2017年01月30日

Re: デンデンとトランプは酷似: 伊藤惇夫が トランプ大統領のムチャクチャとそれに対する安倍総理の土下座外交批判を語る

「伊藤さん、安倍氏はトランプ氏の理解を求めると言い、これは弱腰、メイ首相もメルケル首相も批判することはしており、恐れず、でんでん総理も言うべきことは言うべきで、対米追随が深刻化しており、日本車に関税がかかり、アメリカ車には日本では関税のないことをちゃんと説明すべきと言われました。」


-------- Forwarded Message --------
Subject: [uniting-peace:10678] Re: デンデンとトランプは酷似: 伊藤惇夫が トランプ大統領のムチャクチャとそれに対する安倍総理の土下座外交批判を語る
Date: Mon, 30 Jan 2017 07:42:15 +0900 (JST)


  (情報提供石垣)
みなさんお世話様
伊藤惇夫氏のお話は的確です。
*>イスラム諸国への侮辱はテロリストを喜ばせるだけ*
*>でんでん総理はトランプ大統領と2月に首脳会談*
安倍は「プチ」トランプといわれていますが本当に良く似ています。
しかし、似ていないところは、
企業が内部留保金380兆円も抱えているのに
法人税を下げ、消費税を上げ、
勤労者の賃金を低賃金に押さえ、
搾取を更に強化させていることです。
     
               石垣敏夫
以下転載です
) 伊藤惇夫が トランプ大統領のムチャクチャとそれに対する安倍総理の土下座外交批判を語る

 永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、今朝は政治アナリストの伊藤惇夫さんのお話でした。

 今朝の朝刊一面トップは、アメリカ関係で、朝日はアメリカ入国禁止、読売もアメリカ入国禁止が100人を超えたこと、毎日は入国拒否280人、裁判所は強制送還を認めず、産経もアメリカの入国拒否、日経はトランプ−プーチン電話会談です。

 その、トランプ大統領によるアメリカ入国禁止に各国首脳から批判で、大統領令でイスラム圏7か国からの入国禁止、世界の空港で混乱であり、トランプ大統領に抗議するデモもニューヨークにあり、イスラム圏7か国の入国禁止をしても、NGOがニューヨークの連邦裁判所に訴えてトランプ氏の処置禁止の仮釈放、アメリカの国土安全省は飛行機の搭乗を禁止、イランは猛反発、イスラム諸国への侮辱&テロリストを喜ばせるだけと批判して、イランに来るアメリカ人に対抗措置として、オランド氏もトランプ氏を批判し、難民は民主主義を守るために受け入れよと言い、トランプ大統領は空にも壁で、メイ首相、メルケル首相も批判したものの、トランプ大統領は国境をやると言い、これについて伊藤さん、メキシコに壁と言い、一種のパフォーマンス、こんなことをしても意味はなく、アメリカは自由と移民の国で、全面禁止で、これによりテロが誘発され、イスラム圏全体を敵にする→反米感情を煽り、アメリカや、世界各国へのテロを産むのに、これをトランプ氏は分かっているのかと言われて、こんなムチャクチャなやり方をどう世界は止めるか、安倍総理は何も言わず、アメリカの議会は二元代表制、大統領と議会の相互チェックがあり、議会が大統領を止められるか、メキシコに壁も議会が予算を承認しないとだめであり、議会のチェック機能に、アメリカの民主主義が問われて、共和党もトランプ氏に全面的に賛成ではなく、議会のチェック機能が問われると言われました。

 そころが、でんでん総理は、そのトランプ大統領と2月に首脳会談であり、一昨日電話会談(6番目)、同盟関係、トランプ氏が日本の自動車が不公平と言ったことへのフォロー、トランプ大統領の日米安保への問題、日米FTAについて話すと言い、日米電話会談、当初15〜30分の予定が40分、近くで聞いていた政府関係者が、この二人は合うと言い、安倍総理は自動車産業のアメリカへの寄与を語り、在日米軍の経費は100%日本が負担であり、トランプ大統領は二つの顔を使い分けて、協力(イギリスなど)、対立(メキシコなど)であり、伊藤さん、安倍総理の周囲は、トランプ氏に初めて会って二人の仲がいいと言うものの、その際で馬が合うとわかるはずはなく、そういうことを言うからおかしくなる、伊藤さんが不安なのは、安倍氏はプーチン氏の場合も、首脳同士が仲良ければいいと思っている節があるが、外交はそんな甘いものではなく、国益のための駆け引きが必要で、伊藤さん、安倍氏はトランプ氏の理解を求めると言い、これは弱腰、メイ首相もメルケル首相も批判することはしており、恐れず、でんでん総理も言うべきことは言うべきで、対米追随が深刻化しており、日本車に関税がかかり、アメリカ車には日本では関税のないことをちゃんと説明すべきと言われました。

 インフルエンザが全国で流行、都内のクリニックは日曜日も診察でも予約で一杯、東京ではインフルエンザの警報が出て、患者は前の週の2倍になり、警報レベルを超えているのは38の都道府県であり、乳児もかかり、乾燥していると流行しやすく、患者は160万人、流行のピークはこれからで、スタジオでもインフルエンザにやられた方の声があり、気象予報士の正木明さん、乾燥は続き、近畿も明日乾燥注意報、日本海側は雪でも、暖房で湿度が下がっていると言われました。

 本日の気になる新聞記事、朝日の7面で、トランプ大統領、壁の建設をイスラエルのネタニヤフ首相が絶賛したというもの、イスラエルも壁を作っており、しかしイスラム圏から批判されて、毎日の7面の記事で、ドイツのベルリンのミュラー市長は壁を批判しており、ベルリンは壁での分断の大変さを知っているためで、スタジオでも壁を作るのが世界で波及していることに危惧があり、これについて伊藤さん、万里の長城は意味がなかったことをトランプ氏は知るべきと言われて、毎日の7面の記事で、台湾の蔡総統のツイッター発信が炎上、日本に春節祭の祝辞を日本語で書いて、中国からなぜ日本語で書いたかと叩かれて、伊藤さん、蔡総統は独立派、トランプ氏とも会談して、中国が神経質になり炎上するのは大人げないと言われて、朝日の33面の記事で、親族間の暴行がこの10年で激増しており、DVへの社会的な関心が増えて、伊藤さん、警察はかつて民事不介入から、方針が変わってきたと言われました。以上、伊藤さんのお話でした。

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 16:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446480323

この記事へのトラックバック