2016年07月09日

2016年参院選:「身を切る改革」と言いながら、みんなの党の解散時に政党交付金を国庫に返さなかった水野賢一氏(千葉県選挙区)と渡辺喜美氏(おおさか維新)。

皆さん

拡散をよろしくお願いします。

https://twitter.com/mitsu_ohta/status/751705122896392196

2016年参院選。「身を切る改革」と言いながら、みんなの党の解散時に政党交付金を国庫に返さなかった水野賢一氏(千葉県選挙区)と渡辺喜美氏(おおさか維新)。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-07-06/2016070614_03_1.html
http://mizunokenichi.com/2012/03/


千葉県市民オンブズマン連絡会議
http://www.geocities.jp/ombudschibaken/
【参議院議員水野氏らを政党助成金流用で告発】
3月24日千葉県市民オンブズマン連絡会議は参議院議員の水野氏らを千葉検察庁へ告発しました、告発状は受理されました。みんなの党解散にともない国庫へ返納すべき政党助成金を流用した事件です。


3月 | 2012 | 参議院議員 水野けんいち(千葉県選出・民進党)公式サイト
http://mizunokenichi.com/2012/03/
「増税を言う前にまず税金から給料を貰っている人たち、つまり議員であれ公務員であれ、身を削るのが当然だと思うんですね。」


おおさか維新の会 “身を切る改革”いうが…/政党助成金 廃止いわない
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-07-06/2016070614_03_1.html
渡辺喜美氏:
 同氏が支部長を務めた「みんなの党栃木県総支部」の政党交付金使途等報告書(14年)によると、同党本部から1年間に5548万円もの政党助成金を受け取っています。
 このうち、2000万円の日付は、みんなの党が両院議員総会で解党を決めた翌翌日の14年11月21日。同党が解党した同月28日には、1322万343円を、みずからの資金管理団体「温故知新の会」に寄付しています。残高はわずか5円。政党助成金は、解党すれば、国庫に返納すべきなのに、しっかりと自分の“金庫”に資金移動したかっこうです。



週刊金曜日の書籍によれば、参院選千葉選挙区に立候補している水野賢一氏は、悪名高い右翼団体・日本会議の「国会議員懇談会」の名簿に載っています。水野氏はみんなの党解散にともない国庫へ返納すべき政党助成金を流用した事件で告発された議員です。http://www.geocities.jp/ombudschibaken/


太田光征
posted by 風の人 at 18:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック