2021年05月19日

重要土地調査規制法案は要するに戦前回帰法

法案名は実体を隠しています。

● 戦前の国防保安法、軍機保護法、要塞地帯法に回帰。
● 当初案に対して漆原良夫公明党前議員は「まるで戦時下を思わせる民有地の規制」と指摘。
● 国防(基地周辺での土地取得規制)のためと見せかけながらも、外国人の土地取得によって基地機能が阻害される事実(立法事実)なし。
● 「生活関連施設」を含む「重要施設」(病院や基地など)と重要施設に対する「機能を阻害する行為」を政府が勝手に決め、当該行為の中止または「その他必要な措置」を総理大臣が恣意的に勧告・命令し、土地収用を強制できる。
● 「重要施設」などに近づく者と「その他の関係者」に情報提供を義務付ける。
● 命令や義務に従わない場合は懲役刑や罰金刑を課す。不服申立ての規定がない。

太田光征


posted by 風の人 at 17:57 | Comment(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。