2014年08月08日

【2014年8月8日】対談 土屋源太郎・天木直人 米軍駐留は違憲(伊達判決の意義)/「福島原発告訴団 東京地検前行動と東電前『汚染水』打ち水抗議行動」




-------- Original Message --------
【Ch6】15:00〜「対談 土屋源太郎x天木直人『なぜ再審か?』検証 米軍駐留は違憲(伊達判決の意義)/日米密約と田中最高裁長官の罪」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=6
※「集団的自衛権と伊達判決を考える市民の集い 」主催で行われる、砂川事件元被告の土屋源太郎氏と元駐レバノン日本国特命全権大使で作家の天木直人氏による対談
日のIWJの中継番組表を送ります。
あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もありますのでご了承ください。

**2014.8.8 Fri.**

【Ch4】12:00〜「福島原発告訴団 東京地検前行動と東電前『汚染水』打ち水抗議行動」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4
※福島原発告訴団による抗議行動。12:00〜 東京地検前でスピーチと上申書提出。その後、東電前で、スピーチ・シュプレヒコール、水まきが行われる予定

【Ch3】14:00〜「原子力規制庁 定例ブリーフィング」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=3
※片山啓 長官官房審議官(官房担当)による定例ブリーフィング

【Ch1】14:00〜「岩上安身によるアメリカン大学ピーター・カズニック教授&ピース・フィロソフィー・センター代表 乗松聡子氏インタビュー」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=1
※岩上安身が、ピーター・カズニック教授と、「ピース・フィロソフィー・センター」の代表の乗松聡子氏にインタビューを行います。ピーター・カズニック教授は、主な著書に『原発とヒロシマ』『広島・長崎への原爆投下再考』(いずれも共著)などがあり、オリバー・ストーン監督と共に『もうひとつのアメリカ史』というドキュメンタリーを制作。乗松聡子氏は、2006年からはカズニック教授と連携して、広島・長崎プログラムにも通訳、コーディネーター、講師として関わっている

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 10:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック