2007年08月15日

共産党、積極的に野党共闘へ

共産党の今後の国会対策と選挙方針などについて、穀田恵二氏が東京新聞のインタビューで答えています。重要と思われる部分を抜粋しておきます。

民主党との選挙協力を示唆するように読み取れる一方で、改憲阻止では「独自に努力」するとしています。

東京新聞 ねじれ時代に挑む 各党インタビュー (5)(抜粋)

共産党国会対策委員長 穀田恵二氏

――国会では民主、社民、国民新三党が共闘する場面が多い。共産党はなお独自路線を貫くか。

「こちらから(ほかの野党と)手を切りたいと言ったことは一度もない。政治を変えろという民意を実現するためには、参院を中心に積極的に共闘していきたい」


――具体的には。

「参院を中心に野党で法案を出す。参院選マニフェストで出てきた政策で、何と何が一緒にできるのか、野党間で政策的なすり合わせをしていくつもりだ。各党の政策責任者の話し合いを随時呼び掛けていく」


――共産党が今の勢力で目指すものは何か。

「根本的には、安倍政権の退陣、解散・総選挙を求めていく。その上で、国民の暮らしの改善を実現していく。安倍政権の暴走を止めるという意味では、憲法改正阻止には独自に努力したい」


――解散はいつごろと想定しているか。

「一つは来年の通常国会で(2008年度当初)予算案が通った時期。年内もないとは言えない。小沢氏も『小選挙区で150議席取れれば政権が取れる』と言っている。その中で、われわれがどういう位置を占めるかを戦術的、戦略的に考えていかないといけない」



太田光征

[関連記事]
2007参院選――結果分析
http://kaze.fm/wordpress/?p=140
posted by 風の人 at 17:35 | Comment(0) | TrackBack(1) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

護憲勢力最強のライバル小沢一郎
Excerpt: テロ特措法延長にNOを明言した、イチローくんが評判だ。 さもありなん。イチローくんは、現政界において、きわめて稀な 道理を重んずる政治家であり、最良の保守党人であろう。当ブログでも 以前、「小沢..
Weblog: BLOG BLUES
Tracked: 2007-08-16 16:01