2013年10月05日

安倍首相は対米隷属軍国主義者:「私を右翼の国主義者と呼びたいなら、どうぞ」

-------- Original Message --------
Subject: [CML 026903] 安倍首相は対米隷属軍港主義者:「私を右翼の国主義者と呼びたいなら、どうぞ」
Date: Sat, 5 Oct 2013 07:20:17 +0900


米ニューヨーク26日
「私を右翼の軍国主義者と呼びたいなら、どうぞ」
と米国保守系シンクタンクで、講演した安倍晋三首相、

安倍首相は右翼ではありません。
対米隷属軍国主義者です。
約1900年前、諸葛孔明は同盟とは力が対等の時に
実を結ぶものであり、力の相違が明らかである時の
同盟は隷属となる。とはっきり述べています。
「日の丸」を掲げていれば右翼など、嘘っぱちです。
「アメリカを利用する」と叫び、68年経過しても米国に利用され続けています。
沖縄県民を放置し、今は福島県民を放置、原発再稼動を推進し、
消費重税で国民・市民を絞り上げ、米国に貢ぎ、
米国の右翼から大歓迎を受けています。
「日本を売る男」それが安倍首相の実像です。
日本の生きる道、それはアジアの一員として生きることです。

   さいたま市 石垣敏夫

-----------------

以上、転載

太田光征


posted by 風の人 at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。