2007年05月22日

埼玉県知事選挙共同候補についてのお願い

埼玉県知事選挙、都知事選のようにならないよう、ご協力ご支援をお願いします。
ただいま、呼びかけ人・賛同人をお願いしています。
 
           2007年5月21日
県知事選挙にあたっての私たちのアピール (案)

埼玉県民のみなさん、県知事選挙が本年8月9日告示、26日投票となっていま
す。
 現職の上田清司知事は、二期目の出馬表明をしました。しかし、果たして上田氏が
真に県民多数のための県政をおこなってきたかどうか、次のように大きな疑問があり
ます。

明らかな公約違反、その果てでは・・・
  上田氏は、前回の県知事候補乱立のなか「しがらみ一掃」「住基ネットの廃止を
含む見直し」を公約に掲げ当選しました。しかし「しがらみ一掃」どころか上田氏個
人の人脈を使った新たな「しがらみ」が県政に持ち込まれています。また住基ネット
については、当選後1週間でこの公約を事実上反故にしました。住基ネットの見直し
は監視社会ノーという県民の意志でした。
 今、上田氏は治安問題に関して「安全・安心」を掲げ、民間パトロール隊3,000団
体を組織した、と自賛していますが、このやり方は一歩間違えば戦前の自警団組織に
つながるおそれがあり、監視社会ノーの願いと正反対になりかねないものです。

暮らしと福祉に関する政策が見えない
  知事の重要な仕事は県民の「暮らしや福祉の向上」ですが、上田氏は県民個人の
自助努力を最優先とし、格差をただすための福祉政策を真剣に進めようとしていませ
ん。命をすり減らすほど働いてもわずかな給料しかもらえない昨今、福祉の充実はと
りわけ緊急の課題です。
  また医療については、産婦人科はむろん、埼玉は全国で最も医師も看護師も不足
している県です。医療難民ともいえる多くの人が県外の病院にかかっているわけです
が、上田氏はこれを放置したまま、有効な対策を講じていません。これは県民の命に
かかわる問題であり、これから高齢化が急速に進む埼玉にとって深刻な状況です。
  さらに上田氏はアメリカの求める規制緩和の熱心な推進論者であり、格差社会の
元凶である小泉構造改革の二番煎じを、埼玉県で実行しています。

人権意識の欠如と侵略戦争の美化
  さらに憂慮すべきは、アジア・太平洋戦争に関する上田氏の発言です。「従軍慰
安婦はいなかった」「強制の証拠はない」などとこともなげに言い、被害者を傷つけ
た上に歴史を歪めています。また上田氏は県の教育委員に「新しい歴史教科書をつく
る会」の元副会長高橋史朗氏を任命しました。現憲法を尊重せず、侵略戦争を美化す
るひとりよがりの教科書では、子どもたちに命や平和の尊さ、アジアの人たちとの共
生を教えられません。
  これらの言動から上田氏は日本がおこした戦争に対する無反省どころか、それを
たたえる教育内容の実現をめざす人権意識の欠けた人物であることを示しています。
  さらにまた、最近入間基地に導入されたパトリオットVミサイルは、住民を不安
におとしいれましたが、上田氏はむしろこれを歓迎したのです。
  県民の平和への願いを受けとめるのが知事の務めであるはずです。

まだある上田知事のおかしな言動
  上田氏は、新採用県職員の入庁式で「自衛隊員の皆さんは日頃から人殺しの訓練
をしている……皆さんはこれを褒め称えるべきである」と発言しました。このことで
県民から即約800件もの抗議がありました。
  また上田氏は、海外視察旅行中公費による夜遊びをした県会議員を監査委員に任
命しています。

  以上のような上田氏の姿勢からは、県民の福祉の充実、暮らしの向上、民主的な
教育、県下全域のバランスのとれた地域経済の振興は望めません。
 私たちは埼玉県民の平和と幸せを願い、上田氏に代わる新しい県知事候補者の擁
立を県民の皆さんに広く呼びかけます。みなさんの賛同をお願い致します。

呼びかけ発起人 田中重仁(弁護士、元埼玉弁護士会会長)山本政道(弁護士、元埼
玉弁護士会副会長)小山香(弁護士、同上)五十嵐暁郎 (さいたま市、大学教授)
持丸邦子(所沢市、大学教員)森川静子(さいたま市、翻訳家)倉橋綾子(山猫くら
ぶ)清水澄子(上田知事の歴史認識を問う県民連絡会)早瀬あかね(平和懇談会はん
のう)石田甚太郎(さいたま市、作家)秋山淳子(狭山市、獣医) 石垣敏夫(さい
たま市、埼玉県平和資料館を考える会)野々垣務(さいたま市)武内暁(さいたま
市、埼玉コリア21、よの・ねいるん)沼尾孝平(所沢市)江藤善章(さいたま市、
高校教員)伊藤淳子(富士見市、詩人)江藤正修(加須市、フリーライター))進藤
敬子(久喜市)大野裕(所沢市、所沢マスコミ研究会)村木節子(越谷市)岩崎恭子
(草加市)神田紘子(比企市民ネットワーク)尾形憲(入間市、名誉教授)(第1次
5月21日現在賛同者、呼びかけ中です
賛同人 橘紀子(さいたま市、主婦)東幸一郎(さいたま市、平和大学浦和教室)

取りまとめ団体 新知事をつくる県民連絡会(仮称)準備会(連絡先世話人 弁護
士田中重仁049-226-6171弁護士山本政道048-645-2026石垣敏夫048-686-7398
motoei@jcom.home.ne.jp )
posted by 風の人 at 08:10 | Comment(1) | TrackBack(2) | 一般
この記事へのコメント
新知事をつくる県民連絡会の記者発表に続いて、埼労連を主要団体とする各界連絡会が、吉川春子参議院議員の擁立を発表しました。それまで水面下で上田知事に対抗できる候補者選びが探られてきた、と聞きます。また、呼びかけ発起人に名を連ねている人の中にも、立候補を要請された人が何名もいると聞きます。それでも出てくれない人がいる中で、上田知事に対抗しようという奇特な人が(現職有利は常識)出た以上、反上田で一致して、全県的な運動を今すぐ始めるべきではないでしょうか。私の願いはただ一つ、上田県政を今すぐ終わりにすることです。
Posted by LIXING at 2007年06月17日 17:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

07年5月22日・火曜日 甘いささやきには気をつけよう。
Excerpt: 07年5月22日・火曜日  20日の日曜日に自民党の中川幹事長が、四国の松山で演説をしたらしい。その内容は。      であるが、新憲法草案を国民大衆に募集をすると言うのだ。  国民のみなさん、よ..
Weblog: 護憲+グループ・ごまめのブログ
Tracked: 2007-05-22 15:21

07年5月22日 新聞の切り抜き 甘いささやき気をつけろ
Excerpt: 07年5月22日 新聞の切り抜き  選挙前になると自民党はいろいろ目新しいことを出して、国民の目を引こうとする。     官僚機構もピラミッド形だが、学校,所謂先生も複雑なピラミッドに作り替えようと..
Weblog: 護憲+グループ・ごまめのブログ
Tracked: 2007-05-22 16:46