2007年04月11日

教育再生会議は教育を滅ぼす

石原都知事に投票した人のインタビューで「うちは孫がいるけど
石原さん教育もちゃんとやってくれてるからな」と答えていた人
がいました。
君が代不起立で今年も34人の処分者を出したのが東京です。
強圧的な教育がいいと思っている人はたくさんいるのでしょう。
でもそれはおかしいと思う人だって教員以外にもたくさんいるは
ずです。君が代を「国歌」とする法案ができたとき、これは強制す
るものではない、内心の自由は保障される、という確認がされて
います。それを無視する都教委(知事が長を任命)は許せません。

4月8日には朝日に『教員給与 査定で20%増減』という大見
出しでトップ記事でした。その理由は、教育再生会議は義務教育
の人件費が高すぎるとして「公教育の高コスト構造を見直す」と
して給与、退職金、年金水準の見直しを求める、と報道されてい
ます。80〜120%の給料の幅、真ん中は100だから同じに
見えます。それではコスト削減になりません。つまりは、80%
の教員を増やすのが目的でしょう。そして教員の中に上下関係を
つくり管理を強めるのです。教育ほど管理主義が不似合いなもの
はありません。ひとたびクラスに向き合えば、助けてくれる人も
なくベテランだろうと新任だろうと、全く同じ責任を担うのです。
給料体系が年功序列だとしても、何も不都合はありません。
教員の中に等級をつくるなどとんでもない発想です。
主任手当が導入された時も多くの教員が反対しました。学校はお
互いに助け合って仕事をしていくのであって主任が中心に物事を
進めるのではないのです。
ただし窓口がないと学年間の連絡や保護者の連絡にこまるため、
どの公務分署も主任一応置きますが仕事は協力してみんなでやる
のです。学年主任、生徒指導主任などには主任手当(月2500
円くらい)が付きますが、私たちはその手当は拠出し全職員ある
いは生徒に還元していました。
また学校間に予算の格差をつけるなど論外です。予算が少ない学
校の生徒の気持ちを考えたことがあるのでしょうか。
国民は等しく教育を受ける権利があるのです。
このような教育再生会議の非常識な提案には断固反対します。

教育再生会議の目的は2つだと思います。
1、教員も生徒も競争原理の下に置き「愛国心」を掲げ管理教育
を徹底し、もの言わぬ国民をつくること。

2、教育予算(人件費)を削減すること。
自殺やいじめの問題など多発している今の学校(社会もですが)
で何か取り組む姿勢は見せなければならないので、金をかけずに
教育3法など打ち出している。
さらに給料カットのため教員に段階をつける。

教員はすでに、校長、教頭、主幹、主任、一般教員、臨時採用教
員、パート教員、と7段階に分けられています。さらに下のほう
を増やすために、「査定」などとできもしないことをしようとし
ているのだと思います。
教育というのはいじめ事件など、失敗は目につくけど、いじめを
未然に防いだり、子供にのびのび学校生活を送らせても、それは
人の目にはつきません。人目をひくために先生たちは毎日がんば
っているわけではないのです。一人一人の生徒が持っている力を
引き出すためにがんばっているのです。査定など論外の世界だと
言うことがわからないのでしょうか。
あるの私立高校は生徒の遅刻が多いと担任の給料をひく、という
話しを聞きましたが。これが教育と言えるでしょうか。
          「やさしい街づくりの会」  タマラ
posted by 風の人 at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(2) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

危険度最大級「国民投票法案」
Excerpt: 「猿田佐世の国会速報21~危険度最大級! 国会に集まるべし」=転載= 憲法審議ってば、今どうなってるの? 国会速報 No.21(07/04/11) 「国民不在の国民投票法(憲法改正手続法)」~ 弁護..
Weblog: 競艇場から見た風景
Tracked: 2007-04-11 17:15

【教育】は玩具じゃないぜ
Excerpt: 本 文 再生会議、土曜授業など提言 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070601-00000127-mai-polちゃっかりかりゆしウェアを着て「ジュゴンや珊..
Weblog: SHINAKOSAN IS OKINAWAN
Tracked: 2007-06-02 19:27