2017年01月28日

TBSラジオ 荻上チキSESSION22(2017/1/27) 渡辺豪 MXテレビ沖縄ヘイト番組への抗議報告

-------- Forwarded Message --------
Subject: [uniting-peace:10654] TBSラジオ 荻上チキSESSION22(2017/1/27) 渡辺豪 MXテレビ沖縄ヘイト番組への抗議報告
Date: Sat, 28 Jan 2017 10:07:43 +0900 (JST)

 永岡です、昨夜のTBSラジオの、荻上チキSESSION22にて、1月2日に東京MXテレビで放映されたニュース女子なる番組が、完璧な沖縄ヘイト内容であり、市民団体がBPOに提訴した件、元沖縄タイムス汽車でジャーナリストの渡辺豪さんの報告がありました。この件はすでに新聞では大きく取り上げられており、テレビだと先週のおはよう朝日ですの水曜日で取り上げていました。琉球新報に、誹謗中傷されたのりこえネットの辛淑玉さんの談話も乗りました。

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-434266.html

 SESSION22の内容、

https://radiocloud.jp/archive/ss954/

 ニュース女子問題でDHCシアターの、沖縄の反対派が金で雇われているなどの事実無根の内容で、テレビで辛淑玉さんを国家の敵、叩いていいと、嘘とデマというものに、辛淑玉さん反撃するのは大変、あのテレビを何回もみるのは大変で、BPOに出す資料を、時間を割いて作られた、BPOは3か月以内なので、早く整理する必要があり、大変だと言われて、辛さんはマイノリティーだけでなくマジョリティの問題、辛淑玉さんはネット右翼に罵詈雑言を浴びせられて、沖縄の皆さんもゴキブリ、ドブネズミ、土人と言われて、閣議決定で差別でないと言われて、これはレイシズム、変えるのはマジョリティ、日本の報道が問われている、日本人がこんな社会でいいのかと問われていると言われます。

 渡辺豪さん、スタジオでのお話で、MXテレビのヘイト番組の問題、MXテレビの制作ではなく、DHCシアターと、ボーイズ(そこまで言って委員会の制作会社)の2社による制作で、MXテレビは放映したのみ、問題は指摘したらキリがなく、マスコミの報道しない真実と詐称して基地反対の方への誹謗中傷、軍事ジャーナリストを称する人間が、進むと襲撃されるなど、もちろん嘘、渡辺豪さんが問題とされるのは、シルバー部隊、逮捕されても支障のない高齢者をテロリストと称して、内容はネットに書いてあるデマ、反対派は日当をもらってやっているとデマ、2万と書かれた封筒を出しているのだが、それだけで検証なし、渡辺さんも取材して、反対の方、労組より、実費が払われるだけで、この封筒を出した人も日当と言っていないという始末。

 のりこえネットは人種差別に反対する団体で、市民特派員を交通費を出して(それで足りない、おはよう朝日です、でも石田純一さんが、これは那覇−高江は遠く、交通費が必要なのをニュース女子は曲買いしていると批判されていました)いるもので、辛淑玉さんへの個人攻撃、実名を挙げて黒幕などと言う始末、韓国人が反対する理由など、事実無根のことをテロップで出して、北朝鮮に近いなどあった。

 ニュース女子の性質と構成について、渡辺さん、男性陣、ジャーナリスト、元官僚、モデルなどの若い女性が視聴者代表として出るもので、女性の反応が視聴者に伝わるものであり、基地反対派が金で動いている、暴力性の団体と誹謗中傷で、のりこえネットは沖縄と東京をつないで記者会見、今回、会見した理由は、BPOに申し立てしたこと、会見の前に明らかになったこと、ニュース女子をネットしている8曲のうち、宮城テレビで問題の回以降放映を中止しており、会見を開いてこのような動きが広がるか、であり、電波による罵詈雑言や誹謗中傷がマイノリティーへの攻撃、またMXテレビもDHCシアターも謝罪も訂正もしておらず、HP上で開き直りであり、反対派の取材の必要は不要、DHCシアターは不法行為をしている連中の取材の必要などない、であり、渡辺さん、これへの問題、番組を見たが、沖縄関係以外のニュース女子も見て、それには娯楽番組で問題なく、沖縄、在日のみこのような誹謗中傷だと、一般の視聴者はこれを信じてしまうのが怖いと言われて、基地反対派はデモをして、ところがトランプ氏も反対派は金をもらっていると言い、相手陣営を貶める&自分
たちが正しいと、金目当ての反対と罵詈雑言のためのデマと荻上さん言われて、渡辺さん、本土の後ろめたさを解消したい意図もあると言われて、テレビ局のMXテレビの姿勢に注目されて、BPOには3つの委員会があり、人権と放送倫理で取り上げて、虚偽があり、明確な判断の出ることを期待して、渡辺さんのお話は終わりました。

 これは、私もライターをしたことがあり、批判する相手を取材しないというのはジャーナリズムの根幹を否定(もちろん、ニュース女子はジャーナリズムではありませんが)、また沖縄を取材した井上和彦氏なるジャーナリストは、朝日放送の正義のミカタという番組で、沖縄で翁長知事の誕生を喜んでいるのは中国などとヘイト発言をして、これもBPOにかけられており、要するに、安倍政権にたてつくものは事実無根で誹謗中傷してもかまわないという姿勢で、これは沖縄や在日の皆さんだけでなく、日本全体に波及するもので、確かに、関西でのそこまで言って委員会や正義のミカタにはこれに近い内容もあるものの、こんなものを放置したら日本の民主主義の根幹にかかわり、またこの回の司会は東京新聞の長谷川幸洋氏で、デタラメを発信した責任を長谷川氏は取るべきです。以上、SESSION22の内容と、例により私の補足でした。

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446402039

この記事へのトラックバック