2011年06月18日

広瀬隆さん「原発廃絶は、反原発運動の自己満足のために実現されるべきものではない。産業界も含めた、すべての日本人のために進められるべきである。」

皆様


鹿児島市議の小川みさ子さんより、
広瀬さんからのメールを転載させていただきます。

ありがとうございます。

豊田義信


★広瀬隆さんより

 現在の反原発運動についてひと言申し上げます。
 みなさんにもこれを広めてください。

 電力会社の原発はほぼ5000万kWだが、今夏のピーク時には、福島第一が
廃炉になり、福島第二、東通、女川、東海第二が全滅し、浜岡が停止、柏崎
刈羽が3基再起不能で停止、さらに全土で定期検査中の原発が運転再開不能
のため、事実上1300万kWしか稼働しない状況にある。

 この頼りない原発より、資源エネルギー庁が公表している産業界の保有する
自家発電6000万kW(昨年9月現在、添付ファイル)のほうが、はるかに大きな
バックアップとしての発電能力を持っている。

「原発の代替エネルギーとして自然エネルギーに転換せよ」という声が圧倒的
に多いが、日本人が“快適な生活”をするために使っている電気の大半を生み
出しているのは、現在は火力発電である。この火力発電は、日本においてきわ
めてすぐれた世界最高度のクリーンな新技術を導入しているので、何ら問題を
起こしていない。決して原発が、電力の大半をになっているのではない。原発は
事故続きで、4分の1も発電していない。

 自家発電をフルに活用すれば、このすぐれた、クリーンな火力だけで、「まっ
たく現在のライフスタイルを変えずに、節電もせずに、工場のラインを一瞬でも
止めることなく」電気をまかなえる。これは、将来、自然エネルギーが不要だと
言っているわけではない。多くの人が抱いている「自然エネルギーで代替しなけ
れば原発を止められない」という現在の反原発運動の固定観念は、まったくの
間違いである。

 将来のエネルギー構成をどうするべきかについてはここで論じないが、原発
を止めるのに、選択肢の一つである自然エネルギーは、今のところ特に必要で
はない。つまり、産業界を味方につけて自家発電をフルに活用し、原発を止め
ることのほうが、もっと重要である。

 週刊朝日6月10日号で私が特集したように、週刊朝日の記者が各電力会社に
取材した結果、興味深い電力需給について裏の構造が明らかになった。全国で、
電力会社が他社受電の発電能力を秘密にして、取材にも答えようとしなかった。
特に九州電力だけは、「発電設備ごとの能力の内訳は公開していない。経営戦略
情報なので教えられない」と、火力・水力・他社受電(自家発電からの買い取り)・
原子力の内訳さえも答えないというトンデモナイ非常識な態度をとった。この九州
電力が、原発を動かせないので夏に電力不足になる、と言い立てている。

なぜ電力会社は、これら当たり前の事実を隠そうとするのか、という疑問から、
ここで重大なことが明らかになった。

 それは、「電力会社が自家発電をフルに利用すれば電力不足が起こらない」、
この事実を国民に知られると、産業界からも、一般消費者からも、「送電線を自家
発電の民間企業に解放せよ!」という世論が生まれる。そして制度が改善されて、
誰もが送電線を自由に使えるようになると、地域を独占してきた電力会社の収益
源の牙城が崩れる。送電線の利権だけは、何としても電気事業連合会の総力を
あげて死守する必要がある、と彼らは考えている。九つの電力会社にとって、福島
原発事故を起こした今となっては、原発の確保より、送電線の確保のほうが、独占
企業としての存立を脅かすもっと重大な生命線である。そのため、自家発電の電
気を買い取らずに、「15%の節電」を要請するという行動に出てきたのである。

したがって日本人は、「自然エネルギーを利用しろ」と主張する前に、「送電線を
すべての日本人に解放せよ!」という声をあげることが、即時の原発廃絶のため
に、まず第一に起こすべき国民世論である。何しろ、送電線が解放されて、安価
に送電できなければ、自家発電ばかりでなく、自然エネルギーの自由な活用もで
きないのだから。

 原発廃絶は、反原発運動の自己満足のために実現されるべきものではない。
産業界も含めた、すべての日本人のために進められるべきである。  広瀬隆
posted by 風の人 at 09:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年06月17日

子、孫、私たちの子孫へ 放射能除去 さようなら原発千万人署名始まる

皆様


こんにちは。
今日は根子岳田んぼの草取りありがとうございました。
NHKさんの取材もありがとうございます。
今晩の『はじめての海』上映会もありがとうございます。

みなさんそれぞれの現状把握を、ありがとうございます。


以下、4つ紹介させていただきます。

1、鹿児島のPRAUさんの最近のメッセージ。
http://firthpierlaait.jp

2、6月19日熊本の脱原発フォーラムに合わせて、
こちらの方々のご縁で関東から、特別ゲストを呼んで下さいました。

お二人とも肩書で表現できる方々ではない、とのこと。
当日お会いしたときにお話しを伺えればと思いますが、
「数十年の生命工学的研究の中で放射能を消すことのできる微生物・バイオテクノロジーを持つ方」。

そうした情報を当日、お話できればと思います。

詳しくは、大谷さんのページで紹介されている高島研究所から、
栃木のアジア学院での動画をご覧ください。

大谷真洋 http://kazu5244.otemo-yan.net/e474782.html
高嶋開発工学総合研究所http://takashima.tidt.fool.jp/

また、18日、19日、九州のグランドマザーの会議や
さよなら原発の九州ウォーク世話人会議などもあります。
アンナプルナ農園日記、検索ください。


フランスアレバ社さんの何十兆円の装置。
日本の土着の研究による微生物の作用による除去装置。

■□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━
6.19 脱原発シンポジウム
「脱原発とこれからのエネルギー・社会」
━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■□■
http://tt-minamiaso.blogspot.com/2011_05_01_archive.html


3、小林朝夫さんの有料ブログ。
http://kobayashiasao.blog65.fc2.com/

いつも読ませていただき、ありがとうございます。
キエフ病院のyoutube動画が紹介されており、
小児科医師のメッセージをきくことが出来ました。

「低量の被爆でも、遺伝子の染色体に影響を与え、
 奇形、悪性腫瘍をもたらすというのは明らかです」

ナチュラルステップを提唱したスウェーデンの小児がんの医師、
カールヘンリクロベールさんの言葉を思い出しました。



4、さようなら原発千万人署名始まりました。
http://www.peace-forum.com/no_nukes/


このような署名の機会を、ありがとうございます。

皆さんで意識をあわせまして、
脱原発に向けて、原発推進と戸惑っている方々とも手を取り合いながら、
なにも排除せず、
確実に、原発さんにお休み頂くそこぢからを、
どうぞよろしくお願いいたします。

6月28日九州電力さんの株主総会へのサポートを宜しくお願い致します。

日本にいる方々、大きな大事なことをお知らせいただき有難うございます。

そして、これから、いろいろな被害が最小限にとどまりますよう、
宜しくお願い致します。


熊本、九州で署名をとりまとめ、お届けできればと思っております。

ありがとうございます。


豊田 義信 yoshinobu000-lj(a)infoseek.jp
http://twitter.com/fusapiero
平和つむぎブログ http://heiwa0.seesaa.net/
トランジションタウン南阿蘇 http://tt-minamiaso.blogspot.com/
かまわ南阿蘇支部 http://kamawa.net/
●げんぱつさんお休みください●
脱原発系イベントカレンダー http://datugeninfo.web.fc2.com/
posted by 風の人 at 14:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年06月16日

放射能汚染から子,どもたちを守るための新署名

転送します。

太田光征
http://otasa.net/



東京の杉原浩司です。         [転送・転載歓迎/重複失礼]

本日6月15日(水)午後、東京・青山の青山ダイヤモンドホールで山下俊一(長崎大学教授・福島県放射線健康リスク管理アドバイザー)の講演会があることを、OurPlanet-TVの白石草さんからの情報で知りました。前回5月20日に次いで2回目だそうです。山下教授は「年100ミリシーベルトまでは、妊婦も含めて安全」との言動を福島県内で振りまいてきた人物です。

経産省のエネルギー政策有識者会議の委員を務め、「日本は原子力の平和利用技術を放棄すべきでない」「(原子力を含む)ベストミックスを」などと原子力延命の論陣を張っている寺島実郎・日本総研理事長との顔あわせ。今回は海外メディアや大使館関係者が主な対象とのこと。巧妙な情報戦略が発動されています。

そして、主催者の「長崎・ヒバクシャ医療国際協力会」のウェブサイトを見ると、取材ハードルが前回よりも上がっているそうです。
http://www.nashim.org/jp/symposium/index2.html

白石さんによれば、「前回、取材した時は、絶対に映像の編集はしないでくださいと言われました。また5月末の読売ホールでの講演の際は急遽、プログラムを変更し、質疑をなくしたそうです」とのこと。白石さんは、「情報の一元化、海外の情報をシャットアウトせよという山下氏の情報コントロールがかなり進行している感じ」と書かれています。

福島県外で行われるこうした悪質なイベントに対する監視や抗議の働きかけも大切になっていると思います。

…………………………………………………………………………

関連して、既にご存知の方もあるかと思いますが、放射能汚染から子どもたちを守るための新署名(避難・疎開の促進と法定1ミリシーベルトの順守を求める)が始まっています。山下教授のリスクアドバイザー解任も求めています。
http://www.foejapan.org/infomation/news/110610.html

紙版(以下からダウンロード可能)
http://dl.dropbox.com/u/23151586/kami_kodomosyomei.pdf

オンライン署名は以下から
http://goo.gl/Hbq3Z

ちなみに、この署名運動は以下の記事で紹介されています。yahooのヘッドライン(コメント欄には否定的なものが目立ちますが)にも掲載されているので、かなり多くの人の目に留まるのではないかと思います。重要な署名です。広げていきましょう。

「福島原発のリスクを軽視している」「安全説」山下教授に解任要求署名
(J-CASTニュース、6月14日)
http://www.j-cast.com/2011/06/14098424.html?p=all

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110614-00000005-jct-soci
posted by 風の人 at 02:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年06月14日

福島原発で6月14日午前0時〜1時にかけ白煙噴出

きくちゆみさんからのメールに幾つか情報を足してお知らせします。

太田光征
http://otasa.net/

2011年6月14日午前0時頃から発生した福島第一原発での大量白煙噴出まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2130798213761869701

茨城県 空間線量率 折線グラフ
http://guregoro.sakura.ne.jp/radioactivity/

横須賀港で放射線数値が異常(2011年3月15日)
http://unitingforpeace.seesaa.net/article/190737857.html

-------- Original Message --------
Subject: [uniting-peace][16478] 福島原発で今、何が?6月14日午前0時〜1時の映像
Date: Mon, 13 Jun 2011 11:06:40 -1000

なつかしい未来のMLでご一緒している岡本さんからの情報を送ります。
この件の続報、マスコミ情報を探しています。

きくちゆみ
ーーーーー
6/14 0時〜1時の1時間を3分に圧縮映像(1分7秒閃光2分過ぎ煙)
http://bit.ly/iDPRYq
*これが一番わかりやすいです。

福島第一原発から白煙
http://bit.ly/mUAc12
ライブ映像
http://atmc.jp/fuku1/ 
茨城モニタリングポスト
http://bit.ly/gGuyH5
女川モニタリングポスト
http://bit.ly/h0aKzz
posted by 風の人 at 16:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年06月13日

7/2,3? 広瀬隆さん福島市での講演、Ustream中継予定 by 岩上安身さん

『6.11脱原発100万人アクション』完全ライブ中継プロジェクト 2/4
2:20辺りで、広瀬さんと岩上さんが、そのように話していました。
感謝して。
豊田義信
posted by 風の人 at 05:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年06月12日

6月13日月曜8:00- 原始力田んぼ草取り 阿蘇フォークスクール 6月14日火曜16:30- 熊本エネルギーシフト寄り合い

グリーンロジスティックス 岩崎浩社長、
Cc:皆様

こんにちは。

熊本のみなさん昨日の611あくしょん、ありがとうございます。
動画録画のサイトは、下記、次郎さんのメイルを転送します。

くまにちコムさんも、ありがとうございます。
http://kumanichi.com/news/local/main/20110612001.shtml

今日は、菅首相のライブと昨日の中継録画を見せて頂きました。


『6.11脱原発100万人アクション』完全ライブ中継プロジェクト 1/4-4/4
http://www.ustream.tv/recorded/15303240

岩崎さん、7月、熊本県大津でのバイオディーゼルフューエルBDF講演会、
宜しくお願い致します。


その前に、
6月14日火曜日、16:30〜、大津の倉庫喫茶にて、
南阿蘇の仲間たちとエネルギーシフトの寄り合いを行います。

BDFの話題も出ますので、
ご都合が合う方がいらっしゃれば、お越しください。

感謝して。


豊田 義信 yoshinobu000-lj(a)infoseek.jp
http://twitter.com/fusapiero
平和つむぎブログ http://heiwa0.seesaa.net/
トランジションタウン南阿蘇 http://tt-minamiaso.blogspot.com/
かまわ南阿蘇支部 http://kamawa.net/
●げんぱつさんお休みください●
脱原発系イベントカレンダー http://datugeninfo.web.fc2.com/




[TTQN]グループの掲示板に投稿があったことを、Yahoo!グループよりお知らせいたします。
---
じろー@TT南阿蘇です。

みなさん、昨日の6.11の脱原発アクションお疲れさまでした〜。
熊本のアクションは下記で見れます。阿蘇からも沢山参加しました♪
ライブ盛り上がったみたいですね〜。僕は参加できずに残念でした。
http://www.byebyegenpatsu.com/

さてさて、田んぼにはヒエ・雑草が沢山出てきています。
田んぼの草取りですが、天気予報を見てみると、明日6月13日(月曜日)は”晴れ”の予報になっています。平日なので集まれる方はどうぞ遊びに来てください。

日時:6月13日(月曜日) 朝8時〜夕方までのご都合のよい時間
よろしく〜
連絡先 090ー4485ー3985(山口)


--
jiro yamaguchi
surfvideo@gmail.com
ミクシープロフィール
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=4245026
トランジション南阿蘇
http://go-surfing.net/minamiaso/
NPO法人パーマカルチャーネットワーク九州
http://pcnq.net/
posted by 風の人 at 17:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

【署名TV】 豊田義信 様より署名活動のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【署名TV】 想いを伝え、社会を変える。 http://www.shomei.tv/
----------------------------------------------------------------------
 署名TVをフォローしよう!(Twitter) http://twitter.com/shomeitv
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメールに返信してもメールは届きません。
 署名TVへのお問い合わせ、ご依頼はメール最下部をご覧ください。

こんにちは、署名TV運営事務局です。

豊田義信 様より、あなた様宛てに
署名活動のご案内を受け付けましたので、
ご案内いたします。

以下が署名活動内容です。ぜひご参加下さい。

署名プロジェクト名:
「コンピュータ監視法」成立に反対するための署名。

署名プロジェクトURL:
http://www.shomei.tv/project-1774.html

=== 豊田義信 様からのメッセージ =========================

「「コンピュータ監視法」成立に反対するための署名。」


署名しました。


感謝して。


豊田義信

============================================================


=== プロジェクトの企画者 大津 久郎 様からのメッセージ ======

ぜひ「コンピュータ監視法」成立に反対するための署名にご協力ください。今法案はかつて何度も廃案となり、凍結状態にあった「共謀罪」からコンピュータ犯罪に関するものを独立させたものです。これを今、認めることは日本のファシズムへの道を拓くことになり非常に危険です。ぜひご検討をよろしくお願い申し上げます。

============================================================

───────────────────────────────────
ネット署名サイト【署名TV】
URL : http://www.shomei.tv
問い合せ: https://www.shomei.tv/contact/
Twitter: http://twitter.com/shomeitv
運営会社: ユナイテッドピープル株式会社 http://www.unitedpeople.jp/
───────────────────────────────────
 クリックから世界が変わる。「イーココロ!」 ⇒ http://www.ekokoro.jp/
 チェンジメーカー育成、旅の大学「BADO!」 ⇒ http://www.bado.tv/
posted by 風の人 at 14:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年06月11日

玄海原発について、各首長、議員、行政機関、九州電力の皆さんへ

佐賀県 玄海町 総務課御中 議会事務局御中
中山敏夫議員
玄海原発対策住民会議会長 藤浦晧議員

佐賀県知事 古川 康様
日本共産党佐賀県委員会 むとう明美議員
民主党佐賀県連 代表 原口一博議員
九州電力御中

CC:皆様



おはようございます。
九州、南阿蘇、高森町より豊田義信ともうします。
皆さんのお働きをありがとうございます。


今まで働いて下さった玄海原発さん。
下記の通り、現在定期検査のため、停止中とのこと。

しかし、6月2日、
玄海原発再開、町議の賛成多数とのこと。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/245167

再会に反対された日本共産党の藤浦晧議員、
ありがとうございました。
今後とも、とうはをこえて、宜しくお願いします。


これは、佐賀県だけの問題ではありません。
放射性物質に県境はありませぬ。

福島原発の事故がまだ続いているさなかの玄海原発再開は、
全国の原発の動向に大きな影響を与えるかと思います。


古川康知事の慎重姿勢を応援しています。
知事の良識を信じています。
断固として再開反対を貫いてください。

玄海原発さんをお休みにしておいて下さい。
お静かに、お願いします。


人間と自然が喜ぶ発電を、
宜しくお願い致します。
6月28日、九州電力の株主総会での、
皆さんのご英断を宜しくお願いします。


今朝はどしゃぶりですが、
本日、世界いっせいのさよなら原発パレードがあります。
出発前に、明後日から再会される
玄海町町議会はじめ、皆様にメイルを送らせて頂きました。


皆さん、大切なきょうび、
お体をご自愛下さい。

各地の原発さんへの働きかけのほど、
宜しくお願い致します。

感謝して。


豊田 義信 yoshinobu000-lj(a)infoseek.jp
http://twitter.com/fusapiero
平和つむぎブログ http://heiwa0.seesaa.net/
トランジションタウン南阿蘇 http://tt-minamiaso.blogspot.com/
かまわ南阿蘇支部 http://kamawa.net/
●げんぱつさんお休みください●
脱原発系イベントカレンダー http://datugeninfo.web.fc2.com/



本会議〈一般質問〉【ライブ中継】※1【録画放送】※2
 6月13日(月)9:00〜 玄海町議会議事堂 議場

一般質問の順番及び質問事項
① 中山敏夫議員
 ・玄海原子力発電所の安全管理について
 ・玄海町の機構改革について
 ・玄海町の財政計画について
 ・玄海町の施設利用について
② 脇山伸太郎議員
 ・産業振興について
 ・町の物品購入について
③ 池田道夫議員
 ・小中一貫校建設について
 ・九州大学薬用植物共同研究事業について
④ 藤浦晧議員
 ・原発問題について
 ・中部共乾施設への支援の充実を

予算特別委員会【ライブ中継】※1
 6月14日(火)〜15日(水)9:00〜 玄海町議会議事堂 3階 第6会議室

休会
 6月16日(木)

本会議〈上程議案の質疑・討論・採決〉【ライブ中継】※1【録画放送】※2
 6月17日(金)9:00〜 玄海町議会議事堂 議場

※1【ライブ中継】
 役場1階ロビー及び玄海町ホームページ内の「議会ライブ中継」http://gallery.town.genkai.saga.jp/inet/index.phpでライブ中継します。

※2【録画放送】
 行政放送デジタル12チャンネル・アナログ2チャンネルで録画分を放送します。

問い合わせ先 議会事務局 電話 0955-52-2194(直通)
お問い合わせ先
議会 議会事務局
電話:0955-52-2194 FAX:0955-52-2604
E-mail:gikai@town.genkai.lg.jp





GGGGGGGGGGGGGGGGGG

<北海道> 北海道電力
泊1号(2011年4月〜定期検査中)
 2号(2011年8月28日頃〜定期検査の為停止予定♪)
 3号(2011年3月7日〜調整運転中。営業運転許可されず)
*あと少しで北海道は原発卒業できそうですね。2号炉が定期検査にはいる前にひと
もんちゃくあるかもしれませんが、他の電力会社に先駆けて原発卒業できたら「すっ
ごいぞ、北電!」ってみんなで北電を讃えてあげましょう。

<青森>
大間1号 建設中  電源開発
東通1号 震災で停止中  東北電力・東京電力

<宮城> 東北電力
女川1号・2号・3号 震災で停止中

<福島> 東京電力
福島第一1号〜6号・第二1号〜4号 震災で停止中

<茨城> 日本原子力発電
東海 廃炉 東海第二 震災で停止中

<静岡> 中部電力
浜岡1号〜2号 廃炉 3号〜5号 政府命令で停止中

<新潟> 東京電力
柏崎刈羽1号(2011年9月4日頃〜定期検査の為停止予定♪)
    2号〜4号 停止中
    5号(2012年3月18日頃〜定期検査の為停止予定♪)
    6号(2012年4月9日頃〜定期検査の為停止予定♪)
    7号(2011年8月23日頃〜定期検査の為停止予定♪)

<石川> 北陸電力
志賀1号 停止
  2号 (2011年3月11日〜定期検査中)

<福井> 関西電力
美浜1号(2010年11月24日〜定期検査中)
  2号(2011年12月19日頃〜定期検査の為停止予定♪)
  3号(2011年5月14日〜定期検査中)
大飯1号(2011年3月10日〜調整運転中。営業許可されず)
  2号(2011年11月17日頃〜定期検査の為停止予定♪)
  3号(2011年3月18日〜定期検査中)
  4号(2011年7月22日頃〜定期検査の為停止予定♪)
高浜1号(2011年1月10日〜定期検査中)
  2号(2011年11月26日頃〜定期検査の為停止予定♪)
  3号(2012年2月21日頃〜定期検査の為停止予定♪)
  4号(2011年7月23日頃〜定期検査の為停止予定♪)
敦賀1号〜2号 停止中  日本原子力発電
ふげん 廃炉       日本原子力研究開発機構
もんじゅ 事故停止(事故続きで稼動目処立たず)  日本原子力研究開発機構 

<島根> 中国電力
島根1号(2010年11月8日〜定期検査中。終了未定)
  2号(2012年1月28日頃〜定期検査の為停止予定♪)
  3号 建設中

<愛媛> 四国電力
伊方1号(2011年9月5日頃〜定期検査の為停止予定♪)
  2号(2012年1月14日頃〜定期検査の為停止予定♪)
  3号(2011年4月29日〜定期検査中)

<佐賀> 九州電力
玄海1号(2011年12月2日頃〜定期検査の為停止予定♪)
  2号(2011年1月29日〜定期検査中)
  3号(2010年12月11日〜定期検査中)
  4号 (2011年12月26日頃〜定期検査の為停止予定♪)

<鹿児島> 九州電力
川内1号(2011年5月10日〜定期検査中)
  2号(2011年9月4日頃〜定期検査の為停止予定♪)
posted by 風の人 at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年06月10日

6.12脱原発100万人アクション 松戸駅西口、千葉県

皆様


こんばんは。
夜分に失礼します。

松戸より、情報を頂きましたので転送致します。
脱原発系カレンダーへの掲載も宜しくお願い致します。

熊本はどしゃぶりの恵みの雨。
感謝。
おやすみなさい。



豊田 義信 yoshinobu000-lj(a)infoseek.jp
http://twitter.com/fusapiero
平和つむぎブログ http://heiwa0.seesaa.net/
トランジションタウン南阿蘇 http://tt-minamiaso.blogspot.com/
かまわ南阿蘇支部 http://kamawa.net/
●げんぱつさんお休みください●
脱原発系イベントカレンダー http://datugeninfo.web.fc2.com/




●6.11脱原発100万人アクションを成功させましょう!
松戸でのアクションは、
6月12日、松戸駅西口・東口で開催します!

今日は、緊急のお願いです。あの3.11東日本大震災から3ヶ月が経ちます。再生・
復興は遅々としていますが、中でも福島第一原発による原発震災によって、依然
として放射能汚染が続き、収束の見通しがたちません。千葉県の東葛地域でも
「ホットスポット」といわれるほど高い数値を示しています。

このような中で、日本発「6.11脱原発100万人アクション」が世界中で取り組まれ
ます。ドイツやスイスでは全面的な原発政策の見直しが始まっていますが、日本
では国会議員の多数や電力会社・経団連などが、脱原発・エネルギー政策の見直
しを妨害し、原発政策の継続を強行しようとしています。

しかし、国民の中には
これまでにない脱原発・再生可能な自然エネルギー政策への転換に関心が高まっ
てきています。脱原発への政策転換を実現させましょう。6.11前後のアクション
は全国的に取り組まれます。東京では、芝公園23号地、代々木公園、新宿等で大
集会とデモが行われます。


▼6.12脱原発松戸アクションにご協力ください!
会場設営と運営スタッフのボランテイアに来ていただけませんか(雨天中止)。

○集合場所/6月12日(日)午前9時、松戸駅西口ステージ前 9〜11時頃まで会場
設営と準備

○東口と西口のアクションは、11時30分から15時30分まで、運営スタッフとその
後片付け

○東口のアクションは、『原発シール貼り投票』です。脱原発の世論と原発維持
の世論を把握し、脱原発の世論を拡大していきたいと思います。運営スタッフが
10名程度必要です。

○西口のアクションは、ステージの管理をしている「松戸駅周辺にぎやかし推進
協議会」が「脱原発は政治的で貸せない」とおかしな対応で、協議しましたが進
展なし。やもなく『6.12被災者支援 エネルギーダイエット・アクションin松戸』
とし、ミュージックやトーク展示や実演など多彩な取り組みを行います。運営ス
タッフが30名程度必要です。

○朝の9時からの会場設営のボランティアでも日中の運営スタッフでも助かります。
是非ご協力ください。ボランテイアとして可能な方は、吉野までメールでもFA
X(047-360-6064)、携帯(090-4606-9634)でも一報いただけましたら幸いです。

○今回の取り組みは、実行委員会形式ですが、東日本大震災被災者支援千葉西部
ネットワークで検討されたものです。このネットは、3月27日、市民自治をめざす
1000人の会と月刊ミニコミ誌『たんぽぽ』が呼びかけて発足されたネットです。

日本のエネルギー政策を原発中心から再生可能な自然エネルギー政策に変えてい
くために、今多くの市民が動くことだと思います。ご協力をお願いします。

2011.6.8 

            市民自治をめざす1000人の会 事務局長 吉野信次
posted by 風の人 at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011.10.8-10 第 8回 阿蘇アート&クラフトフェア 出展申込み案内

皆様


秋のクラフトフェアのお知らせです。


エネルギーシフトや脱原発、
この地球のことなどでの作品出展など、
お知り合いの芸術家さんがいらっしゃいましたら、
ご案内ください。

また後日、8/26-9/25に開催予定の第二回Genesis-起源展のお知らせをいたします。
http://kigenten.jimdo.com/

感謝して。




豊田 義信 yoshinobu000-lj(a)infoseek.jp
http://twitter.com/fusapiero
平和つむぎブログ http://heiwa0.seesaa.net/
トランジションタウン南阿蘇 http://tt-minamiaso.blogspot.com/
かまわ南阿蘇支部 http://kamawa.net/
●げんぱつさんお休みください●
脱原発系イベントカレンダー http://datugeninfo.web.fc2.com/


■□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第 8回 阿蘇アート&クラフトフェア 出展申込み案内
10月 8日(sat) →→→ 10月 10日(mon)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■□■
阿蘇国立公園の山ふところに抱かれた木造校舎を会場に、静けさや緑深
い木々に囲まれた中で出会う、人と作品・・・そんな里山の雰囲気が多
くの方を惹きつけ、昨年は 100名を超すクラフト作家の皆様と予想を上
回るお客様をお迎えして開催いたしました。素朴で温かい地域住民中心
の実行委員会では、この美しい自然環境の中で、クラフト作家さん同志
や地域のメンバーとの交流をゆっくりと楽しんで頂けるよう、またたく
さんのお客様に来て頂けるようお迎えの準備を整えつつあります。どう
ぞ「第 8回 阿蘇アート&クラフトフェア」への出展を心よりお待ちして
おります。

[主催/本部]
AAC(阿蘇アート&クラフトフェア)実行委員会事務局
熊本県阿蘇郡高森町上色見 1390-1
[お問い合わせ]
Tel/Fax:0967-62-0027
E-mail:aso-folkschool@cotton.ocn.ne.jp
URL http://asofolkschool.eco.to/

【出展申し込み用紙ダウンロード&申し込みフォーム】
http://asofolkschool.eco.to/npo/2011/06/8.html


応募要項
《日程/場所》
◎2011年 10月 8日 (土)〜10日 (月) 10:00〜17:00 (最終日 〜16:00)
◎場所/ NPO法人阿蘇フォークスクール (旧上色見小学校 )内
   (熊本県阿蘇郡高森町上色見 1390-1)
《出展資格》
◎展示作品は出展者本人の仕事であることが条件で、プロ、またはプロ
を目指しているクラフト作家/アーティストに限ります。
※仕入れ品である事が判明した場合、その時点で応募取り消し、また展
示の撤去をさせて頂きます。
《募集人数》
◎約 110名
《出展スペース》
◎出展ブースは下記のいずれかよりご選定ください。
@校舎教室 (W3.0m ×D2.6m)      24区画
A校舎廊下 (W2.6m ×D2.6m)       12区画
B体育館 (W4.0m ×D3.0m)        25区画
C総合センターホール (W3.0m ×D3.0m)  10区画
Dテント (既設 )(W3.6m ×D3.6m)     20区画
Eテント (持ち込み )(W3.0m ×D3.0m)   23区画
《出展料》
◎7,000円〜13,000円 (出展スペースによって料金が異なります。※別紙参照 )
《応募期限》
◎7月 10日 (日)
《応募方法》
◎参加申し込み用紙に必要事項を記入の上、 Faxまたは郵送して下さい。また、
 各展示ブースは定員になり次第順次締め切らせて頂きます。
◎7月 10日以降に、はがきにて受付通知と振込先をお知らせいたします。
(振込手数料は、出展者の負担でお願いいたします。入金確認後正式受付となります。)
◎7月下旬に、ブース割り振り表並びに宿や交流会のご案内などの詳細と、 DM
 はがき 50枚、ポスターなどを送付致します。

《備品》
◎テーブル/椅子/棚などは各自ご用意ください。
(テーブルはリースも受け付けており、パイプ椅子は無料で貸し出し可能です。 )
◎テントは既設テントと持ち込みテントのブースを別にしています。料金も異なりま
すので、別紙出展申し込み書をご確認下さい。
《搬入/搬出》
◎搬入は、 8日 (土 )の7:00〜9:30までにお入り下さい。
※屋内展示については、前日 7日 (金 )15:00以降からの搬入も可能です。
◎搬出は、 10日 (月 )の終了次第、随時自由解散といたします。

懇親会について
◎9日 (日 )に、会費制のバーベキュー交流会を企画しております。
会費: 2,000円  場所:阿蘇フォークスクール中庭

注意事項
◎台風などの自然災害により開催が中止された場合や、出展者本人の都合で出展
 が不可能となった場合、出展料は返金致しませんのでご了承下さい。


--
jiro yamaguchi
surfvideo@gmail.com
ミクシープロフィール
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=4245026
トランジション南阿蘇
http://go-surfing.net/minamiaso/
NPO法人パーマカルチャーネットワーク九州
http://pcnq.net/



--
jiro yamaguchi
surfvideo@gmail.com
ミクシープロフィール
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=4245026
トランジション南阿蘇
http://go-surfing.net/minamiaso/
NPO法人パーマカルチャーネットワーク九州
http://pcnq.net/
posted by 風の人 at 15:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

月11日(土) 〜 さよなら原発 〜6.11脱原発100万人アクション in 熊本

皆様


おはようございます。

震災より3ヶ月。
全てに愛と感謝。

九州から原発の無い地球へ。
明日は熊本に集わせて頂きます。
鹿児島、福岡も、各地の皆様、議員の皆様、メディアにおつとめの皆様も
意識あわせまして宜しくお願い致します。


6月28日九州電力さんの株主総会で
脱原発のお約束が採択されますよう、
手をとりあって宜しくお願いします。

今夜はトランジションタウン南阿蘇チームは、蛍見学チームと、
阿蘇フォークスクールにて高森よりあい。明日のパレードの衣装作りなどです。
太陽光の稲わら雪ん子衣装ができました。
思わず笑ってしまう衣装、こうご期待。

感謝して。


豊田 義信 yoshinobu000-lj(a)infoseek.jp
http://twitter.com/fusapiero
平和つむぎブログ http://heiwa0.seesaa.net/
トランジションタウン南阿蘇 http://tt-minamiaso.blogspot.com/
かまわ南阿蘇支部 http://kamawa.net/
●げんぱつさんお休みください●
脱原発系イベントカレンダー http://datugeninfo.web.fc2.com/

2222222222222222222222
二見@熊本です。

自分たちの世代で浪費したエネルギー消費のツケを、未来の世代に払わせちゃうよう
な原発ってやっぱりいらないと思います。

変わらないのなら、やっぱり自分たちで意思表示をしちゃおうよ!
知ってて黙っているのは認めているのも同じことだよね、、、、。

ということで、熊本でも6月11日にさよなら原発のパレードとライブをやっちゃい
まーす。

ジャンベ隊やベリーダンサーさんたちも参加します。
みんなで楽しくパレードしましょう〜


天気予報では6月11日は恵みの雨になりそうですね。(^_^)

6月11日が雨だった時のお知らせです。

なんと!!

雨天時は中止するはずだったライブを、野外から屋内に場所を変えてやっちゃいま
す。

夜もライブやっているので、昼間のパレードに参加できない人は、仕事が終わってか
らライブに駆け付けちゃってくださーい!

当日の緊急連絡先: 09064219270(二見)


■6月11日(土) 〜 さよなら原発 〜 パレード & ライブ


自分たちのために

子どもたちのために

そして、

まだ見ぬ未来の子どもたちのために


「さよなら原発」


私たちは、原発で作った電気じゃなくて、自然エネルギーで作った電気を使いたい!


趣旨に賛同していただける方、みんなで熊本市内繁華街を一緒にパレードしません
か?

パレードの後は、野外ライブを開催しまーす。


手作りプラカードやフラッグ、仮装に鳴り物小道具大歓迎。

勿論お子様連れ、ベビーカーや車椅子での参加もOK!


