2015年07月18日

核リスクを高める日印原子力協定:インドのクマール・スンダラムさんが来日

国際共同アピールに賛同していただいたみなさん、ありがとうございました!
ひきつづき募ります。どうかよろしくお願いします
インドのクマール・スンダラムさんが来日し、いっしょに政府に提出します
クマールさんの講演が30日と31日にあります(下記参照)

●安倍晋三首相とナレンドラ・モディ首相への国際共同アピール
「インドの使用済み核燃料再処理を可能とする日印原子力協定を締結するな」
(7月17日現在、19か国、255団体)
http://www.nonukesasiaforum.org/jp/135as.htm
English:http://www.nonukesasiaforum.org/jp/135es.htm

秋に安倍首相が訪印し、日印原子力協定締結に向けた交渉が行われるとみられます。
原発輸出だけでも言語道断な行為であるのに、
核保有国に再処理を認めるこの協定は、なんとしても阻止しなければなりません。
 どうかみなさまの団体賛同をお願いいたします。 集約先は下記です。
sdaisuke@rice.ocn.ne.jp
「団体名」と、その「英語名またはローマ字」をメールしてください。
第一次締切は7月27日。なにとぞよろしくお願いいたします。

■原子力資料情報室 第87回公開研究会

クマール・スンダラムさんのお話しをきき
インドの原発事情を学ぶ会 〜インドへの原子力輸出と脱原発運動〜
http://www.cnic.jp/6499

7月30日(木)18:30〜
連合会館 5階 501会議室
(東京都千代田区神田駿河台3−2−11)
資料代 800円
(通訳あり・予約不要・どなたでもご参加いただけます)

昨年12月の公開研究会で日印原子力協力協定についてお話しくださったインドのク
マール・スンダラムさんが再び来日されます。

最近の報道によれば、日本が輸出した資機材を使用した原発から取り出した使用済み
燃料を再処理し、インドの核兵器開発に利用することを容認してしまう方向です。そ
んなことを許せば、核兵器廃絶どころか、いっそうの核拡散を招くことは必至です。

市民運動や脱原発運動を進めることが非常に厳しいインドで活動を続けるクマールさ
んから、インドの原発事情をうかがいながら、原発輸出を止めていくための連帯を深
めていきたいと思います。ぜひご参加ください。

主催:原子力資料情報室
協力:原水爆禁止日本国民会議

昨年の公開研究会の様子はこちらからご覧になれます。
http://www.cnic.jp/movies/6182
なお、当室は、交渉中の日印原子力協力協定において日本がインドの再処理を容認す
る方針であるとの報道を受け、声明「日本はインドの原子力政策に加担するべきでは
ない」を発表しました。こちらもぜひお読みください。http://www.cnic.jp/6482

■原発輸出反対! 国際連帯シンポジウム
http://www.nonukesasiaforum.org/jp/135fs.htm

7 月 31 日(金)18:30〜21:00
東京都中央区立産業会館
参加費500円

<パネリスト>
クマール・スンダラム (インド:CNDP〔核廃絶と平和のための連合〕国際キャン
ペーン担当)
福永正明(岐阜女子大学客員教授、南アジア研究センター センター長補佐)
佐藤大介(ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン事務局)

主催:コアネット
協力:ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン

6月19日、東京新聞は「日本からインドへの原発輸出を可能にする目的で進めてい
る原子力協定交渉で政府は、日本製原発の使用済み核燃料の再処理を認める方針を決
め、インド側に伝えたことが18日わかった」と報じました。

これは、核拡散防止条約(NPT)未締結でありながら「核保有国」となったインドが再
処理を容認され、その結果生成されるプルトニウムの軍事転用=核兵器増産の危険性
が強まることを意味します。つまり、日米の原発メーカーがその売り込みのためにイ
ンドに対して、事実上の「核保有国」のお墨付きを与えるものに他なりません。日印
原子力協定は、安倍首相が訪印する際にモディ首相との会談の場で調印されると考え
られますが、その時期は早ければ今秋とも言われています。

日本では昨年11月、原発メーカーの事故責任を免罪するCSC(原子力損害の補完
的な補償に関する条約)が国会承認され、インドでは 2015 年1 月、原発メーカーの
インド進出の足かせになっていた賠償責任を原発メーカーにも負わせる「インド原賠
法」を骨抜きにする原子力保険プール制度が創設されることになりました。

この度、日印原子力協定締結阻止が緊迫する情勢下で、スンダラム氏をお迎えして、
シンポジウムを開催します。ぜひご参加ください。

東京都中央区立産業会館:
都営浅草線 東日本橋駅 B3かB4出口 4分
都営新宿線 馬喰横山駅 地下通路経由 B4出口 5分 
JR総武快速線 馬喰町駅 東口改札経由
  JR出口6の先にある地下歩道出口C1 6分 
JR総武線 浅草橋駅 東口 7分 

ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン事務局
560-0082豊中市新千里東町 2-4-D3-1106
sdaisuke@rice.ocn.ne.jp
■WebサイトURLかわりました → http://www.nonukesasiaforum.org/jp/
Facebookページ https://www.facebook.com/nnafjapan

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 11:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック