2007年12月09日

日本の政治を根底から誘導する真の覇権

                              櫻井 智志
                        
 或る同人雑誌の文章を読みながら、小沢氏が水面下で福田首相と密約めいた
会談を繰り広げたのは、小沢本人の欠陥であるという論旨をいぶかしく想った。この
ような政治的見解は広く流布されている。しかし、本当にそうなのか。

 私の推測は異なる。

 私は、アメリカからのそうとうな圧力があったことが最大の原因だと考えている。その
根拠は、この間の政治的情報といくつかのジャーナリズムの文章や記事からである。
 よく言われていることだが、民族派然としている中曽根康弘氏や石原慎太郎氏
が、アメリカ政府の前では借りてきた猫のような、ほとんどアメリカ政府の一員、悪く

いう輩にはアメリカCIAのスパイと推測する評論家さえいるのである。アメリカCIAの
スパイなどとは軽々しく断定しがたいことではあるが、決して全くの妄言とばかりは
言っておられない状況的な判断の史実がある。

 それほどアメリカ政府の背後からの締め付けは強いのだろう。

 小沢氏はかつてアメリカ政府と蜜月を過ごしていた。アメリカは心臓病で悪化した
小沢氏を米軍空軍ジェツト戦闘機で運んだことさえあった。そのアメリカ政府が小沢
氏の日本の自立路線をにがにがしく想候補でさえ、先日のような事務所襲撃がある
アメリカの実態である。アメリカには、建国以来二つの相反する二面性がある。
  リンカーン大統領の奴隷解放宣言っていた。そうして、今回の唐突な大転換。

 ヒラリー・クリントン次期大統領有力やキング牧師の無抵抗非暴力主義などの
すぐれた民主主義的伝統。同時に数々の暴力とその国家的行使。
 そのような分析からすれば、おそらくアメリカ政府とその膨大な利権と蜘蛛の巣状
のスパイ情報連絡網は、一国覇権主義のパックス・アメリカーナのもと、世界中に暗
国民の主体形成の努力こそ急がば回れのように、欠かせない営みと考えている


posted by 風の人 at 21:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。