2014年07月29日

福井県地裁法廷で朗読された詩  エアコン留めで、 耳の穴かっぽじって よーく聞け

川内原発を第2のフクシマにさせないために

九電社長 瓜生道明氏と鹿児島県知事 伊藤祐一郎氏
は読んでますか

  福井県地裁法廷で朗読された詩


拝 啓 東京電力様

        作 青田恵子

エアコン留めで、 耳の穴かっぽじって よーく聞け

福島には「までい」っつう言葉があるんだ。

までいっつうのは、ていねいで大事にする

大切にするっちゅう意味があるんだ。

そりゃあ、めいらどこ東北のくらしは厳しかった。

米もあんまし穫れにぇがったし

べこを飼い

おかいこ様を飼い

自然のめぐみで、までいにまでいに今まで

暮らしてきた。

原発はいちどに何もかもを

奪っちまった。

原発さえなかったらと

壁さ チョークで遺書を遺して

べこ飼いは首を吊って死んだ。

一時帰宅者は

水仙の花咲く自宅の庭で

自分さ火つけて死んだ

放射能でひとりも死んでいないだと・・・

この うそこきやろう 人殺し

原発は 田んぼも畑も海も

ぜーんぶ(全部)かっぱらったんだ。

この 盗っ人 ドロボー

原発を止めれば

電気料金を2倍にするだと・・・

この 欲たかりの欲深ども

ヒットラーは毒ガスで人を殺した

原発は放射能で人を殺す





あめぇらのやっていることは

ヒットラーと なんもかわんねぇ

ヒトラーは自殺した

おめいらは誰ひとり

責任とって 詫びて死んだものはいない

んだけんちょもな、おめいらのような

人間につける薬がひとつだけあんだ。

福島には人が住まんにゃくなった家が

なんぼでもたんとある

そこをただで貸してやっからよ

オッカァーと子と孫つれて

住んでみたらよかっぺ

放射能をたっぷり浴びた牛は

そこらじゅう ウロウロいるし

セシウムで太った魚は

腹ぐっちくなるほど 太平洋さいる

いんのめぇには 梨もりんごも柿もとり放題だ

ごんのさらえば

飯も炊けるし、風呂も沸く

マスクなんと うっつぁしぐて かからしくて

するもんでねえ

そうして 一年もしだら

少しは薬が効いてくっかもしんにぇな

ほしたら フクシマの子どもらとおんなじく

鼻血が どどうっと出て

のどさ グリグリできっかもしんにぇな

ほうれ 言った通りだべよ

おめぇらの言った 安全で安心な所だ

  さぁ 急げ・・・

荷物まどめて、フクシマさ引っ越しだ

これが おめぇらさつける

たったひとつの薬かもしんにぇな

         (2011年福島県南相馬市から避難)


福井県原発設置反対小浜市民の会:0770−57−1355:鳩ぽっぽ通信190号2012.12から

転載についていはご了解を得ていますので拡散を宜しくお願いします、(さいたま市 石垣) 

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック