2015年10月05日

国民連合政府のメリットはある:JNN世論調査で共産党提案の選挙協力に期待が37%

[転送・転載歓迎します。重複受信の際はご容赦ください。]

JNN世論調査で共産党提案の選挙協力に期待が37%。

「JNN世論調査 マイナンバー制度、約8割が「不安」」 News i - TBSの動画ニュースサイト
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2604940.html

14年衆院選の民主党の小選挙区得票率23%より高く、野党5党の比例区得票率47.8%の77%に相当。
共産党の14年の比例区得票率11%よりはるかに高く、既存の共産党投票層だけで37%に届くものではない。
野党5党による選挙協力で民主・維新の23%が自民に流れると仮定しても、小選挙区で統一野党の票と自民の票の乖離は縮まり、野党5党にメリットがある。
共産党と組むことで野党の保守支持層が逃避してデメリットになるという論は誤り。

2014年衆院選の結果データは下記などで確認できます。

平和への結集ブログ ≫ 2014衆院選――結果分析
http://kaze.fm/wordpress/?p=537
http://otasa.net/documents/2014senkyo/2014_gisekihaibun.xlsx
比例区分析の(1)党派別得票数・獲得議席数

#国民連合政府

太田光征
posted by 風の人 at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 選挙共同
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/427295145

この記事へのトラックバック