再稼働に一石を投じる重要な報道であった。

しかし、その報道は、一部ジャーナリストの誤報という指摘をキッカケに、週刊誌や新聞など大手メディアのほとんどが誤報キャンペーンを繰りひろげ、朝日新聞社バッシングに便乗し始めたのである。

そして、朝日新聞社までもが、それに抗することもせずに、取材を担当した調査報道部の記者に反論の余地も与えないままに、お詫びの記者会見を開き、原発「吉田調書」報道を全面取り消すことを発表し、全面謝罪記事を掲載した。

こうした朝日新聞社による原発「吉田調書」報道を取り消した行為は、市民の知る権利の剥奪にもつながるジャーナリズムの危機であると感じた私たちは、<原発「吉田調書」報道を考える読者の会>を発足させ、原発「吉田調書」報道の検証とともにこの間の朝日新聞社の行動を徹底調査し、翌2015年4月13日に朝日新聞社経営陣に公開質問状を送りつけた。

さらに、朝日新聞社内の第三者委員会として設置された<報道と人権委員会>や、朝日新聞社報道に関して社外の声を反映させる仕組みとして設置された<パブリック・エディター>にも、同様な質問状を送付した。しかし、朝日新聞社はまるで箝口令を敷いたかのように一切の質問に真摯に答えようとせず、今日に至っている。

本来なら、ジャーナリズムがこぞってこの問題に対し、その報道内容および経緯をしっかり検証する中で、自由に論議を交わし合い、ジャーナリストの役割を再確認し合うべきなのに、メディアはそれをせずに、ただただ時の政府権力の回し者に成り下がっている。

私たちは、今後も引き続き本テーマを通して、権力の監視役としてのジャーナリズムの機能の復権をめざすために、活動を続けていきたいと考えている。

【岡本達思氏プロフィール】
・1950年東京都板橋区生まれ。1969年に獣医師を目指し日本大学農獣医学部獣医学科入学するが、日大闘争はもとより70年安保や三里塚等、政治活動に傾倒し、逮捕・起訴となり、拘留・裁判・有罪確定を理由に退学処分を受ける。
・ 1971年に、日本初のプロ写真家専用ラボの「株式会社光芸社」に入社し、ルートセールスと暗室見習いとして働く傍ら、日本エディタースクール夜間部で学ぶ。1972年にはユージン・スミスの写真展「ミナマタ」のパネルプリント制作スタッフに加わる。
・1973年にマリンスポーツ専門誌「Boat & Yacht」の編集部に入り、フォトグラファーとして国内外で開催するヨットやボート、ダイビング、サーフィン、カヌーイング等マリンスポーツ・イベントの撮影をする・・・・。
※つづきのプロフィールは、7月16日講演会当日に資料としてお渡しします。


■第86回草の実アカデミー
「朝日新聞は謝るな〜原発「吉田調書報道」とジャーナリズムの危機
講師 岡本達思氏(原発「吉田調書」報道を考える読者の会 共同代表)

日時:7月16日(土)13:30開場14:00開始 16:45終了
場所:雑司が谷地域文化創造館第3会議室
東京都豊島区雑司が谷3丁目1−7
http://www.toshima-mirai.jp/center/e_zoshigaya/
交通:JR山手線「目白駅10分」、東京メトロ副都心線「雑司ヶ谷駅」の上
資料代:500円
主催:草の実アカデミー(公益社団法人マスコミ世論研究所)
http://kusanomi.cocolog-nifty.com/

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■【動画報告】第85回草の実アカデミー
「刑事訴訟法・盗聴法の大改悪はなぜ成立したのか」
講師 山口正紀氏(ジャーナリスト・「人権と報道・連絡会」世話人・元読売新聞記者)






憲法改正にも匹敵し、刑事司法を抜本から変えてしまう刑事訴訟法の大改悪と通信傍受法の改悪(盗聴自由化)が5月19日の参院法務委員会で可決、5月24日の衆院本会議で可決・成立しました。

治安維持法への道を開き、秘密保護法以上の危険な法案の中身を把握し、これまでのプロセスをたどり、なぜ成立してしまったのかをジャーナリストで「人権と報道・連絡会」世話人の山口正紀氏が解説しました。

つづいて、刑法学者の足立昌勝氏(関東学院大学名誉教授)が補足し、先の参院法務委員会の動きを批判。3番目に私(林克明)が、足立氏の話を受けて、野党筆頭理事の有田芳夫議員(民進)らと与党筆頭理事の西田昌司議員(自民)らとお互いにヘイト対策法(自民党案)と刑訴法等「改正」を成立させると取引して事を進めたと指摘しました。

その動画報告です。林克明
(1) 山口正紀氏https://www.youtube.com/watch?v=NtJ05cqLono
(2) 足立昌勝氏https://www.youtube.com/watch?v=fsIgqHe8N3Q
(3) 林克明https://www.youtube.com/watch?v=mzpncFE7Di4

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■「あの戦場体験を語り継ぐ集い〜語らずに死ねるか! 平均年齢90歳以上」
日時:9月4日(日)13時から(12時開場) 大阪市中之島公会堂
主催:公益社団法人「マスコミ世論研究所」・戦場体験放映保存の会
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
【草の実アカデミーの書籍】
「秘密保護法――社会はどう変わるのか」集英社新書700円プラス税
http://shinsho.shueisha.co.jp/kikan/0761-a/

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
草の実アカデミー
ブログhttp://kusanomi.cocolog-nifty.com/blog/
E-mail kusanomi@notnet.jp
**************************************

以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 19:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

英シンクタンクの安全ランキングで日本は22位

英シンクタンクの安全ランキングで日本は22位。このランキングは冷静に軍事リスクより自然災害リスクによる影響が大きいと判断しているのでしょう。

低い世界水準のままに日本を固定する「自公政権の安定」はたまったものではありません。



日本は「世界で最も安全な国ランキング」で22位。治安がいいのに、なぜ低い? (週刊SPA!)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160701-01117355-sspa-soci
日本は、英シンクタンクのレガタム研究所が発表した「繁栄指数」の「安全ランキング」で22位。北朝鮮や中国と対峙している韓国や台湾より低い。上位にはテロの不安が高まっているヨーロッパ諸国が並んでいる。

国連の幸福度ランキング:デンマークが世界一幸福な国http://wired.jp/2016/03/18/un-world-happiness-equality/
日本は53位、2013年の43位から後退。

世界で最も時給(最低賃金)が高い国ランキング。日本は何位?
http://www.ikeda.asia/2015/09/top10wage.html
日本は13位(時給5.52ドル、662円)。アメリカや韓国よりも低い。主要先進国G7の中で日本は下から2番目。

米カリフォルニア州、時給15ドル(約1700円)の最低賃金を目指す。州知事「経済的正義の問題」。

主要先進国中、相対的貧困率は日本が米国に次いで第二位。

日本の大企業・富裕層はタックスヘイブンで世界第2位の巨額な税逃れ、庶民には消費税増税と社会保障削減
http://editor.fem.jp/blog/?p=675
英国市民は無税のスターバックスの店舗の前に座り込んで怒りを爆発。
アメリカの法人税率は35%であるのに、アップル実質2%以下の税率。
タックスヘイブン全体で最低21兆ドル、最高32兆ドルの資産(英市民運動団体タックス・ジャスティス・ネットワーク)

富裕層・大企業の税逃れの手口=タックスヘイブンで貧困層から富奪い深刻な財政赤字のツケは庶民へ、ドラッグ・人身売買・臓器販売・マネーロンダリングなど犯罪の温床となるタックスヘイブン | editor
http://editor.fem.jp/blog/?p=732
超富裕者の数は日本がアメリカに次いで世界2位。

先進31カ国で日本の子どもの物質的豊かさは21位(2013年)
先進国における子どもの幸福度 - 日本ユニセフ協会
https://www.unicef.or.jp/library/pdf/labo_rc11ja.pdf

高齢者の「貧困率が高い国」 1位韓国、2位オーストラリア、3位米国、日本4位(2015年OECD)
http://forbesjapan.com/articles/detail/10540

図録▽介護労働者の国際比較
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2062.html
日本の施設介護の労働者はOECD諸国の中で最低レベル

日本の年金制度は25カ国中23位、中国の22位より下(マーサー「グローバル年金指数ランキング(2015年度)」)

有権者の勘違い:日本の生活保護受給率は1.6%、ドイツは9.7%(2010年、日弁連資料)。低所所得者層が生活保護バッシングする前に、派遣労働の拡大で格差貧困を広げた自公政治をまず批判すべき。

絆:パリでは冬季、地下鉄をホームレスに開放して凍死を防ぐ。日本では2013年暮れ、渋谷の公園からホームレスを追い出して布団を使えなくする。

人道:日本政府は難民の受け入れに消極的で、2011年の紛争開始後から2015年まで、シリア難民として認めたのはわずか3人。

日本の公的教育予算のGDPに占める割合はOECD加盟34カ国中で最下位。
http://www.asahi.com/articles/ASHCS4PSXHCSUTIL03G.html

日本の女性国会議員比率は、OECD加盟34カ国中で最下位。

日本より人口の少ないドイツの下院定数は598人、日本の衆院定数は475人。世界的に少ない議員定数。真の無駄を減らせる議員まで減らしてしまう議員定数削減。溜飲を下げても政治はよくならない。

世界一高い政党交付金(年320億円)で政党を甘やかし、世界一高い選挙供託金(比例区で600万円、選挙区で300万円)で低所得層に立候補させない。

1925年の男子普通選挙法と抱き合わせで世界に例をみない選挙規制(高額選挙供託金、個別訪問の禁止、自由なチラシ配布の禁止など)が導入され、一世紀近くも。普通選挙が実現せず制限選挙のまま。

日本の天然ガス(LNG)輸入価格は世界一高い(2014年)
http://www.energy-forum.co.jp/eccube/html/user_data/clm_ishii.php?num=255


太田光征
posted by 風の人 at 11:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

安倍首相では国民の命を守れない

二重の意味で悲痛であると思います。

ダッカ人質テロ 「私は日本人、撃たないで」店外に響いた悲痛な叫び :イザ!
http://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/160702/wor16070220540059-n2.html

後藤健二さん、湯川春菜さんという日本人2人を殺害したイスラム国が日本人全員を標的にすると宣言した理由は安倍首相の発言。
2人救出の申し出をけり、3.11前に原発電源対策不備の指摘を無視、広島土砂災害時にゴルフ、関東大雪時に天ぷら、茨城水害時に右翼団体のテレビに生出演、安田純平氏は無視、熊本地震で緊急対策本部を立ち上げない首相。国のために死ねるかの質問にもまともに答えない(http://goo.gl/QlaVc9)。改憲で国会/人権停止の緊急事態権限だけはほしいという。<北海道補選前>には熊本視察、<参院選中>のダッカ人質事件には「専念」。
大震災の被害は兆円レベル、5兆円超の防衛省予算のうち自然災害対策は1%。


太田光征
posted by 風の人 at 10:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年06月29日

Fwd: 朝鮮外務省インタビュー記事

-------- Forwarded Message --------
Subject: [CML 043963] 朝鮮外務省インタビュー記事
Date: Wed, 29 Jun 2016 22:09:29 +0900

伊藤孝司です。いくつかのメーリングリストと友人・知人にお送りします。[転載歓迎]


『週刊金曜日』2016年7月1日号(同日発売)に、「『特別調査委員会』を解体させた朝鮮外務省に単独取材 日本人埋葬地の“開発”再開で収容困難に」と題した記事を掲載します。外務省日本担当者に今後の日朝関係について聞いており、重要な事実が明らかになりました。



==============================
「伊藤孝司の仕事」 http://www.jca.apc.org/~earth/
「Message to the Future」 http://www.jca.apc.org/~earth/messagetop.htm
「ヒロシマ・ピョンヤン」 http://www.jca.apc.org/~earth/iinkai.html
==============================

以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年06月28日

福島県住宅無償提供打ち切り 米沢で撤回請願

福島県住宅無償提供打ち切り 米沢で撤回請願 | 河北新報オンラインニュース
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201606/20160622_71053.html

太田光征
posted by 風の人 at 11:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年06月26日

稲田朋美「国民の生活が第一なんて政治はですね、私は間違っていると思います。」

おおさか維新から立候補している田中康夫氏がこの会合に参加しているのも仰天。

【稲田朋美】4.16 道義大国を目指す会[桜H24/4/17]

https://youtu.be/IHRQdwXknic?t=14m17s
「国民の生活が第一なんて政治はですね、私は間違っていると思います。いま私たちが生きているのは、私たちの今の生活だけが、大切なんじゃなくて、先人から引き継いできた大切なものを私たちの子孫に引き継いでいく、その責任を果たすのが政治家の役割だと思っております。」

https://youtu.be/IHRQdwXknic?t=15m2s
「高い道徳性と倫理観で世界中から頼りにされて尊敬される道義大国を目指すべきだと思っております。そして世界中で日本だけが道義大国を目指す資格があるんです。なぜなら2500年以上、皇室が願っておられたのはですね、国民の幸福と平和、それだけじゃなくて世界人類の幸福と平和を祈っておられたそんな国だから、私は道義大国を目指す資格がある。そしてそのことを今回の被災地の皆さん方も、世界に向けて発信してくださったと思っております。」

太田光征
posted by 風の人 at 20:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

新藤義孝「尖閣、軍事利用しましょう!」/長勢甚遠元法務大臣「国民主権、基本的人権、平和主義、この三つをなくさないと」

安倍会長の創生「日本」で長勢甚遠元法務大臣「国民主権、基本的人権、平和主義、この三つをなくさないと」 - NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2146647747327851701

創生「日本」東京研修会 第3回 平成24年5月10日 憲政記念会館

https://youtu.be/BrxAi30Szpw?t=13m10s
新藤義孝「さらには、尖閣。使っていきましょうよ!軍事利用しましょう!」

https://youtu.be/BrxAi30Szpw?t=15m21s
長勢甚遠元法務大臣「国民主権、基本的人権、平和主義、この三つをなくさないと」

https://youtu.be/BrxAi30Szpw?t=17m10s
城内実「中国人が急に話がわかるようになったり日本の技術を盗まなくなったら、それは中国人ではありません」

憲法改正誓いの儀式 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=h9x2n5CKhn8&feature=youtu.be

太田光征
posted by 風の人 at 20:04 | Comment(1) | TrackBack(0) | 一般

2016年06月25日

希望の好循環と絶望の悪循環:選挙制度とメディア

古賀茂明さんが原発とメディアの関係を指摘しています。新聞が原発事故を参院選の争点と見なさず世論調査から外し、有権者の関心が低下するという悪循環に陥っているというわけです。

参院選の争点から消えた「原発問題」〜たった5年で大事故は“なかったこと”に… あの恐怖を忘れたのか | 古賀茂明「日本再生に挑む」 | 現代ビジネス [講談社]
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48904

似たようなことは選挙制度でもいえます。選挙制度についての世論調査はほとんどありません。民意を反映しない選挙制度に嫌気がさして投票に行かず、ますます民意を反映しない政治が続く。

特集 投票率低下を考える - 明るい選挙推進協会
www.akaruisenkyo.or.jp/wp/wp-content/uploads/2014/07/voters20.pdf
「ノリスが小選挙区制では他の選挙制度よりも投票率が低いことを明らかにしている4)」

4)Norris, Pippa, “Choosing Electoral System: Proportional,
Majoritarian and Mixed Systems,” International Political
Science Review, vol.18, No.3, pp.297-312, 1997

投票率の極端な低下は小選挙区比例代表並立制が導入されて以降
http://gakusyu.shizuoka-c.ed.jp/shakai/seiji/02_7_1_touhyouritu.htm


主要先進国で相対的貧困率1位、2位を独占している格差貧困大国・原発大国の日米は投票率が50%前後と低く、デンマークは相対的貧困率が5%と最低で原発ゼロ、投票率が90%近くと高い。民意を反映しない小選挙区制の日米は絶望の悪循環、民意を反映する比例代表制のデンマークは希望の好循環が成立しているといったところです。

投票に対する希望を失わせ、政党を選挙互助会化・曖昧化してその魅力を奪い、民主主義の装いで独裁を生み出す小選挙区制。

選挙というものを買い物のようにすぐ成果の出るものと考えると、気に入った投票先がないと嘆くことになります。絶望の悪循環が成立している状況では、魅力的な政党を作るなどの努力をする以外に、選挙についての考え方を変える必要があるように思います。

長い目で見て魅力的な投票先を生み出すような小選挙区制廃止、選挙制度改正につながるような投票行動という考え方を提示すれば、投票先がないと嘆いている有権者にとって希望となるのではないでしょうか。

下記世論調査によれば、自民党に投票すると答えた層でも、小選挙区制に反対が44%で、小選挙区制に賛成の35%を上回っています。

街頭世論調査「次の国政選挙、どこに投票する?/小選挙区制に賛成・反対?」 報告書
http://kaze.fm/documents/Street_Poll_Report_20160222.pdf

一人の有権者が希望する政策とその有権者が投票する政党の政策に深刻なねじれが生じています。個別課題の重要性が投票先の選択に単純に結び付かない状況の中で、いくら重要だとはいえ原発や安保関連法などの個別課題を個別課題として云々するだけでは限界があります。

また一般的に、政治を語るとき、民主主義インフラとしての選挙制度とメディアを一緒に考えたいものです。


太田光征
posted by 風の人 at 12:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年06月23日

【2016年6月28日】おしどりマコ・ケン 第31回被ばく学習会のお知らせです。

来週火曜日6月28日(火)は
第31回被ばく学習会
『福島原発事故はいま〜体当たり(全知全能)取材を続けて5年』
です。お知らせ申し上げます

【口演/講演 おしどりマコ・ケンさん】https://goo.gl/Koccae
私たち「おしどり」は吉本で漫才をしてます。
マコがアコーディオンでケンが針金。大阪の横山ホットブラザーズ、横山マコトの弟子です。

マコは神戸生まれの神戸育ち。で阪神大震災にガッツリあいまして、そのあと、鳥取大学医学部生命科学科に3年間行ったのですが、中退して芸人になりました。

で、東京に引っ越してきて、3ヶ月目に東日本大震災! 揺れるし、原発も怖いし、もういやだー! なんでこんなに地震に翻弄される人生なのさ!って。

どうせ何も手がつかないんだったら、と東京電力の会見を見たり勉強したりし始めたんです。そうしたらすごく落ち着いていって! 今、原発はどうなってるの? 政府はどうしようとしてるの? そんなことを知るのに夢中になりました。

マコ・ケンふたりで、会見や勉強会に行きまくる日々! あちこちで捨て身の質問をし始めました。だって、ツッコミですもん。
ツッコミたいことありすぎ!
*
==============
6月28日(火)第31回被ばく学習会
18:00開場 18:15開会
==============
◆健康調査検討委員会の傍聴報告(たじま)
◆福島原発事故は ”いま”〜体当たり取材を続けて5年〜(おしどり)
◆質疑応答 21:00閉会

文京区アカデミー茗台(めいだい)学習室A
地下鉄丸の内線「茗荷谷」駅下車、「春日通り」改札を出て右、
春日通りを右折歩8分、茗台中学校と同じビル、隣りの入口、
エレベーターで7階へ
[チラシ地図あり] http://twitdoc.com/upload/ni0615/-31-.pdf

参加費:800円(学割あり)
要申込み:先着60名
申込先:anti-hibaku@ab.auone-net.jp/090-3577-4844 温品(ぬくしな)惇一

学習会のあと茗荷谷駅前で懇親会を開きます。
参加費予定は、withアルコール3,500円、without3,000円です。
申し込みのとき、またはMLで、
「懇親会参加希望」「懇親会参加できず」のどちらかを付記してください。

拝 田島直樹
==========================================
めーる hamasa7491あっとhotmail.com
放射線被ばくを学習する会 共同代表
ほーむ(臨時): https://www.facebook.com/antihibaku/posts/485653594967640
===========================================

以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年06月20日

戦争法廃止を求めるオール北杜の取り組み

06.04軽トラ隊B.jpg13239980_1013631638724932_7855711088145251121_n.jpg13315581_1024975744257188_5364977602322775781_n.jpg「戦争法廃止を求めるオール北杜」の金野奉晴さんから。

太田光征
posted by 風の人 at 10:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年06月19日

【2016年6月22日】東電汚染水問題 集会&デモ/【7月18日】7.18海の日集会「これ以上 命の海を汚さないで!」

告訴人・支援者のみなさま

◆東電汚染水問題 集会&デモ◆
福島地検が不起訴処分とした東電汚染水海洋放出事件。告訴団はこれを不服として、福島検察審会に申し立てています。
集会では、2011年3月から東電記者会見に通い、取材されてきた木野龍逸さんに、汚染水問題などについて詳しくお話しいただきます。
日時 2016年6月22日(水)
13:30〜 集会 福島市市民会館 第2ホール
 *講師:木野龍逸さん(フリーランスライター)
    2011年3月より現在まで東電記者会見に通い続ける
 *弁護団からの報告 大河陽子弁護士
 *ノーマ・フィールドさん(シカゴ大学名誉教授)
    告訴団ブックレット「これでも罪は問えないのですか!」英語版翻訳者
15:00〜 デモ (コース)福島市市民会館〜福島駅周辺


◆7.18海の日集会「これ以上 命の海を汚さないで!」◆
 福島原発事故により海に流れ出た大量の放射性物質。事故から5年がたっても、いまだ解決には程遠く、規制委員会や経産省は「トリチウム汚染水の海洋放出」を推奨しています。
放射性物質は海へ流れ込み続け、環境への影響が懸念されます。それは巡り巡って私たちの生活に影響を与えます。その海は世界につながっています。
7月18日の海の日には、夫婦漫才師にして東電の記者会見に通いつめ、福島第一原発の状況や東電の事故対応などに精通している、おしどりマコ・ケンさんをゲストに招いた集会を開催いたします。
日時 7月18日(月曜祝日)13:00〜15:30
場所 いわき市文化センター 4階大会議室
講演 おしどりマコ・ケン(よしもとC.A.所属夫婦漫才師、DAYS JAPAN編集委員)
    海渡弁護士

☆☆☆
福島原発告訴団
福島県田村市船引町芦沢字小倉140-1
電話 080-5739-7279  Eメール 1fkokuso@gmail.com
ブログ http://kokuso-fukusimagenpatu.blogspot.jp/

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年06月16日

都知事選挙に向けての、市民グループ「私が東京を変える」と「希望のまち東京をつくる会」の声明

紅林進です。

昨日6月15日の舛添要一東京都知事の辞職表明により、近々、都知事選挙が行われ
ることになりますが、この事態を受けて、前回、前々回の都知事選で宇都宮健児氏を
応援して都知事選を闘いました、私も参加しています市民グループ「私が東京を変える」
http://watashiga.org/ では、6月15日付で下記の声明を出し、野党統一候補をめざして
宇都宮健児氏に出馬要請をすることを決めました。

【声明】都知事選にあたって(市民グループ「私が東京を変える」)
http://watashiga.org/tokyo/%E5%A3%B0%E6%98%8E/1289

宇都宮健児様 都知事選挙への出馬依頼状(市民グループ「私が東京を変える」)
http://watashiga.org/tokyo/others/1293

また前回の都知事選で、宇都宮健児氏の選挙母体ともなった「希望のまち東京をつくる会」
(ホームページ http://utsunomiyakenji.com/  ブログhttp://utsu-ken.seesaa.net/ )では、
同じく6月15日付で下記声明を出しました。

【声明】都民のために働く都政の実現をめざして立ち上がります(希望のまち東京をつくる会)
http://utsu-ken.seesaa.net/s/article/439018191.html

私としては、前回のように、野党候補が分立して、分裂選挙になる事態は避けねばならないと
考えています。国政レベルでの、全国的な野党共闘の流れを受けて、それを深め、強化する
ためにも、首都東京の都知事選で、「野党統一候補」(その場合の「野党」とは、「おおさか維新」などの与党補完の改憲勢力はもちろん除く)の実現とその勝利を勝ち取る必要があると思います。猪瀬氏、舛添氏と「政治とカネ」の問題で続けて任期途中で辞職することになるという人物を擁立した自民党、公明党の責任も問いながら、安倍政治の暴走を許さないためにも、それを実現しなければならないと考えます。そのために、いろいろな統一候補の選択肢はあるでしょうし、そのための真摯な協議は必要ですが、私としては宇都宮健児氏にぜひ統一候補になってもらい、頑張ってもらいたいと思っています。

-----------------
以上、転載

太田光征

                           
posted by 風の人 at 09:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年06月08日

演説ネタ

演説ネタ20160608.docx
自分用の最近のメモでしたが、体裁を整えてまとめました。ご参考になれば幸いです。参院選まで1カ月しかないので私も朝の訴えを開始しました。

太田光征
posted by 風の人 at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年06月04日

2016年6月4日(土)「6・4守ろう、避難の権利  住宅支援打ち切りを許さない!」 ほか

紅林進です。


開催日当日になってのご案内の転送で恐縮ですが、
本日6月4日(土)開催されます下記集会のご案内を
転載させていただきます。

なお昨日のFoE Japanの満田さんの案内メールの
転送なので、下記案内で「明日」となっているのは、
「本日6月4日(土)」のことです。

(以下、拡散歓迎)

みなさま(拡散歓迎/重複の際は失礼します)

FoE Japanの満田です。たびたび失礼します。明日です!
(本日6月4日(土)のことです。転載者注)
近郊の方、ぜひご参加ください!

6・4「守ろう、避難の権利  住宅支援打ち切りを許さない!」
原発事故被害者の救済を求める全国運動東京集会・板橋
http://www.foejapan.org/energy/fukushima/evt_160604.html

日 時 2016年6月4日(土)13:30〜16:30
会 場 場所:板橋区立文化会館4F大会議室(板橋区大山東町51-1)
    東武東上線「大山」駅(池袋から3駅目) 北口から徒歩約3分
    都営三田線「板橋区役所前」駅 A3出口から徒歩約7分
http://www.itabun.com/access/
※簡単な保育コーナーを作りました。
  専門家はおりませんが、当事者のお母さま方にぜひ来ていただきたく、お声がけのほどよろしくお願いいたします。
  おもちゃや絵本の持ち込み大歓迎です。
<趣旨>
福島第一原発事故で、避難を強いられた人たちの無償住宅供与の打ち切りが来年3月に迫っています。避難者の多くは経済的に困窮しており、この住宅支援はいのち綱。
打ち切りは、母子家庭や、二重生活を強いられ経済的に苦しい家庭にとっては、経済的な圧力で帰還を強いられることにほかなりません。
いま、東京都の職員と福島県の職員が、避難者を個別に面談しています。
避難者は、経済的にも、精神的にも、追い詰められた状況となっています。
「避難を継続 したい」「いまの場所に住み続けたい」という避難者のささやかな願いはかなわないのでしょうか。
一方、鳥取県、埼玉県、新潟県など独自の支援策を打ち出す自治体も出てきました。
「原発事故被害者の救済を求める全国運動」では、避難者の住宅支援の継続を求め、集会を行います。
ゲストは、尾松亮さん(ユーラシア環境・社会政策調査室)、岡田めぐみさん(武蔵野すまいる)、
大西連さん(自立生活センター「もやい」理事長)。
京都に避難されている宇野朗子さん、新潟県市議の中山均さん、パルシステムの瀬戸大作さんも登壇されます。
ぜひ、お誘いあわせの上、ご参加ください!

こちらもよろしく!
★自治体議会に意見書採択を求めよう! 呼びかけ文とひな型はこちら。
http://www.act48.jp/index.php/2-uncategorized/42-2016-05-07-07-47-38.html

★南相馬・避難20ミリシーベルト撤回訴訟の第4回口頭弁論期日は6月6日!
公衆の被ばく限度の20倍もの、「20ミリシーベルト」基準。これが帰還政策の口実となり、避難者を苦しめています。
立ち上がった南相馬のみなさんを応援するためにも、東京地裁の大法廷を埋め尽くしましょう!!
http://minamisouma.blogspot.jp/2016/05/66.html

★【院内集会と政府交渉】「8000ベクレル/kg以下の除染土の公共事業への再利用」方針の撤回を Part II (6/8)
http://www.foejapan.org/energy/fukushima/evt_160608.html
日 時 2016年6月8日(水)15:00〜17:30 開場14:40 ※14:40から、ロビーにて通行証を配布いたします。
会 場 参議院議員会館101 (定員100名)
交渉相手方:経済産業省、環境省、原子力規制庁を想定

★電気を選んで、脱原発社会を実現!
セミナー「電気を選んで社会を変える!どうする?電力小売自由化時代での選択」&FoE Japan会員総会
http://www.foejapan.org/event/supt/160611.html
日 時 2016年6月11日(土)14:00〜17:00 
場 所 新宿NPO協働推進センター 501会議室 (新宿区高田馬場4-36-12)
参加費 500円(FoE Japanサポーターは無料)
スピーカー:吉田明子/FoE Japan

★[政府交渉]原発老朽化と耐震安全性/原発避難問題
日時  6月13日(月) 13:30〜14:50 事前集会
 15:00〜16:30 政府交渉(調整中)
場所 参議院議員会館B107
テーマ ・電気ケーブルの老朽化による絶縁問題
・老朽炉のくり返し地震に対する耐震性
・原子力防災・避難計画
資料代:500円
主催(調整中):川内原発30キロ圏住民ネットワーク/玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会/グリーン・アクション/美浜の会/FoE Japan/グリーンピース・ジャパン/福島老朽原発を考 える会/原子力規制を監視す
る市民の会他
問合せ:090−8116−7155(阪上まで)

★[集会と署名提出]40年超え老朽炉を廃炉に!
日時:6月29日(水) 14:30〜17:00 集会と署名提出
場所:参議院議員会館B107
テーマ・ここが危ない!老朽炉の寿命延長
・高浜1・2号機運転延長認可の問題点
・老朽炉を廃炉にするための各地のとりくみ
資料代:500円
主催(調整中):川内原発30キロ圏住民ネットワーク/玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会/グリーン・アクション/美 浜の会/FoE Japan/グリーンピース・ジャパン/福島老朽原発を考える会/原子力規制を監視する市民の会他
問合せ:090−8116−7155(阪上まで)

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 09:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年06月02日

電源構成のわかる「電力会社クリーン乗り換えガイド」チラ見せ!

電源構成のわかる「電力会社クリーン乗り換えガイド」チラ見せ
http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/blog/56335/

太田光征
posted by 風の人 at 10:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年06月01日

6/6(月)安田純平さんを救おう!6・6官邸前緊急市民行動/【安田純平さんを救おう!】オンライン署名

安田純平さんを救おう!6・6官邸前緊急市民行動
Save Yasuda Junpei!

日時:6月6日 (月)  18:30〜19:30(予定)
場所: 首相官邸前 最寄駅 国会議事堂前駅
主催:解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会・WORLD PEACE NOW
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【以下緊急大拡散希望】
安田純平さん救出の署名のお願いです。
ーーーーー
■【安田純平さんを救おう!】キャンペーンに賛同してください!

日本政府はフリージャーナリスト 安田純平さんの救出に全力をあげて身代金にも対応をお願いします。
https://goo.gl/ohjc0e
posted by 風の人 at 10:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年05月31日

安田純平さんを救おう!6・6官邸前緊急市民行動

Date: Tue, 31 May 2016 20:57:21 +0900

高田健です。
6・5を成功させ、つづいて6・6を。

【拡散希望】
安田純平さんを救おう!6・6官邸前緊急市民行動
Save Yasuda Junpei!
6月6日 月曜日
時間 18:30?19:30(予定)
場所 首相官邸前 最寄駅 国会議事堂前駅
主催:解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会・WORLD PEACE NOW
------------------------------------------------------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

【声明】舛添都政の終焉にみる粛清の形と脱原発統一候補予定者への結集の呼びかけ(市民グループ「私が東京を変える」)

紅林進です。
私も関わっています市民グループ「私が東京を変える」では、
代表の山口あずさ名で、下記声明を出しました。
なお私自身は、タイトルの表現としては、「脱原発」だけではない、
もう少し広い意味での野党統一候補と考えますが。
(以下転送・転載・拡散大歓迎)
======================================

【声明】舛添都政の終焉にみる粛清の形と脱原発統一候補予定者への結集の呼びかけ

舛添都知事へのバッシングが喧しい。
その有り様は、猪瀬前都知事選がその地位を追われた姿に酷似している。
そもそも、実力も人望も持ち合わせがなかった人物が、東京都知事の地位を与えら
れ、不都合が生じれば首をすげ替える。
独裁国家なら、銃殺にでもするところ、たてまえとしてであれ、民主国家はそのよう
な残虐な真似はしない。が、実質的にどう違うのか?恥の多い形で失脚させられた政
治家は、その政治生命は絶たれることになるだろう。
もちろん、人品卑しき 者であるこ と自体は、自らの責任であり、身から出た錆に違い
ない。しかしながら、このような有様を許していること自体、日本の、東京の、民主
主義が真の意味で実現されていないことの証左であろう。

私が東京を変えるは、石原慎太郎元知事が、都政を投げ出した2012年に、市民の力で
都知事を生み出すという流れを受けて、結成された。
このときに、「脱原発」も含めた、都政を都民に取り戻す、民主主義を取り戻すため
の統一候補として、宇都宮けんじ氏を応援した。
そして、2014年、猪瀬前知事が風前のともしびとなって、ほぼ辞任が確実となったと
きに、いち早く、宇都宮けんじ氏に対し、再び立候補のお願いをした。
残念なことに、宇都宮氏は共産党であるという熱心な報道があり、言 わば野党統一候
補であった宇都宮氏に対し、野党統一候補ではないという印象付けが行われ、この流
れにまんまと乗せられる形で、細川氏が擁立されることになった。
文字通り、脱原発候補は二人誕生し、結果は、ご承知のとおりである。
この轍を2度と踏むことはできない。
その思いは、細川氏を応援した本来は志を同じくする脱原発の皆と同じであろう。
私が東京を変えるは、呼びかける。

友よ、再び宇都宮健児氏の元に結集しよう!

付言するに、この対立は、どちらかがどちらかに謝罪するという性質のものではない
だろう。市民派がある一定程度の力を持とうとするときに、その分断を図る手練手管
に通じた人たちが存在することは間違いのない事実である。わたしたちは、 仲間内の
争いを止め、なにをおいても賢くあらねばならない。

そして、今、安保法制の成立を受け、立憲主義と平和主義が危機に瀕する中にあっ
て、わたしたちが武器を磨く者でないことを先達に感謝する。
わたたちは不完全ながらも民主主義を手にしている。わたしたちが武器ではなく、自
らの主張を言論によって行い得るこの権利こそ、まさに、人類の多年にわたる自由獲
得の努力の成果であろう。そして、過去幾多の試錬に堪へて守りぬかれたこの権利
を、わたしたちは後の世に引き継がなければならない。

舛添知事にまつわるさまざまな報道は些事に過ぎない。
三たび巡りきた機会を最大限に生かし、宇都宮健児氏の元に結集し、あるべき都政を
都民が手にするため、一致 団結しよう!

私が東京を変える
代表
山口あずさ


=======================
私が東京を変える
http://watashiga.org/

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 10:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年05月28日

【5月28日】講演会 電力自由化2か月の今?「私」の選択とスマートメーターのご案内

講演会 電力自由化2か月の今〜「私」の選択とスマートメーター
http://d.hatena.ne.jp/toudenfubarai/20160528


 電力小売の自由化がはじまりました。新電力に切り替えた人、切り替えない人、いろいろな方がいます。私たちは二度にわたって電力自由化の勉強会を行って来ました。今回は電力自由化2か月の時点での現状と課題を議論します。実際に切り替えてみた人々からも、新電力の印象を聞きます。
 また、自由化に伴って進むスマートメーターの導入について、不安を持つ方も根強くいます。健康被害やプライバシー、さらにはスマートメーター利権に関連する企業の癒着について山本二郎さんからうかがい、どう向き合っていくかを、考えていきます。スマートメーターはなくても電力自由化はできます! ぜひ、ご参加下さい。

 体験談:「私」の選択:新電力会社を選択した人(数名)
 スマートメーター問題:山本二郎さん 電磁波問題研究会・会員

2016年5月28日(土)19:00〜20:45

東京ボランティア・市⺠活動センターA・B会議室
JR飯田橋駅⻄口を出て右に曲がり、右側前方のビル:セントラルプラザ10階。
地下鉄(有楽町線・東⻄線・南北線・大江戶線)飯田橋駅「B2b」出口より
  セントラルプラザ1階に直結しています。

参加費 500円
連絡先 kimihiko̲ootsuru@yahoo.co.jp 電話 080-6540-6320(大津留)

主催:私が東京を変える http://watashiga.org/tokyo/
電気代一時不払いプロジェクト http://d.hatena.ne.jp/toudenfubarai/

チラシはこちらからダウンロードしてください:
http://chechennews.org/sharedoc/fubarai/20160528_bira.pdf

お待ちしています!
posted by 風の人 at 01:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年05月22日

高根町:今日も行く軽トラ隊

13221469_1018435144911248_5090006618288344338_n.jpg-------- Forwarded Message --------
Subject: [uniting-peace:8362] 今日も行く軽トラ隊
Date: Sun, 22 May 2016 14:03:55 +0900 (JST)

皆様
マスコミが盛り上げない選挙ムードを
軽トラ隊が盛り上げて回っています。
昨日は高根町。今日は大泉町を回りました。
皆さんの町でも如何ですか?
何かやれることを実施しましょう。
何かやれることがきっとあります。
ターゲットは無関心層、棄権族。
投票に行くことが確実な、あなたの仲間と
集会とデモを繰り返しても票は増えません。
演説は無関心層の耳に入りません。
仲間以外に働きかける何かをしましょう。
公示日まで後31日しかありません。
金野奉晴
**

以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 16:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年05月21日

【2016年5月24日】日比谷野外音楽堂で狭山事件の集会

市民集会の案内

弁護士 中山 武敏


5月24日午後1時から日比谷野外音楽堂で狭山事件の集会が行われます。
このたび新しく狭山弁護団に加わってくださった小林節先生(慶応大学名誉教授、憲法学者)が挨拶をしてくださいます。私が脳梗塞で倒れて入院した時に、家族以外で真っ先に駆けつけてくれたのも小林節先生でした。
当日は、集会に4,000人の市民、国会議員が参加予定で、狭山事件の再審を求める市民の会の事務局長を務めているルポライターの鎌田慧さんもアピールされます。

 狭山事件は今、重要な時期に入っています。
石川 一雄さんは53年前の5月23日に逮捕され、一審で死刑判決、二審で無期懲役の判決を受けました。31年7ヶ月もの獄中生活を余儀なくされました。
私は第二審の最終弁論で「部落に対する集中見込捜査」を担当し、当時の捜査は部落差別による見込捜査があったことは明らかであり、石川さんは無罪であると主張しました。しかし、寺尾正二裁判長は判決で部落差別の問題に全く言及しませんでした。
 これまでに、100万筆を超える再審開始を求める署名が東京高裁に提出されました。


現在、裁判所、検察官、弁護団による三者協議において、裁判所が東京高検の検察官に証拠開示の勧告を行い、これまでに185点の証拠の開示がされました。
石川さんが逮捕当日に書いた上申書や録音テープ等の証拠が弁護側に開示され、石川さんが脅迫状を書いていないことや、自白の疑問、証拠の捏造が次々と明らかになっています。
 弁護団は、筆跡鑑定や法医学者の鑑定など、石川さんの無実を示す新証拠も182点提出しています。

 皆さんの多くのご支援が必要です。
ぜひ集会に参加をいただき、世論を盛り上げていただきたいと思っています。

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

【5月20日】文化放送ラジオ 大竹まことのゴールデンラジオ 金子勝 ヤベイノミクスを止めないとエライことになる!

「金子さん、銀行に不動産投資が増えて、都心のみ不動産バブル、東京の港区、千代田区などは熊本の6倍以上であり、他方エンゲル係数も増えて、金子さんこんなバブルは東京オリンピックまで持たない、あぶく銭が不動産投資に回り、庶民の所得は増えず」

-------- Forwarded Message --------
Subject: [uniting-peace:8346] 文化放送ラジオ 大竹まことのゴールデンラジオ 金子勝 ヤベイノミクスを止めないとエライことになる!
Date: Fri, 20 May 2016 15:23:41 +0900 (JST)

 永岡です、文化放送ラジオ、大竹まことの紳士交遊録、慶應の金子勝さんが出られて、先週は汚職、腐敗のことであり、オリンピックと、安倍氏とプーチン氏の関係、甘利氏の疑惑、高市氏の疑惑、舛添氏を入れて不潔3兄弟(甘利氏、高市氏、舛添氏)、室井さんもっといる(SM大臣、うちわスキャンダルetc)、3兄弟で済まないと言われて、しかし今日の本題は、ヤベイノミクスであり、なぜかと言うと、岡田氏が消費税増税延期を言ったのは、目先にとらわれて、世論調査では消費税増税延期は多いものの、先に言っても民進党は勝てない、本当は再延期して、アベノミクスを続けるかであり、室井さんパナマ文書もあり、それどころではない、大竹さん、リーマンショックでないと上げないというのを取り上げられて、金子さん、安倍総理は一昨年の選挙で再延期なしと言ったので、岡田氏の言い分は安倍総理の助け船になり、他方、野党は消費税を上げろと言えないが、2012年の3党合意→安倍総理がバラマキでこれをアウトにして、トリクルダウンなし、社会保障アウト→消費税増税延期でも景気は良くならず、マイナス金利も含めて、IMFも批判し、安倍総理は自分が消費税増税延期
を言いたくなく、他のところから言ってもらって上げないようにしたい。

 スタジオでも、岡田氏に与するのではないが、安倍総理は一昨年延期といい、それを封じるためとあり、しかし金子さん、再延期ではダメ、ドアホノミクス失敗だからこうなった、争点はなぜこうなったかと追及すべきと言われて、安倍総理に消費税増税延期をする動機を与えるのはまずい。

 室井さん、日曜討論でも増税賛成と見られると言われて、金子さん、アベノミクスの対案、増税分を社会保障に当てるのは対案、シャブ漬けを止めて、エネルギー転換、地方の投資をするなど、変えるビジョンを出さないと、世論調査の1位2位は景気と社会保障、原発と戦争準備法案は3位以下と言われて、室井さん、民進党には対案は出せない、今の安倍政権のおかしさを出すべきと言われて、金子さん、閣僚のデタラメを野党は追及すべきと言われて、室井さん、野党はいいところでパンチを入れないと言われて、金子さん、ストレートに突っ込まず、甘利氏は8月に時効、パナマ文書の追及も民進党はしないのかと言われて、そしてドアホノミクス失敗を認めないと、もっと金融緩和したら、リスクだけ上がり、日銀も黒田氏寄りのみで破綻しないかと言われて、金子さん、銀行に不動産投資が増えて、都心のみ不動産バブル、東京の港区、千代田区などは熊本の6倍以上であり、他方エンゲル係数も増えて、金子さんこんなバブルは東京オリンピックまで持たない、あぶく銭が不動産投資に回り、庶民の所得は増えず、アメリカも円安にするなと言っており、日本の株も息切れして、日曜討論
で稲田氏はトリクルダウンを否定し、竹中平蔵氏も嘘をいい、日本はみんな嘘をいい、「今の日本では正直者が犯罪者になり、このスタジオにいる人はみんな犯罪者になる、立ち止まって考えないと、エライことになる」、室井さんも舛添氏のこと、入れた人は考えてほしいと言われて、甘利氏は地元で落選運動も起こっていると締めくくられました。以上、金子さんのお話でした。

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年05月19日

5/21被ばく労災問題春闘集会

福島原発事故5年で初の被ばく労災認定
原発労働者は要求する! 国・東電・原発企業は健康被害に責任をとれ!
5・21春闘集会

【日時】2016年5月21日(土)18:00-21:00
【場所】文京区民センター2A会議室
   東京都文京区本郷4-15-14
   地下鉄「春日駅A2出口」徒歩2分、後楽園駅4b出口」徒歩5分
   http://www.city.bunkyo.lg.jp/gmap/detail.php?id=1754
【主催】被ばく労働を考えるネットワーク

【発言内容および発言者】
収束・除染作業労働者からの現状報告:池田実(原発・除染作業員)
被ばく労災認定・損害賠償をめぐる問題:
 川本浩之(神奈川労災職業病センター)、木下徹郎(弁護士、労働弁護団)
国は労災を認めよ!梅田原発労災裁判の状況:
 梅田隆亮(原告、元原発労働者)、岡部史卓(弁護士)

【主旨】
 昨年10月、収束作業に入った労働者の被ばく労災が初めて認定されました。しかし、厚労省は「科学的因果関係が証明されたわけではない」と強調し、メディアもそれをそのまま報道したことにより、一部では「収束作業で被ばく労災なんてデマ」という言説も聞かれました。
 しかし、この労災認定は、労働者本人に関する様々な検査データをもとに、専門家からなる「電離放射線障害の業務上外に関する検討会」で審査され、「放射線業務に起因したと判断することが妥当である」と結論されたものです。厚労省のミスリードと、それに追従したメディア、被ばく労災を否認したい者たちの恣意的な発言は看過できません。
 このような言説は、放射線のリスクをきちんと説明されておらず、社会的な理解も不十分な中で、労働者が労災をきちんと認識し申請することを妨げる圧力となっています。労働者自身が被ばくのリスクを知り、労災制度を知ることで、申請の権利を行使することが重要です。
 この集会では、かつて労災認定を勝ち取った長尾裁判などの経験を踏まえ、今回の労災認定をきちんと解説し、厚労省のミスリード問題を明らかにします。
 そしてこれまで原発で働いてきた労働者が、自ら目にした原発労働の問題を告発するとともに、労災による発病で健康と生活を破壊され、その後の労災認定・損害賠償をめぐっても理不尽な扱いを受けている元原発労働者が、自らの現状を報告します。これまで原発で働いてきた労働者が、今働いている労働者に、国・東電・原発企業に、そして社会に訴えます。

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年05月16日

5.21原発事故被害者集会/7.18 これ以上海を汚すな!いわき集会(仮)

告訴人・支援者のみなさま

◆5.21原発事故被害者集会◆
『ただちに公判をひらけ!東電3被告の刑事裁判』『汚染水放出告発 福島検審は起訴議決を!』 
日時 2016年5月21日(土) 14:00〜16:00
場所 千駄ヶ谷区民会館(原宿駅徒歩8分)
主催 福島原発刑事訴訟支援団・福島原発告訴団
プログラム
14:00 開会
・告訴団・支援団の現状報告
・被害者の証言
・みんなで歌おう
16:00 閉会
*福島からバスがでます
8:00福島駅西口、9:00郡山教組会館
・乗車場所・ご連絡先をお知らせください
・料金は1500円です

◆7.18 これ以上海を汚すな!いわき集会(仮)◆
東京電力の汚染水放出について刑事告発していた事件は、3月29日に福島地検が不起訴処分としましたが、この事件についても検察審査会に申し立てをし、市民による判断を仰ぎます。
7月18日の海の日には、夫婦漫才師ながら東電の記者会見に通いつめ、福島第一原発の状況や東電の事故対応などに精通している、おしどりマコ・ケンさんをゲストに招いた集会を開催する予定です。まだ会場は未定ですが、決まり次第再度ご案内いたします。
日時 7月18日(月曜祝日)午後を予定
場所 いわき市・会場未定
海渡弁護士による汚染水問題の解説も予定しています。

☆☆☆
福島原発告訴団
福島県田村市船引町芦沢字小倉140-1
電話 080-5739-7279  Eメール 1fkokuso@gmail.com
ブログ http://kokuso-fukusimagenpatu.blogspot.jp/

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年05月08日

5/11(水)変えよう選挙制度の会・5月例会(テーマ:選挙運動の規制について)@東京ボランティア・市民活動センター(飯田橋)

紅林進です。
様々な問題を抱える現在の選挙制度や公職選挙法を、民意が正しく反映され、
市民が自由に参加できる選挙制度に変えようと活動しています「変えよう選挙
制度の会」では、5月例会を下記のテーマで5月11日(水)に、東京・飯田橋の
東京ボランティア・市民活動センターの会議室で開催します。
ご関心のあります方ならどなたでも参加できますので、お申し込みの上、ぜひ
ご参加ください。
(以下転送・転載歓迎)
-----------------------------------------------------------------------
変えよう選挙制度の会・5月例会
日時:5月11日(水) 18:30〜20:30
テーマ:選挙運動の規制について
    @選挙運動規制の現状(報告・田中久雄さん)
    A選挙運動規制についての意見交換
     ・今の選挙運動規制のどこが問題だと考えますか?
     ・今の選挙運動規制をどう改善すべきだと考えますか?

会場:東京ボランティア・市民活動センター(飯田橋)会議室B
    (飯田橋・セントラルプラザ庁舎棟10階)    
     地図 http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif  
JR飯田橋駅西口を出て右に曲がり、右側前方のビル:セントラルプラザ10階。  
地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線)飯田橋駅「B2b」出口より
セントラルプラザ1階に直結しています

参加費:500円
申込:参加申込は下記「こくちーず」のサイトからお願い致します。
    http://kokucheese.com/event/index/393373/
    あるいは下記Eメールアドレスまでご連絡ください。
    Eメール: think.elesys@gmail.com
主催:変えよう選挙制度の会 
URL:http://kaeyo-senkyo.tumblr.com/
フェイスブック:https://www.facebook.com/kaeruelesys
   Eメール:think.elesys@gmail.com
チラシはこちらから
https://drive.google.com/open?id=0BzIRaOLF7sGKMU5qa0phWi0wc0U

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 10:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年05月05日

報告: 【2016年5月1日】街頭シール投票「経済・財政だいじょうぶ?――日本の最もダメな政策は?」

有権者がどのような政策を一番問題だと考えているのかを探る街頭シール投票シリーズ7回目の報告です。

2016年5月1日
松戸駅西口・東口
第1問:経済・財政だいじょうぶ?――日本の最もダメな政策は?
第2問:次の国政選挙、どこに投票する?

目次:

1 まとめ
2 第1問選択項目

1 まとめ

今回もマイクで一方的に話すことが中心となり、回答者は在日朝鮮人だという女性1人だけ。彼女は投票するとすれば共産党で、第1問では(1)世界一高い学費と(17)原発輸出で経済成長を日本の最もダメな経済・財政政策として選択しました。

松戸駅東口は喫煙スペースで喫煙している方々を除いて立ち止まっている方がほとんどなく、演説にまったく不向きですが、軍事的安全保障のテーマ(中国・北朝鮮による軍事的脅威と米国による安保ただ乗り)で訴えていたころに、立ち止まって聞いてくれる女性が現れました。同じ場所で同様の経験をしたことがあるので(より正確には日米安保条約上、米国が日本を守る義務はないと指摘している時)、軍事的安全保障のテーマは注目を集めやすいのだろうと思われます。ただ、対話ができていないので、投票先との関連がつかめません。いずれのケースでも雰囲気から与党系だろうと察することはできますが。

このテーマでの訴えの要点は、軍事的に弱小の北朝鮮が日米に先制攻撃を仕掛ければ反撃を受けて北朝鮮の独裁体制が崩壊してしまうので、そのような馬鹿な真似を北朝鮮政府がするはずがない、北朝鮮による核開発は米国の先制核攻撃戦略に対抗するためのもので、米国の核兵器の問題とセットで考えなければ解決しない、日米中は経済的に切っても切れない関係にあり、これら3国で戦争の選択肢はない、米国高官は日中の紛争に巻き込まれたくない、米兵自身も日本の領土問題ごときで命を落としたくない、米太平洋軍司令官も離島上陸作戦を遂行するための充分な能力がないと語っている、日米安保条約上、米国が日本を守る義務はない、毎年5000億円以上の税金を在日米軍に貢いでいる上に、安保関連法でさらなる財政支出を行って若い自衛隊員の命を米国に差し出す義務も道理もメリットもない、などです。

松戸駅西口はペデストリアンデッキのベンチに座っている方、バス待ち客が多く、デッキから少し離れた地上のポイントが演説に適しています。デッキの端に寄って立ち止まって聞いてくれる方は常にいるものの、比較的長い時間にわたって聞いてくれるため、今回もどのテーマの時かを特定することは困難でした。


2 第1問選択項目

第1問:経済・財政だいじょうぶ?――日本の最もダメな政策は?

第1問は各項目の右側の説明を省いて選択項目だけを投票ボード表面に載せ、ボード裏面に第2問を載せました。

(1)世界一高い学費――OECD加盟国で授業料無償化や給付制奨学金を導入していないのは日本だけ。
(2)経済的徴兵制――自衛隊入隊で大学院生の学費を援助。奨学金滞納者リストが防衛省に。
(3)3.11自主避難者への住宅支援打ち切り――福島県、住宅無償提供を2017年3月末で打ち切る方針。
(4)法人税減税――日本の法人実効税率は先進国の平均並み。消費税は法人/所得税減税の穴埋めに。
(5)TPP――米教授「米国にとってTPPの効果はほぼゼロと推計」
(6)日米安保条約と安保関連法――米国が日本を守る義務はなし。在日米軍へ年5000億円以上支出。
(7)手薄い生活保護――受給率は日本が1.6%、ドイツは9.7%(2010年、日弁連資料)。
(8)世界一高い政党交付金――年320億円。
(9)年金制度――マーサー社年金ランキングで日本は25ヶ国中23位、中国より下。
(10)年金積立金の株式運用で株価維持――約10兆円の損。基礎年金を株で運用する国は日本以外にない。
(11)消費税――米国では連邦税に消費税がない。
(12)パナマ文書(税逃れ)――世界の富の半分がタックスヘイブン(租税回避地)に?
(13)「下々はおこぼれに」のトリクルダウン理論――竹中平蔵氏「トリクルダウンは起きない」。
(14)低い最低賃金――カリフォルニア、「経済的正義の問題」として時給約1700円を目指す。
(15)公的債務残高――1000兆円、GDP比200%超。ギリシャはGDP比200%未満。
(16)規制緩和――認可外保育施設の子どもの死亡事故発生率は認可保育所の45倍(厚労省14年資料)。
(17)原発輸出で経済成長――三菱重工の蒸気発生器で放射能漏れ事故を起こした米国の原発は廃炉へ。


太田光征
posted by 風の人 at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年05月04日

民進党・玄葉光一郎氏「共産と組まないことでかえってマイナスになると判断した」

民進党さんもようやく現実を見つめ出したようです。

<参院選福島>3野党共闘へ 統一候補に増子氏 | 河北新報オンラインニュース
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201605/20160504_61010.html
<野党共闘に関しては、民進党県連代表の玄葉光一郎衆院議員(福島3区)が「(党の)理念が違う」と共産党と距離を置く姿勢を示していた。今回の方針決定について、党県連幹部は共闘に対する各種世論調査での期待などを挙げ「共産と組まないことでかえってマイナスになると判断した」と説明した。>

野党第一党は共産党:街頭世論調査「次の国政選挙、どこに投票する?/小選挙区制に賛成・反対?」 報告書
http://kaze.fm/documents/Street_Poll_Report_20160222.pdf
政治学者による世論調査:固定電話加入者の支持政党第二位は共産党
http://unitingforpeace.seesaa.net/article/437247814.html

太田光征
posted by 風の人 at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

緊急事態での「議員任期特例」加憲

緊急事態での「議員任期特例」加憲の建前は「違憲状態の回避」。
だが緊急事態条項を説く者たちは、長年にわたって「1票の格差」に無頓着で、憲法53条要求による臨時国会の開会には応じず、ろくな原発事故対策を取らない。
全自衛隊予算に占める自然災害対策予算は1%。
違憲状態国会(1票の格差)を長年放免する最高裁が「戦争時」に選挙できないから違憲を宣言することなどあり得ない。
選挙できないような自然災害対策なら対策とはいえない。

太田光征
posted by 風の人 at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年05月01日

【2016年5月1日】街頭シール投票「経済・財政だいじょうぶ?――日本の最もダメな政策は?」

有権者がどのような政策を一番問題だと考えているのかを探る街頭シール投票シリーズの7回目です。

第1問では各項目の右側の説明を省いて選択項目だけを投票ボード表面に載せ、説明を別紙として投票者に渡します。ボード裏面は第2問で投票先を聞きます。

松戸駅の西口か東口で午後2時くらいから午後5時くらいまで行います。都合のいい時間帯でご参加ください。


第1問:経済・財政だいじょうぶ?――日本の最もダメな政策は?

(1)世界一高い学費――OECD加盟国で授業料無償化や給付制奨学金を導入していないのは日本だけ。
(2)経済的徴兵制――自衛隊入隊で大学院生の学費を援助。奨学金滞納者リストが防衛省に。
(3)3.11自主避難者への住宅支援打ち切り――福島県、住宅無償提供を2017年3月末で打ち切る方針。
(4)法人税減税――日本の法人実効税率は先進国の平均並み。消費税は法人/所得税減税の穴埋めに。
(5)TPP――米教授「米国にとってTPPの効果はほぼゼロと推計」
(6)日米安保条約と安保関連法――米国が日本を守る義務はなし。在日米軍へ年5000億円以上支出。
(7)手薄い生活保護――受給率は日本が1.6%、ドイツは9.7%(2010年、日弁連資料)。
(8)世界一高い政党交付金――年320億円。
(9)年金制度――マーサー社年金ランキングで日本は25ヶ国中23位、中国より下。
(10)年金積立金の株式運用で株価維持――約10兆円の損。基礎年金を株で運用する国は日本以外にない。
(11)消費税――米国では連邦税に消費税がない。
(12)パナマ文書(税逃れ)――世界の富の半分がタックスヘイブン(租税回避地)に?
(13)「下々はおこぼれに」のトリクルダウン理論――竹中平蔵氏「トリクルダウンは起きない」。
(14)低い最低賃金――カリフォルニア、「経済的正義の問題」として時給約1700円を目指す。
(15)公的債務残高――1000兆円、GDP比200%超。ギリシャはGDP比200%未満。
(16)規制緩和――認可外保育施設の子どもの死亡事故発生率は認可保育所の45倍(厚労省14年資料)。
(17)原発輸出で経済成長――三菱重工の蒸気発生器で放射能漏れ事故を起こした米国の原発は廃炉へ。


第2問:次の国政選挙、どこに投票する?


太田光征
posted by 風の人 at 11:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年04月30日

報告: 【4月24日】街頭シール投票「熊本地震、原発だいじょうぶ?――日本にとって最大の危機は?」

有権者がどのような政策を一番問題だと考えているのかを探る街頭シール投票シリーズ6回目の報告です。

4月31日もシリーズ7回目を行います。後で案内を送りますのでご参加ください。闇雲に訴え続けることは避けなければなりません。


2016年4月24日
松戸駅西口・東口
熊本地震、原発だいじょうぶ?――日本にとって最大の危機は?

目次:

1 まとめ
2 選択項目別集計
3 投票先別集計

1 まとめ

今回も、各項目の説明を省いた選択項目だけを投票ボード表面に載せ、説明を別紙として渡せる場合は投票者に渡し、ボード裏面には投票先を聞く第2問を載せました。今回はマイクを使って一方的にしゃべったこともあり、第2問に対する回答者は約3時間でわずか3人でした。
中国・北朝鮮の話しをしていたころだったと思いますが、団塊の世代の男性と対話。日本も核兵器を持たなければ攻められるとお考えで、台湾の人と話をしたが、国を失うことの惨めさを痛感していると。今の政治家には期待しないが投票先は自民だそう。経済を安定させるべきで、今はエネルギー安だが代替電源を示さない反原発の主張は無責任だと言います。日本にとって最大の危機は領土問題だと指摘されました。国籍に関係なく日本を大事にする人は好きだと言います。野党のように何でも反対はあり得ないと主張。
もう一人の特徴的な回答者は(2)「千葉県などでの放射性指定廃棄物の処分場の建設――憲法95条は地方自治体の意向無視を禁止」を選択した30代風の男性で、投票先は無回答です。「憲法95条は地方自治体の意向無視を禁止」の説明は投票ボードに示していません。まさに指定廃棄物が一時保管されている我孫子の下水道終末処理場で派遣として働いた経験があるそうです。どの項目も大したことがなく、(2)は逆にさわぐべきでないという意味で選択。100ミリシーベルトの横で一生寝ていても問題ないとのお考え。中東のテロも日本赤軍がお手本を示したからと指摘。

2 選択項目別集計

第1問:熊本地震、原発だいじょうぶ?――日本にとって最大の危機は?

(番号)選択項目
総回答数 当該項目を選択した方の投票先の構成

(1)北朝鮮――米国の先制核攻撃戦略に続き、北朝鮮も先制核攻撃を表明。

(2)千葉県などでの放射性指定廃棄物の処分場の建設――憲法95条は地方自治体の意向無視を禁止。
1 無回答1

(3)国防そのもの――「青年たちに生命の犠牲を求めるペテン行為」(池田大作創価学会名誉会長)。
(4)海外邦人の救出――テロリスト集団ISによる人質事件で何人もからの救出申し出を蹴った日本政府
(5)米国による戦争――IS兵士はイラク戦争なくしてISの誕生はあり得なかったと英紙に証言。
(6)武器輸出――戦闘機が中東パレスチナの攻撃に使われ、日本に対する信頼と安全を脅かすことに。
(7)自然災害対策――自衛隊全予算に占める自然災害対策予算は1%。
1 無回答1

(8)原発安全対策――第1次安倍政権は野党からの電源対策の不備を指摘されながら放置。
2 共産を含む野党統一候補1、無回答1

(9)在日米軍(日米安保条約)――米国が日本を守る義務はなし。

(10)地震と原発――阿蘇地震の震源は中央構造線上。過去、原発のある川内の沖合で震度7の地震。
1 民進1

(11)火山と原発――阿蘇山の破局噴火、過去には火砕流が北九州全域をのみ込む。
(12)原発輸出――三菱重工の蒸気発生器で放射能漏れ事故を起こした米国の原発は廃炉へ。
(13)低い被ばく防護基準――ウクライナは年1ミリシーベルト、日本は子供でも年20ミリシーベルト。
(14)テロ――ISは、安倍首相の無思慮の発言で日本人すべてを標的にすると明言。
(15)首相のリーダーシップ――安倍首相、広島土砂災害時にゴルフ、関東大雪時に天ぷら。
(16)戦争支援――イラク戦争支援から帰還した陸上自衛隊員の自殺率は一般国民平均の18倍。


3 投票先別集計

第2問:次の国政選挙、どこに投票する?

自民 1
民進 1
大阪維新
公明
共産
共産を含む野党統一候補 1
社民
生活
元気
改革
次世代(日本のこころ)
その他
分からない
投票に行かない
白票
計 3


太田光征
posted by 風の人 at 13:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年04月27日

政治学者による世論調査:固定電話加入者の支持政党第二位は共産党

政治学者による世論調査の結果を2016年4月24日付東京新聞が掲載しています。昨年12月に20〜70代の600人を対象に実施した「インターネット調査」とのことです。

東京新聞:固定電話加入・非加入者 政治意識 目立つ差なし:政治(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201604/CK2016042402000133.html

支持政党(支持政党なしを除く)は固定電話の加入者・非加入者とも第一位が自民で、第二位は加入者が共産、非加入者がおおさか維新となっています。

「平和への結集」をめざす市民の風は投票先と小選挙区制に対する賛否を聞く街頭世論調査を昨年11月から今年2月初旬にかけて実施しましたが、投票先の第一党が自民、第二党が共産でした。回答者数は1034人以上に上ります。

街頭世論調査「次の国政選挙、どこに投票する?/小選挙区制に賛成・反対?」 報告書(2016年2月23付東京新聞(千葉版では2面)で報道していただきました)
http://kaze.fm/documents/Street_Poll_Report_20160222.pdf
http://kaze.fm/documents/Street_Poll_Report_20160222_Eng.pdf

上記の記事では「固定電話を持つ有権者との間で、支持政党や政治的立場について目立った差はないことが明らかになった」としていますが、非加入者では加入者とは対照的に共産の支持がほとんどないくらいになっているのが特徴です。

こうした特徴があり、また両調査の質問内容が違うものの、部分的には符合しているといえるでしょう。


太田光征
posted by 風の人 at 09:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年04月26日

NYタイムズ東京支局長指摘 「大新聞は国民を見下している」

非常に狭い世間の中にメディアもいるということです。4月24日の衆院北海道5区補選の報道でも野党統一候補の健闘ではなく自民の勝利を強調する姿勢を見せています。肝心な論調はすべて政府与党寄り。

NYタイムズ東京支局長指摘 「大新聞は国民を見下している」 | 日刊ゲンダイDIGITAL
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/158019/1

「一部の自民党の政治家や官僚とジャパンハンドラーとの付き合いしかないのです。日米関係に関わっている人は非常に少数で、そういう人が同盟関係を管理している。だから、普天間基地の移転問題にしても辺野古しかないという結論になってしまう。もっと幅広い人脈と付き合っていれば、さまざまな意見、選択肢が出てくるはずです。」

太田光征
posted by 風の人 at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年04月17日

民進党は川内原発の稼働停止の主張を

共産党鹿児島県委員会は川内原発の即時停止を主張しているものの、新進党からはその気配がありません。公式サイトで検索してもこうした主張は見当たりません。

熊本地震:川内原発の即時停止申し入れ 共産党鹿児島県委 - 毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20160417/k00/00m/010/022000c

昨日の街頭シール投票でも、原発に反対する方でさえ投票先がないとして白票を投じてきたといいます。旧民主党はどこを反省したのでしょうか。野党は有権者から投票の受け皿になっていないことを自覚するべきです。

報告:【2016年4月16日】街頭シール投票「阿蘇地震、原発だいじょうぶ?――日本にとって最大の危機は?」
http://unitingforpeace.seesaa.net/article/436738392.html

民進党の一部は選挙において共産党と協力することで保守票が逃げると主張しているようですが、原発に対する態度を曖昧にして選挙で勝利したところで、一体どのような原発政策を推進するのでしょうか。民進党が受け皿になっていない理由は曖昧さにあります。

そして保守票逃避のデメリット論も一般には根拠がありません。「共産を含む野党統一候補」を忌避する野党支持保守層がいると仮定しても、自民党候補と競合する上で、東京でも全国平均でも同候補が2014年の民主党単独候補よりメリットがあることを客観的な世論調査結果でシミュレーションできます。

街頭世論調査「次の国政選挙、どこに投票する?/小選挙区制に賛成・反対?」報告書
http://kaze.fm/documents/Street_Poll_Report_20160222.pdf
http://kaze.fm/documents/Street_Poll_Report_20160222_Eng.pdf

民進党は川内原発の稼働停止を早急に主張すべきです。


太田光征
posted by 風の人 at 11:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

【緊急署名】「8000ベクレル/kg以下の汚染土を全国の公共事業で利用」方針に反対

みなさま(拡散歓迎/重複の際はお許しください)
http://www.foejapan.org/energy/fukushima/160416.html

FoE
Japanの満田です。
環境省は、3月30日、東京電力福島第1原発事故後の除染で出た汚染土に関し、8,000ベクレル/kg以下の汚染土を、全国の公共事業で利用できる方針を決定しました。
しかし、原子炉等規制法に基づく規則においては、原発の解体などによって発生したコンクリートや金属などの再生利用の基準は100ベクレル/kgとなっています。今回の環境省方針は、この80倍となります。
降雨、浸食、災害などによる環境中への大量放出も懸念されます。工事中においては、工事従事者も通行人も被ばくします。大地震が発生すれば、道路の陥没、崩壊などがあちらこちらで発生し、汚染土がむき出しになるでしょう。
まさに、子どもも含めて、日本中の人たちを被ばくさせるための、壮大な「ナショナル
・プロジェクト」にほかなりません。断じて許すわけには
いきません。
緊急署名を呼びかけています。一次集約は4月30日です。5月2日の午後に予定している政府交渉で提出予定です。
ぜひ、ご署名・拡散をよろしくお願いいたします。
--------------------------------------------------------------
【緊急署名】全国に被ばくを強い、環境を汚染する
「8000ベクレル/kg以下の汚染土を全国の公共事業で利用」方針に反対
http://www.foejapan.org/energy/fukushima/160416.html
--------------------------------------------------------------
個人のご署名(フォームメーラー)>https://pro.form-mailer.jp/fms/12e5860097643
個人のご署名(Change.org)>https://goo.gl/jzp2KC
団体賛同> https://pro.form-mailer.jp/fms/b598822b97602
紙の署名用紙(PDF)のダウンロード>http://www.foejapan.org/energy/fukushima/160416_petition.pdf
-------------------------------------------------
要請事項
1.放射性廃棄物を含んだ除染土を公共事業で利用する方針の撤回を求めます。
2.「除染」「帰還」を前提とした除染土再利用の政策を見直してください。
3.除染のあり方、除染土の処分のあり方に関しては、福島県内外の各地の幅広い人たちの参加のもとでの検討を行うようにしてください。
4.「放射線影響に関する安全性評価ワーキンググループ」のメンバー、議事録、全資料を公開してください。

一次集約 2016年4月30日  二次集約5月15日  三次集約5月31日
集約先:国際環境NGO FoE
Japan(認定NPO法人)
〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-21-9    Tel:03-6909-5983 Fax:03-6909-5986

★5月2日13:30から、参議院議員会館にて、集会および政府交渉を予定しています。おしどりマコさんも参加予定! 
近日中にFoE Japanのウェブサイトでご案内します。

※参考記事>一億総被ばくの国家プロジェクト… 8,000ベクレル/kg以下の除染土を 全国の公共事業に!?
https://foejapan.wordpress.com/2016/04/15/8000bq_problem/

--
満田夏花(みつた・かんな)
★FoE
Japan「脱原発・福島支援」チームは、現在、財政状況が大変きびしく、
活動を継続しているために、みなさまからのご寄付を募っております。
ご寄付の際は「脱原発・福島支援」活動への寄付であること、ご一報ください。
http://www.foejapan.org/join/donation.html

国際環境NGO FoE Japan(認定NPO法人)
〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-21-9
Tel:03-6909-5983 Fax:03-6909-5986
http://www.foejapan.org/
-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 00:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年04月16日

報告:【2016年4月16日】街頭シール投票「阿蘇地震、原発だいじょうぶ?――日本にとって最大の危機は?」

有権者がどのような政策を一番問題だと考えているのかを探る街頭シール投票シリーズ5回目の報告です。

2016年4月16日
松戸駅西口
阿蘇地震、原発だいじょうぶ?――日本にとって最大の危機は?

目次:

1 まとめ
2 選択項目別集計
3 投票先別集計

1 まとめ

今日は午後3時50分から6時半までの2時間40分で16人以上の回答者だから、最近のシール投票の中では上々。
最大の危機として「地震と原発」を選択しても投票先に公明を選択した女性、選択項目には挙げなかった年金を一番問題だと指摘しながら自民を選択した女性の例のように、政策と投票先のねじれが今回も確認されました。
自民を選択した男性は震災復旧という点で自然災害対策を最大の危機として選択。
原発安全対策を選んだ女性は過去、白票を投じていました。投票先がないという有権者に対して野党が訴求できていません。
個別政治課題を越えたところに問題があります。政策本位の政党化と政党再編を促すという意味でも小選挙区制廃止の世論を主体的に顕在化していく必要があるでしょう。安保関連法のように相手からのお膳立てを期待できません。

2 選択項目別集計

第1問:阿蘇地震、原発だいじょうぶ?――日本にとって最大の危機は?

(番号)選択項目
総回答数 当該項目を選択した方の投票先の構成

(1)北朝鮮――米国の先制核攻撃戦略に続き、北朝鮮も先制核攻撃を表明。
0

「共産に入れるかな」と答えた年配女性は最初、「北朝鮮」の項目に投票しましたが、原発安全対策、在日米軍、地震と原発、戦争支援の項目を選択しました。北朝鮮は得たいがしれないし、拉致問題が脅威だと指摘。戦争には勝てないから先制攻撃はしないだろうとの点では概ね私と意見が一致。

(2)千葉県などでの放射性指定廃棄物の処分場の建設――憲法95条は地方自治体の意向無視を禁止。
(3)国防そのもの――「青年たちに生命の犠牲を求めるペテン行為」(池田大作創価学会名誉会長)
(4)海外邦人の救出――テロリスト集団ISによる人質事件で何人もからの救出申し出を蹴った日本政府。
(5)米国による戦争――IS兵士はイラク戦争なくしてISの誕生はあり得なかったと英紙に証言。
(6)武器輸出――戦闘機が中東パレスチナの攻撃に使われ、日本に対する信頼と安全を脅かすことに。

(7)自然災害対策――自衛隊全予算に占める自然災害対策予算は1%。
2 自民1、無回答1

投票先に自民を選んだ男性は、説明付きの項目を一通り読まれた上で、他の項目が比較的「まとまって」いるのに対して、東日本大震災で復旧すべきインフラが東北で残っていて長期対策が必要だという点で、自然災害対策を選択しました。
投票先が無回答の1人は小学6年の女子2人連れの1人。自衛隊全予算に占める自然災害対策予算が1%であることを説明すると、驚いていました。

(8)原発安全対策――第1次安倍政権は野党からの電源対策の不備を指摘されながら放置。
8 民進1、共産1、共産を含む野党統一候補1、社民1、白票1、「共産に入れるかな」1、無回答2

原発に危機感を覚えながらも、これまで投票先がなく白票を投じてきたという女性がいました。野党は政治意識が最も高い層をひきつけるものを持っていません。安保関連法廃止という点での立憲主義の回復という大義だけでは不十分だということを認める必要があります。
このように投票先がないと思っている層に対する訴求が必要なわけですが、政策本位の政党化と政党再編を促す小選挙区制の廃止などが、その答えだろうと私は考えています。
政党にしろ市民運動にしろ、選挙制度改正や小選挙区制廃止の圧倒的・顕在的な世論がないからと、これらを政治の俎上に載せないという方針をもう改める必要があります。
安保関連法などは法そのものの「成立」によって「後がない状況」が顕在化され、同法反対の世論が顕在し、10年以上前の市民運動による要求を無視してきた野党がようやく選挙共同の提案をするに至ったわけですが、小選挙区制については、法の成立や改悪といったプロセスがないだけに、これ以上追い込まれてしまうという感覚を覚えにくい類の政治領域となっています。
しかし、小選挙区制が棄損している国民主権と民主主義のインフラという領域こそ、後がないほどに主権者が追い込まれてしまった政治領域であり、安保関連法の時のように相手にお膳立てされて反対の世論が高まるということがないのです。
原発再稼働や安保関連法の「成立」などそのものが、小選挙区制による帰結としての後がない状況であって、これら個別政治課題の現状をもって小選挙区制廃止のモチベーションとするしかないのです。
そういう回路でしか小選挙区制廃止の世論は顕在化しません。小選挙区制廃止の世論は高まるのではなく高めるしかありません。
もうそろそろ個別政治課題にだけ縛られることから自分を解放しましょう。

(9)在日米軍(日米安保条約)――米国が日本を守る義務はなし。
5 共産を含む野党統一候補2、「共産に入れるかな」1、「投票に行かない」1、記録不明1

(10)地震と原発――阿蘇地震の震源は中央構造線上。過去、原発のある川内の沖合で震度7の地震。

5 共産1、公明1、「共産に入れるかな」1、「投票に行かない」1、記録不明1

地震と原発が危ないと思いながら投票先に原発再稼働を進める公明を選んだ女性がいました。連れの男性が言うには、彼女は政治的理由で公明を選んだのではないからと。想像がつきますが。こうしたねじれの例は過去にもありました。

(11)火山と原発――阿蘇山の破局噴火、過去には火砕流が北九州全域をのみ込む。

この項目を選択した方はゼロでしたが、阿蘇地域の場合、地震に火山が加わることを私が指摘すると、原発関連の項目を選択された方は、深刻さを認識された様子でした。

(12)原発輸出――三菱重工の蒸気発生器で放射能漏れ事故を起こした米国の原発は廃炉へ。
(13)低い被ばく防護基準――ウクライナは年1ミリシーベルト、日本は子供でも年20ミリシーベルト。

(14)テロ――ISは、安倍首相の無思慮の発言で日本人すべてを標的にすると明言。
1 社民1

(15)首相のリーダーシップ――安倍首相、広島土砂災害時にゴルフ、関東大雪時に天ぷら。

(16)戦争支援――イラク戦争支援から帰還した陸上自衛隊員の自殺率は一般国民平均の18倍。
2 共産1、「共産に入れるかな」1


3 投票先別集計

第2問:次の国政選挙、どこに投票する?

民進党を選んだ年配女性は第1問に答えませんでしたが、生活保護受給者を厳しく批判していました。昔は生活保護がなかった、働かないで年金受給額より多くをもらっているのはけしからんと。年金受給額を生活保護費より高くすべきだし、そもそも生活保護受給率は日本が1.6%、ドイツが9.7%(2010年、日弁連資料)と日本が低いことを私が説明しても、完全に納得された様子でもありませんでした。

この話を横で聞いていた年配女性も第1問に答えず、自民を選びましたが、彼女は年金が一番問題だと指摘していました。年金国際ランキングによれば日本は中国より下だと私が指摘すると、それなりに同意された様子でした。このように貧しい年金制度を維持してきたのは自民ですが、それでも自民を選択されるわけです。

自民 2
民進 2
大阪維新
公明 1
共産 3
共産を含む野党統一候補 3
社民 2
生活
元気
改革
次世代(日本のこころ)
その他
分からない 1
投票に行かない 1
白票 1
計 16


太田光征
posted by 風の人 at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

「311甲状腺がん家族の会」が県民健康調査検討委に「手術実態の解明に関する要請書」を送付

「過剰診断」によって不必要な摘出手術が行われたとしたら、これも問題です。

太田光征

以下、転載です。

-------- Forwarded Message --------
Subject: [CML 042976] 「311甲状腺がん家族の会」が県民健康調査検討委に「手術実態の解明に関する要請書」を送付
Date: Sat, 16 Apr 2016 19:20:28 +0900

「311甲状腺がん家族の会」が県民健康調査検討委に「手術実態の解明に関する要請書」を送付


京都の菊池です。

「311甲状腺がん家族の会」
(ホームページ
http://311kazoku.jimdo.com/ )
が、
3月末の福島県県民健康調査検討委員会の「中間とりまとめ」公表を受けて
4月4日、星北斗座長宛てに要望書を送付しました。
その要望書と
4/11付けのプレスリリースとを合わせて教えていただきました。


ぜひお読みください。ぜひ多くの人にお伝えください。
福島県県民健康調査検討委員会が
この「311甲状腺がん家族の会」の要請書へ誠実に対応するよう、関心を持ち注目ください。


〇4/11付けのプレスリリース


2016年4月11日
報道各位

「県民健康調査」検討委員会へ要請書を送付しました


 「福島県民健康調査」で甲状腺がんと診断された子どもたちの家族などによる当事者団体「3・11甲状腺がん家族会」は、
去る3月30日に公表された「県民健康調査」検討委員会の「中間とりまとめ」を受け、
別紙のとおり、星北斗座長宛の要請書を送付いたしました。

 当会の会員を含め、現在、福島県で手術を受けている子どもの7割以上が
リンパ節転移または1センチ以上の腫瘍となっており、中には肺転移に至っているケースもあります。低分化がんや再発例も少なくありません。通常の甲状腺がんに比べ、進行が早いのではないかという不安を抱いている家族もいます。
 一方、今回の「中間とりまとめ」は、
「過剰診断」が可能性を指摘しており、
不必要な摘出手術を行っていることとなり、
家族実感とは大きく乖離しています。

しかし、万が一、「過剰診断」による不必要な手術の施行があったとすれば、許されるものではありません。
 患者および家族の多くは、手術後の確定診断について腫瘍の大きさや病理診断の結果について報告を受取っておらず、今回の「中間とりまとめ」を受け、不安が募っています。

そこで、検討委員会に対し、第三者機関の設置と治療実態の解明を求めたものです。

 メディアの皆様もぜひ、今、県民健康調査の甲状腺検査における甲状腺がんの多発をめぐって、いったい何が起きているのか。解明につながるような取材および報道をお願いいたします。

以上

<本件お問い合せ先>
311甲状腺がん家族会・世話人広報
電話:070−3122−2011
メール:311tcfg@gmail.com




2016年4月4日
「県民健康調査」検討委員会 星北斗座長 殿


手術実態の解明に関する要請書


 春暖の候、貴下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。日頃は大変お世話になっております。
 さて去る3月30日、福島県のホームページにて、「福島県民健康調査」検討委員会の中間とりまとめが公表されました。
同報告書によると、甲状腺検査について、「わが国の地域がん登録で把握されている甲状腺がんの罹患統計などから推定される有病数に比べて数十倍のオーダーで多い甲状腺がんが発見されている。」とした上で、
「将来的に臨床診断されたり、死に結びついたりすることがないがんを多数診断している」可能性を示唆しています。
 県民健康調査の先行調査においては、甲状腺がん疑いと診断されている子どもの大半が、すでに手術を終えています。
検討委員会の中間とりまとめに従えば、これらの子どもたちは、「将来的に臨床診断されたり、死に結びついたりすることがないがん」を、不必要な手術により摘出されてしまった可能性があるということに他なりません。
 この中間とりまとめを受け、本会の会員は、大変なショックと不安を抱えています。
つきましては、以下について、早急にご対応していただきますようよろしくお願いいたします。



1、現在までに施行されている手術のうち、
いったい何例(あるいは何割)が、
本来であれば必要のない手術だったのか。
国立がんセンターのデータをもとに、疫学的な推計を算出してください。

2、医療過誤に詳しい法律家や病理学の専門家を含めた第三者検証機関を大至急設置し、
手術を終えた子どもたちの臨床データ(腫瘍の成長速度、組織診断内容、再発や転移の状況など)を
県立医大から入手した上で、
実際にどの子どもに過剰治療(医療過誤)が起きているのか、実態を解明してください。

3、第三者委員会の調査により、1の推計値と一致するような多数の過剰診療が起きていないと判断された場合、
中間とりまとめの内容を見直してください。

以上

311甲状腺がん家族の会
代表世話人 河合弘之
〒100-0011 東京都千代田区内幸町1-1-7NBF日比谷ビル16Fさくら共同法律事務所
事務局:070-3132-9155 Eメール:311tcfg@gmail.com



〇「311甲状腺がん家族の会」のホームページ
http://311kazoku.jimdo.com/
を継続してお読みください。


〇メールマガジン「菜の花だより」
も発信されるようになりましたので、
ぜひこちらもお読みください。

ホームページより


メールマガジン「菜の花だより」

会の活動や提言活動などの状況をお知らせするためにメールマガジン「菜の花だより」を発行しています。発行は不定期です。
講読をご希望の方は以下のメールアドレスに空メールをお送りください。
登録用メールアドレス
sub-199310@mc.melma.com
メルマガを解除したい場合は、以下のメールアドレスに空メールをお送りください
us-199310@mc.melma.com
無料のメルマガ発行ツールを利用していますので、広告が挿入されます。ご容赦ください。
発行ツール運営会社melme!の利用規約は以下となります。ご確認ください。
http://melma.com/contents/law.html


※この「311甲状腺がん家族の会」の副代表である、飛田晋秀さんが、4/24日曜日に京都で講演「甲状腺がん家族の会が求めていること」
をされます。
ご都合つきましたらぜひご参加ください。

詳しくは
【ご案内】「原発事故による低線量被ばくの健康被害を考えるー第5回京都公聴会」にご参加ください!
http://utukushima.exblog.jp/22699895/
を参照ください。


菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)
posted by 風の人 at 19:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

【2016年4月16日】街頭シール投票「阿蘇地震、原発だいじょうぶ?――日本にとって最大の危機は?」

有権者がどのような政策を一番問題だと考えているのかを探る街頭シール投票シリーズの5回目です。

本日は、阿蘇地震を受け、また安全保障を取り上げます。今回も、各項目の説明を省いた選択項目だけを投票ボード表面に載せ、説明を別紙として投票者に渡します。ボード裏面には投票先の質問を載せます。

松戸駅の西口か東口で午後3時半くらいから午後6時半くらいまで行います。ぜひご参加ください。


第1問:阿蘇地震、原発だいじょうぶ?――日本にとって最大の危機は?


(1)北朝鮮――米国の先制核攻撃戦略に続き、北朝鮮も先制核攻撃を表明。
(2)千葉県などでの放射性指定廃棄物の処分場の建設――憲法95条は地方自治体の意向無視を禁止。
(3)国防そのもの――「青年たちに生命の犠牲を求めるペテン行為」(池田大作創価学会名誉会長)
(4)海外邦人の救出――テロリスト集団ISによる人質事件で何人もからの救出申し出を蹴った日本政府。
(5)米国による戦争――IS兵士はイラク戦争なくしてISの誕生はあり得なかったと英紙に証言。
(6)武器輸出――戦闘機が中東パレスチナの攻撃に使われ、日本に対する信頼と安全を脅かすことに。
(7)自然災害対策――自衛隊全予算に占める自然災害対策予算は1%。
(8)原発安全対策――第1次安倍政権は野党からの電源対策の不備を指摘されながら放置。
(9)在日米軍(日米安保条約)――米国が日本を守る義務はなし。
(10)地震と原発――阿蘇地震の震源は中央構造線上。過去、原発のある川内の沖合で震度7の地震。
(11)火山と原発――阿蘇山の破局噴火、過去には火砕流が北九州全域をのみ込む。
(12)原発輸出――三菱重工の蒸気発生器で放射能漏れ事故を起こした米国の原発は廃炉へ。
(13)低い被ばく防護基準――ウクライナは年1ミリシーベルト、日本は子供でも年20ミリシーベルト。
(14)テロ――ISは、安倍首相の無思慮の発言で日本人すべてを標的にすると明言。
(15)首相のリーダーシップ――安倍首相、広島土砂災害時にゴルフ、関東大雪時に天ぷら。
(16)戦争支援――イラク戦争支援から帰還した陸上自衛隊員の自殺率は一般国民平均の18倍。


第2問:次の国政選挙、どこに投票する?


太田光征
posted by 風の人 at 14:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年04月12日

参院比例の投票先として自民40%はあり得るか?――電話世論調査ではなく街頭世論調査を実施すべき

こんな結果があり得るでしょうか。小選挙区ではなく比例区で。

参院比例「自民」40% 朝日新聞4月世論調査:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASJ4C4WG5J4CUZPS004.html

電話を使った世論調査ですが、固定電話でしょうか。そうであれば従来から指摘されているように回答者は年配者に偏ってしまいます。世論調査では原則的に電話を使うべきではないでしょう。電話を使う場合には、回答者の年齢分布も示すべきです。

「平和への結集」をめざす市民の風ではくそ寒い中、昨年11月から今年2月初旬の3カ月もかけて街頭世論調査を実施しました。

街頭世論調査「次の国政選挙、どこに投票する?/小選挙区制に賛成・反対?」 報告書
http://kaze.fm/documents/Street_Poll_Report_20160222.pdf

メディア各社は内閣支持率などについては頻繁に世論調査を実施するわりに、現在の政治を大きく規定している選挙制度については、ほとんど実施しません。各社は現在の選挙制度、特に小選挙区制に対する賛否を調査すべきです。


太田光征
posted by 風の人 at 10:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年04月08日

憲法違反の「戦争法」?損害賠償原告を募集

-------- Forwarded Message --------
Subject: [CML 042841] Re: 憲法違反の「戦争法」−損害賠償原告を募集
Date: Thu, 7 Apr 2016 23:44:27 +0900

みなさん奥村さん
お疲れさま
東京で生田暉雄弁護士のお話を聞きました、
この違憲訴訟は日本史・現代史の分かれ道です、
ただ勝つには訴訟を全県で行うことと、原告がどのくらい増えるかだと
思います。
みんな集団的自衛権、安保法制では危機感を持ち怒っています。
怒っていることを、違憲訴訟に選挙にデモ・集会・座り込み等
行動で示すことでしょう。
主権者の不断の努力がアベクーデター政権を倒すことだと思います、
命と生活を守る闘い、遺書を持つ自衛隊員を引き止めなければなりません。
憲法九条は日本と世界の命です。

安保法制違憲訴訟埼玉の会 世話人石垣敏夫
 連絡先 埼玉 090-1702-8944
     東京 03-3780-1260 

憲法違反の「戦争法」−損害賠償原告を募集

愛媛の奥村です。
BCCで送ります。転送歓迎
重複される方、すみません。

----------------------
● 憲法違反の「戦争法」強行成立−損害賠償訴訟の原告を募集!!

安倍晋三内閣は、「国際平和支援法」と10本の戦争関連法からなる憲法違反の「平
和安全法制整備法」(「戦争法」)を衆議院本会議及び参議院本会議において強行可
決し、成立させました(権力の濫用)。日本国憲法は、このような権力の濫用を制限
し、私たちの自由(人権)を守るために権力の行使を〈法〉で縛る立憲主義原理を採
用しています。

そこで、「戦争法」を廃止させる一つの方法としてこの立憲主義原理を活用し、権
力を濫用し同法を強行成立させた国会議員(地元選出)に対して、侵害される私たち
の〈平和的生存権・基本的人権〉に対する精神的苦痛の損害賠償を求める訴えを松山
地方裁判所に起こします。

「戦争法」が違憲違法である理由の概要
@「戦争法」の立法手続きに、違憲・違法がある。
A「戦争法」は、国際法上の地位にある憲法9条などの恒久平和主義に反する。
B「戦争法」の強行成立は、立憲主義に反する。
C「戦争法」は、国民主権の基本原理に反する。
D「戦争法」は、「自衛」という名の「侵略」に加担する。
E「戦争法」は、世界の紛争を拡大する。
F「戦争法」の強行成立は、議員の職権濫用である(刑事犯罪)。
G「戦争法」は、世界の人々の〈平和的生存権・基本的人権〉を侵害する。

●原告受付期限(5月10日:提訴予定5月下旬)
●国籍・年齢は問いません。訴訟手続き費:1000円
●裁判経過報告などは、下記ホームページとメールに限定。

●えひめ教科書裁判では、本人訴訟原告と弁護士とがスクラムを組んできました。当
訴訟も、本人訴訟原告と弁護士とがスクラムを組みます。
詳細は下記メールで合わせください。
原告手続きの方法などの説明書をお送りします。

本人訴訟であれば、一人でも裁判を起こせます。
全国各地でジャンジャン 裁判を起こしませんか!

