2007年07月26日

国家的殺人未遂!/防衛省大臣官房広報

昨夜(23日)10:33に防衛省大臣官房広報課からメールを受け取りました。時
間が時間だったので、興味深く感じたので転送します。
(時間的には「下から順」になります)

23日昼間の大臣官房広報課との電話の「続き」にはなっていないのは、”わざと”
なのか、別人がメールをしているからなのかは分かりません。

なお、私は「自衛隊は憲法違反の存在だ」と思っています。ただ防衛省(関連)を相
手先にする文章で「あんたらは憲法違反の存在だ」と言ってしまうとミもフタもない
ので、「違憲の存在だ」とは言っていません。(「一線の自衛隊員がお気の毒であり
すぎます」というのは本心です)

別に、以下のような情報も受け取りました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
きっこの裏日記http://www5.diary.ne.jp/user/533673/で、夏芽さんのバルブが閉め
られるところがはっきり映った写真が公開されました。
ビデオから取ったものだそうです。
驚くほど鮮明です。
あまりにも澄んだ海の中。こんなところで殺人行為!こんなところに殺人用ヘリポー
ト!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

近藤ゆり子
k-yuriko@octn.jp


<以下防衛省大臣官房広報課とのやりとり)
-----Original Message-----
From: 近藤ゆり子 [mailto:k-yuriko@octn.jp]
Sent: Monday, July 23, 2007 11:08 PM
To: 'infomod'
Subject: RE: 国家的殺人未遂!

防衛省広報課御中

> > 当時の作業員から聞き取ったところ
> > 「酸素ボンベのバルブを閉めた」といった行為は
> > なかったとの回答を受けており、

これは、23日に防衛施設庁(本庁)・那覇防衛施設局からも聞きました。
しかし、「いであ(株)」の作業員から話を聞いただけでは、「事実関係を把握」し
たことにはなりません。

23日11:40頃に防衛施設庁広報調査室に電話をしたときのレポート(複数のM
Lに発信)を貼り付けます。
(16時30分頃に那覇防衛施設局のN様と電話が繋がりました。こちらのほうが
「面白」かったですが、「縦割り」を超えて、そちらで情報を収集して下さい。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
那覇防衛施設局の「広報担当」はお話中で電話に出られない(たくさんかかってくる
ことでしょう!)ということなので、防衛施設庁広報調査室に電話しました。
−防衛省 03−3268−3111(代表) の交換に「防衛施設庁の広報」とい
うと回る−

☆ 「事実関係をどう把握しているか」という私の質問に対して
【作業ダイバーから話をきいたところ、空気バルブを閉めたりはしていない、という
ことだった】ですと。

☆ 「つまり防衛施設庁(那覇防衛施設局)としては、現場を見ていない、というこ
とですね」に対してはしぶしぶ認めました。

☆ 「殺人未遂を犯したかもしれない作業ダイバーから話しをきくだけで『事実関
係』調査を終え、『そんなことはなかった』話にしても沖縄県民の納得はえられな
い」
「米軍側も『地元歓迎されないところには行かない』と言っている。『地元歓迎され
ない基地』の建設を急ぎ強行しても、米軍も喜ばないことになる。誰のために何をし
ているのかの根本から問い直されてしまうのではないか」
「少なくとも、この『事件』につき、詳細が明らかになるまでは、一切の作業を中止
するべきだ」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちなみに防衛「省」の中で「一般の方からの電話では名前を名乗りません」と言うの
は、大臣官房広報課「だけ」です。
内局の広報課が「透明性・公開性に欠ける秘密体質」を全面展開していては、話にな
らない。
(繰り返しますが「各隊(の広報)」はきちんと階級まで名乗られますよ。「やっぱ
り内局はダメだなぁ」と言われる元を作ってどうする!)

近藤ゆり子
k-yuriko@octn.jp

-----Original Message-----
From: infomod [mailto:infomod@mod.go.jp]
Sent: Monday, July 23, 2007 10:33 PM
To: 近藤ゆり子
Subject: RE: 国家的殺人未遂!