音楽演奏しながら

ベビーカー押しながら

仮装しながら

歌いながら

踊りながら

笑いながら

叫びながら

輪になりながら

手を取りながら

愛し合いながら


飛び入りもリタイヤも自由です。

自分自身の心地よいペースで楽しく歩きましょう。

パレードはよほどの荒天でない限り決行します。
野外ライブは雨天時は中止し、室内ライブに切り替えます。


ライブ会場では、小物やドリンク・フードの出店もあります。

ゆったりとした気分で「さよなら原発」ライブを楽しんじゃいましょう。


会場にてドネイション(寄付)のご協力お願いします。
当イベントの運営費用に当てさせて頂きます。

また、収益金の一部は、東日本大震災・熊本支援チームに寄付します。



■6月11日(土) 〜 さよなら原発 〜 パレード & 野外ライブ

 さよなら原発 6.11脱原発100万人アクション in 熊本
 http://www.byebyegenpatsu.com


《集合》14:00 白川公園
   |
《バイバイ原発広場》
塗り絵、シャボン玉遊びで子どもと憩える広場
   |
《リレートーク》14:20
   |
《パレード出発》15:00
   |
パレードコース(約1時間)
白川公園→3号線→水道町→鶴屋前→
下通りアーケード→新市街アーケード→
電車通り→市役所前→高橋公園緑地(終点)
   |
《オープンマイク・震災報告》16:00 高橋公園緑地
   |
パレード参加者で自由にオープンマイク
震災支援チームからの現地報告
   |
《ライブスタート》16:30 高橋公園緑地
   |
趣旨に賛同してくれたミュージシャンによる野外ライブ
(雨天の場合は野外ライブは中止し、室内ライブに切り替えます。)
   |
終演予定20:30



ライブ出演(同不順)

九州ジェンベクラブ(アフリカンドラム)
中田博 with friends(ジャズ)
風太郎(ブルース弾き語り)
川原一紗と藤川潤司(うたとピアノと民族楽器)
Chasin'Dragon(うたとギター)
Coby(弾き語り)
MOUTHPEACE(ラップ)
Orion(ギター)
モリノコエ“正木チコ+OtoRavi”(うたとギターとウクレレ)


集合 (14時):白川公園地図 http://goo.gl/55CE5
ライブ(16時):高橋公園地図 http://goo.gl/nnktv



■雨が降ったとき:

予定通り14時に白川公園集合です。
公園で雨に濡れたくない、、、という方は、15時に下通り入口パルコ前でパレードに
合流できます。
パレードは辛島公園電停前で終わります。

野外ライブは中止になりますが、室内でのライブに切り替えます。

★室内ライブ

時間: 16時30分〜20時30分
場所: PrivateLodge
     並木坂にあるマクロビオテックのお店
     熊本市上林町3-33 2F 096-323-3551
地図: http://goo.gl/cZv1w


主催: さよなら原発 6.11脱原発100万人アクション in 熊本 呼びかけ人会


問合せ:
《パレード》 二見 090-6421-9270 kfutami@ybb.ne.jp
《ライブ》 孫 090-2084-1111 asobinokuni@gmail.com
《広場》永尾 096-389-9810 kayo.na@athena.ocn.ne.jp



■ボランティア大募集

・横断幕、プラカード創りに協力していただける方。
 一緒に手作りしてみませんか?

・当日のパレード、ライブの写真を撮ってくれる記録係

・フライヤー配布係。
 当日、みんなにチラシを配るお手伝い。

・野外ライブ会場での出店者
 出店希望の内容をお知らせください。
 (収益の一部を運営費として寄付していただきます。)

・その他、当日の色々な運営手伝い


WEBサイト http://www.byebyegenpatsu.com

-------------------------------------------------
二見孝一
E-Mail mailto:kfutami@ybb.ne.jp kfutami@q.vodafone.ne.jp
〒866-0895 熊本県八代市大村町804-1
Tel/Fax:0965-43-1051 携帯:090-6421-9270
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=460620
-------------------------------------------------
みどりのテーブル http://www.greens.gr.jp/
DAYS JAPAN http://www.daysjapan.net/
posted by 風の人 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年06月09日

【6/26】「原発の放射能から子どもの健康を守るには・・・」

講演会:「原発の放射能から子どもの健康を守るには・・・」

講 師:柳沢典子さん(食の安全と環境を考える会代表)

会 場:幕張本郷公民館

時 間:6月26日(日)

14:45〜16:45

入場無料:資料代500円

どなたでもご自由にご参加を!子ども達の命を守るために一緒に取り組みませんか!!

☆とくに東葛地域(柏、松戸、流山、我孫子、鎌ヶ谷)の大気や土壌は放射性物質でホットスポット汚染が!

講師紹介: チェルノブイリ原発事故後、子どもの離乳食に「葉物野菜を食べさせてしまった!」をきっかけに放射能、電磁波問題など科学と生き物としてのヒトとの関係を考える活動をされています。 *環境健康学トランスレーター(千葉大・森千里先生代表NPO認定) *NPO地球市民交流基金  フェアトレード・アーシアン理事 1991年〜2004年まで柏市放射能測定器運営協議会で700件食品の放射能を測定。

柳沢さんが柏市議会に提出した「子ども達を放射線から守る対策を求める請願書」

(請願主旨)

1.柏市独自で環境中の測定器を購入し、特に教育施設・公園・公共施設の測定をし、速やかに公表してください。

2.子どもに対して一般人平常時許容量の「年間1ミリシーベルト」より可能な限り低くするために教育現場での具体的で有効な対策を早急に立案し実施してください。

@実行権限のある放射線リスク管理委員会を保護者・保護者の推薦する専門家を入れて設置

A汚染土の入れ替え Bグラウンドの水撒き C逆浸透膜方式など安全な飲料水の配布 

D給食食材を厳選し子どもには放射能によるリスクの無いものを選ぶ E体育授業、部活動の工夫 Fマスク着用 G帽子の着用 H空気清浄機設置

3.妊産婦を放射能から守るための対策を講じてください。

 @安全な水の配布 A高い測定値を示す場所の測定値公表の看板を設置すること

主催:子ども健康ネット(有害化学物質から子ども健康を守る千葉県ネットワーク)
事務局:半澤勝男:幕張本郷3−15−3
電 話:043−271ー2013

子ども健康ネット・第9回総会
日時:6月26日13:30〜14:30、 場所:(千葉市)幕張本郷公民館

posted by 風の人 at 19:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

6.11 脱原発100万人アクション

6.11 脱原発100万人アクション・東京    http://nonukes.jp
くり返すな! 原発震災  つくろう! 脱原発社会
6.11 集会&デモ@芝公園23号地
集合13:00 集会13:30
デモ出発14:30(予定)


〈6.11 脱原発100万人アクション 呼びかけ〉
6月11日は、福島原発震災から3ヵ月。今なお放射能の放出は続いています。私たちは、人や自然を傷つける電気はいりません。全国各地域の人々とともに、6月11日に脱原発を求める100万人アクションを呼びかけます。6月11日は、声をあげましょう! 今こそ脱原発へ!!

★6月11日は全国でさまざまなアクションが行われますが、東京でも新宿・代々木公園をはじめとしていくつかの会場で集会等のイベントが行われます。(詳細については http://nonukes.jp をご覧ください)そのひとつとして芝公園(東京タワー下)で集会を行い、その後デモに出発します。

 ◎日時:6月11日(土)集合13:00 集会13:30 デモ出発14:30
◎場所:東京・芝公園23号地(東京タワー下・地下鉄三田線「御成門駅」5分)
◎発言
・主催者あいさつ/原水爆禁止日本国民会議
・福島原発の現状/伴英幸さん(原子力資料情報室)
・福島原発20ミリシーベルト問題など/阪上武さん(福島老朽原発を考える会)
・福島県民からの訴え(郡山市を中心に子どもたちの父母など/約40名)
発言予定/福島県教職員組合郡山支部書記長鈴木浩行さん
(毎日放射線量を測定)/福島市から子どもと一緒に参加する父母/20代の若者。
・女川原発の現状/阿部宗悦さん(宮城県から・女川原発反対同盟)
・建設中の大間原発の状況/小笠原 厚子さん(青森県から、大間・あさこハウス/大間
原発の建設差し止め訴訟原告)
・呼びかけ団体から/日本消費者連盟、ふぇみん婦人民主クラブ、たんぽぽ舎
◎デモコース:芝公園→経産省別館前→東電本社前→銀座数寄屋橋交 差点→東京駅前→常盤橋公園(流れ解散)
※雨天決行 参加費無料 どなたでも参加できます。
◎プラカードや横断幕、楽器などいろいろ工夫してご参加ください。脱 原発のシンボルカラーとして、いま世界的に《黄色》が流行していま す。お越しの際には、《黄色》を取り入れたコーディネートをおすすめ します!

■呼びかけ団体:原水爆禁止日本国民会議 03-5289-8224/プルトニウムなんていらないよ !東京 03-5225-7213/原子力資料情報室 03-3357-3800/日本消費者連盟 03-5155-4765 /ふぇみん婦人民主クラブ/たんぽぽ舍03-3238-9035/福島老朽原発を考える会03-5225-7213
■協賛 WORLD PEACE NOW
6月9日版
posted by 風の人 at 19:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年06月05日

菅首相退陣後の大連立に大義はない

民主・自民の幹事長が菅首相退陣後の大連立で見解が一致しました。すでに両党はコンピュータ監視法案などで大連立しているも同然ですが。

自民幹事長の石原氏が「期限を区切り、目的を決めて、できる時に衆院選を行わなければならない」(首相退陣後に期限付き大連立…民・自幹事長表明、読売新聞 6月5日(日)21時19分配信)と大連立の後に衆院解散・総選挙を行う考えを表明したのは、大連立で主権をさらに切り崩す(比例区)定数削減を達成した上で、総選挙をしたいということでしょう。

ここでいう目的には震災復興が含まれるはずですが、「ダメ菅」内閣の現在ならなおさら、自民は民主に協力して震災復興に当たるべきです。菅首相後の大連立の必要性はありません。

全政党が有権者と如何なる時も大連立すればよいだけなのです。

太田光征
http://otasa.net/
posted by 風の人 at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

有権者は野党による内閣不信任決議案を評価していない

毎日新聞世論調査から結果を抜粋しておきます。

太田光征
http://otasa.net/

<毎日新聞世論調査>首相退陣「来年初め」「今すぐ」が拮抗
毎日新聞 6月5日(日)21時33分配信


◆菅首相の退陣後、どのような政権の枠組みが望ましいと思いますか。

民主党中心の政権 13   15 10

自民党中心の政権 13   14 12

民主、自民の大連立36   37 34

その他      33   30 36

◆自民、公明など野党3党は内閣不信任決議案を衆院に提出しました。これら野党の対応を評価しますか、しませんか。

評価する     32   36 29

評価しない    61   60 62

◆菅内閣の不信任決議案は否決されました。この結果をよかったと思いますか、思いませんか。

よかった     53   48 57

よくなかった   38   44 32
posted by 風の人 at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

原子力推進機関のIAEA関係者を入れた原発調査委を民自公が検討

民主、自民、公明3党が福島原発事故の原因究明に当たる調査委員会を国会に設置したい考えです。福島原発事故の調査は必要だとしても、IAEAのような原子力推進機関の関係者を参加させることもあり得るとしています。

原発推進のためのお墨付きを与える機能を果たすことが、今から予想されます。

ドイツが2022年までの脱原発を決めたように、日本でも脱原発への方向転換こそ必要です。


太田光征
http://otasa.net/
posted by 風の人 at 02:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

コンピューター監視法案に続きまた火事場泥棒――武器輸出3原則の破棄で日米閣僚が合意

日本の閣僚は昨年に引き続き、有権者の頭越しに勝手な約束をしてしまいました。北沢俊美防衛相が3日、ゲーツ米国防長官と会談し、日米で共同開発している海上配備型迎撃ミサイル(SM3ブロック2A)について、米国から第三国への輸出を条件付きで容認したのです。これは武器輸出3原則の破棄を意味します。

福島原発事故の原因を作ってきた自民党は、自身の責任を不問にして、政府・民主党による遅々とした震災復旧、後手後手の原発事故対応を嬉々として批判しています。

しかし、自民党などはコンピューター監視法案同様に、今回の勝手な合意を批判することはないでしょう。

震災のドサクサに紛れて政治の土台、民主主義インフラを破壊する手口は民主も自民も変わりありません。自民幹事長は菅首相の退陣後に大連立もあり得ると発言しています。菅首相だから協力できない、ということ自体がケシカランことですが、カモフラージュにすぎません。


太田光征
http://otasa.net/
posted by 風の人 at 01:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年06月02日

6/2 13:00- 衆院本会議中継 内閣 不信任決議 森ゆう子議員より


国会議員の方々、皆様


信頼のもと、
転送させて頂きます。
「不信任」という言葉のお役割にも感謝致します。
今日の採決、注視しております。

脱原発の方向を以前より志向して来た方々、政党さん、
最近そのように表明された方々、政党さん、

いずれにしましても
お子さんや地球自然の被爆や被害が最小限にとどまりますよう。
増税はしないで頂きます。
基地はいらないどこにも。
モンサント社さんの遺伝子組み換えとセットのTPPのこと。
安保第2条や年次改革要望書のことなど。
原発さん、ありがとうございます。どうぞお休み下さい。

炉心を冷やすべく、調和したエネルギーを福島と霞ヶ関に送らせて頂きまして、
こんごも、とうはを超えて、宜しくお願い致します。

感謝して。


豊田 義信 yoshinobu000-lj(a)infoseek.jp
twitter.com/fusapiero
平和つむぎブログ http://heiwa0.seesaa.net/
トランジションタウン南阿蘇 http://go-surfing.net/minamiaso/
かまわ南阿蘇支部 http://kamawa.net/
●げんぱつさんお休みください●
脱原発系イベントカレンダー http://datugeninfo.web.fc2.com/



mmmmmmmmmmm
日付: Thu, 02 Jun 2011 08:33:55 +0900
差出人: "参議院議員森ゆうこ"
件名: 政局

豊田 義信 さま

おはようございます。
豊田 義信 さまにはいつもご指導を頂き感謝申し上げます。
本日の政局については、情報を隠蔽し国民に正しい防護策を教えずに被ばくさせ、
現在もなお対策を実施していない菅内閣。
これだけでも退陣を要求する大義は充分である。
このままでは国民の健康、命を守ることはできない。
総理は政策を具体的に提案してほしいと谷垣総裁に答弁したが、具体的な政策提言
は何度もしている。
不信任案が可決されれば解散すると恫喝しているようだが、地方選挙を実施不可能
として特措法で延期している。
無理やり選挙しても無効になると、何故マスコミは報じないのか。
また、民主党内で真っ先に厳正な処分を受けるべきは、違法な外国人献金を受け
取っていたことを自ら認めた人々である。
ポスト菅総理の名前を言った途端に、メディアの報道はそこに集中し、あら探しが
始まり、徹底的に叩くことによって総理の延命をはかる。今は言うべきではない。
情報の開示。
放射線量の高い地域の全ての学校にエアコン設置。
学校給食に安全な食材と水、牛乳の確保。
プール事業の禁止。
児童のサマーキャンプの速やかな実施。
住民の被ばく実態調査と健康相談、医療支援。放射性汚泥や校庭表土の処分。
なぜいつまでも検討中なのか。
今の状況が政治空白なのだ。

森ゆうこ
posted by 風の人 at 09:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

内閣不信任案を出す国会議員に震災復旧、原発被害の収束ができるのか

内閣不信任案が出されました。1票格差を是正するため選挙制度改定をと言っていた連中が解散の可能性のある内閣不信任案を出したのです。従来的意味の1票格差が狙いなのではなく、それと抱き合わせの比例区定数削減で連中にとって都合のよい差別を拡大したいだけなのです。

脱原発を切実に願う原発被災者が脱原発政党、脱原発候補を選ぶための主権をさらに切り崩すことになるのが比例区定数削減です。

原発を廃炉にすると明言せず、定数削減、コンピューター監視法などで基本的人権をさらに縮減し、民主主義インフラをさらに破壊しようとする連中に震災復旧、原発被害の収束ができますか。

菅内閣では震災復旧、原発被害の収束ができないと主張するのでしょうが、被災地の方々からは怒りの声が上がっています。

内閣不信任案:「被災地に目向けて」怒りとあきらめの声 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/today/news/20110602k0000m040050000c.html

3・11後の運動は脱原発の局地戦だけではなく、民主主義の深化を狙うものでなければなりません。


原発推進政党は民主主義インフラの破壊を止め、歳費を全額原発被災者に差し出すべき
http://kaze.fm/wordpress/?p=333


太田光征
http://otasa.net/
posted by 風の人 at 01:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年06月01日

コンピュータ監視法、共通番号制に反対する院内集会

コンピュータ監視法が案の定、衆院であっさり可決されてしまいました。反対政党は共産・社民だけ。

太田光征
http://otasa.net/

衆院本会議「コンピューター監視法 衆院で可決」2011.05.31
http://www.youtube.com/watch?v=b0uRHdbLWYM

議事進行係の小宮山泰子が緊急動議で提案。
本会議の予定外にもかかわらず突然議案に。
質疑なく、さっさと採決。



*************************

6・9
監視・管理社会はごめんだ!
コンピュータ監視法、共通番号制に反対する院内集会

*************************

▲と き:2011年6月9日(木)13:00-14:30

▲ところ:参議院議員会館B108会議室

▲発言 :国会議員、市民団体、法律家 ほか

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いま社会の監視・管理化が恐るべきいきおいで進んでいます。
政府・法務省は、市民生活の不可欠の通信手段となったコンピュータについて、監視を一挙に強化しようとコンピュータ監視法を今国会に上程・審議入りし、ほとんど議論もなしに強行採決しようとしています。
共謀罪、コンピュータ監視法ともに、まだ法律に違反する行為が行われる以前の表現行為を、処罰しようとする悪法です。コンピュータウイルスに対する市民の嫌悪感を利用し、問答無用とばかりにコンピュータ監視法を制定しようとする政府・法務省の姿勢は厳しく批判されなくてはなりません。同法の制定を絶対に許してはなりません。
また政府は早ければ、今秋の臨時国会に「税・社会保障に関する共通番号」の名の下に、関連法案を提出し、14年に個人・法人に番号を交付し、15年から番号の利用を開始しようとしています。番号利用と国民IDカード構想は国民総番号制への道です。
私たちは、市民の日常生活が監視され、個人情報が行政に管理される社会をのぞみません。
コンピュータ監視法、共通番号制=国民総背番号制に反対しましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▲共 催:盗聴法に反対する市民連絡会 /反住基ネット連絡会

▲連絡先:東京都新宿区西早稲田1-9-19-207 日本消費者連盟気付
     盗聴法に反対する市民連絡会(090-2669-4219)
     反住基ネット連絡会(080-5052-0270)
posted by 風の人 at 14:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

この大地と空と海 放射能の浄化技術、ちきゅうの掘削、放射化被爆治療 と モンサントパブコメ提出、

農林水産省 安全局御中
CC:皆様


日々のお働きありがとうございます。
コンピューター監視法案が強行採決されたとのことですが、
どのようにいたしましょうか。

また、文科省管轄の海底掘削船ちきゅう。
3月9日の活動、本日の航行はどのようになっているでしょうか。
乗組員の方が、人工地震による測定を本来任務として語っておりますが、事実でしょうか。
活断層を掘削しても大丈夫でしょうか。
議員の皆様、宜しくお願いします。

さて、遺伝子組み換え西洋菜種、トウモロコシ及びワタに関する承認について。

日本モンサント株式会社
ダウ・ケミカル日本株式会社
シンジェンタジャパン株式会社

の三社が

除草剤と害虫抵抗性の物質を種に入れるとのこと。
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/110523.html


三社によるこれまでの裁判の経緯は下記。
http://greenpeace.or.jp/docs/gm/monsanto.pdf


この国難において、求められるのは、
こうした外国企業の国内市場参入への承認ではなく、

国内企業による放射性物質除去の実施へのサポートであると考えます。
http://www.tenemos-ier.org/index.html
http://takashima.tidt.fool.jp/
http://www.poly-glu.com/
熊本市の緑川に生えているバイオエタノールにかわる「ヤブレガサ(シュロガラヤツリ)」を研究されている方が熊本大にいるとのこと。

放射化の被爆治療についても。
http://blog.goo.ne.jp/adoi

ご意見をお聞かせ下さい。
議員の皆様、党派を超えて宜しくお願い致します。

感謝して。



豊田 義信 yoshinobu000-lj(a)infoseek.jp
twitter.com/fusapiero
平和つむぎブログ http://heiwa0.seesaa.net/
トランジションタウン南阿蘇 http://go-surfing.net/minamiaso/
かまわ南阿蘇支部 http://kamawa.net/
●げんぱつさんお休みください●
脱原発系イベントカレンダー http://datugeninfo.web.fc2.com/
posted by 風の人 at 09:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年05月31日

5/31コンピューター監視法案 と 6.19, 6.28 九州からも、さよなら原発の風 九電原発廃炉に向け、6・28九電株主総会へ

民主党御中
CC:辻恵理事、牧野聖修理事、相原史乃委員、森ゆう子議員、皆様

おはようございます。


本日5/31火曜日にも法務委員会で強行採決される見通し「コンピューター監視法案」。

私も日弁連同様、国会で皆様の審議を宜しくお願いしたいと思います。


小野寺光一さんが法務委委員会委員の皆さんを詳しくまとめて、書かれておりました。
http://archive.mag2.com/0000154606/index.html


2件目、九電株主総会の件、転送させて頂きます。

九電の経営者も社員も「原発から手を引きたい」と考え始めているとのことですので、
与党の九州選出議員の皆さんも宜しくお伝えのほど、お願い致します。


最後に、6月19日熊本での菊池洋一さん達を囲む脱原発シンポジウム。
九州のパーマカルチャーとトランジションタウンの仲間達の企画です。


脱原発系イベントカレンダーにも、6.19、6.28掲載のほど宜しくお願い致します。

6.11に向けて、それぞれの動きに感謝します。
国会議員の皆様も、とうはをこえ、手をとりあって宜しくお願い致します。

今日もありがとうございます。



豊田 義信 yoshinobu000-lj(a)infoseek.jp
twitter.com/fusapiero
平和つむぎブログ http://heiwa0.seesaa.net/
トランジションタウン南阿蘇 http://go-surfing.net/minamiaso/
かまわ南阿蘇支部 http://kamawa.net/
●げんぱつさんお休みください●
脱原発系イベントカレンダー http://datugeninfo.web.fc2.com/




九電原発廃炉に向け、6・28九電株主総会へ

九電の原発廃炉を求める連絡会
九州電力消費者株主の会
連絡先:北九州市小倉南区徳吉東1−13−24 深江守
Tel 093-452-0665 Fax 452-0661 Eメール mfukae@jcom.home.ne.jp

●九電消費者株主の会は17年にわたり脱原発の議案を総会に提出してきました
 スリーマイル島原発事故を契機に生れた九電消費者株主の会。脱原発を掲げるこの会に賛同する株主は現在700名強。株主全体からすればもちろん少数派ですが、それでも毎年原発の危険性を訴え九電が脱原発に向けて一歩を踏み出すよう議案を提出し、一般株主の間に少しずつであれ賛同者を増やしてきました。

●株主総会は九電の経営姿勢を変える最大の機会です
 株主総会は会長・社長以下経営陣はもちろん、議案に関連する担当取締役がすべて出席します。私達一般市民にとって経営責任者たる彼等に直接想いを伝える唯一の機会といっていいでしょう。とくに3・11福島原発震災を経験した今年はこれまでとは打って変わった総会になるのは間違いありません。

●九電の経営者も社員も「原発から手を引きたい」と考え始めています
 表立っての発言はないものの、九電内部でも脱原発の声は少なくありません。とくに社員の多くは原発を止めたいと考えています。さすがに経営陣は国策たる原発、利益を生む原発ゆえ本音を吐けません。しかし3・11はこの国のエネルギー政策転換の契機となり、政府も否応なく原発重視の姿勢を捨てざるを得ない状況に追い込まれました。この機会を逃す手はありません。

●今年の総会を脱原発の第一歩に
 脱原発の流れが生れたとはいえ、まだ揺り戻しがあるでしょう。であればこそ、今年の電力会社の株主総会は歴史的な意味を持つ場です。総会の場で脱原発を巡ってちゃんと議論され、仮に経営陣が少しでもその方向を示すとすれば、間違いなくこの国を変える第一歩になります。

●今年も4議案を提出しています
 
①既設原発(玄海4基、川内2基)について古い発電所から順次、停止・廃炉の措置をとり、新規立地、増設を行わない。
②自然エネルギー発電本部を立ち上げる。
③地震・津波・火山活動がもたらす影響・危険性について、地元住民代表・消費者代表を含む調査検討委員会を早急に設置する。
④危険なプルサーマル発電を中止する
九電経営陣・株主に私たちの想いを伝えましょう(6・28行動)

●総会の内・外で脱原発の大きな声を
(総会日程)
日時:6月28日 10:00〜(終了時刻は不明。通常は2時間程度ですが今年は長引くことが予想されます)
場所:ホテルニューオオタニ(九電本社向かい)

(行動予定)
8:00〜一般株主の来場に合わせメッセージチラシ配布などの開始
9:00〜会場前行動開始
     ・人間の鎖で会場包囲
     ・トラクター行進/原発モウいや行進(牛)
     ・マーチングバンド
     ・その他、それぞれの想いを伝える何かを掲げ、反原発を意思表示
イエローメッセージ⇒スカーフ・鉢巻など何でも構いませんから、黄色の何かを着装しましょう
10:00〜総会終了まで
・ミニコンサート、ミニ講演会、福島の美味しい野菜販売などいろんなアイデアを募集中

●当日、積極的に関わることができる個人・団体を求めています。ぜひ、ご連絡ください。

・問い合わせ(現在窓口になる人を人選中)
福岡:木村京子(092−641−8426) 深江守(090−9478−6195) 中村肇(090−8627−3076)
佐賀:石丸初美(0952−30−8027)
長崎:歌野敬(0959−42−3427) 歌野礼(080−1703−3786)
大分:小坂正則(090−1348−0373)
熊本:永野隆文090−8229−9539) 神谷杖治(096−242−0388)
宮崎:青木幸雄(080−5272−2587)
鹿児島:向原祥隆(099−248−5455)




666666666666666111111111119999999999
■□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━
6.19 脱原発シンポジウム
「脱原発とこれからのエネルギー・社会」
━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■□■
福島の原発事故を受け、原子力はとても危険で人の手に負えるものではないということを多くのひとが気づきました。
そこで、原発とはどのようなものなのかを知るとともに、これからのエネルギーや社会について一緒に考えたいと思います。

日時:2011年6月19日
場所:熊本青年会館(ユースピア熊本、水前寺3−17−15
スケジュール:
13:00 受付開始
13:20 挨拶
13:25 講演(菊地) 「原発について」
14:15 休憩
14:25
菊地洋一、満岡聡、橋爪健郎、吉田 俊郎、松下修(コーディネーター)
15:55 休憩
16:00 交流会・ディスカッション・意見交換
16:50 終わりの挨拶
16:55 終了

主催:NPOパーマ法人パーマカルチャーネットワーク九州
、ネットワークココ、くまもと有機の会、トランジションタウン南阿蘇、さよなら原発、手作りサークル”てとて”、たねまきハウス南阿蘇、かまわ南阿蘇支部

参加費:500円
問合せ先:パーマカルチャーネットワーク九州
住所:熊本市山ノ神2−9−16
TEL:096−202ー4136
FAX:096−202−4055
メール:tsg@indigo.plala.or.jp

プロフィール
・菊地洋一
1941年岩手県釜石氏生まれ。
1973年3月からの7年4ケ月、米国の原発関連会社GETSCO(=GE)の原子力事業部極東東京支社企画工程管理スペシャリストとして東海原発2号、福島第1原発6号機の建設に広く関わる。各セクションの調整、日立、東芝、IHI、ゼネコン等のスケジュールチェック、米本社への現場報告書の作成。古い原子炉内改造工事の安全管理者の仕事を終え退社。
50才より草花や昆虫等の写真を撮り始め、生命の尊さを感じてもらう写真展を全国で開催。
宮崎市串間市に在住し、元鹿児島大学にて「地球環境エネルギー論」非常勤講師。

・満岡聡
1959.9.10諫早市生まれ。医師。命を切り口に、命の授業、緩和ケアについての普及啓発や、非対立、対話、提案を基本方針とする環境市民運動にも取り組む。「プルサーマル・大事なことは住民投票で決めよう佐賀県民の会」で5万3千人の署名を集め、2007年に県民投票を佐賀県議会に直接請求し、臨時県議会で民間人として初めて意見陳述を行った。2009年5・10さがストッププルサーマル人文字フェスタで人文字で
NO MOXをアピールした。

・橋爪健郎
元鹿児島大学理学部助教  原子力学、エネルギー学、環境エネルギー論、原発の危険性論、鹿児島大学理学部助手でありながら、川内原発の計画段階から一貫して原発に対する強い反対の姿勢を保ってきた。先生の30年余に上る断固とした行動は、川内現地の人々から厚い信頼をかちえ、全国の運動関係関係者からも「鹿児島に橋爪あり」と、希望の星となっていた。大学の授業においては、あらゆる妥協を排した現代社会の暗部を照射する誠実な
授業で、多くの学生に示唆を与えてきた。何よりも特筆すべきは、原発廃絶への具体的な行動と共に、放射能の呪縛から人類を解き放つためのもう一つのエネルギー、あるいは生き方の提起です。1978年、川内原発予定地を見下ろす上野集落の高台に発電用の風車を建設されたのは歴史的な事件だった。

・吉田 俊郎
外資系医療機器メーカー退社後 ‘08年にパーマカルチャー
の仲間とイギリスでトランジションの研修受講後、トランジション・ジャパンを創設。現在は葉山パーマカルチャーワークショップの開催、環境運動、南
阿蘇で米、家作りをする一方、トランジション運動を全国に広める活動中

・松下修
NPOパーマ法人パーマカルチャーネットワーク九州代表理事
松下生活研究所代表、公共政策学博士。つながりのある社会、互酬的な経済共同体をテーマに、モノやカネといった経済的視点だけでなく、ヒトやクラシの視点から社会を創造してゆく事業や活動を行っている。元鹿児島大学にて「地球環境エネルギー論」非常勤講師。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここまで

ps
上色見へ引っ越して一ヶ月、やっぱ寒いです。
今年は軽く移動できる時計ストーブとロケットストーブの融合を目指してます。

--
jiro yamaguchi
surfvideo@gmail.com
ミクシープロフィール
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=4245026
トランジション南阿蘇
http://go-surfing.net/minamiaso/
NPO法人パーマカルチャーネットワーク九州
http://pcnq.net/
posted by 風の人 at 08:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

【6/15】「オキナワ」と「フクシマ」が国策の誤りを糾す!

転載します。

太田光征
http://otasa.net/

【転載・転送歓迎\(^o^)/】
複数のMLに投稿します。重複をご容赦ください。

まっぺんです。沖縄意見広告運動からのお知らせです。

6月15日の中野ZERO集会で新たに発言者として参加して下
さる方が決まりましたのでお知らせします。

★福島から佐藤幸子さん
★沖縄から伊波洋一さん が参加します。

■沖縄・意見広告運動(第二期)集会

【関東集会】 6月15日(水)午後6時〜
■会場:東京なかのZERO小ホール
 (JR線・地下鉄東西線 中野駅南口5分)
■発言・報告:
・山内 徳信さん(参議院議員)
・福島みずほさん(参議院議員)
・伊波 洋一さん(前宜野湾市長)
・安次富 浩さん(名護・ヘリ基地反対協共同代表)
・佐藤 幸子さん(福島子どものいのちを守る会代表)
・山崎 久隆さん(たんぽぽ舎) ほか
■問合:東京事務所
 TEL:03(6382)6537 FAX:03(6382)6538

ご存知のようにそれまでの安全とされる一般人の放射線量を年間
1mSvから20mSvへと引き上げるという決定に対し、福島の人々
が多数上京し、このような暴挙の撤回を求めて文部科学省を訪れ
ました。危険な原発を首都圏から遠く離れた地方に設置したばか
りでなく、本当に事故が起こって危険な放射性物質が放出された
時、危険に対処するのではなく、許容値を引き揚げて「危険では
ないことにしてしまう」とは、こんな対処の仕方があるでし?
か? 放射能の影響を最も受けやすいこどもたちの将来を政府は
どう考えているのでしょうか?

沖縄住民もまた、返還以来39年ものあいだ、全くそれに等しい
扱いを受けてきました。危険な米軍基地、基地被害に対して政府
は何等対処することなく、それどころか毎年「おもいやり予算」
まで米軍に納めるという有様です。米兵犯罪、騒音被害、墜落事
故など、沖縄県民の負担と心労は量り知れません。

昨年から始まった「沖縄意見広告運動」は多くの人々の参加・協
力を得て、今年は昨年を上回る賛同者のみなさんと共に意見広告
を掲載することができました。福島県民の苦悩も、沖縄県民の苦
悩も、その根はひとつです。ついてはこの6月15日に予定され
ている集会も、福島原発被害者の皆様と共に成功させてゆきたい
と思います。

【関西集会】 6月17日(金)午後5時30分〜
■会場:協同会館アソシエ3Fホール
 (新大阪駅より15分)
■発言:服部 良一さん 武 建一さん ほか
■問合:関西事務所
 TEL:06(6328)5677 FAX:06(6328)5777

詳細はホームページをご覧下さい。
■mail info@okinawaiken.org
■HP  http://okinawaiken.org
posted by 風の人 at 01:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年05月30日

【7/24】広瀬隆講演会 - フクシマ・ハマオカ 原発のはなし - 子どもたちに安全を!

広瀬隆講演会 - フクシマ・ハマオカ 原発のはなし - 子どもたちに安全を!
http://hirose0724.blog.fc2.com/

◆日時 : 2011年7月24日

12:00 会場

◆場所 : アビイホール
我孫子駅 イトーヨーカドー3F

◆入場料 : 1,000円

◆福島は今どうなった?

◆浜岡が停止 これで安心?

◆浜岡が停止したあとのエネルギーはどうするの?

◆CO2は実は温暖化が原因ではなかった。IPCCのうそ?

◆ちょっとこわいけどヒバクの話。子供たちは大丈夫?

といったお話を広瀬隆さんにお聞きします。

電話でのお問い合わせは武笠(むかさ)まで
TEL : 090-9365-9608

-----------------

太田光征
http://otasa.net/
posted by 風の人 at 02:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

子どもを守ろうオンライン署名

『柏の子どもたちを放射能汚染から守ろう』オンライン署名
https://ssl.form-mailer.jp/fms/28591124151110
(紙署名PDF)
http://members3.jcom.home.ne.jp/2143800701/kashiwa_syomei.pdf
posted by 風の人 at 02:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年05月29日

福島県HP、山下俊一アドバイザーの助言「100μSv/hは安全」をこっそり訂正

はなゆーさんからの情報です。山下俊一さんに福島県民の放射線影響調査を任せるわけにはいきません。

太田光征



早川由紀夫(群馬大学教育学部教授)
http://twitter.com/#!/HayakawaYukio/status/66367811144003584
山下俊一「100マイクロシーベルトパーアワーを超さなければ、まったく健康に影響ありません。5とか10とか20とかで外に行っていいか明確です。きのういわき市で外に遊びに行っていいですかと聞かれました。いいです。福島(市)でも同じです。まったく心配ありません」
3月21日福島市


高橋裕行
http://twitter.com/#!/herobridge/status/74804595129462784
福島県のHPに訂正。だました教授の100μSv/hは10μSv/hの間違いなんだってよ!どこまで国民を福島県民をバカにしてるんだ。福島県も同罪だよ、これじゃ!


http://bit.ly/lg0ROb
訂正:質疑応答の「100マイクロシーベルト/hを超さなければ健康に影響を及ぼさない」旨の発言は、「10マイクロシーベルト/hを超さなければ」の誤りであり、訂正し、お詫びを申し上げます。ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありません。


osono
http://twitter.com/#!/o_oku/status/74805724701663232
しかも3月22日(講演の翌日)にHP更新したことになってる!


早川由紀夫(群馬大学教育学部教授)
http://twitter.com/#!/HayakawaYukio/status/74810245901328384
福島県庁が崩壊した。


早川由紀夫(群馬大学教育学部教授)
http://twitter.com/#!/HayakawaYukio/status/74810804603592704
う〜ん、訂正に従って直したこれでは発言が意味をなさないんだけど。「10マイクロシーベルトパーアワーを超さなければ、まったく健康に影響ありません。5とか10とか20とかで外に行っていいか明確です。」


早川由紀夫(群馬大学教育学部教授)
http://twitter.com/#!/HayakawaYukio/status/74808824447500288
山下俊一をアドバイザーに任命したのは福島県知事だろ。任命責任を問え。


イチロー(郡山市)
http://twitter.com/#!/ichiro_munakata/status/74803722227691520
とっくに100μはひとり歩きしてるぞ


宍戸俊則(福島県福島市・伊達市)
http://twitter.com/#!/shunsoku2002/status/74799670353862656
3月21日の福島市講演会でハッキリ山下教授は100μシーベルト毎時まで外遊びさせろと言いました。山下教授の知人である学者から4月初頭に訂正するようアドバイスされたはずなのに、訂正は5月末。福島県民を馬鹿にしてます。


まっちゃ(福島県)
http://twitter.com/#!/cont_mama/status/74812121451474945
そう、10μだって異常な数値ですよね。私はそれを聞いて即座に「あり得ない」と思いましたが、多くの人は安心しきって帰って行きました。


k.ishi
http://twitter.com/#!/phantomlovers/status/74804040990593025
プロが間違える訳ないよね?意識的にウソついてたよね?孫連れて来て講演で遊ぶって言ってたよね?謝罪と贖罪は違うからな!


k.ishi
http://twitter.com/#!/phantomlovers/status/74811869776449536
福島県は相当悪質!こんなに重大な情報をなぜトップページに太字で載せない?


k.ishi
http://twitter.com/#!/phantomlovers/status/74812748525088768
こんな不正が許されるなら日本は法治国家とは思えなくなります。「従うのが義務」、「孫を連れて来て遊ぶ」発言等々酷すぎます。


ヘナ(4児の母)
http://twitter.com/#!/lovepeacemama/status/74814037363392512
もし間違いが本当だとしても100と10を間違えたまま何度もあちこちで講演してたなんて学者としても福島県民の健康リスクアドバイザーとしても今度就任した福島県民の健康調査の代表(?)としても失格でしょう?さっさと地元に帰ってどうやって罪の償いをするかよく考えた方がいい、無責任すぎる


patrie
http://twitter.com/#!/histoire1931/status/74153765355266048
山下俊一の起用は決定的にまずかったと思う。長崎大学医学部教授という肩書きで「安心」行脚した。それを信じてしまった人が非常に多い。異常事態のなかで信じてしまったことを覆すのは、覆される方も覆す方も多大なエネルギーを消耗し、深く傷つく。今、その問題が福島で顕在化している。これはまずい

--
はなゆー
http://twitter.com/hanayuu
posted by 風の人 at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年05月28日

6.11脱原発100万人アクション・イン東京

☆シンボジューム☆
◎日時:6月11日(土)午前10時20分〜午前11時30分
◎場所:四谷区民センター
(地下鉄丸ノ内線「新宿御苑前」駅徒歩5分)
    東京都新宿内藤町87番地/03−3351-3314
◎出席者:国会議員、ジャーナリスト5・6人(確定次第連絡)
◎主催者:「市民連帯の会」

☆デモ☆
◎日時:6月11日(土)集合13時 集会13時30分 デモ出発14時30分
◎場所:東京・芝公園23号地
   (東京タワー下・地下鉄三田線「御成門駅」5分)
◎デモコース(予定):芝公園→新橋→東電本社前→日比谷公園(流れ解散)
※雨天決行、参加費無料、どなたでも参加できます。
◎主催者:原水爆禁止日本国民会議

☆呼びかけ団体☆
市民連帯の会(代表 三井環)03-3844-8722/原水爆禁止日本国民会議03-5289-8224/
プラトニウムなんていらないよ!東京03-5225-7213/原子力資料情報室03-3357-3800/
日本消費者連盟03-3238−9035/ふぇみん婦人民主クラブ03-3402-3244/
たんぽぽ舎03-3238-9035/福島老杤原発を考える会/その他一般市民

お問い合わせは三井環事務所(下記)までお願いいたします。

〒110-0015 東京都台東区東上野6丁目1番4号イワツキビル201号
       TEL03-3844-8722 FAX03-5827-3132 
          siminrentai@goo.jp
posted by 風の人 at 16:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年05月27日

5/27 小沢一郎議員インタビュー 炉心と被爆、政権のこと

皆様


こんばんは。

いろいろな評価があるかと思いますが、
炉心を冷やし、被爆の被害を最小限にとどめることについて、
小沢議員が語っていますので、
山崎さん、感謝して、転送させて頂きます。


また、井口和基教授ブログで紹介されていた
【驚愕】元東電社員の内部告発:
の祈りについて、よろしければお読み下さい。
http://quasimoto.exblog.jp/14851145/


最後に、懐かしい未来副代表の恩師、
平山恵先生から転送です。重複失礼します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
知り合いの有機農家の仲間が英語圏の方向けにブログを立ち上げました。

石橋克彦さん(神戸大学・地震学・原発震災)の5月23日の参議院行政監視委員
会でのお話しの英訳です。

「今夜、G8サミットで菅さんがスピーチする前にと思い、英語圏に向けてブログ
を立ち上げました、とのことです。
http://abolition-of-nuclear.blogspot.com/

内容は、「原子力と地震」というテーマでその陳述の英訳です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


とうはをこえて、よろしくおねがいします。
ありがとうございます。

豊田義信







差出人: "山崎康彦"
件名: 【YYNews】■ 小沢一郎民主党元代表が語る「恐ろしい真実」!
宛先: <>, <>
杉並の山崎です。

■ 小沢一郎民主党元代表が語る「恐ろしい真実」!

国際的な影響力を持つ米国日刊新聞(220万部発行)「ウオール・ストリート・ジャーナルル」の日本版が本日(5月27日)付け

のサイトで小沢一郎民主党元代表との単独インタビューを掲載しています。

小沢一朗氏はインタビューの中で以下のような「恐ろしい真実」を語っています。

http://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_242207


�「福島原発事故はチェルノブイリどころではない。あれの何百倍ものウランがあるのだ。みんなノホホンとしているが大変な事態なのだ。

  それは政府が本当のことを言わないから皆大丈夫だと思っているのだ」

�「対応が遅く放射能汚染に対する認識が甘いというよりまったくないといってもいいくらいの菅内閣の対応だ」

�「菅総理は一日でも早く代わった方がいいと思う」

�「原発の放射能汚染の問題はここまで来ると東電に責任を転嫁しても意味がない。政府が先頭に立って政府が対応の主体とならねばいかんというのが

  私の議論だ。東電はもう現実何もできないだろう。だから日一日と悲劇に向かっている」

�「自分が指揮を執っていれば最初の段階でメルトダウンが起きて危ないということは国民に大きな声で言っただろう」

�「政府が主体となって対応策を,どんな対応策かは専門家を集めなければ分からない。それは衆智を集めてこうだと決まったら政府が責任を

  取るからやってくれと、そういうのが政治主導だ。それがまったくみられないから国民はいらいらして不満を募らせ民主党はだめだとなっている」

�「復旧に必要なことはお金がどれくらいかかったってやらなくてはならない。あのままでは住めなくなる。再臨界に達するかもしれない。

  あそこが爆発したら大変だ。爆発させないために放射能を出しっぱなしにしている。爆発するよりたちが悪い、本当のことを言うとだ。ずっと長年 にわたって

  放射能が出るから。だから私は金の話じゃない。日本がつぶれるか日本人が生き延びるかどうかという話だと言っている。金なんぞ印刷すればい い」

�「困難な時だけ仲良く仲良くというのは日本人の発想でだからだめなのだと考える。日本のマスコミは全部そうだ。太平の時は誰でもいいのだ。

  うまくいっている時は。困難、危機の時だからそれにふさわしい人を選びふさわしい政権を作るのだ。日本人は発想が逆だ。

  大陸の人は発想がそうではない。日本人は平和ぼけしているから。まあまあ争わないでまあまあ仲良くという話になる。仲良くしたって、

  何も解決できない。当たり障りのない話をしているだけだ。波風立てずに丸く丸く。これでは政治家など要らない。役人に任せていればいい」

�「原発で食っている連中をいくら集めてもだめだ。皆原発のマフィアだから。委員だの何だの学者が出てきてずっと今まで大したことありません、

  健康には何も被害はありません、とかそんなことばかり言っていた。原子力で食っている人々だからいくら言ったってだめなんだ。日本人もマスコ ミも

  それが分からないのだ。日本のマスコミはどうしようもない」

�「原子力は過渡的エネルギーとしてはある程度大口電力供給のためにも仕方がない。だが高レベルの廃棄物を処理できないからいずれ、新しいエネル ギーを見出

  さなければいけない。そのように私は言ってきた。まさに今、こういう自然災害のなかで原発の事故まで起きてこれを食い止めると同時に長期的な

  エネルギー政策をしっかりと考える必要がある」

�「私はもう老兵だから。老兵は消え去るのみ、とのマッカーサー元帥の言葉はご存知だろうか。消え去ろうと思っていたがもう一仕事やらねばならな いとは

  思っている」

�「(政治資金規正法違反の話) 私は何も悪いことをしていない。これは官憲とマスコミによるものだ。旧体制の弾圧だからしようがない。調べてほしいのだが、私は何も不正な金は

 もらっていない。ただ報告書の時期がずれていただけだ。こういった例は何百、何千とある。単に報告書を直して再提出するだけで済んでいた話だ、

 今まではずっと。なぜ、私だけが強制捜査を受けるのか。そこを全然、マスコミは考えない。これは民主主義にとって危機だ。政府ないし検察の気に 入った者

 しか政治ができないということになる。ほんとに怖い。あなた方も変な記事を書いたとして逮捕されることになりかねない。そういうことなのだ。

 絶対にこういうことを許してはいけない。私が薄汚い金をもらっているのなら辞める」

以下に全文を転載しますので是非お読みいただき情報拡散をお願いします。

▼ 小沢一郎・民主党元代表インタビュー:一問一答

2011年 5月 27日 ウオール・ストリート・ジャーナル 日本版

  http://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_242207

小沢一郎・民主党元代表はウォール・ストリート・ジャーナルとのインタビューで、福島原発事故への政府の対応は「遅く、放射能汚染に対する認識が まったく

ない」と批判するとともに、長年ライバル関係にある菅直人首相について「首相は一日も早く代わったほうがいい」と述べ、対決姿勢を鮮明にした。

 以下はインタビューの一問一答。

Q:東日本大震災と福島第1原発事故以降の政府の対応について、全般的にどう評価しているか。

A:もう2カ月以上、70日になる。原子炉がコントロールできない状況に置かれている。

 私は客観的な見方をする学者の先生から、この状況は燃料の熔融や炉が破損して、非常に危険な状況だということを聞いていた。非常に心配していた ら、

今になって、仕様がなくなってポツポツ認めている。対応が遅く、放射能汚染に対する認識が甘い、というより、まったくないといってもいいくらいの

菅内閣の対応だ。

 一般自然災害への対応も、私の県も被災県の1つだが、単なる旧来の取り組みと同じだ。役所の積み上げと、査定に任せきりで、民主党が目指した

国民主導・政治主導という政治の在り方とは程遠い実態になっている。私もそうだが、ほとんどの人たちが、不安と不満を募らせているというのが現状 だ。

やはりその最大の原因は、民主党が掲げてきた、政治家が自ら決断して政策を実行するということが行われていないためだ。決断とは、イコール責任 だ。

責任を取るのが嫌だとなると、誰も決断しなくなる。

Q:原発事故で事態をここまで悪くしないようにするために、政府がすべきであった決定や政策はどんなものがあったか。

A:こういう状況になると、東京電力の責任に転嫁したって意味がない。東京電力が悪い、あいつが悪い、こいつが悪いということを言っている。

どうでもいいことならそれでいいが、原発の放射能汚染の問題は、ここまで来ると、東電に責任を転嫁しても意味がない。政府が先頭に立って、

政府が対応の主体とならねばいかんというのが、私の議論だ。東電はもう、現実何もできないだろう。だから、日一日と悲劇に向かっている。

Q:菅首相は統合本部を数日後に設立し、東電に踏み込んだ。あれは十分ではなかったのか。

A:十分も何も、パフォーマンスはどうだっていい。そういうことを気にすべきではない。事態は分かっているのだ。何が起きているかってことは、ほ ぼ。

東電が分かっているのだ。東電が分かっていることは、政府も分かっているのに決まっている。だから、私が言ったように、他人に責任をなすりつける 話

ではない。政府が主体となって対応策を、どんな対応策かは専門家を集めなければ分からない。それは衆智を集めて、こうだと決まったら政府が責任を

取るからやってくれと、そういうのが政治主導だ。それがまったくみられないから、国民はいらいらして不満を募らせ、民主党はだめだとなっている。

Q:小沢氏が指揮を執っていれば、最初の段階でメルトダウンが起きて危ないということは国民に大きな声で言っていたか。

A:言うだろう。隠していたらどうしようもない。それを前提にして、対応策を考えねばならない。当面は福島の人だが、福島だけではない、このまま では。

汚染はどんどん広がるだろう。だから、不安・不満がどんどん高まってきている。もうそこには住めないのだから。ちょっと行って帰ってくる分には

大丈夫だが。日本の領土はあの分減ってしまった。あれは黙っていたら、どんどん広がる。東京もアウトになる。ウラン燃料が膨大な量あるのだ。

チェルノブイリどころではない。あれの何百倍ものウランがあるのだ。みんなノホホンとしているが、大変な事態なのだ。それは、政府が本当のことを

言わないから、皆大丈夫だと思っているのだ。私はそう思っている。

Q:なぜ、このタイミングで出てきたのか。

A:隠しようがなくなったからだろう。知らないが。政府に聞いてみるべきだ。

Q:菅首相はアドバイザーを集めて意見を聞いている。聞き方がまずいのか。

A:何を聞いているのだか知らない。集めただけではしようがない。結論を出して何かやらないと。だいたい、原発で食っている連中をいくら集めても だめだ。

皆、原発のマフィアだから。あなた方もテレビを見ていただろう。委員だの何だの学者が出てきて、ずっと今まで、大したことありません、

健康には何も被害はありません、とかそんなことばかり言っていた。原子力で食っている人々だから、いくら言ったってだめなんだ。日本人もマスコミ も

それが分からないのだ。日本のマスコミはどうしようもない。 

Q:いろいろ聞いてやってみて、だめだったら辞めてもらうということだが、どこまでいったら辞めてもらうのか。どの辺が判断の基準になるのか。

A:どこまでということはない、何もしていないのだから。このまま、ダラダラしていたら、本当に悲劇になってしまう。海も使えなくなる。

Q:原子力エネルギーをどう考えるか。 

A:しょせん、過渡的エネルギーとしてはある程度、大口電力供給のためにも仕方がない。だが、高レベルの廃棄物を処理できないからいずれ、

新しいエネルギーを見出さなければいけない。そのように私は言ってきた。まさに今、こういう自然災害のなかで、原発の事故まで起きて、

これを食い止めると同時に、長期的なエネルギー政策をしっかりと考える必要がある。

Q:菅政権に対する小沢氏の批判だが、今回、事態の深刻さに対して菅政権が国民に対して正直でなかったことにあるのか、それとも、もし政権が強け れば、

事態の対応はもっとうまくいっていたということにあるのか。

A:政権が強い、強くないとの表現も間違いではないが、さきほどから言っているように、何か国民生活に関する問題を処理する時に、

われわれは、自民党の官僚機構に任せて、おんぶに抱っこの政治はもはやだめだと言ってきた。政治家が自ら決断し、国民のための政治を実行する。

今回の原子力の話だけではない。

 しかし、それは何かというと、それはイコール責任だ。決断したら決断した者の責任が生じることは当たり前だ。責任のない決断はない。

そういうことを主張してきたにもかかわらず、民主党の政権が、特に菅政権が、そうでないという実態に気づき、国民の支持を失っている。

政策の実行ができないのなら、総理をやっている意味がないでしょう、ということだ。

Q:問責決議案や不信任案を提出する、提出しないとの話が出ているが、国難といわれる時期、そのような政治家の動きを国民はどう受け止めていると みるか。

A:困難な時だけ仲良く、仲良くというのは日本人の発想で、だからだめなのだと考える。日本のマスコミは全部そうだ。太平の時は誰でもいいのだ。

うまくいっている時は。困難、危機の時だから、それにふさわしい人を選び、ふさわしい政権を作るのだ。日本人は発想が逆だ。

大陸の人は、発想がそうではない。日本人は平和ぼけしているから。まあまあ争わないで、まあまあ仲良くという話になる。仲良くしたって、

何も解決できない。当たり障りのない話をしているだけだ。波風立てずに、丸く丸く。これでは、政治家など要らない。役人に任せていればいい。

Q:菅首相を降ろせというなか、強いリーダーはいるのか。

A:何人でもいる。

Q:強いリーダーの代表格というと小沢氏が思い浮かぶ。自分でやろうとの気持ちはあるのか。

A:私はもう老兵だから。老兵は消え去るのみ、とのマッカーサー元帥の言葉はご存知だろうか。消え去ろうと思っていたが、もう一仕事やらねばなら ないとは

思っている。

Q:話題を変える。政治資金規正法違反の話は今、どういう状態で、今後、どういう方針で戦うのか。

A:どういう方針もなにもない。私は何も悪いことをしていない。これは官憲とマスコミによるものだ。旧体制の弾圧だからしようがない。

調べてほしいのだが、私は何も不正な金はもらっていない。ただ、報告書の時期がずれていただけだ。こういった例は何百、何千とある。単に報告書を 直して

再提出するだけで済んでいた話だ、今まではずっと。なぜ、私だけが強制捜査を受けるのか。そこを全然、マスコミは考えない。

 これは民主主義にとって危機だ。政府ないし検察の気に入った者しか政治ができないということになる。ほんとに怖い。あなた方も変な記事を書いた として

逮捕されることになりかねない。そういうことなのだ。絶対にこういうことを許してはいけない。私が薄汚い金をもらっているのなら辞める。

 1年以上強制捜査して何も出てない。だからちょっと報告書の書き方を間違ったといったわけでしょう。現実政治というのは権力だからそうなるんだ が。

戦前もそう。それを繰り返したんじゃ、だめだ。そんな民主主義は成り立たない。それを心配している。自分はなんてことない。なんの未練もない。

政治家をやめれば遊んで暮らせるからそれでいいが。日本の民主主義はこのままだと本当にまた終わりになる。外国が心配しているのはそこだ。

日本は本当に民主主義国家かという心配をしている。

Q:震災に話を戻す。復興、復旧にこれからお金がかかっていく。もちろん労力も。一つは第2次予算が出るか出ないかで国会でもめている。第2次予 算の

緊急性と規模はどのようなものと考えるか。もう一つは、財源は増税にするのか、国債発行にするのか。そのへんはどのようにすべきか。

A:復旧に必要なことは、お金がどれくらいかかったって、やらなくてはならない。あのままでは住めなくなる。再臨界に達するかもしれない。

あそこが爆発したら大変だ。爆発させないために放射能を出しっぱなしにしている。爆発するよりたちが悪い、本当のことを言うとだ。ずっと長年にわ たって

放射能が出るから。だから私は金の話じゃない。日本がつぶれるか、日本人が生き延びるかどうかという話だと言っている。金なんぞ印刷すればいい。

その結果、国民が負担することになるが。国家が本当に放射能汚染をここで食い止めるという決意のもとに、徹底して金だろうがなんだろうが

つぎ込まなくてはだめだ。国民はそのことをよく理解してほしい。国債でやれば借金だし、いずれ償還分は払わなくてはいけないが。

Q:東電の処理について役所が過去にはいろいろ決めてきた。今回、役所の言うとおりに決めてはいけないと考えるか。

A:東電のことはたいした問題ではない。一私企業がどうなろうが。それが本質ではない。ただ、例えば東電がつぶれるとする。電気の配電やら運営が

できなくなる。それから5兆円の社債を出しているから、社債が暴落する。公社債市場が大変になる。それから銀行に何兆円かの借金があるから、

それが返せなくなると銀行も大変だ、ということだろう。どうってことはない。要は早く原発の放射能を止めることだ。

Q:民主党が政権をとって間もない2009年10月、インタビューした際、自民党をつぶすことが目的だと言っていた。今回、発言を聞いていると、

民主党政権に非常に批判的だが、自民党がむしろリーダーになった方がよいと、日本を救えると見ているのではないか。

A:私はそう見ていないが、国民がそのような状況になってきているということだ。これなら自民党の方がまだいいじゃないかという人が多いでしょ う。

私が描いていた図とちょっと違うのは、民主党政権がもう少し愚直に政治に取り組んでくれることを期待していた。そうすれば、国民がたとえ個別の政 策が

少しずつ遅れたとしても、変更したとしても絶対支持してくれると。

 そういう民主党をまず作り上げる。しかし、一方において自民党的、というのは日本的な政党だが、これも必要だと。自民党は事実上つぶれたような 状況だが、

新しい自民党がまた成長してくれると。そこで2大政党という絵を描いていたのだが。どうにも民主党政権自体がおかしくなって、強烈な支持者であっ た人

たちも、ちょっともう見放した格好になっている。

 例えば、何兆円の企業のオーナーである稲盛さんとか、スズキ自動車の鈴木会長とかは、何兆円の企業でありながら、正面切って民主党を応援してく れていた

人たちが、本当に一生懸命やっただけに、頭にきちゃって、こんな民主党ぶっつぶせ、もう一度やり直しだと言うくらい失望している。愚直さに欠けた

民主党政権でちょっと違った。違ったときは違ったなりに考えなくなくてはならないので仕方ない。だが私の最初の理想は変わらない。

日本に議会制民主主義を定着させたいという理想は全然変わっていない。

Q:いま、国会に不信任決議案が提出された場合、それを支持するか。

A:それはどうするかよく考えているところだ。

Q:菅首相はどのくらい政権に留ると考えているか。

A:彼はいつまでも留まりたい。だから困っている。それが彼の優先順位の第一だから。だからみんな困っている。

Q:先ほど「もう一仕事したいという気持ちを持っている」と言っていたが、どのようなことがしたいか。

A:いま言ったことだ。議会制民主主義を日本に定着させたいという、この理想は全然変わっていない。ところがいま、民主党も国民から見放され、

自民党もかつての自民党ではなくなってきている。このままでは日本の政治はぐちゃぐちゃになる。だからそうならないように、

老骨にむち打って頑張ろうかということだ。

Q:最近になって、メルトダウンが起きていたとか、原子炉に傷が付いていた、などの情報が次々と出ているが、政府は今まで知らなかったのか。

A:知っていたけれど言わなかったということだろう。だから問題だ。

Q:どういうことか。

A:知らない。政府のことだから。言うと大変になると思ったから言わなかったのだろう。大変になるというのはどういうことかというと、

政府の対応が難しくなると言うことだ。だけど、わたしはそんなことで躊躇しているときではないと考えている。

Q:声が上がればご自身が前面に出られて首相になるということも考えられるのか。

A:私は、あまりにぎにぎしい立場というのは好きではない。もう気楽にしていた方がいいから、自分で好みはしないが、「天命に従う」というのは

よくないけど、「天命に遊ぶ」という言葉が好きになった。天命の命ずるまま、もういらないと言われれば去るのみだ。

Q:最後に、菅総理はどのぐらい総理の座にとどまるとみているか。

A:一日でも早く代わった方がいいと思う。

(転載終わり)

(終わり)
豊田 義信 yoshinobu000-lj(a)infoseek.jp
twitter.com/fusapiero
平和つむぎブログ http://heiwa0.seesaa.net/
トランジションタウン南阿蘇 http://go-surfing.net/minamiaso/
かまわ南阿蘇支部 http://kamawa.net/
●げんぱつさんお休みください●
脱原発系イベントカレンダー http://datugeninfo.web.fc2.com/
posted by 風の人 at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年05月26日

衆議院・参議院での福島原発事故・放射線の健康影響に関する参考人質疑

5月20日
衆議院・科学技術特別委員会での参考人質疑
「放射線の健康影響について」
 
久住静代(参考人 原子力安全委員会委員)
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=41000&media_type=wb&lang=j&spkid=20948&time=00:09:05.1
矢ヶ崎克馬(参考人 琉球大学名誉教授)
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=41000&media_type=wb&lang=j&spkid=20991&time=00:22:51.8
崎山比早子(参考人 高木学校 元放射線医学総合研究所主任研究官 医学博士)
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=41000&media_type=wb&lang=j&spkid=20992&time=00:38:24.2
武田邦彦(参考人 中部大学教授)
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=41000&media_type=wb&lang=j&spkid=20983&time=00:51:07.6

5月23日
行政監視委員会での参考人質疑
「原発事故と行政監視システムの在り方」

http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?ssp=5044&mode=LIBRARY
小出裕章(参考人 京都大学原子炉実験所助教)
http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?ssp=5044&mode=LIBRARY&pars=0.44072691520354246
後藤政志(参考人 芝浦工業大学非常勤講師)
http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?ssp=5045&mode=LIBRARY&pars=0.49537276294039
石橋克彦(参考人 神戸大学名誉教授)
http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?ssp=5046&mode=LIBRARY&pars=0.19018329971791836
孫正義(参考人 ソフトバンク株式会社代表取締役社長)
http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?ssp=5047&mode=LIBRARY&pars=0.8729315720942171

-----------------

太田光征
http://otasa.net/
posted by 風の人 at 03:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年05月25日

予防医学 低濃度放射線被ばくによる健康被害を自己治癒力で防ぐ 山田豊文先生からの提案

皆様

こんばんは。

転送させて頂きます。
山田豊文先生
講演の映像もみれます。
http://www.naturalweb.co.jp/kyorin/kyorin-statement.html

ありがとうございます。


豊田 義信 yoshinobu000-lj(a)infoseek.jp
twitter.com/fusapiero
平和つむぎブログ http://heiwa0.seesaa.net/
トランジションタウン南阿蘇 http://go-surfing.net/minamiaso/
かまわ南阿蘇支部 http://kamawa.net/
●げんぱつさんお休みください●
脱原発系イベントカレンダー http://datugeninfo.web.fc2.com/





杏林予防医学研究所所長 山田豊文先生からの提案

長期に続く低濃度放射線被ばくによる健康被害を自己治癒力で防ぐためのミネラル、ビタミン、含硫アミノ酸を中心とした、DNA損傷を最小限に防ぐ、分子整合医学理論に基づく予防的観点からの食生活と抗酸化栄養素摂取の提案

杏林予防医学研究所 山田豊文

平成23年3月11日に発生した福島原発事故により自然界の放射能濃度を超えた環境汚染に対し、杏林予防医学研究所では以下の声明を提言し、日本に暮らすすべての人々、医師、研究者、政府に資料と具体的な対策を示します。

公式声明

要 約
今後、長期にわたると考えられる低濃度放射線と放射性物質による被ばくにより生じうる健康被害について、体内の自己免疫力や自己治癒力をもって予防的に抑えること、また同時に次世代への影響も最小限に防ぐ為、該当地域に居住する人々に、ミネラル、ビタミン、含硫アミノ酸を中心とした人類の優れたDNAを守るための抗酸化栄養素の摂取を提唱する。

山田豊文先生からの提案 詳細はこちらからクリック
低濃度放射線被ばくによる健康被害対策
(PDFファイル)


^^^^^^^^^^^^^^^
山田先生はビタミンやミネラル、ファイトケミカル(フィトケミカル)、酵素、食物繊維など食事学、解毒や断食など独自の健康理論を確立、有名プロスポーツ選手・格闘家・芸能人・野球球団の食生活指導など積極的な活動を行っています。
故障に悩む数多くのスポーツ選手を復活させたカリスマ栄養アドバイザー。

・米国公益法人  ライフサイエンスアカデミー主宰
・倉敷芸術科学大学  生命科学部健康科学科講師

まごわやさしい食生活やファスティングを提唱。
まごわやさしいとは下記のような食事です。

後略
posted by 風の人 at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

森ゆう子議員より 厚生労働関係資料のご案内 転送

森ゆう子議員、皆様


おはようございます。

いつも、お働きに感謝いたします。
先日ご紹介頂いた九州の議員の方々。
連絡をとってみました。
ありがとうございます。


昨日発売の週刊現代記事もありがとうございました。
引き続き、全原発の安全停止と福島原発の炉心を安定的に冷やせるように
手をとりあって宜しくお願い致します。

以下、感謝を持って転送させて頂きます。


豊田 義信 yoshinobu000-lj(a)infoseek.jp
twitter.com/fusapiero
平和つむぎブログ http://heiwa0.seesaa.net/
トランジションタウン南阿蘇 http://go-surfing.net/minamiaso/
かまわ南阿蘇支部 http://kamawa.net/
●げんぱつさんお休みください●
脱原発系イベントカレンダー http://datugeninfo.web.fc2.com/



日付: Wed, 25 May 2011 07:56:25 +0900
差出人: "参議院議員森ゆうこ【送信専用】"
件名: 厚生労働関係資料をご案内致します。
宛先: "豊田 義信 " <>
豊田 義信 さま

おはようございます。
豊田 義信 さまには、日々の震災避難者皆様へのご尽力に心より感謝申し上げます。
また、いつもご指導ご助言を頂きありがとうございます。
皆様からお問い合わせの多い資料をご案内致します。
参考として、また情報提供等にご活用頂ければ幸いです。

食品中の放射性物質の検査点数について。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001d4kl-att/2r9852000001d4s2.pdf
23日20時時点で検査件数の総計は、3,712点となっています。
「産地(都道府県)別の検査点数等の資料含む」

以前に情報提供させていただきました厚生労働省・震災対策関連リーフレットについて、
5月2日の補正予算及び関連法案の成立を踏まえ、内容が追加されて5月23日版として
新たに掲載されました。(追加事項には◆のマークを付しています)

(事業主向け)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000014uzs-att/2r9852000001d1fe.pdf 
<追加事項>
・被災者を雇い入れた事業主に対する助成(中小企業90万円、大企業50万円)
・雇用調整助成金の利用可能日数を、これまでの支給日数に関わらず1年間で300日とすること
・失業給付の給付日数の延長(60日分)
・労働保険料、社会保険料の免除
・労災保険に係る行方不明者について、申請があれば震災後3か月で死亡推定

(個人向け)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000014uzs-att/2r9852000001d1ey.pdf 
<追加事項>
・失業給付の給付日数の延長(60日分)
・労災保険に係る行方不明者について、申請があれば震災後3か月で死亡推定

(これまでと同様にHPでの閲覧用と印刷用を掲載しています)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000016eu3.html 

(関連リーフレットのサイトでもご覧になれます)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000018w3v.html 

上記並びにこれ以外で、何かございましたら遠慮なくお問い合わせ下さい。
今後とも宜しくお願い致します。

*********************************************************
  参議院議員 森ゆうこ
  〒100-8962
  東京都千代田区永田町2−1−1 参議院会館805号
  代表 03-3581-3111  FAX 03-6551-0805
  URL : http://www.mori-yuko.com/
  ブログ :http://my-dream.air-nifty.com/moriyuuko/
  Mail : yuuko_mori01@sangiin.go.jp
*********************************************************
posted by 風の人 at 11:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年05月24日

ドイツ気象庁 (DWD)による(放射性)粒子分布シミュレーション

山本堪 : ドイツ気象庁 (DWD)による粒子分布シミュレーションの日本語訳
http://www.witheyesclosed.net/post/4169481471/dwd0329
posted by 風の人 at 01:42 | Comment(0) | TrackBack(1) | 一般

2011年05月23日

小出裕章:私もシニア決死隊の一人です

山田恭暉さんが立ち上げられた福島原発暴発阻止行動プロジェクトに小出裕章さんも名乗りを上げられています。

岩上氏による、小出裕章先生のインタビュー | 福島原発暴発阻止行動プロジェクト
http://bouhatsusoshi.jp/archives/282

太田光征
posted by 風の人 at 02:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

"原子力のお値段"に隠されたカラクリ

YouTube - "原子力のお値段"に隠されたカラクリ
http://www.youtube.com/watch?v=ss_oNeneal0

電力会社が提出する原子炉設置許可申請書によれば、佐賀県の玄海原発3号炉は発電原価が1KW/h当たり18円88銭で、国が公表している5円30銭の3倍以上。ほかにも志賀原発が17円1銭、伊方原発が17円66銭。




以下も参照してください。

発電単価は原発が13.9円で一番高い(田中優さん講演会、原子力発電所設置許可申請書)
http://unitingforpeace.seesaa.net/article/199812899.html

原発はLNG火力より発電コストが高い(原子力資料情報室による計算)
http://unitingforpeace.seesaa.net/article/197605981.html

「原発は安い」は本当か(立命館大学大島堅一教授による計算)
http://unitingforpeace.seesaa.net/article/197597159.html

YouTube - 原発の発電コストを検証:原発は本当に安いのか
http://www.youtube.com/watch?v=uJQ9jGLlQ8U

立命館大学教授大島堅一氏の報告
原子力政策大綱見直しの必要性について ─費用論からの問題提起─
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/iinkai/teirei/siryo2010/siryo48/siryo1-1.pdf


太田光征
http://otasa.net/
posted by 風の人 at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年05月22日

6・11 脱原発 100 万人アクション

【転載・転送歓迎】
第1報
\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_

 6.11脱原発100万人アクション http://nonukes.jp/

     くり返すな! 原発震災
     つくろう! 脱原発社会
       6.11集会&デモ

\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_
〈呼びかけ〉
6月11日は、福島原発震災から3ヵ月。
今なお放射能の放出は続いています。
私たちは、人や自然を傷つける電気はいりません。
全国各地域の人々とともに、6月11日に脱原発を求める100万人アクションを呼びかけます

6月11日は、声をあげましょう!
今こそ脱原発へ!!

★6月11日は、東京でもいくつかの会場で集会等のイベントが行われます。その一つとし
て芝公園(東京タワー下)で集会を行い、その後デモに出発します。

◎日時:6月11日(土)集合13:00 集会13:30 デモ出発14:30
◎場所:東京・芝公園23号地(東京タワー下・地下鉄三田線「御成門駅」5分)
 地図:http://www.tokyotower.co.jp/333/09_access/index_02.html
◎デモコース(予定):芝公園→新橋→東電本社前→日比谷公園流れ解散
※雨天決行 参加費無料

★どなたでも参加できます。プラカードや横断幕、楽器などいろいろ工夫してご参加くだ
さい。

■呼びかけ団体:原水爆禁止日本国民会議 03-5289-8224/プルトニウムなんていらないよ
!東京 03-5225-7213/原子力資料情報室 03-3357-3800/日本消費者連盟 03-5155-4765/
ふぇみん婦人民主クラブ 03-3402-3244、など(5月16日現在)
posted by 風の人 at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

憲法9条 守る?変える?全国投票のご報告

今回の原発震災をもたらしたのは、差別を地方に押し付ける政治、民主主義の不在です。なぜか政府・東電だけが批判の対象になり、原発推進政党である自民・民主は免責されているかのようです。

政治を変革しなければ、同じような政治災害は繰り返されます。民主主義をさらに切り崩す改憲や国会議員の定数削減にもっと目を向ける必要があります。

以下、転載します。

太田光征
http://otasa.net/



9条全国投票事務局の野田隆三郎です。重複お許しください。(転送、転載歓迎)

今年の憲法9条守る?変える?全国投票(シール投票)は4月24日から5月5日の期間、全国42箇所で実施しました。今年は東日本大震災、原発事故のため実施箇所は例年と較べると、かなり少なくなりました。

全国の投票結果は

憲法9条を 守る  6307(79%)

      変える  835(10%)

      わからない 892(11%)

合計  8034     

でした。この比率は過去5回の投票結果とほとんど変わっていません。

私たちは、9条全文を提示するだけで一切、誘導はせず、できるだけ中立公正に実施しています。呼びかけ人、各地の新聞記事等、詳細は下記のサイトをご覧ください。

http://qzelev.exblog.jp/ 

投票結果は、新聞記事を添えて、首相、衆参両院議長をはじめ、すべての国会議員に届けました。

今年の感想ですが、大震災、原発事故のためか、市民の9条への関心は例年より希薄でしたし、そのうえ9条自体を知らない人が増えていることを感じました。それで9条の全文を読み入ってから投票する人の姿を多く見受けました。

このように9条投票は9条の啓発にも役立っていると思います。

9条への関心が薄れる、あるいは知らない人が増えるということは国民投票になったときに決してプラスにはなりません。

私たちは、今年は実施箇所を減少させましたが、来年の憲法記念日にはまた例年の規模を回復して9条投票を実施したいと考えていますのでどうぞよろしくお願いいたします。
posted by 風の人 at 02:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年05月21日

子どもを守りたい〜年7ミリシーベルトの被曝で息子を失った母、語る

YouTube - 子どもを守りたい〜年7ミリシーベルトの被曝で息子を失った母、語る
http://www.youtube.com/watch?v=ZHicPbg5Luw



2011年5月2日、子どもの安全基準20ミリシーベルト問題の政府交渉の場で、突然立ち上がり、安全基準を見直すように訴える女性がいた。嶋橋美智子さん。嶋橋さんは、-1991年12月10日、浜岡原子力発電所で働く息子・伸之さんを白血病で失った。29歳だった。
 
伸之さんは、横須賀の工業高校を卒業後、中部電力の孫請け会社に就職。静岡県にある浜岡原子力発電所で働き始めた。伸之さんの仕事は、原子炉直下での燃料棒の点検作業。被-ばく量は年間約7ミリシーベルト程度だったため、安全を疑ったことはなかったという。
 
結局、8年で累積した被ばく量は50ミリシーベルあまり。27歳のときに白血病を発症し、浜松医科大学病院に入院し治療を行ったが、2年後に亡くなった。嶋橋さんは、息を-亡くして2年後労災を申請。全国に署名活動が広がり、合計40万人の署名を集め、申請から2年後に、労災認定された。
 
「子どもはこれからの人だから成長が早いです。だから発病が早いんです。」と語る嶋橋さん。浜岡原子力発電所が完全停止した今、その心境うかがった。
  
---------------------------------------------------------------------------------------
制作:OurPlanet-TV
http://www.ourplanet-tv.org/

-----------------

太田光征
http://otasa.net/
posted by 風の人 at 17:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

提案:原発おしずかにプロジェクト と 日本にある54基の原子力発電所の永久停止を求める署名

福島原発暴発阻止行動プロジェクト代表 山田恭暉様
原発永久阻止署名 杉本さんへ
CC:皆様


おはようございます。
皆様の存在に感謝いたします。
重複失礼します。

山田さんが名前を募集していた上記のプロジェクト。
「原発おしずかにプロジェクト」はどうでしょうか?

杉本さん、私たちも賛同します。
個人名 豊田義信 (NPOかまわ南阿蘇支部)
団体名 南阿蘇たねまきハウス一同
    トランジションタウン南阿蘇

たねまきハウスとトランジションタウンの皆さん、
宜しくお願いします。

湘南、関東、全国の皆さんもいかがでしょうか。
6月11日、8月8日などに向けて、
なるたけたくさんご自愛下さい。
bouhatsusoshi@aj.wakwak.com
国会議員さんを通じた行動もふくめ、
無理なくわくわくできる範囲で
宜しくお願いいたします。

感謝して、


豊田 義信 yoshinobu000-lj(a)infoseek.jp
twitter.com/fusapiero
平和つむぎブログ http://heiwa0.seesaa.net/
トランジションタウン南阿蘇 http://go-surfing.net/minamiaso/
かまわ南阿蘇支部 http://kamawa.net/
●げんぱつさんお休みください●
脱原発系イベントカレンダー http://datugeninfo.web.fc2.com/


日付: Fri, 20 May 2011 13:22:22 +0900 (JST)
差出人: "福島原発暴発阻止行動" [ アドレス帳に追加 ] [ 受信拒否 ]
件名: 暴発阻止行動プロジェクト活動報告
添付: 活動報告110520.pdf(176.2KB)
豊田 義信様
福島原発暴発阻止プロジェクトの活動報告をお送りします。
ご査収ください。
来週、事務所を開設します。添付書類をご参照ください。

山田恭暉
bouhatsusoshi@aj.wakwak.com


件名: [tt-hayama][01804] 呼び掛け(神戸から)
宛先: "tt-hayama@yahoogroups.jp" , "taiyoukou@yahoogroups.jp" , "mitsubachibunbun@googlegroups.com" , "t_t_kamakura@googlegroups.com"
添付: yobikakebun.pdf(146.3KB) otukare_syomei1.pdf(430.9KB) otukare_syomei2.pdf(246.4KB)

---
親愛なるみなさま

以前から皆様にご協力いただいています、
「おつかれさま浜岡原発 いままでどうもありがとう」が
「おつかれさま全ての原発 いままでどうもありがとう」
となり、全国に広まりました。

ホームページはこちら
http://www.otsukaresama-arigato.com/

神戸から始まり、
神奈川、北海道、愛知各所で署名活動が始まっています。
(神奈川はようたくんが代表を務めてくれています)

署名は7月末で締め切り、
8月に全国にある経済産業省・局へと同時提出の予定です。

まずは神戸からの呼びかけ文がまわって来ていますので
転送させていただきます。
ぜひ拡散をお願いいたします。

また、この署名活動に呼びかけ、賛同していただける
団体、個人さまを募集しています。
ご賛同していただける方はメールでこちらまでお送りください。
maaar0408@yahoo.co.jp

どうぞよろしくお願いいたします。

杉本雅代

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

拡散希望

「日本にある54基の原子力発電所の永久停止を求める署名」の最終版が出来あが
りましたので、送らせて頂きます。
署名は3通一組です。


この署名は一人のお母さんから始まり、その思いに賛同する全国の有志が、更に
各地で゛核の無い未来へ゛の声を届けようと始まったものです。

署名の第一回集約は7月末日とし、8月9日には経済産業省、及び全国の経済産業
局に署名と声を届けると共に、申し入れを行う全国一斉アクションを起こそうと
するものです。

呼び掛け団体、呼び掛け人は随時 http://www.otsukaresama-arigato.com
のWEB上で公開致します。

呼び掛けに加わって頂ける方は、団体、個人共に下記までご連絡下さい。
宜しくお願い致します。

http://www.otsukaresama-arigato.com

◎Morning_dew Farm
Shingo Nakano
81(0)80-3030-3083
shingokobe@k.vodafone.ne.jp

◎cof works 杉本雅代
T/F 046-854-7688
H.P 090-7097-8248

是非ご協力下さい。
posted by 風の人 at 07:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2003年の東電トラブル隠しを明るみに出した内部告発

2003年に東電が原発17基すべてを停止(停電なし)するきっかけとなったのは、日系アメリカ人による内部告発だった。東電は欠陥部分を撮影したビデオの削除を命じ、内部告発を受けた保安院は、告発者の名前を東電に伝えた。見事な犯罪的連携で、告発者は命の危険を感じる。

原発を全廃せず、こうした体質を改めないことを前提にした補償支援の枠組みはあり得ない。

YouTube - Kei Sugaoka the GE/Tepco Whistleblower 東電のトラブル隠し - Subtitled
http://www.youtube.com/watch?v=fBjiLaVOsI4


-----------------

太田光征
http://otasa.net/
posted by 風の人 at 03:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年05月20日

5/23 北九州にて 核汚染日本の再生セミナー申し込み

コスモス・フィロソフィー研究会御中
CC:皆様


おはようございます。
北九州のセミナーにまずは4名、申し込ませて頂きます。
仲間が増えるかもしれませんが、その際はご連絡します。
南阿蘇より、乗り合わせて参りましょう。

ご参考までに、皆さんにも送らせて頂きます。

脱原発系イベントカレンダーへの掲載も宜しくお願いします。

では、6月11日、各地での行動、宜しくお願いします。

感謝して。


豊田 義信 yoshinobu000-lj(a)infoseek.jp
twitter.com/fusapiero
平和つむぎブログ http://heiwa0.seesaa.net/
トランジションタウン南阿蘇 http://go-surfing.net/minamiaso/
かまわ南阿蘇支部 http://kamawa.net/
●げんぱつさんお休みください●
脱原発系イベントカレンダー http://datugeninfo.web.fc2.com/


kkkkkkkkkkkkkkkkkkkk
核汚染日本の再生−セミナーのお知らせ
2011-05-19 21:23:57 | 核汚染日本の再生

このブログで掲載した血液観察写真についてだいぶご批判があるようです。以前書いたように、血液観察による病状判断は正規の医学コースで扱われているものではありません。血液観察結果と臨床の関係性は私たちが独自にデータを集積したものであり、今では血液を見れば病気の種類とその発生原因をほとんど言い当てることができます。それも、どんな先進医療検査器よりも早く正確にです。

この国家の大事に学術的論議を行ってる余裕は私たちにありません。とはいえ、活字媒体では表現できることに限界があることも理解していますので、もっと詳しい説明を聞きたい方は、下記のセミナーにご出席ください。講師のATLAS(アトラス)氏は、JAL123便日航機事件への調査協力はもちろん、血液観察術に対しても深く理解をいただいている方です。

セミナー内で、ネットに掲載した観察写真のオリジナルを公開すると同時に、それをどう見立てればよいのか、なぜ放射能除去が可能なのか、その生理メカニズムを含め説明いただける予定です。どんな批判も甘んじて受け入れますが、まずご自身の目で確かめてご意見をいただければありがたいです。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////


コスモス・フィロソフィー研究会

大阪・北九州・岩国


「 み〜〜んな、ウソだった / 311震災の深層 / 来るべき地球文明 」


みなさんこんにちは。
既にご存じの方も多いと思いますが、
CMヒット曲を斉藤和義本人が替え歌にした
「 ずっとウソだった 」がネット上で大ヒット中。
http://www.youtube.com/watch?v=b01yohRgfyc

ウソだったのは「 原発 」だけではありません。
学校で習った「 歴史 」「 科学 」、
そして「 医療 」「 環境 」も全てが【 真っ赤なウソ 】だったのです。
もちろん、「 国家 」「 政府 」「 報道 = マスメディア 」も
「 地球温暖化=CO2犯人説、オゾンホール=フロン犯人説 」も
全てがウソだったのです。

しかし、「 フクシマ 」は、大きな転機となりました。
核物理学のウソ、ホルミシス効果のウソ、エネルギー需給のウソ、、、
「 覇権文明 」の壮大なウソが「 原発 」には集約されていたのです。

今回のセミナーでは、6千年に及ぶ覇権文明の構造、現在の世界の構造、
原子力産業の構造、地球温暖化の詐欺手法、
モンサント&カーギル社による狂牛病と世界的食料支配、
UFOや宇宙人・フォトンベルト・HAARP・ケムトレイルの真相、
マスコミを支配する電通(&別働隊=AC広告公共機構)や
日本の産業界の頂点に君臨する東京電力の実態などの大きな枠組と、
現在進行形のフクシマで起こっている危機や今後の地震、
全国に降り注いでいる放射性物質に関する情報
( 放射能と放射線と放射性物質の違い〜核崩壊とはどういう事か?
〜 体内被曝による癌化のメカニズム、対処方法など )を中心にお話しします。

そして、「 東電解体 〜 家庭戸別発電 」へとそのベクトルは向かうことでしょう。

「 フクシマ 」は平成の黒船。
アメリカ傀儡幕府の「 倒幕 」と「 大政奉還 」に向けてのうねりが始まっています。
日本から始まるエネルギーの解放をきっかけに
全地球人類の「 目覚め 」が始まることでしょう。
来るべき地球文明とは何か?
その姿・ビジョンを探ります。

----------------------------------------------------------------

◆ 講師:ATLAS

◆ 参加費 : 3000円(学生:500円)

◆ お申込み(各会場先着順)
osutakajihen@gmail.com
お名前、年齢、メールアドレス(代表申込の場合は全員の内容)

◇ 大阪
5月22日(日)
13:15〜17:30
@ 大阪区内

◇ 北九州
5月23日(月)
16:45〜20:30
@ 北九州市内

◇ 岩国
5月24日(火)
17:45〜21:30
@ 岩国市内

※ 会場の席数の関係上、お申込み頂いた方に詳細をお伝えします。


************************************************************
posted by 風の人 at 08:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年05月18日

災害対策用ロケットストーブ。一斗缶。

九州の方々


こんばんは。
南阿蘇で一斗缶を探しております。

ロケットストーブについて、貴重な情報です。
サバイバル。ありがとうございます。

(焚き火小屋の備忘録さん
http://nature21.exblog.jp/14436514/

土時々風さんも。
http://tutitokaze.blog.shinobi.jp/Entry/189/


豊田 義信 yoshinobu000-lj(a)infoseek.jp
twitter.com/fusapiero
平和つむぎブログ http://heiwa0.seesaa.net/
トランジションタウン南阿蘇 http://go-surfing.net/minamiaso/
かまわ南阿蘇支部 http://kamawa.net/
●げんぱつさんお休みください●
脱原発系イベントカレンダー http://datugeninfo.web.fc2.com/
posted by 風の人 at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

【5/18】原発停止・壊憲阻止!国民投票法の撤廃を求める5・18集会

紹介しようと思いながら延び延びになってしまいました。

太田光征
http://otasa.net/



2011/05/18 原発停止・壊憲阻止!国民投票法の撤廃を求める5・18集会
平和で安全に生存する権利の保障を!

●オープニング大合唱
たたかいのうた 平和のうた 
 5・18うたチーム
●講談:神田香織
 「チェルノブイリの祈り」から
●基調報告:山口正紀(呼びかけ人・ジャーナリスト)
 平和のうちに生存する権利を
 ―原発・沖縄と壊憲阻止
●リレートーク
 原発止めよう! 福島原発事故はすべて人災
  柳田真(たんぽぽ舎共同代表)
 辺野古に新基地を許さない
  木村辰彦(沖縄一坪反戦地主会関東ブロック事務局長)
 日本航空解雇争議の勝利をめざして
  鈴木圭子(CCU原告団事務局次長)
 即刻朝鮮高校の無償化を
  長谷川和男(「高校無償化」からの朝鮮学校排除に反対する連絡会)
 教育現場のいま
  根津公子(君が代不起立教員)
 国鉄闘争「雇用問題」の現状
  二瓶久勝(国鉄闘争共闘会議議長)
●デモ行進
(プラカード・横断幕・楽器・鈴など鳴り物ご持参下さい)
●集会に賛同していただける方は1口1000円、
団体の場合は3口以上の賛同金にご協力下さい。
●呼びかけ人
内田雅敏(弁護士)/二瓶久勝(国鉄闘争共闘会議議長)/山口正紀(ジャーナリスト)

5月18日(水)18時開場 18時30分開会
豊島公会堂(みらい座いけぶくろ)●資料代:500円
主催:集会実行委員会 
〒113−0033 東京都文京区本郷3-29-10 飯島ビル2F
TEL03-5802-3809 FAX03-5802-3806
E-mail: kaiken_no@yahoo.co.jp

●神田香織さんのプロフィール
東京演劇アンサンブル、渡辺プロ・ドラマ部を経て1980年二代目神田山陽門下生となる。二つ目以降、ジャズ講談や一人芝居の要素を取入れた独自の講談を次々発表、講談の新境地を切り拓く。1986年講談「はだしのゲン」で日本雑学大賞受賞。1989年真打ち昇進。1994年から9年間、故郷いわき市に居を移し民話や伝説を講談で掘り起こし、地域興しに貢献。前記以外の代表作に「チェルノブイリの祈り」「ビリー・ホリディ物語」「国鉄労働者(ぽっ
ぽや)義人伝」「常磐炭鉱余聞−フラガール物語」「哀しみの母子像」、防災講談等がある。2010年12月女性人権活動奨励賞(やより賞)ジャーナリスト賞特別賞受賞

チラシのプリント用PDFはこちらから↓
http://www.geocities.jp/kokuminntouhyou_no/index.html
posted by 風の人 at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年05月17日

長岩さんらによる街頭行動

全国各地で街頭行動が行なわれることを。私も地元で取り組んでいます。

太田光征
http://otasa.net/

【Bcc送信にて失礼します。重複の節は御容赦下さい。】

再開して、この2週間(通算第51回行動:4月30日;高田馬場・練馬光が丘・板橋高島平 第52回行動5月3日;北千住・南千住
第53回行動5月14日;高田馬場 第54回行動5月15日;池袋東口五差路)

と語れど尽きない思いを「専守防災」「護国護憲」のノボリと「思いやり予算を復興基金に!」の合言葉に託し、アピールしてきました。
共感と激励のお言葉を下さる方が行く先々必ず居られ、誠に心強い限りでした。

-
まずは、震災の犠牲になられた方々への哀悼の意、並びに被災者の方々へのお見舞、そして救護救難・復興活動に従事なさった全ての方々への感謝の意を述べるとともに、特に10万人体制で、そのわずかな生存のサインだけを頼りに命を救おうと活動した自衛隊の若者たち!
僕たち国民は、あなた方の良心を信じます。「人を救おうとしたその手はもう決して人民を殺傷する武器を手にしないだろう。」ことを!

-
そして、憲法9条を究極の抑止力・安全保障として、実際に具体化しなければ、GDPの2倍にも達する1200兆円もの借金をまだ命さえ与えられていない孫の世代からしてしまったこの国には復興資金の出所がないこと。

-
そのためには6カ国協議を東アジア恒久平和条約=不可侵条約にまで高め、「域内完全刀狩り=完全武力放棄(9条の敷衍)」すること。日本にもどこにも基地は要らない。

-
自衛隊を含む域内軍隊を国連防災専門対隊に改編成すること。事実、この5年を振り返っただけでも、スマトラ沖、中国四川、ハイチ、ニュージーランド、そして今回。アメリカの戦争屋の片棒を担いでいる余裕も暇もないこと。

-
「マスコミの喧伝が事実だとすれば、飢饉を抱えたままの北朝鮮からも義援金が寄せられている事実を決して忘れることなく、しっかり恩返しをすべきこと。」を特に若者たちの心にアピールしようと心掛けました。

-
この震災を経て、世界各国から援助の手・義援金を頂戴したこと。この善意は信じていいもの、この真実は「揺るぎないの平和の礎」にできること。今、日本を攻めて来る国があると想像できますか?僕はまったく出来ません!

-
浜岡原発停止は、深読みすることなく、歓迎すべきこと。米国の圧力が事実だとすれば、2年後の早期運転再開は難しいこと。12m防波堤ができたとして米軍がYesと言うかどうか疑わしいこと。この際、米軍にも浜岡原発廃炉の仲間になってもらおう!

-
福島原発の事故原因は非常用電源が動かなかったjことが主因ではなく、地振動により、原子炉そのものが破壊され、或いは配管接続が破断した結果であること。だから、浜岡原発防潮堤建設のマジックに騙されてならないこと。日本中の原発を可及的速やかに廃炉にする国民運動を皆さんと作っていこう!

- 国を変える主役は、僕たちオジサンではなく、君たち若者であり、「安心して子供が作れる国」「ささやかな日常が幸福の源泉である」そんな国をつくる。そのために今、僕達と一緒に思いを声に出そう!
とまとめました。

来週5/22(日)午後2時から やはり池袋東口五差路(三井住友銀行前路上)にて、
鈴木さんのギター・歌をメインにより幅広い思いにアピールしたいと思います。
posted by 風の人 at 02:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年05月15日

福島原発事故下の2011年「平和のためのコンサート」開催

                                 櫻井 智志
 哲学者にして社会運動家でもあった芝田進午さんは、1980年代という今からさかのぼること30年前後に、著作『核時代T思想と展望』『核時代U文化と芸術』(青木書店)で重要な問題を提起されている。「核という火の暴力」によって殺され冒瀆された人々としての被爆者、「核によってつくられた日の暴力」によ
って殺され冒瀆された人々としての被曝者を区別した。さらに「死の灰」を体内に吸収され、遺伝的影響は予測できない、全世界の潜在的被曝者は全人類と及ぶとして、「ヒバクシャ」ローマ字の「HIBAKUSHA」としての人間存在を提起していた。そうして、学問と芸術、思想と社会運動の全面にわたって総合的な具
体的展望を示された。

 それから30年。2011年3月11日に、日本では、被爆者の悲劇から被曝者の発生と「ヒバクシャ」の顕在化と事態は容赦ならない事態が発生した。

 芝田進午さんは、住宅密集地における危険な微生物細菌の実験施設の強行移転阻止の裁判闘争の原告団代表として闘いの先頭であり中心になり闘い続けた。
 道なかばにして、芝田さんは胆管がんによって惜しまれる中をご逝去された。

 しかし、ノーモアヒバクシャとノーモアヒロシマコンサートは、芝田さんの死後も、音楽家・声楽家である夫人の芝田貞子さんを中心に、「平和のためのコンサート」として欠かすことなく毎年開催され続けてきた。
 毎回芝田貞子さんが属するアンサンブル・ローゼは芝田貞子さんを支援し、後援団体の一翼を担い続けるとともに、毎回素敵な声楽を披露し続けてこられた。

 ノーモア・ヒロシマ・コンサート、ストップ・ザ・バイオハザード国立感染研究所の安全性を考える会、バイオハザード予防市民センターは、核と環境破壊、危険な生化学実験と闘い続けた芝田さんの遺志を尊重し応援し続けてこられた。

 毎年続くとマンネリ気味になるのが、継続する催し物であるけれど、このコンサートは全く異なる。日本国内で自国民による原発事故を発生させるとともに、日本国民の多くがヒバクシャとして危機にさらされている中での平和のためのコンサートである。さらに芝田進午さんが道半ばにして斃れたけれど、そのご遺志を継承する
たいせつな集いともなっている。
 今年も六月十一日(土)午後二時開演で、東京都新宿区の牛込箪笥区民ホールにおいて開催される。以下にコンサートの詳細な情報を付加する。

 ◆第一部と第二部に分かれ、一部は講談とコンサート、二部はバラエティ・コンサートである。第一部では、神田甲洋さんに委嘱して自ら創作された講談「ヒロシマ・ナガサキ・アンド・ピース」。そしてメゾ・ソプラノ歌手江川きぬさんの独唱。「一本の鉛筆」、「永遠のみどり」。さらにアンサンブル・ローゼによる重唱「禁
じられた遊び」「花はどこへ行った」。第二部では、バラエティ・コンサートで、重唱あり、重唱あり、中国琵琶の演奏もあれば、全員のシングアウト「青い空は」も予定されている。

当日は午後一時半会場、二時開演。会場の牛込箪笥(たんす)区民ホールは、都営地下鉄大江戸線で牛込神楽坂駅A1出口徒歩0分。東京メトロ東西線なら神楽坂駅2番出口徒歩10分である。全席自由で2200円。主催は、「平和のためのコンサート実行委員会」でチケットなどのお問い合わせは、TEL/FAX
03−3209−9666(芝田様)である。

posted by 風の人 at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年05月14日

声明第三次  『「平和への結集をめざす市民の風』

*文章は同じであるが、「風」で吉田万三氏を支持する総意を表明するために、以下の投稿をおこなうものである。

『「平和への結集」をめざす市民の風』

末次圭介 紅林 進 太田光征 大津留公彦  原田伊三郎   萩尾健太   野村修身  櫻井智志

     明日の足立区長選に吉田万三氏を推薦する


  明日五月十五日に東京都足立区の区長選挙が投票実施される。当団体は、以下に述べる視点から、現職に対して立候補した元足立区長吉田万三氏の立候補の意義を感じる。

 都知事選での石原慎太郎氏の圧勝は、改めて都民への根強い支持とそのことに
対する危うい感覚を感じさせた。しかし、後半統一地方選挙での世田谷区長選の
結果は、元社民党国会議員保坂展人氏が接戦を制して当選した。
 政治的には、石原氏と世田谷区長に新たに当選した保坂展人氏とでは、ほぼ真
逆である。今回、保坂氏は周囲からの区長選立候補を推す動きに対して、立候補
を断り続けてきたようだ。それが終盤に立候補を決意したのは、東日本大震災と
福島原発事故の悲惨さとそれに対する政府の政治的無力に対する強い決心があっ
たと本人がマスコミの質問に答えている。

 保坂氏が、当選後の記者会見で、原子力発電所の全面的見直しを述べた。間髪
を入れず、石原都知事は原発を廃止すれば、日本は立ちゆかないとする打ち消し
に躍起となった公的発言をおこなった。

 石原氏のような原発推進派は、このような関東のための電力供給が、「東北電
力」管轄下の地域でいわば国内植民地主義的な尊大さとごう慢さを背景としてな
され続けて、そのために東北地域が壊滅的な被害を受けたことを、少しも痛みと
して感じていない。

 もっとも石原都知事のように、東京湾埋め立て地に原発を立てるべきだ、など
と表明する背景には、なにがあるのか。原発被害を全くわかっていないか、わか
っていても、自分たち特権層はいざとなればなんとでも被害を免れるとたかをく
くっているのか。

 つい最近、菅総理は、東海沖大地震が起きたならその危険性が日本国内で最も
憂慮されている静岡県御前崎市にある浜岡原発の停止を表明した。政治的対応と
明確な指導者としての方針が見えなかった菅総理としては、世論の声を配慮して
か、珍しくも重要な決断であった。

 それでも、政治家や官僚、大企業の大勢は、原発を続けようという本音が見え
隠れする。
表面に表れたオピニオンリーダーたちのその中心が東京都知事石原慎太郎氏であ
る。石原慎太郎氏を政治的シンボルとするこの国の圧倒的権力をにぎる人たちに
とって、原発事故による民衆の悲しみや苦しみは、想像力の範囲外とされている
。社民党国会議員だった保坂氏の原発政策の抜本的見直しをかかげたことに都民
は敏感に対応して、ついに自民党と民主党が分裂してそれぞれ乱立したなかで、
保坂氏の政治的スタンスに共鳴してとうとう当選まで押し出した。

 このような情勢下で、日本共産党の支持を母体とする吉田万三氏は、自ら足立
区長選に立候補を表明した。しかも、特筆すべきは、吉田氏は、原子力発電所に
よるエネルギーを脱して、脱原発の方針を掲げるに至った。しかもこのことは、
吉田氏を支援する日本共産党自身が、今までの原子力発電所の平和的利用という
従来の原発政策から脱原発のエネルギー政策へと転換しつつあることである。

 現在足立区長選は、現職の有利が伝えられている。そのために、市民運動の中
でも、消極的な姿勢がうかがわれる。けれど、もし足立区長に吉田氏が当選して
、同じ脱原発をかかげる保坂展人世田谷区長とともに、連帯して原発推進派の都
知事石原慎太郎氏の民衆の安全と幸福を保障しえない都政運営の方針に対峙して
いくなら、その影響ははかりしれないものがある。

 行政トップの菅総理でさえ、浜岡原発停止をうちだした現在、首都東京で連携
して原子力政策への異議申し立てが行われるならば、その効果ははかりしれない
。都内で原発反対のデモに一万五千人の若者たちが集合した。ほとんどの体制派
マスコミは無視に近い黙殺で記事にしなかった。もし都内で特別区の区長が連帯
して脱原発をかかげるならば、自然発生的にインターネットの記事を見て集結し
た若者たちはじめ草の根の都民の世論は、都知事選での二百万票を越える圧倒的
な勝利をおさめた後に、反石原都知事の世田谷区長が当選誕生したように、大き
な世論の転回へと連動していくことだろう。

 いまこそ、住民運動や市民運動の団体や心ある個人が、脱原発方針の旗を掲げ
闘おうとする吉田万三氏の足立区長選への挑戦にエールを贈りたい。     
         

ホームページ:http://kaze.fm/



posted by 風の人 at 18:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

声明第二次『「平和への結集」をめざす市民の風」

*文章は同じであるが、「風」で吉田万三氏を支持する総意を表明するために、以下の投稿をおこなうものである。

『「平和への結集」をめざす市民の風』
紅林 進 太田光征 大津留公彦  原田伊三郎   萩尾健太   野村修身  櫻井智志

     明日の足立区長選に吉田万三氏を推薦する


  明日五月十五日に東京都足立区の区長選挙が投票実施される。当団体は、以下に述べる視点から、現職に対して立候補した元足立区長吉田万三氏の立候補の意義を感じる。

 都知事選での石原慎太郎氏の圧勝は、改めて都民への根強い支持とそのことに
対する危うい感覚を感じさせた。しかし、後半統一地方選挙での世田谷区長選の
結果は、元社民党国会議員保坂展人氏が接戦を制して当選した。
 政治的には、石原氏と世田谷区長に新たに当選した保坂展人氏とでは、ほぼ真
逆である。今回、保坂氏は周囲からの区長選立候補を推す動きに対して、立候補
を断り続けてきたようだ。それが終盤に立候補を決意したのは、東日本大震災と
福島原発事故の悲惨さとそれに対する政府の政治的無力に対する強い決心があっ
たと本人がマスコミの質問に答えている。

 保坂氏が、当選後の記者会見で、原子力発電所の全面的見直しを述べた。間髪
を入れず、石原都知事は原発を廃止すれば、日本は立ちゆかないとする打ち消し
に躍起となった公的発言をおこなった。

 石原氏のような原発推進派は、このような関東のための電力供給が、「東北電
力」管轄下の地域でいわば国内植民地主義的な尊大さとごう慢さを背景としてな
され続けて、そのために東北地域が壊滅的な被害を受けたことを、少しも痛みと
して感じていない。

 もっとも石原都知事のように、東京湾埋め立て地に原発を立てるべきだ、など
と表明する背景には、なにがあるのか。原発被害を全くわかっていないか、わか
っていても、自分たち特権層はいざとなればなんとでも被害を免れるとたかをく
くっているのか。

 つい最近、菅総理は、東海沖大地震が起きたならその危険性が日本国内で最も
憂慮されている静岡県御前崎市にある浜岡原発の停止を表明した。政治的対応と
明確な指導者としての方針が見えなかった菅総理としては、世論の声を配慮して
か、珍しくも重要な決断であった。

 それでも、政治家や官僚、大企業の大勢は、原発を続けようという本音が見え
隠れする。
表面に表れたオピニオンリーダーたちのその中心が東京都知事石原慎太郎氏であ
る。石原慎太郎氏を政治的シンボルとするこの国の圧倒的権力をにぎる人たちに
とって、原発事故による民衆の悲しみや苦しみは、想像力の範囲外とされている
。社民党国会議員だった保坂氏の原発政策の抜本的見直しをかかげたことに都民
は敏感に対応して、ついに自民党と民主党が分裂してそれぞれ乱立したなかで、
保坂氏の政治的スタンスに共鳴してとうとう当選まで押し出した。