訴状などの見本などを下記ホームページに掲載。
自由に活用ください。

訴状案
http://www.geocities.jp/peacefulmamapapa/2.pdf

裁判原告募集ちらし
http://www.geocities.jp/peacefulmamapapa/1.pdf

当裁判のホームページ
http://www.geocities.jp/peacefulmamapapa/

みなさんからの資料など提供を歓迎!!
法律を専攻している学生のみなさん、法律の知識を活用してみませんか!!

呼びかけ
えひめ教科書裁判を支える会
「戦争法(安保法)」廃止!Net・今治(有志)
Kimagure53998@yahoo.co.jp

***************
Okumura Etuo
gf742bpjye82j6v7vzw2@mopera.net

安倍政権の「教育再生」の問題点
教育委員会制度とは 画像13分43秒
https://www.youtube.com/watch?v=iByza-XunEQ
安倍自民党政権の「教育再生」は、憲法改悪の地ならし-資料
http://kyoukasyosaiban.web.fc2.com/sub6/2013/saisei.html
「原発安全神話と教科書記述−検定基準改悪」 画像5分49秒
http://www.youtube.com/watch?v=1l6SToOmnk4
えひめ教科書裁判 資料
http://kyoukasyosaiban.web.fc2.com/sub2.htm
憲法活用が、憲法「改悪」の〈ちから〉!
http://kyoukasyosaiban.web.fc2.com/sub8.htm
****************

以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年04月04日

報告:【4月3日】街頭シール投票「世界一高い学費でいい?――日本の最もダメな政策は?」

今回も4時間近くで3人と絶望的なほど回答者が少ないのですが、有権者がどのような政策を一番問題だと考えているのかを探る街頭シール投票シリーズ4回目の報告です。鎌ヶ谷の村松さんに短時間ですが参加していただけました。感謝です。

2016年4月3日
松戸駅西口
世界一高い学費でいい?――日本の最もダメな政策は?

目次:

1 まとめ
2 選択項目別集計
3 投票先別集計

1 まとめ

都内で実施した街頭世論調査「次の国政選挙、どこに投票する?/小選挙区制に賛成・反対?」(http://kaze.fm/)と比べ、松戸での一連の街頭シール投票では回答者が極端に少なく、今回が時間当たりでは最低となりました。「世界一高い学費でいい?」の呼び込みに対する関心の少なさを反映している可能性があります。
TPPという重要政策に反対しながらも、投票するとすれば自民と答えた方がいました。こうしたねじれは自民選択層では珍しくないようです。
「共産を含む野党統一候補」を選択するような方でも国会議員定数が多いと答えていましたが、日本の国会議員数が世界的に少ないことをご存じありませんでした。上記世論調査でも同じような回答者に会っています。
ここに民主主義上の決定的な対立軸があり、与野党の差別化を図る余地があるといえます。が、政党は力を入れないのです。「金目」の政策ばかりを訴えて。有権者を信じていないのでしょう。

2 選択項目別集計

第1問:世界一高い学費でいい?――日本の最もダメな政策は?

(番号)選択項目
総回答数 当該項目を選択した方の投票先の構成

(1)世界一高い学費――OECD加盟国で授業料無償化や給付制奨学金を導入していないのは日本だけ。
1 自民1

この項目を選択したのは、(5)のTPPを選んだのと同じ方で、高校も実質的に義務教育化して無料にすべきとのお考えです。

(2)経済的徴兵制――自衛隊入隊で大学院生の学費を援助。奨学金滞納者リストが防衛省に。
(3)低い被ばく防護基準――ウクライナは年1ミリシーベルト、日本は子供でも年20ミリシーベルト。

(4)法人税減税――日本の法人実効税率は先進国の平均並み。消費税は法人/所得税減税の穴埋めに。
1 無回答1

これを選んだのは若い男性で、時間がなく理由と投票先を聞けませんでした。

(5)TPP――米教授「米国にとってTPPの効果はほぼゼロと推計」
1 自民1

TPPはバランスが悪く日本にとってマイナスだろうと語った方は、投票にいかない様子でしたが、自民はTPPを推進しているので矛盾すると認めながら、投票するとすれば自民だということです。
民進党では経済は期待できないし、国際的に摩擦を起こすのでダメとのこと。
手薄い生活保護とは何かに関心を持たれていたので私が日独の説明(受給率は日本が1.6%、ドイツは9.7%)をしたところ、少し驚かれていた様子でした。
消費税についても景気を悪くするので問題だと考えている方ですが、輸出企業に対する消費税の還付についてはご存じない様子でした。

(6)日米安保条約――米国が日本を守る義務はなし。
1 共産を含む野党統一候補1

共産単独でもいいがそれだと政権を取れないので野党統一候補がいいとのことです。

(7)手薄い生活保護――受給率は日本が1.6%、ドイツは9.7%(2010年、日弁連資料)。
(8)弱い民主主義――日本の女性国会議員比率はOECD加盟国中で最下位。世界一高い政党交付金。
(9)年金制度――マーサー社年金ランキングで日本は25ヶ国中23位、中国より下。
(10)年金積立金の株式運用で株価維持――約10兆円の損。基礎年金を株で運用する国は日本以外にない。

(11)消費税――米国では連邦税に消費税がない。
1 生活1

この項目は若い女性が選んでくれました。

(12)在日米軍への支援――税金支出は年5000億円以上。
1 共産を含む野党統一候補1

これを選んだのは(6)と同じ方です。

(13)「下々はおこぼれに」のトリクルダウン理論――竹中平蔵氏「トリクルダウンは起きない」。
(14)介護労働――日本の施設介護の労働者数はOECD諸国の中で最低レベル(2013年OECD報告書)。

(15)日本の国会議員定数――日本より人口の少ないドイツの下院定数は598、日本の衆院定数は475。
1 共産を含む野党統一候補1

これを選んだのも(6)と同じ方ですが、多すぎるという意味で国会議員定数が問題だとのお考えです。しかし、日独の比較を説明すると、非常に驚かれていました。

(16)規制緩和――認可外保育施設の子どもの死亡事故発生率は認可保育所の45倍(厚労省14年資料)。
(17)原発輸出で経済成長――三菱重工の蒸気発生器で放射能漏れ事故を起こした米国の原発は廃炉へ。

(18)第1問、第2問とも無回答

立憲主義という一番大事な項目がないと語った方、大日本帝国…と語り自分のジャケットの日の丸バッジを掴みさした年配男性など、計4人の方とも対話をしました。
立憲主義や安保関連法は市民運動が積極的に取り上げるので、街頭投票シリーズではあえて取り上げていません。

3 投票先別集計

第2問:次の国政選挙、どこに投票する?

自民 1
民進
大阪維新
公明
共産
共産を含む野党統一候補 1
社民
生活 1
元気
改革
次世代(日本のこころ)
その他
分からない
計 3

両質問に無回答 4


太田光征
posted by 風の人 at 01:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年04月02日

【2016年4月3日】街頭シール投票「世界一高い学費でいい?――日本の最もダメな政策は?」

有権者がどのような政策を一番問題だと考えているのかを探る街頭シール投票シリーズの4回目です。

今回は、1回目の選択項目のほとんどを再掲し、各項目の説明を省いて選択項目だけを投票ボード表面に載せ、説明を別紙として投票者に渡そうと思います。ボード裏面にはこれまでと同様に投票先の質問を載せます。

松戸駅の西口か東口で午後1時くらいから午後5時くらいまで行います。ご関心があれば都合のいい時間帯でご参加ください。


第1問:世界一高い学費でいい?――日本の最もダメな政策は?

(1)世界一高い学費――OECD加盟国で授業料無償化や給付制奨学金を導入していないのは日本だけ。
(2)経済的徴兵制――自衛隊入隊で大学院生の学費を援助。奨学金滞納者リストが防衛省に。
(3)低い被ばく防護基準――ウクライナは年1ミリシーベルト、日本は子供でも年20ミリシーベルト。
(4)法人税減税――日本の法人実効税率は先進国の平均並み。消費税は法人/所得税減税の穴埋めに。
(5)TPP――米教授「米国にとってTPPの効果はほぼゼロと推計」
(6)日米安保条約――米国が日本を守る義務はなし。
(7)手薄い生活保護――受給率は日本が1.6%、ドイツは9.7%(2010年、日弁連資料)。
(8)弱い民主主義――日本の女性国会議員比率はOECD加盟国中で最下位。世界一高い政党交付金。
(9)年金制度――マーサー社年金ランキングで日本は25ヶ国中23位、中国より下。
(10)年金積立金の株式運用で株価維持――約10兆円の損。基礎年金を株で運用する国は日本以外にない。
(11)消費税――米国では連邦税に消費税がない。
(12)在日米軍への支援――税金支出は年5000億円以上。
(13)「下々はおこぼれに」のトリクルダウン理論――竹中平蔵氏「トリクルダウンは起きない」。
(14)介護労働――日本の施設介護の労働者数はOECD諸国の中で最低レベル(2013年OECD報告書)。
(15)日本の国会議員定数――日本より人口の少ないドイツの下院定数は598、日本の衆院定数は475。
(16)規制緩和――認可外保育施設の子どもの死亡事故発生率は認可保育所の45倍(厚労省14年資料)。
(17)原発輸出で経済成長――三菱重工の蒸気発生器で放射能漏れ事故を起こした米国の原発は廃炉へ。


第2問:次の国政選挙、どこに投票する?


太田光征
posted by 風の人 at 19:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

報告: 【3月27日】街頭シール投票「在日米軍は必要?――日本の最もダメな安全保障政策は?」

有権者がどのような政策を一番問題だと考えているのかを探る街頭シール投票シリーズ3回目の報告です。

2016年3月27日
松戸駅西口
在日米軍は必要?――日本の最もダメな安全保障政策は?

目次:

1 まとめ
2 選択項目別集計
3 投票先別集計

1 まとめ

「在日米軍は必要か?」で呼び込んだ今回は、「年金下がった日本死ね?」を呼び込みに使ったシリーズ第1回と比べ、時間当たりの回答者数がやや減少。回答者数が少なく確定的な比較は困難ですが、安全保障は社会保障より関心が薄いとすれば、商業メディアによる世論調査の結果と一致しています。
回答者数が少ないものの、投票先に民進党を選んだ方はゼロ。
安保関連法を「戦争法」と呼ぶことは好ましくないでしょう。
放射性指定廃棄物処分場の問題に関心を示した若者がいたことはある意味で希望。

2 選択項目別集計

第1問:在日米軍は必要?――日本の最もダメな安全保障政策は?

(番号)選択項目
総回答数 当該項目を選択した方の投票先の構成

(1)在日米軍(日米安保条約)。米国が日本を守る義務はなし。
3 共産を含む野党統一候補1、無回答1、その他(共産を含まない野党統一候補1)

「共産を含む野党統一候補」を選んだ女性は民主党が頼りない、共産党は共産主義でダメという方で、明確な反自民でありながら投票先が分からない様子でしたが、私が野党統一候補を実現する運動をしていると説明すると、これがいいと回答。
投票先を「共産を含まない野党統一候補」と答えた男性も「在日米軍は必要か」の呼び込みに「要らない」ときっぱり。この投票先を答えた方に会ったのは初めて。

(2)千葉県などでの放射性指定廃棄物の処分場の建設。憲法95条は地方自治体の意向無視を禁止。
1 無回答1

この項目を選んだのは若い男性。他の項目にも結構目を通した後での選択です。憲法との関係を聞く時間がありませんでしたが、軍事や原発そのものではないリスクとしての放射性指定廃棄物処分場の問題に関心を示しているのは、ある意味で希望があります。

(3)国防。「青年たちに生命の犠牲を求めるペテン行為」(池田大作創価学会名誉会長)
(4)海外邦人の救出。テロリスト集団ISによる人質事件で何人もからの救出申し出を蹴った日本政府。

(5)米国による戦争。IS兵士はイラク戦争なくしてISの誕生はあり得なかったと英紙に証言。
1 次世代1

子連れのご夫婦のお父さんがこの項目を選択。次世代の党という保守政党を選ぶ方でも米国による戦争に反対しているわけです。
お母さんの方は無回答でしたが、小さい娘さんにお母さんは厳しいねと言われるほど、一度自民だったかに投票した後、裏切られているので投票していない、投票先がないとのこと。政党再編を強く願っていました。

(6)武器輸出。戦闘機が中東パレスチナの攻撃に使われ、日本に対する信頼と安全を脅かすことに。
1 共産を含む野党統一候補1

(7)自然災害対策。自衛隊全予算に占める自然災害対策予算は1%。
(8)原発安全対策。第1次安倍政権は野党からの電源対策の不備を指摘されながら放置。

(9)第1問、第2問とも無回答

投票するとしたら与党系だが投票先がないとやや嘆き調に答えた男性は、ネクタイを締め、いかにも物が分かった風の方。
この方は第1問には無回答だったと思いますが、安保関連法は必要だという立場です。イラク戦争がISを生んだとの私の見方に対してはイラク戦争以前にIS誕生の背景があると考えておられ、ISはイスラム教の立場ではなく単に利用しているだけだと喝破。
太田の思想的立場はどうかと聞くので、例えば安保関連法には反対だと答えると、そうだろうなと。
シール投票を頑張れといって別れていくような方です。こうした方とコミュニケーションの回路を保つには、安保関連法を「戦争法」と呼ぶ意義はないと思われます。


3 投票先別集計

第2問:次の国政選挙、どこに投票する?

自民 1
民進
大阪維新
公明
共産
共産を含む野党統一候補 1
社民
生活
元気
改革
次世代(日本のこころ) 1
その他 3
分からない
計 6

両質問に無回答 3


太田光征
posted by 風の人 at 16:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

報告: 【3月26日】街頭シール投票「北朝鮮けしからん?――日本にとって最大の危機は?」

有権者がどのような政策を一番問題だと考えているのかを探る街頭シール投票シリーズ2回目の報告です。

2016年3月26日
松戸駅西口
北朝鮮はけしからん?――日本にとって最大の危機は?

目次:

1 まとめ
2 選択項目別集計
3 投票先別集計

1 まとめ

「北朝鮮」という言葉に対する反応の高さを予想しましたが、そうでもありませんでした。回答者数が少なく比較にあまり確定的な意味はありませんが、「年金下がった日本死ね?」を呼び込みに使ったシリーズ第1回と比べ、時間当たりの回答数にあまり違いがありません。
回答者数が少ないものの、投票先に民進党を選んだ方はゼロ。
「共産を含む野党統一候補」を選ぶような方でも、韓国に嫌悪感を示される方がいました。

2 選択項目別集計

第1問:北朝鮮けしからん?――日本にとって最大の危機は?

(番号)選択項目
総回答数 当該項目を選択した方の投票先の構成

(1)北朝鮮。米国の先制核攻撃戦略に続き、北朝鮮も先制核攻撃を表明。
2 自民1、無回答1

自民を選んだのは若い男性で、理由は戦争で景気を良くしたいからだそう。ようやくこういう若者と実際に話しができました。戦争相手はアジアの国かロシアで、日本が負けても構わないとのこと。
ここまでの考え方は極端だとしても、景気のためには犠牲はやむを得ないという考え方が若い層に根強いのでしょうか。

(2)千葉県などでの放射性指定廃棄物の処分場の建設。憲法95条は地方自治体の意向無視を禁止。
(3)国防。「青年たちに生命の犠牲を求めるペテン行為」(池田大作創価学会名誉会長)

(4)海外邦人の救出。テロリスト集団ISによる人質事件で何人もからの救出申し出を蹴った日本政府。
1 無回答1

(5)米国による戦争。IS兵士はイラク戦争なくしてISの誕生はあり得なかったと英紙に証言。
(6)武器輸出。戦闘機が中東パレスチナの攻撃に使われ、日本に対する信頼と安全を脅かすことに。
(7)自然災害対策。自衛隊全予算に占める自然災害対策予算は1%。

(8)原発安全対策。第1次安倍政権は野党からの電源対策の不備を指摘されながら放置。
2 共産1、共産を含む野党統一候補1

「共産を含む野党統一候補」を選んだ年配女性は、お父様が演説しただけで逮捕されたという共産党員だったそうで、安倍首相はまっぴらなのですが、石原慎太郎元都知事の後継となった猪瀬直樹前都知事は舛添要一現都知事よりマシと考えています。舛添都知事が韓国人学校に都有地を貸すことには大反対で、日本が従軍慰安婦の問題で韓国に謝り続けることにも嫌悪感を示されていました。

(9)第1問、第2問とも無回答

「北朝鮮…」の呼び込みに(危機は)「中国」と応えた男性は、米国によるイラク戦争の間違いを指摘。投票するとすればどうも自民という感じの方。


3 投票先別集計

第2問:次の国政選挙、どこに投票する?

自民 1
民進
大阪維新
公明
共産 1
共産を含む野党統一候補 1
社民
生活
元気
改革
次世代(日本のこころ)
その他
分からない 2
計 5

両質問に無回答 2


太田光征
posted by 風の人 at 16:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

米軍基地の中は無法地帯:芥川賞作家、辺野古で米軍に拘束される

芥川賞作家、辺野古で米軍に拘束される | 沖縄タイムス+プラス
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=161601

三宅 俊司 - 日本の刑事司法は、米軍基地の前で死んでいます。... | Facebook
https://www.facebook.com/shunji.miyake.1/posts/939510042813684

米軍に監禁拘束「異常 基地の中は無法地帯」4/1弁護士の会見 沖縄・中城海上保安部前 撮影@atsushi_mic - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=c27GIX1bBUQ&feature=youtu.be


太田光征
posted by 風の人 at 13:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

4/3(日)報告集会「TPP協定の全体像とその問題点」@全水道会館(水道橋)

紅林進です。

4月3日(日)に東京・水道橋の全水道会館にて開催されます
報告集会「TPP協定の全体像とその問題点」のご案内を転載
させていただきます。

(以下、転送・転載・拡散大歓迎)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
┃報告集会 TPP協定の全体像とその問題点
┃ https://www.facebook.com/events/841986249246060/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・

 昨年10月に「大筋合意」をし、2月4日に12か国での署名が
行われたTPP協定。日本政府は暫定仮訳を公開していますが、
そもそも協定文は本文と付属書だけでも5000ページを超える
膨大な量であり、付属書や二国間交換文書など関連文書
すべてが公開・翻訳されているわけでもありません。
TPPの全体像を十分に把握し、私たちの暮らしや日本社会
にとっての問題や懸念を精査することはまだまだ時間
がかるといえます。米国はじめ各国でも、
協定文の公開以降、国会議員や市民団体が
分析と問題提起を続けています。

 TPPは農産品の関税だけの問題でなく、投資や金融、
食の安全基準や食品表示、サービス貿易全般も含んでおり、
さらには国有企業や電子商取引などこれまでの貿易協定に
なかった分野もカヴァーする実に多岐にわたる内容です。

  日本政府は関連法案をまとめ、3月中にも特別委員会を設置し
4月から批准のための審議を本格化するといわれています。
しかし十分な情報公開と議論、専門家・各自治体による
詳細な影響評価もなされないまま「批准ありき」で審議が進む
ことは絶対に避けなければなりません。

 私たちTPPに強い懸念を持つ市民団体・農業団体
労働組合などは11月に「TPPテキスト分析チーム」を立ち上げ、
問題点をまとめてきました。2月の報告集会後、さらに
「保険(共済含む)」「中小企業」「地域経済」分野を広げて
分析を続け、このたび第2次報告として、下記のとおり公開の
報告集会を行ないます。多くの方々と問題を共有し、
幅広い議論を起こしたいと一同願っております。
ぜひご参加ください。

●日時:2016年4月3日(日)10:00〜17:00
 ※開場9:30
●会場:全水道会館 4階 大会議室 
 ※会場地図はこちら
http://www.mizujoho.com/front/bin/ptlist.phtml?Category=9177

●資料代:1000円 ※先着順(定員160名)
  ※2月5日に公開した報告書に新たな分野、
  補足分析を加え今回公表します。

◆お申し込み:下記のフォームにて送信いただくか、
 メール、電話にてお名前申込人数をご連絡ください。
 申込フォーム:こちら
http://www.parc-jp.org/guidance/form02.html


【プログラム】
 10:00 【オープニング】TPPの全体像とその問題点
     内田聖子(PARC事務局長)
 10:20 【セッション1】
     「農」と「食」はどうなる?―農産品関税、食の安心・安全
     ◆報告者:岡崎衆史(農民連国際部副部長)
          山浦康明(TPPに反対する人々の運動、明治大学)
     ◆コメンテーター:山田正彦(TPP交渉差止・違憲訴訟の会幹事長)
     ◆質疑応答
 11:45 【セッション2】
     進む「いのち」の市場化―医療・医薬品・国民皆保険の行方
     ◆報告者:寺尾正之(全国保険医団体連合会)
     ◆質疑応答
(昼食休憩60分)
 14:00 【セッション3】
     地域経済と公共サービスへの影響―政府調達・公共サービス・国有企業
     ◆報告者: 近藤康男(TPPに反対する人々の運動)
     ◆コメンテーター:山田正彦(TPP交渉差止・違憲訴訟の会幹事長)
     ◆質疑応答
 15:30 【セッション4】
     誰のための「ルール」なのか?−金融・投資・サービス貿易
     ◆報告者:相沢幸悦(埼玉学園大学経営学部教授)
          内田聖子(PARC事務局長)
          和田聖仁(TPP交渉差止・違憲訴訟の会副代表、弁護士)
          三雲崇正(TPP交渉差止・違憲訴訟の会、弁護士)
     ◆質疑応答

16:55 閉会

〈主催〉 TPPテキスト分析チーム
山田正彦(元農林水産大臣、TPP交渉差止・違憲訴訟の会幹事長)/内田聖子
(アジア太平洋資料センター事務局長)/近藤康男(TPPに反対する人々の運動)
/和田聖仁(TPP交渉差止・違憲訴訟の会副代表、弁護士)/山浦康明(TPPに
反対する人々の運動、明治大学)/東山 寛(北海道大学准教授)/岡崎衆史
(農民連国際部副部長)/坂口正明(全国食健連事務局長)/寺尾正之(全国
保険医団体連合会)/布施恵輔(全労連国際局)/三雲崇正(TPP交渉差止・
違憲訴訟の会、弁護士)他


〈お問い合わせ先〉
特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC)
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL.03-5209-3455 FAX.03-5209-3453 
E-mail: office@parc-jp.org  
http://www.parc-jp.org/

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 13:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年03月31日

対訳ニュースレター98号 アレン・ダレスと米国の影の政府

日付: 2016年3月31日 3:38
件名: 対訳ニュースレター 第98号 アレン・ダレスと米国の影の政府

Newsletter Vol. 98 (2016.03.30)

アレン・ダレスと米国の影の政府

(2015年10月13日に放送)

コピーライトマーク 2016 デモクラシー・ナウ!

第二次戦後のアメリカの国家体制で特徴的なのは「国家安全保障体制」、すなわち国家安全保障委員会(NSC)、CIA、国防総省、統合参謀本部といった新しい官僚機構がつくりだす半永久的な軍事動員体制です。アメリカという国家に脅威をもたらす可能性のあるものは全て先制攻撃で排除しなければなりません。国家安全保障の範囲も、最初は領土や軍事的なものでしたが、次第に経済的な安定や資源供給の確保、環境保全なども含むようになり、仮想敵とされるものも国家だけではなく、麻薬カルテルやゲリラに拡大しています。今日ではテロリストがそれに追加されました。しかし、こうした脅威に対抗する措置は、しばしば個人の自由や知る権利を侵害します。民主主義の国を守るために、極めて非民主的な影の要素が肥大し��!
�いく�
��は奇怪なことですが、これが今現在も民主的に選出された大統領の手足を縛っているようです。このような体制が築かれることになったのは、どういう経緯によるのでしょうか。この過程に大きな役割を果たしたと見られるのが「CIAの育ての親」アレン・ダレスです。ダレス長官時代にCIAは大統領も手玉にとるような強大な組織に成長しました。国の法規を無視し、議会や大統領にも従わず、自前で予算を調達し非合法活動に走るという暴走ぶりで、まさに影の政府を作り上げたのです。1950年代の出来事をいま一度ふり返り、権力の内部に別の指揮系統を作り上げることになった具体的な経緯と、ケネディ政権とダレスの確執について見てみましょう。主流マスコミが忌避するケネディ暗殺の黒幕についても、興味深いの洞察が示��!
�れて��
�ます。(中野真紀子)

*デイビッド・タルボット(David Talbot):Salon.comの創設者、元CEO・編集長。新刊The Devil’s Chessboard: Allen Dulles, the CIA, and the Rise of America’s Secret Government(『悪魔のチェスボード アレン・ダレスとCIA、米国の影の政府の出現』) の著者。Brothers: The Hidden History of the Kennedy Years(『兄弟 ケネディ時代の秘史』)はベストセラー

字幕付き動画

http://democracynow.jp/video/20151013-3 http://democracynow.jp/video/20151019-3

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年03月29日

【2016年4月2日】ミニ学習会「西尾理論を検証する」のご案内

皆様よろしくご参加ください
========================================
放射線被ばくを学習する会
4.2 ミニ学習会「西尾理論を検証する」のおしらせ
========================================

昨年10月、岡山大学の津田敏秀氏が国際環境疫学会が発行する医学雑誌「エピデミオロジー(Epidemiology)誌に論文を発表しました、福島県の小児甲状腺がんは多発であり、スクリーニング効果でもないことを、疫学的に証明しました。福島県立医大がそれに反発したのは予想されたことでしたが、反被ばく派としてつとに知られる西尾正道氏(北海道がん研究センター名誉院長)が強硬に津田論文に反対したことも印象的でした。
4月2日のミニ学習会では、西尾氏の津田論文に反対する論点を知り、その根源を考察したいと思います。また、西尾氏特有の内部被ばく理論も冷静に検証します。

本題に入る前には、「NNNドキュメント THE 放射能/ 人間vs.放射線/科学はどこまで迫れるか?」を振り返ります。放射線による健康影響に関して、わが国にはどのような科学的論点があって、どのような論者がいるのか、鳥瞰図相関図を描いてみたいと思います。

もちろん質疑応答、皆さんとの討論が主役です。
話題提供:田島直樹・共同代表

4月2日(土)午後1時開場、1時1 5 分〜5時10 分
文京区・アカデミー茗台学習室A
地図http://goo.gl/ndwbb0

参加費:500 円(学割あり)
要申込み:先着60名
申込先:anti-hibaku@ab.auone-net.jp
問合せ:090-3577-4844温品(ぬくしな)惇一

放射線被ばくを学習する会: http://www57.atwiki.jp/20030810/

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 10:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年03月21日

結果報告: 【3月20日】街頭シール投票「年金下がった日本死ね?――ヤバい政策ランキング」

「保育園落ちた日本死ね」にひっかけた第1回街頭シール投票「年金下がった日本死ね?――ヤバい政策ランキング」の結果を報告します。場所は松戸駅西口です。



目次:

1 まとめ
2 選択項目別集計
3 投票先別集計

1 まとめ

調査では第1問で9つの選択項目を示し、最もダメだと思う政策を選んでもらいました。当初、1項目だけを選んでもらうつもりでしたが、複数回答可としました。回答者数はさんざんで、13人から17人の間です。第2問の投票先ではなぜか公明党の比率が異様に高いものとなりました。

ランキングでは「公的教育予算のGDPに占める割合」を問題にした方が最多ですが、サンプル数が少ないのでこれが最も関心があるとは言い切れません。

今に分かったことではありませんが、自分の見解と支持する政党の政策にかなり本質的なねじれがあっても当該政党を支持している例があります。

自民を選ばなかった方の中に、消費税がなければ福祉財源を賄えないと誤解されていた方がいました。単純な情報提供で誤解を解く余地はあるということです。


2 選択項目別集計

(番号)選択項目
総回答数 当該項目を選択した方の投票先の構成

(1)日本の年金制度。マーサー社年金ランキングで日本は25ヶ国中23位、中国より下。
3 民主1、その他1、未回答1

(2)年金積立金の株式運用で株価維持。約10兆円の損。基礎年金を株で運用する国は日本以外にない。
2 分からない2

回答者はご夫婦2人のようで、明確に反自民だが投票先が分からないといいます。

(3)消費税。米国では連邦税に消費税がない。
1 民主1

(4)在日米軍への支援。税金支出は年5000億円以上。
0

サンプル数が少ないので確定的なことはいえないが、(9)の原発を選んだ方が1人だけと同様に少なく、市民運動が特に関心を持つ原発・米軍関係の重要度が低いことが想像されます。

(5)「下々はおこぼれに」のトリクルダウン理論。竹中平蔵氏「トリクルダウンは起きない」。
1 自民1

この項目を選んだのは投票先を自民と回答した年配の男性で、安保関連法は厳格に監視をした上で運用すべきで戦争を望むものではないといいます。市民運動が安保関連法批判を行うのであれば相当に説得力のある言葉が必要になります。このことは皆さんが経験済みのことでしょう。
この方は(2)の年金積立金の株式運用で株価維持には大賛成で、これが日本経済を支えていると断言します。
一方で、国会議員の定数削減は間違っている、消費税は低所得者に重いと語り、私が質問した富裕者税には賛成するなど、私と一致点はあるものの、やはり自民党しかいないと答えるのです。

(6)公的教育予算のGDPに占める割合。日本はOECD加盟34カ国中で最下位。
5 自民1、共産1、公明1、おおさか維新1、未回答1

投票先に公明とおおさか維新を選んだのは高校生の友達連れ2人で、公明を選んだ理由は親が創価学会員だからと臆することなく語り、おおさか維新を選んだのは自民のように口先だけでなく大阪都構想などで橋下氏が実行力を持っているからなのだそうです。

