2007年12月20日

辺野古環境アセス方法書の書き直しを求めよう

下記転載の呼びかけに応じて、以下をこれからFAXで送ろうと思います。

沖縄県知事 仲井真弘多様

千葉県は松戸市在住の者です。辺野古環境アセスに関して、環境影響評価審査会が方法書の書き直しを答申する見通しであると聞いています。

現方法書は、基地建設の内容記述に明らかに不備があり、方法書の体をなしていません。この点からだけでも、書き直しの答申は当然といえます。

防衛省は、アセス法を無視して、掃海艇まで派遣させて「事前調査」を行いました。これにより、ジュゴンの生態に対する影響を含め、環境がどれほど損なわれているのか、明らかではありません。少なくともサンゴの損壊は確認されています。

このような脱法行為を見逃しての「正式な環境アセス」などというものを許していいはずがありません。

知事におかれましては、「事前調査」による環境影響の有無の調査を国に要求されるとともに、方法書の見直し答申に沿った意見を提出されるよう、切にお願いいたします。

太田光征
http://otasa.net/



★1)さめさんのブログから
辺野古の環境アセスメント評価方法書
の書き直しの要望 緊急
http://shark.ti-da.net/e1871106.html


====転載歓迎====
沖縄新基地 知事に環境守れの声を
アセス意見提出前に地元運動家よびかけ
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-12-17/2007121704_02_0.html


 沖縄県名護市辺野古の米軍新基地建設に
かかわる問題で、知事意見の締め切りが
二十一日に迫るなか、
ヘリ基地反対協議会の大西照雄代表委員
は、全国から仲井真弘多知事にたいし、
「(環境影響評価審査会が週明けに知事に
提出する)答申を守れの声を届けよう」と緊急
の訴えをおこなっています。


 環境影響評価審査会は十四日の審査会で、
環境影響評価(アセスメント)方法書の書き直し
を防衛省に求めることを明記した答申素案を
まとめました。

週明けにも提出され、知事はこれを踏まえた
「知事意見」を二十一日までに防衛省に提出
します。

 大西さんは自身が開設するブログのなかで
「日本のすべてから、あなたの組織も個人も、
心から辺野古の海に基地をつくらさないため
に、誰でもがすぐできる、最も今有効なこと
です」と述べています。

そのために郵送やFAX、Eメールなどで
知事あてに、
「答申を守れ」「方法書の撤回を」
「ジュゴンやサンゴなど生態系
の破壊は許されない」などのメッセージを知事
へ送ることを呼びかけています。


大西さんは「今、日本では国民が政治を動かす
認識の中にある―あなたの一〇分間を沖縄県
知事へのメッセージにください」と訴えています。

◆郵送の場合 
〒900―8570沖縄県那覇市泉崎1の2の2 
知事公室広報課「知事へのたより」あて

◆FAXの場合 FAX番号098(866)2467 
知事公室広報課「知事へのたより」あて

◆Eメールの場合 kouhou@pref.okinawa.lg.jp


 大西照雄さんのホームページは、
「大西照雄『宝の海―辺野古日記―』」で検索すると
見ることができます。
----------------------転載おわり-------------------


★2)非戦さんからのよびかけです。

*****以下転載歓迎*********
高江の海兵隊ヘリパット建設反対の
署名呼びかけです。

国会請願の要件を満たす様式である署名用紙
への直筆署名も行っていますが、 インターネットで
の署名は反対の声を後押しするインパクトを
主として海外からの声を集める目的で行っています


国会請願の署名は次期の国会に提出準備する為、
2007年末を一旦の締め切りと しています。

皆様におかれましては、紙の直筆署名にご協力を
お願いするととも(日本語)に、
http://okinawaforum.org/disagreeblog/takaeshomei.pdf

インターネットでの署名の
要請を広めていただければ幸いです。
http://www.thepetitionsite.com/1/stop-us-military-helipad-construction-in-ta

---------------------------------

概要
沖縄、東村 高江からのSOS


沖縄の紹介

沖縄は日本の南に位置する小さな島で、ハワイの
およそ10分の1の大きさです。
沖縄は自然の豊かさ、特に動物と植物の生物多様性
の高さにおいて高く評価されています。

東洋のガラパゴスとも呼ばれ世界自然遺産の
候補にもなりました。しかし残念ながら候補からは
落選しています。
島の20パーセントを占める米軍基地が自然
保護施策を大きく妨げているからです。


沖縄の米軍基地に関する歴史は下でさらに詳しく説明
します。


東村、高江は何処?

