2016年03月31日

対訳ニュースレター98号 アレン・ダレスと米国の影の政府

日付: 2016年3月31日 3:38
件名: 対訳ニュースレター 第98号 アレン・ダレスと米国の影の政府

Newsletter Vol. 98 (2016.03.30)

アレン・ダレスと米国の影の政府

(2015年10月13日に放送)

コピーライトマーク 2016 デモクラシー・ナウ!

第二次戦後のアメリカの国家体制で特徴的なのは「国家安全保障体制」、すなわち国家安全保障委員会(NSC)、CIA、国防総省、統合参謀本部といった新しい官僚機構がつくりだす半永久的な軍事動員体制です。アメリカという国家に脅威をもたらす可能性のあるものは全て先制攻撃で排除しなければなりません。国家安全保障の範囲も、最初は領土や軍事的なものでしたが、次第に経済的な安定や資源供給の確保、環境保全なども含むようになり、仮想敵とされるものも国家だけではなく、麻薬カルテルやゲリラに拡大しています。今日ではテロリストがそれに追加されました。しかし、こうした脅威に対抗する措置は、しばしば個人の自由や知る権利を侵害します。民主主義の国を守るために、極めて非民主的な影の要素が肥大し��!
�いく�
��は奇怪なことですが、これが今現在も民主的に選出された大統領の手足を縛っているようです。このような体制が築かれることになったのは、どういう経緯によるのでしょうか。この過程に大きな役割を果たしたと見られるのが「CIAの育ての親」アレン・ダレスです。ダレス長官時代にCIAは大統領も手玉にとるような強大な組織に成長しました。国の法規を無視し、議会や大統領にも従わず、自前で予算を調達し非合法活動に走るという暴走ぶりで、まさに影の政府を作り上げたのです。1950年代の出来事をいま一度ふり返り、権力の内部に別の指揮系統を作り上げることになった具体的な経緯と、ケネディ政権とダレスの確執について見てみましょう。主流マスコミが忌避するケネディ暗殺の黒幕についても、興味深いの洞察が示��!
�れて��
�ます。(中野真紀子)

*デイビッド・タルボット(David Talbot):Salon.comの創設者、元CEO・編集長。新刊The Devil’s Chessboard: Allen Dulles, the CIA, and the Rise of America’s Secret Government(『悪魔のチェスボード アレン・ダレスとCIA、米国の影の政府の出現』) の著者。Brothers: The Hidden History of the Kennedy Years(『兄弟 ケネディ時代の秘史』)はベストセラー

字幕付き動画

http://democracynow.jp/video/20151013-3 http://democracynow.jp/video/20151019-3

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。