 このような情勢下で、日本共産党の支持を母体とする吉田万三氏は、自ら足立
区長選に立候補を表明した。しかも、特筆すべきは、吉田氏は、原子力発電所に
よるエネルギーを脱して、脱原発の方針を掲げるに至った。しかもこのことは、
吉田氏を支援する日本共産党自身が、今までの原子力発電所の平和的利用という
従来の原発政策から脱原発のエネルギー政策へと転換しつつあることである。

 現在足立区長選は、現職の有利が伝えられている。そのために、市民運動の中
でも、消極的な姿勢がうかがわれる。けれど、もし足立区長に吉田氏が当選して
、同じ脱原発をかかげる保坂展人世田谷区長とともに、連帯して原発推進派の都
知事石原慎太郎氏の民衆の安全と幸福を保障しえない都政運営の方針に対峙して
いくなら、その影響ははかりしれないものがある。

 行政トップの菅総理でさえ、浜岡原発停止をうちだした現在、首都東京で連携
して原子力政策への異議申し立てが行われるならば、その効果ははかりしれない
。都内で原発反対のデモに一万五千人の若者たちが集合した。ほとんどの体制派
マスコミは無視に近い黙殺で記事にしなかった。もし都内で特別区の区長が連帯
して脱原発をかかげるならば、自然発生的にインターネットの記事を見て集結し
た若者たちはじめ草の根の都民の世論は、都知事選での二百万票を越える圧倒的
な勝利をおさめた後に、反石原都知事の世田谷区長が当選誕生したように、大き
な世論の転回へと連動していくことだろう。

 いまこそ、住民運動や市民運動の団体や心ある個人が、脱原発方針の旗を掲げ
闘おうとする吉田万三氏の足立区長選への挑戦にエールを贈りたい。     
         

ホームページ:http://kaze.fm/



posted by 風の人 at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

足立区長選に吉田万三氏を推薦します

『「平和への結集」をめざす市民の風』

太田光征 大津留公彦  原田伊三郎   萩尾健太   野村修身 櫻井智志


  五月十五日に東京都足立区の区長選挙が投票実施される。当団体は、以下に述
べる視点から、現職に対して立候補した元足立区長吉田万三氏の立候補の意義を
感じる。

 都知事選での石原慎太郎氏の圧勝は、改めて都民への根強い支持とそのことに
対する危うい感覚を感じさせた。しかし、後半統一地方選挙での世田谷区長選の
結果は、元社民党国会議員保坂展人氏が接戦を制して当選した。
 政治的には、石原氏と世田谷区長に新たに当選した保坂展人氏とでは、ほぼ真
逆である。今回、保坂氏は周囲からの区長選立候補を推す動きに対して、立候補
を断り続けてきたようだ。それが終盤に立候補を決意したのは、東日本大震災と
福島原発事故の悲惨さとそれに対する政府の政治的無力に対する強い決心があっ
たと本人がマスコミの質問に答えている。

 保坂氏が、当選後の記者会見で、原子力発電所の全面的見直しを述べた。間髪
を入れず、石原都知事は原発を廃止すれば、日本は立ちゆかないとする打ち消し
に躍起となった公的発言をおこなった。

 石原氏のような原発推進派は、このような関東のための電力供給が、「東北電
力」管轄下の地域でいわば国内植民地主義的な尊大さとごう慢さを背景としてな
され続けて、そのために東北地域が壊滅的な被害を受けたことを、少しも痛みと
して感じていない。

 もっとも石原都知事のように、東京湾埋め立て地に原発を立てるべきだ、など
と表明する背景には、なにがあるのか。原発被害を全くわかっていないか、わか
っていても、自分たち特権層はいざとなればなんとでも被害を免れるとたかをく
くっているのか。
 
 つい最近、菅総理は、東海沖大地震が起きたならその危険性が日本国内で最も
憂慮されている静岡県御前崎市にある浜岡原発の停止を表明した。政治的対応と
明確な指導者としての方針が見えなかった菅総理としては、世論の声を配慮して
か、珍しくも重要な決断であった。
 
 それでも、政治家や官僚、大企業の大勢は、原発を続けようという本音が見え
隠れする。
表面に表れたオピニオンリーダーたちのその中心が東京都知事石原慎太郎氏であ
る。石原慎太郎氏を政治的シンボルとするこの国の圧倒的権力をにぎる人たちに
とって、原発事故による民衆の悲しみや苦しみは、想像力の範囲外とされている
。社民党国会議員だった保坂氏の原発政策の抜本的見直しをかかげたことに都民
は敏感に対応して、ついに自民党と民主党が分裂してそれぞれ乱立したなかで、
保坂氏の政治的スタンスに共鳴してとうとう当選まで押し出した。

 このような情勢下で、日本共産党の支持を母体とする吉田万三氏は、自ら足立
区長選に立候補を表明した。しかも、特筆すべきは、吉田氏は、原子力発電所に
よるエネルギーを脱して、脱原発の方針を掲げるに至った。しかもこのことは、
吉田氏を支援する日本共産党自身が、今までの原子力発電所の平和的利用という
従来の原発政策から脱原発のエネルギー政策へと転換しつつあることである。

 現在足立区長選は、現職の有利が伝えられている。そのために、市民運動の中
でも、消極的な姿勢がうかがわれる。けれど、もし足立区長に吉田氏が当選して
、同じ脱原発をかかげる保坂展人世田谷区長とともに、連帯して原発推進派の都
知事石原慎太郎氏の民衆の安全と幸福を保障しえない都政運営の方針に対峙して
いくなら、その影響ははかりしれないものがある。

 行政トップの菅総理でさえ、浜岡原発停止をうちだした現在、首都東京で連携
して原子力政策への異議申し立てが行われるならば、その効果ははかりしれない
。都内で原発反対のデモに一万五千人の若者たちが集合した。ほとんどの体制派
マスコミは無視に近い黙殺で記事にしなかった。もし都内で特別区の区長が連帯
して脱原発をかかげるならば、自然発生的にインターネットの記事を見て集結し
た若者たちはじめ草の根の都民の世論は、都知事選での二百万票を越える圧倒的
な勝利をおさめた後に、反石原都知事の世田谷区長が当選誕生したように、大き
な世論の転回へと連動していくことだろう。

 いまこそ、住民運動や市民運動の団体や心ある個人が、脱原発方針の旗を掲げ
闘おうとする吉田万三氏の足立区長選への挑戦にエールを贈りたい。     
         

ホームページ:http://kaze.fm/


posted by 風の人 at 15:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

■原発周辺の海藻に高濃度の放射性物質

中田です。
 メールをいつもありがとうございます。 重複おゆるしください。



(以下)拡散転送歓迎
*******************************************


■alterna_japan オルタナ編集部
原発周辺の海藻に高濃度の放射性物質 http://bit.ly/lfWnjw


http://www.alterna.co.jp/5644

Home ≫ 2011年東北地方太平洋沖地震関連 ≫ 原発周辺の海藻に高濃度
の放射性物質
2011年東北地方太平洋沖地震関連、NEWS
原発周辺の海藻に高濃度の放射性物質

▼グリーンピース公式ブログから引用


国際環境NGOのグリーンピースは12日、事故を起こした東京電力福島第一原発付近の沿岸や海洋で実施した放射能汚染の実態調査で、複数の海藻類から高い濃度の放射性物質を検出したと発表した。海藻を魚類や貝類などが摂取することで、放射性物質が生物濃縮する可能性があり、漁業への重大な影響は必至だ。同NGOでは日本政府に対して海藻類の緊急調査と結果の公表、安全性が確認されるまでの海藻類の収穫の禁止、そしてそれにともなう漁業関係者への早急な損害補償を行うよう求めている。

今回調査を実施した場所は、福島第一原発を中心とした太平洋岸と沿岸海域。沿岸では福島県内の釣師浜、四倉などの各漁港で地元漁師らの協力により海藻の提供を受けたほか、沖合ではグリーンピースの海洋調査船「虹の戦士号」(オランダ船籍、555トン)が日本の領海外で海藻類の採取を行った。

その結果、沖合で採取したホンダワラ科の海藻であるアカモクから、1キログラム当たり13000ベクレル以上という、測定上限値を上回る放射性物質を検出。また沿岸でもアカモクから同23000ベクレル以上、ホソメコンブから同19000ベクレル以上の放射性物質が検出された。

同NGOで海洋生態系問題を担当する花岡和佳男氏は「政府や自治体は海藻類の調査を行おうとしない。また、水産庁が実施する魚の放射能汚染調査は、頭と内臓を切り落とした身の部分しか行わず、これでは放射性物質の生物濃縮の実態がわからない」と指摘。その上で「汚染の実態が解明されないと漁業は再開の目途すら立たない。事故発生から既に2カ月以上も収入がない中、漁師らは政府に対して海藻類の調査の実施と、早急な損害補償を求めている」と話した。

今回発表した数値は暫定結果で、グリーンピースでは現在核種分析などを行っているという。詳細な調査結果については来週にも発表予定だ。(オルタナ編集部=斉藤円華)2011年5月12日

グリーンピース プレスリリース

*****************************
posted by 風の人 at 14:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年05月12日

■震災取材のKBS撮影監督ら、被ばく許容限度超える 2011年 05月 11日(水)

中田です。
 メールをいつもありがとうございます。 重複おゆるしください。

■東日本大震災の取材に当たったKBS映像制作局の撮影監督らが、基準値を超える放射線量を被ばくしていたことが11日までに分かった。



(以下)拡散転送歓迎

**************************************

YonhapNews

http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2011/05/11/0200000000AJP20110511003100882.HTML

【ソウル11日聯合ニュース】3月に発生した 東日本大震災の取材に当たったKBS映像制作局の撮影監督らが、基準値を超える放射線量を被ばくしていたことが11日までに分かった。

 KBS新労働組合の全国言論労組KBS本部によると、3月15〜17日に東京付近を取材した撮影監督を検査した結果、放射線被ばく量が103ミリシーベルトと推定された。染色体の分析結果では、1000個の細胞のうち、5個の細胞に異常が見つかった。

 これに先だち、3日には別の撮影監督が放射線被ばく(148ミリシーベルト)によって1000個の細胞のうち、7個の細胞が損傷を受けたと診断されている。同監督は3月12〜15日に福島付近で取材した。

 放射線防護基準などを決める国際組織・国際放射線防護委員会(ICRP)は原発事故の緊急時に被ばく線量限度を年間20〜100ミリシーベルト、事故の収拾段階にある時は年間1〜20ミリシーベルトと提示している。

 東京付近を取材した撮影監督は、「見えないことが一層恐い。日本に滞在する時に地震はむしろ恐くなかった。被ばくが恐かったが、現実となった」と話した。

 一方、KBS広報室は、「こうした事態が起きたのは非常に遺憾で、必要な措置を講じる。しかし、検査結果値をどのように受け止めるかに対してはまだ慎重な立場だ。精密検査が必要だと把握している」とコメントした。

csi@yna.co.kr
posted by 風の人 at 14:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年05月11日

浜岡原発停止に保坂展人・世田谷区長かく語りき

東京新聞5月10日朝刊で、脱原発を訴える保坂展人さんに、首都圏の区長として浜岡原発の運転停止にどう受け止めているかをインタピューした。

保坂氏は、原発総点検の一歩、ととらえて以下のような趣旨の発言をおこなった。

ぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ

 運転停止は、とても勇気のある判断だ。重大事故が起きれば、区民だけでなく、首都圏にもおきな影響のある浜岡原発の運転を即時停止して、総点検すべきだと訴えてきた。

 もちろん浜岡原発だけではない。老朽化した全ての原発を総点検すべきだ。これが最初の一歩と受け止めたい。

 原発の運転停止による電力需給の逼迫は、困難さはいささかあったとしても、解決は可能な問題だ。万が一、重大事故が起きれば、それこそ解決できない問題が発生する。

 実は、東海地震によって浜岡原発で事故が起きた場合に、区としてどう対応するかの指針もマニュアルもない。起きてからでは、遅い。
 多少の不便を乗り越えて節電することで、原発事故の危険が遠のくなら、多くの人達が協力を惜しまないはずだ。
 そのために、こうすればこれだけ節電できる、という具体的な情報の提供に力を入れていきたい。

ぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ


 もし、世田谷区と足立区が提携して、指針やマニュアルを作成して、他の自治体にも呼びかけて、関東地方にわたる原発事故時の対応と、福島原発への支援と東京都における電力節減と産業におけるプログラムの作成による「東京都の東北地域への依存からの自立とお礼としての応援」の宣言を政策としてつくりあげていくなら
、それは新しい日本を平和・安全・自立・民主・公開の諸原則にのっとったマニフェストへと発展していくことも可能となろう。
                             (櫻井 智志)

posted by 風の人 at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年05月10日

ドイツも原発停止で停電することはない

ドイツも原発停止で停電することはないのだそう。日本と同じです。

太田光征
http://otasa.net/

(スイスの)連邦議会は近い将来、3カ所の原発建設計画を議決しなければならない。 - swissinfo
http://www.swissinfo.ch/jpn/detail/content.html?cid=29824056

「ドイツは、原発5基の稼動を停止したが、電力が足りずに困る人は誰一人いなかった。現在、ヨーロッパは過剰に発電しているということを知るべきだ。電力はエネルギーを供給するだけでなく、金儲けの手段になっている」
posted by 風の人 at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年05月09日

【5/15】「けしからん!議員定数削減」の討論集会

地震・津波による生活インフラの破壊に続き民主主義インフラの破壊はひどすぎると考えています。原発被災者の中にも議員定数削減を主張される方がいる。これは深刻なことです。

太田光征
http://otasa.net/


  「けしからん!議員定数削減」の討論集会
1 日時:5月15日(日)午後2時より
2 場所:明治大学リバティタワー14階・1144教室
http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
3 講師:坂本修弁護士 自由法曹団元団長
4 司会:矢崎栄司
5 発言:協賛団体および会場から一言
6 参加費:1000円(最新ブックレット贈呈を含めて)
7 主催:小選挙区制廃止をめざす連絡会
8 協賛:政治の変革をめざす市民連帯
     平和への結集をめざす市民の風
     平和に生きる権利の確立をめざす懇談会
     日本民主法律家協会
     週刊金曜日
posted by 風の人 at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年05月08日

火と水のくに九州の原発を止める動きを、民主党の国会議員さんも宜しくお願い致します。#genpatsu

原口一博議員、松野頼久議員、川内博史議員、本田浩一候補、
CC:森ゆう子議員、皆様


こんばんは。
熊本県阿蘇郡高森町に住む、豊田義信ともうします。
まず、今回の震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。
このくにの方々、大きな大事なことをお知らせ頂き、ありがとうございます。

私は家族と、鎌倉市から原発震災による被爆を避けるべく、
3号機が爆発した3月14日の夜に、鎌倉から車で西日本へ出発しました。

この地、熊本県阿蘇郡高森へは3月16日につきました。
知り合いがおりまして、住む場所などご縁がありまして、
高森町に越してきました。

連休前は、森ゆう子議員より、5月1日に参議院予算委員会で
質問するとお知らせ頂き、森ゆう子議員にメイルをさせて頂きました。
森ゆう子議員は脱原発の方向性を打ち出すことを、
首相と大臣に迫っていた印象を受けました。
メイル末尾の森議員からのお返事を転送させて頂きます。

森議員、お返事と議員さんのご紹介をありがとうございました。
九州の皆様、森議員と志を共にする衆議院の議員方々とも、
手をとりあって宜しくお願い致します。
原口一博 議員(佐賀1区)
松野頼久 議員(熊本1区)
川内博史 議員(鹿児島1区)


私は、日本の今月、来月、半年、一年の安全のために、
西風吹くこのくにの西側にある玄海、川内、伊方、浜岡を含む全ての原発は、
停止をする必要があると考えております。
これからいろいろな被害が最小限に留まりますよう、
よろしくお願い致します。

また、炉心を確実に冷やし続ける対応ができる内閣、
政権が必要かと思います。

国会議員の皆様も、日本の国土が作られたプレートの動き、
この星のプレートの動き、プレートテクニクス、
江戸時代の飢饉の引き金となった噴火と地震のことなどが
解説された動画、その上での原発のことについての、
議員活動をよろしくお願い致します。
下記、ぜひ、ご覧下さい。

2011.4.29 終焉に向かう原子力 広瀬隆氏講演http://vimeo.com/23136531
同サイトにあります 小出裕章氏講演 もおすすめです。

以前から脱原発の方向性を探って来た政党や政策集団が
ありますが、政権与党の民主党の中からも、
ぜひとも全ての原発をお休みさせる方向性を打ち出して
いく流れをつくって頂ければと思います。

森議員から、熊本では松野頼久議員が
同じ志を持つ議員さんとお聞きしました。

鳩山政権時代の松野議員の発言が、
下記の通り、沖縄二紙で報道されておりましたが、
松野議員の熊本事務所の方に、電話にて意見をお伝えしました。

【普天間秘密公電】米におもねる日本外交 沖縄タイムス  5/7】
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-05-07_17480/
【外交公電暴露/政府に交渉の資格なし 体制一新し仕切り直しを 琉球新報5/5】
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-176775-storytopic-11.html

松野議員事務所の方から、熊本県3区の衆院選候補者の本田浩一さんにも
お伝え頂けるとのことでしたので、
今後とも党派を超えて、九州から原発さんを止めていく
ウェーブを起こすべく、
手をとりあって、宜しくお願い致します。

皆さんも、
それぞれの選挙区の衆参議員さん、
比例区の議員さんへの働きかけも宜しくお願い致します。
私も他の方々へのご縁を結びに動かせて頂きます。
九州各地のお知り合いの議員さんがおられましたら、
ご紹介下さい。

今日18時のNHKラジオで名古屋の中部電力さんへの
母の日デモに1500人が集りました、
と報道していました。

今日お昼の福岡県、天神の九州電力本店前での
玄海原発、限界ばい、サウンドデモ、も、
ありがとうございました。


感謝して、


豊田 義信 yoshinobu000-lj(a)infoseek.jp
twitter.com/fusapiero
平和つむぎブログ http://heiwa0.seesaa.net/
トランジションタウン南阿蘇 http://go-surfing.net/minamiaso/
かまわ南阿蘇支部 http://kamawa.net/
●げんぱつさんお休みください●
脱原発系イベントカレンダー http://datugeninfo.web.fc2.com/



mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm

日付: Mon, 02 May 2011
差出人: "参議院議員 森 ゆうこ"
件名: 昨日の予算委員会について
宛先: "豊田 義信 "

豊田 義信 さま

いつも私の政治活動にご指導ご支援を頂き、本当に感謝申し上げます。
また、昨日の質問にたくさんのご提言と応援をありがとうございました。

昨年6月に全電源喪失、冷却水2m低下が30分継続しあわやメルトダウン
という事故を起こしていたことを東電清水社長の答弁で確認しました。
佐藤栄佐久前福島県知事から頂戴した1枚の要請書を基に質問したものです。
昨年全電源喪失を経験しながら対策を講じなかった東電。
そして事実を知りながら指導しなかった保安院。
今回の原発事故は明らかに「人災」です。
放射線管理区域は立ち入り禁止ですが、その4倍が福島の学校安全基準値
になっていることを示して、20ミリシーベルトの即時撤回と子どもたちの
安全確保を求めましたが、総理も閣僚もそして安全委員会も曖昧な答弁を
繰り返すばかり。
予算委員会は与野党を超えて非難の嵐。
国民の生活と命が第一の民主党はどこに…
今まで、子どもたちを一時避難させ、新学期が始まる前に除染作業を行い、
数値が下がっていれば授業再開すべきと再三再四要請してきました。

これからも豊田 義信 さまのご指導やご提言を頂きながら、更に活動を
加速させる所存です。
今後とも、ご意見やご提言をお寄せ頂きますよう、宜しくお願い致します。

*********************************************************
  参議院議員 森ゆうこ
  〒100-8962
  東京都千代田区永田町2−1−1 参議院会館805号
  代表 03-3581-3111  FAX 03-6551-0805
  URL : http://www.mori-yuko.com/
  ブログ :http://my-dream.air-nifty.com/moriyuuko/
  Mail : yuuko_mori01@sangiin.go.jp
*********************************************************
posted by 風の人 at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

足立区長選に吉田万三氏を推す

 五月十五日に東京都足立区の区長選挙が投票実施される。私は、以下に述べる視点から、現職に対して立候補した元足立区長吉田万三氏の立候補の意義を感じる。
 都知事選での石原慎太郎氏の圧勝は、改めて都民への根強い支持とそのことに対する危うい感覚を感じさせた。しかし、後半統一地方選挙での世田谷区長選の結果は、元社民党国会議員保坂展人氏が接戦を制して当選した。

 政治的には、石原氏と世田谷区長に新たに当選した保坂展人氏とでは、ほぼ真逆である。今回、保坂氏は周囲からの区長選立候補を推す動きに対して、立候補を断り続けてきたようだ。それが終盤に立候補を決意したのは、東日本大震災と福島原発事故の悲惨さとそれに対する政府の政治的無力に対する強い決心があったと本人
がマスコミの質問に答えている。

 保坂氏が、当選後の記者会見で、原子力発電所の全面的見直しを述べた。間髪を入れず、石原都知事は原発を廃止すれば、日本は立ちゆかないとする打ち消しに躍起となった公的発言をおこなった。
 石原氏のような原発推進派は、このような関東のための電力供給が、「東北電力」管轄下の地域でいわば国内植民地主義的な尊大さとごう慢さを背景としてなされ続けて、そのために東北地域が壊滅的な被害を受けたことを、少しも痛みとして感じていない。
 もっとも石原都知事のように、東京湾埋め立て地に原発を立てるべきだ、などと表明する背景には、なにがあるのか。原発被害を全くわかっていないか、わかっていても、自分たち特権層はいざとなればなんとでも被害を免れるとたかをくくっているのか。
 
 つい最近、菅総理は、東海沖大地震が起きたならその危険性が日本国内で最も憂慮されている静岡県御前崎市にある浜岡原発の停止を表明した。政治的対応と明確な指導者としての方針が見えなかった菅総理としては、世論の声を配慮してか、珍しくも重要な決断゛あった。  

 それでも、政治家や官僚、大企業の大勢は、原発を続けようという本音が見え隠れする。
表面に表れたオピニオンリーダーたちのその中心が東京都知事石原慎太郎氏である。石原慎太郎氏を政治的シンボルとするこの国の圧倒的権力をにぎる人たちにとって、原発事故による民衆の悲しみや苦しみは、少しも理解するような想像力の範囲外とされている。社民党国会議員だった保坂氏の原発政策の抜本的見直しをかかげた
ことに都民は敏感に対応して、ついに自民党と民主党が分裂してそれぞれ乱立したなかで、保坂氏の政治的スタンスに共鳴してとうとう当選まで押し出した。

 このような情勢下で、日本共産党の支持を母体とする吉田万三氏は、自ら足立区長選に立候補を表明した。しかも、特筆すべきは、吉田氏は、原子力発電所によるエネルギーを脱して、脱原発の方針を掲げるに至った。しかもこのことは、吉田氏を支援する日本共産党自身が、今までの原子力発電所の平和的利用という従来の原
発政策から脱原発のエネルギー政策へと転換しつつあることである。

 現在足立区長選は、現職の有利が伝えられている。そのために、市民運動の中でも、消極的な姿勢がうかがわれる。けれど、もし足立区長に吉田氏が当選して、同じ脱原発をかかげる保坂展人世田谷区長とともに、連帯して原発推進派の都知事石原慎太郎氏の民衆の安全と幸福を保障しえない都政運営の方針に対峙していくなら、
その影響ははかりしれないものがある。


 行政トップの菅総理でさえ、浜岡原発停止をうちだした現在、首都東京で連携して原子力政策への異議申し立てが行われるならば、その効果ははかりしれない。都内で原発反対のデモに一万五千人の若者たちが集合した。ほとんどの体制派マスコミは無視に近い黙殺で記事にしなかった。もし都内で特別区の区長が連帯して脱原
発をかかげるならば、自然発生的にインターネットの記事を見て集結した若者たちはじめ草の根の都民の世論は、都知事選での二百万票を越える圧倒的な勝利をおさめた後に、反石原都知事の世田谷区長が当選誕生したように、大きな世論の転回へと連動していくことだろう。

 いまこそ、住民運動や市民運動の団体や心ある個人が、脱原発方針の旗を掲げ闘おうとする吉田万三氏の足立区長選への挑戦にエールを贈りたい。
                                  (櫻井 智志)
posted by 風の人 at 12:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

内部被曝についての考察(矢ヶ崎克馬、琉球大学名誉教授)

内部被曝についてのまとまった文章としは矢ヶ崎克馬先生の「内部被曝についての考察」が優れていると思います。

内部被曝についての考察(矢ヶ崎克馬、琉球大学名誉教授)
http://www.cadu-jp.org/data/yagasaki-file01.pdf

-----------------

太田光征
http://otasa.net/
posted by 風の人 at 02:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

発電単価は原発が13.9円で一番高い

原子力発電所設置許可申請書によれば、発電単価(1kWh当たり)は原発が13.9円で一番高い。水力は13.6円。

田中優さん講演会
http://www.ustream.tv/recorded/14146884

以下も参照してください。

原発はLNG火力より発電コストが高い(原子力資料情報室による計算)
http://unitingforpeace.seesaa.net/article/197605981.html

「原発は安い」は本当か(立命館大学大島堅一教授による計算)
http://unitingforpeace.seesaa.net/article/197597159.html

------------

太田光征
http://otasa.net/
posted by 風の人 at 01:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年05月07日

福島原発事故「20ミリシーベルト」撤回委署名第2弾

署名ページはこちらです。

https://spreadsheets.google.com/viewform?hl=en&formkey=dHpZWTdLNy0yTGxfV2EtRUFqWHVwdnc6MQ#gid=0

太田光征
http://otasa.net/

=======拡散希望!=======

20ミリシーベルト撤回に向けては、1,074団体および53,193人の連名を頂き、ありがとうございました。みなさまの声を後ろ盾にした政府交渉では、政府のさまざまな矛盾が浮き彫りになってきています。

グリーン・アクション、グリーンピース・ジャパン、原子力資料情報室、フクロウの会、美浜の会、国際環境NGO 、FoE Japanでは、撤回に向け、
さらに要請行動を続けていきます。

下記のように、署名活動、第2弾を開始いたしました。

今回は、子どもたちの被ばく最小化にむけた要請も入れ、県内の取り組みも応援したいと思っています。

20ミリ、撤回させましょう!

引き続き、皆様のご協力がいただければ幸いです。

<拡散希望! 第1弾でご署名いただいた方も、ぜひ改めてご署名ください>
--------------------------------------------------------
福島原発事故「20ミリシーベルト」撤回委署名第2弾
子ども「20ミリシーベルト」基準の即時撤回および被ばく量の最小化の
ための措置を求める緊急要請
--------------------------------------------------------
署名はこちらのサイトから
 http://blog.canpan.info/foejapan/archive/19

要請のPDFバージョンはこちら 
http://dl.dropbox.com/u/23151586/petition_20mSv_part2.pdf
-------------------------------------------------------

私たちは、福島の子ども達を放射能から守るために、日本政府に対し以下を要請します。

1.4月19日に文科省が示した学校等の校舎・校庭等の「20ミリシーベルト基準」の即時撤回および現行の1ミリシーベルト基準の維持(注1)

2.子どもの被ばく量を最小化するためのあらゆる措置を政府の責任で実施すること。また、自治体や市民団体、個々の市民自らが被ばく量を低減させるために実施する、除染・自主避難・疎開などの自主的な取り組みが円滑に進むよう、最大限の支援を行うこと

3.内部被ばくを考慮に入れること

4.屋外で3.8マイクロシーベルト/時以下になったとしても、モニタリングを継
続すること(注2)
---------------------------------------------------------
【背景】
4月19日、文部科学省は、学校等の校舎・校庭等の利用判断における放射線量の目安として、年20ミリシーベルトという基準を、福島県教育委員会や関係機関に通知しました。この年20ミリシーベルトは、屋外で3.8マイクロシーベルト/時に相当すると政府は示しています。これは以下の点で、極めて憂慮すべき基準です。

・3.8マイクロシーベルト/時は、労働基準法で18歳未満の作業を禁止している「放射線管理区域」(0.6マイクロシーベルト/時以上)の約6倍に相当する線量である

・20ミリシーベルト/年はドイツの原発労働者に適用される最大線量に相当する

・原発労働などによって白血病を発症した場合の労災認定基準は、5ミリシーベルト×従事年数である (注3)。実際に白血病の労災認定を
受けているケースで、20ミリシーベルト/年を下回るケースもある。

・本基準は、子どもの感受性の強さや内部被ばくを考慮に入れていない

・本基準により、子どもの被ばく量を低減するための取り組みをやめてしまった学校も多い

・3.8マイクロシーベルトを下回った小中学校・幼稚園・保育園・公園におけるモ
ニタリングが行われなくなった


【高まる撤回を求める声】
20ミリシーベルト撤回を求める要請第1弾では、61か国から1,074団体および53,193人の電子署名が集まり、5月2日に日本政府に提出されました。日本国内外の怒りの声が結集した結果を生みました。また、海外の専門家からも多くの憂慮の声があげられています。


【政府交渉で明らかになったこと】
20ミリシーベルト撤回に向けて、5月2日に行われた政府交渉では、政府側からは下記の発言が飛び出しました。すでに「20ミリ」の根拠は完全に崩れています。

・原子力安全委員会は、「20ミリシーベルト」は基準として認めていないと発言。また、安全委員会の委員全員および決定過程にかかわった専門家の中で、この20ミリシーベルトを安全とした専門家はいなかったと述べた。

・原子力安全委員会が4月19日に示した「助言」(20ミリシーベルトは「差し支えない」)は、助言要請から2時間で決定されたが、決定過程においては、正式な委員会も開催されず、議事録も作成されなかった。

・原子力安全委員会は子どもの感受性の高さに鑑み、大人と区別する必要があると発言したが、それに対し、文科省は区別する必要はないと発言した (注4)。

・厚生労働省は、放射線管理区域(0.6マイクロシーベルト/時以上)で子どもを遊ばせてはならないと発言したものの、放射線管理区域と同じレベルの環境で子どもを遊ばせることの是非については回答しなかった。

・原子力安全委員会は内部被ばくを重視するべきだと回答しているが、文科省はシミュレーションで内部被ばくは無視できると結論した(注5)。しかしこのシミュレーションの根拠は、示されていない。

以上のことから、私たちは、改めて、20ミリシーベルトの撤回とともに、子どもの被ばく量を最小化するためのあらゆる措置を行うことを要請します。
                              以上


呼びかけ団体:グリーン・アクション、グリーンピース・ジャパン、原子力資料情
報室、福島老朽原発を考える会(フクロウの会)、美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)、国際環境NGO FoE Japan

(注1)現状、超えている場所については、あらゆる手段を使って、低減に努めるべきである。

(注2)福島市防災情報サービス「屋外活動制限対象小学校等の環境放射線測定結果」および平成23年5月1日付「福島県環境放射線再モニタリング調査結果について」によれば、2度連続して基準を下回った学校等では計測が中止されている。これは、「3.8マイクロシーベルトを下回ればよいということではなく、モニタリングにより、状況を把握していく」とした5月2日文部科学省・原子力安全委員会の答弁と完全に矛盾する。

(注3)労働省労働基準局(基発810号)「電離放射線に係る疾病の業務上外の認定基準について」。被ばく量の「相当量」について、解説の第2の5番で、白血病の場合は0.5レム(=5ミリシーベルト)×従事した年数としている。

(注4)文科省は、この理由としてICRPも区別していないとしたが、実際は、ICRPのPub.36「科学の授業における電離放射線に対する防護」(1983年)では、18才以下の生徒が実験などで被曝する可能性がある場合を想定して、一般人の被ばく限度の10分の1にすることを勧告している。

(注5)両者とも食物による被ばくは考慮していない。


※本要請への署名は20ミリシーベルト基準が撤回されるまで当面継続し、文部科学省、厚生労働省、原子力安全委員会、原子力災害対策本部、その他対政府交渉などの機会に提出させていただきます。

※署名に参加されるとともに、地元選出の国会議員に対して、本要請に対して連名し、国民とともに「20ミリシーベルト」「子どもの被ばく最小化」を求めていくよう、働きかけをお願いします。

問い合わせ先:国際環境NGO FoE Japan
E-mail: finance@foejapan.org
posted by 風の人 at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

5/20, 21 原始力で南阿蘇 根子岳の麓で”うまか〜米作り”

皆様



おはようございます。
今日は、渋谷での超巨大デモよろしくお願いします。

明日は、福岡のサウンドデモ、河童も参加するかもです。


とことんコースは、残り10口程度でしょうか。
60kgくらいの自然栽培米をゲット!?


ねこの耳のような山頂、涅槃仏の横顔のような山頂のねこ岳をみに、どうぞいらしてください。

トランジションタウン南阿蘇の山口次郎さんより、以下、お知らせです。

感謝して、

豊田 義信 yoshinobu000-lj(a)infoseek.jp
twitter.com/fusapiero
平和つむぎブログ http://heiwa0.seesaa.net/
トランジションタウン南阿蘇 http://go-surfing.net/minamiaso/
かまわ阿蘇支部 http://kamawa.net/
●にぽんのどくりつ。平和条約でいこ●
●げんぱつさんお休みください●
脱原発系イベントカレンダー http://datugeninfo.web.fc2.com/

mmmmmmmmm根子岳の麓で”うまか〜米作り”mmmmmmmmmm

作業する手を、ふと止めて田んぼから見上げると、根子岳がどーーんと見える。そんな素敵なたんぼで春から秋まで、阿蘇の自然や地域の方々と触れ合ってみませんか?

”根子岳うまか〜米作り”への参加方法は2種類。

●お気楽コ〜ス
参加費 大人200円/回(フォークスクール施設使用料として)
田植えや田んぼの観察会、収穫など、好きなときに参加して頂けます。
イベント時は実費での参加をお願い致します。

●とことんコ〜ス
田植え、草刈り、畔の管理、収穫、保存までを、一緒に責任をもって、関わって頂きます。
一口5,000円、秋にはマイお米をゲット出来ます。

★スケジュール
5月の田植え、5月20日、21日
6、7、8、9月は、草取り、畔の管理など、詳しい日程は、HP上またはメールでお知らせ致します。
10月の稲刈り、掛け干し、脱穀

■田植え作業
・日にち:5月20日(金)21日(土)の2日間、
10時30分集合、作業は午前11時〜午後4時まで
・集合場所:阿蘇フォークスクール駐車場
・持ってくるもの:お弁当、汚れてもよい服、着替え(作業後に温泉に行きます)

・参加費
お気楽コ〜ス 大人200円/回(施設使用料として)
とことんコ〜ス
募集は、14口 5000円/口となります。
(今年は面積が限られているので、一人一口でお願いします。)
1口は大体1俵(60キロ)の予定ですが、生育状況により少なくなることがあります。
参考までに、日本人の年間お米消費の平均が大体60キロ位です。
(お米づくりは減農薬での栽培となります。ご了承ください。)

--
jiro yamaguchi
surfvideo@gmail.com
ミクシープロフィール
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=4245026
トランジション南阿蘇
http://go-surfing.net/minamiaso/
NPO法人パーマカルチャーネットワーク九州
http://pcnq.net/
posted by 風の人 at 08:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

5月10日に被災地支援イベント!