東村は沖縄本島の北部に位置して、那覇から車で2時間
ほど 高江は東村の中で北端に位置し、人口140名、
内小中学生が14名、就学前の子どもが13名です。


高江で何が起こっているのか

近代の歴史

高江の住居地域は北部訓練場と呼ばれる米軍基地で
囲われるように位置している。

北部訓練場の中には「ジャングル戦闘
訓練センター」があり、これは米海兵隊が世界で唯一
持っているこの種の訓練施設で、ジャングルでの
サバイバル訓練をします。


この内容からもわかるとおり、北部訓練場は日本の防衛
とは何の関係もありません。
なぜなら日本の熱帯ジャングルの地域に軍事的な侵略
の脅威は存在しないからです。


沖縄の米軍基地は、高江のそれも含めて第二次大戦時
の不法な軍事占拠の結果として作られたもので、それが
そのまま現在に至っています。


沖縄の施政権が米軍から日本政府に返還された1972年
からは、沖縄の米軍基地は沖縄の人々の意思に反して
日本政府から米軍に提供されるという形に変更に
成りました。


沖縄は米国の軍事行動の訓練場でありまた出撃中継
地点となってきたのです。
残念な事ですが朝鮮戦争、ベトナム戦争、そして
第一次、第二次のイラク戦争もそうです。


新たな問題

米軍の世界規模での戦略的な再配置計画(いわゆる
米軍再編)の中で高江地区に新たに6箇所のヘリパット
が日本の防衛省によって建設され、米軍に提供される
計画になっています。


最も近いものは住宅地域から400メートルに位置する
計画で、従ってこの計画は高江の住民の平穏な生活
を著しく阻害するものです。


高江地区は一貫して計画に反対を唱えており、外部
からの支援を求めています。

署名活動は人々の声によってヘリパッド建設計画を
止めようと言う目的で、 日本国内からは主として紙
への直筆署名で、海外からはインターネット署名
で賛同人を集めようというものです。


尚、高江のヘリパット計画は辺野古の飛行場計画と
密接に関係していて、この両者が完成すると熱帯島
嶼地域への上陸制圧作戦の訓練をする施設として
一体的に運用される事になる筈です。


高江のヘリパットを止める事はヤンバルクイナと
ノグチゲラの生息地を保全する事になり、
またそれは連動する辺野古の飛行場計画を止める
事に繋がって絶滅の危機に瀕しているジュゴンの
生息環境を辛うじて守る事に成ります。


MV−22またはオスプレイと呼ばれる新型の
航空機が配備される事になっています。
オスプレイはこれまでにたくさんの墜落事故、故障
を繰り返していて死の翼とも別名されています。


1.にはインターネット署名サイト内でさらに
詳しい状況説明があります。
http://www.thepetitionsite.com/1/stop-us-military-helipad-construction-in-takae-okinawa



2.は趣旨に賛同して記事中にリンクをしてくれている
グリーンピース・ジャパン
http://www.greenpeace.or.jp/info/features/okinawa/blog_eng/index_html


3.は高江の現地からの声
http://okinawaforum.org/disagreeblog/VOT-en.pdf


4.は連携して沖縄の森と海を救う為のアピールを
しているパンダのマークのWWFジャパン
http://www.wwf.or.jp/news/press/2007/p07061401.htm#eng


====英文===========
Following is call for petition against Takae US
marine helipad plan.


We are doing petition on paper to satisfy legal
requirement of Japan parliament,along with this web
petition in order to add further impact.

Primary deadline is set at the end of the year 2007
in order to be submittedin the next Japan parliament
meeting.


It is grateful if you can distribute this message to
your friends who canshare the purpose.