(7)日本の国会議員定数。日本より人口の少ないドイツの下院定数は598人、日本の衆院定数は475人。
4 民主1、共産を含む野党統一候補1、公明1、未回答1

この結果は非常に悩ましく、全員が定数削減に賛成で、居眠り議員など「無駄な議員」に対する怒りには相当なものがあります。
自民などは比例区の削減に傾いており、それが実現すれば小選挙区の比重が高まり、自民議員≒居眠り議員の比重が高まると説明するとある程度は納得するようですが、ドイツの例を持ち出しても事情が違うからだろうと言うのです。
共産を含む野党統一候補を選んだ方は明確な反安倍首相の立場ですが、小泉純一郎氏はダメだが息子の進次郎氏はマシだと評価します。

(8)規制緩和。認可外保育施設の子どもの死亡事故発生率は認可保育所の45倍(厚労省14年資料)。
2 共産1、未回答1

(9)原発輸出で経済成長。三菱重工の蒸気発生器で放射能漏れ事故を起こした米国の原発は廃炉へ。
1 公明1(共産党の街宣グループとかち合い、うち1人が投票してこの項目を選んだが、集計から外した)

必ずしも原発輸出に反対というわけでもないようですが、原発問題を気にしていても自民と一緒に再稼働を進める公明を選択する方もいるわけです。


3 投票先別集計

自民 1
民進 2
大阪維新 1
公明 4
共産 1
共産を含む野党統一候補 1
社民
生活
元気
改革
次世代(日本のこころ)
その他 1
分からない 2
計 13


太田光征
posted by 風の人 at 11:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年02月27日

北朝鮮 安保理制裁では非核化は実現できない

平壌日記 PYONGYANG DIARY 北朝鮮 安保理制裁では非核化は実現できない
http://kodawarijournalist.blog.fc2.com/blog-entry-68.html

 25日の国連安全保障理事会で、米国と中国が合意した北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)への追加制裁決議案の草案が回覧された。中国が米国案に沿った強力な制裁に同意したのは、米国による高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備の延期と引き換えにしたからだ。制裁案のおもな内容は次のようである。

平壌の街並
平壌の街並(2015年6月27日撮影)

●北朝鮮への航空機・ロケット燃料の輸出禁止
●北朝鮮からの石炭・鉄鉱石の輸入制限と、金・チタン・レアアースなどの輸入禁止
●北朝鮮を出入りする貨物の検査の義務化
●北朝鮮との小型兵器を含む兵器の取引禁止
●渡航禁止・資産凍結対象に北朝鮮の12機関・個人17人を追加
●不正に関わった北朝鮮外交官の国外追放

 中国の意向で、安保理制裁は北朝鮮住民に影響を与えるものではないとしている。だがこの制裁に対し国連の「人道問題調整事務所」のギング局長は、北朝鮮は物資不足で深刻な人道状況に陥っているとして十分な配慮を求めた。北朝鮮経済が悪化すれば多くの餓死・凍死者が出るのは過去をみれば明らかだ。

 3月に実施される最大規模の米韓合同軍事演習では、北朝鮮内陸部の核・ミサイル施設を破壊するための訓練が強化される。米国は1994年に、寧辺(ヨンビョン)の核施設への爆撃を実施しようとしたことがあり、この演習は脅しではなく実際の攻撃につながる可能性がある。

 そして韓国内では、元軍人や閣僚経験者からそれらへの攻撃が必要との声が出ているという。またいくつものマスメディアが、韓国の核兵器保有を主張するようになっている。この安保理制裁によって、大規模な軍事衝突や全面戦争の危険性が確実に高まろうとしている。

 中国の王毅外相は17日、朝鮮半島の非核化とともに朝鮮戦争の休戦協定を平和条約に変えることを同時に進める協議を提案した。朝鮮戦争が終結しておらず、北朝鮮が極めて不安定な状態に置かれてきたことが、現在の状況を招いているからだ。

 ところが米国のラッセル国務次官補は26日、北朝鮮に対しては平和条約交渉よりも非核化を最重視していると表明。中国の意向に反して、米国だけでなく日本・韓国も制裁一辺倒で突き進もうとしているのだ。

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 17:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年02月24日

街頭世論調査「次の国政選挙、どこに投票する?/小選挙区制に賛成・反対?」の結果

2015年11月1日から2016年2月6日にかけて都内21カ所で延べ25回にわたって街頭シール投票という形で街頭世論調査「次の国政選挙、どこに投票する?/小選挙区制に賛成・反対?」を「平和への結集」をめざす市民の風として実施しました。

結果の記者発表会を22日に築地駅近くの明石町区民館で行ったところ、新聞社で来たのは東京新聞だけ。近くに他の新聞社があったように記憶していますが。2月23日付の東京新聞が小さいですが2面(千葉版)で報じてくれました。

報告書をウェブにアップしています。

2016年2月22日:街頭世論調査「次の国政選挙、どこに投票する?/小選挙区制に賛成・反対?」 報告書
http://kaze.fm/documents/Street_Poll_Report_20160222.pdf
調査結果のExcelファイル
http://kaze.fm/documents/Street_Poll_Report_20160222.xlsx

【結果と分析の要旨】

比例区得票率と見なした野党5党(民主、共産、社民、維新の党、生活)の補正得票率を野党統一候補の小選挙区得票率に読み替え、「共産を含む野党統一候補」の調査得票率と14年衆院選小選挙区(東京)の自民得票率に按分しました。「共産を含む野党統一候補から忌避すると仮定した野党投票層の保守票」を14年の自民得票率に加算したわけです。

14年衆院選(東京)の「自民の小選挙区得票率」÷「民主の小選挙区得票率」は2.0であるのに対して、本調査の東京補正得票率に基づく「底上げ自民の小選挙区得票率」÷「野党統一候補の小選挙区得票率」は補正3ケースのいずれでも1.3となり、底上げ自民におおさか維新を加えた場合でも1.4ないし1.5となります。

同様に、14年衆院選(全国)の「自民の小選挙区得票率」÷「民主の小選挙区得票率」は2.1であるのに対して、本調査の全国推計得票率に基づく「底上げ自民の小選挙区得票率」÷「野党統一候補の小選挙区得票率」は1.6ないし1.7となり、底上げ自民におおさか維新を加えた場合は1.8ないし1.9となります。

野党に厳しめの条件を設定しても共産を含む野党統一候補のメリットはあるといえます。野党5党が「できる限りの選挙協力」で合意しましたが、スタートラインに立ったに過ぎません。中身はこれから。各党は今回の調査結果を踏まえ、謙虚に選挙共同の調整に当たってもらいたいものです。

一方、小選挙区制に対する賛否では、日本のこころ(旧次世代)を除き、すべての政党選択層で反対が賛成を上回り、全体では64%が反対しています。小選挙区制賛成の議員が多いと思われる民主党を選択した方でも68%が小選挙区制に反対です。

最高の政治的影響力としての国民主権なくして主権者が憲法を主催して国家権力に命じるという関係性は成立しません。憲法を書き上げただけでは立憲主義が機能しないのが現実。実効的な立憲主義には実効的な国民主権が必要。各法律が憲法条項に違反しないことはもちろんですが、立憲主義の本質は十全な国民主権の発動にあります。

十全な国民主権の発動には、街頭行動などを含む主権者運動に加え、国民主権の制度的保障が必要です。選挙制度とは平等な国民主権を院内に保障するための制度にほかならないはずですが、憲法を守らせたいという意思で立法権を制御する主権者の権利を膨大な死票によってはく奪するのが小選挙区制です。

小選挙区制が憲法と立憲主義の土台である国民主権を棄損するという重大な問題が、政治からもメディアからも抜け落ちています。平和主義はもちろん大事ですが、平和主義は国民主権という土台に立つ柱です。柱だけ立派な建築物というのはあり得ません。


太田光征
posted by 風の人 at 03:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年02月18日

【2016年2月22日】記者発表会:街頭世論調査「次の国政選挙、どこに投票する?/小選挙区制に賛成・反対?」結果発表

「平和への結集」をめざす市民の風は、2015年11月1日〜2016年2月6日にかけて都内21カ所で延べ25回にわたって、街頭シール投票という形で世論調査を実施してきました。

テーマは「次の国政選挙、どこに投票する?/小選挙区制に賛成・反対?」で、回答者は1034人以上に上ります。

自民党を選んだ方の割合(得票率)は14年衆院選の同党比例区並みであることから、かなり精度のいい調査になっていると考えています。小選挙区制に対する賛否についての世論調査は数が少なく、同時に投票先と突き合わせたデータとなると、ほとんどないのではないでしょうか。

投票先の結果は野党選挙協力の意義を示すものとなっており、小選挙区制については反対が過半数を超えています。

分析結果と併せて調査結果を記者の皆さまに発表いたしますので、奮ってご参加ください。一般の方もご参加できます。

記者会見後は討論会でも開催したいところですが、太田の仕事の関係で1時間で切り上げたいと思います。よろしくお願いします。


日時:2016年2月22日(月)午後1時半から2時半(開場は午後1時)
会場:明石町区民館3号室(東京メトロ日比谷線築地駅下車3番出口徒歩7分、出口直近の十字路を左折・直進、聖路加病院経て突き当りの右どなり奥)
明石町区民館 中央区ホームページ
http://www.city.chuo.lg.jp/sisetugaido/syukaisisetu/syukaisisetu05.html
参加費(記者以外):500円


「平和への結集」をめざす市民の風

〒271-0076 千葉県松戸市岩瀬46-2 さつき荘201号
tel/fax:047-360-1470
http://kaze.fm/
join@kaze.fm
posted by 風の人 at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年02月09日

平壌日記:北朝鮮への制裁の破綻が明確に

平壌日記 PYONGYANG DIARY 北朝鮮への制裁の破綻が明確に
http://kodawarijournalist.blog.fc2.com/blog-entry-66.html

北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)は、2月7日午前9時(日本時間午前9時30分)に、東倉里(トンチャンリ)にある「西海衛星発射場」から「光明星(クァンミョンソン)4号」ロケットを打ち上げた。

 米国国防総省・韓国国防省や中谷元・防衛相は、飛翔体が宇宙空間の軌道に乗ったと判断。「北米航空宇宙防衛司令部」は、軌道を回る2個の物体に「41332」と「41333」の衛星カタログ番号をつけた。打ち上げは成功したようである。

 2012年12月に実施された前回の発射時と同じように、日本政府はあまりにも過剰な対応をした。「破壊措置命令」を出して、地対空ミサイル「PAC3」や海上配備型迎撃ミサイル「SM3」を搭載したイージス艦を配置。
 そして発射直後には、地方自治体へ「エムネット」や「Jアラート」で情報を伝えた。沖縄県では防災行政無線が注意を呼びかけたり、携帯電話の緊急速報メールが一斉に鳴ったりした。

 2013年1月に韓国が打ち上げた「羅老(ナロ)3号」ロケットも日本の上空を通過したが、日本政府は北朝鮮の打ち上げに対するような措置を取っていない。

 異常な空騒ぎをしたのは政府だけではない。発射直後には、テレビ各社は通常番組を中断して臨時ニュースを流し、号外を出した新聞社もある。マスメディアも、危機を煽り続ける安倍政権に完全に踊らされている。

 日本政府は、9日にも独自制裁策を発表するとしている。また韓国は、中国が反発している「高高度防衛ミサイル」の配備に向けて米国との協議を始めると発表した。

 1月6日の核実験と今回のロケット発射で明らかになったことがある。国連安保理や日米韓などによる独自制裁は10年間も続けられてきたにもかかわらず、北朝鮮の核開発を止めることはできなかった。それを継続しても、効果はまったくないということだ。

 もし、北朝鮮への石油や食糧を絶つような強力な制裁を実施したならば、おそらく数百万人の民間人の餓死・凍死者が出るだろう。そして、戦争や大規模な軍事衝突の危険性が一気に高まるのは確かだ。

 米国のオバマ政権は、「戦略的忍耐」という名のもとに北朝鮮に対して何もしなかった。東北アジアの平和のためには、米国が直接対話に踏み出し、北朝鮮の体制保障と引き換えの核廃棄という方法しかもはや残されていない。

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年01月30日

福島県から届いた「住まいに関する意向調査の回答方法

住まいに関する意向調査 回答方法 - ひなん生活をまもる会
http://hinamamo.jimdo.com/2016/01/29/%E4%BD%8F%E3%81%BE%E3%81%84%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%84%8F%E5%90%91%E8%AA%BF%E6%9F%BB-%E5%9B%9E%E7%AD%94%E6%96%B9%E6%B3%95/

福島県から届いた「住まいに関する意向調査」には、「今の避難住宅で避難を続けたい」という大多数の避難者の思いを回答する方法がありません。それどころか、この調査の大部分は意向をくみ取ることではなく、生年月日、家族構成、年収、健康状態など、個人情報を集めることに使われています。この調査(アンケート)の問題点と当会としての考えは、次のリンク先の文書に示しております。

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年01月27日

木村草太さんの「緊急事態条項」に関するインタビュー

憲法学者「木村草太」さんの「緊急事態条項」に関するインタビュー
http://wpb.shueisha.co.jp/2016/01/25/59912/
気鋭の若手憲法学者・木村草太が語る緊急事態条項の危うさ「結局はその時の政府に白紙委任をするだけ」[2016年01月25日]

太田光征
posted by 風の人 at 10:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

海渡雄一:自民党改憲案緊急事態条項はナチスの授権法の再来だ

自民党改憲案緊急事態条項はナチスの授権法の再来だ.docx
*Sent:* Tuesday, January 26, 2016 8:41 AM
*Subject:* [himitsu-net 3807] >転載歓迎<自民党改憲案緊急事態条項はナチスの授権法の再来だ

秘密保護法と戦争法の廃止のために活動されている皆さんへ

海渡です。

安部政権の進める緊急事態条項改憲のもつ深刻な意味について一文をまとめてみ
ました。授権法の制定の経過と内容、それがナチスの崩壊まで効力を持ったこと、
日本国憲法に緊急事態条項がないことは憲法9条と人権保障の不可侵性と一体で
理解すべきこと、過去に緊急事態条項が濫用された歴史などについてまとめまし
た。ぜひ、ご覧下さい。

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 10:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年01月24日

ノーニュークス・アジアフォーラム2016

ノーニュークス・アジアフォーラム2016に、ご賛同をお願いします
(下のほうに高浜原発再稼働を許さない全国集会などのお知らせ)

★ノーニュークス・アジアフォーラム2016
「福島原発事故は続いている 〜人々の声を聞き、原発事故が社会に与える広範な影響の諸相を知る〜」

開催期間:3月22〜24日
開催場所:福島県いわき市

福島原発事故を受けて、「福島原発震災の真実を世界に伝える」をテーマに、2011年夏に緊急開催されたNNAF2011から5年がたとうとしています。

福島では事故収束のために、今も毎日7千人が危険な被曝労働に従事しています。原発事故によって避難を強いられている人々の数は10万人を超えたままです。先の見えない避難生活が長引く中、震災関連死と判断される方々の数は増え続けています。事故が社会に与える影響は広がり続け、複雑さを増しています。福島原発事故は終わっていません。

しかし今私たちが目の当たりにしているのは、福島原発事故を忘れ去ったかのようなあからさまな原発回帰の動きであり、にわかには信じがたいほどの勢いで戦争へと近づきつつある強権的な政治です。原発輸出と武器輸出のための法整備も、重なり合うように進められています。

このような状況の中でも、日本をはじめとしてアジア各国で、核も原発もない未来を求める人々のたたかいが粘り強く継続されていることは、私たちにとっての希望です。1993年から各国持ち回りで開催されてきたNNAFは、このような時期だからこそ、福島原発事故から5年の福島で開催されることになりました。私たちには、同じ悲劇を繰り返さないようにする責任があります。

<11月にインドのヴァイシャリ・パティルさんを福島にお連れした際に、彼女はことばにならないほどの衝撃を受けたと語りました。そして帰国後に福島で自分が見聞きしたことを人々に伝え、ジャイタプールでの反対運動はさらに盛り上がりを見せています。日本から、福島から情報を発信することは、アジアの反原発運動を力づけることにつながります>

原発事故の現実を世界に伝え、日本からの原発輸出を止めるための連携強化を図ります。アジアの友人たちと出会い、死の灰の歴史を断ち切るためにまた一歩を踏み出しましょう。

●日本で開催されることとなったNNAF 2016を成功させるため、どうか皆様のご支援をお願いいたします。このフォーラムは皆様からの賛同金で運営されます。賛同金は、海外ゲストの旅費援助、日本滞在費(宿泊費、国内移動費など)、通訳翻訳費、アテンドや会場費などとして使わせていただきます。約150万円必要です。なにとぞよろしくお願い申し上げます。
賛同金 個人:一口2000円 団体:一口5000円(小グループは3000円)
郵便振替 : 00940-8-146764 口座名:NNAF2011
ゆうちょ銀行:店番099 当座 0146764 口座名:NNAF2011
*匿名希望の方は「匿名」と記入してください

■アジアの仲間たちと核も原発もない世界を目指して 
― NNAF 2016 & No Nukes WSF―

3月
22日 参加者到着・歓迎交流会
23日 午前:各国報告
午後:福島の人々の話を聞く
24日 午前:福島の人々の話を聞く
午後:No Nukes WSFと合流、福島フィールドワーク
夜:いわき集会
25日 No Nukes WSF会議、東京へ移動
26日「福島から5年 さようなら原発 全国集会」(代々木公園)デモ
27日 No Nukes WSF討論集会(水道橋・韓国YMCA国際ホール)
    
海外参加者(予定) 
インド:反核運動全国連合、トルコ:シノップ反原発プラットフォーム
インドネシア:バンカ島から、フィリピン:非核フィリピン連合
タイ:持続可能性のためのオルタナティブ・エネルギー・プロジェクト
台湾:環境保護連盟、緑色公民行動連盟、緑党など
韓国:エネルギー正義行動、グリーン・コリア、環境運動連合、緑党、脱核新聞など
ほかに、ベトナム、中国、バングラデシュ、オーストラリアなど(未定)

*WSF(世界社会フォーラム)は、2001年にブラジルのポルトアレグレで第一回が開催され、毎回数万人が集まる反グーバリゼーション運動のフォーラム。No Nukes WSF(反核世界社会フォーラム)は、原発問題についてのテーマ別ミニ・フォーラム。南米、欧米からも参加。原発問題をさまざまな側面から討論する。

よびかけ・賛同
【北海道】舘崎やよい 水野稔【青森】遠藤順子 道祖土正則 成田忠義 野宮政子 弘前・核に反対する会 宮本久美子【宮城】小関俊夫 須田剛 原田禎忠【秋田】奥村清明【福島】黒田節子 原発いらない福島の女たち 木幡ますみ 斉藤春光 佐藤和良 佐藤俊子 下山田富子 脱原発福島ネットワーク 羽賀ますみ 橋本あき 長谷川健一 比佐和美 武藤類子 森園かずえ【茨城】川野弘子【埼玉】くまがいマキ 桜井董 旦保立子 寺尾光身 中村光一【千葉】核燃やめておいしいごはん 田平康子 永野勇 奈良悦子 松丸健二 山口兼男【東京】安部栄子 小川幸子 原子力資料情報室 原水禁(原水爆禁止日本国民会議)佐橋弥生 志沢允子 篠田淳子 全石油昭和シェル労組 棚橋寿郎 徳橋明 中原道子 福永正明 柳沢典子 湯浅欽史 湯沢優子 柚木康子【神奈川】一!
ノ木��
� 上江洲惠子 大野圭子 清野隆史 須藤瑛子 田中洋子 西岡まゆみ 日向真紀子 水澤靖子【長野】伊藤順 西山智彦 野溝春子 長谷川春子 【新潟】大西洋司 小木曽茂子 さようなら柏崎刈羽原発プロジェクト 山田秋夫【富山】川原登喜の 横山久恵【石川】二俣和聖【愛知】岡田雅宏 柴田志麻枝 杉本皓子 田中良明 平川宗信 村上光子【三重】村山敬子 山本勉【滋賀】西谷靖男【京都】アイリーン・美緒子・スミス 稲庭篤 宇野さえこ グリーン・アクション 銅銀正美【大阪】石内謹也 石原燃 牛田等 宇野田南 宇野田陽子 尾形淳 胡桃澤伸 小泉ゆうすけ 小西弘泰 災害避難者の人権ネットワーク 斉藤善夫 佐藤大介 ストップ・ザ・もんじゅ 全港湾西成センター分会 寺本勉 のばなし 疋田真紀 藤田政治 丸尾雅徳 三ツ林安治 水戸喜世子 命宝堂��!
�局 湯�
��恭【兵庫】大田美智子 河合成一 田原良次 冨田寿一 藤岡正雄 ぺんぁ� .$s$Z$j4
[$H$*$H$b$@$A!Z9-Eg![?"LZOBIW 西塔文子 城山大賢 馬場浩太 東邦弘 渡田正弘【山口】麻野他郎 原発いらん!山口ネットワーク 沢村和世 松崎佳代子 三浦翠【香川】松浦まき【愛媛】渡部英機【福岡】兼崎暉【大分】小坂正則 脱原発大分ネットワーク【佐賀】於保泰正【鹿児島】反原発・かごしまネット 南方新社 向原祥隆(1月20日現在)

***********************

◎高浜原発再稼働を許さない全国集会
日時:1月24日(日)12時〜16時半
場所:高浜原発(展望所)〜ゲート前・抗議申入れ、高浜町文化会館で集会、デモ〜若狭高浜駅
主催:同実行委員会
連絡先:若狭の原発を考える会 090-1965-7102
バス(大阪、兵庫、京都、滋賀、東京から)

◎高浜原発再稼働を許さない!関電包囲全国行動
日時:1月27日(水)16時〜20時(1部 16:00〜18:00、2部 18:30〜20:00)
場所:関西電力本店前(大阪市北区中之島3-6-16)
主催:同実行委員会
連絡先:原子力発電に反対する福井県民会議 0776-21-5321 
    若狭の原発を考える会 090-1965-7102

◎高浜原発3号機を動かすな!関電東京支社行動
日時:1月27日(水)18時半〜20時
場所:関西電力東京支社前(富国生命ビル、内幸町)
呼びかけ:再稼働阻止全国ネットワーク 070-6650-5549

***********************

★インドに原発を輸出しないで!(ヴァイシャリ・パティル)
http://www.nonukesasiaforum.org/jp/137b.htm
12月12日、原発予定地ジャイタプールで日印原子力協定への抗議行動が行なわれた。約2000人が結集し、自発的に逮捕される非暴力直接行動によって、1000人以上が逮捕された。とくに女性たちの存在感が大きく、皆が「安倍は帰れ!」のスローガンを叫んだ。
「インドへの原発輸出反対! 日印原子力協定阻止キャンペーン」大阪集会(11月23日)、東京集会(25日)でのスピーチ「インドに原発を輸出しないで!」をぜひ読んでください

★日印原子力協定「原則合意」を許さない!
http://www.nonukesasiaforum.org/jp/137a.htm
共同声明:日印原子力協力協定の「原則合意」に断固抗議する(5団体)
広島・長崎両市長の要請文:インドとの原子力協定交渉の中止について
日印原子力協定に反対する国際アピール(7か国18団体が呼びかけ、各国語で3528名が賛同)
日印原子力協定締結反対に向けたこの間の活動(松久保 肇)

★『原発をとめるアジアの人々』推薦文:広瀬隆・斎藤貴男・小出裕章・海渡雄一・伴英幸・河合弘之・鎌仲ひとみ・ミサオ・レッドウルフ・鎌田慧・満田夏花
http://www.nonukesasiaforum.org/jp/136f.htm

★ノーニュークス・アジアフォーラム通信
主要掲載記事一覧(国別)No.1〜137
http://www.nonukesasiaforum.org/jp/keisaikiji.htm

★ノーニュークス・アジアフォーラム通信・号外1月20日発行、もくじ

原発事故被害者の闘いを伝え、アジアの友人とつながる(佐藤和良)      
世界中の人に知ってほしい(木幡ますみ)                  
福島から、原発をとめるアジアの皆さまへ(橋本あき)            
ヨンドクからみなさまへ(パク・ヘリョン)                  
ミャンマーで小水力セミナー(大津定美)                  
台湾で考えたこと(黄積希)                        
西川福井県知事の高浜原発再稼働同意はウソで塗り固められている(若泉政人) 
福島原発事故の教訓と、住民の声に根差して、
高浜原発3・4号の再稼働反対の運動を強めよう(避難計画を案ずる関西連絡会)

見本誌を無料で送ります。 
事務局へ連絡ください → sdaisuke@rice.ocn.ne.jp

************************
ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン事務局
http://www.nonukesasiaforum.org/jp/
https://www.facebook.com/nnafjapan

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 00:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年01月22日

【賛同締め切り:2016年1月31日】 日韓政府間「合意」抗議声明への賛同要請

160118抗議声明(全国行動).docx
日本軍「慰安婦」問題解決全国行動は1月18日付で、「慰安婦」問題に関する日韓
政府間「合意」に抗議する声明を発表し、1月31日締め切りで個人・団体賛同を募
っています。
そもそも2月5日に政府に提出予定であった「要請書」への賛同募集を打ち切り、
今回の事態に対する抗議声明への賛同募集に切り替えたものです。
これを、2月5日、政府に提出し、外務省前で抗議行動、その後衆議院第1議員会館
で院内集会を開きます。

〇賛同締め切り:2016年1月31日

〇提出:2016年2月5日。(提出後、院内集会を開催)

〇賛同団体名のみ、HPに掲載します。

※賛同署名は以下の署名フォームからお願いします。

http://restoringhonor1000.info

     抗議声明データを添付すると共に、以下に貼り付けます。

*抗議声明*

*被害者不在の日韓「合意」は解決ではない*
  *〜「提言」の実現を求める〜*

 政府と政府同士話し合ったことをおばあさんたちに一言の相談もせずに自分た
ちで妥結したということは、一体何の理由で妥結したというのか、どう考えても
納得がいかない。お互い平和のために(解決)するのであれば、このように気に
障るようにするのではなく、ちゃんとして欲しい。
                  〔金福童(キム・ボットン)ハルモニ〕
 「『慰安婦』ハルモニたちのために」という考えがないようだ。天国に逝かれ
たハルモニたちに対し、面目がない。金で解決しようとするのであれば受け取ら
ない。日本が真に罪を認定し、法的な賠償と公式の謝罪をさせるために、私は最
後まで闘います。
                    〔李容洙(イ・ヨンス)ハルモニ〕
これがどれだけ不当かわかりますか。今後、私たちの声を聞く耳を持ってほしい。
                   〔李玉善(イ・オクソン)ハルモニ〕

 2015年12月28日、日本と韓国の政府は日本軍「慰安婦」問題の「妥結」をめざ
して外相会談を行い、「最終的かつ不可逆的に解決されることを確認」と発表し
ました。直後から、韓国の「慰安婦」被害者たちは怒りの声をあげました。解決
を一番待ち望んでいる被害者たちが、「このようなことで終止符は打てない」と
繰り返し訴えているのです。
 加害国の市民である私たちも、心より日本軍「慰安婦」問題の解決を願ってい
ます。しかし、「今回のような被害者不在では解決できない」「この『合意』で
は解決できない」と考えます。
 2014年6月、8ヵ国から被害者と支援者が参加した第12回日本軍「慰安婦」問題
解決のためのアジア連帯会議で採択された「日本政府への提言」は、被害者たち
が求めてきた「法的解決」の中身を解き明かしたものです。「提言」では、この
問題の解決とは、日本政府が加害の事実と責任を認め、謝罪・賠償・真相究明・
再発防止の措置を取るということが被害当事者に示された時、初めて「その第一
歩を踏み出すことができる」と明らかにしており、その実現を求め、すでに日本
政府に届けています。
 私たちは、次の理由で、「日韓『合意』は解決ではない」と考えます。従って、
日本政府に、「今回の『合意』で、この問題に『終止符』を打つことはできない。
『提言』の実現こそが解決への道すじである」と強く訴え、「提言」の実現を求
めます。

1.「合意」は、被害者を無視した。

 日本軍「慰安婦」問題は、1990年代の初めから、被害者一人ひとりが苦しみの
中から名乗り出て、長年、尊厳を取り戻すために闘い、被害者自らが明らかにし
てきた問題です。被害者たちの当然の権利と、四半世紀もの間求めてきた要求を、
政府間で勝手に「終止符を打つ」ことは断じて許されません。
 会談後、岸田外相は「日米韓の安全保障協力も前進する素地ができた」と述べ
ています。本来なら被害者のために行われるべきことが、日本政府にとっては昨
年の「戦争法」強行制定の延長線上に位置づけられて行われたのです。

2.「合意」は、アジア連帯会議の「日本政府への提言」を踏みにじった。

 「日本政府への提言」は、まず、「@日本政府および軍が軍の施設として「慰
安所」を立案・設置し管理・統制したこと。A女性たちが本人たちの意に反して、
「慰安婦・性奴隷」にされ、「慰安所」等において強制的な状況の下におかれた
こと。B日本軍の性暴力に遭った植民地、占領地、日本の女性たちの被害にはそ
れぞれに異なる態様があり、かつ被害が甚大であったこと、そして現在もその被
害が続いているということ。C当時の様々な国内法・国際法に違反する重大な人
権侵害であったこと」を歴史的な事実として認めたうえで、国の責任を認めるよ
う、日本政府に求めています。
 しかし、今回の「合意」は、これらの事実に何一つ言及していません。正確な
事実認定という前提のない「責任」言及は、被害者が求めてきた法的責任を認め
たことにはなり得ません。
 また、被害者たちは「二度とこのようなことが繰り返されないように」と強く
求めていますが、「合意」は、「提言」が求めている真相究明や再発防止の措置
にも触れていません。
 これでは、生存している被害者たちのみならず、無念のうちに亡くなっていっ
た被害者たちの名誉回復もできないどころか、再び傷を深くえぐる行為であり、
あまりに不誠実な態度です。

