2007年09月04日

「昭和の参謀」、瀬島龍三死す

瀬島龍三、生きていたんですね。
ずいぶん長生きしたものだ。

陸軍大学校を主席で卒業?
伊藤忠で異例の出世?
それがどうしたという感じです。

元大本営参謀が戦後、財界の重鎮として、
さらに臨調であそこまで大きな力を持ったなんて。
戦前を引きずっていた戦後日本の象徴。
考えただけで腹が立ちます。

            川西玲子
posted by 風の人 at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(2) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53954796

この記事へのトラックバック

瀬島龍三
Excerpt: 瀬島龍三瀬島 龍三(せじま りゅうぞう、1911年12月9日 - )は、大日本帝国陸軍|陸軍軍人、経営者。富山県出身。岳父は松尾伝蔵。陸士44期。陸軍幼年学校を経て..
Weblog: ゆいの部屋
Tracked: 2007-09-06 07:33

【ドラマ】不毛地帯、大宣伝にも拘らず、初回視聴率が14%半ばとは、20%越えを確信していたフジテレビにはがっくり数字であろう←墜落すんなよw - 芸スポ+
Excerpt: したらば掲示板限定シリーズ三部作雑記:【マスコミ】“TV界の崩壊ぶり”このままでは地方局は壊滅状態になり東京キー局は潰れるぞ!…日テレ氏家氏の“予言”現実になるか - livedoor Blog(ブロ..
Weblog: したらば掲示板限定シリーズ三部作雑記
Tracked: 2009-10-25 04:46