2013年08月19日

「原発と原爆〜日本の原子力とアメリカの影」(テレビ朝日「ザ・スクープ」8/11放送の動画)

「日本は今では世界で原発を推進するアメリカの代理人です。」
「日本こそアメリカの影響下で原発を持続させることができる唯一の希望なんです。」
(民主党菅内閣が2039年までの「原発ゼロ」を決定しようととしたときの元米国エネルギー省政策顧問ロバート・アルバレス氏)

---
紅林進です。

8月11日(日)にテレビ朝日の「ザ・スクープ」で放送された「原発と原爆〜日本の原子力とアメリカの影」という番組の、動画がアップされていますので、その動画のアドレスを転載させていただきます。

テレビ朝日「ザ・スクープ」
 原発と原爆〜日本の原子力とアメリカの影
 http://www.tv-asahi.co.jp/scoop/index.html (解説)
 
 放送日:8月11日(日)
 放送時間:13時55分〜15時20分(一部地域を除く)

(以下動画)

原発と原爆 日本の原子力とアメリカの影(1)
http://www.dailymotion.com/video/x12zo4r

原発と原爆 日本の原子力とアメリカの影(2)
http://www.dailymotion.com/video/x12znzk_



以下は、この動画を観ての紅林進の文章。

番組の最初の部分では、福島第一原発事故の事故翌日にはメルトダウンと断定して深刻視していた米国、それに対して、当初は事故処理を東電
任せにし、対応の甘かった日本の官邸側。

米国原子力委員会NRCは連日、事故に関する会議を開き、日本側に協力要請を何度も行ったが、日本側はそれをすべて断ったとのこと。 これらを情報公開されたNRCの資料などを使って明らかにしている。

米国はスリーマイル島原発事故以来30年間新しい原発を建設してこなかったので、 米国は事故に乗じて日本から(日本の原発の)情報だけを取ろうとするのではないかという警戒感が日本側にあったという。

「最初は、日本側は東電も含めてちょっと傲慢な態度があったね。アメリカがスリーマイル島原発事故以来30年間新しい原子力発電所を造ったことがない、(アメリカから)教えられることはないんですという態度があったね。」(米国国務省対日支援調整役(当時)ケビン・メア氏のインタビュー回答、なおケビン・メア氏は在沖総領事在任中から数々の問題発言を繰り返してきた人物としても知られ、2010年12月には、沖縄研修旅行を控えたアメリカン大学の学生を対象に国務省内で行なわれた講義の中で、「日本人は、和の文化を強請りの手段に使う」「沖縄は日本政府に対するごまかしとゆすりの名人でゴーヤーも栽培できないほど怠惰」といった発言をしたと言われる。)

米国は、日本に滞在している米国人に対して、福島第一原発から半径80km以内からの退避勧告を出すとともに、米軍人が放射能に曝される
危険があるとして、米軍の日本からの撤退も検討したとのこと。

実際、米軍は 1991年のフィリピン・ルソン島のピナツボ火山の大噴火の際は、火山灰によりクラーク空軍基地とクラーク空軍基地が被害を受け、フィリピン政府による基地返還要求もあり、米国は両基地をはじめフィリピン全土から米軍を撤退させている。(転載者補足)

米側は日本側に「英雄的犠牲」も伴う真剣な事故対策を求め、こういう日米のせめぎあいの中で、菅首相とオバマ大統領の電話会談の直前に、危険ばかりで効果はほとんどなかったといわれる自衛隊ヘリコプターからの原子炉への空中放水がパフォーマンス的に行われたとのこと。

番組の中盤では、原爆と原発は表裏一体のものであり、広島、長崎に原爆を投下した米国が、日本人の間に広がった核兵器に対する拒否反応を消すために、「原子力の平和利用」という大宣伝をし、それに成功し、日本に原発を導入させ、 そして日本は世界第3位の原発大国にまでなってしまったことを描く。(もっとも、正力松太郎の読売新聞などマスコミの原発導入・原発推進に果たした役割については触れられていないが。)

日本が民主党菅内閣時代に年代的には先延ばししたものの、「原発ゼロ」を政策決定しようととしたとき、米国が日本に圧力をかけた問題にも番組の最後の部分で触れ、インタビューに応じた元米国エネルギー省政策顧問のロバート・アルバレス氏の以下の言葉が米国の意図を象徴しています。

「日本は今では世界で原発を推進するアメリカの代理人です。」
「日本こそアメリカの影響下で原発を持続させることができる唯一の希望なんです。」

この言葉は、日本の原発維持・推進政策の存続なくしては、米国の原発(維持・推進)政策自体も成り立たなくなるということであり、だからこそ米国は必死になって、日本が脱原発政策を決めることを阻止しようと圧力をかけたのであり、このことは逆に言えば、日本における脱原発の実現は、世界的にも、原発推進政策の終焉に導くということを意味し、日本において脱原発を実現することの重要性を示していると思います。

しかし安倍政権は、前政権の原発ゼロ政策を全面的に否定し、停止中の原発の一刻も早い再稼動を図ろうとし、また原発輸出をアベノミクスにおける「経済成長戦略」の要と位置づけ、原発輸出のトップセールスに各国を飛び回っている有様です。


このテレビ朝日「ザ・スクープ」の「原発と原爆〜日本の原子力とアメリカの影」とはまったく別の孫崎亨さんの講演会ですが、こちらも動画がアップされていますので、こちらの動画のアドレスも転載させていただきます。

2011.10.15 孫崎亨講演会
「今だからみえる原発 と 日米の関係」 1
http://www.dailymotion.com/video/x11gd3j

「今だからみえる原発 と 日米の関係」 2
http://www.dailymotion.com/video/x11gd3s

「今だからみえる原発 と 日米の関係」3
http://www.dailymotion.com/video/x11gd3y

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 風の人 at 10:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック