2007年04月21日

憲法96条は超議院・超党派発案要件を規定

「国会法改正案(国民投票法案)はさきどり改憲法案(憲法96条違反)」の追加説明です。

憲法第96条

@ この憲法の改正は、各議院の総議員の3分の2以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。

憲法96条にいう「発議」が、「改憲原案の国会への発案」だけを意味するのでないなら、「改憲原案の国会への発案」「改憲原案の国会での審議」「改憲最終案の最終議決」「改憲最終案の国民への提案」という複数ステップのすべてまたは一部を意味することになります。

この場合、96条にいう「3分の2以上の賛成」要件が、「改憲原案の国会への発案」要件なのか、「改憲最終案の最終議決」要件なのかが、自明ではありません。

「発議」の間接目的語は誰でしょうか?国会だけであるなら、「3分の2以上の賛成」要件は、「改憲原案の国会への発案」要件ということです。

「発議」の間接目的語が国民だけなら、つまり、「発議」が「改憲原案の国会への発案」は意味せず、「改憲最終案の国民への提案」の意味を含むとします。すると、大事な「発案権」の権利主体が誰なのかが不明ですし、後に続く「国民に提案」と意味が重複し、おかしくなります。「国民に提案し、国民に提案して」ということになるからです。代わりに、「国民に発議(提案)して」とまとめて言えばいいところなのです。

「発議」の間接目的語が国会と国民の両方であるなら、つまり、「発議」が「改憲原案の国会への発案」と、「改憲最終案の国民への提案」の意味を含むとします。この場合、「3分の2以上の賛成」要件は、「改憲原案の国会への発案」要件と、「改憲最終案の最終議決」要件の二つを意味することになります。「国会へ発案」するのだから、議論して「議決」するのは当然です。

一応、ケース分けをしてみましたが、「発議」の詳しい解釈がどうであれ、国民主権の原理に基づけば、「国会が、これを発議し」という以上、改憲案を国民に提案していること自体は自明です。だから、その後に続く「国民に提案して」が、「単なる提案」の意味を指すなら、まったく不要なはずです。

この矛盾を解消するには、「国民に提案して」に、積極的な意味合いを持たせるか、「国会が、これを発議し」における「改憲最終案の国民への提案」の意味合いを消極的にとらえる、つまり、「改憲原案の国会への発案」の意味合いを積極的にとらえるしかないでしょう。

96条は、改憲最終案の国民による承認権を認めているなど、直接民主制(正確には国民と国会による共同民主制)に初めて言及する条項なので、改憲プロセスの権利とその主体を厳密に記述していると考えられます。

国会への「議案」の提出権が、国会だけでなく、内閣にもあることを、すでに憲法72条で規定してあります。このことからも、改憲プロセスの権利とその主体については、意識的に記述されていると思われます。

1 発議: 国会による改憲原案の国会への発案・・・内閣による発案権を認めていない
2 提案: 国会による改憲最終案の国民への提案(広報)・・・内閣による提案(広報)を認めていない(「国会広報協議会」という発想が対応)/改憲最終案が議決されても、広報(単なる形式的な公報ではなく)がなければ国民的課題での提案にならず、また広報主体が誰かは承認結果を左右する、権力分立上の重大問題(内閣広報協議会 vs 超党派広報協議会)。
3 承認: 国民による改憲最終案の承認

下記は「発議」に関する「学説」とされていますが、よく読めば、「96条内での文脈」から離れていて(「96条内の表現」は含まれていても)、「発議」の「解釈」というより、ほぼ「定義」になっていることが分かるでしょう。

硬性憲法としての改正手続に関する基礎的資料
最高法規としての憲法のあり方に関する調査小委員会
(平成15 年4 月3 日の参考資料)
平成1 5 年4 月
衆議院憲法調査会事務局
http://www.shugiin.go.jp/itdb_kenpou.nsf/html/
kenpou/shuken024.pdf/$File/shuken024.pdf#search=
17、18ページの囲み学説

「ある憲法改正案が、衆議院及び参議院の各々で、その総議員数の三分の二以上の多数で可決されたときに、その案が、国会によって「発議」され、「国民に提案」されたことになるのである」(『全訂日本国憲法』宮沢俊義著 芦部信喜補訂日本評論社 1981 年 p791)

「国会による憲法の発議とは、主権者たる国民に対するもので、国民の承認に付すべき憲法改正案を決定することをいう。」(『憲法U統治の機構』杉原泰雄 有斐閣 1989 年 p228)

(中略)

