2008年01月22日

つくばみらい市のバックラッシュ派の暴力行為に屈したDV講演会の中止決定に抗議する(賛同署名のお願い)

先日(1月16日頃)、つくばみらい市が、同市主催の「ドメスティックバイオレンス(DV)」をテーマにした講演会を少数のバックラッシュ派の暴力行為(威力業務妨害)に屈して中止するという事件がありました。DVという暴力をなくそうと訴える講演会が市側の暴力に屈する姿勢によって中止されたのです。まさしくゆゆしき「事件」というべきだと思います。

・下記抗議文にも記載されていますが、「事件」の概要を知るにはまず下記ブログをご参照されるのが便利かと思います。
http://www.againstgfb.com/index.htm

・文書と署名フォームへの直接リンクページは以下をご利用ください。
http://www.againstgfb.com/tsukubamirai_shomei.html


以下、つくばみらい市に対する抗議文です。下記の呼びかけ人を中心としてみなさまの賛同署名を募っています。ご協力をよろしくお願いします。

第1次〆切り 1/28

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
抗議の署名をお願いします。

抗議文
つくばみらい市における平川和子さんの講演会直前中止に抗議し、改めて実施を求めます

  1/20につくばみらい市主催で予定されていた平川和子さん(東京フェミニストセラピーセンター所長)の「ドメスティックバイオレンス(DV)」をテーマにした男女共同参画講演会(タイトル「自分さえガマンすればいいの?―DV被害実態の理解と支援の実際」)が、直前の1/16になって、市によって中止を決定されていたことが、毎日新聞ほか(注1)で報道されました。報道によれば、1/16にDV防止法に反対する民間団体が、市役所前で「数人が拡声器を使って抗議する騒ぎ」を起こしたため、市の担当者が「混乱を招く」(毎日新聞1/18)「市民に危険が及ぶ恐れがある」(産経新聞1/17)と中止を決定したものです。抗議した団体の代表(男性)は、「市長直訴の抗議により、中止が正式に決定された」、「少数が巨大な行政を圧倒・屈服させた」と発言されたと伝えられています(注2)。

 講師予定者の平川さんが直ちに市長宛に送った抗議文によれば、市側の説明では「西村と名乗る男性と他に数名の女性が、役所内に拡声器を持って押しかけ、職員に対する誹謗中傷などを大声でまくしたて、講演会の中止を求めて詰めより、そのうえ講演会の当日には街宣活動を行うとの予告をしたため、講演会の参加者に危険が及ぶ恐れがあるとの判断のもと、やむなく中止した」とあります。平川さんはこれを「講演会主催者と私に対する暴力であり、参加市民に対する暴力」にほかならないと認識しており、私たちも彼女の認識に全面的に同意します。

  改正DV防止法(2007年制定本年1月11日施行)によれば「主務大臣(法務大臣と厚生労働大臣)は都道府県又は市町村に対し、都道府県基本計画又は市町村基本計画の作成のために必要な助言その他の援助を行うように努めなければならない」(第2条の3、5項)とされています。改正前にすでに茨城県が策定したDV対策基本計画の関係文書によれば、「県民一人ひとりが「DVは許さない」といった認識を強く持っていただくことが、何よりも大切なことです。このため、県では、今後とも学校や家庭、地域、職場などにおいて、人権意識を高める教育や男女平等の理念に基づく教育を促進していきます」とあります。つくばみらい市が計画していた講演会は、まさに県が推進している「地域における人権意識を高める教育」そのものといえます。そのような事業が少数の暴力によって妨害されることを、見過ごすわけにはいきません。

  中止の報道に接してわたしたちは大きな衝撃を受け、あってはならないことが起きたとふかく憂慮しています。市の行事が少数の人々の暴力的な行動によってくつがえされたことそのものが問題であるだけでなく、DVという暴力に対する人権を守るための事業が、少数の人々の暴力によって実施不可能になるとすれば、DV被害者および支援者を暴力から守るべき責務を負う、自治体の姿勢に対する信頼もゆらがざるをえません。このような暴挙がまかりとおるなら、今後他の自治体においても、DV関連の事業がいちじるしい不安にさらされるだけでなく、講演や学習会等の啓発事業についても「混乱をおそれて」自主規制する自治体が続出しないともかぎりません。

 このような暴力に対して、市がとるべき態度は、きぜんとしてこれを退け、安全を確保したうえで、予定通り事業を実施すること以外にありません。市当局が、暴力に屈して出した今回の中止決定をすみやかに取り消し、あらためて日程を調整して、平川さんの講演会を実施することを、わたしたちは心から求めます。また平川さんおよび関係者の身辺の安全に配慮することをも要望いたします。

注1:
「DV防止法:反対団体の抗議で講演会中止 つくばみらい市」@毎日新聞(1/18)
http://mainichi.jp/select/today/news/20080118k0000e040081000c.html

「抗議受け市の講演会中止に DV被害支援めぐり」@MSN産経(1/17)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080117/crm0801171225014-n1.htm

「DV防止法講演会 団体抗議で中止に つくばみらい」@東京新聞茨城版(1/18)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20080118/CK2008011802080348.html

注2:http://seaside-office.at.webry.info/200801/article_15.html

呼びかけ人(敬称略・50音順・08.01.21現在);
青山薫・赤石千衣子・麻鳥澄江・有村順子・石田邦子・市場恵子・伊田広行・伊藤公雄・稲邑恭子・井上輝子・上野千鶴子・小川真知子・戒能民江・木村涼子・熊田一雄・黒岩秩子・小島妙子・今大地はるみ・坂上香・早苗麻子・佐藤明子・さとうももよ・出納いずみ・鈴木隆文・鈴木ふみ・土橋博子・角田由紀子・寺町知正・寺町みどり・内藤和美・中原道子・中村彰・西野瑠美子・丹羽雅代・沼崎一郎・橋本育・長谷川京子・姫岡とし子・弘田しずえ・福沢恵子・フックス真理子・船橋邦子・細谷実・堀田哲一郎・皆川満寿美・三井富美代・米田佐代子

署名フォームへのリンクページ(ダイレクトリンク)
http://www.againstgfb.com/tsukubamirai_shomei.html

第1次〆切り 1/28
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

東本高志
posted by 風の人 at 11:49 | Comment(1) | TrackBack(2) | 一般
この記事へのコメント
DV防止法妨害派は家庭内暴力擁護派

 DV防止法妨害派(=家庭内暴力擁護派・註)の言い分は、
「妨害したわけではなく、DV防止法推進派と反対側の発
言も認めよと主張しただけ」とのことであるが、これは詭弁
に近い。DV防止法妨害派(=家庭内暴力擁護派)がつくば
みらい市に主張する第一の手順は、つくばみらい市にDV
防止法妨害派(=家庭内暴力擁護派)の会の開催を別途
申し込むことである。それをつくばみらい市が拒否した場合
に始めて、「公平を失する」「言論の自由が奪われる」等々
で、つくばみらい市の態度を糾弾すればいいのである。
(2月5日付けで、後出しのアリバイでは行なったようであるが)

 言論の自由には、相手の言論の自由を認めることも含ま
れる。ところかまわず自分達の主張を押し付けまわることは、
これは言論の自由の主張ではなく、ファシズムである。この
DV防止法妨害派(=家庭内暴力擁護派)の主張を敷衍すれば、
靖國神社にいつ誰が参拝しようと自由のはずで、「反日」と
いって、高金素梅の靖國参拝を阻止した行動は非難される
べき行動となる。この行動にはDV防止法妨害派(=家庭内
暴力擁護派)の中にも加わっていた者もいた。つまりDV防止
法妨害派(=家庭内暴力擁護派)は自らの行動を否定する
暴挙に出たのである。