3.「合意」は、日本政府が取るべき責任を韓国政府になすりつけた。

 日本政府は、10億円を拠出して「元慰安婦の方々の心の傷を癒やす措置を講じ
る」としていますが、具体的な財団の設立と運営は、韓国政府に押しつけました。
さらに、ソウルの日本大使館前の「平和の碑(少女像の正式名称)」は、「関連
団体との協議」を通じた「適切な解決」を、韓国政府に約束させました。この碑
は、この問題の解決を求めて被害者や支援者たちが行っている水曜デモ1000回を
記念して建てられたもので、日本政府が口出しするのは見当違いです。本来加害
国が果たすべき責任を被害国になすりつけて、今や問題解決の鍵を握るのは韓国
政府であるかのような構図を、日本政府は作り出しています。
 また、日本政府の立場は、10億円は「賠償金ではない」「法的責任は、日韓請
求権協定で解決済みということに変わりはない」と明言しているように、「合意」
前と何ら変わっていません。
 このような日本政府の態度は、日本の市民をも辱めるものです。

4.加害国が被害国に「最終的かつ不可逆的解決」を押しつけた「合意」は、そ
れゆえなおさら「最終的解決」とはなり得ない。

 想像を超えるほどの甚大な人権侵害に遭って、生涯を苦しみの中で生きてきた
被害者の心を癒す道のりは、当然のことながら、決してたやすいものではありま
せん。被害者が納得するまで、加害者は謝罪の姿勢を持ち続け、必要な取組みを
行うことが求められます。そうして初めて、加害者は罪の自覚を深め、二度と犯
さないことを自分のものにすることができます。
 安倍首相も、昨年8月に出した談話で、「それでもなお、私たち日本人は、世代
を超えて、過去の歴史に真正面から向き合わなければなりません」と述べていま
す。にもかかわらず、今回、日韓の政府間で勝手に「最終的かつ不可逆的解決」
を宣言しました。このことは重大な過ちであると言えます。しかも、加害国は、
そのことを被害国に押し付ける立場にはありません。今回の「合意」は、それゆ
えなおさら「最終的解決」とはなり得ず、加害国の傲慢で、誤った姿勢を再び浮
き彫りにするものでしかありません。

 日本軍「慰安婦」被害者は、韓国だけでなく、日本・朝鮮民主主義人民共和国
・台湾・中国・フィリピン・インドネシア等のアジア・太平洋の広い地域の国々
やオランダにもいます。名乗り出ることができないまま亡くなった被害者も、一
体どれほどの人数に達するでしょうか。
 今回の日韓政府の「合意」は解決ではありません。日本政府における解決とは、
「提言」を実現することです。加害国が本来果たすべき責任を果たして解決する
よう、私たちは強く要求します。

                             2016年1月18日

                    日本軍「慰安婦」問題解決全国行動

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 19:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年01月16日

日本学術会議に軍事研究を行わないよう求めるネット署名運動のご案内

-------- Forwarded Message --------
Subject: Re: [CML 041353] 日本学術会議に軍事研究を行わないよう求めるネット署名運動のご案内
Date: Sat, 16 Jan 2016 16:58:38 +0900


岡山の野田です。
標記のネット署名運動を再度、ご案内させていただきますことを
お許しください。
         https://goo.gl/mvq6Qe

以前、ご案内しました大学の軍事研究に反対する署名運動は
お蔭で9000余りの賛同をいただいています。
        http://dgunk.exblog.jp/

一方、日本学術会議署名は現在1000余りです。両者は
一体のものです。ぜひ、こちらにもご賛同いただければ有難く
存じます。どうぞ、よろしくお願いいたします

-----Original Message-----
From: Noda
Sent: Friday, January 1, 2016 11:01 AM
To: 市民のML
Subject: [CML 041353] 日本学術会議に軍事研究を行わないよう求めるネット署名運動のご案内

岡山の野田隆三郎です。 (重複ご容赦。拡散大歓迎)

明けましておめでとうございます。新年早々ですが標記のネット署名運動を案内させてください。
これは、先日、案内させていただいた大学の軍事研究に反対する署名運動と一体のものです。
http://dgunk.exblog.jp/

日本学術会議は日本の学問研究者を代表する最高機関です。
前の大戦で、学問が戦争に全面的に加担した歴史への反省に立って日本学術会議は
1950年と1967年の二度にわたって軍事研究は行わないことを宣言しました。
ところが、昨年、驚くべきことが起こりました。昨年7月の防衛省の戦後初の軍事に関する
研究の公募に、日本学術会議現会長の大西隆氏が学長を務める豊橋技術科学大学が
応募し、採用されたのです。軍事研究はしないという日本学術会議の誓いを会長自らが

破るなど到底許されることではありません。
このことに強く抗議するとともに、かつて2度にわたって誓ったとおり、軍事研究を行わないよう
求める申し入れ書(下記サイトに掲載)を、賛同署名を添えて、会長と全会員に送りたいと
思います。軍学一体化の流れを何としても止めなければなりません。ぜひ多くの方のご賛同を
お願いします。ご賛同くださいます方は、1月31日までに下記のサイトから賛同署名をお送り
くださいますようお願いします。
https://goo.gl/mvq6Qe

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年01月14日

【2016年1月16日(土)】第80回草の実アカデミー「NHK問題あるいはNHKと安倍政権」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【草の実アカデミー・メルマガ】第127号
    2016年1月14日(木)発行
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【草の実アカデミー・メルマガ】は、「草の実アカデミー」が発行する
不定期のメールマガジンです。毎月の講演会の案内や報告、講師の動向な
どをお伝えします。講演が迫りましたので再度のご案内です。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
【目次】

■今週土曜日(第80回草の実アカデミー)
2016年1月16日(土) NHK問題あるいはNHKと安倍政権
講師:砂川浩慶氏(立教大学社会学部メディア社会学科准教授)

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■次回(第80回草の実アカデミー)
2016年1月16日(土)14:00〜16:45 NHK問題
講師:砂川浩慶氏(立教大学社会学部メディア社会学科准教授)

 今年夏は参議院選挙があり、政治的に重大な転機を迎えます。こうした状況にあってNHKの政治報道はどうなるのか目が離せません。
 以下の案内を再送します。ふるってご参加ください。また転送・転載歓迎です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「民主主義って何だ?」「これだ!」の声が国会前に溢れた昨年(2015年)。同時にそれは「NHKって何だ?」の年だった。けれどもそこでの「これだ!」の答えは未だ見えない。
「みなさまのNHK」と言いつつ「アベさまのNHK」的実態に「何様のNHK?」との批判は盛ん。でも議論は先へ進んでいかない。「何であんな会長?」「何であんな報道?」「何であんな不祥事?」「何であんな受信料?」……あまりに多様な私たちの批判を、はたしてどのように活かしていけばいいんだろう?
 ということで「みなさまのNHK」を、アベさまやオレさまに「なにさまのつもりだ!」と言いつつ本当に私たちのもとに取り戻すための語らいを、NHKや民放や政府の動向に詳しい放送業界気鋭の論客を招いて語り合う”作戦会議”を開催します。


「第80回 草の実アカデミー」
テーマ:NHK問題
講師:砂川浩慶氏(立教大学社会学部メディア社会学科准教授

日時:1月16日(土) 13:30開場 14:00開始 16:45終了
場所:巣鴨地域文化創造館 第1会議室
    東京都豊島区巣鴨4-15-11
    http://www.city.toshima.lg.jp/134/bunka/shogai/009982/005244.html
交通:「JR山手線 巣鴨駅」(北口)より徒歩15分
   「JR山手線 大塚駅」(北口)より徒歩12分
   「都営三田線 巣鴨駅」3A番出口より徒歩15分
   「都電荒川線 庚申塚駅」より徒歩3分
   都バス「巣鴨四丁目」停留所より徒歩3分 (草63、草64)
地図:http://www.toshima-mirai.jp/center/e_sugamo/
    巣鴨駅から歩くと地蔵どおり沿い、巣鴨郵便局を超え少し行った左手
    ミニ公園のような空間の隣にある瓦屋根の建物です

資料代:500円(会員無料)
主催:草の実アカデミー(公益社団法人マスコミ世論研究所)
   http://kusanomi.cocolog-nifty.com/

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
草の実アカデミー
ブログhttp://kusanomi.cocolog-nifty.com/blog/
E-mail kusanomi@notnet.jp
**************************************
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 16:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

<緊急署名>ケーブル不正問題/高浜・川内も調査を!これで高浜原発の再稼働をとめよう!

みなさまへ

 柏崎刈羽原発で発覚した法令違反のケーブルの不正敷設問題は、
浜岡や女川、東通など他の原発にも広がっています。原子力規制庁は、
全国の原発に対し3月までの調査を指示しましたが、なんとその対象
から、高浜原発3・4号機と川内原発1・2号機は除かれています。これ
は明らかに再稼働を優先した対応です!許されません!!今すぐ署名
をお願いします!これで高浜原発3号機の再稼働を止めましょう!

<拡散希望>***********************
高浜・川内原発 も調査を!ケーブル不正問題についての緊急署名
https://fs224.formasp.jp/f389/form1/
*****************************

こちらからすぐに署名できます
https://fs224.formasp.jp/f389/form1/
第一次集約は1月20日です。拡散のほうもよろしくお願いします!

<ケーブル不正問題緊急署名>

ケーブル不正敷設は「新規制基準に適合していない」と規制庁は認めな
がら 高浜3・4号、川内1・2号は特別扱で、調査報告の免除は許さ
れません

高浜原発3号の1月28日原子炉起動は中止!川内原発1・2号は運転
停止!他の原発と同様に、詳細な調査報告等を提出させるべきです

原子力規制委員会 委員長 田中俊一 様

 昨年9月に柏崎刈羽原発6号機で、中央制御室の床板等をはがした結
果、電気ケーブルの不正敷設問題が発覚しました。事故時に必要な安全
系統のケーブルと一般のケーブルは、火災が発生しても延焼しないよう、
仕切り版 等で隔離されている必要があります。しかし、柏崎刈羽原発で
は、分離板の未設置等で1,049本ものケーブルが不正な状態である
ことが明らかになりました。
 これについて、原子力規制庁は1月6日に文書(※1)を出し、技術
基準違反・保安規定違反で「新規制基準に適合していない状態」だと指
摘しています。そして、東電のみならず、すべての電力会社に同様の問
題がないか詳細な調査を実施し、3月31日までに報告するよう指示文
書を出しました。

 ところが、運転中の川内原発1・2号と、原子炉起動を1月末に控え
る高浜3号、同様に2月末に起動予定の高浜4号については、特別扱い
をして、原発の稼働を最優先にして、具体的調査報告の提出を免除して
いま す。
 1月6日の規制庁文書では、川内1・2号については「ケーブルの分
離に係る施工方針が示されており、当該方針どおりに施工されているこ
とを使用前検査において確認を行っている」。高浜3・4号については
「当該方針に係る使用前検査を現在実施中である」と書いているだけで、
不正なケーブル敷設があったのかどうかもブラックボックスです。さら
に「指示」では、東電の不正が他の事業者にも「共通する可能性がある」
との認識に立ち、品質マネジメントシステムの検証を一般的に求めてい
ます。

 高浜原発の場合は、関西広域連合や福井県原子力安全専門委員会等で、
「原子炉停止、冷却等に必要な安全機能の系統分離方針(3時間以上の
耐火能力を有する隔壁 等)を確認」と規制庁は説明しています。実態は
確認せずに、関電の「方針」だけを確認したということでしょうか。あ
まりにも無責任です。

要請事項

高浜原発3・4号の原子炉起動は中止し、川内原発1・2号は運転を停
止したうえで、ケーブル不正敷設問題について、他の原発と同様に詳細
な調査報告等を提出させること。

※1:柏崎刈羽原子力発電所における不適切なケーブル敷設に係る東京
電力からの報告に対する評価及び今後の対応について」
2016.1.6原子力規制庁 http://www.nsr.go.jp/data/000135349.pdf

署名呼びかけ団体:川内原発30キロ圏住民ネットワーク/反原発・かごしま
ネット/福井から原発を止める裁判の会/避難計画を案ずる関西連絡会/
グリーン・アクション/アジェンダ・プロジェクト/NPO法人 使い捨て時代を
考える会/美浜の会/ FoE Japan/原子力規制を監視する市民の会/
グリーンピース・ジャパン

署名第一次集約:2016年1月20日  第二次集約:2月20日

紙版署名の送り先(郵送かFaxでお願いします)
グリーン・アクション 京都市左京区田中関田町 22-75-103
Tel:075-701-7223 Fax: 075-702-1952

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 13:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年01月09日

日本学術会議に軍事研究を行わないよう 求める署名運動

キャンペーン ・ 日本学術会議に軍事研究を行わないよう 求める署名運動 (2016年1月1日開始) ・ Change.org
https://www.change.org/p/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%AD%A6%E8%A1%93%E4%BC%9A%E8%AD%B0%E3%81%AB%E8%BB%8D%E4%BA%8B%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%82%92%E8%A1%8C%E3%82%8F%E3%81%AA%E3%81%84%E3%82%88%E3%81%86-%E6%B1%82%E3%82%81%E3%82%8B%E7%BD%B2%E5%90%8D%E9%81%8B%E5%8B%95-2016%E5%B9%B41%E6%9C%881%E6%97%A5%E9%96%8B%E5%A7%8B

太田光征
posted by 風の人 at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

未来のための歴史パネル展 賛同のお願い&イベントご案内

-------- Forwarded Message --------
Subject: [uniting-peace:6983] 未来のための歴史パネル展 賛同のお願い&イベントご案内
Date: Fri, 8 Jan 2016 16:18:15 +0900 (JST) 

永岡です、東アジアの方々と連帯する、未来のためのパネル展と、それへの賛同の依頼があり、お送りいたします。

 講演会は2月13日、そしてパネル展は13,14日です。

未来のための歴史パネル展 賛同のお願い

            未来のための歴史パネル展・神戸実行委員会

呼びかけ団体:ヘイトクライムをなくそう神戸連絡会

                     「慰安婦」問題を考える会・神戸

戦後70年を経て、現在の日本では過去の侵略や加害の歴史を軽視したり、なかったことにしようとする、歴史修正主義の動きが盛んになっています。テレビ、書籍、雑誌といったメディアでも、政治の場でも過去の歴史を都合よく解釈し「日本は常に正しかったのに、不当に攻撃されている」とする主張がよく見られます。こうした動きはアジアの国々の人々や、外国とのつながりを持つ日本で暮らす人々への敵意や偏見を強め、ヘイトスピーチと呼ばれる差別助長デモが繰り返し行われる基盤をなしています。

私たちはこうした状況を決して見過ごすことはできません。私たちは人が差別されたり追放されたりする社会を望みません。人と人、国と国が対立し争いあう未来を望みません。未来は過去の歴史をきちんと認識することによってしか開けないと思います。

私たちはすべての人に開かれた歴史を知り、多くの人たちと共有するために、まず日本と韓国・朝鮮の近代史を考えたいと思います。東アジアの人々との歴史認識を共有するためのパネル展を下記のとおり行います。1日目の午後にはこのパネル展の制作責任者であり、共同代表の能川元一さんに、パネルを制作した経過と概要について講演していただきます。

皆さんのご支援・ご協力・ご来場を是非お願い致します。

パネル展  2016年2月13日(土)11:00〜20:00  14日(日)10:00〜19:00

会場  こうべまちづくり会館3F(神戸市中央区元町通4-2-14 元町商店街4丁目)


記念講演会

日時 2月13日(土)13:30〜16:00

「ヘイトスピーチを生み出す歴史観に対抗して」

〜未来のための歴史パネル展制作の経過と概要〜

講師 能川元一(大阪大学大学院講師 パネル展制作委員会共同代表)

会場 パネル展同会場(こうべまちづくり会館3F)

資料代 500円

問い合わせ先 080−6107−8485


未来のための歴史パネル展に賛同します (個人・団体)公表(可・不可)

     ●お名前

     ●連絡先

     ●賛同金 個人1口 500円   口     円

          団体1口1000円   口     円

     ●郵便振替口座00920―8―234959 加入者名「慰安婦」問題を考える会・神戸

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 09:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年01月07日

日本は北朝鮮をはるかに凌ぐ核技術大国:毎日放送VOICE 憤懣その後 東大阪夜間中学を巡る市教委の問題




-------- Forwarded Message --------
Subject: [uniting-peace:6970] 毎日放送VOICE 憤懣その後 東大阪夜間中学を巡る市教委の問題
Date: Thu, 7 Jan 2016 19:09:03 +0900 (JST)

 永岡です、毎日放送のニュース「VOICE」の月曜企画、憤懣本舗の追跡版で、以前報じられた、東大阪市の夜間中学移転問題と、市教委の対応について続報がありました。

 東大阪市の太平寺夜間中学には、義務教育を受けられなかった方や、在日の方、中国の方など、約80人が学ばれて、日本語に困っておられた外国の方にも好評であり、しかし、この太平寺夜間中学は、2013年に、昼間の中学校の生徒が少なくなったので、近くの中学と移転して、統合のことになったのですが、しかし、昨年6月に、東大阪市の教育委は、夜間中学のみ約1.5km離れたところに移転する、つまり、昼間の中学と切り離すと言うことで、廃止に近く、生徒さんたちには、1.5kmも離れたら通学は大変であり(番組では報じられませんでしたが、東大阪市は中小企業のメッカで、昼間はそこで働かれている方たちが、夜懸命に日本語などを学ばれているのだと思われます、つまり、太平寺夜間中学に通われている方々は、この国を支えておられるのです)、生徒たちが反対して、しかし、この廃止の理由は、地元の反対と言われていたのが、一転して昨年暮れに、廃止はせず、昼間の中学とともに移転とのことになったのです。

 ところが、移転先の住民の反対と言うものの、地元では、要するに夜間中学が来ることに反対しているわけではなく、昼間の中学との施設の用途などを聞いたわけであり、説明したら、納得されるものであるのです。ところが、東大阪市の教育委員会は、なぜか、これを地元が反対として、一度は方針を決定したのに、また元に戻すと言う二転三転の模様です。

 夜間中学の生徒さんたちは、東大阪市の市長に直談判して、そして真意を問い、また、地元の住民も教育委に説明を求め、東大阪市の教育委は、MBSのカメラ取材を拒否して、説明不足だと言うのみでした。

 これを見て、弁護士の森直也さん、地元住民とのしこりが残ることを懸念されて、外国人も来る学校を地元が拒否しているのではないのに、問題と言われました。

 日本の資源は人、教育であり、教育にこんなことをしていては(背景には、維新の存在もあると思われます)、未来を担う人たち、「この国」を担う人たちを育てずに、「この国」に未来はありません、以上、VOICEの内容でした。

 なお、今日もテレビ・新聞は朝鮮民主主義人民共和国の水爆実験で一種の狂乱報道であり、神戸新聞によると、東京の朝鮮総連の建物に文句を言いに来た人もあったとのことで、また、朝鮮民主主義人民共和国では、水爆実験を成功させたと大きく報じて、国民が喜んでいると日本のメディアは大きく報じていますが、しかし、日本も75年前、真珠湾攻撃時には同じであり、また朝鮮民主主義人民共和国のロイヤルファミリーの体制は、日本の戦前の天皇制絶対システムのコピーであることを忘れてはいけません、大東亜戦争を反省せず、戦争責任も取らず、それなのに核兵器を作る基本技術(ウラン濃縮、原子炉、再処理の3つで、その上もんじゅ(本質は核兵器材料製造装置)まであり、核兵器を持たないのに、こんな技術を持っているのは、世界で日本だけでなり、核兵器製造技術では、日本は朝鮮民主主義人民共和国より遥かに上)を持っている日本に、朝鮮民主主義人民共和国を批判できるのでしょうか?

-----------------
以上、転載

北朝鮮による「核実験」は米国との共同現象です。先制核攻撃戦略を公言している米国が世界にとっての最大の脅威だからこそ、北朝鮮が対抗する。北朝鮮が核で先制攻撃をするはずがない。それは北朝鮮の独裁体制に終止符を打ってくれという宣言に等しいから。

太田光征
posted by 風の人 at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年01月06日

2016年1/6(水)18:30?19:30 日本軍「慰安婦」問題についての日韓政府による政治的妥結に反対し、正しい解決を要求する官邸前抗議行動

紅林進です。

日本軍「慰安婦」問題についての日韓外相会談による「合意」は、被害当事者を無視したものであり、
当事者を無視した、当事者の反発を買う「解決」などあってはならないはずであり、特に安倍政権の
対応は、ひどいものであり、法的責任を追及するのをやめろとか、今後蒸し返すのをやめろ(つまり
歴史にフタをしろということ)とか、民間団体が立てた「少女像」を撤去させろとか、それをしなければ、
10億円を拠出しないとか、 まるで加害者と被害者が入れ替わったような横暴な要求です。

「少女像」(平和の碑)の撤去をめぐっては韓国でも激しい反対運動・抗議行動が起こっていますが、
韓国で日本軍「慰安婦」問題に中心的に取り組んでいる韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)は、
この日韓両国政府による合意破棄を求めるデモを呼びかけ、本日1月6日(水)には、韓国だけでなく、
米国、欧州の各地で合意破棄を求めるデモが行われるとのことです。(下記参照)

米欧で日韓合意反対集会 韓国団体主導で6日計画
http://news.infoseek.co.jp/article/02kyodo2016010201001063/
 【ソウル共同】旧日本軍の従軍慰安婦問題をめぐり、日韓合意による最終解決に反発する元慰安婦
支援団体などが、6日に韓国や米国、欧州の各地で合意破棄を求めるデモを計画していることが2日、
分かった。開催予定地は米国のワシントンやニューヨーク、ロサンゼルス、オーストリアのウィーンなど。
「日本軍慰安婦問題の正当な解決世界運動」とのイベント告知が2日までにフェイスブックに投稿された。
聯合ニュースによると、イベントは元慰安婦支援団体「韓国挺身隊問題対策協議会」が在外韓国人や
運動家らと連携して開く。

http://blog.livedoor.jp/woodgate1313-sakaiappeal/archives/46445208.html
東京では、1月4日(月)に首相官邸前で、「少女像撤去要求を撤回せよ」という抗議行動が行われましたが、
世界連帯行動日の本日1月6日(水)には、午後6時30分から首相官邸前で、スタンディングによる抗議
が呼びかけられています。

その案内を転載させていただきます。

(以下転載、拡散歓迎)

韓国・挺対協呼びかけ世界連帯行動
<日本軍「慰安婦」問題についての日韓政府による政治的妥結に反対し、正しい解決を要求する官邸前抗議行動>

●1月6日(水)pm6:30〜7:30 首相官邸前 スタンディング
(東京メトロ:丸の内線、千代田線「国会議事堂前駅」下車すぐ、国会記者会館前)

*「合意」反対の思い書いたプラカードや鳴り物、光物などを持参してください
呼びかけ・連絡先:尾澤邦子090-3406-5034

12月28日、日韓政府間で合意された日本軍「慰安婦」問題に対して、韓国の挺身隊問題対策協議会から「緊急告知」として、
1月6日に世界連帯行動が呼びかけられています。

日本政府は、10億円とひきかえにソウルの日本大使館前の平和の碑(少女像)の撤去と、今後いっさい問題にしないという
ことを強要しています。
被害当事者を無視し、政府への要求事項も無視し、勝手に妥結した「合意」を黙って見ているわけにはいきません。

イヨンスハルモニをはじめ被害者は、被害者不在で合意したことを怒っています。年末30日の日本大使館前水曜デモには700人
が集まり、「合意撤回」を叫んでいました。イヨンスさんは「お金の問題ではない。公式謝罪と法的賠償だ」と訴えていました。

31日には、「韓日協定を破棄せよ」と叫んで日本大使館に入って抗議した学生30人が逮捕されました。
現在も大使館前では学生たちが少女像を守って籠城しています。
「緊急告知」を翻訳しましたので、はりつけます。
1月6日(水)午後6時半から首相官邸 前でスタンディングを行おうと思います。一緒にやりませんか。
「合意」反対の思いをプラカードに書いて、官邸前に立ちたいと思います。よろしくお願いします。

【緊急告知】2016.01.06
世界連帯行動に共に連帯することを訴えます。
1月6日は、1992年1月8日に初めて行われた水曜デモが満24周年となる水曜日です。
挺対協は24周年デモを迎えながらも、2015年12月28日、日韓政府間の拙速的に妥結された日本軍「慰安婦」問題の合意に反対して、
日本軍「慰安婦」問題の正しい解決を要求するために、世界同時多発、全国各地域の同時多発水曜デモを推進しようと思います。

緊迫した状況で推進されるものであり、困難であるとは思いますが、世界各地にお ら れる方々、全国各地におられる方々、水曜デモ
に共に連帯して、同時多発集会を一緒に行うことができる方は、ご連絡をお願いいたします。
団体で行うことが難しいならば、1人デモ、大使館前のコンサート、短い展示会、パフォーマンスなど、さまざまな方法でやればよいでしょう。
時間は、現地の事情に合わせて進めてください。
米国、欧州、アジアなど各地で、国内全国各地で緊急共同行動が行われると思います。

ソウル、日本大使館前の平和路にて12時に挺対協の主催で、世界連帯行動を推進
・米国ワシントン、ニューヨークは日本大使館前で水曜デモを行い、その後韓国大使館まで行進。
・LAグレンデイル、ニュージャージー、キリンビ、サンフランシスコでは、1212回水曜デモ及び世界連帯行動開催& amp; lt; br>・ドイツベルリンでは韓国大使館前12時
・オーストリアウィーンでは、欧州平和紀行中の希望ナビ主催の水曜デモ
・世界連帯行動を進めている方は、活動写真などを積極的にSNSなどを通して広報していただき、イベントを行う際には、現地メディア放送
に報道資料などを介して広報活動をぜひお願いいたします。
・国内:水原は1時に水原平和碑前、
大田は午前8時にテジョン平和の少女像の前で共同行動。
- ご連絡いただければ続けて追加します。
*1.6世界連帯行動が決まったら、
挺対協(02-365-4016 /war_women@naver.com)に連絡いただきますようお願い申し上げます。

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 10:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年01月05日

南相馬・避難20ミリ訴訟第2回期日(2016年1/13)/その他(転載)

FoE Japanの満田です。本年もよろしくお願いいたします。
いくつかお知らせです。
1.【緊急署名】原告による十分な意見陳述の場の設定を(本日1/4締め切り)
2.南相馬・避難20ミリ撤回訴訟第二回期日(1/13)
3.「核なき世界」に赤信号?…日印原子力協定と原発輸出(1/19)
4.川内、高浜、伊方、玄海…各地の避難計画を徹底検証
  原発避難計画 全国集会 in 東京(1/21)

-----------以下詳細です。
1.南相馬・避難20ミリ撤回訴訟支援の会
 【緊急署名】原告による十分な意見陳述の場の設定を(本日1/4締め切り)
http://minamisouma.blogspot.jp/2015/12/blog-post.html
現在、署名は957筆! 裁判を応援するため、ぜひご署名を!

2.南相馬・避難20ミリ撤回訴訟第二回期日(1/13)
http://minamisouma.blogspot.jp/
「年20ミリシーベルトではいのちは守れない」――立ち上がった南相馬のみなさ
んを応援しましょう。大法廷を埋め尽くしましょう! 終了後、報告集会も予定
しています。

2016年1月13日(水)
・経産省前抗議アピール 12:30〜12:50 場所:経済産業省本館前
・東京地裁前応援アピール 13:00〜13:30 場所:東京地方裁判所前
・第2回口頭弁論 14:00〜 場所:東京地方裁判所103号法廷
※傍聴券が必要となりますので、配布締め切りの13:30までにお並びください。
なお、希望者多数の場合抽選となることがあります。
・報告集会 15:30〜 場所:参議院議員会館(予定)

3.《FoE Japan報告会》「核なき世界」に赤信号?…日印原子力協定と原発輸出(1/19)
http://www.foejapan.org/energy/evt/160119.html
◆日時:2016年1月19日(火)18:30〜20:40
◆場所:地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)※最寄り駅 表参道駅 青山大学の向かい側
(東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1F)  国連大学の右手の棟の左側の奥
◆プログラム
1.日印原子力協定のもたらすもの
 報告者:深草亜悠美(FoE Japan)/コメント:松久保肇さん(原子力資料情報室国際担当)
2.原発輸出と政府系金融機関
3.FoE Japanの活動報告…福島における保養の取り組み「福島ぽかぽかプロジェクト」ほか
◆申込み→こちらから http://kokucheese.com/event/index/364820/
◆参加費:500円 
◆主催:国際環境NGO FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)

4.原発避難計画 全国集会 in 東京 
川内、高浜、伊方、柏崎刈羽、玄海…各地の避難計画を徹底検証
http://www.foejapan.org/energy/evt/160121.html
川内原発に続き、高浜原発や伊方原発など各地で原発が再稼働されようとしています。
避難計画は形だけで、住民のいのちを守れるようなものではありません。
各地での市民の調査により、避難先や避難経路、ヨウ素剤の配布、要援護者の避難など、まったく現実的ではない現実が浮き彫りになってきました。
このたび、高浜原発、川内原発、伊方原発、柏崎刈羽原発、玄海原発の状況について、各地から報告いただき、問題点を改めて共有します。

◆日時:2016年1月21日(木)13:00〜18:00
◆場所:参議院議員会館101(最寄り駅:東京メトロ・永田町または国会議事堂前)
・13:00〜15:30:集会
@避難先・避難経路、A放射性物質のシミュレーションなどの事故時の想定、B
ヨウ素剤の 配布、C要援護者の避難−−など、川内、高浜、伊方、佐賀、柏崎刈
羽の現地から事例報告
・16:00〜17:30:政府交渉(相手方:内閣府・原子力防災、原子力規制委員会を
想定、交渉中)
◆発言:
柏崎刈羽原発(新潟)…金子貞夫さん
伊方原発(愛媛)…阿部悦子さん
玄海原発…永野浩二さん
川内原発…高木章次さん
高浜原発…アイリーン・スミスさん などを予定
◆資料代:500円
◆「原発避難計画 全国集会 in 東京」実行委員会

--
満田夏花(みつた・かんな)
携帯:090-6142-1807
ツイッター:@kannamitsuta
国際環境NGO FoE Japan(認定NPO法人)
〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-21-9
Tel:03-6909-5983 Fax:03-6909-5986
http://www.foejapan.org/

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 09:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2016年01月03日

【緊急】【拡散歓迎】2016年1/4「少女像撤去要求」を撤回せよ・官邸前緊急アクション13時30分?

