2008年05月09日

「宇宙基本法」の「2時間審議」に反対する

各委員にFAXを送付しました。


「宇宙基本法」の「2時間審議」に反対します

軍事衛星に防衛目的、侵略目的の区別はつきません。日本の国是に関わる法案の「2時間審議」などもってのほかです。

野党は断固反対を貫くべきです。

太田光征

9条は世界史の本流:9条世界会議(初日全体会議)の報告
http://kaze.fm/wordpress/?p=198



【転載】
杉原浩司(核とミサイル防衛にNO!キャンペーン)です。遅い時間の呼びかけとなりすみません。[転送・転載歓迎/重複失礼]

【天空の軍需利権法=宇宙基本法案の衆議院採決の強行を許さない!】

大変悲しいことですが、「宇宙基本法案」の衆議院内閣委員会での審議と採決が本日5月9日(金)に強行されようとしています。午前10時15分から約2時間の質疑後すぐに採決となります(12時から20分間、法案に反対してきた共産党の吉井英勝議員が最後の質問者として登場します)。憲法9条に基づく平和主義の「国是」の一つとして曲がりなりにも維持されてきた「宇宙の平和利用原則」を崩壊させる恐れの高い法案を、たかが2時間の審議で採決すること自体、言語道断と言うべきです。本来であれば、参考人質疑などを開き、十分な時間をかけて慎重に審議すべきところです。こうした軽率な国会運営を主導して恥じない自民、公明、民主の各党に強く抗議するものです。

民主党関係者は「日本国憲法の平和主義の理念」との文言を三党共同提案に入れさせたことをもって、軍事利用の懸念は当たらないとしていますが、もともと自民、公明間で妥協を図る際に入れられた言葉に過ぎません。法案には「宇宙開発利用は…国際社会の平和及び安全の確保並びに我が国の安全保障に資するよう行われなければならない」との文言が明記されており、「非軍事」の原則がないがしろにされていることは明らかです。

民主党に対しては、防衛省が宇宙政策を管轄することを排除できるのか、偵察衛星の高性能化に踏み込むことはないのか、軍事専用通信衛星の保有に道を開くことはないのか、早期警戒軍事衛星の開発は禁じるのか、など具体的な問いかけを突きつけなければなりません。軍事利用を封じることが具体的に担保されない限り、民主党は「国防族や軍需産業に手を貸し、歴史に汚点を残した」との非難を免れることはできないでしょう。合意案作成に「奔走」した民主党の若手議員(藤末健三、細野豪志、内藤正光ら)が「護憲」や「リベラル」を自任する者たちだったことも見過ごせません。誤った「フロンティア」精神ほど危険なものはないことは歴史が証明しています。

もうほとんど時間はありませんが、改めて民主党の内閣委員に反対要請・抗議のFAXを送ることを呼びかけます。悪法成立に加担する責任を自覚してもらうためにも意志を伝えることが重要だと思います(採決が終了してしまってからでも構いません)。

 <衆議院内閣委員会・民主党> 

 [理事]泉健太   (FAX)03-3508-3805 (TEL)03-3508-7005
 [理事]大畠章宏  (FAX)03-3502-5953 (TEL)03-3508-7231
 [委員]楠田大蔵  (FAX)03-3508-3511 (TEL)03-3508-7241
 [委員]西村智奈美 (FAX)03-3508-3884 (TEL)03-3508-7404
 [委員]馬淵澄夫 (FAX)03-3506-3572 (TEL)03-3508-7137
 [委員]市村浩一郎 (FAX)03-3508-3502 (TEL)03-3508-7292
 [委員]吉良州司 (FAX)03-3508-3364 (TEL)03-3508-7484
 [委員]佐々木隆博 (FAX)03-3508-3765 (TEL)03-3508-7075

  藤末健三  (FAX)03-5512-2637  (TEL)03-3508-8637
  細野豪志  (FAX)03-3508-3416 (TEL)03-3508-7116
  内藤正光  (FAX)03-5512-2424  (TEL)03-3508-8424
  野田佳彦  (FAX)03-3508-3441 (TEL)03-3508-7141

  小沢一郎 (FAX)03-3503-0096  (TEL)03-3508-7175

  民主党  (FAX)03-3595-9961

法案は本会議通過後に参議院に送付されることになります。まだまだ諦めるわけにはいきません。引き続き反対の呼びかけを継続します。

【呼びかけ】核とミサイル防衛にNO!キャンペーン
kojis@agate.plala.or.jp (TEL・FAX)03-5711-6478
http://www.geocities.jp/nomd_campaign/


posted by 風の人 at 09:43 | Comment(1) | TrackBack(5) | 一般
この記事へのコメント
何でも反対の社会主義的な民主党がなぜ賛成したのか分からない。
技術立国として生きていくために、有人宇宙船の開発が必要である。
宇宙ステーションには、国産のロケットで宇宙飛行士を送ることが望ましい。
Posted by 宇宙 at 2008年05月18日 19:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

 しっかりしてください。野党、とりわけ民主党は
Excerpt: 国民が一人当たり250円負担している政党助成金は当初政党のシンクタンク機能を拡充するためと説明されていた。それが議員たちに山分け...
Weblog: とむ丸の夢
Tracked: 2008-05-09 10:02

後期高齢者医療制度の撤廃に全力を呼びかける共産党志位委員長
Excerpt: 日本共産党の志位和夫委員長は5月8日の記者会見で、75歳と限定した後期高齢者医療制度について「医療費削減を目的にした高齢者差別に当たる。小手先の手直しで済むような代物ではない」と徹底的に暴露し、制度撤..
Weblog: 日本国憲法擁護本当の自由主義と民主主義連合〜法大OBのブログ
Tracked: 2008-05-09 19:13

いろいろな動き
Excerpt: 前高知知事の橋本氏が 次の国政選挙に出るようで いろいろな動きが報道されている。 ねじれは国会だけではなく 民主の中にもたくさんあるが・・。 まずは自民との関係から。 **********..
Weblog: kimera25
Tracked: 2008-05-09 21:27

08年5月9日   おことわり
Excerpt: 08年5月9日   おことわり  以前、パソコンのハード部分が故障したおり、ソフトに異常が出てましたので業者にOSの入れ替えをお願いしていました。  今日その作業が完了。  ソフト関係の整理に時間を..
Weblog: 護憲+グループ・ごまめのブログ
Tracked: 2008-05-09 21:35

電子投票制度は危険だ!権力から威嚇されている私がいうのだから間違いない!
Excerpt: 国会議員選挙で電子投票制度の実施の声があがっているが、私はこの動きは危ないと考えている。 その理由は、チェック機能がないからだ。 アメリカ大統領選挙では、ブッシュとゴアが接線で争って裁判にまで持ち..
Weblog: 日本国憲法擁護本当の自由主義と民主主義連合〜法大OBのブログ
Tracked: 2008-05-10 03:00

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。