2007年09月17日

戦い続けるママ、谷亮子を見て

32歳、ママでも金の谷亮子選手に敬意を表します。
でもUPになった顔を見ると、あちこちに傷が。
勝ち上がるとはこういうことかと改めて考えさせられました。

私達が女子柔道に違和感を感じなくなったプロセスはそのまま、
戦う女、強い女を社会が受容していくプロセスでした。
それは女性の地位向上につながったのですが、一方で、
結果として女性の戦争参加に道を拓きました。

今や、どの軍隊にも女性がいて当り前。
自衛隊では子育て支援も始まっています。
イラクには、三人の子を夫に託して単身赴任している女性兵士もいます。

これ、おかしくないですか。
男女平等ってこういうことだったっけ。
「一兵卒として」なんて言っている小池議員には、怒りしか感じません。

戦い続けるママ谷亮子を見ていると、色々考えさせられます。
女性は今難しい状況にあるのですが、こういう快挙の影に隠れがちです。

                  川西玲子
posted by 風の人 at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(1) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

07年9月18日・火曜日 何もかんもおかしい
Excerpt: 07年9月18日・火曜日 何もかんもおかしい  相変わらず自民党総裁選で浮かれている。国民は両候補の演説で一喜一憂している。そして自民党の人気が上がっている感じがする。  半世紀以上の間に自民党にだ..
Weblog: 護憲+グループ・ごまめのブログ
Tracked: 2007-09-18 17:31