2007年09月02日

裁かれなかった毒ガス作戦

教育テレビのETV特集「裁かれなかった毒ガス作戦 日中戦争 
70年隠された化学戦の実態」を観てびっくりしました。
毒ガス被害があんなに悲惨だとは。

ある中国人男性は、日本軍の使用した毒ガスで目をやられた上、
旧満州に連行されて強制労働に従事。
一度村に戻ってきたものの、今度は日本に強制連行されて炭坑に。
戻れたのは終戦の翌年だったとか。
何という不運な人生でしょう。

日本軍が遺棄した毒ガスは、今でも建設工事などの時に噴出。
死者も出ています。
後遺症に苦しんでいる人も大勢います。

アメリカが東京裁判でこの問題を追及しなかったのは、
将来自分たちが使用するための障害になることを恐れたから。
これも許せない話ですね。

戦争ってこんなもの。
悲惨でバカバカしいだけです。

               川西玲子
posted by 風の人 at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック