2008年03月25日

田中正造と六ヶ所村に高尾山

3月23日柏."赤貧洗うがごとき"上映会.
レイチェルカーソン"沈黙の春"の朗読から始まる.

山県有朋らがつくった絶対天皇制.その明治王制が庇護した古河財閥の足尾銅山.富国強兵には欠かせぬ銅.政府の棄民.現在の政府.それが進める六ヶ所村や高尾山トンネル,数々の基地や道路にも繋がる教訓.

下野の百姓と名乗る田中正造.1877年古河市兵衛が足尾銅山創業.志賀直哉の祖父や渋沢栄一が出資.

農民の調査により農作物被害は足尾銅山とわかる.鉱山での亜硫酸ガスが生態を殺す.被害農民が出る.県会議員から衆議院議員となった正造,鉱毒について質問.

次男を古河の養子にした陸奥宗光は"害はあるが原因は不明"と答弁.

小さな名主の家に生まれた正造.病人の支援をして体を壊していると思われ,嫁を奪う様に連れて来た.嫁は8歳年下のカツ.カツを仲間と思っていた正造.

領主の横暴に反対して御用.獄中90cm立法の檻に入れられた.

奥羽の農民の窮乏を視察中,上役を侮辱したか何かで逮捕.獄中西国立志論を読む.出獄後,自由民権を論ずるべく栃木新聞を再刊.

1894年日清戦争.鉱山は労働者に対して永久示談を迫る.現存する銅山と農民の少額示談の契約書.

正造は根が異様に短い竹を手にして毒害を国会で訴える.神田キリスト教会での鉱毒救済集会.

勝海舟の財閥批判川柳.
"ふる川のにごれつる〜"と企業名を入れ皮肉った.

県はまともに扱ってくれず,被害農民は帝国憲法の請願権を行使すべく都内へ押し出し請願.
榎本武揚農商務大臣が視察.大隈重信首相に報告するも,後に大臣解任.大隈首相の兼任のポスト.福澤諭吉は銅山側を擁護し被害農民を取り締まれと主張.

被害民は選挙権を奪われた.婦人による母乳不足のカンパ活動.正造は足尾銅山の中心課題として応援.

古河は予防工事するも鉱毒再発.
"嗚呼我々は憲法をまもる為には死もおじず"と鉱毒悲歌.山県,議員歳費引き上げの目くらましで軍備増強の増税決行.反対する正造,歳費全部の受取りを拒否.私は現在の政党助成金と議員特権を思った.

農民,御真影奉還の陳情.正造発病.島田三郎より"自分の始末ができないでどうして国が救えるか"と諭され指導者然としていた我が身を反省.

再び農民の押し出し.都内の大使館等各所で抗議.山県政権が2500名農民を180名警官で弾圧.サーベルで殴り50名逮捕.正造,国会にて亡国演説."民を殺し法を破り""この国は滅びる"

"質問の意味がわからない.それが答えだ"と山県の答弁.

私は"何故自民党の新憲法草案は憲法前文の『政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し』を削ったか"という福島瑞穂議員の質問に対し",それはこれから検討するところであります"と応えた小泉の答弁を思い出した.

朝日新聞社の石川半山は正造に対し,"君,佐倉惣五郎たるのみ"と言う.直訴状は中江兆民の弟子,幸徳秋水が執筆.議員として正造と共に闘った兆民は山県の宿敵.

馬車上の天皇.直訴後"寛大な"処置ですぐ釈放.生涯で一度だけ天皇が政治に介入すことを期待した正造.天皇はどう行動するか.天皇は何もせず.正造の痛快な歌.

"食へ太り泥棒面は馬車にあり
細民はひづめに倒る"

古河の妻,受水自殺.被害農民の惨状に胸を痛めたと言われている.

正造の働きに感動した農民,黒澤酉蔵.1100名の学生による路傍応援演説会.

17名の女性座り込み.
廃村となった村々.残留民の北海道移植.政府による棄民.

"政治をやってる間に肝心の人民が滅んでしまった""天は我にくみせり"は正造の言葉.

欠伸1つして官僚を侮辱した罪で拘束.新訳聖書を読む.

1904年日露開戦.正造,軍備に使う金を外交と教育,福祉へ.全世界の陸海軍を全廃を主張.

原敬が銅山副社長に就任.後に内務大臣から総理になった.

谷中村に移住した正造.趣味は小石収集.巡査が常に付きまとう.農民から学び好物のところ汁をマイ箸とマイ椀で頂く.

天下り役人が銅山工場長.労働者の争議,反乱.山県は軍隊3個中隊を投入.指導者の片山潜ら逮捕.愛媛や北海道の炭工でも争議.

内務大臣原の命令で強制取り壊し.残留民16戸.薮の竹で仮小屋を建てる農民.正造の歌,"辛酸亦佳境に入る"

善を為したければその人類の群れに入りその人となるべし,"真の文明は川を汚さず,人を殺さず"と正造.

天皇中心の政体.日露開戦により民の生活がより苦しくなる.天皇,貧民に150万円を寄付.なんじがつくった貧乏民これを救うことは当たり前と思っただろうと正造研究の学者.

水と湯のみの断食.8月2日夏,知人宅にて倒れる."谷中を救うことは国を救うこと"として働いた正造.病床で朦朧とする中"現在を救いたまえ"と叫ぶ.目の前の1人を救うことが本望だった.9月4日朝,怖い目で見舞いの取り巻きを睨みつけ,日本の乱れを憂い教育充実を訴え逝去.胃癌.

カツ"おしまいになりました".数万人の葬式.同日,天皇,銅山訪問.鉱毒100年にして閉山.

圧倒的権力の前で"倒れて止まず"動いた正造.基本的人権と恒久平和,環境,自治の先駆的思想と行動.

民の抵抗を語り継ぐ重要性.足尾,水俣の教訓から現在の国策優先,企業優先社会において今何をすべきか.六ヶ所村の再処理工場をどう考えるか.

豊田義信


posted by 風の人 at 16:39 | Comment(1) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
やはり田中正造さんは偉大なる人ですね。
かなり尊敬したいと思います。
今の世の中こんなすばらしい人なんているのでしょうか・・・?
Posted by 名無し希望 at 2008年08月07日 14:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。