2007年10月27日

東京ギンガ堂公演「孫文と梅屋庄吉」

紀伊国屋ホールで「孫文と梅屋庄吉」を観てきました。
正直「退屈な舞台かも」と思っていたのですが、とんでもない。
テンポ良く、時にユーモアを交えて当時の複雑な日中関係を見せ、
最後は感動的な終わり方でした。

一緒に観た長女は「中国とは戦争をしたというイメージしかなかった。
その前に、こんな濃い交流があったなんて」と驚いていました。

11月には中国で公演し、その後に宇部、下関、山口、岩国、福岡、
そして長崎で上演します。
お近くの方は是非どうぞ。

詳細はこちらで
http://www.tokyo-gingado.com/details/sonbun.html

                         川西玲子
posted by 風の人 at 23:23 | Comment(1) | TrackBack(2) | 一般
この記事へのコメント
はじめまして(^_^)
「孫文と梅屋庄吉」 私もみにいってきました。
関連記事ということで早速リンク 紹介させていただきました。
またお邪魔させていただきますね。
Posted by 演劇鑑賞 劇団クチコミ情報局 at 2007年10月30日 10:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

07年10月28日 土曜日  昨日のテレビ番組のテロップから
Excerpt: 07年10月28日 土曜日  昨日のテレビ番組のテロップから  土日のテレビ番組のワイドショーは結構テロップが多い。昨日は其れを一纏めにしてみた。 1・昨日の公務員の犯罪・不祥事    2・昨..
Weblog: 護憲+グループ・ごまめのブログ
Tracked: 2007-10-28 09:23

東京ギンガ堂 「孫文と梅屋庄吉」
Excerpt: 「革命は愛である。愛もまた革命である―。 中国革命と愛を音楽とダンスに載せて描く、エンターテイメン...
Weblog: 演劇鑑賞 劇団クチコミ情報局
Tracked: 2007-10-30 10:13