2018年09月15日

侵略主義肯定の明治維新150年キャンペーンの一環として安倍首相が8月26日に鹿児島(旧薩摩藩)で総裁選出馬を表明

NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」や「明治日本の産業革命遺産」パンフレットなどは侵略主義肯定の明治維新150年キャンペーンの一環。その流れで安倍首相は8月26日、鹿児島(旧薩摩藩)で総裁選出馬を表明。単なる選挙対策ではない。4月の講演会↓はタイムリーでした。
20180412 UPLAN 広瀬隆「明治150年の驕慢を斬る:日本近現代史の本当の話」 - YouTube
https://youtu.be/a6PI1ksqZug?t=22m14s

安倍首相は8月26日、鹿児島(旧薩摩藩)で総裁選出馬を表明。同日の地元議員演説会で「ちょうど今晩は、NHKの西郷どん『薩長同盟』なんですね。しっかりと薩長で力をあわせて、新たな時代を切り開いていきたい」。
“薩長同盟”で反安倍封じ? 「鹿児島」で出馬表明 | ホウドウキョク
https://www.houdoukyoku.jp/clips/CONN00399596

民放が出馬会見を生中継しない中、NHKは用意周到に生中継で安倍首相の出馬会見を演出。さらに、オリンピックコンサートの放映を2分遅らせて出馬会見の映像を再放送。
出馬表明を生中継 “安倍チャンネル”と化したNHKの過剰演出|日刊ゲンダイDIGITAL
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/236255/2

安倍首相の総裁選出馬会見の映像を流すだけでなく、NHKの岩田明子解説員は安倍首相の思いを代弁してみせる。「今年は明治維新150年。明治維新ゆかりの鹿児島を発信の場とすることで新しい国づくりへの意欲を示す」。
https://twitter.com/yagainstfascism/status/1033614807478366208

テロリスト集団の薩長同盟と死者差別の靖国神社(「官軍神社」)を礼賛する安倍晋三首相は、年頭の施政方針演説でも明治維新150年に言及。
<新政府軍は「賊軍」の遺体の埋葬を禁じ、一種の見せしめとして放置した。>
原発の立地は賊軍地域に集中! 現代もなお色濃く残る賊軍差別の影響|LITERA/リテラ
http://lite-ra.com/2018/08/post-4216_3.html

戊辰戦争。「白河の住民は戦火の合間に死者を敵味方分け隔てなく埋葬した。」
<奥羽の義 戊辰150年>(17)同盟軍大敗 血に染まる川 | 河北新報オンラインニュース
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201808/20180826_63042.html


太田光征
posted by 風の人 at 20:55 | Comment(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]