2013年08月10日

日米安保条約では日本の施政下で「集団的自衛権」を認めている。

小松法制局長官人事が何故問題か:孫崎享のつぶやき
http://ch.nicovideo.jp/magosaki/blomaga/ar311066 …  

日米安保条約では日本の施政下で「集団的自衛権」を認めている。政府が狙う集団的自衛権は、海外、日本の管轄外で「自衛隊を米国の傭兵にするためのシステム」。

日米安保条約第五条「各締約国は、日本国の施政の下にある領域における、いずれか一方に対する武力攻撃が、自国の平和及び安全を危うくするものであることを認め、自国の憲法上の規定及び手続に従って共通の危険に対処するように行動することを宣言する」

太田光征


posted by 風の人 at 11:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。