2008年01月05日

ヒラリーの敗因

ヒラリーがアイオワの予備選挙で三位に甘んじる結果に。
イラク戦争に反対しなかったし、集会でのやらせが発覚したし、
斬新さという点でオバマ候補にかなわない。
色々な理由があると思うけれど、私の感想をひとこで言うと
「先頭を走るフェミニストは損だなぁ」ということ。

もともと保守的な人からは嫌われているし、
年上の同性からも男性からもうとまれる。
おまけに年下の同性は、「あんなに肩に力を入れなくても」という目で
見る。

社会に出た頃はセクハラという言葉すらなく、苦労の連続だったし、
30代ぐらいで成功している女性は、全部自分の力だと勘違いしている。
過去はどんどん忘れられていきますね。

                   川西玲子
posted by 風の人 at 13:05 | Comment(0) | TrackBack(1) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

アメリカ民主党政権への交代に期待しよう!
Excerpt: アメリカ大統領選挙が連日とりだたされている。 アメリカのサブプライムローンの破綻をめぐり世界経済は激震がはしっている。 これらはすべてネオコンの新自由主義経済政策が破綻した結果に他ならない。 ま..
Weblog: 日本国憲法擁護本当の自由と民主主義連合〜法大OBのブログ
Tracked: 2008-01-09 10:57