2016年05月04日

緊急事態での「議員任期特例」加憲

緊急事態での「議員任期特例」加憲の建前は「違憲状態の回避」。
だが緊急事態条項を説く者たちは、長年にわたって「1票の格差」に無頓着で、憲法53条要求による臨時国会の開会には応じず、ろくな原発事故対策を取らない。
全自衛隊予算に占める自然災害対策予算は1%。
違憲状態国会(1票の格差)を長年放免する最高裁が「戦争時」に選挙できないから違憲を宣言することなどあり得ない。
選挙できないような自然災害対策なら対策とはいえない。

太田光征


posted by 風の人 at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。