2015年02月17日

兵士たちが記録した 南京大虐殺

自民党や産経は元兵士が歴史偽造主義者とでも主張するのだろうか。

-------- Forwarded Message --------
Subject: [CML 036310] 兵士たちが記録した 南京大虐殺
Date: Tue, 17 Feb 2015 07:10:08 +0900


▼2008年4月6日(日)/55分枠

兵士たちが記録した 南京大虐殺

制作=日本テレビ
http://www.ntv.co.jp/document/back/200804.html

  

日中戦争真っ只中の70年前、南京陥落時に起きた南京大虐殺。様々な論議を生み、虐殺の人数さえ両国の間で大きな開きがある。その事件について、 20年間身を削るような調査を続けてきた人がいる。彼が探り当てたのは、兵士が最前線で綴った「陣中日記」。そこには日本軍が中国人捕虜一万数千人から二万人を一挙に虐殺したことが記されていた。また日記からは、勤勉に田畑を耕し家族を愛し、生きるのに懸命だった農民が、突然戦場という異常な世界に放り込まれ、殺戮者に変貌していく姿が浮かび上がる。陣中日記をもとに虐殺の軌跡を追う。
 
ナレーター:二木てるみ

▼南京大虐殺 兵士たちの記録 陣中日記 2008
http://www.dailymotion.com/video/xnu8oo_%E5%8D%97%E4%BA%AC%E5%A4%A7%E8%99%90%E6%AE%BA-%E5%85%B5%E5%A3%AB%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E8%A8%98%E9%8C%B2-%E9%99%A3%E4%B8%AD%E6%97%A5%E8%A8%98-2008_news

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 11:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック