2007年09月20日

治外法権?のある日本の土地

皆様

ウォリアーズ・ジャパンから、下記のメイルを頂きました。
人の命と尊厳を大切にする日本に住みたい。

基地は要らないと思います。

豊田義信


【転送可】
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
警察のセカンドレイプを問う裁判
いよいよ結審!みなさまの支援をおねがいします

9月25日(火)10:00〜
東京地裁722号法廷
(閉廷後、弁護士会館でブリーフィングを予定しています)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「ジェーン」さん(仮名)は、2002年4月の深夜、神奈川県横須賀基地の近くで
米兵によるレイプ被害を受け、すぐ警察に通報しました。しかし捜査員は、ジェー
ンさんがくり返し懇願したにもかかわらず、すぐに病院に連れて行くかわりに、
被害者の気持ちを無視した屈辱的な捜査を優先しました。ジェーンさんは診察も
受けられないまま、結局10時間近くも警察に拘留され続けたのです。 

その後、検察は犯人の米兵を不起訴処分とし、米軍の軍法会議もこの件を扱わな
いと決定したため、事件は、被害者と加害者間の個人的な問題ということにされ
てしまいました。そこでジェーンさんは加害者の米兵に対する民事訴訟を起こし、
2005年に勝訴判決を勝ち取りました。しかし米軍が加害者を除隊・帰国させてし
まい、現在の居場所がわからないために、実際には補償金は支払われていません。

ジェーンさんは、神奈川県警の不適切で屈辱的な捜査によって受けた苦痛に対し、
国家賠償請求を起こしました。そして、性暴力被害者が迅速に適切なケアを受け
られるよう、24時間のレイプクライシスセンターを作りたいと考えています。
この裁判は、性暴力に対する警察対応の適切さを問う重要なケースとなります。
どうかみなさんの関心と支援をお願いします。

●連絡先
ウォリアーズ・ジャパン
156-8799 東京都世田谷区経堂1-40-1
メール: warriors.japan@gmail.com(英語)
または
アジア女性資料センター
TEL:03-3780-5245 FAX:03-3463-9752
E-mail:ajwrc@ajwrc.org
●カンパ振込み先
千歳郵便局止め郵便貯金口座 10120 66948161 ウォリアーズ


posted by 風の人 at 12:57 | Comment(0) | TrackBack(2) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

07年9月20日・木曜日 インド洋の自衛隊
Excerpt:  07年9月20日・木曜日 インド洋の自衛隊  私たちはテロ特措法と言われても、特措法が施行された途端に物価があがれば国民はすぐ反応するのだが、そく生活に関係ないので何となく認めていたのだろう。  ..
Weblog: 護憲+グループ・ごまめのブログ
Tracked: 2007-09-20 15:59

07年9月21日・金曜日 世界も不可解 この世も不可解
Excerpt: 07年9月21日・金曜日  世界も不可解 この世も不可解  今日はテレビ番組の見出しを拾うと、私の様な老人には?と不可解きわまりないことばかりだ。  現在,審判中のことは書くのを躊躇うのだが。日本..
Weblog: 護憲+グループ・ごまめのブログ
Tracked: 2007-09-21 17:27

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。