「憲法は、「発議」のほかに「提案」という別個の行為の必要を示しているかのごとくである。が、この点については、各議院が憲法改正を可決すれば、それが「発議」であり、かつ国民に対する「提案」の意思表示でもあるとか、「発議」には「提案」が含まれているとか、通常説明され、「発議」という行為のほかに「提案」という別個の行為が要求されているわけではないとされている。」(『注釈日本国憲法』下巻 樋口陽一=佐藤幸治=中村睦男=浦部法穂共著 青林書院昭和63 年 p1465-1466 抜粋部分は佐藤が担当)

96条にいう「発議」を、「会議体への議案の提案」という原義に基づき、96条内外での文脈で規定しながら解釈すれば、「発議」は、「改憲原案の国会への発案」という意味だと解釈できます。96条では、「発案」要件は決まっているが、「最終議決」要件が決まっていない。だから、改憲するのであれば、「最終議決」要件を国民投票法案あるいは国会法などで決めないといけません。

「硬性憲法」の「硬性」とは、解釈にそって分析的にいえば、「超議院・超党派発案主義」のことであると思います。

太田光征
posted by 風の人 at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(9) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

国民投票法案 衆院特別委で可決
Excerpt: 国民投票法案要旨 衆院特別委で可決 衆院憲法調査特別委員会で12日可決した国民投票法案、国会法改正案の要旨は次の通り。 ▽国民投票法案 【国民投票の対象】 一、憲法改正に限定。 二..
Weblog: zara's voice recorder
Tracked: 2007-04-21 17:59

改憲手続き法案-参院委 来週にも採決の危険-
Excerpt: 「改憲手続き法案」 早期成立へ与党暴走 参院委 来週にも採決の危険 -----------------------------------------------------------------..
Weblog: 未来を信じ、未来に生きる。
Tracked: 2007-04-21 21:37

国民投票法案 衆院を通過
Excerpt: ここでも何度か書いている通り筆者は憲法は改正出来るべきだと考えている。 だいたい改正出来ない法律などナンセンスである。 もし憲法改正出来ないのなら、我々は未だ大宝律令に従わねばならない。 租庸調を国家..
Weblog: しっとう?岩田亜矢那
Tracked: 2007-04-22 00:07

答弁不能と民主の腰くだけ −国民投票法=改憲手続き法案
Excerpt: 自民、公明の与党は、26日からの安倍晋三首相の訪米を前に、改憲手続き法案の早期成立をねらって参院憲法調査特別委員会で連日審議を強行しています。衆院で週一回の審議だったのと比べても異常なスピード審議。こ..
Weblog: 花・髪切と思考の浮游空間
Tracked: 2007-04-22 01:48

明日、また、沖縄(参院補選)で不審な事前投票が多数あったら…告発しませんか?
Excerpt: 前回の沖縄知事選挙の期日前投票はその前の回よりも5万票増え、人口も選挙期間中一時的に5万人増えたという。その5万票がなければ糸数慶子氏が当選していた…というが(ここ←参照)、明日、もし、参議院選の補欠..
Weblog: 情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士
Tracked: 2007-04-22 04:01

私的 リベラル考
Excerpt: 国民投票法案が委員会を通過した。「首相は憲法を私物化している」という辻元清美の言葉がすべてを物語っていると思う。確かに、あの人、この国を自分のものだと思っている。困ったもんです。この国は私達国民のもの..
Weblog: あんち・アンチエイジング・メロディ
Tracked: 2007-04-22 08:20

やっぱりアベ総理は2枚舌
Excerpt:  20日金曜日の教育再生特別委員会で、中山成彬が長い発言をして、その中で慰安婦についてもずいぶんと自説を主張していました。 この方は「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」の会長で、米国議会調査局の報..
Weblog: とむ丸の夢
Tracked: 2007-04-22 12:52

『我、自衛隊を愛す故に、憲法9条を守る』
Excerpt: 結論から言えば、これは大変な良書です。憲法を守り平和を守りたいという方はぜひとも手にとって読んでみてください。今回は防衛庁官房長をつとめた竹岡勝美(たけおか・かつみ)さんの発言を紹介します。
Weblog: 喜八ログ
Tracked: 2007-04-22 13:55

自民・公明は、なぜ急ぐ「国民投票法案」の成立
Excerpt: 「民主党」が衆院に続き対案を提出することを決定したこともあり、与党内には「無理に5月3日にこだわる必要はない」(自民党幹部)との意見も出始めているらしい、何しろ腰抜け「民主党」なので殆ど期待出来ない。..
Weblog: 競艇場から見た風景
Tracked: 2007-04-23 03:24