2018年11月10日

自民党の正体 「日本会議 」

既に手にしている自民打倒の手段:反自民のインターネットユーザーすべてに視聴してほしいYouTube動画

自民党の正体 「日本会議 」
https://www.youtube.com/watch?v=B52FM_2HT9A

再生中動画のYouTube版です。たまたまタイトル設定がよく、キーワード「自民党」のYouTube検索でトップを目指せるものになっています。

これが改憲国民投票対策としても非常に現実的で有効な手法です。反自民の何百万ものインターネットユーザーが視聴すれば、トップないし2位は間違いなし。若者にも「自民党」で検索してヒットする動画が流行っているよ、と伝えやすくなります。メールネットワークでも広げないと目標は達成できませんが、逆に言えばたったそれだけのアクションで、3000万署名よりはるかにハードルが低く、その気になれば数日で達成可能です。

ネット空間における自民打倒の手段は既に手にしています。後は潜在力を発揮するのみ。(もちろん街宣なども必要で、YouTubeで「自民党の正体」を検索してみて、という街頭演説をしようと思っています。街頭とネットをつなげる「YouTube街宣」。)

政治関係のYouTube動画を観ていると、終了後、ほぼ必ずと言っていいほど、ネトウヨ動画が自動再生されます。この自動再生される動画を反自民の動画で取って替える必要があります。

上記動画の再生回数は、FB(再生中)で約11万、Twitter版(下記*)で約5万、YouTubeで約500となっていて、本来はYouTubeの再生回数が多くなってこそ、影響力を持ちます。こぞってYouTube動画を視聴しましょう。

*lさんのツイート: "#日本会議 #一部閲覧注意… "
https://twitter.com/liberal_dive/status/1039233176747601920

上記動画の公明党版カウンターパートはこちらでしょうか。これもキーワード「公明党」のYouTube検索でトップになれば効果大です。

#創価学会 #公明党 #池田大作 #玉城デニー #佐喜真淳 #沖縄県知事選 #憲法改正 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=2_gEV5nDZmw

キーワード「自民党憲法草案」によるYouTube検索では反自民動画が上位を占めますが、「憲法改正」や「自民改憲案」ではそこまでいきません。これらキーワードの対策が課題ですが、ある動画で人気動画の地位を確立すれば、動画タイトルにキーワードを追加すればよいことになります。

キーワード「憲法改正案」では下記が比較的上位にきます。

3分半でわかる! くらべてみよう 現憲法と改憲案 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=6TNg8xauLCY

キーワード「憲法改正」のGoogle検索では下記Twitter動画が上位表示される潜在力があります。再生回数は112万回と多いのですが、既存の護憲派が強い拒否感を抱く内容であるものの、新規に護憲派を増やすにはインパクト不足であろうと思います。

lさんのツイート: "安倍晋三氏 「憲法改正」… "
https://twitter.com/liberal_dive/status/1038527621133467649


太田光征
posted by 風の人 at 20:00 | Comment(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]