防衛省 広報課です。

御指摘の件につきましては、当時の作業員から聞き取ったところ
「酸素ボンベのバルブを閉めた」といった行為はなかったとの
回答を受けており、那覇防衛施設局から海上保安庁にも
報告しております。

=======================
  Ministry of Defense Public Information Dev.
      防衛省大臣官房広報課
    Mail : infomod@mod.go.jp
=======================

> > -----Original Message-----
> > From: 近藤ゆり子 [mailto:k-yuriko@octn.jp]
> > Sent: Sunday, July 22, 2007 11:43 PM
> > To: infomod
> > Subject: 国家的殺人未遂!
> >
> > 防衛省広報課御中
> >
> > 那覇防衛施設局に、以下の文面のファクスを送りました。
> > 縦割り組織ゆえ(「防衛省と各隊は違う」とB様はのたまわれましたね。防衛省と

> > 衛施設庁も「違う」「関係ない」のでしょう、きっと)、お耳に入らないと思うの
> > で、お知らせします。
> >
> >
> > 近藤ゆり子
> > k-yuriko@octn.jp
> >
> > ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
> > 那覇防衛施設局御中
> >
> > 2007.7.22
> >
> >  7月21日、辺野古沖での那覇防衛施設局による「環境現況調査」or「事前調
査」
> > によって、殺人未遂とも思われる事件が発生しました。
> >  那覇防衛施設局が委託した「いであ(株)」の作業員が、平良夏芽牧師を海中で羽

> > い締めにおし、空気ボンベのバルブを閉めるという暴挙に出ました。このため、平

> > 牧師は窒息状態となり急浮上しました。急浮上のために、潜水病と思われる症状を

> > 起しました。
> >  これは殺人未遂だ、と感じます。空気バルブからの空気の供給がなければ、窒息

> > ます。窒息を回避するためには急浮上するしかありません。「急浮上」は、潜水病

> > 引き起こすおそれがあることは、ライセンスを取得している平良牧師も当然知って

> > ます。潜水作業員である「いであ(株)」の作業員も知っています。
> >  つまり、「空気バルブを閉める」という行為は、確信犯的な危険な行為、殺人行

> > です。
> >
> >  そして、防衛施設庁が「国家行政組織法第2条第2項の趣旨に基づき」海上自衛

> > 幕僚長に要請した、掃海母艦「ぶんご」出動について、繰り返し「潜水病の危険」

> > 口にされたのは防衛省側なのです!(6月14日の「辺野古実」による交渉の場面
> > で)
> >
> >  そもそも一連の「環境現況調査」or「事前調査」には、大きな疑義があります。

> > の疑義につき、防衛省・防衛施設庁は、説明責任すら果たしていません。
> >  「ぶんご」出動も含め、何ら法的根拠もないままに「実力行使」しているとしか

> > われません。
> >  
> >  沖縄現地の人達に「銃口を向け、抗う者は殺す」・・・旧日本軍を引き継ぐ防衛

> > のあり方として、これこそが「正統」というわけですか?
> >  (集団「自決」に旧日本軍の関与があった、というのは、沖縄の人々にとっては
> > 「揺るぎない事実」です。沖縄県議会決議がそれを示しています。)
> >  この間の辺野古での防衛省・防衛施設庁のやり方は、「自衛隊は大日本帝国軍隊

> > 承継者だ」と考えざるを得ません。そうであれば、防衛省及び自衛隊は、存在その

> > のが憲法違反ということになります。自衛隊の方々が行う「服務の宣誓」を、那覇

> > 衛施設局が嘲笑い、蹂躙していることになります。これでは、一線の自衛隊員がお

> > の毒でありすぎます!
> >  (補追:「情報保全隊」による市民監視活動は、「憲兵隊の復活」と感じさせる

> > のです。)
> >
> >  那覇防衛施設局から委託された業者による殺人未遂事件を徹底解明して下さい。
> >  いであ(株)との契約をを直ちに解除して下さい。
> >  殺人未遂まで引き起こす、違法・不当な「事前調査」の即刻中止を強く求めま
す。
> >
> > 近藤ゆり子
> > ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
--------------posted by ohta
posted by 風の人 at 16:18 | Comment(0) | TrackBack(14) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

長期入院保険 情報 01
Excerpt: 医療保険|自動車保険と医療保険のアメリカンホーム保険会社長期入院、退院後の通院を...
Weblog: 長期入院保険 情報
Tracked: 2007-07-26 16:54

記憶の縛り。ハブもいない宮古島に。『のだめカンタービレ』
Excerpt: 2007.7.25.19:00ころ 昨夜21時頃から本日15時ころまで、ココログ
Weblog: 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
Tracked: 2007-07-26 17:27

人のふんどしは履き心地悪いもの
Excerpt: 07年7月:参院選と政局の行方(YamaguchiJiro.com2007/7/23) http://yamaguchijiro.com/?eid=590 《一部引用》 しかし、小沢代表のもとで、構..
Weblog: +++ PPFV BLOG +++
Tracked: 2007-07-26 17:31

