2007年12月28日

「南京事件論争史 日本人は史実をどう認識してきたか」

笠原十九司著「南京事件論争史 日本人は史実をどう認識してきたか」を
読みました。寝る前にちょっとだけ読むつもりがやめられず、
夜明けまでかけて一気に読んでしまいました。

この問題が戦後政治の中でどう扱われてきたか、
とてもよくわかります。
是非お知り合いにも勧めてください。
一人でも多くの人に読んでもらいたいと思います。
平凡社新書です。

               川西玲子


posted by 風の人 at 12:44 | Comment(0) | TrackBack(2) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

年末はハメくり確定(笑)
Excerpt: とにくかくえろい人が多すぎ(笑) やっただけで34万もらえたりするし(笑)
Weblog: ずっこん!
Tracked: 2007-12-28 17:11

07年12月28日 金曜日 歴史問題素朴な疑問。
Excerpt: 07年12月28日 金曜日 歴史問題素朴な疑問。 朝日新聞の集団自決教科書訂正の中見出しばかりを集めてみました。    それに付随していたイラストも貼付けてみます。{/arrow_r/}(ここを..
Weblog: 護憲+グループ・ごまめのブログ
Tracked: 2007-12-28 17:58

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。