2007年12月21日

お薦め映画「北辰斜にさすところ」

昨日、「徹子の部屋」に三國連太郎が出ていました。
旧制中学生の時、学校がどんどん戦時色に染まっていくのが嫌で、
家出して舟に身を潜めていたら、成り行きで中国に行ってしまったとか。

程なく帰国しますが、召集令状が来たのでまた逃亡。
でも、出した手紙を母親が憲兵に見せてしまい、軍隊へ。
敗戦は中国で迎えたそうです。
「戦争は庶民に塗炭の苦しみを味合わせた」と、
しみじみと語っていました。

その三國連太郎が主演する映画が、今日から公開されます。
「北辰斜にさすところ」
戦争で友人を失った悲しみを背負って戦後を生きる、
旧制七校出身の老医師を演じています。
私の好きな神山征二郎監督の新作です。

公式サイトはこちら
http://hokushin-naname.jp/
                川西玲子
posted by 風の人 at 15:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック