2008年06月01日

「ジャパニメーションはなぜ敗れるか」

最近発見したお勧め図書のご案内です。
「ジャパニメーションはなぜ敗れるか」
(大塚英志、大澤大信亮著 角川oneテーマ21 )。

「戦後日本マンガ・アニメのスタートは、
ディズニーアニメの模倣と戦時下の統制にあった」という、
日本人が忘れている(知らない)事実から書き起こして、
今進められているアニメの国策化と排他的ナショナリズムは、
日本アニメの衰退を招くだろうと警鐘を鳴らしています。

また次のような重要な指摘も見られます。
日本人はとかく「中国にパクられるとマジ切れするのに、
アメリカにパクられるとデレデレする」。
今や無意識レベルにまで到達した、
脱亜入欧的対米コンプレックスを突いて秀逸です。

これを克服しなければ日本アニメの未来は危うい! 
新書で780円です。
               川西玲子
 
posted by 風の人 at 19:44 | Comment(1) | TrackBack(2) | 一般
この記事へのコメント
初めまして!
TBさせていただきました。

脱亜入欧的対米コンプレックス
はアニメに限らず政治や経済の
面で様々に起こっていますが
一元化は非常に危険な傾向ですよね>_<
Posted by ちぇこ at 2009年04月13日 13:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

08年6月1日 日曜日  天下り
Excerpt: 08年6月1日 日曜日  天下り  昨日、特殊法人の天下りや法人縮小それに改革が如何にまやかしかをテレビ放送の中からテロップを多用して書いた。憲法などの法律問題と違って、このような話は複雑でやゃっこ..
Weblog: 護憲+グループ・ごまめのブログ
Tracked: 2008-06-01 20:18

「ジャパニメーション」はなぜ敗れるか
Excerpt: 「ジャパニメーション」はなぜ敗れるか (角川oneテーマ21)著者:大塚 英志販売元:角川書店発売日:2005-11-10おすすめ度:クチコミを見る 第1部 筆者の主張を簡潔に言えば日本のマンガ..
Weblog: ☆ひま人日記☆
Tracked: 2009-04-13 12:46

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。