2008年02月24日

声高に反戦を叫ばない「母べぇ」

この映画は、「日本人が忘れてしまった美しい心」
「昭和を生きた母」を前面に出して宣伝されました。
戦争に反対したということには触れられませんでした。

一番気になったのは、この映画への賛辞に、
「声高に反戦を叫ぶのではなく」という言葉が多かったこと。
今の日本では、声高に反戦を叫んではいけないらしい。
嘆かわしい限りです。

戦前の精神史にこだわり続けた橋川文三は、こう書いています。
「日本で抵抗が成り立たないのは、どんな政治的状況も
『あるがままの自然』として受け止められるからである」と。
そもそも、抵抗して変えられるものと捉えられていないと。

言いたいことはよく理解できます。
抵抗が成り立たない精神構造というか、感覚なんですね。
いわゆる大衆的な人ほどそうですから、どんなにインテリが
それを批判しても現実は変わらないわけです。

この現状を変えるのは、まさに岩に爪を立てるような困難な闘い。
でも、それをしなければなりません。
学生時代からこの問題に取り組んできた私の結論は、
「日本社会は内側からしか変えられない」ということ。
外から批判すればするほど自閉しますから。

ものを考える少数の人間が嘆き合っていても、孤立するだけ。
どうしたら実効性のある反戦運動ができるか。
どうしたら、何も考えたくない人々にメッセージを届けられるか。
目下、私のテーマはこれです。

                   川西玲子


posted by 風の人 at 14:39 | Comment(0) | TrackBack(1) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

08年2月24日 日曜日  TVテロップ集
Excerpt: 08年2月24日 日曜日  TVテロップ集  日曜日の定番、報道2001の関東府県の投票予定調査。  自民のポイントが下がっている。サンプル500人だそうだが、民主党と国民新党の上昇。自民と民主が上..
Weblog: 護憲+グループ・ごまめのブログ
Tracked: 2008-02-24 16:29

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。