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
【緊急】【拡散歓迎】1/4「少女像撤去要求」を撤回せよ・官邸前緊急アクション

日本軍「慰安婦」問題に関する被害当事者抜きの日韓両政府「合意」、とりわけ少女像(「平和の碑」)撤去要求という安倍政権の破廉恥な姿勢に対し、超緊急の抗議アクションを呼びかけます。
1月4日13時30分〜(総がかり行動の国会議員会館前アクション終了後)@首相官邸前

韓国では既に「合意」への抗議行動が起きているなか、日本でも早急に市民による抗議が必要だと思います。
緊急声明を出されたグループ、シンポを企画されるグループなど、それぞれに安倍政権への抗議に取り組まれていると思いますが、自分(たち)は官邸前にメガホンを置き、安倍に抗議するところから始めたいと思います。

安倍政権の破廉恥な姿勢に黙っていられない方、ぜひご参集ください。

呼びかけ=「戦後70年ミニシンポ実行有志」
※歴史修正主義(日本軍「慰安婦」問題、南京虐殺事件)と極右勢力の動向に対し、昨年、5回のミニシンポと1回のデモを行い、今年以降も活動予定のグループです。
ツイッター; https://twitter.com/1945to2015

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 11:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2015年12月31日

日本軍「慰安婦」問題に関する日韓外相会談に対する弁護士有志の声明

151230日韓外相共同記者会見に対する弁護士声明(確定版).pdf
日本軍「慰安婦」問題に関する日韓外相会談に対する弁護士有志の声明

1 2015 年 12 月 28 日、日本の岸田文雄外相と韓国の尹炳世外相は、日本軍「慰安婦」問題の解決に関する共同記者会見を行った。

2 記者会見において岸田外相は、第一に、「慰安婦」問題が当時の軍の関与の下に多数の
女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、かかる観点から日本政府は責任を痛感し
ていること、安倍首相が日本国の内閣総理大臣として改めて、「慰安婦」として数多の苦
痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われた全ての方々に対し、心からおわび
と反省の気持ちを表明する、と述べた。これは、安倍内閣も含めて歴代内閣が踏襲する
としてきた河野談話の一節とほぼ同じ表現である。
これまでの歴史研究や裁判所の判決等の成果を踏まえるならば、日本軍が主体的に「慰
安所」を立案・設置し、管理・統制していた事実や、慰安所での性暴力が国際法や国内
法に違反していたことなどを認めることができる。日本政府が今日「慰安婦」問題の事
実と責任に言及するのであれば、これらの研究成果等も踏まえるべきであり、それが被
害者の求めていることでもある。その点で、岸田外相の上記言及は不十分と言わざるを
得ない。

3 第二に、日本政府は、韓国政府が設立する財団に日本政府の予算から約10億円を一
括して拠出し、日韓両国政府が協力して、「慰安婦」被害者の方々の名誉と尊厳の回復、
心の傷の癒やしのための事業(以下「名誉回復等事業」という。)を行うとしている。し
かし、その内容は不明であり、具体化は先送りされたといえる。
(1) 名誉回復等事業の一環として、日本政府が女性のためのアジア平和国民基金(アジア女
性基金)解散後のフォローアップ事業の規模拡大を検討している旨報じられている。し
かし、アジア女性基金は国の責任を曖昧にしたとして批判され、韓国の「慰安婦」被害
者の多くがアジア女性基金からの償い金の受領を拒否した経緯がある。そのため、アジ
ア女性基金のフォローアップ事業に対する被害者及び支援者からの批判は強い。したが
って、フォローアップ事業を名誉回復等事業として行うべきではない。
(2) そもそも、日本軍「慰安婦」問題解決に最も重要なことは、日本政府が、「慰安婦」へ
の加害と被害の事実と、それに対する責任を明確な形で認め、公式に謝罪をすることに
ある。そして、被害者らが求めているのは、その謝罪の証としての賠償であるし、「慰安
婦」問題の真相究明や、義務教育課程の教科書への記述などの再発防止措置などである。
(3) 賠償に関しては、日本政府は、日韓請求権協定第 2 条第 1 項が請求権問題について「完
全かつ最終的に解決された」と規定していることにより日本は法的な責任を認めること
はできず、また法的な賠償を行うことはできないという説明を繰り返し表明している。
しかし、このような説明はミスリーディング(誤導的)である。

日韓請求権協定第 2 条第 1 項は、以下のとおり、日本政府が被害者個人に対する法的
な責任を認め、法的な賠償を行うことについての障害とはならないからである。
すなわち、中国人「慰安婦」被害者についての事件に関する日本の最高裁判所の判決
(2007年4月27日)は、サンフランシスコ講和条約及び日中共同声明の請求権放
棄条項(以下「請求権放棄条項」という。)について、「請求権を実体的に消滅させるこ
とまでを意味するものではなく、当該請求権に基づいて裁判上訴求する権能を失わせる
にとどまる」と判示した。また、同日に出された中国人強制連行被害者の事件に関して、
最高裁は請求権条項に関し上記と同じ論理を述べたうえで、「個別具体的な請求権につい
て、その内容等にかんがみ、加害者側において任意の自発的な対応をすることは妨げら
れない」と判示した。裁判上の請求は認められないが、裁判手続の外で賠償を受ける法
的権利としては残っているとしたのである。この最高裁の判決の論理は日韓請求権協定
第2条第1項の解釈にも妥当する。したがって、同協定第 2 条第 1 項は、日本政府が被
害者個人に対する法的な責任を認め、法的な賠償を行うことについての障害にならない。
ところが、以上の理を、日本政府は、国民や社会に対して十分に説明せず、同協定第 2
条第 1 項を理由に法的責任、法的賠償ができないとしてきた。今回、これを改め、日本
政府は、最高裁の判断を尊重し、被害者個人の賠償請求権が実体的には消滅していない
ことを前提に、解決を図るべきである。
(4) 仮に名誉回復等事業が、日本政府の「慰安婦」問題に関する謝罪の証として行われるの
であれば、その内容は前記のとおり被害者の要求に適合したものにすべきであり、その
ためには、名誉回復等事業の策定過程において、「慰安婦」被害者や支援者の意向を十分
に反映すべきである。

4 第三に、日韓両国政府は、名誉回復等事業が着実に実施されるとの前提で、「慰安婦」
問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認したとしている。
(1) 日本軍「慰安婦」問題の最終的解決のためには、日本政府による「慰安婦」に対する加
害と被害の事実と責任への具体的な言及と謝罪、謝罪の証としての賠償等が誠実に実施
されることがなければならない。前記のとおり、日本政府の事実及び責任への言及は不
十分であるし、名誉回復等事業の内容も定まっていない。このような段階で、日韓両国
外相の合意により最終的かつ不可逆的に解決したなどということはできないし、最終的
な解決を「慰安婦」被害者の頭越しに両政府が取り決めることはできない。
(2) 日本軍「慰安婦」問題の解決のためには、日本政府が心からのおわびと反省の気持ちを
表明するだけではなく、それを被害者らに受け入れてもらえるように、日本政府が不断
の努力を行動で示すことが必要である。そこには、「慰安婦」の被害実態を否定しようと
する言説に対して日本政府が敢然と反駁するなど、日本政府の一貫した姿勢を示すこと
も含まれている。それらの努力が継続されることで、被害者や遺族や支援者などから信
頼を得ることができるのであり、それにより初めて日本軍「慰安婦」問題の最終的解決に近づくのである。両国政府間で「最終的かつ不可逆的に解決されることを確認した」
からといって、日本軍「慰安婦」問題が最終的に解決したとは言えない。
(3) 記者会見では、日本軍「慰安婦」問題の最終的かつ不可逆的に解決されたといえるため
には、その前提として、日本政府が表明した措置を着実に実施することが必要であると
されている。日本軍「慰安婦」問題が最終的解決に至るか否かは、「慰安婦」に対する加
害と被害の事実への具体的な言及と謝罪が行われ、名誉回復等事業の内容が被害者の要
求に適合していることを前提に、日本政府がそれを着実に実施することで被害者等の信
頼を得ることができるのか否かにかかっているのである。

5 第四に、日本政府は、韓国政府と共に、国連など国際社会において、「慰安婦」問題に
ついて互いに非難・批判することは控えるとしている。この点、韓国外相は、「日本政府
が表明した措置が着実に実施される」ことを前提としたうえで、互いに非難・批判する
ことは控えると述べている。
したがって、今後日韓両国政府が相互非難・批判を自制できるか否かは、名誉回復等
事業の内容の確定と、日本政府によるその着実な実施にかかっているのである。

6 第五に、韓国政府は、在韓国日本大使館前の少女像に関し、可能な対応方向について
関連団体との協議を行う等を通じて、適切に解決されるよう努力する、としている。
少女像は「慰安婦」被害者を支援する韓国の民間団体が設置したものである。そのた
め、日韓両国政府が少女像について解決への努力に合意したとしても、その合意自体、
当該民間団体を法的に拘束するものではない。
そもそも少女像は、駐韓日本大使館前で日本軍「慰安婦」問題の解決を求めて行われ
てきた「水曜デモ」が 1000 回を迎えたことを記念して建てられたものである。その経緯
に鑑みれば、少女像の適切な解決のために最も重要なのは、日本政府が日本軍「慰安婦」
問題に対する従来の姿勢を改めて事実と責任を明確に認め、日本軍「慰安婦」被害者や
支援団体の理解を得ることである。
記者会見では、少女像の解決への努力は韓国政府が負担することになったとされたが、
本来は、日本政府が「慰安婦」被害者や支援団体の理解を得ることができるかどうかに
よるのである。

7 以上のとおり、日本軍「慰安婦」問題に関して日韓両国外相間で合意が成立したとい
うものの、問題は先送りされておりいまだ問題の解決に至っていない。日本軍「慰安婦」
問題の解決は、今後の日韓両国政府及び日韓両国市民の取組にかかっているのであり、
今般の日韓外相合意はその出発点に過ぎない。
日本軍「慰安婦」被害の実態を究明し、これを世界や、後世に伝えていくことは、日
本政府が真に事実と責任を認め、謝罪の意思を有していることを示す証であるとともに、
未来に向けて二度と同じ過ちを繰り返さず、真に人権が保障される社会を築こうとする
決意の表れでもある。それは日本を貶めることではなく、かえって、これこそが日本の
目指すべきところである。もとより「慰安婦」被害者は韓国人被害者だけでなく、朝鮮
民主主義人民共和国(北朝鮮)、中国、台湾、フィリピン、インドネシア、東ティモール、
オランダなどの地域に存在する。これらの被害も含めて「慰安婦」被害全体についての
事実究明、教育、広報を通じてこそ、日本がいまも人類が克服できていない、戦時の性
暴力被害を地上から撲滅する先頭に立つことができる。それこそが日本が目指すべき目
標であり、今回の合意はこの目標にかなうものでなければならない。
私たちは、今回の合意がその目標に向けた新たな取り組みの出発点として、日本政府
が、韓国政府の協力のもと、「慰安婦」被害者の要求を踏まえて、「慰安婦」への加害と
被害に具体的に言及し、責任を認め、誠実に謝罪をするとともに、その謝罪の証として
賠償等の具体的な措置を、被害者が受け入れることができるような内容、形態において、
誠実に実施することを強く求めるものである。

2015 年 12 月 30 日
日本軍「慰安婦」問題の解決を求める弁護士有志(五十音順)

弁 護 士 足 立 修 一         弁 護 士 泉 澤 章
弁 護 士 伊 藤 真           弁 護 士 岩 月 浩 二
弁 護 士 殷 勇 基           弁 護 士 内 田 雅 敏
弁 護 士 大 森 典 子         弁 護 士 小野寺 信 勝
弁 護 士 川 上 詩 朗         弁 護 士 姜 文 江
弁 護 士 金 英 功          弁 護 士 金 昌 浩
弁 護 士 金 哲 敏          弁 護 士 金 奉 植
弁 護 士 金 星 姫          弁 護 士 黒 岩 哲 彦
弁 護 士 後 藤 富 和         弁 護 士 崔 信 義
弁 護 士 在 間 秀 和         弁 護 士 坂 口 禎 彦
弁 護 士 澤 藤 統一郎        弁 護 士 菅 本 麻衣子
弁 護 士 宋 惠 燕          弁 護 士 郄 崎 暢
弁 護 士 張 界 満          弁 護 士 鄭 文 哲
弁 護 士 角 田 由紀子        弁 護 士 中 川 重 徳
弁 護 士 西 村 武 彦        弁 護 士 柏 熊 志 薫
弁 護 士 迫 田 登紀子        弁 護 士 秀 嶋 ゆかり
弁 護 士 福 留 英 資        弁 護 士 穂 積 剛

弁 護 士 穂 積 匡 史        弁 護 士 山 本 晴 太

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

【緊急署名】原告による十分な意見陳述の場の設定を(南相馬・避難20ミリシーベルト撤回訴訟)

みなさま(拡散歓迎、重複の際は申し訳ありません)

南相馬・避難20ミリシーベルト撤回訴訟支援の会事務局の満田です。
年末のお忙しい中、たいへん申し訳ありません。緊急の呼びかけです。

南相馬・避難20ミリシーベルト撤回訴訟についてはこちらをご覧ください。
http://minamisouma.blogspot.jp/p/20.html

この裁判において、東京地裁が、第二回目の口頭弁論において、原告の意見陳述
を行わないという方針が示されました。今後、書面での意見陳述および裁判官と
の質疑による原告の意見のききとりを行うとのことです。

弁護団からは、原告の置かれている状況は様々であり、第1回期日での意見陳述
では原告すべての状況を把握できるものではないこと、原告は、解除にあたって
政府が住民の意見を無視したとの想いから訴訟を提起しており、裁判所が同じ轍
を踏むべきではないこと等から、今後も意見陳述を継続するよう申し入れました。

原告からは「口頭での意見陳述を継続してほしい」という意見書を提出する予定です。

支援の会からも、以下の要請書を、年明け 可能な限り速やかに裁判所に提出しよ
うとしています。要請書提出に当たっては、多くのみなさまの賛同を求めたいと
思います。

ぜひ、多くのみなさまからの賛同署名をお願いいたします。
署名はこちらからお願いします。
https://pro.form-mailer.jp/fms/2e8bab2390944

-------------以下要請書案
東京地方裁判所 御中

南相馬の住民のおかれた実状を理解するため
原告による十分な意見陳述の場の設定を求めます

 南相馬避難解除取消等請求事件の原告の支援者として、原告による十分な意見陳述の場の設定を要請いたします。

 すでに訴状などでも述べられていますが、国は一方的に、「年20ミリシーベルト」という一般の公衆被ばく限度として国際的に勧告されている水準の20倍もの
レベルの避難基準および帰還基準を設定し、住民の意見をきかずに帰還を促進してきています。

 このことにより、住民は、精神的にも物理的にもさまざまな辛苦をなめてきたのです。さらに本件の大きな要素は、放射線が将来及ぼす被害についてわかって& amp; amp; amp;amp; lt; br>いないということです。

 住民が受けている「被害」を裁判所が理解するためにも、住民の声を直接きく意見陳述の場を設定することが優先されるべきではないでしょうか。

 国により、何度も無視され、理不尽な避難解除と帰還の強要にさらされてきた原告たちにとって、裁判所は最後のよりどころなのです。

 今回の方針により、原告たちが、「裁判所も政府と同じだ。自分たちの意見をきかず、政府と同じ判断を下すのか」という気持ちを抱かせてしまうかもしれま
せん。

 今後の期日においても、原告の意見陳述を継続するよう求めます。
--------------------------------------------------------------------------------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2015年12月30日

日本軍「慰安婦」全国行動の声明

今回の「解決」は、沖縄県民の頭ごなしに米軍基地を押し付けるのと同様の行為です。日本に住む市民も、住民の意思を無視して放射性廃棄物処分場などを建設されたくないなら、こうした政府の横暴を他人事として無視してはいけません。

権力の暴走を許さないという民主党のネクスト外務大臣を務める長島昭久氏のコメントもまた、日韓関係について言及するのみで、被害者不在の視点に貫かれています。

民主党 | 権力の暴走を許さない。その先頭に立つ。
https://www.dpj.or.jp/
民主党 | 【談話】日韓の慰安婦問題に関する合意をうけて
https://www.dpj.or.jp/article/108072/%E3%80%90%E8%AB%87%E8%A9%B1%E3%80%91%E6%97%A5%E9%9F%93%E3%81%AE%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6%E5%95%8F%E9%A1%8C%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E5%90%88%E6%84%8F%E3%82%92%E3%81%86%E3%81%91%E3%81%A6


太田光征

以下、転送です。

-------- Forwarded Message --------
Subject: [情報ともれん:4043] 日本軍「慰安婦」全国行動の声明
Date: Wed, 30 Dec 2015 00:42:10 +0900 (JST)

トウモトです。
昨日の日韓外相会談に対する「声明」が、日本軍「慰安婦」
問題解決全国行動から出ていますので転送します。
必見です。
★------------------
<声明>
*被害者不在の「妥結」は「解決」ではない*
12月28日、日韓外相は日本軍「慰安婦」問題について会談し、
共同記者会見を開いた。その内容についての評価は、本来、被害者がどう受け止めたかによって判断されるべきであるが、私たちは
昨年来、政府に、各国の被害者と支援者が集まった「アジア連帯
会議」で協議・合意した、解決のための「日本政府への提言」を提案し、日本軍「慰安婦」問題解決のために取り組んできた団体として、日韓外相会談の結果について以下のようにコメントする。
1,
今回の協議は終始一貫、被害者不在で進められた。
それが本日の結果に如実に表れており、「最終的な解決」にするには、被害者にとってあまりにも課題の多いものとなった。
とりわけ安全保障政策を重視する米国の圧力のもとで日韓政府が
政治的に妥結し、最終的合意としてしまったことは、50年前の
日韓基本条約の制定過程を彷彿させ、東アジアが現在もなお、
米国の支配下にあることを痛感させられるできごとだった。
2,
日本政府は本日、ようやく国家の責任を認めた。
安倍政権がこれを認めたことは、四半世紀もの間、屈することなくたたかって来た日本軍「慰安婦」被害者と市民運動が勝ち取った成果である。
しかし、責任を認めるには、どのような事実を認定しているのかが重要であり、それは即ち「提言に示した
@軍が『慰安所』制度を立案、設置、管理、統制した主体である
 こと、
A女性たちが意に反して「慰安婦」にされ、慰安所で強制的な状況
 におかれた事、
B当時の国際法・国内法に違反した重大な人権
 侵害であったことを認めなければならないということだ。
 「軍の関与」を認めるにとどまった今回の発表では被害者を納得
 させることはできないであろう。
3,
韓国外相は「平和の碑」(少女像)について、「適切に解決され
るよう努力する」と述べた。日本政府が、被害者の気持ちを逆な
でする要求を韓国政府に突き付けた結果である。
このような勝手な「合意」は、被害者を再び冒涜するものに他な
らない。
4
さらに、教育や記憶の継承の措置についてはまったく触れず、国際社会において互いに批判・非難を控えると表明したことは、日韓
両国が日本軍「慰安婦」問題を女性の人権問題として捉えていないことの証左であるとともに、被害者の名誉や尊厳の回復に反する
発言であり、とうてい認めることはできない。
5,
この問題が「最終的かつ不可逆的に解決される」かどうかは、ひとえに今後の日本政府の対応にかかっている。
問題を解決せず、蒸し返してきたのは、被害者が納得できる措置を日本政府がとらず、安倍政権が「河野談話」の見直しを図るなど、政府として歴史の事実を否定する発言を繰り返してきたためであることを認識しなければならない。
5, 日本政府は、被害者不在の政府間の妥結では問題が解決しないことを認識し、以下のような措置をとらなければならない。
@ 総理大臣のお詫びと反省を外相が代読、あるいは大統領に電話
  でお詫びするといった形ではなく、被害者が謝罪と受け止める
  ことができる形で、改めて首相自身が公式に表明すること。
A 日本国の責任や河野談話で認めた事実に反する発言を公人がした
場合に、これに断固として反駁し、ヘイトスピーチに対しても
断固とした態度をとること。
B また、同事業には、被害者が何よりも求めている
日本政府保有資料の全面公開、国内外でのさらなる資料調査、
国内外の被害者および関係者へのヒヤリングを含む真相究明、
および義務教育課程の教科書への記述を含む学校及び一般での
教育を含めること。
C アジア太平洋各地の被害者に対しても、国家の責任を認めて
同様の措置をとること。

2015年12月29日

日本軍「慰安婦」問題解決全国行動
posted by 風の人 at 10:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2015年12月27日

「平和の碑」の撤去という条件付きの日本軍「慰安婦」問題解決:挺対協報道資料「 12.28日韓外相会談に向けて」

<被害者たちは「今度は本当に可能性があるのか?」と期待し、「やっぱりダメなのね」と天国と地獄を行き来する。このような日本政府を見て「まるで私たちをからかっているみたい」>

<褒め称えて「平和の碑」を建てたのである。ところがこれの撤去を条件とすることは、加害者が被害者の問題解決の歴史を抹消しようとする暴力的な動きであり、新たな障害を作り出すものである。>



[挺対協報道資料] 12.28日韓外相会談に向けて

「平和の碑」の撤去といった前提条件付きで日本軍「慰安婦」問題を解決することは不可能です。

光復70周年をこのまま終えるのが惜しいのだろうか。安倍首相が2015年もあと数日という今、世論づくりの主人公として踊り出た。

いつもそうだった。緊急で重要な外交問題を、メディアを通して暴露し、世論はこれに踊らされ惑わされてきた。その波紋は、あたかも真実であるかのように、直ちに歴史を変えるかのように、世の中を騒がせた。過ぎて見れば結局何らの進展もなく、内容のないパフォーマンスに過ぎなかった。その中で、被害者たちは「今度は本当に可能性があるのか?」と期待し、「やっぱりダメなのね」と天国と地獄を行き来する。このような日本政府を見て「まるで私たちをからかっているみたい」と言う。

この度の事態は、安倍晋三首相が25日、岸田外相に「慰安婦」問題妥結のため年内に韓国を訪問するよう電撃的に指示したという日本のある放送局の報道から始まった。韓国メディアも一斉に日本発のニュースを報道し始めた。外交の相手国である韓国政府との間でやりとりされている重要で緊急な外交議題を、このようにメディアを通して流し、世論づくりをして日本政府の立場を固めようとする下心が実に見苦しい。そして、そのように騒々しく登場した「年内妥結」努力の中身は空疎としか言いようがない。

日本のメディア報道によると、安倍首相が責任をとるという解決の中身は「被害者支援のためのアジア女性基金のフォローアップ事業を拡大して1億円規模の基金を創設することと、安倍首相の謝罪の手紙」だという。これでは10年前、日本政府が法的責任を否定して掲げた「補償に代わる措置」としてのアジア女性平和国民基金のやり方と何ら変わらない。アジア女性基金は、被害者の反対にあって既に失敗した日本政府の政策だった。

私たちは、緊急に開かれる2015年最後の日韓外相会談では真に日本軍「慰安婦」問題解決のための正しい協議がおこなわれるよう願い、以下のように明らかにする。



1. 解決の内容に何が盛り込まれるべきか。



すでに私たちは何度も日本政府と韓国政府に要求している。2014年、東京で開催された第12回日本軍「慰安婦」問題アジア連帯会議で採択された提言で、また2015年にソウルで開かれた第13回アジア連帯会議の決議で求めた内容だ。

第一に、日本軍「慰安婦」問題解決のために日本政府は、@日本政府および軍が軍の施設として「慰安所」を立案・設置し管理・統制したこと、A女性たちが本人たちの意に反して「慰安婦・性奴隷」にされ、「慰安所」等において強制的な状況の下におかれたこと、B日本軍の性暴力に遭った植民地、占領地、日本の女性たちの被害にはそれぞれに異なる態様があり、かつ被害が甚大であったこと、そして現在もその被害が続いているということ、C当時の様々な国内法・国際法に違反する重大な人権侵害であったという事実と責任を認めなければならない。

第二に、このような事実認定に基づいて、@翻すことのできない明確で公式な方法で謝罪すること、A謝罪の証として被害者に賠償すること、B真相究明のため、日本政府保有資料の全面公開、国内外でのさらなる資料調査、国内外の被害者および関係者へのヒヤリング、C再発防止措置として義務教育課程の教科書への記述を含む学校教育・社会教育の実施、追悼事業の実施、誤った歴史認識に基づく公人の発言の禁止、および同様の発言への明確で公式な反駁等をおこなうことである。



2.解決に前提条件はありえない。日本政府は責任を尽くさなければならない。



 解決の前提条件として「平和の碑」の撤去と「二度と問題を蒸し返さないという約束」を提示していることは、安倍政権が表向きには日本軍「慰安婦」問題の解決を口にしながら、実は日本軍「慰安婦」問題を解決する意思がないのだとしか解釈できない。さらにこれは、仮に日本軍「慰安婦」問題が未解決のまま残された場合に、その責任を被害者側である韓国社会に押しつけるための術策ではないかとさえ思われる。

―「平和の碑」は、1992年1月8日に始まった水曜デモが2011年12月14日に1000回を迎えた日に、20年以上も毎週水曜日にその場所で訴えてきたハルモニたちと私たちの歴史を記憶するために建てたものだ。過去の辛い歴史を記憶することを超えて、被害者と市民の1000回もの叫び、20年もの歳月あきらめずに水曜デモをおこなってきた過程を表現したものである。そして、戦争を経験していない若い世代に、生きた歴史教育の場として、人権と平和教育の教室として、被害者の人権擁護活動の象徴として積み重ねてきたその歴史を前向きに評価し、褒め称えて「平和の碑」を建てたのである。ところがこれの撤去を条件とすることは、加害者が被害者の問題解決の歴史を抹消しようとする暴力的な動きであり、新たな障害を作り出すものである。

―「二度と問題を蒸し返さないという約束」をしろという前提条件も、加害者側が出してはいけないもので、ありえないことだ。それは、日本政府の正しい責任履行によって実現されることで、韓国政府が前提条件として約束する事柄ではないからである。



3.私たちは、日本軍「慰安婦」問題解決のため、25年間、諦めずに走ってきた。その成果が国連と国際社会の決議採択、日本政府への勧告を引き出し、韓国憲法裁判所の判決を生み出したのだと思う。また、このような圧力によって、日韓政府が日本軍「慰安婦」問題を外交議題として議論するようになったのだと思っている。12月28日に予定されている日韓外相会談は、25年もの間努力してきた、このような被害者たちの活動とアジアの被害国の女性たち、そして国際社会の努力が実を結ぶような形で結果が引き出されなければならない。万が一にも懸念される、外交辞令でお茶を濁すような解決ではなく、被害者が心から納得できる、受け入れることのできる、速やかで正しい解決を願う。



※金福童ハルモニの立場

「安倍が謝罪の手紙を出して、10億ウォンで解決するって? そんなことで解決はできないよ。こっそり、誰も分からないように手紙を出しておいて、後でまたそんなことしてないって言うつもりじゃないの? 記者をみんな集めて、その記者たちの前で宣言しなきゃ。日本が、安倍の時代にやったことではないけど、祖先たちが私たちに悪いことをしたってこと、戦場に私たちを連れて行って、あんな凄惨な状況で軍人たちにされたこと、申し訳なかったって、許して欲しいって言わなきゃ。それも、一人でやるんじゃなくて、日本政府の公式的な立場でやらなきゃ。それから10億ウォン、私たちがお金が欲しくてこんなに長い間こうしてきたと思ってるのかね? 私たちも、今では韓国政府が生活支援金もくれるし、民間団体でこうして面倒もみてくれてるんだから、お金がなくて言ってるわけじゃないじゃない。法的に賠償しろってことなんだよ。それは、犯罪国家として、罪をおかしたということを認めろってことよ。そうじやないですか? それから少女像を撤去しろってことだけど、それと問題を解決するのとは関係のない、全く別のことだと思うんだけど、どうしてや\xA1
たらと少
女像をなくせって言うのか分からないね。私たちの国に私たちが建てたのに、どうして日本がああしろこうしろって指図するの? 少女像は私たちの過去の歴史、過去にああいう辛いことがあったってことを、後生に伝えて二度と同じようなことがないように、歴史の勉強をさせる目的で建てたのに、なぜ歴史を消せ、なくせって言うのか分からない」

2015年12月26日

韓国挺身隊問題対策協議会共同代表 ユン・ミヒャン、ハン・グギョム、キム・ソンシル

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 12:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

平和の碑(少女像)に関する日本と韓国の報道

「慰安婦問題を議論する日韓外相会談を控えて、ここ数日、日本のメディアでは見当違いな報道が流れています。日本政府はメディアを悪用するな、韓国政府がこのように強く抗議しました。」

Subject: [CML 041290] 平和の碑(少女像)に関する日本と韓国の報道
Date: Sun, 27 Dec 2015 01:43:53 +0000

皆様
 おはようございます。増田です。これはBCCでお知らせしています。重複、ご容赦を!
日本メディアは、「韓国政府」「韓国政府関係者」「韓国政府筋」が韓国ソウル日本大使館前の「少女像」の移転を検討している、と以下のように報道しました。

*ハフィントンポスト「慰安婦像、韓国政府が移転を検討」
http://www.huffingtonpost.jp/2015/12/25/comfort-woman-monument_n_8878120.html

*読売新聞「ソウル日本大使館前の少女像、韓国が移転を検討」「韓国政府関係者が明らかにした。」
http://www.yomiuri.co.jp/world/20151225-OYT1T50134.html?from=yartcl_outbrain1

*共同通信「少女像移転、韓国が検討」
http://this.kiji.is/53311006539792387?s=t
「少女像について、韓国政府が別の場所への移転を検討していることが26日分かった。韓国政府筋が明らかにした。」
「韓国政府は、朴槿恵大統領が第三国の首脳と会談する際に慰安婦問題を取り上げることを含め、他国での日本非難活動を日本の要求通り自制することも検討している。」
 ********************
 しかし、以上の日本メディアの報道に対し韓国外交部(外務省)は強く抗議しています。(韓国MBCテレビニュース)
*********************
http://imnews.imbc.com/replay/2015/nw1800/article/3846947_17808.html
の翻訳(訳者:梁澄子「戦争と女性の人権博物館」日本後援会 代表)

外交部、「日本政府はメディアを悪用するな」強く抗議
                         MBCニュースデスク 記事入力 2015-12-26 20:05 最終修正 2015-12-26 20:24
左向き三角1 アンカー 右向き三角1
慰安婦問題を議論する日韓外相会談を控えて、ここ数日、日本のメディアでは見当違いな報道が流れています。
日本政府はメディアを悪用するな、韓国政府がこのように強く抗議しました。
オ・ヘジョン記者です。

左向き三角1 レポート 右向き三角1
今日、日本の読売新聞は、韓国政府が駐韓日本大使館前に設置した日本軍慰安婦少女像の移転を検討していると報道しました。
韓国政府は、このような報道を日本政府の「言論プレイ(メディアの悪用、メディア操作)」だとし、強い遺憾を表明しました。

チョ・ジュンヒョク外交部報道官は「このようなことをする日本側の底意が何なのか、真摯に会談に臨むつもりがあるのか、強い疑問を感じる」と述べました。

また、少女像は民間が自発的に設置したもので、政府がどうこうしろと言える事柄ではなく、移転場所として南山が検討されているという報道は根拠のない話だと述べました。

外交部は、駐韓日本大使館の高位関係者を呼んで抗議し、再発防止も求めました。

明日と明後日、連続して開かれる局長級協議と外相会談では、軍慰安婦被害者に対する日本政府の責任の認定と公式謝罪をめぐって激しい綱引きがおこなわれる見込みです。

日本政府の予算が含まれた新しい軍慰安婦被害者支援基金問題も争点です。

このような中で、慰安婦被害者ハルモニたちは駐韓日本大使館前に設置された少女像の撤去や移転は不可能だと言っています。また、安倍首相の直接的な謝罪はもちろんのこと、生存するハルモニのうち一人でも反対したら日本の謝罪は受け入れることができないと述べました。
************************


 明日から岸田外相と韓国外相が「慰安婦問題解決」のために協議するということですが、安倍晋三日本政府の「気の毒だから、お金をあげましょう。それで、今後は一切、文句いうんじゃないですよ。それを約束しなきゃ、お金はあげませんからね。」なんぞというような、大失敗したことが明らかな国民基金の再度の押し付けは、日本軍性奴隷被害者に対するさらなる侮辱、セカンドレイプ以外の何物でもないでしょう。

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 12:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2015年12月24日

インドの原発建設予定地で「安倍は帰れ!」のスローガン

-------- Forwarded Message --------
Subject: お知らせ
Date: 24 Dec 2015 09:00:55 +0900

■「日印原子力協定に反対する国際アピール」
への賛同署名、ありがとうございました! 極めて短期間でしたが、各国語で計3528名の賛同署名が集まりました。

呼びかけ団体:【インド】CNDP(核廃絶と平和のための連合)、NAAM(反核運動全国連合)、PMANE(原発に反対する民衆運動・クダンクラム)【日本】ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン、コアネット、原子力資料情報室、ピースボート、ピースデポ、FoE Japan【トルコ】シノップ反原発プラットフォーム【韓国】エネルギー正義行動、脱核新聞【台灣】台灣環境保護聯盟、緑色公民行動聯盟、地球公民基金會、台灣和平草根聯盟【フィリピン】非核フィリピナス【インドネシア】 反核市民連合、

■日印原子力協定「原則合意」を許さない!
http://www.nonukesasiaforum.org/jp/137a.htm
に、

共同声明:日印原子力協力協定の「原則合意」に断固抗議する(5団体)

広島・長崎両市長の要請文:インドとの原子力協定交渉の中止について

日印原子力協定に反対する国際アピール

日印原子力協定締結反対に向けたこの間の活動(松久保 肇)

など、載せています、ご覧ください。

■12月11〜13日、インド各地で抗議行動。ジャイタプール、ミティヴィルディ、コヴァーダ、クダンクラムなどの原発予定地や原発現地、デリー、ムンバイ、チェンナイ、コルカタ、バンガロールなどの大都市。他に、イスタンブール、東京、ロンドン、ニューヨークや、オーストラリアなどでも。

12月12日、原発予定地ジャイタプールで日印原子力協定への抗議行動。約2000人が結集し、自発的に逮捕される非暴力直接行動によって、1000人以上が逮捕された。とくに女性たちの存在感が大きく、皆が「安倍は帰れ!」のスローガンを叫んだ。

***********************

『原発をとめるアジアの人々』推薦文:広瀬隆・斎藤貴男・小出裕章・海渡雄一・伴英幸・河合弘之・鎌仲ひとみ・ミサオ・レッドウルフ・鎌田慧・満田夏花
http://www.nonukesasiaforum.org/jp/136f.htm

ノーニュークス・アジアフォーラム通信
No.137 もくじ(15年12月20日発行)B5版20ページ

●ジャイタプールで日印原子力協定への抗議行動
●インドに原発を輸出しないで!(ヴァイシャリ・パティル)
●共同声明:日印原子力協力協定の「原則合意」に断固抗議する 
●広島・長崎両市長の要請文  
●日印原子力協定に反対する国際アピール
●日印原子力協定締結反対に向けたこの間の活動(松久保肇)  
●燎原の炎の如く反原発のうねりを(木原壯林)
●日本げんぱつ無責任発言大賞
●尊敬するアジア反核のみなさんへ(宇野朗子)
●東京電力原発事故から四年九ヶ月(森園かずえ) 
●仏陀はまだ微笑んでいるか(深草亜悠美)
●インド・ジャイタプール;終わりのない闘い(4)
(シャムシェル・ユサフ、モニカ・ジャー) 

*******************
年6回発行です。購読料(年2000円)
見本誌を無料で送ります。 
事務局へ連絡ください
→ sdaisuke@rice.ocn.ne.jp
*******************
ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン事務局
http://www.nonukesasiaforum.org/jp/
https://www.facebook.com/nnafjapan

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 11:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2015年12月21日

「安保法制違憲訴訟の会」が12月21日に記者発表

Date: Mon, 21 Dec 2015 07:28:12 +0900 (JST)本日

安全保障法制 違憲訴訟 全国提訴の報告会見

昨夜浦和で行われた、
九条こわす安保法制・違憲訴訟埼玉、準備結成集会に
100人を越える人が参加
全国総がかり行動戦争をさせない1000委員会事務局長
内田雅敏弁護士のお話、
今なぜ 違憲訴訟か
 今違憲訴訟をやらなければ いつやるのか、と
 情勢を踏まえ、その必要性を訴えられました。

日時 2015年12月21日(月)14:00
場所 衆議院第2議員会館 【多目的ホール】
要領
違憲訴訟提起の経過説明
提訴への思い
違憲訴訟の構想など法的説明
  (さいたま市 石垣敏夫)

以下転載。

「安保法制違憲訴訟の会」
安全保障法制 違憲訴訟 全国提訴の報告会見

昨年7月1日の憲法9条に反する集団的自衛権行使容認の閣議決定をうけ、9月19日に、集団的自衛権行使や武力行使と一体となる後方支援活動などを認めた安全保障法制が、委員会手続きの無効をおして、本会議の強行採決などによって「成立」しました。

この安保法制は、このように内容において違憲であり、手続きにおいても議会制民主主義に反するものであり、立憲主義に違反する政府・与党の横暴なやりかたによってつくられたものであったことは明らかです。
多くの市民が、憲法違反のこの一連の政府・与党の行動と安保法制に大きな批判の声を上げ続けています。
司法の一翼を担う私たち弁護士は、このような法的不正義を容認することはできないと考え、この安保法制の違憲裁判を、全国で提起します。
この違憲訴訟提起についての会見を、下記の日時・場所・要領において行
いますので、ぜひお集まりいただき、報道をお願いします。
日時 2015年12月21日(月)14:00
場所 衆議院第2議員会館 【多目的ホール】
要領
? 違憲訴訟提起の経過説明
? 提訴への思い
? 違憲訴訟の構想など法的説明

共同代表
伊藤真 内田雅敏 黒岩哲彦 杉浦ひとみ 田村洋三
角田由紀子 寺井一弘 福田護 堀野紀

【事務局】「安保法制違憲訴訟の会」
東京都渋谷区桜丘町 17-6 渋谷協栄ビル 2 階
電話 03-3780-1260 FAX 03-3780-1287
e-mail iken.soshou@gmail.com

□■□■□■□■□■□■□■□

MLホームページ: http://www.freeml.com/ikenso-saitama

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 10:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2015年12月20日

戦争法「成立」を受けての野党に対する要望書(2015年12月17日訂正版)

戦争法「成立」を受けての野党に対する要望書(訂正版).pdf
戦争法「成立」を受けての野党に対する要望書(再訂正版).pdf
平和共同候補.xlsx
11月6日に公開した「戦争法『成立』を受けての野党に対する要望書」に訂正を加えました。野党5党の昨年の比例区得票率を47.8%としていましたが、正しくは49.8%です。お詫びして訂正します。

さらに、04年を14年に訂正します。(2016年2月12日追記)

戦争法「成立」を受けての野党に対する要望書(2015年11月6日オリジナル版)
http://unitingforpeace.seesaa.net/article/429169604.html

それに伴い、オリジナル版のJNN世論調査結果の分析部分を次のように変更しました。共産党を含む選挙協力で「保守票が逃げてもメリットがあると評価できる」という結論には変わりがありません。計算プロセスを記したエクセルファイルを添付しておきます。

「JNNが10月3〜4日に実施した世論調査によれば、連立政権を前提にした共産党提案の選挙協力に期待すると答えた市民は37%に上っていますが、2014年衆院選比例区における民主・維新・共産・社民・生活の得票率が49.8%であるので、その74.3%に相当する市民が同選挙協力に賛成していることになります。この民意を無視するべきではありません。
同年の結果に基づく単純計算では、平和共同候補が実現すれば、これら5党の得票数は19,737,657票(各党の比例区得票数に0.743を掛けたものの総和)となり、民主党の同年小選挙区の得票数11,916,849票を優に超えます。「野党5党から逃げる保守層」の票を25.7%分と仮定して、各党の比例区得票数に0.257を掛けたものの総和(6,827,157票)と自民党の小選挙区得票数25,461,449を合計すると32,288,606票となります。野党から鞍替えした票を加算した自民党の小選挙区得票数32,288,606票は平和共同候補の合計得票数19,737,657票の1.64倍となり、野党が統一しない場合の自民/民主(25,461,449/11,916,849)の2.14倍より開きが小さくなります。保守票が逃げてもメリットがあると評価できる計算です。」


太田光征
posted by 風の人 at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2015年12月12日

【2015年12月19日】いま目の前にある危機Part2 TPP協定文の衝撃

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【草の実アカデミー・メルマガ】第124号
    2015年12月12日(土)発行
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【草の実アカデミー・メルマガ】は、「草の実アカデミー」が発行する
不定期のメールマガジンです。毎月の講演会の案内や報告、これまでの
講師の動向などをお伝えします。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
【目次】

■第79回草の実アカデミー
12月19日(土) いま目の前にある危機Part2 TPP協定文の衝撃
講師:内田聖子氏(アジア太平洋資料センター事務局長)

チラシ配布協力のお願い

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■第79回 草の実アカデミー
12月19日(土) いま目の前にある危機Part2「 TPP協定文の衝撃」
講師:内田聖子氏(アジア太平洋資料センター事務局長)

 決裂をさけるために無理やり「大筋合意」したTPP。その協定文が11月5日に発表された。付属文書を含めれば6000ページ以上にも膨大なもので、現在関係者が読解を進めている。

 TPPとは、単に関税を下げて自由貿易を推進する、などというレベルではない。
生命や幸福よりも資本が大切、多国籍企業が大切、という思想のもとに樹立されようとしている「新世界支配体制」といってもいいのではないだろうか。もちろん、投資家、マネーを操る人たちによる支配である。

 アメリカでも市民生活をよくするものではなく多国籍企業が儲かるだけだと、反対運動が急速に盛り上がりつつあるという。

 あらためてTPPとはなにか。今どのような状態にあるのかを、この問題に一貫して取り組んでいるアジア太平洋資料センターの内田聖子事務局長に語ってもらう。

日時:12月19日(土) 13:30開場、14:00開演、16:45終了
場所:文京区 男女平等センター  研修室A
   東京都文京区本郷4丁目8-3
地図:http://www.bunkyo-danjo.jp/access.aspx
交通: 都営地下鉄三田線 春日駅下車 徒歩7分
    都営地下鉄大江戸線 本郷3丁目駅下車 徒歩5分
    東京メトロ丸の内線 本郷3丁目駅下車 徒歩5分
    東京メトロ南北線 後楽園駅下車 徒歩10分
資料代:500円(会員無料)


■チラシ配布のお願い
時間がないですが、草の実アカデミーの講演会のチラシを配ってくださる方を募集しています。身近な人などに講演会のお知らせをくばっていただけるとありがたいです。氏名、住所、枚数を教えてくださればお送りします。

チラシ申し込み先 kusanomi@notnet.jp

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

※草の実アカデミー初の書籍化
「秘密保護法――社会はどう変わるのか」(集英社新書)発売中
http://shinsho.shueisha.co.jp/kikan/0761-a/

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
草の実アカデミー
ブログhttp://kusanomi.cocolog-nifty.com/blog/
E-mail kusanomi@notnet.jp
**************************************

以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 09:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2014年衆院選無効請求訴訟の上告棄却/野党選挙共同の結集軸としての国会の正統性の回復(「1票の格差」の是正、小選挙区制の廃止)

第47回衆議院議員総選挙(2014年衆院選)無効請求訴訟(原審事件番号:平成27年(行ケ)第5号)の最高裁への上告で、2015年12月9日付の棄却調書が10日に届きました。

第47回衆議院議員総選挙(2014年衆院選)無効請求訴訟の上告理由書
http://unitingforpeace.seesaa.net/article/419881121.html

弁護士グループによる上告を受理し、私らの上告を受理しないのは不平等、不当であり、裁判を受ける権利を侵害しています。日弁連へ人権救済の申し立てをするつもりです。

その一方で、国会の正統性の回復(「1票の格差」の是正、小選挙区制の廃止)を野党選挙共同の結集軸の1つにという私の主張を10付東京新聞がインタビューの形で取り上げてくれました。小選挙区制の問題を取り上げる記事が少ない中で、ありがたいことです。

東京新聞:参院選に向け安保法反対の声届け 統一候補擁立へ連携 「市民連合」近く設立:政治(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201512/CK2015121002000142.html

紙版ではそうでもありませんが、この電子版の構成では「安全保障関連法に反対する市民団体と野党の意見交換会」を紹介して、その後で私に対するインタビューを紹介していて、区別がつきにくいのですが、私が意見交換会に参加していたわけではありません。

戦争法:平和主義レベルでの立憲主義の破壊
小選挙区制:国民主権レベルでの立憲主義の破壊(主権者が正当に選挙された国会議員を通じて行動する、すなわち国民主権=国政についての最高決定権を院内で行使するとは、単に投票する行為を指すのではなく、主権者の意見を国会議員に担わせるという点で正当な選挙を通じて国政についての影響力を国会議員の知的活動に及ぼす行為を指すのであるが、死票によってそれができない投票者がほぼ半数)
国民主権の毀損→平和主義の毀損

憲法の土台たる国民主権が切り崩されたことの帰結が戦争法であることを見なければなりません。憲法の主催者たる主権者が立憲主義の回復という場合、その地位を与えている土台としての国民主権の立て直しを真っ先に主張してしかるべきです。


太田光征
posted by 風の人 at 00:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2015年12月06日

12/7 「戦前」はいかにして始まるか??史料が語る、戦争に拍手したメディアと国民?お知らせ

-------- Forwarded Message --------
Subject: [uniting-peace:6641] 12/7 「戦前」はいかにして始まるか?〜史料が語る、戦争に拍手したメディアと国民〜お知らせ
Date: Sun, 6 Dec 2015 02:39:47 +0900 (JST)

田場です。



公正な情報流通に一生を捧げた、故日隅一雄弁護士の意思をついで設立された情報流

通促進基金主催、NPJ等共催で以下の企画をやります。ぜひ、お越しください、



★★★★★★トーク・イベント★★★★★★

★★★「戦前」はいかにして始まるか?★★★

〜史料が語る、戦争に拍手したメディアと国民〜



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 満州事変が軍部の自作自演だとわかっていながら報道しなかった新

聞社、メディアと軍部の共犯関係、内閣情報局による情報統制、そ

して国民の戦争歓迎ムード。

 装置がそろって戦争に向かっていった歴史を、山中恒さんが自ら収

集された戦前・戦中の貴重な史料がらひもときます。今現在、何が起

きているのかも視野に入れて、語り合いましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

史料提供とお話:山中恒さん(児童文学作家)

「あばれはっちゃく」など痛快な人気児童文学作品を多数世に出す

一方、「ボクラ少国民」シリーズなど大衆がいかに戦争に参加させ

られたかを検証する著書を精力的に著わしている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

12月7日(月曜日)18:30〜20:30

参加費:無料

開場:18:00 開始:18:30

会場:日比谷コンベンションホール(大ホール)

http://hibiyal.jp/hibiya/access.html



東京都千代田区日比谷公園1−4(旧・都立日比谷図書館)

東京メトロ 丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」C3・B2出口より徒歩約5分

都営地下鉄 三田線「内幸町駅」A7出口より徒歩約3分

東京メトロ 千代田線・日比谷線「日比谷駅」A14出口より徒歩約7分

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

主 催:日隅一雄・情報流通促進基金

共 催:NPJ/ファシズムと言論研究会

問合先:東京共同法律事務所 03-3341-3133

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 12:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2015年12月04日

「オール北杜」→「オールジャパン」

オール北杜設立集会のお知らせ.jpg-------- Forwarded Message --------
Subject: [uniting-peace:6608] 「オール北杜」→「オールジャパン」
Date: Thu, 3 Dec 2015 21:30:23 +0900 (JST)

皆さん

全国に先駆けて「オール北杜」いよいよ発進です。
12月15日(火)設立集会開催です。

総がかり行動、オールジャパン平和と共生
上記2団体の活動が有効に働くように
全国に「オール〇〇〇」が出来て欲しいと
願って行動を開始します。
来年夏の参院選、そして次の衆院選と勝利しなければ
戦争法廃止、集団的自衛権行使容認閣議決定を
覆す事は出来ません。その実現のためには野党共闘が
必須であり、それを市民レベルでは眺めているだけではなく
実質的に下支えしていく行動が求められます。
低投票率では自公有利は自明の理。投票率アップの為
には何をしなければならないか?知恵を出し、汗を流さな
ければ掛け声倒れに終わることは必定。
皆さんの地域で野党共闘を下支えするための横断的な
市民共闘を作りましょう。

「戦争法廃止を求めるオール北杜」設立準備会
共同代表世話人 金野奉晴  田中 一

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2015年12月03日

12/9(水)公開研究会のお知らせ:共通番号制度の仕組みと各国の番号制度

-------- Forwarded Message --------
Subject: [uniting-peace:6590] 12/9(水)公開研究会のお知らせ
Date: Tue, 1 Dec 2015 18:54:21 +0900 (JST)

各位

         from 公益財団法人政治経済研究所代表 鶴田満彦

 公益財団法人政治経済研究所は、下記の通り、共通番号制度(いわゆるマイ・ナンバー制度)に関する公開研究会を開催します。報告者は、プライバシー・アクション代表の白石孝氏です。ウイークデーの日中ですが、ご都合のつく方は是非ご参加ください。

                 記
開催日時:2015年12月9日(水)午後2時〜5時

開催場所:明治大学(駿河台) 研究棟4階 第一会議室 (JRお茶の水駅から徒歩5分) 

テーマ:共通番号制度の仕組みと各国の番号制度

報告者:白石孝氏(プライバシー・アクション代表)

資料代: 500円

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 00:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2015年12月02日

福島原発告訴団からのお知らせ(東京第一検察審査会激励行動&福島地検前行動&県内集会)

告訴人・支援者のみなさま

◆東京第一検察審査会激励行動◆
東電と旧経産省保安院の津波対策担当者計5名について、東京第一検察審査会に申立てをしています。この申立てについても起訴相当の議決をしてくださるよう激励行動を行います。
今年最後の検審激励行動です。
起訴相当議決を求めて、声を上げましょう!
12月10日(木)
12:00〜13:00 検審激励行動 東京地裁前
*今回は院内集会はありません。
*福島発着のバスはありません。

◆福島地検前行動&県内集会◆
告訴団が2013年に、法人としての東京電力と東電役員・元役員32名を公害罪で福島県警に告発した汚染水放出事件が、今年10月に福島地検に書類送検されました。
福島地検が起訴することを求めます!
12月17日(木)
11:00〜 福島市 福島中央郵便局前の森合町緑地に集合
11:30〜 福島地検に上申書提出
13:00〜 集会 福島市市民会館5階 501室 参加無料
甫守一樹弁護士による汚染水放出事件上申書の解説、刑事裁判の支援について等
14:00〜 終了予定

☆☆☆
福島原発告訴団
福島県田村市船引町芦沢字小倉140-1
メール 1fkokuso@gmail.com
ブログ http://kokuso-fukusimagenpatu.blogspot.jp/

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 00:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2015年11月22日

12月19日(土) いま目の前にある危機Part2「 TPP協定文の衝撃」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【草の実アカデミー・メルマガ】第123号
    2015年11月22日(日)発行
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【草の実アカデミー・メルマガ】は、「草の実アカデミー」が発行する
不定期のメールマガジンです。毎月の講演会の案内や報告、これまでの
講師の動向などをお伝えします。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
【目次】
■第78回草の実アカデミー (動画のご案内)
11月21日(土)これからの戦争法廃止運動
講師:杉原浩司氏(集団的自衛権問題研究会ニュースレビュー編集長)

■第79回草の実アカデミー
12月19日(土) いま目の前にある危機 Part2 TPP協定文の衝撃
講師:内田聖子氏(アジア太平洋資料センター事務局長)

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

■第78回草の実アカデミー (動画報告の案内)
11月21日(土)これからの戦争法廃止運動
講師:杉原浩司氏(集団的自衛権問題研究会ニュースレビュー編集長)

 2015年11月21日の講演「これからの戦争法廃止運動」は終了しました。ツイキャスで撮影しているのでこちらをご覧ください。電波不足でとぎれとぎれになっていてすみません。非常にいい内容だったと思います。
(1) http://twitcasting.tv/f:100000715942811/movie/218061630
(2) http://twitcasting.tv/f:100000715942811/movie/218067662
(3) http://twitcasting.tv/f:100000715942811/movie/218070121
(4) http://twitcasting.tv/f:100000715942811/movie/218076570
(5) http://twitcasting.tv/f:100000715942811/movie/218081723
(6) http://twitcasting.tv/f:100000715942811/movie/218088489


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■第79回 草の実アカデミー
12月19日(土) いま目の前にある危機Part2「 TPP協定文の衝撃」
講師:内田聖子氏(アジア太平洋資料センター事務局長)

 決裂をさけるために無理やり「大筋合意」したTPP。その協定文が11月5日に発表された。付属文書を含めれば6000ページ以上にも膨大なもので、現在関係者が読解を進めている。

 TPPとは、単に関税を下げて自由貿易を推進する、などというレベルではない。
生命や幸福よりも資本が大切、多国籍企業が大切、という思想のもとに樹立されようとしている「新世界支配体制」といってもいいのではないだろうか。もちろん、投資家、マネーを操る人たちによる支配である。

 アメリカでも市民生活をよくするものではなく多国籍企業が儲かるだけだと、反対運動が急速に盛り上がりつつあるという。

 あらためてTPPとはなにか。今どのような状態にあるのかを、この問題に一貫して取り組んでいるアジア太平洋資料センターの内田聖子事務局長に語ってもらう。

日時:12月19日(土) 13:30開場、14:00開演、16:45終了
場所:文京区 男女平等センター  研修室A
    東京都文京区本郷4丁目8-3
地図:http://www.bunkyo-danjo.jp/access.aspx
交通: 都営地下鉄三田線 春日駅下車 徒歩7分
    都営地下鉄大江戸線 本郷3丁目駅下車 徒歩5分
    東京メトロ丸の内線 本郷3丁目駅下車 徒歩5分
    東京メトロ南北線 後楽園駅下車 徒歩10分
資料代:500円(会員無料)

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

※草の実アカデミー初の書籍化
「秘密保護法――社会はどう変わるのか」(集英社新書)発売中
http://shinsho.shueisha.co.jp/kikan/0761-a/

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
草の実アカデミー
ブログhttp://kusanomi.cocolog-nifty.com/blog/
E-mail kusanomi@notnet.jp
**************************************
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2015年11月17日

2015年11月18日秘密保護法違憲「東京」訴訟判決

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【草の実アカデミー・メルマガ】第122号
    2015年11月17日(火)発行
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【草の実アカデミー・メルマガ】は、「草の実アカデミー」が発行する
不定期のメールマガジンです。毎月の講演会の案内や報告、これまでの
講師の動向などをお伝えします。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
【目次】
■秘密保護法違憲「東京」訴訟判決
11月18日(水)14:30傍聴券配布
        15:00 103号法廷で判決
        
■第78回草の実アカデミー
11月21日(土) これからの戦争法廃止運動
講師:杉原浩司氏(集団的自衛権問題研究会ニュースレビュー編集長)

■第79回草の実アカデミー
12月19日(土) いま目の前にある危機Part2 TPP協定文の衝撃
講師:内田聖子氏(アジア太平洋資料センター事務局長)

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■秘密保護法違憲「東京」訴訟判決
11月18日(水)14:30 傍聴券配布
        15:00 103号法廷で判決

 先の国会で、戦争関連法(安保関連法)を運用するために秘密保護法が施行されたことが明らかになりました。「武力行使決定の材料となる情報は秘密保護法で明らかにしない場合もあり、国会へも報告しなくても可能」という主旨を中谷防衛大臣が複数回にわたって発言したことではっきりした。

 言論表現の自由を奪うことも明らかであり、独裁国家への道を加速させるのが秘密保護法に他なりません。

 映画監督、フリージャーナリスト、写真家、編集者など43人が提起した秘密保護法違憲訴訟の判決をぜひ傍聴してください。

 全国4カ所で秘密保護法違憲訴訟が起きていますが、11月18日は最初の判決になります。

 日時:11月18日(水)15:00〜
    14:30 裁判所正面入り口付近の傍聴券配布所で抽選券配布
    
 判決後は参議院会館B109会議室で報告集会があります。
会館前でスタッフが入館証を渡します。こちらにもぜひ集まってください。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■第78回草の実アカデミー
11月21日(土) これからの戦争法廃止運動
講師:杉原浩司氏(集団的自衛権問題研究会ニュースレビュー編集長)

 9月19日に成立させられたことになっている戦争関連法。大規模な反対運動の中から新しい芽がたくさん生まれてきた。

 杉原浩司氏は、武器輸出問題、集団的自衛権問題、秘密保護法など様々な市民運動に関わってきた。情報発信、ロビー活動、集会デモ・・・と精力的に活動してきた。

 その杉原氏に、この間の動きをまとめてもらい、戦争法廃止への第2ステップについて語ってもらう。

 集まった方々の発言も採り入れていきたいと思うので、ぜひ参加をお願いします。

日時:11月21日(土)13:30開場、14:00開演、16:45終了
場所:雑司ヶ谷地域創造館 第2会議室
    東京都豊島区雑司が谷3丁目1−7
    http://www.toshima-mirai.jp/center/e_zoshigaya/
資料代:500円
交通:JR山手線「目白駅10分」、東京メトロ副都心線「雑司ヶ谷駅」の上

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■第79回 草の実アカデミー
12月19日(土) いま目の前にある危機Part2 「TPP協定文の衝撃」
講師:内田聖子氏(アジア太平洋資料センター事務局長)

 決裂をさけるために無理やり「大筋合意」したTPP。その協定文が11月5日に発表された。付属文書を含めれば6000ページ以上にも膨大なもので、現在関係者が読解を進めている。

 TPPとは、単に関税を下げて自由貿易を推進する、などというレベルではない。
生命や幸福よりも資本が大切、多国籍企業が大切、という思想のもとに樹立されようとしている「新世界支配体制」といってもいいのではないだろうか。もちろん、投資家、マネーを操る人たちによる支配である。

 アメリカでも市民生活をよくするものではなく多国籍企業が儲かるだけだと、反対運動が急速に盛り上がりつつあるという。

 あらためてTPPとはなにか。今どのような状態にあるのかを、この問題に一貫して取り組んでいるアジア太平洋資料センターの内田聖子事務局長に語ってもらう。

日時:12月19日(土) 13:30開場、14:00開演、16:45終了
場所:文京区 男女平等センター 研修室A
    東京都文京区本郷4丁目8-3
    http://www.bunkyo-danjo.jp/access.aspx
資料代:500円
交通:都営地下鉄三田線 春日駅下車、徒歩7分
    都営地下鉄大江戸線 本郷3丁目駅下車、徒歩5分
    東京メトロ丸の内線 本郷3丁目駅下車、徒歩5分
    東京メトロ南北線 後楽園駅下車、徒歩10分


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
※「チェチェン戦争を忘れるな!」(kindle)刊行のお知らせ

 草の実アカデミー代表の林克明がチェチェン戦争をテーマにしたkindle本を出しました。チェチェン戦争をテーマにした劇映画『あの日の声を探して』のミシェル・アザナヴィシウス監督のインタビューを盛り込んだものです。
 http://tinyurl.com/q8xywq4

※草の実アカデミー初の書籍化
「秘密保護法――社会はどう変わるのか」(集英社新書)発売中
http://shinsho.shueisha.co.jp/kikan/0761-a/

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
草の実アカデミー
ブログhttp://kusanomi.cocolog-nifty.com/blog/
E-mail kusanomi@notnet.jp
**************************************

以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 11:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般