2014年02月14日

【2 月14 日】もっと知ろうよ、原発=被ばく労働を!

みなさま

中村泰子です。
出版労連原発問題委員会主催の被ばく労働学習会のご案内を送らせていただきます。
一般のかたの参加歓迎です。
チラシ添付しました。よろしくお願いいたします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

第3 弾 原発労働問題学習会
もっと知ろうよ、原発=被ばく労働を!

日 時:2 月14 日(金)18:30〜20:30
会 場:出版労連会議室
講 師:北島教行さん(元・原発労働者)
参加費:500 円
主 催:出版労連・原発問題委員会

連絡先 出版労連
〒113-0033 東京都文京区本郷4-37-18
いろは本郷ビル2F
п@03-3816-2920 FAX 03-3816-2980
E-mail s-union@syuppan.net


 人間=労働者が被ばくすることなしに、その稼働・維持をはかれないのが原子力発電です。
しかし、事故前には、地方に原発があることにある意味無関心であり、事故後も放射能の危険
性を考えるあまり、自分の日常の安全に汲々としてしまう傾向が私たち自身にないわけではあ
りません。被ばく労働の実態を継続的に追求しているメディアも、それほど多くはありません。
 労働者が働いていくうえで、労働安全衛生を組合運動の課題とするのは当然のことです。だ
とすれば、労働組合が収束作業に携わる労働者の被ばくの実態について現状把握に努め、今後
数十年におよぶ廃炉作業が安全になされるために、労働環境の改善を求めていくことは使命だ
といえます。
 原発労働問題の学習会の第3 弾を企画しました。福島第一原子力発電所で働いていた労働者
に、収束作業の実態やあえて被ばく労働に従事する意味、現場で働いている人々の思いなどを
聞き、都市に暮らす私たちに何ができるか、何をすべきかを考え、行動につなげるきっかけに
したいと考えます。
 多くのみなさんの参加をお待ちしています。

-----------------
以上、転載

太田光征


posted by 風の人 at 09:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。