 DV防止法妨害派(=家庭内暴力擁護派)の一部は、「女性
専用車両は男性差別だ」との論理も展開しているが、これも
同じことである。「女性専用車両があるのであれば、男性専用
車両も設けろ。」とまず要請する。それを拒否されて始めて
「女性専用車両は男性差別だ」との論理であれば、一理はある。
しかし痴漢(圧倒的に加害者は男性)被害の苦肉の策として編み
出した女性専用車両に対して、痴漢被害対策の対案を出すでも
なく、唐突に女性専用車両は男性差別だと、女性専用車両の
妨害をすることは、痴漢擁護に等しい。

 このDV防止法妨害派(=家庭内暴力擁護派)についても同じ
ことが言える。そもそもDV防止法というのは、生命に危険の
及ぶ深刻な家庭内暴力の対策として作り出されたものだ。DV
防止法妨害派(=家庭内暴力擁護派)は、後悔した女性の実例も
出したりして、DV防止法は離婚推進だと飛躍させているが、
後悔した女性は、そもそもが深刻な被害ではなかったのを、
安易にDV防止法を利用した、思慮の足らなかった人物という
だけのことである。つまり大した深刻な被害でもないのに、DV
防止法を利用した女性が悪い(愚か者)のであって、DV防止法
のせいではない。

 DV防止法妨害派(=家庭内暴力擁護派)にしても、女性専用
車両反対派(=痴漢擁護派)にしても、共通して言えることは、
長い女性差別の歴史や、それへの取り組みへの苦労の一斑に
も関わったことがないくせに、上辺の現象や人物だけで、「反日」
や「フェミニズム」と安易に短絡的に結びつけて、女性差別、
女性弾圧の側に回っている自覚がないことである。しかも不幸
なことに、これらの女性弾圧思想の持ち主が、右派と分類される
側に属しているということである。こんなことであるから、右派は
いつまでたっても人口の半分を占める女性の理解や共感が得
られずに、男達だけの狭い視野で、堂々巡りを繰り返しているの
である。

 ここに伝統右翼・真の愛國団体を代表して、このDV防止法
妨害派(=家庭内暴力擁護派)の輩は、真の右派・愛國思想とは
別箇のものであることを宣言するものである。

    平成二十年三月一日 護國團總本部情宣局長中西玲子記す

 
 註・DV防止法妨害派は、DV防止法推進派を「離婚推進」とレッ
テル付けるのであれば、当方、伝統・真の愛國団体は、DV防止
法妨害派を家庭内暴力擁護派とレッテル付けるものである。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~gwife/DVbougai.htm
つくばみらい市のDV(配偶者間暴力・家庭内暴力)防止講演会中止について

http://www7a.biglobe.ne.jp/~gwife/oomine_san.htm
女性専用車両反対(=痴漢擁護)の似非右派・保守派に告ぐ

追記 (靖國)神社の参拝に関して、「自由ではない。云々」と言って
くる輩のために追記しておく。厳密には神社の参拝は全く自由とい
うことではない。しかし本当に字句どおりに行ないたければ、神社
はそれぞれ入場口を設けて、常時チェックしなければならない。
しかも本当に参拝が迷惑を予想するのであれば、神社が警察に
依頼するべきことで、民間が介入するのは、不当であるのは、
神社の参拝が自由であるかどうか以前の問題である。

Posted by ゴジラズワイフ at 2008年03月07日 13:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

08年1月22日 火曜日 岩国基地
Excerpt: 08年1月22日 火曜日 岩国基地  国家に軍隊があれば、基地問題はついて回る。軍隊を持たない現憲法下では、他国の侵入に対して身を守ることが出来ないからと安保条約ができた。  しかし、景気がよく経..
Weblog: 護憲+グループ・ごまめのブログ
Tracked: 2008-01-22 17:55

08年1月22日 火曜日 代表質問と高齢者虐待防止法
Excerpt: 08年1月22日 火曜日 代表質問と高齢者虐待防止法  昨日の代表質問の見出しを集約してみた。{/arrow_r/}(ここをクリック)  ガソリンが火をつけ諸物価が上がっている。  4月から老人保健..
Weblog: 護憲+グループ・ごまめのブログ
Tracked: 2008-01-22 17:56