2013年08月21日

9/21 原発事故被害者の救済を求める全国集会 in 福島

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

原発事故被害者の救済を求める全国集会in 福島

子ども・被災者支援法の幅広い適用と早期実施を
   賠償の時効問題の抜本的な解決を

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

東京電力福島第一原発事故は、事故以来2年以上が経過しても、いまだ大量の汚染水の流出が続いており、収束の見通しがたっていません。先のみえない状況に原発被害者は、疲弊と困難を極めています。

こうした中、昨年6月に制定された「原発事故子ども・被災者支援法」は、被害者一人ひとりの選択する権利を保障し、幅広い支援策を講じることを定めていますが、いまだに実施されていません。

また、原発事故の被害についての損害賠償の請求権が、来年3月には時効消滅してしまうという問題があります。現在の法制度では、救済されない被害者が数多く存在します。

これらの問題を解決するため、福島県内外の当事者や支援者が立ち上がり、幅広く連帯して声をあげていきましょう。国に対して、支援法の実施や、損害賠償請求の時効問題の解決を求めていくために、請願署名もはじめます。私たち一人ひとりが当事者です。ぜひお集まりください。

【とき】2013年9 月21 日(土)13:00〜16:20

【ところ】福島県文化センター大ホール(福島県福島市春日町5-54.)
※福島駅東口バス乗り場(9番)より市内循環バス(1・2コース)に乗車、
『文化センター入口』停留所下車。徒歩5分

【入場無料・申込不要】

◆プログラム(予定)
「原発被災者は今」
「子ども・被災者支援法の現状と課題」
「賠償の時効はどうなる?」
「活動動提案」

◆発言者(予定・敬称略)
佐藤和良/いわき市議
海渡雄一/弁護士・日弁連東日本大震災・原子力発電所事故等対策本部副本部長
木田光一/福島県医師会副会長
被災当事者のみなさまなど

◆主催:原発事故被害者の救済を求める全国運動実行委員会

◆呼びかけ人:伊藤恵美子(子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク代
表)/海老原夕美(日本弁護士連合会副会長)/大内雄太(福島市議会議員(打
診中))/落合恵子(作家)/鎌田慧(ルポライター)/亀山ののこ(写真
家)/河粼健一郎(福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク共同代表)/木
田光一(福島県医師会副会長)/栗田暢之(レスキューストックヤード代表理
事)/小池達哉(福島県弁護士会会長)/佐藤和良(いわき市議会議員・原発事
故子ども・被災者支援法推進自治体議員連盟共同代表)/佐藤健太(飯館村
村民)/高野光二(福島県議会議員)/中手聖一(原発事故子ども・被災者支援
法市民会議代表世話人)/長谷川克己(福島から静岡に避難)/藤田和芳(株式
会社大地を守る会代表取締役)/増田薫(放射能からこどもを守ろう関東ネット
代表)/丸山輝久(原発被災者弁護団弁護団長)/満田夏花(国際環境NGO
FoEJapan理事)/武藤類子(福島原発告訴団団長)/山澤征(南相馬市小高区行
政区長連合会会長)/山本伸司(パルシステム生活協同組合連合会理事長)/湯
浅誠(反貧困ネットワーク事務局長)(8月20日現在)

◆連絡先
・早稲田リーガルコモンズ法律事務所
 東京都千代田区九段1-4-5 北の丸グラスゲート5階
 TEL : 03-6261-2880 FAX : 03-6261-2881
・国際環境NGO FoE Japan
 東京都豊島区池袋3-30-22-203
 TEL: 03-6907-7217 FAX: 03-6907-7219


-----
記者会見 http://www.foejapan.org/energy/action/130816.html

日時 2013年 8月26日(月)15:00〜16:00  会場 参議院議員会館B107
内容
 「原発被害者の救済を求める全国運動」について
 9・21福島集会について
 請願署名について

-----------------
以上、転載

太田光征


posted by 風の人 at 18:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。