2018年03月19日

時刻訂正: 東京電力役員の福島原発事故個人責任を訴えた裁判




-------- Forwarded Message --------
Subject: [CML 052075] 時刻訂正: 東京電力役員の福島原発事故個人責任を訴えた裁判
Date: Mon, 19 Mar 2018 05:45:50 +0900


野村修身です。

東京電力株主代表訴訟口頭弁論(裁判)の開催時刻を「10:30〜」に訂正します。

受信に余計な手間をおかけして申し訳ありません。

なお、口頭弁論を傍聴できない方は、事後集会(開始12:30予定)において、原告担当代理人(弁護士)の報告を聞くことが出来るので、よろしくお願いします。
_________________________________________________
NOMURA; Osami, Dr. Eng. : peace-st@jca.apc.org
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Forwarded by NOMURA OSAMI
----------------------- Original Message -----------------------
From: peace-st@jca.apc.org
To: cml@list.jca.apc.org, eforum@eforum.jp
Date: Sat, 17 Mar 2018 05:12:38 +0900
Subject: 東京電力役員の福島原発事故個人責任を訴えた裁判
Cc: 2002costarica@freeml.com, nonuke@iijnet.or.jp, civilsociety-forum@freeml.com
---
野村修身です。

このお知らせはいくつかのメーリングリストに投稿します。転載を歓迎します。ダブって見ていられる方には申し訳ありません。

福島第一原子力発電所が大事故を起こした責任は、当時の東京電力の経営責任者にあることが明白です。そこで、東電の株主の有志は、会社に損害賠償をするように、当時の経営責任者個人に対しての責任を追求すべく裁判を起こしました。これが「株主代表訴訟」です。

この裁判の原告である株主の有志が勝ったとしても、認められた賠償金は会社が得ることになり、原告である株主の有志には何の利益もありませんが、株主の社会的責任として裁判を起こしたものです。なお、得られた賠償金のすべてを福島原発事故の被害者救済に使うことも目的にしています。

この歴史的な裁判を成功させるため、何かとお忙しいとは思いますが、多くの方が裁判の傍聴に参加して応援くださるように、どうかよろしくお願いします。
_________________________________________________
NOMURA; Osami, Dr. Eng. : peace-st@jca.apc.org
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(案内ビラより抜粋)

<東京電力株式会社の株主有志による株主代表訴訟の第39回口頭弁論(裁判)>
日時:2018年3月22日(木)13:30〜
場所:東京地方裁判所103号法廷
交通:地下鉄東京メトロ丸ノ内線、日比谷線、千代田線「霞が関」駅、有楽町線「桜田門」駅

(裁判終了後は下記の要領で事後集会を行います)
場所:衆議院第1議員会館大会議室
交通:地下鉄東京メトロ丸ノ内線、千代田線「国会議事堂前」駅、有楽町線「永田町」駅
裁判報告会:担当代理人(弁護士)
学習会:<講師>井戸川克隆(原告、元・双葉町長)

<連絡先>東電株主代表訴訟
電話:090−6183−3061(木村)
e-mail: nonukes0311@yahoo.co.jp
blog: http://tepcodaihyososho.blog.fc2.com/

--------------------- Original Message Ends --------------------

以上、転載

太田光征


posted by 風の人 at 10:35 | Comment(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。