2007年07月22日

沖縄辺野古で基地建設調査業者による殺人未遂事件発生!

防衛省大臣官房広報課
infomod@mod.go.jp

防衛施設庁
info@dfaa.mod.go.jp

■転載その1

みなさん

平良夏芽さんが殺されそうになりました。
タンクのバルブを閉められたモヨウです。

夏芽さんはエアーが出なくなったので
エアーがなくなったと思い浮上したところ
潜るときに200あった酸素が150残っており
バルブの栓が閉められていたそうです。

他のとびこみをしている仲間も
殴る、蹴るの暴行を受けています。

まさに暴力の直接行動がおこなわれています。

抗議の電話やFAXをお願いします。

急いでいるので書き以外の連絡先を探している暇がありません。
それぞれの方、前のメールから抗議先を調べてください。

沖縄県文化環境部環境政策課
電話:098−866−2183
FAX:098−866−2240
E-mail:aa025003@pref.okinawa.jp

■転載その2

【緊急】防衛施設局ダイバーによる暴行事件

那覇防衛施設局のダイバーによる暴行事件の転送です。

違法な環境調査に対する中止要請に対する暴行です。
複数のMLにBCCで送っています。【転送歓迎】

真喜志好一

=====以下転送====

「辺野古から緊急情報」の文面ではアップできたのですが、通信の発信
がおくれ、情報が遅くなり申し訳ありません。

7/21・15:00 作業ダイバーによる暴行が酷すぎて阻止行動中止
しました。
今日は朝6:00前から5船団10隻の作業船が出ていて、阻止行動の船1隻、
ゴムボート1艇、カヌ3艇で出たところパッシブソナーのメンテ作業は終
わっていました。嘉陽の方での作業までは追えていなかったのですが、
リーフ内のライン調査を阻止しようとダイバーが 潜っていたところ…

作業ダイバーがハンマーで殴りつけ、蹴りつけ、マスクを引き剥がしに
かかりました。
その上、1人が羽交い締めにした上で、もう1人がボンベのバル
ブを締めました。

息が出来ない状態で海中で手足の自由を奪われたため、海上に上がるこ
ともできず、こちらのダイバーは危うく窒息死寸前、苦しみながらも手
足をばたつかせ、羽交い締めにしている防衛施設局ダイバーの力がゆる
んだ瞬間に振りほどき浮上することが出来ました。

水深3 4m付近でのことでしたので、振り切って海上まで浮上出来ました
が、もっと深い所だったら浮上前に意識を失うか、急浮上で肺に障がい
が残るかしたはずです。

このため相手からの暴力のあまりの酷さに阻止行動を中止し、15:30か
ら辺野古の命を守る会事務所で緊急記者会見を行いました。過失という
部類の話ではなく「故意の殺人未遂」です。

とりあえず皆にまわしてください。
那覇防衛施設局への抗議もお願いいたします。
施設局の職員は現場を放ったらかしです。
那覇防衛施設局
〒900-8574
那覇市前島3丁目25-1
電話・fax 098-868-0174〜9 広報室(内線233から235)



以後、詳細の追加があれば、下記のサイトで情報を流します。
●辺野古からの緊急情報 http://henoko.jp/info/ (随時更新)
●緊急情報(携帯版) http://henoko.jp/infom/

また、まとめ記事は深夜こちらに掲載します。
●基地建設阻止 http://henoko.jp/fromhenoko/ (毎日更新)


■転載その3

ヘリ基地違反隊協議会・平和市民連絡会からの反対声明を掲載します。

「緊急声明」
本日のダイバーの殺人未遂ともいえる暴力に対する抗議声明を、ヘリ基
地反対協・平和市民連絡会が出しました。各方面に転載してください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 那覇防衛施設局は、2007年4月から新基地建設のための環境現況調査
を開始した。2014年完成の方針のもと、アセス法によらない違法な事前
調査である。

 政府は5月18日(金)、19日(土)、20日(日)に自衛隊をも投入し、未明
から調査機器設置作業を強権的に実施し、6月9日(土)、10日(日)にも継
続した。それ以降、未設置の機器設置作業とそのメンテナンス、さらに
珊瑚のライン調査作業が継続された。私たちは非暴力による新基地建設
阻止、違法な事前調査阻止行動を進めている。
 本日、7月21日(土)12時すぎ、辺野古の海で作業を止める行動の中、
いであ(株)の作業員が海中で平良夏芽さんの空気ボンベのバルブを閉め
たため、窒息状態となり急浮上した。ボンベ内の空気は200(20MPs・メ
ガパスカル)中50(5MPs)しか消費されておらず、明らかにバルブを故意
に閉めた結果である。これは人命軽視の暴力行為であり許されるもので
はない。
 那覇防衛施設局は前回と違い、今回は現場に責任者を置かず、業者の
暴力行為を放置して来た中での、今日の人命軽視の暴力行為である。
 私たちは今回の窒息状態を引き起こした重大な暴力行為に対し、いで
あ(株)と那覇防衛施設局に対し、厳重に抗議し、謝罪を要求する。

  2007年7月21日 ヘリ基地反対協・平和市民連絡会

--------------posted by ohta
posted by 風の人 at 10:37 | Comment(0) | TrackBack(2) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

 高感度の議員を選ぼう
Excerpt: 07年9月22日・日曜日  高感度の議員を選ぼう  朝日の社説に「高感度の議員を選ぼう」とあった。あと一週間で選挙なのだ。党をと、なると即決まるのだが。選挙区の議員は、全く高感度かどうかは判断しにく..
Weblog: 護憲+グループ・ごまめのブログ
Tracked: 2007-07-22 17:40

消された元幹部自衛官のブログ 言論弾圧か!?
Excerpt:  自衛隊の組織的かつ大規模な公選法違反の疑いが明るみに出始めている。元幹部自衛官
Weblog: 平成暗黒日記
Tracked: 2007-07-24 00:48

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。