日本中に放射能が飛散し危険?
Excerpt: カターニャが今月末の日本遠征を中止…森本の左ひざ回復待ちか FW森本貴幸(19)が所属するセリエA・カターニャが、今月末に予定していた日本遠征を中止することが19日、わかった。新潟県中越沖地震で柏崎..
Weblog: zara's voice recorder
Tracked: 2007-07-26 17:44

「どうでもいい」なんて言わないで
Excerpt: 今月14日に撮った(車の中から)羊蹄山の写真です。その姿が富士山に似ていることから、蝦夷富士とも呼ばれています   昨夜、知人と選挙の話をしていたら、「興味もないし、期待もしていないので..
Weblog: 黄昏石狩日記
Tracked: 2007-07-26 19:04

自公連立政権の意味を考えよう 日本が宗教国家になる前に・・・@私は無宗教ですとは言えない時代
Excerpt: 人気ブログランキング ← 健闘中!! 参院選開票まであと3日です!! ↓現自公連立政権の評価をチェックしてから選挙に行こう! ミスリード(読者を誤った解釈に誘導するような記事や文章のこと)ある..
Weblog: らんきーブログ
Tracked: 2007-07-26 21:39

アベ内閣のラスト・メールマガジン
Excerpt:  小泉首相からスタートした首相のメールマガジンですが,昨日配信された,   安倍内閣メールマガジン(第39号 2007/07/26) は,あまりにもひどいので,私なりに添削させていただきます。 ..
Weblog: 津久井進の弁護士ノート
Tracked: 2007-07-26 22:34

3枚のプレートの上に暮らし、漏れた水を人が手で拭く(リーフレット『地震大国に原発はごめんだ』 )
Excerpt: ブログランキング  ←広くみなさまにお読みいただき、視点を共有できますよう、クリックをお願いします。 選挙に行きましょう。知らない間に殺したり殺されてしまったりするのはごめんです。 〜..
Weblog: Like a rolling bean (new) 出来事録
Tracked: 2007-07-26 22:56

護憲候補者リストの最終アップデート:民主党候補の圧倒的多数(6割)は護憲派であることが判明した
Excerpt: 今回の参議院選挙は,「改憲・護憲」をテーマにするか否かに関わらず,その問題を避けて通ることはできない.なぜなら,参議院議員には6年間という安定した任期が保障されているため,3年後に凍結解除されることに..
Weblog: エクソダス2005《脱米救国》国民運動
Tracked: 2007-07-27 01:40

アベ内閣の炸裂する反与党自爆選挙キャンペーン:防衛施設局辺野古ダイバー殺人未遂事件の証拠写真
Excerpt: ご協力に感謝します♥.ランキングトップ50に入りました! きっこの日記経由でアクセス急増中! 483→774→5762(24日のピーク)→2811→1307→83(今日00:..
Weblog: エクソダス2005《脱米救国》国民運動
Tracked: 2007-07-27 01:40

07参院選:自民惨敗? でも民主党「圧勝」も不要だ
Excerpt:  参院選終盤の情勢がほぼ出揃い、異口同音に民主の圧倒的優勢、自民大苦戦と伝えられている。「空気を読む」ことに長けたこの国の国民にとって、安倍内閣の「空気を読めない」振る舞いはあまりに違和感を覚えるもの..
Weblog: M. H. Square.
Tracked: 2007-07-27 01:43

■2007年参院選・・・投票の仕方と注意点! 
Excerpt:  人気blogランキング    いつも応援ありがとうございます。^^  政府の暴挙を多くの人に伝えるために、クリックをお願いします!ヾ(_ _*) 29日(日)は、遊びの予定があるん..
Weblog: わんばらんす
Tracked: 2007-07-27 01:48

自・民の逆転は変化をもたらすか。
Excerpt: 自民党にとっては暗澹たる思いが募るばかりの選挙結果予測の報道がつづいている。これらの一つひとつが正確か否かは別にして、かなりの苦戦を同党が強いられているのは事実のようだ。ブログをながめると、まことにご..
Weblog: 花・髪切と思考の浮游空間
Tracked: 2007-07-27 05:42

目標はあくまでも当選者40人割れ。国家再興の使命優先、国民軽視の「安倍政権にNO!」を。
Excerpt: 【琴光喜が苦労の末に、大関昇進を果たせて、本当によかったですね〜。(~~) そして 野党も苦節ン十年、やっと選挙で与野党逆転をするという画期的&大きなチャンスが目の 前に。mewも含め、「力戦奮闘..
Weblog: 日本がアブナイ!
Tracked: 2007-07-27 12:01