5/10被災地支援トークライブ@沖縄や、被災者避難活動に当たっている「つなぐ光」などのことをお知らせします。

太田光征
http://otasa.net/



http://tsunaguhikari.jp
http://mothership2012.ti-da.net/


YouTube - 福島の原発事故と避難のこと / ナターシャ・グジー (Nataliya Gudziy)
http://www.youtube.com/watch?v=YYbqSr97Op4


5/10「心援隊」「つなぐ光」 「TOUHOKU ROKU 6プロジェクト」トークライブ@沖縄
http://ameblo.jp/kajipito/entry-10879307624.html

こんばんは、くらげです。

沖縄でも、
日本再生イベントが開催されます!!

主催は、沖縄♪ハピル隊事務局の、ほこぴーさん。

「心援隊」、「つなぐ光」、
そして、「TOUHOKU ROKU 6プロジェクト」という、
3つの支援団体から、
震災復興支援のお話が聞けます。


■□■□■□■□■□
★☆★☆★☆★☆★☆

『今こそ、日本再生』
〜希望の未来を切り開こう〜

笑顔あふれる、助け合いの社会へ
原発から、自然エネルギーへ
今こそ、日本は変わるとき
希望の未来を創るために
1億2千万人、心を合わせて動きだそう

南ぬ風人まーちゃんうーぽー & 「つなぐ光」 中川角司
&「TOUHOKU ROKU 6プロジェクト」島田昌幸 トークライブ

◆5月10日(火) 18時半:開場  19時:開演

◆沖縄県西原町東崎・ムーンテラスAGARIZAKI 東崎音楽堂
(西原マリンパーク・きらきらビーチのすぐヨコ)

無料(ドネーションをお願いします。)

当日のご寄付は被災地支援のために全額各支援団体に送らせて頂きます

震災後の現地の様子、沖縄での被災者支援の現状などお話して頂きます。
これから何をしたらいいのか一緒に考え、動いていきましょう。


◆お問い合わせ
沖縄ハピル隊 事務局 鋒山 謙一(ほこぴー) 070−5494−2924
okinawahapirutai@gmail.com


★南ぬ風人まーちゃんうーぽー(NGO「心援隊」代表、三線アーティスト)
沖縄三線の癒しの音と共に唄い、西表島からのメッセージ、生きる勇気と希望を伝えます。現在、福島県への『赤ちゃん☆引っ越しプロジェクト』や『福島☆復興プロジェクト』など支援活動を展開中。

★中川角司(東日本大震災被災者支援プロジェクト「つなぐ光」事務局長)
東北関東大震災被災者支援プロジェクト「つなぐ光」は被災された「妊婦の方、子ども連れの家族」を沖縄で受け入れるための情報センターとして立ち上げました。

★島田昌幸(東北復興プロジェクト「TOUHOKU ROKU 6プロジェクト」発起人)
壊滅的な打撃を受けた農林漁業を復興する「6次化産業ファーム事業」により雇用の場を創出し、東北6県の被災者が生きる希望をもてる地域再生に取り組む活動を、宮城を拠点にして推進中。

トークライブ終了後、別会場にて懇親会もありますので、ご都合がよろしければご参加下さい。
posted by 風の人 at 02:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

6.11脱原発100万人アクション!

6.11脱原発100万人アクションへの賛同お願いします。

太田光征
http://otasa.net/

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
《転送・転載歓迎》

 6.11脱原発100万人アクションのサイトができました。
 広く賛同者・賛同団体を募っています。賛同される個人・団体の方は、それぞれの賛同フォームからの記入をお願いします。すでに賛同されている場合はご容赦ください。
 6月11日に全国・全世界で一斉にアクションを起こしたいと思いますので、お知り合いの団体・個人の方へ賛同の呼びかけをお願いします。どんどん広げましょう。
 各地でのアクションが決まりしだい、サイトにUPします。アクションが決まりましたらアクションの登録もよろしくお願いします。

◎6.11 脱原発100万人アクション
http://nonukes.jp/wordpress/
posted by 風の人 at 02:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

新聞も認めた「浜岡原発止めても停電しない」

浜岡原発:中部経済、夏に懸念 関西電力に支援要請
http://mainichi.jp/select/today/news/20110507k0000m020109000c.html

「中部電が策定した11年度の供給計画によると、同社の供給力は約3000万キロワットで、ピーク時の最大電力量を約2560万キロワットと想定している。供給力から最大電力量を引いた予備電力は439万キロワットだ。」

浜岡止めても電気OK
http://nukewaste.net/denryoku.html

浜岡原発を止めても停電しません | STOP!浜岡原発ブログ
http://stophamaokanuclearpp.com/blog/?p=489

「2009年8月11日から9月14日:地震後の検査
一年で最も電気を消費する夏の時期でさえ、浜岡原発が止まっても電力が足りていた。」

-----------

太田光征
http://otasa.net/
posted by 風の人 at 01:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年05月06日

小出先生 2011/5/5のお話(核暴走続き、外部被爆、事故調査委員会)

永岡さんによる「たね蒔きジャーナル」の報告を転載します。第一原発の労働者はシャワーのない環境で働かされていた。

太田光征
http://otasa.net/

---

 永岡です、毎日放送ラジオ「たね蒔きジャーナル」、今日はアナウンサーの千葉猛さんと、毎日新聞論説委員の池田昭さんのご案内で放送されました。

 原発のニュース、1号機に事故後初めて人が入りました。2,3号機より内部の損傷が少ないのですが、内部で長時間作業するためには、フィルター、排風機を設置しています。中で作業しやすくしたいのです。

 水棺は、シミュレーションして、安全に問題はないと報告しています。これが認められたら、1時間6トンから8トンに増やします。しかし、2,3号機の模様は不明です。

 作業員の環境改善のため、食事をレトルトから弁当へ、またシャワー設置、医者も常駐させる方針です。福島第2の体育館が休憩所でしたが、シャワーもなかったのです。そんなところで作業していたのです。池田さん、工程表を出したが、設備面で、担っている人間の支援をしないと工程表は実現しないのではと指摘していました。作業員の心身の疲労は限界の模様です。

 20km県内の一時帰宅に、車の持ち出しを認める方針にしました。ペットも持ち帰る方針で、来週以降早い時期にしたいとのことです。高齢者の場合は代理人を認める方針です。

 そして、小出先生のお話、まず、リスナーの質問、3号機の使用済みプールの核暴走について、それが起こっていたら、水素爆発の1号機と、3号機の使用済み燃料プールは大丈夫か、ということに付いて、小出先生も見られないので正確には分からないが、核暴走なら、使用済み燃料はラックに入っていたのに、一箇所に集まり臨界となり、簡単に水の入れられる状態ではないとの(ステンレス内張りに傷が入る)、使用済み燃料冷却に支障がある(入れても漏れる)、どうして集まったか、水素爆発で一箇所に集まり核暴走になったのか、なら膨大なエネルギーが出て、破損しているとの指摘がありました。そのため、水をかけ続けるしかない、冷却は困難なのです。

 新聞の報道で、仮設の空冷装置と、循環水冷却で冷やすと言っていますが、これの効果は、熱除去に、水、空気で冷やすのはどちらでもOK、外でもOKで、比較的問題はない、しかし、そこまで配管をつくり、汚染の中配管を取り付ける工事が大変のことなのです。生身の人間がやるしかないのです。とてつもなく大変なのです。作業現場の空気をきれいにしないといけない、うまく行ってほしいのです。

 毎時10ミリシーベルト、空気ボンベを背負ってであり、これで被爆を防げるかは、空気の汚染がひどく、建屋内の空気を一切吸えないほど汚れている、ものすごく汚れており、外部からのガンマー線は避けられない、10ミリ/時間は避けられないので、内部被爆を避けるものであり、外部被爆は鉛のスーツで避けられるが、そんなものでは作業できない、外部被爆はあきらめての作業なのです。

 また、原発事故のとき、今後を予測するERSS(緊急時対策)が津波でアウト、SPEEDIも津波でアウトであったということは、彼ら(原子力村)に言わせると「想定外」であるが、ERSS、SPEEDIともに「想定外」のときに動かないといけない、そんなものが壊れるのが彼らには「想定外」なのです。

 外国から、アメリカの規制委員長が、難航していて、事態は改善していないと言っていますが、小出先生も改善していない、悪化を食い止めているのが2ヶ月続いている、しかし、悪化を食い止めるのはなんとしてもやらないといけない、現場の人をありがたく思うしかない、安定化はしていない(菅総理の言う通りではない)、外から水を入れるしかない、入れたら汚染水が外へ出て、7万トンの汚染水を始末できていない、改善はされていないのです。

 改善の策としての「水棺」、格納容器が重くなり余震に耐えられるか、東電は大丈夫と言っているものの、小出先生、彼らはいつも言ってきた、どんな地震が来ても大丈夫と言ってきた、2007年の中越沖でも同じ、計算機で安全でも、それで安心は出来ないのです。

 池田さん、事態の収拾は急がないといけない、海外の目も厳しい、事故調査委員会を立ち上げるものの、今月フランスでG8、7月にIAEAの会議で、どうなっていると聞かれるが、事故調査委員会のあり方は、難しい、これまで「原子力村」が産・官・学の一致の元で楽観の上に楽観し、データを隠してパニックを防ぎ、海外から批判されてきた、もう、原子力村では、海外の批判に答えられないということです。安全委員会も当事者であり、電力会社も関わらない第3者機関をつくらないとダメとの池田さんの見解に、飛行機の事故と同様に対応しないといけない、行政、電力会社と独立したところで意見を言わないといけないとのことでした。

 今回、昨日に続いて3号機の核暴走のことについて指摘があり、さらに、事故の評価にも意見があり、貴重でした。今後もお伝えいたします。
posted by 風の人 at 02:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

★声をあげますか、それとも泣き寝入りですか

中田です。
メールをいつもありがとうございます。重複おゆるしください。

■「河野太郎公式サイト」―確実な原発の止め方 
●印については、当方が書き入れました。(注)


(以下)拡散転送歓迎

*******************************************************
(「たんぽぽ舎」のメール・レターから転送します。)

(以下、転送)


声をあげますか、それとも泣き寝入りですか

   「河野太郎公式サイト」―確実な原発の止め方
   http://www.taro.org/2011/04/post-987.php
                   
                     2011年4月23日 09:25
 
たくさんの方々にメルマガ、ブログを読んでいただき、誠にありがとうござま
す。しかし、これで終わってしまっては意味がありません。
東京電力の福島第一原子力発電所が起こした事故の賠償金を国民の電力料金を
引き上げてまかなうという、政府の東京電力救済案には反対であるというインタ
ーネット上のみなさんの意見を、現実の政治に反映していかなければなりません。
ではどうすればよいのか。
●地元の国会議員に皆さんの意見をきちんと伝えてください。

どうやって?
あなたは、あなたの選挙区で選出された国会議員がだれか知っていますか。知
らなければ調べましょう。衆議院議員と参議院議員がいるはずです。
誰かわかったら、その議員のホームページで、事務所がどこにあるかを調べて
ください。場所がわかったら、訪ねていきましょう。
遠慮することはありません。そのための事務所です。

今、通常国会が開かれていますから、国会議員は平日は国会にいることが多いの
で、地元の事務所に行くならば、平日なら月曜日か金曜日が狙い目です。
議員がいなくともかまいません。地元の秘書さんにしっかりと、救済されるべ
きは被災者であって東電ではない。


●東電が支払うべき賠償金を全国の国民の電力料金を引き上げて、国民に負担させ
るのは筋違いであると指摘して、現在報道されている政府の案に、議員がはっき
りと反対の声を上げることを求めてください。

●そして、このことを議員に伝えるだけでなく、この件に関する議員の考えをこち
らに伝えてほしいとお願いしてください。

●具体的に議員がどう動いてくれるのか、それも教えていただきましょう。
事務所が遠かったりして、訪ねて行きにくいならば、電話をしましょう。電話
に出てくれた相手の名前をうかがって、同じことを伝えましょう。電話ならば、
●一週間後にかけ直すので、それまでに議員の考えを聞いておいてくださいとお願
いしましょう。

●メールやFAXもありますが、やはり、訪問したり電話をしたりしたほうが、
皆さんの考えをしっかりと伝えることができます。
よく、署名活動はどうでしょうかと聞かれます。集めた署名をどうするのでし
ょうか。
●国会への請願という手段もありますが、個々の議員には請願は伝わりません。
しかもたいていの場合、委員会で保留ということにされて、文字通りお蔵入りで
す。努力の割に効果がありません。(中略)

●やっぱり効果的なのは、国会議員それぞれに、大勢の皆さんがきちんと
それぞれのおもいを伝えることです。(中略)

声を上げますか、それとも泣き寝入りですか。


***************************************************
posted by 風の人 at 01:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011.4.29 終焉に向かう原子力(伊藤実、生方卓、内藤新吾、小出裕章、広瀬隆)

2011.4.29 終焉に向かう原子力
明治大アカデミーホール1200人キャパに2000人が詰めかけた講演録!

浜岡原発現地報告
http://vimeo.com/23128295
・伊藤実氏  (浜岡原発を考える会・代表)
・生方卓氏  (明治大学教員)
・内藤新吾氏 (日本福音ルーテル掛川・菊川教会牧師

小出裕章氏 (京都大学原子炉実験所) 
「悲惨を極める原子力発電所事故」
http://vimeo.com/23141252

YouTube - 1-6 終焉に向かう原子力 小出裕章氏講演
http://www.youtube.com/watch?v=OM-2zRjS65Y
YouTube - 2-6終焉に向かう原子力 小出裕章氏講演
http://www.youtube.com/watch?v=DIzJO46WPN8
YouTube - 3-6 終焉に向かう原子力 小出裕章氏講演
http://www.youtube.com/watch?v=Wqy-rpHPnwo
YouTube - 4-6 終焉に向かう原子力 小出裕章氏講演
http://www.youtube.com/watch?v=G42JJ6JZTOA
YouTube - 5-6 終焉に向かう原子力 小出裕章氏講演
http://www.youtube.com/watch?v=w4YYtHnvmcc
YouTube - 6-6終焉に向かう原子力 小出裕章氏講演
http://www.youtube.com/watch?v=Cg4MNT9dl30

被ばくリスクにしきい値はない(BEIR-Z報告書)
被ばくリスクにしきい値はない(BEIR-Z報告書)

被ばくのリスク
被ばくのリスク.jpg

基準とがん死亡率
基準とがん死亡率

10人・シーベルト当たりのがん死者数
10人・シーベルト当たりのがん死者数

放射線がん死の年齢依存性
放射線がん死の年齢依存性

原発が生み出す膨大な放射能
原発が生み出す膨大な放射能

原発事故時の賠償限度額
原発事故時の賠償限度額.jpg

広瀬隆氏 (作家、ジャーナリスト)
「原子炉時限爆弾――年々迫る東海大地震と、浜岡原発の危機」
http://vimeo.com/23136531

YouTube - 1-6 終焉に向かう原子力 広瀬隆氏講演
http://www.youtube.com/watch?v=50zWZU4rhPw
YouTube - 2-6 終焉に向かう原子力 広瀬隆氏講演
http://www.youtube.com/watch?v=KASyYTEZd3w
欧州放射線リスク委員会、福島原発事故で10年間20万人がんに罹患と推測
YouTube - 3-6 終焉に向かう原子力 広瀬隆氏講演
http://www.youtube.com/watch?v=IRBc-bj7AFo
YouTube - 4-6 終焉に向かう原子力 広瀬隆氏講演
http://www.youtube.com/watch?v=aOrGC0iZO90
YouTube - 5-6 終焉に向かう原子力 広瀬隆氏講演
http://www.youtube.com/watch?v=hMu8TqWdBSY
YouTube - 6-6 終焉に向かう原子力 広瀬隆氏講演
http://www.youtube.com/watch?v=bugxRiBR7Qk

マグニチュード基準の変更
マグニチュード基準の変更.jpg

気象庁マグニチュード
気象庁マグニチュード.jpg

明治三陸地震の津波は38メートル
明治三陸地震の津波は38メートル.jpg

ガル数は岩手・宮城内陸地震の方が大きい
ガル数は岩手・宮城内陸地震の方が大きい.jpg

500ガル程度でパイプ損傷か
500ガル程度でパイプ損傷か.jpg

圧力容器の圧力が12日に急落
圧力容器の圧力が12日に急落.jpg

東海地震のエネルギーは甚大
東海地震のエネルギーは甚大.jpg

チェルノブイリでは230万人が保護観察下
チェルノブイリでは230万人が保護観察下.jpg

チェルノブイリ20年後の健康被害
チェルノブイリ20年後の健康被害.jpg

ほとんどの原発は電源対策ゼロ
ほとんどの原発は電源対策ゼロ.jpg

関東大震災は間近
関東大震災は間近.jpg

----------------

太田光征
http://otasa.net/
posted by 風の人 at 00:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年05月05日

【5/7】原発やめろ渋谷超巨大サウンドデモ

転送します。

太田光征
http://otasa.net/



素人の乱の原発やめろ渋谷超巨大サウンドデモ(渋谷区役所前交差点集合!)

5月7日(土) 14時 渋谷区役所前交差点集合!
        15時 デモ出発
http://57nonukes.tumblr.com/

5.7 原発やめろデモ 呼びかけ!!!!!!!高円寺超巨大デモから1カ月! そして、大震災から早くも2カ月が経とうとしているが、いまだに福島原発事故は全然収まらない!

テレビや新聞では、なんだか沈静化しているようなことばかり言ってるが、よくよく考えてみたら全然そんなことなく、事態はなにも好転していない! むしろ、相変わらず放射能をまきちらして汚染は拡大しているし、そもそも事態収束の目処は一切立ってない! そして、いまも水や土、海、草木、動物、そして人間にも被害を与え続けていると思うと、やっぱり、危なすぎる! こわすぎる!

こんな事態を引き起こす原発なんて、どう考えても要らないね!! 海外ではこれを機に続々と原発離れが進んでいるのに、日本ではいまだに原発をやめようとしていない。原発はエコでも安全でもなかったことが明らかになったんだから、一刻も早く消え去ってもらわないと困る!もう冗談じゃない!

前回の高円寺デモに引き続き、もう一度、超大規模デモを巻き起こし、「原発はいらない!」と言いまくってしまおう!前回は、普通に東京で不安を感じてる人、子育てが心配なお父さんお母さんたち、自分の街を追われて避難してきた原発周辺の住民など、たくさんの人たちが駆けつけた。今回もさらにいろんな人が街にあふれ出して、さらに超巨大な意思表示をしてしまおう!!

5月7日は渋谷へ繰り出そう!!!

−−詳細情報−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
7日(土)の「原発やめろデモ!!!!!」の詳細決定!
14:00 渋谷区役所前交差点集合!
15:00 大規模デモ出発!
(渋谷区役所前交差点→原宿駅前→表参道→青山通り→渋谷中心部へ→
109前→ハチ公前スクランブル交差点→明治通り→渋谷区役所前交差点)

またも、サウンドカーが続出! 今回はDJカー2台、バンドカー2台の計4台が出動!
出演バンド、出演DJ等は近日発表!!
前回の15000人高円寺デモをはるかに超える規模が予想される! 
まさに、反原発フェスティバル!!!!!
 これは、7日は渋谷に駆けつけないと、間違いなく後悔してしまう!!!!!
posted by 風の人 at 20:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年05月04日

5 月15日に掲載決定(沖縄意見広告)

転送します。

太田光征
http://otasa.net/

【転載・転送歓迎】まっぺんです。
意見広告運動からのお知らせを転送します。
-----------------------------------------------------
第2期沖縄意見広告運動からのお知らせです。
重複をお許し下さい。
 第2期沖縄意見広告が5月14日琉球新報・沖縄タイム
ス、15日朝日新聞の朝刊に掲載されることに決まりまし
た。今回は諸般の事情もあり賛同署名も厳しい状況にあり
ます。7日の締め切りまで時間もなく、最後の賛同・呼び
かけ人への参加のお願いを申し上げます。
 すでに賛同を頂いている方、重複をお許し下さい。その
上でさらにひとりでも多くの方に呼びかけをおねがいしま
す。また、まだの方もぜひ大至急、賛同の署名をお願いし
ます。時間がありません。賛同金は後でも結構です。メー
ル又はファックスで下記宛てまでお名前をお送り下さい。
よろしくお願いします。
          第2期沖縄意見広告事務局

-----------------------------------------------------
●フォーム

呼びかけ人になってくれますか?(なる・賛同人ならなる)

お名前(必ずフリガナもお願いします)

住所 〒

電話
FAX
メールアドレス


お名前を掲載してもいいですか?(可・不可)

-----------------------------------------------------
第2期沖縄意見広告運動

振込先:郵便振替
 口座番号 00920-3-281870
 加入者名 意見広告
●ネット上でも賛同、賛同金の振込できます
http://www.okinawaiken.org/recruitment

tel:03-6382-6537 fax:03-6382-6538
web:http://www.okinawaiken.org/
e-mail:info@okinawaiken.org
-------------------------------------------
posted by 風の人 at 19:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年05月03日

【5/10】参議院憲法審査会規程強行策定反対5・10緊急院内集会

転載します。

太田光征
http://otasa.net/


高田健@市民連絡会です。
5・3憲法集会実行委員会は、民主党が来週にも参院憲法審査会規程を本会議で
採択するよう動いていることに抗議し、以下の緊急院内集会を行います。ご参加
下さい。
日時:5月10日(火)午後2時から3時半(開場午後1時半)
会場;参議院議員会館B103室(地下鉄永田町駅)
主催:2011年5・3憲法集会実行委員会
posted by 風の人 at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

祇園、山本、長束西で憲法記念日のご挨拶/憲法集会三つに参加

さとうしゅういちです。

お世話になります。

さとうしゅういちは、5月3日の憲法記念日に際し、朝と夕方
、安佐南区各地で街頭演説を行いました。また、昼間は、以下
の集会に参加しました。

輝け!9条活かそう憲法5.3ヒロシマ集会
http://hiroseto.exblog.jp/14710260
憲法記念日リレートーク
http://hiroseto.exblog.jp/14712979
2011憲法集会 マイライフマイ憲法
http://hiroseto.exblog.jp/14713050

朝は、安佐南区祇園のイオンモール前と、山本のセルフ稲田前
で演説。
そのまま,自転車で中区に移動し、憲法集会3つに参加。

憲法集会参加後は、フラワーフェスティバル参加者で賑わう中
区本通駅前で、演説しました。
本通駅前では、知人も多く声をかけてくださいました。

さらに、自転車で地元に戻り、長束西の山本川沿い三カ所で、
長束西及び長束の皆さまに対し、憲法記念日に際してのお訴え
をしました。

http://hiroseto.exblog.jp/14713224/

さとうしゅういちの選挙公約の一つは「中央政府に憲法を守ら
せる」ことです。特に、可及的速やかに25条、27条に基づ
いた対策が打たれる様、強く求めます。そして、今後四年間、
中央政府に憲法を守らせる立場で、権力をチェックして参りま
す。活動につきましては今後とも「広島瀬戸内新聞」(ネット
、紙双方)でご報告いたします。

今後とも、ご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

カンパやさとうの資金管理団体「さとうしゅういちネット」の
会費の振込先は以下です。

郵便振替口座
01330-0-49219
さとうしゅういちネット

広島銀行 本店 3783741
さとうしゅういちネット 代表者 佐藤周一

どうかよろしく皆様おひとりおひとりのお志でわたくしと御一
緒に広島県政をチェンジしましょう!


安定を捨て、広島県議会をチェンジ!一人も見捨てない県政・身近な県政を!
さとうしゅういち Satoh Shu-ichi
E-Mail:hiroseto@f2.dion.ne.jp 携帯090-3171−4437
〒731−0138 広島市安佐南区祇園2−2−2−203 TEL・FAX082−962−6817
広島瀬戸内新聞ニュース:http://hiroseto.exblog.jp/
☆一人でも、労働者なら誰でも歓迎!命を守り、救う労働組合
生存ユニオン広島:http://d.hatena.ne.jp/lifeunion/
posted by 風の人 at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

ビンラディン殺害命令はオバマ大統領を貶めた

 ニュースの第一報を聴き、驚いた。オバマ大統領の発言をきいて呆れた。 オバマ大統領はこういった。
「アルカイダとの戦いでは、ビンラディン容疑者の殺害か拘束を最優先事項とするよう指示した」。
  公式発表が虚偽でないとして、アルカイダの策謀でアメリカにおける9.11事態がひきおこされたとしても、ビンラディンがアルカイダの首謀者としても。
 それでもオバマ大統領は、決定的な過ちを犯した。

 ビンラディンを逮捕して裁くことと、はじめから殺害することを目的とするのでは全く異質なものである。
 世界でも最大の強国の最高権力者である大統領が、テロリストならば殺害せよと命じるようでは、世界国際秩序の国際法の精神は遵守されるだろうか。
 オパ゛マ大統領は、アメリカの大統領として、アメリカ国民の生命と財産と国益と利益を擁護する任務があろう。その点では、アメリカの中枢に甚大な破壊行為をおこなった者たちへの仕返しは、正当防衛と肯定される要素もある。
 だが、同時にオバマ大統領は、差別と抑圧を受けたアフリカ系黒人の出身として、世界の非抑圧被差別民族と民衆の側から期待と希望の星として、アメリカ合州国の頂点にたどりついた。
 今回の9.11事件についても、ブッシュ前大統領の無謀なイラン・イラク・アフガニスタンなどへの戦略行為を停止して、アメリカ軍の名誉ある撤退の方向性を示すべきだった。しかしオバマはついに最初に述べたように、ビンラディンを殺害する指令を下した。このことのもつ否定的影響は甚大である。
 理性的に国連や国際裁判所などへの審理と判断に委ねるべきであった。オバマは、アメリカ国家の威信にかけて、アメリカCIAと特殊部隊の軍事行為の暴力を最終的な手段として公使した。世界は復讐と報復の泥沼に堕ちていく決定的なきっかけのテープをカットされた。
 さらに、9.11事件の真相究明も封じられた。
二重三重の意味で、あの核廃絶の世界的な名演説と核廃絶の意志を表明したことで、その理想に保険のように事前に与えられたノーベル平和賞の栄誉さえ、オバマは放棄する軍事政策を執行した。
 世界は、アメリカが自国の利益と体面のためなら、強引な国際政策を実行にうつす姿を見せつけられた。
 古代からの歴史的な確執のある中東地域に介入して、ベトナム戦争なみの泥沼にはいりこんだアメリカの最高権力の大統領が見せつけた強引な無謀さを、世界中の民衆は明確に焼き付けられた、「アメリカは何でもやる国家だ」と。

 そして、同時にアメリカは経済的にも軍事的にも国内的にも低迷していて、アメリカの同盟国もアメリカのように経済的社会的破綻をきたすようになることも明確である。
資本主義の最高で腐朽した段階にあるアメリカ一国覇権主義は、私たちの次の世代の長期的展望においては、パックスロマーナのように、パックス・アメリカーナも繁栄に繁栄を重ね、栄華に栄華を極めたすえに、ついには瓦解するしかならなくなるだろう。

オバマは、貴重な自分自身の「正義」を自己放棄した。
「(ビンラディン殺害で)正義がおこなわれた」と信ずることで、オバマは世界中の民衆からの支持を失い、オバマ自身の正義をも失った。

 また、ビンラディンとアルカイダ、アルカイダ内部の実態、アルカイダとイスラム抵抗勢力やイスラム「テロリスト」との実態、9.11事件の真相究明などすべての重要事項は無理矢理に葬り去られて、オバマは事態解決の根本的解決をも永遠に見失った。

                                   櫻井 智志
posted by 風の人 at 16:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

黎明の憲法記念日

もう終末を迎えたわけではない

軍備放棄と
生きる権利と基本的人権の保障

新たに
世界各国で
核兵器廃絶を国是とする憲法が
この半世紀に
日本を追い越して
より充実して
誕生した

憲法

それは
人類史において
いまこそが
ためされている
黎明の試練の未明

私は
黙って
日本国憲法を
生きていきたい


         櫻井 智志
posted by 風の人 at 01:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年05月02日

南相馬市 桜井市長のお話(2011/5/2)

永岡さんの「たね蒔きジャーナル」報告を転載します。

南相馬市はまだ、「生活物資はスーパーも1軒しか開いていない」。復旧どころではない。

太田光征
http://otasa.net/

---

 永岡です、続いて、たね蒔きジャーナル、南相馬市の桜井市長のインタビュー(この番組で3月末以来2度目)があり、お知らせいたします。桜井市長はタイム誌に、世界で最も影響力のある人の一人に選ばれています。

 南相馬市は復興委員会の人が来て、被害により4つの地域に分割されている、南相馬の線量は郡山の線量より1/3という話、五百旗頭氏は初めて聞いたといいことです。現状を聞くだけで、質疑、意見交換を委員としたかったのに、話を少ししただけ(五百旗頭議長)、よろしくと言っただけなのです。具体的に、結果として地震、津波、原発で、災害避難民の1/4が南相馬市、1/2は原発避難民なので、それを踏まえて対策を取らないと、原発災害として取り組んでもらわないといけないとのことなのに、やっていないのです。

 行方不明者の捜索は、3月末から、521名の遺体が確認され、806名の行方不明者があり、まだ見つからない人が多いのです。原発事故の収束なしに、南相馬の復興はないのですが、政府、東電の対応は変わっていません。今おきていることで原発が収束できるのか、わからないのです。水を入れる、窒素注入をすると言うだけで、収束するのか、判断できる材料が出ていないのです。

 一時帰宅、4000世帯あるのに、みんなやきもきしている、連休にはやってくれると言ったものの、一人は入れるのか、二人なのか不明、時間も不明、避難している人が全国にいる(北海道から沖縄まで)ので、知らせるのも大変なのです。

 20km範囲外の人も、避難している人の帰宅は進めやすいが、20〜30km圏内のある人を、となると大変なのです。現実的にやれるのは、自治体の裁量に任せてほしいとのことなのです。自衛隊も入っている、そういう協力を求めたいのに、国は了解してくれないのです。20km圏内を抱える自治体を同一補償でやりたいというのが国のやり方です。

 南相馬市を4つに分割(警戒区域、その他)すると、仮設が認められない、借り上げ住宅が認められない、20km県内の人に避難所を新たに用意している、本来、自主避難の形なら、そういう人に戻っていい、仮設を認めていいのに、国は頭が固いのです。生活インフラが成り立たない、仮設住宅も1戸500万円、借り上げ住宅は認めないと言われ、生活に近いところでの再建が認められていないのです。

 生活資金、話し合いは、東電の対応、市内はひとつと言っているのに、東電は30km県外は違うといい、しかし東電の被害はそんなもので区切れない、同じ対応をしてくれと言っています。

 物資は、幸いにしてガソリン、灯油は届いたものの、生活物資はスーパーも1軒しか開いていないが、3月末よりはましになっている、役所機能を充実しないといけないのに、連休でも役所を開いていないといけない、職員の疲労が高まっているのです。職員のやりくりをしながら連休を取りたいが、そうも行かない模様です。

 国の応援は、経産省も申し入れて、保安院から3人、国から4人のスタッフが来ているのです。

 市民の苦情を聞いており、生活資金、一時帰宅、計画避難区域の問題、事業所の移転、雇用の問題があり、様々な問題が寄せられています。

 大阪の人に、抱えているのは大きいが、原発収束後、いまだかっていない産業を生み出さないといけない、原発からの復帰、世界の人の知恵を借りたいとの桜井市長のコメントが最後にありました。

 現地の声、マスコミではなかなかありません。毎日放送ラジオ、たね蒔きジャーナルは、日本の誇りです!
posted by 風の人 at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

国会議員定数の削減を想起させるメーデー自粛

メーデー:連合、規模縮小しデモも中止 被災地配慮、浮いた経費は義援金に
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110430ddm012040179000c.html?inb=yt

「震災の影響で受注が落ちている。将来的に家族を支えていけるのか不安もある。自粛するよりむしろ労働組合の力をアピールしたほうがいいと思う」

一体何のためにメーデーを開催するのか、ということになる。この方のご意見はもっともです。

メーデー自粛は国会議員定数の削減を想起させます。

太田光征
http://otasa.net/
posted by 風の人 at 02:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年05月01日

 ■【ニュースの深層】4月26(火)福島原発事故対応て?足りない事は?(動画)他

中田です。
メールをいつも送らせていただきありがとうございます。

(重複お許しください)


■【ニュースの深層】4月26(火) ・福島原発事故対応て?足りない事は?(動画)
■ 菅首相の官僚外しと原発危機対策(記事)
  
2つをご紹介。
何故こんなに菅内閣は、原発・災害対策は混乱したのか?
両方の情報をどうぞご参考に。


下記(拡散転送歓迎)

<貼り付け開始>

***************************************************

■【ニュースの深層】
 ●4月26(火) ・福島原発事故対応て?足りない事は?
 ケスト:田中俊一(元原子力学会会長)
 司会:上杉隆

http://www.youtube.com/watch?v=NCEQ4ut5CAI&NR=1         (1)
   
http://www.youtube.com/watch?v=EeUrXYZgE_4&feature=related    (2)

http://www.youtube.com/watch?v=rfKjj53gijI&feature=related       (3)

  
http://www.youtube.com/watch?v=3PMugmdPUzE&feature=related   (4) 




■菅首相の官僚外しと原発危機対策



http://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_219448

【ウオールストリートジャーナル】日本版2011年 4月 28日(木)

a.. 2011年 4月 10日 14:02
JST

 【東京】菅直人首相は、震災で停止した福島第1原子力発電所の危機対応のため、旧来の官僚主体の指揮系統を排除し、独自にアドバイザーを招請して特別対策チームを設置した。このことは、キャリア官僚の怒りを買うとともに危機管理を誤ったとの首相への非難が強まっている。


 災害基本法に基づいて設置された災害対策本部があるにもかかわらず、菅首相は、同原発の事業者である東京電力(東電)への対応に新たな緊急対策機関を併設したのだ。 3月11日の地震と津波以降にとった一連の措置を通じ、菅首相は、過去数十年にわたってキャリア官僚が政策策定を主導してきた日本で、国を統治する新たな方法を事実上試運転しているといえよう。 (略)・・・・原文: Kan Cuts Out Bureaucrats記者: Yuka HayashiandNorihikoShirouzu 
posted by 風の人 at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

【5/8】第11回流山マブイまつり――福島原発DVD上映(小出裕章、広瀬隆)ほか

第11回流山マブイまつり
地 域 に 平 和 を !

平和を願うまごころ、マブイ(心)を結ぶ
ひとりひとりの良心を持ちより、協力・共生
できる街を創りましょう!
こどもたちへ平和な未来を残すために。
平和、福祉、教育、環境問題、なんでもあり、日頃思うことを話すチャンスです。
沖縄の言葉なら、
『いちゃりばちょーでー(出会えば兄弟)』
まつりで出会いましょう♪

福島第一原発の事故で大量の放射性物質が飛散しています。子ども達を体内被爆から守るため、公園でのまつりを変更しました。原発問題の学習・講演の集いを開催します。

2011年5月8日(日)10時〜17時30分
会場:千葉県流山市生涯学習センター 
会議室A-101,102,103
入場は無料となっています
つくばエクスプレス 流山セントラルパーク駅 徒歩3分 改札を出て左手に見える茶色の建物
※公共の乗り物をご利用ください

タイムスケジュール
10:00〜10:30 DVD上映 「福島原発で何が起こっているのか」京都大学原子炉実験所 小出裕章
10:30〜12:50 DVD上映 広瀬隆怒りの緊急講演会「福島原発と放射能」
13:00〜13:10 「東葛地域の放射線量について」 柳沢典子
13:10〜15:00 講演会 たんぽぽ舎の講師予定
たんぽぽ舎・チェルノブイリ原発事故後、1989年、東京千代田区に誕生しました。原発廃止を目指して活動を継続しています。
15:10〜17:30 DVD上映 広瀬隆怒りの緊急講演会「福島原発と放射能」

主催:マブイまつり実行委員会 後援:流山市社会福祉協議会
連絡先 鈴木利枝 TEL.04-7158-2112  田口雅明 TEL.047-371-0748
posted by 風の人 at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

九電前ひろば:プルサーマルより更に危険な玄海1号炉――66年経過相当

小林栄子さんからのメールを転載します。

太田光征
http://otasa.net/


皆様 【転送大歓迎】

今からフリーターユニオンの仲間のデモに参加してきます。

ひろば情報を全国に拡散してください!

18日は県議・市議の皆さんにも党派を超えて参加を呼びかけて
います。
福岡に限らずお知り合いの市議県議の方にも参加を呼びかけてください。
**
*玄海が止まれば日本が変わります!*
*日本一危険な玄海原発を即刻止めなければなりません。*
*プルサーマルより更に危険な玄海1号炉【66年経過相当】があります!*
*ここのお釜が割れたら福島の比ではありません!*
*どうか分かってください!*
***** *****
 去る4月20日より、九州本社前にテントを張って「九電前ひろば」を続けています。
皆さん、ぜひお立ち寄り下さい。
本販売・チラシを撒いたり、署名集めに♪を楽しんだり、、、、

原発のことを福島の事故で始めて知ったと言って、今回の九電前ひろば行動に
参加されている方もおられます。

みんな入れ替わり立ち代り、空いた時間を埋め合って、11日間になります。
テントのお留守番もお願いしたいです。

いろんな方がアイデアいっぱい持ち寄って楽しいひろばです。
皆さん、ぜひお立ち寄り下さい。


原発とめよう!九電本店前ひろば: 第10日目報告
http://nonukes.exblog.jp/
九電本店前ひろばの呼びかけ人 (4月29日現在217名)
http://www.nanjinggenpatsu.com/hangenpatsu.html(4月20日から4月28日)

 呼びかけ人:石丸&小林

                                              
posted by 風の人 at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

吉井議員(共産):地震で受電設備が破壊、対策取っていれば、津波による内部電源喪失でも冷却系は作動していたはず

sinsai-chibanetのMLで教えてもらいました。

太田光征
http://otasa.net/

YouTube - 原発事故 首相「政府答弁は誤り」
http://www.youtube.com/watch?v=zE_kqF8--Ic


4月26日の衆院予算委員会で吉井議員(共産)が行なった質問で、福島原発震災が政府・東電による人災であることがさらに明瞭になったと思います。

※ 地震で外部電源喪失、津波で内部電源喪失の可能性があることを指摘してきたが、政府・東電は対策を取ってこなかった。
※ 炉心溶融を防ぐために迅速なベント・海水注入の命令を怠った。


2004年スマトラ沖地震津波の後、地震で外部電源喪失、押し波で内部電源喪失、引き波で取水できず核燃料棒の崩壊熱で電源喪失、を指摘してきた。

2010年答弁、多重防護、メルトダウンを起こさないようにしている(直嶋経済産業相)。

内部電源が喪失しても、外部電源が機能すれば、機器冷却系は作動していたはず。

第一原発5、6号機の受電鉄塔が倒壊し、外部電源を喪失。1〜4号機の受電設備、地震で破壊。

受電鉄塔の倒壊は過去にあった。すると外部電源取れない。海水を被ることによる内部電源喪失だけでない。

安全委:送電・受電鉄塔の耐震補強を求める指針はない。

予見できたのに対策を取らなかった。スマトラ沖地震津波の経験が生かされなかった。

3月11日午後10時、機器冷却系の電源喪失。
総理からベントの指示を受け、海江田大臣が午前1時30分に指示、午前3時6分に記者会見、ウエットベントを実施したかどうか不明、6時50分、海江田大臣が命令発出。

原子炉規正法64条3項に基づいて、なぜ迅速にベント・海水注入を命じなかったか。

ベント、地震発生から16時間後、海水注入、29時間後、その間に水素爆発起こっている。

3月12日、1号機の水素爆発後の4時間後に海水注入の命令。

45日後を経ても、SPEEDI、ERSSに必要なデータを政府は東電に出させていない。したがって東電の工程表も評価できない。

南相馬市、原発被害で4区分、1メートルでも違うと補償に格差、避難するかしないかは被災者任せ。副社長、30キロ圏にかかわらず補償は常識と発言。

電源喪失でデータ消失(海江田大臣)。

オフサイトセンターに全情報あるはずだが、原発から5キロにあり、20キロ圏内は避難ということで、福島県庁に(人材を)出している(吉井議員)。

【5月22日追記】
福島第1原発:海水注入と中断は東電の判断 官邸は知らず - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110522k0000m040075000c.html
海水注入は12日午後7時4分、発電所長らの判断で始まり、同25分に停止。その後、菅直人首相の指示を受け、停止から55分後の午後8時20分、正式に始まった。

 官邸では午後6時ごろから海水注入の検討を開始。燃料の再臨界を防ぐホウ酸を投入するなど防止策を協議し、同7時55分、首相が海水注入を指示した。その間に東電が海水注入を始めたことは官邸には伝わっていなかったという。ホウ酸投入は同8時45分に始まった。

 細野豪志首相補佐官は会見で「当時は現地と連絡を取るのにも時間がかかった。午後7時半ごろまでは政府内では『注水は困難』という前提で議論しており、7時4分に海水注入が行われていたことも後日知った」と強調した。

 午後6時に首相が海水注入を指示したとされる政府資料についても「正確な記述ではない」と否定。「午後6時の時点では『(海江田万里)経済産業相が東電に海水注入の準備を進めるよう指示した』というのが事実だ」と釈明した。

 1号機では11日の地震後、原子炉冷却のための電源が失われ、淡水を原子炉に注入し始めた12日早朝には核燃料の大半が溶融していたとされる。同日午後3時36分には水素爆発が発生。原子炉を海水で冷やすという決断がどのような経緯でなされ、事態の悪化にどう影響したかは、今後の検証の焦点になるとみられる。【平野光芳、酒造唯、比嘉洋】
posted by 風の人 at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

反原発・脱原発署名活動一覧

転送します。なかなか全部に署名するのは大変ですが、幾つか選んでみてはどうでしょうか。

太田光征
http://otasa.net/



木村(雅)です。

新宿西口MLで入手した原発関連署名の一覧を紹介します。
私も個々のウェブを覗いていませんが、ご参考に。


2011/4/30 ONLINE 原子力ポスターコンクール中止要請署名
http://i-wind.jp/stop_nuke/index.php

2011/4/30(2次) ONLINE 福島原発の「廃炉」を求める有志の会
http://fukushimahairo.web.fc2.com/

2011/4 末(1次)、2011/5 末(2次) ONLINE !!緊急署名!!伊方原発を止めよう
http://genpatsu-sayonara.net/?page_id=2

2011/5/15 ONLINE日本語、English 緊急泊原発即時停止署名呼びかけ
http://blog.goo.ne.jp/nonukes/e/a73a58f011fff7448e05f9c148673e9c
[English] http://t.co/wqCdqmS

2011/6末 生命と生活、環境・自然を守る−原発さよなら署名
http://genkai.ptu.jp/shorui/201104shomei_saibannokai.pdf

2011/8/1 日本語、English 原発震災を防ぐ全国署名
http://www.geocities.jp/genpatusinsai

2011/9/21 ONLINE STOP原発!SAVE福島!
http://www.shomei.tv/project-1730.html

2012/3/31 ONLINE 自分が使う電力会社を選べるようにしよう!
http://www.shomei.tv/project-1739.html

ONLINE 建てちゃうの?上関原発
http://www.antinuke.net/kaminoseki/

ONLINE Japan’s nuclear crisis is a wake-up call for India
http://www.sacw.net/article1994.html

すべての原発の停止・廃止を求める署名
http://blogs.yahoo.co.jp/datechibu/27562647.html#27562647

ONLINE 緊急署名 ただちに福島原発すべての「廃炉」を決めてください(東京電力
宛)
http://www.ipetitions.com/petition/decommission_of_fukushima_nuclear_powerpl
ant_te_jp/

全ての原子力発電所の即時停止・廃止を!
http://www.zenko-peace.com/

ONLINE、日本語、English 浜岡原発の即時、運転停止を!
http://stophamaokanuclearpp.com/

[English]STOP!HAMAOKA Nuclear Power Plant For a secure and safe society!
Sign
http://stophamaokanuclearpp.com/en/

English 「地震・津波のあるところ=原発建設・稼動禁止」をIAEAに勧告させる
署名(日本語訳)
STOP Nuclear Power Plants in Earthquake/Tsunami Reachable Areas
http://www.gopetition.com/petition/44012.html

英語が苦手な方へ。署名の方法、日本語訳です。
(掲載希望されたかたに無理言って作っていただきました(^^;ありがとう!)
↓クリックすると、説明の画像が大きくなります。
MOMS & CHILDREN RESCUE FUKUSHIMA
http://die-alive.com/mcrf/mcrf.html
posted by 風の人 at 20:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

5/1 参議院予算委員会 森ゆうこ議員 の 質問中継と録画

皆様


感謝して、
転送させて頂きます。

日本国憲法前文「日本国民は、正当に選挙された国会議員を通じて行動し...」



豊田 義信 yoshinobu000-lj(a)infoseek.jp
twitter.com/fusapiero
平和つむぎブログ http://heiwa0.seesaa.net/
トランジションタウン南阿蘇 http://go-surfing.net/minamiaso/
かまわ阿蘇支部 http://kamawa.net/
●にぽんのどくりつ。平和条約でいこ●
●げんぱつさんお休みください●
脱原発系イベントカレンダー http://datugeninfo.web.fc2.com/



『参議院議員 森ゆうこ』ブログ より http://my-dream.air-nifty.com/moriyuuko/2011/04/51-e5a5.html

5/1(日)予算委員会で質問致します。
平素から私の政治活動にご支援ご指導を賜り、心から感謝を申し上げます。
さて、5月1日(日)に行われる参議院予算委員会におきまして質問することになりましたので、取り急ぎご報告申し上げます。
東日本大震災等に於ける対策について、皆様から頂いた種々のご意見ご提案を、約1時間午前午後と分け取り上げて質問致します。

NHKにてテレビ放映予定。

【質問日時】5月1日(日)11:35〜11:54/13:00〜13:40(時間はメドで流動的です)

もしくは下記URL,参議院インターネット中継から
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

質問予定項目
◎震災からの生活再建について(5〜7問)
「被災者生活再建支援法」関連。復興に向けた地域コミュニティーの維持と、 郵政改革法案の早期成立等。その他

◎被災自治体支援と財源確保について(5〜10問)

◎原発事故について(15〜20問)
今回の補正には原発事故対策、とりわけ住民の被ばくを最小限にとどめるために積極的対策を講じるという視点が欠けている。
特に放射線被ばくに対する感受性の高い子どもや女性、若い人々への配慮はどうなっているのか。その他

◎「第一次補正によりどのように雇用を守り、雇用を創出するのか」(8〜12問)
雇用支援、雇用創出の基本的姿勢と対策のポイント。心のケア。
ペットの取り組みと今後の対策。瓦礫処理関連。その他

◎その他

ご都合つきましたら、ご覧頂ければ幸いです。
また参議院インターネット中継で、いつでも録画が御覧になれます。
今後とも、ご指導ご鞭撻の程宜しくお願い致します。
posted by 風の人 at 11:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

脱原発街宣で福島第一原発労働者の親父さんと会った

今日の脱原発街宣では、福島第一原発で子どもさんが働いているという親父さんに会うこととなりました。

私に対する反発は半端ではありませんでした。グループでの活動であったなら私に相対することはなかったのかもしれません。私は拡声器を使い、松戸駅前で1人でやっていました。

原発被災者には申し訳ないと話すものの、安全を確保した上で原発を進めるべきだ、と今でも思っているのです。今回の事故は当時の設計がまずかったからだ、浜岡も対策をたてればよい、と。

今回の事故で放射能の影響による死者は出ていない、2名は津波による被害者だと主張し、原発の通常運転による被ばく被害や、長期内部被ばくによる被害はまったく口に出しません。

原発は安定供給ができる、風力は騒音問題がある、太陽光はコスト問題があるなど、世間で言われている原発擁護論を一通り主張し、フランスもアメリカも原発推進国で、私は何も知らずに、勉強せずに話していると非難します。

私は街宣で原発の発電コストがLNG火力よりずっと高いこと、原発なしでも全電力を火力・水力で賄えること、欧州で原発のない国があり、またその方向へと大きく動いていることなどを中心に訴えていますが、親父さんが耳を傾けていたのは、私が原発の発電効率が30パーセントしかなく、火力発電より非効率だ、という主張をしている時だったと思います。

子どもの健康を心配する気持ちは強烈でした。それは疑いありません。ビスケット食、体重10キロ減などの事情も話された。しかし子どもさんの健康と命は、親父さんの原発信仰、これは子どもさんの気持ちを斟酌した上でのものかもしれませんが、この信仰の人質になっている面があると思われてなりません。

子どもさんの懸命の努力は、原発から卒業する、足を洗うための努力であるとも考えられるはずなのです。しかしそうは思っていない。

子どもさんによる必死の努力の意義は、事故を収束させるためだけでは成り立たず、原発の大義が存続することと切り離せないようなのです。

この親父さんは子どもが現在の職を失うことを極度に恐れていました。自然エネルギーへの転換で職は創出されると指摘しても、政府はその保証をするのか、と迫る。

子どもの原発人生を否定されたくないという気持ち、放射能を浴びながらも現在の職を失いたくないほどの保守性、その背景となっている政治の貧困、などが親父さんを縛っているように思われました。情報の欠落も大きいでしょう。

いま子どもが必死になって事故収束に当たっている時に脱原発の主張をするのはけしからん、今は政府と東電を盛り立てる時だ、お前は間違っている、と言います。もっとも、親父さんの立場では収束後に私が脱原発の主張をしても間違っていることになるのですが。

このような対立図式は、例えば東電前アクションについても、運動圏内部からも想定されていて、東電に対する批判は当面差し控えるべきだというような主張もあったかと思います。

「今は政府と東電を盛り立てる時だ」との主張は一見もっともなのですが、原発は今、明日にでもまた事故を起こすかもしれない問題で、原発稼働を継続するという問題を棚上げにするわけにはいきません。事故収束を成功させつつ、脱原発も同時に進めていかなくてはなりません。

私は私なりに保安院にも東電にも事故対策関連の情報を提供するなど、事故収束に資すると思うことをしてきたつもりですし、脱原発の立場に立つ者の間でさえ、「福島原発暴発阻止行動プロジェクト」がそれこそ決死の思いで立ち上げられています。

私はこの親父さんに、脱原発の立場に立った事故収束の取り組みがあるのだということを分かってもらいたいと思いますし、原発だけが仕事口なのではないのだということも分かってもらいたいと思います。

親父さんは、原発容認派が60パーセントいると指摘しつつ、なぜ市民に向けて訴えるのか、政治家に言え、と主張します。自分のように福島第一原発で働いている子どもを持つ親がいるから(配慮せよ)、と。

民主主義政治の現実にも気持ちが暗くなります。親父さんのような立場の人こそ、政治家に物を言う必要があるでしょう。今この時期に脱原発の主張を公共の場で控えることはできません。

今日は1人だけ、小さく拍手してくださる方がいました。若者が1人、マイクを握らせてくれ、と言ってきたものの、その連れがふざけているからと思ったのか、静止して通り過ぎていきました。


太田光征
http://otasa.net/
posted by 風の人 at 03:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

オランダの電力自由化とTPPなどについて

下記ビデオニュース・ドットコムのビデオ(現在は無料で視聴できないみたい)で、資本主義の本質は自由市場にあるのではなく、権力作用による独占なのだ、という主旨のことが言われていました。電力の(地域)寡占はまさにそれで、電力自由化が阻害されてきたことが、原発の増設、今回の福島原発震災につながった面は大きいと思います。

TPPなどではなく、電力自由化がまず必要です。

「原発は安い」は本当か | ザ・ニュース- 自由報道協会
http://fpaj.jp/news/archives/2546
http://www.videonews.com/asx/marugeki_free/523/marugeki523-1_300.asx

以下は、平和つむぎMLで知った情報です。発電会社と発電方法を選べるオランダの報告記事ですが、生活様式と合わせ、日本との違いに驚かされます。

太田光征
http://otasa.net/

オランダにおける電力自由化とグリーン電力について - インディペンデント・メディア[レアリゼ]
http://www.realiser.org/report/lifestyle/article/index.php?id=296

 その他に、建築構造の断熱化(これも一般家庭向けに政府から補助金が出ます)、朝晩は火を使った料理はしない、食器洗いにもできるだけ水を使わない、などなど、節ガソリン・節電・節水など、細かく挙げるときりがありません。

 言われてみれば、コチラではコンビニはないし,会社はもちろんお店も週末は閉まっているし、高速や国道の街灯もまばら。電車も一社しかないのに遅れることも多く、雪が降れば運休もある。

 街も全体に暗くて、室内も消費電力のとても少ない電球の間接照明やLEDを使います。雰囲気があるということで、いまだにロウソクを使って過ごす夜の時間もあります。
posted by 風の人 at 03:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

内閣官房参与が抗議の辞任:子どもに対する年間被ばく量20ミリシーベルトを容認すれば学者生命は終わり

NHK「かぶん」ブログ:NHK | 科学と文化のニュース | 官房参与が辞任・記者会見資料を全文掲載します
http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/200/80519.html

辞任会見で泣き崩れる小佐古敏荘氏
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00198450.html

asahi.com(朝日新聞社):小佐古参与が抗議の辞意 子供の被曝基準「容認できぬ」
http://www.asahi.com/politics/update/0429/TKY201104290314.html

----------

太田光征
http://otasa.net/
 
posted by 風の人 at 02:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年04月29日

世田谷区長選と都知事選の比較と若干の考察

                                         櫻井 智志

 都知事選での石原慎太郎氏の圧勝は、改めて都民への根強い支持とそのことに対する危うい感覚を感じさせた。しかし、後半の統一地方選挙での世田谷区長選の結果は、私の思考を促すものがあった。


 政治的には、石原氏と世田谷区長に新たに当選した保坂展人氏とでは、ほぼ真逆である。保坂氏は、社民党の元国会議員である。今回、保坂氏は周囲からの区長選立候補を推す動きに対して、立候補を断り続けてきたようだ。それが終盤に立候補を決意したのは、東日本大震災と福島原発事故の悲惨さとそれに対する政府の政治
的無力に対する強い決心があったと本人がマスコミの質問に答えている。

 保坂氏が、当選後の記者会見で、原子力発電所の全面的見直しを述べた。間髪を入れず、石原都知事は原発を廃止すれば、日本は立ちゆかないとする打ち消しに躍起となった公的発言をおこなった。

 石原氏のような原発推進派は、このような関東のための電力供給が、「東北電力」管轄下の地域でいわば国内植民地主義的な尊大さとごう慢さを背景としてなされ続けて、そのために東北地域が壊滅的な被害を受けたことを、少しも痛みとして感じていない。

 これは阪神大震災の時にも、見受けられたが、東京都にある首都機能を推進する政府や官僚、マスメディアなど、中央−地方の図式で、発想していた。彼等は、東京に大地震でもない限り、まるで他人事のような様相が見受けられた。明治以来、中央と地方という差別選別意識は、今回でも変わらない。

 もっとも石原都知事のように、東京湾埋め立て地に原発を立てるべきだ、などと表明する背景には、なにがあるのか。原発被害を全くわかっていないか、わかっていても、自分たち特権層はいざとなればなんとでも被害を免れるとたかをくくっているのか。

 もっとも政府首脳と官僚幹部は、すべてを東電のせいとおつしけて、自らの初期対応や後手後手と回る対応のまずさを屋上屋と重ねている。それを批判する野党の自民党や公明党など以前の政権与党は、自らが行ってきたいままでの原発政策の破綻には目もくれずに政府与党を政治的攻撃の材料としている。背後で実際に運営し
てきた官僚幹部は、旧政権与党の野党同様、東電にすべての責任をおしつけて、自らの原発政策の責任を棚上げにして暗部に隠れている。東電は原発事故が起きた当初に「自衛隊やアメリカ軍にまかせよう」と逃げだそうとした事実が、批判的マスコミから報じられている。
 
 こうして見ると、石原慎太郎氏を政治的シンボルとするこの国の圧倒的権力をにぎる人たちにとって、原発事故による民衆の悲しみや苦しみは、少しも理解するような想像力の範囲外とされている。社民党国会議員だった保坂氏の原発政策の抜本的見直しをかかげたことに都民は敏感に対応して、ついに自民党と民主党が分裂して
それぞれ乱立したなかで、保坂氏の政治的スタンスに共鳴してとうとう当選まで押し出した。

 この選挙で、共産党は立候補しているが、最下位で落選している。私は、都知事選について充分に理解できずにいたが、保坂展人氏の立候補に至るまでとその結果までを見て、都民が、自らの政治的要求に対応しうる政治的候補者が現れて立候補するなら、世田谷区のような結果を現出させることに、感慨を覚える。


 国会議席は、わずかな弱小勢力と化した社民党であるが、政党というよりも、この政党に属していた保坂氏のように、中学生の頃から管理教育と闘い、内申書裁判に至る経過のように自らが人生を闘い続けた政治家の的確な方針ならば、都民は支持する。今後都知事選は、1970年代の革新自治体を生み出した社共型統一戦線
ではなく、候補者が都民国民の要求に応じうる魅力ある候補者のもとにさまざまな個人や組織が結集して押し出す円卓型の応援団として結集しなければ当選はかなうまい。


 前回都知事選に立候補した吉田万三氏は、区長選に取り組んでいる。彼は、前回も統一戦線を指向して立候補して、開かれた姿勢で対応した。結局は落選したが、吉田氏のような開かれた姿勢と、保坂氏のような魅力ある政治方針と政治家としての資質とを兼ね備えた候補が求められている。少なくとも、今回次点とその下にい
た東国原候補や渡辺候補などの新自由主義政策の政治家を上回るだけの集票力のある候補が要る。私は日本共産党の推薦で革新都政をつくる会から立候補した小池晃氏の、政治家として人格として支持するものである。けれども、都知事選の次回を考えると、保坂展人氏がなぜ世田谷区民の最高の支持を獲得したかを、日本共産党幹
部はもっと分析して理解することが必要と思う。


 これからますます大震災、原発事故を口実とした国民管理のコントロールは強まっていくことだろう。その様相はすでにあちこちで現れ始めている。次の都知事選や衆院選など国政選挙は、選挙制度そのものをファッショ的に改悪して、比例区議席を激減させたり、国会を一院制にしようとしたり、さまざまな策謀のなかで推進
されていく。困難な闘いが続く。報道でさえ、すでに一定の管理下にある。インターネットへの規制も動いている。それでも、広島市長で尽力した秋葉忠利氏や世田谷区長選で当選した保坂展人氏のような存在があることは、京都や川崎の市議選で十議席以上を獲得した共産党市議団のような組織的健闘とともに、失望は早すぎるこ
とを教える思考材料となるだろう。
posted by 風の人 at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

5.7 原発やめろデモ!!!!!!! 渋谷・超巨大サウンドデモ  賛同メッセージ 熊本もやりましょう。+ 河野太郎さん #410nonuke #57nonukes #genpatsu #fukushima #nuclearjp

皆様



おはようございます。
賛同コメント送らせて頂きます。
各地での行動、感謝します。


河野太郎議員から、
確実な原発の止め方について、下記の通り提案があります。

九州から原発さんを永遠にお休み頂くよう、
地元の政治家さんにもお伝えしていきたいと思います。
熊本でも企画させて頂きます。

小出裕章先生も賛同メッセージを寄せて下さいました。

ありがとうございます。


豊田 義信 yoshinobu000-lj(a)infoseek.jp
twitter.com/fusapiero
平和つむぎブログ http://heiwa0.seesaa.net/
(肩書き)トランジションタウン南阿蘇 http://go-surfing.net/minamiaso/
かまわ阿蘇支部 http://kamawa.net/
●にぽんのどくりつ。平和条約でいこ●
●げんぱつさんお休みください●
脱原発系イベントカレンダー http://datugeninfo.web.fc2.com/

------------------
「5.7 原発やめろデモ!!!!!!!」
http://57nonukes.tumblr.com/

賛同メッセージ募集

・お名前
・肩書き
・コメント

をご記入のうえ、こちらのアドレスまで。
Please send your solidarity message to:
410nonuke@gmail.com

いままでに頂いたメッセージは、「賛同メッセージ/Solidarity Message」で見れます。
--------------------


--------------------
「河野太郎公式サイト」
http://www.taro.org/2011/04/post-987.php

声を上げますか、それとも泣き寝入りですか
2011年4月23日 09:25
たくさんの方々にメルマガ、ブログを読んでいただき、誠にありがとうございます。

しかし、これで終わってしまっては意味がありません。

東京電力の福島第一原子力発電所が起こした事故の賠償金を国民の電力料金を引き上げてまかなうという、
政府の東京電力救済案には反対であるというインターネット上のみなさんの意見を、現実の政治に反映していかなければなりません。

ではどうすればよいのか。

地元の国会議員に皆さんの意見をきちんと伝えてください。

どうやって?

あなたは、あなたの選挙区で選出された国会議員がだれか知っていますか。知らなければ調べましょう。衆議院議員と参議院議員がいるはずです。

誰かわかったら、その議員のホームページで、事務所がどこにあるかを調べてください。場所がわかったら、訪ねていきましょう。
遠慮することはありません。そのための事務所です。

今、通常国会が開かれていますから、国会議員は平日は国会にいることが多いので、地元の事務所に行くならば、平日なら月曜日か金曜日が狙い目です。

議員がいなくともかまいません。地元の秘書さんにしっかりと、救済されるべきは被災者であって東電ではない。
東電が支払うべき賠償金を全国の国民の電力料金を引き上げて、国民に負担させるのは筋違いであると指摘して、
現在報道されている政府の案に、議員がはっきりと反対の声を上げることを求めてください。
そして、このことを議員に伝えるだけでなく、この件に関する議員の考えをこちらに伝えてほしいとお願いしてください。

具体的に議員がどう動いてくれるのか、それも教えていただきましょう。

事務所が遠かったりして、訪ねて行きにくいならば、電話をしましょう。電話に出てくれた相手の名前をうかがって、同じことを伝えましょう。電話ならば、一週間後にかけ直すので、それまでに議員の考えを聞いておいてくださいとお願いしましょう。

メールやFAXもありますが、やはり、訪問したり電話をしたりしたほうが、皆さんの考えをしっかりと伝えることができます。

よく、署名活動はどうでしょうかと聞かれます。集めた署名をどうするのでしょうか。

国会への請願という手段もありますが、個々の議員には請願は伝わりません。しかもたいていの場合、委員会で保留ということにされて、文字通りお蔵入りです。努力の割に効果がありません。

デモはどうでしょうか。こういう活動をこれから始めるぞという勢いづけにはいいかもしれません。もし百万人が集まって、東電を救済するな、被災者を助けろとデモができれば、意味があると思います。

五十万人ならば? たぶん。十万人ならば? たぶん。どこでやるのが効果的か考えましょう。

しかし、やっぱり効果的なのは、国会議員それぞれに、大勢の皆さんがきちんとそれぞれのおもいを伝えることです。

リビアと違って、政府軍が銃撃してくることはありません。北朝鮮みたいにそのままどこかに連れて行かれて行方不明になることもありません。

声を上げますか、それとも泣き寝入りですか。
posted by 風の人 at 08:34 | Comment(0) | TrackBack(1) | 一般

5月13日(金)〜15日(日)緊急無料横浜上映会「福島原発で何が起っているのか?」

転送します。

太田光征
http://otasa.net/

        緊急無料上映会

    「福島原発で何が起っているのか?」


この危機的状況を市民がより深く理解するための映像講座として、政府や東電の
バイアスがかかっていない原子力と放射能汚染の専門家二人に、森の映画社の
藤本幸久監督が緊急取材し、4枚のDVDにまとめました。


一人は放射線計測や原子力安全の専門家で、一貫して脱原発の姿勢を貫き続けて
いる小出裕章氏(京大原子炉実験所、著書に「隠される原子力・核の真実」な
ど多数)にお聞きしたもので

A、「福島原発で何が起っているのか―1  2011/3/25
                     インタビュー 56分

B、「福島原発で何が起っているのか―2  2011/4/14
                     インタビュー60分


もう一人は内科医として水俣病、原爆被爆や原発労働者の被曝・労災(JCO臨海
事故も含む)の裁判に係わってきた村田三郎・阪南中央病院幅委員長にお聞きし
たもの

C、「被曝とはー体内被曝と体外被曝 2011/4/15
                     インタビュー 49分

D、「被曝とはー子どもの被曝・労働者の被曝 2011/4/15
                       インタビュー 54分 

5月13日(金)昼の会 A13:00〜、B14:00〜、C15:00〜、D16:00〜   
       夜の会 A18:00〜、C19:00〜

5月14日(土)昼の会 A13:00〜、B14:00〜、C15:00〜、D16:00〜   
夜の会 B18:00〜、D19:00〜

5月15日(日)昼の会 A13:00〜、B14:00〜、C15:00〜、D16:00〜   
夜の会 A17:00〜、C18:00〜

場 所: 新横浜スペース・オルタ
     横浜市港北区新横浜2-8-4オルタナティブ生活館B1
     スペース・オルタ(担当/佐藤 TEL&FAX:045-472-6349)

交 通: 横浜市営地下鉄線・横浜線・新幹線の新横浜駅から
     横浜戦沿い徒歩7分、東ガス手前
 
地 図: http://spacealta.net/#map


マスメディアでは決して聞くことのできないお二人の貴重なインタビューの映像
を、入場無料でご覧いただけます。

また当日、このDVDは1枚1000円でお買い求めいただけます。

>> DVD問合せ/購入先:藤本幸久・影山あさ子
>> 連絡先:
>> marinesgohome@gmail.com
>> tel & fax 011-206-4570
>> 上映案内はここ↓
>> http://america-banzai.blogspot.com/

お買い求めいただき、周りの方にも是非お薦め下さい。市民メディアの頒布と流
通に、ご参加いただけたら幸いです。
posted by 風の人 at 01:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

【4/29】<朝日ニュースター>「子どもを襲う放射能の不安〜学童疎開は必要か」

転送します。

太田光征
http://otasa.net/

----
皆様
お世話になっております。
福島県内の子どもと放射能の問題をテーマに、明日30分間の番組を朝日ニュースターで
放送いたします。ゲストは、フクロウの会の阪上さんとハイロアクションの大賀さん。
ネットでも同時配信いたします。

二本松市の幼稚園や郡山の子育て中のお母さんが勇気をふるって取材に応じてくださいました。
ぜひご視聴ください。

以下 ,番組告知です。
(明日の朝日新聞の朝刊のテレビ欄でも紹介されるそうです)
==========================================
「子どもを襲う放射能の不安〜学童疎開は必要か」
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1024
==========================================
  
文部科学省は4月19日、福島県内の子ども被ばく許容量を年間20ミリシーベルトに引き上げた。
これまで、一般の人の被ばく許容量は1ミリシーベルト。放射線管理区域の5ミリシーベルトを
大きく上回る数字だ。そして、市民による調査で、赤ちゃんに飲ませる母乳からも放射性物質が
検出された。福島市や郡山市といった大きな町で、今、チェルノブイリの退避地域よりも高い
レベルの放射能汚染が広がっている。子どもたちを被ばくから守ろうと取り組むお二人をゲスト
に迎え、原発事故の影響を考える。
 
<ゲスト>
大賀あや子さん(大熊町在住/ハイロアクション/母乳調査・母子支援ネットワーク)
阪上武さん(フクロウの会:福島老朽原発を考える会)
 
<朝日ニュースター>
http://asahi-newstar.com/web/
4月29日(金)23時15分〜放送
*再放送 4月30日(土)18時〜/5月1日(日)10時〜・24時〜/5月4日(水)11時〜
 
<OurPlanetTV>
http://www.ourplanet-tv.org
4月29日(金)23時15分配信開始
 
<DVD>
DVDもご用意しています。(1000円)
お申し込み TEL:03-3296-2720/Emal:info@ourplanet-tv.org
※SHOPからもお求めいただけます
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1025
(5月9日以降の発送となります。緊急でご必要な場合は、別途、ご連絡ください)

*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*
OurPlanet-TV 事務局
東京都千代田区猿楽町2-2-3NSビル202
Tel:03-3296-2720 Fax:03-3296-2730
E-mail :shiraishi@ourplanet-tv.org
Twitter ID: @hamemen
OurPlanet-TV Twitter ID: @OurPlanetTV
URL:http://www.ourplanet-tv.org
*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*
posted by 風の人 at 01:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

【5/2】「20ミリシーベルト」撤回要求 対政府交渉〜福島の子どもたちを守れ!〜

…………………………… 転送・転載歓迎 ……………………………………

FoE Japanの満田です。標記について、日時が確定しました。改めてご案内しま
す。福島の子どもたちを守るため、この「20ミリシーベルト」の撤回を一丸となって
求めていきましょう。ぜひ、ご参加をお願いいたします。

======================================================

■「20ミリシーベルト」撤回要求 対政府交渉 
 〜福島の子どもたちを守れ!〜
http://www.foejapan.org/infomation/news/110428.html

・日時:2011年5月2日(月) ※ 昼食はすませておいてください。
・会場:参議院議員会館1F 講堂
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm

11:45      参議院議員会館ロビー集合
12:15〜13:15 市民の事前打ち合わせ
13:30〜14:00 厚生労働省との交渉 3月28日交渉での賛同署名提出など

14:30〜16:00 文科省、原子力安全委員会との交渉
 ★最初に20ミリシーベルト撤回要請書・ネット署名の提出 

 >ネット署名はこちら(30日23時まで)
 http://www.foejapan.org/infomation/news/110425.html

16:00〜16:40 記者会見
その後 約1時間 交流会

※背景・趣旨など
4月19日、文部科学省は、学校等の校舎・校庭等の利用判断における放射線量の
目安として、年20ミリシーベルトという基準を、福島県教育委員会や関係機関に
通知しました。政府は、これは屋外で3.8マイクロシーベルト/時に相当すると
しています。

3.8マイクロシーベルト/時は、労働基準法で18歳未満の作業を禁止している
「放射線管理区域」(0.6マイクロシーベルト/時以上)の約6倍に相当する線
量です。また、年20ミリシーベルトは、ドイツの原発労働者に適用される最大線
量に相当するものです。

21日に行われた政府交渉においては、この「20ミリシーベルト」という基準は、
きわめてずさんなプロセスによって決定されたことがわかってきました。

・本基準は、子どもの感受性を考慮にいれたものではない
・本基準は、内部被曝を考慮にいれたものではない
・原子力安全委員会は、会議を開くことなく、2時間で本基準を了承した

※参考情報 4月21日 政府交渉報告
 http://blog.canpan.info/foejapan/daily/201104/21
NGO側の要求・質問:「美浜の会」のページ
http://www.jca.apc.org/mihama/fukushima/mext_neg20110421.htm

※その後の情報
21日の交渉以降、国側は何も資料を出していません。出して来たのは下記のみ。
・文科省から:既に文科省のHPで公表している、4月19日付の20ミリシー
ベルト基準に関する資料のみ
・原子力安全委員会から:4月19日14時頃に原子力災害対策本部から助言を
求められ、16時頃に助言の回答をしたという図式資料のみ。
http://www.foejapan.org/infomation/news/genshiryoku_20110427.pdf

・4月25日に文科省と原子力安全委員会が福島みずほ議員事務所を訪れました。
福島議員は、5月2日に再度の交渉を持つこと、原子力安全委員会のこの問題に
対する4月19日以前の議事録、議員の発言に関する克明なメモの提出を求めら
れました。 

■厚労省との交渉は、3月28日厚労省交渉で出した要求書への賛同署名提出と、
子ども年20ミリシーベルト問題で厚労省にも撤回を求めます。
 政府の原子力対策本部は文科省と厚労省に子ども年20ミリシーベルト基準を
伝えています。厚労省は保育園を管轄しています。厚労省の姿勢も問題になりま
す。そのため、グリーン・アクション/フクロウの会/美浜の会で4月26日に
急きょ要請・質問書を出しました。
 要請・質問書はこちら http://www.jca.apc.org/mihama/fukushima/mhlw_q20110426.htm
posted by 風の人 at 01:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年04月28日

農民の4・26東電前抗議行動

東電本店前に400人、「全面賠償せよ」と怒りの行動 | 農民連・東日本大震災救援情報
http://earlybirds.ddo.jp/nouminren/?p=374

「避難勧告が出たのでやむなく避難したが、置いてきた牛たちは、1週間後には無残にも何頭かが倒れて動かない。それからは警察にとめられながらも2日に1 回えさをやりに入っている。今まで元気だった牛たちをこんな姿にしてしまった」(福島県葛尾村の畜産農家)、「26年間、有機農業で米を作ってきた。除草剤も使わず、はいつくばって草をとってきた俺の田んぼにも放射能がぶんまかれてしまった。『安全な食べ物です』といって売ってきたのに、もう胸を張って売れない。どうすればいいのか」(北茨城市の米農家)


太田光征
posted by 風の人 at 00:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年04月27日

【4/29】小出裕章・広瀬隆「終焉に向かう原子力」

      「終焉に向かう原子力」第11回

       チェルノブイリ原発事故25周年

     東海地震の前に浜岡原発を停止させよう
       福島原発震災をくりかえすな

■浜岡原発現地報告 (13:00〜)
 ・伊藤実氏  (浜岡原発を考える会・代表)
 ・生方卓氏  (明治大学教員)
 ・内藤新吾氏 (日本福音ルーテル掛川・菊川教会牧師)

■講演 (14:20〜)
 ・小出裕章氏 (京都大学原子炉実験所)
   「悲惨を極める原子力発電所事故」               
 
 ・広瀬隆氏 (作家、ジャーナリスト)
  「原子炉時限爆弾――年々迫る東海大地震と、浜岡原発の危機」

■日時: 2011年4月29日(金) 13:00〜17:00(開場12:30)

■場所: 明治大学アカデミーコモン内 アカデミーホール

■交通:
 JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線/御茶ノ水駅 下車徒歩3分
 東京メトロ千代田線/新御茶ノ水駅 下車徒歩5分
 都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線/神保町駅 下車徒歩5分

■地図:  明治大学への行き方
   http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html

■参加費: 1000円 (予約不要)

■主催: 「終焉に向かう原子力」実行委員会       
     浜岡アクション
       (東海地震の前に浜岡原発を停止させよう首都圏アクション)
     現代史研究会

■問合せ先: TEL/FAX 03-3739-1368
   携帯  090-9137-2437

------------------------------------------------------------

以下、おまけ情報です。

講師紹介:

小出裕章(こいで ひろあき)
 京都大学原子炉実験所助教。
 1949年東京都生まれ。72年東北大学工学部原子核工学科卒業。74年東北大学大
学院工学研究科原子核工学修了。74年から現職。伊方原発訴訟住民側証人。著書
に『放射能汚染の現実を超えて』、『隠される原子力 核の真実』、共著に『原
子力と共存できるか』など。
小出氏の発言をまとめた非公式ブログ: http://hiroakikoide.wordpress.com/
『隠される原子力』小出さんの山口県柳井での講演映像(3月20日):
http://www.youtube.com/watch?v=4gFxKiOGSDk


広瀬隆氏 (ひろせ たかし)
 作家、ジャーナリスト
 1943年東京都生まれ。早稲田大学理工学部卒業。
 著書に『東京に原発を!』『ジョン・ウェインはなぜ死んだか』『危険な話
チェルノブイリと日本の運命』『眠れない話 刻々と迫りくる日本の大事故』
『赤い楯―ロスチャイルドの謎』『原子炉時限爆弾 大地震におびえる日本列島』
等多数
『広瀬隆さんが怒りの講演〜「福島原発事故と放射能汚染」』3日26日講演映像
  http://www.ustream.tv/recorded/13570192
posted by 風の人 at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

電力業界による二酸化炭素排出枠の購入

温室ガス、90年度比4.1%減=09年度、削減目標は達成−環境省
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011042600321

「電力業界が自主的に同4.1%分の排出枠を購入しており、全体で同13.5%の削減になる。」

気候変動枠組み条約、京都議定書は破綻しています。日本だけ二酸化炭素の排出量を削減しても世界全体では意味がない。二酸化炭素の排出を減らしたいなら、新たな枠組みを作る必要があります。

その購入額は東日本大震災の被災者補償金に当てるべき。

太田光征
http://otasa.net/
posted by 風の人 at 01:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年04月26日

【連名依頼】緊急声明と要請:子どもに「年20ミリシーベルト」を強要する日本政府の非人道的な決定に抗議し、撤回を要求

転送します。最終締切が延びました。

<一次締め切り:4月25日(月)23時>
<最終締切:4月30日(土)23時>

経過報告
http://blog.canpan.info/foejapan/daily/201104/25
署名ページ
https://spreadsheets.google.com/viewform?hl=en&formkey=dFUyRmU4Wl9tczRVeVdHNE1GZnJrbGc6MQ#gid=0
または
https://spreadsheets1.google.com/spreadsheet/viewform?hl=en&hl=en&formkey=dFViLWlJSXVRSEw0NjNRWE1DQVk3MUE6MQ#gid=0


太田光征
http://otasa.net/

-----(転送歓迎)
美浜の会、フクロウの会、グリーン・アクション、FoE Japan、グリーンピース・ジャパン、原子力資料情報室の6団体は、下記のような緊急声明および要請を政府に対して提出します。連名可能な団体・個人は、4月25日(月)23時(一次締め切り)までに、下記よりご連絡ください。
http://blog.canpan.info/foejapan/daily/201104/23

=======以下声明&要請文本文
呼びかけ団体:グリーン・アクション、グリーンピース・ジャパン、原子力資料情報室、福島老朽原発を考える会、美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会、国際環境NGO FoE Japan
http://blog.canpan.info/foejapan/daily/201104/23

【緊急声明と要請】
子どもに「年20ミリシーベルト」を強要する日本政府の非人道的な決定に抗議し、撤回を要求する

4月19日、文部科学省は、学校等の校舎・校庭等の利用判断における放射線量の目安として、年20ミリシーベルトという基準を、福島県教育委員会や関係機関に通知した。この年20ミリシーベルトは、屋外で3.8マイクロシーベルト/時に相当すると政府は示している。
3.8マイクロシーベルト/時は、労働基準法で18歳未満の作業を禁止している「放射線管理区域」(0.6マイクロシーベルト/時以上)の約6倍に相当する線量を子どもに強要する、きわめて非人道的な決定であり、私たちは強くこれに抗議する。

年20ミリシーベルトは、原発労働者が白血病を発症し労働認定を受けている線量に匹敵する。また、ドイツの原発労働者に適用される最大線量に相当する。さらにこの基準は、大人よりはるかに高い子どもの感受性を考慮にいれておらず、また、内部被曝を考慮していない。
現在、福島県によって県内の小・中学校等において実施された放射線モニタリングによれば、「放射線管理区域」(0.6マイクロシーベルト/時以上)に相当する学校が75%以上存在する。さらに「個別被ばく管理区域」(2.3マイクロシーベルト/時以上)に相当する学校が約20%も存在し、きわめて危険な状況にある。

今回、日本政府が示した数値は、この危険な状況を子どもに強要するとともに、子どもの被曝量をおさえようという学校側の自主的な防護措置を妨げることにもなる。
文科省は、20ミリシーベルトは、国際放射線防護委員会(ICRP)勧告Pub.109およびICRP3月21日付声明の「非常事態収束後」の基準、参考レベルの1-20ミリシーベルトに基づくとしているが、その上限を採用することとなる。
21日現在、日本政府からは、本基準の決定プロセスに関しては、何一つ具体的な情報が開示されていない。また、子どもの感受性や内部被曝が考慮されなかった理由も説明されていない。文科省、原子力安全委員会において、どのような協議が行われたのかは不明であり、極めてあいまいな状況にある(注)。

私たちは、日本政府に対して、下記を要求する。
・子どもに対する「年20ミリシーベルト」という基準を撤回すること
・子どもに対する「20ミリシーベルト」という基準で安全とした専門家の氏名を公表すること

(注)4月21日の政府交渉で、原子力安全委員会は正式な会議を開かずに、子どもに年20ミリシーベルトを適用することを「差支えなし」としたことが明らかになった。また、4月22日、5人の原子力安全委員の意見とりまとめについて議事録は無かったと、福島瑞穂議員事務所に回答している。

(参考)
4月21日付ドイツシュピーゲル誌の20ミリシーベルト設定に関する記事(「文部科学省、子どもたちに対してドイツの原発労働者と同様の被爆限度基準を設定」)より、専門家のコメント
エドムント・レンクフェルダー(オットーハーグ放射線研究所)
「明らかにがん発症の確率が高まる。基準設定により政府は法的には責任を逃れるが、道徳的には全くそうではない。」

※参考情報:4月21日、文科省・原子力安全委員会との交渉報告(FoEブログ)
http://blog.canpan.info/foejapan/daily/201104/21
posted by 風の人 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年04月25日

【4・27緊急院内集会】福島原発事故・公開質疑〜事態の見通しと対応策

転送します。

太田光征
http://otasa.net/

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

東京の杉原浩司です。福島(東電)原発事故の対応において、「知る権利」や「予防原則」がないがしろにされ、「被害最小化責任」さえ放棄されています。そうした中、超党派議員有志と市民、専門家が共同して、責任当局を問いただし、必要な対応策を実行させていくための貴重な機会です。
崎山比早子さん、山崎久隆さん、澤井正子さん、槌田敦さんなども参加されます。平日昼間ですが、可能な方はぜひご参加ください。[重複失礼]

 杉原浩司  kojis@agate.plala.or.jp (携帯)090-6185-4407

こちらに掲載 → http://2011shinsai.info/node/85 (質問書も見られます)

……………………………………………………………………………………

            <転送・転載歓迎>

【緊急院内集会】

<福島原発事故に関する公開質疑〜事態の見通しと対応策〜>

【日時】4月27日(水) 13:00〜15:00 (12:30 開場)

【場所】衆議院第1議員会館 1階 多目的ホール(定員198人)
(東京都千代田区永田町2-2-1、最寄駅:国会議事堂前または永田町)
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm
※12:30から13:15頃まで議員会館受付ロビーで係が通行証を配ります。

 福島原発が深刻な事態に陥って40日になろうとしています。少なくとも4機の原発からは、今なお大量の放射性物質の放出が続いており、大気と土壌と海水、地下水の放射能汚染は広がり続けています。東電は事故収束の工程表を発表しましたが、それで収まる保証は何もありません。そのため、福島県民をはじめ、東北、関東全域の住民に大きな不安と生活の危機が広がっています。放射能被害を最小限にとどめ、どう回避できるかは、緊急かつ国際的にも大きな課題となっています。
 そこで緊急に、事態を憂慮する超党派の国会議員たちと市民が共同して、政府の対策本部、原子力安全委員会、原子力安全・保安院に対し、情報の完全公開を求め、原発危機がさらに悪化する可能性と、その場合の避難対策について問いただす公開質疑の場を設けることになりました。
 どうすれば生命を守れるか――政府の事故対策の責任者に直接に質問を行い、回答を求める機会になりますので、ぜひご参加ください。

◆当日は崎山比早子さん(元放射線医学総合研究所主任研究官、高木学校)、山崎久隆さん(たんぽぽ舎)、澤井正子さん(原子力資料情報室)、槌田敦さん(元名城大学教授)など原発事故に詳しい専門家も参加されます。

※あらかじめ資料請求書と質問書を当局に提示し、資料と質問関連データの事前提出を求めたうえで、原子力安全委員会、原子力安全・保安院の責任者の出席を求めています。

【参加費】無料

【主催】超党派国会議員有志
呼びかけ議員(所属会派)
[衆議院]石田三示(民主)、稲見哲男(民主)、服部良一(社民)、
山崎誠(民主)
[参議院]川田龍平(みんな)、平山誠(民主)  (4月25日現在)
(連絡先)服部良一事務所 (TEL)03-3508-7056 [担当:芦澤]

【協力】福島原発事故緊急会議
(連絡先)ピープルズ・プラン研究所
(TEL)03-6424-5748 (E-mail)ppsg@jca.apc.org

【賛同】脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会(eシフト)
(連絡先)国際環境NGO FoE Japan (TEL)03-6907-7217
posted by 風の人 at 20:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

4/30 2DAYS "さよなら原発"VOL.2 『LIVE&TALK』正木高志さん達と熊本市からはっしん

皆様


たびたびの重複メイルを失礼します。
正木ラビさんよりお知らせ頂きました。
九州より、手をとりあってよろしくお願い致します。
感謝して、転送させて頂きます。

脱原発系イベントカレンダーさん http://datugeninfo.web.fc2.com/
ありがとうございます。

豊田 義信 yoshinobu000-lj(a)infoseek.jp
twitter.com/fusapiero
平和つむぎブログ http://heiwa0.seesaa.net/
トランジションタウン南阿蘇 http://go-surfing.net/minamiaso/
かまわ阿蘇支部 http://kamawa.net/
●にぽんのどくりつ。平和条約でいこ●
●げんぱつさんお休みください●



"masaki ravi"


4月10日のさよなら原発ミーテイング@アンナプルナ農園でのUAライヴ
を受けて、熊本の音楽シーンで活躍するSON君の企画で今度は熊本市から
「さよなら原発」を発信します。
お近くの方、または遠くの方、通りすがりの方ぜひこの機会に集い、脱原発
への道を計画しましょう。
オトラビもただ今次なる「さよなら原発企画」を思案中です。
決まり次第お知らせしますね☆

先日youtubeでアップしたさよなら原発ミーテイングの映像をUAと
再編集しました。最初の動画は削除するのでどうぞよろしゅう。
ニューバージョンを下に貼り付けます☆
http://www.youtube.com/watch?v=dCUqqPD7Occ


         ○〜☆〜☆〜☆〜○

2DAYS"さよなら原発"VOL.2 『LIVE&TALK』
"さよなら原発"二日目は、正木高志さんのお話からスタートします。
知ることから、また一歩先へ。
子供たちの未来を創るために私たちに出来ることは何?

2DAYS"さよなら原発"VOL.2
『LIVE&TALK』
4.30 SAT.@Private Lodge

★時間:open 17:00 start 17:30

★料金:1500yen+1drink order

★出演:
熊本ジェンベクラブ
正木高志
フジイモン
川原一紗と藤川潤司
えま&慧奏

★予約:Private Lodge cafe&diner(熊本市上林町3-33 2F)
096-323-3551
info@private-lodge.net
※お名前と連絡先をお伝え下さい。

★お問い合わせ:SON(090-2084-1111)
posted by 風の人 at 09:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

4/24-30 原始力柿渋塗りとデッキはり、ゲル搬入と設置 25原発学習会 26 チェルノブイリつながるキャンドルナイト

皆様


24日、各地でのデモ、ありがとうございました。
菜の花でも、きれいでした。

葉山での田中優さんUstreamも!録画アーカイブ、感謝です。
http://www.ustream.tv/channel/田中優さんのお話会-葉山

昨日から始まった、祈りを込めて、原始力で柿渋塗り。
お集り下さった方々へ、マクロビおにぎり等ございます。
基本は朝9時〜。
休憩の合間にパーマカルチャー菜園の畝立てもあります。

昨日は、7人くらいで、皆職人さんになりました。
雨の中、ブルーシートの下、柿渋ぬったり、かんなをかけてめんとりしたり。


モンゴルのゲルをのせるウッドデッキに
古来の工法をもちいて柿渋塗り。
24日は、県産材の角材のめんとり。
かんなで角っちょを削りました。

ゲルで共同生活、エコビレッジというか里山文化、
ここからまた始まるか。

お昼ご飯、マクロビお惣菜とみそ汁、玄米おにぎり、ありがとうございます。
17時前、作業終え、地元の温泉へ。
あったまり、
19時〜田中優さん講演会@葉山をUstream、みんなでみながら、ちょいと一杯。


今日25日も9時から塗り続けます。

それから、由緒ある神社での原発学習会13時〜。

なので、作業はお昼ご飯まで。



26日も1日作業した後、
夜は広島のチェルノブイリ25周年集会に合わせて、
キャンドルナイトです。


トランジションタウン福岡から南阿蘇へゲルの大移動と搬入。
設置と建設は来月もつづきます。
お手伝いできる方、メイル下さい。


げんぱつさん、ありがとう。
げんぱつさん、おやすみください。

豊田 義信 yoshinobu000-lj(a)infoseek.jp
twitter.com/fusapiero
平和つむぎブログ http://heiwa0.seesaa.net/
トランジションタウン南阿蘇 http://go-surfing.net/minamiaso/
かまわ阿蘇支部 http://kamawa.net/
●にぽんのどくりつ。平和条約でいこ●
●げんぱつさん、ありがとう。お休みください●
脱原発系イベントカレンダー http://datugeninfo.web.fc2.com/
posted by 風の人 at 08:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

各地のデモとドイツの報道/脱原発おもしろパンフ

転送します。

太田光征
http://otasa.net/

---
札幌の本田宏です。複数のMLに同時投稿しますが、主に北海道向けです。転送自由です。
昨日、4月24日は全国で脱原発を求めるデモが行われました。東京では芝公園でのデモと渋谷での「エネルギー・シフト・パレード」に各5000人、静岡で1300人、広島で400人の参加があったようです。

原子力から自然エネルギーへ 転換求め東京でデモ
朝日新聞2011年4月24日23時8分
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201104240173.html

残念ながら札幌ではなく、チェルノブイリ原発事故を記憶して毎年恒例となっている集会とデモは4月26日の11時に予定されていますが、残念ながら平日となっています。札幌では4月10日のデモに若い人たちや家族連れの方々、在住外国人の方など、様々な市民が500人集まりました。同様のデモは、福島で放射線の危険にさらされている子どもたちと連帯するために、少し間はあきますが5月5日に予定されています。北海道での各種のイベントについては以下のサイトをご覧ください。
「原発あぶナスぎ!脱原発・北海道Action」http://blog.goo.ne.jp/nonukes

初めてデモに参加する方は、以下のサイトが役に立つと思います。「はじめてのデモ」
http://blog.goo.ne.jp/nonukes/c/20b65c172f0e7f7038fe4b18c3229dde

関西の方たちがつくったおもろいパンフです。「天災は止められへんけど、原発は止められる」https://stop-genpatsu.up.seesaa.net/image/stop-g.pdf

全国での脱原発を求めるイベント情報はこちら「脱原発系イベントカレンダー」
http://datugeninfo.web.fc2.com/

以下はシュピーゲル・オンライン2011年4月24日の記事の論調です。
「数千人の日本人が脱原発を求めるデモ 福島原発災害」
http://www.spiegel.de/panorama/gesellschaft/0,1518,758836,00.html
日本が変わってきた。東京で今、数千人が街頭で原発に抗議している。人々の抗議は福島の損壊した原発の事業者に向けられている。一方、津波の被災地域では月曜に1万2千人の行方不明者の捜索が続けられることになっている。
東京―日本ではこうした光景はほんの数週間前には考えられなかった。数千人が日曜日に東京で脱原子力と再生可能エネルギーの推進を訴えてデモに参加した。デモには多くの若者や家族連れが参加し、「バイバイ原発」といったプラカードを掲げた。首都で行われた別のデモでは、同様に数千人が損壊した福島原発の事業者である東電に対する不満をあらわにした。脱原子力の可能性はこれまで日本では公に議論されてこなかった。
かなりのデモ参加者は、今回の原発事故の以前は核エネルギーの危険性について考えてこなかったと言う。「でも今は多くの人々が、例えばドイツのような諸外国と同じように参加しています」と参加者の女性は言った。原発事故の発生後、人々が街頭でのデモに出てくるまで比較的時間がかかったのは、この国を襲った地震・津波災害が影響していると、グリーンピース・ジャパンの事務局長、佐藤潤一は話した。被災者の支援がまず優先されたからだという。(以下略)(ore/AFP/AP/dpa)

Hiroshi Honda 本田宏
posted by 風の人 at 03:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

最大需要電力量も原発なしで火力・水力だけで賄える

講演会「核(原子力)と人類は共存できるのか?」at 札幌 2010年4月10日(土)
今私たちが知っておかなければならない、核・原子力の真実
京都大学・原子炉実験所 小出 裕章
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/genpatu/spr100410.pdf

小出先生の上記ファイルから発電設備容量と最大需要電力量の関係に関する部分を抜粋しておきます。

太田光征
http://otasa.net/


Z.原子力からは簡単に足を洗える

原子力は即刻やめても困らない

日本では現在、電力の約30%が原子力で供給されています。そのため、ほとんどの日本人は、原子力を廃止すれば電力不足になると思っています。また、ほとんどの人は今後も必要悪として受け入れざるを得ないと思っています。そして、原子力利用に反対すると「それなら電気を使うな」と言われたりします。

しかし、発電所の設備の能力で見ると、原子力は全体の18%しかありません。その原子力が発電量では28%になっているのは、原子力発電所の設備利用率だけを上げ、火力発電所のほとんどを停止させているからです。原子力発電が生み出したという電力をすべて火力発電でまかなったとしても、なお火力発電所の設備利用率は7割にしかなりません。それほど日本では発電所は余ってしまっていて、年間の平均設備利用率は5割にもなりません。つまり、発電所の半分以上を停止させねばならないほど余ってしまっています(図24 参照)。

ただ、電気は貯めておけないので、一番たくさん使う時にあわせて発電設備を準備しておく必要がある、だからやはり原子力は必要だと国や電力会社は言います。しかし、過去の実績を調べてみれば、最大電力需要量が火力と水力発電の合計以上になったことすらほとんどありません(図25 参照)。電力会社は、水力は渇水の場合には使えないとか、定期検査で使えない発電所があるなどと言って、原子力発電所を廃止すればピーク時の電気供給が不足すると主張します。しかし、極端な電力使用のピークが生じるのは一年のうち真夏の数日、そのまた数時間のことでしかありません。かりにその時にわずかの不足が生じるというのであれば、自家発からの融通、工場の操業時間の調整、そしてクーラーの温度設定の調整などで充分乗り越えられます。今なら、私たちは何の苦痛も伴わずに原子力から足を洗うことができます。

YouTube - 【大切な人に伝えてください】小出裕章さん『隠される原子力』, http://www.youtube.com/watch?v=4gFxKiOGSDk&feature=player_embedded
posted by 風の人 at 03:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

原発はLNG火力より発電コストが高い

NPO法人 環境市民 - 原発はコストや温暖化防止効果だってメリットない
http://www.kankyoshimin.org/modules/blog/index.php?content_id=77

上記ブログから主に原発のコストに関する部分を要約します。

太田光征
http://otasa.net/


発電単価(円/kWh)
      電気事業連合会(2003年)※1  原子力情報資料室(2006年)※2
原子力   5.3              5.73
LNG火力   6.2               4.88

原発立地交付金(2002年):1kWhあたり1.6円※3 → 原発発電単価5.3円に足すと6.9円

※1 総合資源エネルギー調査会電気事業分科会資料「モデル試算による各電源の発電コスト比較」2003.12

※2 原子力発電コストの試算結果について(速報版)(2ページ)
  2005 年3 月28 日
  原子力資料情報室
  http://cnic.jp/files/nukecost20050328.pdf

※2 原子力発電の経済性に関する考察(43ページ)
  2005 年6 月12 日
  公益事業学会 第55 回 全国大会
  勝田忠広1、 鈴木利治
  http://cnic.jp/files/cost20060612main.pdf
  原子力発電にとって有利な想定(稼働率80%、運転年数40年)で計算

※3 コスト計算に含まれない原子力発電の諸費用に関する調査研究
  原子力資料情報室●伴 英幸/勝田 忠弘/藤野 聡(2006年)
  http://www.takagifund.org/grantee/r2006/03-35.pdf

使用済み燃料や放射性廃棄物の処理処分などにかかる「バックエンド費用」は、電事連の試算によると今後18.8兆円※4必要。このうち、費用回収の仕組みがあるものは約10.1兆円で、再処理工場の解体費用や、その際に出る廃棄物の処分費用などを含む残り8.7兆円は、費用回収の仕組みがまだない。

※4 電気事業分科会コスト等検討小委員会資料より 2004年1月

ウランの「確認可採埋蔵量」は85年分。ウランは今世紀に入ってから価格が12倍以上に。原油は同期間6.6%アップ。途上国で原発建設が進めば、「可採」年数は短くなる。
posted by 風の人 at 03:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

ソフトバンク社長の脱原発記者会見

転送します。

太田光征
http://otasa.net/

---
札幌の本田宏です。複数のMLに同時投稿します。転送自由です。フリーの記者が設立した自由報道協会の主催で、「エネルギー政策の転換に向けて」と題したソフトバンク社長・孫正義氏の記者会見が4月22日、行われています。東電との関連の深いライバル企業への対抗意識やビジネス上の思惑もあるとは想像できるものの、データの提示・分析を交えた説得力のあるプレゼンテーションで、脱原子力の方向を明確した内容となっています。以下は要点です。

孫正義記者会見 自由報道協会主催









Video streaming by Ustream

・世界の原発の平均耐用年数は22年。これに対して、日本の原子力安全保安院は、昨年、東電が稼働から40年を越えた福島第一原発の運転継続を認可している。
・世界の原発建設のピークは1980年代前半。現在は建設のペースが低く、このペースで建設をしていっても、世界の原子力発電量はこれから大きく低下していく。
・原子力の発電コストには隠れたコストがあり、実際にはかなり高い。原子力関係予算で政府が4000億円(地域対策交付金や、もんじゅ開発費など)負担しており、このほかに核廃棄物の処理費用や事故対策費が膨大にかかるおそれがある。
・資源エネルギー庁が出している電源別発電単価は原子力がキロワットあたり5、6円としているが、電力会社が原発建設時に政府に申請している発電単価はキロワットあたり15〜20円と記載されている。
・アメリカでは2010年に太陽光の方が原発よりコストが安くなった。
・2011年は日本のエネルギー政策の転換の年であるべき。孫正義は「自然エネルギー財団」設立を決定。シンクタンクとして政策提言をしていきたい。
・晴天時には太陽光を特に一日の電力重要が最大に達するピーク時の発電に活用し、雨天時には火力を使えばよい。
・ドイツなどのEUの国々では太陽光発電による電力を電力会社が20〜25年間、キロワット当たりEU平均で58円の価格で買い取るよう義務付けた。この自然エネルギー電力固定価格買取制度によって、爆発的に太陽光発電の発電量が増えた。
・日本では電力会社に買い取るかいなかをまかせてきたために、電力会社はキロワットあたり10〜12円の低価格でしか買い取ってこなかったために、自然エネルギー発電の普及が遅れた。ようやく今年3月11日、地震発生当日に、全量買取制度(20年間、40円)の推進が閣議決定された。地熱発電も世界の設備の75%は日本製だが、日本国内での普及は遅れている。

Hiroshi Honda 本田宏
posted by 風の人 at 01:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

「原発は安い」は本当か

「原発は安い」は本当か | ザ・ニュース- 自由報道協会
http://fpaj.jp/news/archives/2546

マル激トーク・オン・ディマンド 第523回(2011年04月23日)
「原発は安い」は本当か
ゲスト:大島堅一氏(立命館大学国際関係学部教授)

(以下、抜粋)

太田光征
http://otasa.net/

大島氏は、原発の商用利用が始まった1970年以降に原発にかかったコストの実績値を計算した。その結果、「原発が安い」のは電力会社から見れば本当なのだが、われわれ利用者にとっては間違っていると話す。一体どういうことか。
発電にかかるコストとしてよく電力会社が出す数値は、たとえば04年に電気事業者連合会が経産省の審議会に提出した資料では、1キロワット時あたり、水力(揚水発電を除く一般水力)は11.9円、石油10.7円、天然ガス6.2円、石炭5.7円、そして原子力は5.3円としている。これは、稼働率を80%に設定するなど、ある一定の条件を想定して計算した値だ。この数値はあくまでモデル計算の結果であり、本当にかかったコストはこの方法ではわからない。
さらに、われわれ利用者の負担という観点で考える時に重要なのは、「見えないコスト」と「バックエンド費用」だという。「見えないコスト」とは、国からの財政支出だ。技術開発費や立地対策費がエネルギー特別会計の中から支出されるが、電源別に集計されていない交付金もあり、知らない間に原子力にお金が出ている状態が作られていると大島氏は話す。大島氏が集計したところ、1970年〜2007年の交付金の約7割が原子力に支出されており、ほとんど「原子力交付金」だということがわかったという。つまり、原発は国の優遇策を受け、必要なコストは国、つまり国民の税金で負担してきた。そのために、電力会社にとっては「原子力は安い」のだと大島氏は言う。

大島氏は1970年〜2007年の約40年間について、想定のモデル計算ではなく、実際に発電にかかったコストを、財政支出の国民負担についても合算して計算した。その結果、1キロワット時あたりのコストは、原子力10.68円、火力9.90円、水力7.26円と、原子力はもっとも高かった。
もう一つの「バックエンド費用」とは、原子力特有の使用済み燃料の再処理費などのことで、これは燃料費など発電に必要な費用と共に、電気料金に算入されている。つまり、われわれ利用者が電気料金の中で負担させられている。大島氏は、たとえば使用済み燃料の再処理に11兆円以上が掛けられているが、そこで得られるプルトニウムはウランで購入した場合の9000億円分でしかないなど、バックエンド費用には今の原子力政策が抱える不合理が多々あり、それをわれわれが知らされないまま、原子力を選択してきたのではないかと指摘する。
posted by 風の人 at 01:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

内部被ばく:肥田舜太郎医師と福島の女性

YouTube - 肥田舜太郎医師と福島の女性
http://www.youtube.com/watch?v=tCV3beH_IWI



原発なしで暮らしたい100万人アクション in ヒロシマ!
http://nonukesaction.jugem.jp/

----------------------

太田光征
http://otasa.net/
posted by 風の人 at 01:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

2011年04月24日

測定器47台プロジェクト、いよいよ本格始動

測定器47台プロジェクト : いよいよ本格始動
http://sokuteiki.exblog.jp/15345572/

「フランスの市民団体から支援を受けることができ、また入手困難を極めるなか、ロシア方面から放射線測定器13台を購入できる見通しになり、今月末から5月初めにかけて福島へ測定器を配備出来ることになりそうです。」

------------------

太田光征
http://otasa.net/
posted by 風の人 at 03:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。