2015年12月06日

12/7 「戦前」はいかにして始まるか??史料が語る、戦争に拍手したメディアと国民?お知らせ

-------- Forwarded Message --------
Subject: [uniting-peace:6641] 12/7 「戦前」はいかにして始まるか?〜史料が語る、戦争に拍手したメディアと国民〜お知らせ
Date: Sun, 6 Dec 2015 02:39:47 +0900 (JST)

田場です。



公正な情報流通に一生を捧げた、故日隅一雄弁護士の意思をついで設立された情報流

通促進基金主催、NPJ等共催で以下の企画をやります。ぜひ、お越しください、



★★★★★★トーク・イベント★★★★★★

★★★「戦前」はいかにして始まるか?★★★

〜史料が語る、戦争に拍手したメディアと国民〜



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 満州事変が軍部の自作自演だとわかっていながら報道しなかった新

聞社、メディアと軍部の共犯関係、内閣情報局による情報統制、そ

して国民の戦争歓迎ムード。

 装置がそろって戦争に向かっていった歴史を、山中恒さんが自ら収

集された戦前・戦中の貴重な史料がらひもときます。今現在、何が起

きているのかも視野に入れて、語り合いましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

史料提供とお話:山中恒さん(児童文学作家)

「あばれはっちゃく」など痛快な人気児童文学作品を多数世に出す

一方、「ボクラ少国民」シリーズなど大衆がいかに戦争に参加させ

られたかを検証する著書を精力的に著わしている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

12月7日(月曜日)18:30〜20:30

参加費:無料

開場:18:00 開始:18:30

会場:日比谷コンベンションホール(大ホール)

http://hibiyal.jp/hibiya/access.html



東京都千代田区日比谷公園1−4(旧・都立日比谷図書館)

東京メトロ 丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」C3・B2出口より徒歩約5分

都営地下鉄 三田線「内幸町駅」A7出口より徒歩約3分

東京メトロ 千代田線・日比谷線「日比谷駅」A14出口より徒歩約7分

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

主 催:日隅一雄・情報流通促進基金

共 催:NPJ/ファシズムと言論研究会

問合先:東京共同法律事務所 03-3341-3133

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 12:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。