Yoshio OKADA at Okinawa


SOS from Takae, Higashi-village, Okinawa

Introduction to Okinawa
Okinawa is located at the south of Japan, composed
of small islands about 1/10 area of Hawaii.
Islands of Okinawa are known by their rich nature.
Biodiversity of animals and plants of this island
is highly appreciated.
It is therefore called oriental Galapagos islands and
was selected as a candidate of natural world heritage
of the world.


The candidacy turned to be unsuccessful owing to
the fact that 20% of the island is occupied by US
military bases, which largely inhibit protective
measure for their nature.


Modern history about US military bases on these islands
will be described further below.

Where is Takae, Higashi-village?
Higashi-village is in the northern part of Okinawa
Island, about 2 hours’ drive by car from Naha;
the capital of Okinawa.


Takae is at the north edge of Higashi village with
the population of 140 people, including 14
elementaryor junior high school students
and 13 pre-school children.


What is happening in Takae?

Modern history
Living area of Takae is surrounded by US
military base called Northern training area.
It has Jungle warfare training center in it.
It is the only US marine training center of this
kind in the world, whose main purpose is
to learn survival in the jungle.

That actually means it has nothing to do with
the security of Japan itself because there is
no potential threat of military attack for
the jungle area of Japan.


US military bases in Okinawa, including the one
surrounding Takae, is a result of military illegal
occupation of these area during the world war II
which still continue until today.
Legal situation of the US military base in Okinawa
was slightly changed when Okinawa’s sovereignty
was given back from US military government to
Japan government in 1972.


Since then, the US military base in Okinawa
is provided by Japan government against
the will of Okinawan people. Unfortunately
Okinawa has been a training camp and
also a relay base to be used for military
action of USA in Korea war, Vietnam war,
1st and 2nd Iraq war.


New problem
What is planed in Jungle warfare training
center is that according to the US defense
Global posture Review, six new helipads
are going to be constructed by Japanese
government and will be provided to US
marine for their strategic purpose.


That will directly affect the living of Takae people
as the closest helipad is planed just 400 meters
in distance from the housing area.

Entire Takae has always been standing against
the plan and is asking help from outside.
  
Petition call is to stop helipad construction plan
by the voice of people from Japan (mainly on
paper based petition) and from the world
(mainly on web based petition).


It should be mentioned that Takae US marine
helipad plan has close link to Henoko US
marine airbase, the combination of two will
provide facility to train invading tropical islands.


Stopping Takae helipad (in the area where
Woodpecker and rail are living) means
to stop Henoko airbase (in the area
where dugong is living).


MV-22 or Osprey is scheduled to be deployed
here, which is known. as widow maker named
on the bases of numbers of crashes and
accidents record.


1. Please see further details of the problem in
the description on petition site below.

http://www.thepetitionsite.com/1/stop-us-military-helipad-construction-in-takae-okinawa



2. Greenpeace Japan is kindly mentioning on this
petition in their Blog.
http://www.greenpeace.or.jp/info/features/okinawa/blog_eng/index_html


3. Further information from Takae citizen is
available here.
http://okinawaforum.org/disagreeblog/VOT-en.pdf


4. Comment by WWF Japan is here.
http://www.wwf.or.jp/news/press/2007/p07061401.htm#eng
posted by 風の人 at 07:31 | Comment(0) | TrackBack(3) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

飾り立てた言葉の裏に隠した薄汚い本音
Excerpt:  ポチです。 おはようございます。 最初に、昨日の続報です。 「一律救済」見送り
Weblog: A PLACE IN THE SUN
Tracked: 2007-12-20 09:33

民主主義とは市民のことば ― 元 読谷村長・山内徳信氏 ―
Excerpt: 昨日(2007年12月19日)、移動中の電車内で、またステキな言葉に出逢いました! ======================== ◇ ======================== 「私たち..
Weblog: 鳥居正宏のときどきLOGOS
Tracked: 2007-12-21 00:39


Excerpt: 環境アセスメント環境アセスメント(かんきょう あせすめんと)とは、環境影響評価のことであり、主として大規模開発事業等による環境への影響を事前に調査することによって、予測、評価を行う手続きのことを指す場..
Weblog: 環境用語
Tracked: 2008-02-03 18:28