2014年01月23日

「細川の政策は、中曽根=小泉=竹中構造改革路線そのもの」(弁護士 萩尾健太)

今日発表された細川の政策は、中曽根=小泉=竹中構造改革路線そのもの
以下の通り書いてあります。

「国家戦略特区を活用し、同一労働同一賃金の実現を目指すとともに、ハローワークは、国から都へ移管し、民間の職業紹介とも合わせてきめ細かな就業支援を実現します。また医療、介護、保育、教育などの都民生活に密接に関係する既得権のしがらみを断ち、国ができなかった思い切った改革を進めます。それぞれの分野で、新しいサービスの創出と産業としての発展につなげます。」

翻訳すれば、国家戦略特区は、政府と大企業の代表者からなる諮問会議のもとで、超法規的規制緩和を進める、国会無視のクーデター、立法権の侵害です。
「同一労働同一賃金」というのは、正社員の賃金引き下げ、賃上げ要求をする労組を敵視した、竹中のスローガンです。
ハローワークの切り捨てと民間派遣会社への代替、社会保障の分野でも、国ができなかった思いきった民営化を推し進めるものです。そして、産業の発展=公共サービスを切り捨て財界の食い物にするのが目的です。
国鉄、国立病院、国立大学、郵政、社保庁、保育、学校、公団の民営化・民活導入のもとで、どれだけの公共サービスが切り捨てられ、労働者が首を切られ、自殺、離婚、病気に追い込まれてきたことか!腹の底から、怒りがこみ上げてくるのを抑えられません。
細川は、小泉=竹中の操り人形に過ぎません。


以下をご覧ください。
http://tokyo-tonosama.com/index.html

宇都宮さんが勝てるのか、という点については、
以下の通りです。

細川氏を直撃する“三重苦” 小泉氏の支援も効果薄く… 3位以下の可能性も
夕刊フジ 1月21日(火)16時56分配信
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20140121/plt1401211528004-n1.htm

細川氏の方が、宇都宮さんよりも票数は少ない、という予測なのです。
そうであれば、多く票を取る方に一本化するのが筋でしょう。

弁護士 萩尾健太

-----------------
以上、転載

太田光征


posted by 風の人 at 10:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。