2008年02月08日

昭和維新

私は今、坂野潤治著「未完の明治維新」と、
橋川文三著「昭和維新」を同時に読んでいます。
たまたまだったのですが、内容が重なっていて面白い。

橋川文三は「昭和維新」の中で、明治末期を第二維新、
昭和の初めを第三維新と解釈、試論を展開しています。
その中に興味深い一節があります。

それは、明治末期の為政者が、
「社会」という言葉をすごく嫌ったということです。
だから「社会改良」と言わず、「地方改良」と言ったそうです。
社会の形成を非常に恐れたんですね。
今も昔も、問題は「社会」の形成にあるようです。

なお私は最近、石川啄木の時事感覚と、
母校の大先輩である長谷川如是閑に関心を持っています。
日本近代史をもっと勉強しないと。

                   川西玲子

       
posted by 風の人 at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(1) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

08年2月8日 金曜日  気になる新聞の切り抜き
Excerpt: 08年2月8日 金曜日  気になる新聞の切り抜き  今朝の朝刊の社会面に一つのコーナーに三つの記事があった。{/arrow_r/}(ここをクリック)  一つは君が代だ。国旗も君が代も私は嫌いではな..
Weblog: 護憲+グループ・ごまめのブログ
Tracked: 2008-02-08 20:53