2017年04月20日

サンテレビニュースPORT(2017/4/20) 神戸、全国初、野良猫との共生を目指して

-------- Forwarded Message --------
Subject: [uniting-peace:11372] サンテレビニュースPORT(2017/4/20) 神戸、全国初、野良猫との共生を目指して
Date: Thu, 20 Apr 2017 21:53:52 +0900 (JST)

 永岡です、サンテレビのニュースPORT、今回の特集は、神戸市、人と猫との共生に関する条例(http://www.city.kobe.lg.jp/life/health/hygiene/animal/nekokyousei.html )が施行されて、ペット、グッズとして人気の猫、野良猫の繁殖制限に関する取り決め、殺処分を減らす取り組みについて報告がありました。

 野良猫の殺処分ゼロを目指すものであり、猫はペットとして人気、この春、神戸で猫と人の共生する社会のために、神戸市議会で可決された条例、全国初の、野良猫の繫殖制限のために、不妊、去勢手術の費用を公費で出すものであり、神戸市の動物管理センター、行き場のない犬、猫を引き取り新しい飼い主に渡すものの、保護する数は減っても、年間500匹は殺処分がやむを得ず、野良猫の不妊、去勢により殺処分が減ることをスタッフも願い、神戸に本社のある通販大手のフェリシモ、商談スペースから、猫部という部署があり、2010年に社内の部活から、猫を愛する社員がユニークなグッズを開発して販売して好評で、買うと金額の一部が動物愛護団体に寄付されて、さらに神戸市と猫に関する動画も制作し(http://www.city.kobe.lg.jp/life/health/hygiene/animal/nekovideo.html )、不幸な猫増やさないように、と活動するものです、

 神戸猫ネットでは、野良猫を捕獲して不妊、去勢手術して、野良猫が増えると、餌やりで衛生面の問題も起きて、野良猫を効率よく捕まえて手術して帰すもので、猫は放置したらいくらでも増える、1匹で子供を3,4匹産むもので、にゃん太の会の方も、猫にやさしくと言われて、今月17日、神戸市人と猫との共生協議会、獣医師の皆さんなど、野良猫1000匹に手術することを目標に、人と猫との関係をまじめに考えるもので、人と猫との幸せな関係のために皆さん尽力されています。地域と神戸市、企業の連携で、最後まで責任をもって飼うべきで、小さな猫に責任はないと、司会の小浜さん締めくくられました。以上、ニュースPORTの内容でした。

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449191338

この記事へのトラックバック