2013年06月23日

原発事故で死者が出たとはっきり認めない小泉進次郎氏は高市早苗氏と同じ

安倍首相にチクリ「個人名挙げて反論すべきじゃない。批判は当り前!」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130621/stt13062121190005-n1.htm

高市早苗氏の「福島第1原発事故による死者が出ている状況ではない」という発言を批判するも、記者の質問に対して原発事故で死者が出たとの認識を示さない小泉進次郎氏。

−−死亡者がいなかったという認識そのものをどう思うか

 「今回の事故の被害を受けた方々ってのは、本当に多くいらっしゃるわけで…。いまだに(地元に)戻れない方、仮設の住宅暮らしを強いられている方、私の地元にも福島県から避難、生活されている方、多くいらっしゃいますから」

 「そういったことだけでも、その事故の影響ってのはあるわけですからね。それを考えたら原発事故による死の定義うんぬん、というものじゃなくて。やはり、責任は国にもあり、東京電力にもあり、私たち国会議員はそれを踏まえた上で発言しなければいけない、そう思ってます」


歴史修正主義の本家本元・自民党が橋下徹氏の従軍慰安婦発言を批判するのと同じ構図か。

太田光征
posted by 風の人 at 01:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック