2008年02月12日

増田都子先生の近現代史 第8回 映画『ガンジー』鑑賞と明治〜大正の歴史を振り返る 報告

皆様

2008年1月26日、あびこ平和ネット主催、全15回のシリーズ企画、増田都子先生の社会科授業
「近現代史の真実を知ろう」第8回 映画『ガンジー』鑑賞と明治〜大正の歴史を振り返る に参加しました。

ガンジーに対しての学び。断片的なメモなので、何か誤りがあればご指摘ください。

●今回の資料より
-授業参加者のまとめより
「米騒動、参加人数は50から70万人。対するに、...投入された「軍隊」は、120地点延べ9万2千人!近代日本史上、民衆運動に対してこれほど巨大な兵力が動員されたことはないそうです。」


●今回の授業は、参加者7名の自己紹介から始まった。
大正期、大英帝国や大日本帝国の占領に抵抗するインド、韓国、中国、台湾の人々のことを学び、
今回は全人類の良心のスポークスマンと呼ばれたガンジーの映画を鑑賞した。

「抵抗は積極的、挑発的に」と語るガンジー。
増田先生の裁判報告やその他の発言が時に過激で挑発的な理由を垣間見た思いだ。


●以下新しく知ったこと。
-南アフリカで白人による差別に対し、ガンジーは新聞に投書することから非暴力抵抗を始めた。
その時、有力商人や白人弁護士などの仲間がいた。
-インド人に関する法律の反対集会にて「警官を殺し、立ち向かおう」という会場の発言に対し、
ガンジーは「この法律には決して服さない。暴力を受ける痛みを通して相手に悟ってもらう」ことを力説した。
-ガンジーの発言「不正があるところ私は常に闘う」「彼らの心をかえたい。過ちを犯しているからといって殺したくはない」「主導権は我々にある。(抵抗を政府が無視したら)反応するまで刺激し続ける。真の力は抵抗する側にある」「どんな暴力にも耐えるのです」
-アムリッツァーでの虐殺事件。集会を取り囲んだ軍隊による1650発の銃弾で1500人が死亡。

●紙上討論 「明治時代を学んでの感想と意見」に対して●
-明治期、政府は人民に対して「国民」「国家のおかげで生きていられる」という国民意識の注入を行ってきた。
それをわかりやすく注入する為に「天子さまのおかげ」があった、という意見。
なるほど。確か、尋常小学校1年生の修身の教科書が、「天子さまうやまいましょう」うんぬんで始まっていた。

-「...天皇を頂点とする国家の価値体系が、「家」をそっくり飲み込んでしまいました。」
戦後、または昭和天皇死去後、元号を廃止するという選択を日本国民はしなかった。
また、現在も天皇制は、人身の心に根強くあり、
明治政府が導入した明治民法、夫婦同姓など、未だにこの社会に根深い価値観としてあると思う。
小さな変化を私から、おこしていきたい。

毎朝のNHKニュースでも、神社のお祭りをよく放映していると思う。
天皇制、国家神道は宗教のような統治形態のような。良く学んでいきたい。
そして、広く議論していきたい。

-「同じ間取りの家に住み、あてがいぶちの工業製品にかこまれて、季節も土地柄も関係無しの加工食品を食べ、地上を瞬時にかけまわる媒体に目を奪われていたら、自ずと思考も均質化してくることでしょう。私たちは間違いなく明治時代の兵隊より格段に扱いやすい国民に仕立てあがっていると思うのです」という意見に対して。
そうでない生活を送る人々もいるけれど、確かに、目指す生活が似てくれば、思考も似てくる。用心、用心。

そう考えると、貴方にはこういう人権があるのです、この国の政治を担うのは貴方です、主権者は私たちです、という憲法教育はどんなに重要か。
コスタリカの小学校1年生は、先ず、そういう学びをするそうだ。
この日本の管理教育を変えて行くためにも、47年教育基本法を再び私たちの手で取り戻したい。

「身を守る術はすべからく民衆自身で伝承しなければ」という意見を読んで、47年教育基本法の理念を伝承していこうと思った。

-「分断することが支配のツボ」という意見。
まさに。人の思考は千差万別。ひとりひとり違っていて良いけれど、時に連帯することは重要だ。

-「人生を生き生きと生きていく力を再発見しなければなりません。...だから私は、...自分の住む街に自分たちの学びの場を作っていきたいと願います。」
私も、どこに暮らそうと、そういう仲間と学んでいきたい。この授業を企画してきたことは貴重な経験だ。

●増田先生へ●
今回の授業で、紙上討論の楽しさを再認識しました。
競争ではなく、他人の意見とまじわることで、自らの学びと気づきを積み上げていく楽しさ。

これは、大学時代、学びと行動のグループ ファシリテーションを学んできたことと一致します。
他者の意見を聴くことができない人々やそういった場には来られない人々のことを思います。

やはり、私の身近な人達と対話を続けていくことが大切だと感じました。
原発と財閥のことを書きましたので、そちらも紙上討論資料としてお使い下さい。

●今後の予定●
第9回 2月23日(土)14時〜湖北台近隣センター、「世界大恐慌と日中戦争」
第10回 3月23日(日)14時〜湖北台近隣センター、映画「侵略」と日本のファシズム
第11回 4月中、「第二次世界大戦」
第12回 5月中、「アジア・太平洋戦争」
皆様ぜひ、いらして下さい。

ヒバクで苦しむ世界の人々のことを覚えて、


豊田 義信 yoshinobu000-lj(a)infoseek.jp
ブログ http://heiwa0.seesaa.net/
ストップ ロッカショ.JP http://stop-rokkasho.jp/
ストップ再処理工場・意見広告の会 http://www.iken-k.com/
ガンジーの会 http://www.h2.dion.ne.jp/~hansuto/
市民がつくる平和条例の会 http://www17.plala.or.jp/peaceactcampaign/
「平和への結集」をめざす市民の風 http://kaze.fm/
川田龍平を応援する会 http://www.ryuheikawada.jp/
星野さんをとり戻そう全国再審連絡会議 http://www3.cnet-ta.ne.jp/f/fhoshino/
新しい反安保行動をつくる実行委員会 http://www.jca.apc.org/hananpojitsu/


posted by 風の人 at 08:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。