2014年02月13日

日刊ゲンダイ ソチで袋叩き必至 世界が軽蔑する舛添“セクシスト”都知事&資金疑惑

Subject: [uniting-peace][30567] 日刊ゲンダイ ソチで袋叩き必至 世界が軽蔑する舛添“セクシスト”都知事&資金疑惑
Date: Thu, 13 Feb 2014 21:25:02 +0900

 永岡です、都知事選で圧勝した舛添氏ですが、早くも炎上の模様で、日刊ゲンダイに記事が二つあり、うちひとつはネットに載っていました。
http://gendai.net/articles/view/news/147946
 舛添氏、女性差別者として、セクソシストと言われているというのです。海外のメディアは、舛添氏を知事にしたくない女性の会の会見を大きく報じており、これは大変です(それにしても石原氏といい舛添氏といい、女性差別者が日本の首都のトップとは、情けない…)
 でももう一つの、借入金2億5千万円を政党助成金で返した疑惑、これはネットになく、記事をまとめますと、舛添氏の属していた新党改革の現在の代表、荒井氏が説明していますが、これが借金2億5千万円のうち1億6350万円は使わずに返した(そんなこと(不要な大きい借金をしたこと)民間企業ならエライことになるぞ!)といい、残り8650万円を返すのに政党助成金は使っていないと荒井氏は言うものの、同じく税金から出る立法調査費は返済に使ったというのです。新党改革に給付された立法調査費3120万円のうち、2520万円を借金返済に使ったと荒井氏はいい、これは政治資金オンブズマンの上脇博之さん、これは舛添知事が公金による借金返済を認めたと指摘され、さらに借金を早く返さないといけないので税金に手をつけたのなら、荒井氏の釈明は墓穴を掘ったものと言われています。
 この舛添氏の2億5千万円の借金、党の幹部も知らず、担保も不透明、その上税金で返しているのなら、ムチャクチャな話です。お金と女性に汚い人物を首都のトップに置くのは、日本の恥です!

-----------------
以上、転載

太田光征


posted by 風の人 at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。